検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 36 大岡 昇平 集

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集から 441件ヒットしました。

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


り れ き 「 朝 の 歌 ー の 制 作 さ れ た 時 期 に つ い て は 、 次 の 「 詩 的 履 歴 で あ り 、 「 朝 の 歌 」 の よ う に 整 っ た 情 感 を 盛 っ た も の は 少 い の で あ る が 、 詩 人 が こ れ を も っ て 自 分 の 詩 の 出 発 点 と 見 書 中 の 中 原 自 身 の 言 葉 を 信 じ る ほ か は な い 。 ご ろ 「 大 正 十 五 年 五 月 『 朝 の 歌 』 を 書 く 。 七 月 頃 小 林 に 見 せ 做 し て い た こ と に は 、 意 味 が あ る 。 今 日 伝 説 化 し て い る 彼 う ら る 。 そ れ が 東 京 に 来 て 詩 を 人 に 見 せ る 最 初 。 つ ま り 『 朝 の 生 活 の 混 乱 の 裡 に 、 い つ も 秩 序 と 形 式 に 到 達 せ ん と す る の 歌 』 に て ほ ば 方 針 立 つ 。 方 針 は 立 っ た が 、 た っ た 十 四 努 力 が あ っ た こ と が 、 中 原 の 詩 人 と し て の 存 在 理 由 と 考 え 行 書 く た め に 、 こ ん な に 手 数 が か か る の で は と ガ ッ カ リ ら れ る か ら で あ る 。 「 詩 的 履 歴 書 」 は 昭 和 十 一 年 の 末 、 詩 人 と し て 多 少 の 名 声 大 正 十 四 年 以 降 「 朝 の 歌 ー ま で に 書 か れ た 詩 で 、 日 付 が し ゅ う た ん を 得 た 中 原 が 、 恐 ら く 雑 誌 の 要 求 に よ っ て 、 ノ ー ト し て あ は っ き り し て い る の は 、 「 秋 の 愁 嘆 ー ( 一 九 二 五 、 一 〇 、 、 一 l) の 二 篇 っ た も の で 、 多 分 の 自 己 誇 示 と 系 統 づ け を 含 ん で い て 、 文 七 ) 「 む な し さ 」 ( 「 在 り し 日 の 歌 、 一 九 二 六 や ぎ 字 通 り 受 け 取 る の は 危 険 で あ る 。 だ け で あ る が 、 「 山 羊 の 歌 - 冒 頭 の 「 春 の 日 の 夕 暮 ー 「 月 」 五 月 と い う 制 作 の 日 付 は 信 じ る と し て も 、 「 七 月 頃 小 林 「 サ ー カ ス 」 「 春 の 夜 」 の 四 篇 も 、 そ れ ら が 「 朝 の 歌 」 の 前 に 見 せ る 」 は 如 何 。 中 原 と 小 林 は 当 時 絶 交 状 態 に あ っ た か に 配 列 さ れ て い る と い う 理 由 に よ っ て 、 そ れ 以 前 に 書 か れ ら で あ る 。 さ ら に 「 東 京 に 来 て 詩 を 人 に 見 せ る 最 初 ー に 到 た と 考 え る こ と が 許 さ れ る で あ ろ う 。 ほ か に 同 じ 時 期 と 推 っ て は 明 白 な 嘘 で あ る 。 少 く と も 京 都 時 代 の ダ ダ イ ス ム の 測 さ れ る 詩 篇 が な い こ と も な い が 、 一 応 右 の 六 篇 を も っ 詩 を 、 東 京 の 新 し い 文 学 の 友 人 に 見 せ て い た こ と に つ い て て 、 ダ ダ イ ス ム の 詩 か ら 「 朝 の 歌 ー に 到 る 経 路 を 探 る に 十 は 、 証 人 が い る 。 分 と い う こ と に す る 。 た だ 大 正 十 四 年 四 月 に 上 京 し て か ら は 、 中 原 は も う ダ ダ 一 番 ダ ダ 的 字 句 を 残 し て い る の は 「 ト タ ン が セ ン べ イ 食 歌 の 詩 を 書 い て い な い し 、 以 来 「 朝 の 歌 」 ま で 一 年 間 は 、 彼 べ て 」 に 始 ま る 「 春 の 日 の 夕 暮 、 で あ る が 「 秋 の 愁 嘆 」 か ん し よ う 力 し う か が ど う ナ こ ん せ き の の 生 涯 で も 最 も 詩 作 の 少 い 時 期 で あ る 。 こ の 間 に 新 し く 書 「 サ ー カ ス 」 の 道 僊 調 に も そ の 痕 跡 は 窺 わ れ る 。 し か し か い じ ゅ う か れ た 詩 は 、 人 に 見 せ な か っ た と い う 意 味 に 取 る べ き で あ 「 月 ー と 「 む な し さ ー の 晦 渋 な 漢 語 の 使 用 は 、 富 永 太 郎 と 朝 い ん び ろ う 。 宮 沢 賢 治 の 影 響 で 、 そ れ ら の 漢 字 に よ っ て 、 一 種 の 隠 微 な 今 日 の 残 っ て い る 中 原 の 詩 篇 約 三 百 中 、 数 に お い て 優 勢 情 感 の 「 表 現 」 に 向 っ て い る 点 て 、 ダ ダ の 断 定 か ら 離 れ て し ゆ ら が い ば ん か な の は 、 「 修 羅 街 挽 歌 ー 「 秋 日 狂 乱 ー の 系 統 に 属 す る 告 白 詩 い る し 、 「 春 の 夜 」 の 、

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


た ど ひ ど れ 船 」 の 訳 が 小 林 や 富 永 の 前 に お か れ た こ と が 、 彼 等 た が 、 一 般 の 教 養 も 中 原 に 劣 ら ず 低 下 の 一 途 を 辿 っ て い た 、 え ん の ラ ン ポ オ へ の 傾 倒 の 機 縁 と な っ た こ と を 思 え ば 、 詩 話 会 か ら 、 そ れ で 結 構 間 に 合 っ た の で あ る 。 た た は よ く よ く 上 田 敏 の 亡 霊 に 祟 ら れ た と い う べ き で あ る 。 し か し 彼 は 詩 人 と し て 当 然 で あ る が 、 い い 耳 を 持 っ て い し か し 時 代 は 敏 の 漢 語 、 雅 語 を 鵜 呑 み に す る だ け で 、 自 た 。 翻 訳 語 に 限 ら ず 俗 語 か ら 響 き の い い も の を 選 ん で 、 自 く し ろ う し よ う 分 の も の と し て 駆 使 す る 教 養 を 持 っ て い な か っ た 。 十 三 年 分 の 詩 に は め こ む こ と も 知 っ て い た 。 何 よ り も こ れ は 朗 誦 し よ う の 鈴 木 信 太 郎 「 近 代 仏 蘭 西 象 徴 詩 抄 」 は マ ラ ル メ を 訳 す る し 易 く 、 歌 い よ い 詩 で あ っ た 。 の に 、 さ ら に む ず か し い 漢 字 に 、 勝 手 な 雅 語 的 振 り 仮 名 を こ の 歌 い 易 い と い う 特 色 は 、 彼 の 昭 和 一 一 年 の 詩 論 か ら 説 い な か ム う つ け て 混 乱 に 拍 車 を か け た 。 十 四 年 の 堀 ロ 大 学 「 月 下 の 一 明 出 来 そ う も な い 。 多 分 彼 の 生 得 の 田 舎 風 の と ・ ほ け た も 群 ー に 至 っ て は 、 ロ 語 、 雅 語 、 漢 語 の 大 正 的 混 合 物 で 、 以 の 、 或 い は 生 活 に お い て 一 見 不 器 用 に 見 え な が ら 、 結 局 し 来 日 本 の 詩 歌 は 大 体 こ の ぬ え 的 言 語 に よ っ て 製 造 さ れ て い た い こ と は や っ て の け る 行 動 者 の 素 質 と か ら ん で い る の で る 。 あ ろ う 。 中 原 は 朗 誦 も う ま か っ た し 、 物 真 似 も う ま か っ 富 永 太 郎 は 家 に 漢 字 の 教 養 が 伝 っ て い た か ら 、 「 焦 燥 ー た 。 話 だ っ て う ま か っ た 。 書 く よ り 先 に 話 す 方 で 、 多 分 彼 ぎ よ う ぎ で な く 「 焦 躁 ー と 書 く 位 の 行 儀 の よ さ は あ り 、 内 心 を 漢 字 は 口 ず さ み な が ら 詩 作 し た で あ ろ う 。 い ん と く だ い じ よ う て き で 隠 既 す る 趣 味 を 持 っ て い た 。 小 林 秀 雄 は ラ ン ポ オ を 翻 訳 中 原 が ラ ン ポ オ に 「 大 乗 的 」 に 共 鳴 し な が ら 、 ヴ ェ ル レ し ゆ っ こ っ す る た め に 、 奇 、 倏 忽 の 如 き 稀 字 を 用 意 す る の を 適 当 と ー ヌ の 「 何 よ り も 音 楽 を 」 に 惹 か れ て 行 っ た の は 、 思 想 の 認 め た 。 当 然 の 帰 結 て は な く 、 こ う い う 素 質 の 傾 斜 か ら か も 知 れ な 趣 味 は 中 原 も 感 染 し て い た が 、 次 第 に む ず か し い 字 が 消 と ど 減 し て 行 っ た の は 、 恐 ら く 反 抗 か ら で あ ろ う 。 彼 の 用 語 の 中 原 の 詩 境 は 無 論 こ こ に 止 ま ら ず 、 年 と 共 に 変 っ て 行 く じ よ じ よ う 歌 一 番 似 て い る の は や は り 「 月 下 の 一 群 」 で あ る 。 昭 和 一 一 年 の で あ る が 、 大 本 の と こ ろ が 抒 情 と き ま っ て い る 以 上 、 昭 の 中 に 一 時 ア テ ネ ・ フ ラ ン セ に 通 っ て い て 、 ラ ン ポ オ は 数 学 和 十 年 の 「 四 季 」 と 「 歴 程 ー の 時 代 ま で 、 認 め ら れ な い 性 の 式 を 解 く よ う に 原 文 で 読 ん だ で あ ろ う が 、 ヴ ェ ル レ ー ヌ 質 の も の で あ っ た 。 そ し て 彼 の 詩 が 単 行 本 に な っ た の は 、 朝 は 手 取 り 早 い 大 学 訳 が あ る 以 上 、 そ れ で 読 ん だ こ と は 間 違 「 山 羊 の 歌 、 に 先 立 っ こ と 二 年 、 昭 和 七 年 の 「 世 界 音 楽 全 集 」 一 一 十 七 巻 「 日 本 歌 曲 集 ー に 収 録 さ れ た 、 諸 井 三 郎 作 曲 う つ み 中 原 の 用 語 に は 死 ぬ ま で こ う い う 不 器 用 さ が 抜 け な か つ 「 朝 の 歌 ー 「 臨 終 」 内 海 誓 一 郎 作 曲 「 帰 郷 ー 「 失 せ し 希 望 ー し い か や す あ る も の ま ね い っ と

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


よ ZJ も め ん や ね 汚 れ 木 綿 の 屋 蓋 の も と 一 枝 の 花 、 桃 色 の 花 。 ゅ あ ー ん ゅ よ ー ん ゅ や ゅ お ん 月 光 を う け て 失 神 し っ ち も つ け ば く ろ こ の 詩 は 「 朝 の 歌 」 と 共 に 、 自 信 の あ っ た 作 品 で あ る 。 庭 の 土 面 は 付 黒 子 。 た い て い ろ う 歌 い 易 く 出 来 て い て 、 中 原 に 始 め て 会 っ た 人 間 は 、 大 抵 朗 し よ う 誦 を 聞 か さ れ 「 ゆ あ ー ん 、 ゆ よ ー ん 」 の 懸 け 声 を 、 中 原 は 措 辞 に 整 わ ぬ と こ ろ が あ り 、 映 像 も 明 確 で な い が 、 伝 統 う た あ お む を 知 ら ぬ と い う 中 原 が 、 淡 彩 の 日 本 画 を 見 る よ う な 画 面 を 仰 向 い て 眼 を つ ぶ り 、 ロ を 突 出 し て 、 独 特 に 唱 っ た 。 そ の 白 秋 ぶ り に つ い て は 、 伊 藤 信 吉 の 指 摘 が あ る 。 ( 新 作 り 上 げ て い る の で あ る 。 「 付 黒 子 , は 稍 々 ダ ダ 俗 調 と 潮 文 庫 「 現 代 詩 の 鑑 賞 」 下 巻 ) 中 原 は 白 秋 の 流 露 感 を 高 く 思 わ れ る が 、 中 原 は 多 分 ヴ ェ ル レ ー ヌ の 「 艶 な る 讌 楽 」 風 し ゃ れ 評 価 し て い た し 、 「 青 い ソ フ ト に 降 る 雪 は 過 ぎ し そ の 手 か に 洒 落 た つ も り で あ ろ う 。 「 こ の す ず ろ な る 物 の 音 に 希 望 ざ ん げ え い ら 囁 き か 」 を エ ピ グ ラ フ と し た 「 雪 の 宵 」 と い う 作 品 も あ は あ ら ず 、 さ て は ま た 、 懺 悔 も あ ら ず ー は 「 叡 智 ー で あ る 。 し か し 中 原 が 意 識 し て 白 秋 調 を 取 り 出 し た の は 、 私 の り 、 「 か び ろ き 胸 の ビ ア ノ 鳴 り 」 は 「 よ ぎ 歌 ー で あ ろ う 。 知 る 限 り 、 詩 境 が 進 ん で 、 そ れ を 必 要 と し た 昭 和 四 、 五 年 ヴ ェ ル レ ー ヌ は 当 時 ラ ン ポ オ よ り 持 て 囃 さ れ て い て 、 上 か ふ う 田 敏 、 永 井 荷 風 の 訳 の ほ か に 、 十 四 年 九 月 に 出 た 堀 ロ 大 学 以 降 の こ と で あ る 。 や す ど う け の 訳 詩 集 「 月 下 の 一 群 ー も 手 に 入 り 易 か っ た 。 そ し て 中 原 「 サ ー カ ス ー の 道 化 は 、 む し ろ ダ ダ の 系 統 の も の で あ り 、 が 0 童 謡 は 十 八 歳 の 中 原 に 自 然 な 口 調 だ っ た に 過 ぎ な い と 思 わ の 詩 も 、 大 学 が 漢 語 雅 語 の 使 い 方 に お い て 、 敏 、 荷 風 よ り れ る 。 中 原 に は 何 処 か 大 人 に な る 暇 が な く 齢 を 取 っ て し ま 粗 雑 で あ る と 同 じ 程 度 に 、 粗 雑 で あ っ た 。 た だ し こ れ は 中 っ た よ う な と こ ろ が あ っ た か ら 、 童 謡 調 は ず っ と 彼 の 詩 に 原 に 限 ら ず 、 三 好 達 治 を 除 い て 、 「 月 下 の 一 群 [ 以 後 に 出 つ う へ い た 、 文 語 詩 人 の 通 弊 で あ る 。 歌 っ い て 廻 り 、 中 原 独 特 の 形 に 完 成 さ れ て 行 っ た と 考 え た い 。 「 朝 の 歌 」 は ソ ネ ッ ト 形 式 を 取 っ て い る 。 昭 和 三 年 の 中 原 の 「 春 の 夜 」 に 到 っ て 、 我 々 は か な り 「 朝 の 歌 」 に 近 い と こ は こ の 古 典 的 短 詩 形 に つ い て 、 か な り 明 確 な セ オ リ ー を 持 朝 れ ん ろ に い る 。 っ て い た 。 四 四 三 三 の 聯 の 結 合 に 、 一 種 の 内 面 的 必 然 性 を 認 め て い た よ う で あ る 。 ま 、 い ・ 0 / 、 お ば い ぶ し ぎ ん 議 論 は 中 原 流 の 独 断 的 な も の で 、 細 目 は 憶 え て い な い 燻 銀 な る 窓 枠 の 中 に な ご や か に さ き や ま ど わ く お と な は や

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


恋 は 京 都 時 代 の 詩 に も 隠 さ れ て い た の だ が 、 ダ ダ イ ス ト Ⅷ 中 原 は 女 を 蔑 す る ふ り を し な け れ ば な ら な か 0 た 。 抒 情 わ れ か に か く に 手 を 拍 く : ( 「 悲 し ぎ 朝 し 詩 人 中 原 は 二 度 目 の 恋 を 大 っ ぴ ら に 抒 情 す る こ と が 出 来 こ ′ せ い た 。 恋 は 泰 子 が 小 林 と 同 棲 し て い る 三 年 の 間 に だ ん だ ん 育 く ふ う の 如 き 、 断 続 の 工 夫 に そ れ を 認 む ・ ヘ き か も 知 れ な い 。 し っ て 来 て い た と 考 え る の が 、 自 然 で あ る 。 あ き ら 「 さ あ れ ゆ か し き 諦 め よ 腕 拱 み な が ら 歩 み 去 る 」 ( 「 タ 照 」 ) か し と に か く 「 臨 終 」 の 調 和 は 、 一 日 に し て 出 来 た も の で の 名 調 子 も 、 「 し る べ も な く て 」 の 句 は 小 林 を 泰 子 の し る べ と 認 め な い や か た と い う 意 地 か ら 、 即 座 に 出 て 来 そ う で あ る が 、 「 窓 際 に 髪 古 き 代 の 富 み し 館 の を 洗 へ ば そ の 腕 の 優 し く あ り ぬ 」 の ミ ス テ ィ フ イ ケ ー シ ョ カ ド リ ー ル ゆ ら ゆ る ス カ ー ツ ン 、 「 こ の 魂 は い か に と な る か ! う す ら ぎ て う つ ろ と な カ ド リ ー ル ゆ ら ゆ る ス カ 1 ッ る か ? ー と 疑 問 を 残 し た の は 、 泰 子 が 他 の 男 の 持 物 だ か ら 何 時 の 日 か 絶 え ん と は す る カ ド リ ー ル ! さ さ で あ る 。 こ こ に は 領 主 の 妻 に 恋 歌 を 捧 げ る 危 険 が 、 ソ ネ ッ も う ろ う た い ト の 発 明 者 ト ル ・ ハ ド ー ル の 詩 人 達 に 、 朦 朧 体 を 強 い た と 同 の く る め き も 、 こ の 情 愛 の 上 に 「 労 働 」 さ れ た の だ 。 こ の 種 の 詩 句 は 案 外 自 然 に 出 た の か も 知 れ な い 。 「 彼 女 じ 事 情 が 働 い て い た か も 知 れ な い 。 の 思 ひ 出 は 悲 し い 書 斎 の 取 片 付 け 」 は 泰 子 の 去 っ た 日 と あ 五 ま り に も 私 小 説 的 に 密 接 し て い る し 、 「 い か に 、 お 婆 さ ん 、 ム う み が 怒 り を 愉 し む こ と は 好 ま し い 」 は 馴 れ 馴 れ し す ぎ る 。 中 原 「 朝 の 歌 」 以 後 の 中 原 の こ う い う 風 に 磨 か れ た 詩 の 特 色 か か わ の 苦 む は 、 は 、 文 語 詩 で あ る に も 拘 ら ず 、 む ず か し い 漢 字 が 使 わ れ て い な い こ と で あ る 。 知 れ ざ る 炎 、 空 に ゆ き ー 富 永 、 中 原 の 文 語 詩 は 、 大 正 の ロ 語 詩 に 対 す る 反 動 と し て 作 ら れ た も の で 、 遙 か に 有 明 、 敏 の 象 徴 主 義 の 復 活 と も 響 の 雨 は 、 濡 れ 冠 る ! 考 え ら れ る 。 そ し て 「 海 潮 音 」 「 牧 羊 神 ー に 遺 稿 を 合 せ た 「 上 田 敏 詩 集 」 が 大 正 十 一 一 年 に 出 版 さ れ 、 ラ ン ポ オ の 「 酔 た の か む た た

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


298 十 一 月 七 日 付 正 岡 氏 の 日 記 は 「 彼 奴 は 人 が 右 へ 行 こ う と も の と 考 え ら れ て い た 時 代 で あ っ た 。 つ い で に い え ば 、 小 し る た い と う い え ば 、 必 ず 左 に し よ う と い ふ 奴 だ 」 と 憤 慨 す る 富 永 を 記 説 の 方 は 心 境 小 説 が 優 勢 で 新 感 覚 派 は 擡 頭 し よ う と し て い し て い る 。 十 八 日 「 神 戸 へ 潜 行 」 は 「 中 原 に 内 緒 で 」 の 意 る と こ ろ で あ っ た 。 味 な る 由 。 自 由 詩 は 既 定 事 実 で あ り 、 ポ ー ド レ ー ル の 散 文 詩 が 注 目 む つ お こ の 時 ま で に 富 永 は 彼 の 最 初 の 傑 作 を 書 い て い た 。 九 月 さ れ は じ め た 時 期 で あ る 。 ( 馬 場 睦 夫 の 全 訳 は 大 正 八 年 十 あ て 二 十 七 日 に 小 林 秀 雄 宛 で 同 人 雑 誌 「 青 銅 時 代 」 へ の 勧 誘 を 月 出 版 ) 歌 え な か っ た 詩 人 富 永 は 、 既 に そ の 数 篇 を 翻 訳 「 書 け な い 」 理 由 で 断 っ て い る 彼 が 、 十 月 一 一 十 三 日 「 秋 の し 、 試 作 も あ っ た が 、 ポ ー ド レ ー ル 風 の 詩 的 コ ン ト は 、 富 ふ ん し よ く と ど ま 悲 歎 」 を 送 っ て い る の を 知 る 。 永 の 知 的 気 取 り の 粉 飾 を い く ら か 増 し た に 止 っ て い た 。 し よ く ば い 触 媒 は ラ ン ポ オ の 散 文 詩 で あ っ た 。 そ の 春 小 林 は 「 地 獄 き よ う が く し よ う 力 い 私 は 透 明 な 秋 の 薄 暮 の 中 に 墜 ち る 。 戦 慄 は 去 っ た 。 道 の 季 節 」 に 驚 愕 し 、 生 涯 の 「 事 件 」 と 呼 ん で い る 。 「 別 離 」 ど ん よ み が ヘ 路 の あ ら ゆ る 直 線 が 甦 る 。 あ れ ら の こ ん も り し た 貪 の 章 を 書 き 抜 い て 、 京 都 の 富 永 に 送 っ た 。 こ れ が 富 永 に 取 ら ん き ぎ っ て も 「 事 件 ー と な っ て 、 そ の 全 文 は 彼 の 手 帳 に も 写 さ れ 婪 な 樹 々 さ へ も 闇 を 招 い て は ゐ な い 。 て い る 。 大 き な 紙 に 書 い て 壁 に 張 り 、 毎 日 眺 め て い る と 書 い て 来 た そ う で あ る 。 と に か く 「 は は あ ラ ン ポ オ ば り だ な 、 と 言 っ て も い し 日 本 流 行 の 『 情 調 派 』 で な い と い う レ ッ テ ル を つ け て く 一 ・ , ル も ・ つ ′ れ た ら 望 だ 」 ( 小 林 宛 ) も う 秋 か 、 ー ー そ れ に し て も 何 故 に 永 遠 の 太 陽 を 惜 む の か 、 俺 達 は き よ ら か な 光 の 発 見 に 心 ざ す 身 で は な い 当 時 日 本 に ど ん な 情 調 派 が い た か を 知 る 必 要 は な い だ ろ う 。 「 ダ ダ イ ス ト 新 吉 の 詩 」 は 十 二 年 二 月 の 出 版 で あ り 、 の か ー ー ー 季 節 の 上 に 死 減 す る 人 々 か ら は 遠 く 離 れ て 。 「 赤 と 黒 」 は 同 年 一 月 に 創 刊 さ れ て い る が 、 一 般 書 店 に 並 ( 小 林 訳 ) そ う し ょ ん で い る 詩 集 は 、 新 潮 社 版 「 現 代 詩 人 叢 書 . の レ モ ン 色 小 か わ じ り ゅ う こ う い く た し ゅ ん げ つ も も た そ う じ 型 版 て あ り 、 川 路 柳 虹 、 生 田 春 月 、 百 田 宗 治 が 花 形 で あ っ ラ ン ポ オ 集 が ど こ の 洋 書 屋 に も 、 五 、 六 冊 は 用 意 さ れ て た こ と を 思 い 出 せ ば 、 私 に は 十 分 で あ る 。 生 田 春 月 の 「 新 い る 今 か ら は 、 三 十 年 前 の 話 で あ る 。 白 水 社 や 三 才 社 が い そ ろ し い 詩 の 作 り 方 ー が ベ ス ト セ ラ 】 で あ り 、 詩 と は 主 と し て つ も 揃 え て お く 本 は 、 ロ チ と フ ラ ン ス と ヴ ェ ル レ ー ヌ で あ 恋 人 の 前 で 朗 読 さ れ 、 詩 集 は ポ ケ ッ ト に 入 れ て 携 行 す べ き る 。 富 永 が パ テ ル ヌ ・ ペ リ シ ョ ン の 「 ラ ン ポ オ 集 」 到 着 の こ う べ や み ふ ん が い せ ん り つ す で さ っ

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


一 一 九 四 マ ラ ル メ Stéphane MaIIarmé ( 1 2 ~ 1898 ) フ ラ ン ス の 一 公 ア フ ォ リ ズ ム aphorism 簡 潔 鋭 利 な 評 言 。 断 想 録 。 箴 言 。 詩 人 ・ 高 踏 派 か ら 象 徴 派 に 転 じ 、 音 楽 的 旋 律 に 富 む 妹 惑 的 な 詩 一 辻 潤 ( 1 5 ~ 1 4 ) 評 論 家 。 日 本 で の ダ ダ イ ズ ム 流 行 の 端 を 作 っ た 。 「 半 獸 神 の 午 後 」 な ど 。 緒 を ひ ら い た 。 著 者 「 浮 浪 漫 語 」 「 で す べ ら 」 「 絶 望 の 書 」 な ど 。 一 久 ロ チ Pierre に 0 ( 一 ( 1850 ~ 1923 ) フ ラ ン ス の 小 説 家 。 海 軍 夭 ラ ン 、 ボ ウ Jean Arthur Rimbaud ( 一 4 ~ 一 89 こ フ ラ ン ス 大 佐 。 世 界 各 地 を 巡 航 し て 日 本 に も 来 遊 。 「 東 洋 の 幻 影 」 「 お 菊 象 徴 派 の 詩 人 。 ベ ル レ ー ヌ と 共 に 放 浪 。 早 熟 の 天 才 。 著 書 「 地 さ ん 」 な ど 。 獄 の 季 節 」 散 文 詩 集 「 イ リ ミ ナ シ オ ン 」 な ど 。 一 一 穴 富 永 太 郎 ( 一 8 一 ~ 一 925 ) 詩 人 。 小 林 秀 雄 、 河 上 徹 太 郎 ら と = 九 〈 フ ラ ン ス AnatOle France ( 一 4 ~ 一 4 ) フ ラ ン ス の 詩 人 、 小 説 家 、 批 評 家 。 軽 妙 な 皮 肉 と 辛 辣 な 諷 刺 を 作 品 の 特 色 と し た 。 「 山 繭 」 を 創 刊 。 = 〈 九 ポ ー ド レ ー ル Cha 「 ー00 Baudelai 「 0 ( ~ 一 ~ 一 86 「 ) フ ラ ン ス き 四 ラ フ ォ ル グ u 一 00 La ( 0 「 ue ( 一 88 ~ ) フ ラ ン ス の 詩 人 。 象 徴 派 、 と く に デ カ ダ ン 派 の 代 表 的 詩 人 。 の 詩 人 。 ポ ー の 影 響 を う け 、 象 徴 派 の 先 駆 を な し 、 近 代 詩 の 新 領 域 を 開 拓 。 詩 集 「 悪 の 華 」 は 世 界 的 に 大 き な 影 響 を お よ ・ ほ し = 冥 ア ン ト 。 ジ イ anthologie ( 仏 ) 名 詩 選 集 。 三 Honte ( 仏 ) 恥 、 は ず か し さ 。 三 一 一 一 logique ( 仏 ) 論 理 学 。 論 理 。 元 0 ダ フ = ス と ク 。 = 古 代 ギ リ シ ア の 恋 愛 小 説 。 幼 な な じ み の 三 一 一 一 honéte ( 仏 ) 正 直 、 誠 実 ・ 一 一 人 は 、 恋 と い う 感 情 を 解 せ ず に 苦 悩 す る が 、 や が て 結 ば れ る 。 三 実 コ ス ミ ッ ク cosmique ( 仏 ) 宇 宙 の 、 広 大 な 。 = 九 一 一 シ ・ ペ ン ( ウ エ ル A 「 thu 「 schopenhaue 「 ( 一 7 田 ~ 一 0 ) ド イ ツ の 哲 学 者 。 観 念 論 、 汎 神 論 、 厭 世 観 を 総 合 し た 生 の 哲 学 三 = 六 ミ ス チ ッ ク mystique ( 仏 ) 神 秘 的 な 。 三 三 一 一 ソ ネ ッ ト sonnet ( 英 ) 十 四 行 か ら 成 る 近 世 ヨ ー ロ ツ ・ ハ 文 学 を 説 い た 。 の 小 詩 型 。 イ タ リ ア に 起 る 。 十 四 行 詩 。 = 九 一 一 日 夏 耿 之 介 ( 188 ~ 1971 ) 詩 人 、 評 論 家 。 象 徴 的 、 絵 画 的 な 三 三 四 カ リ エ ー ル Eugene Carriére ( 1 9 ~ 1906 ) フ ラ ン ス の 画 ゴ シ ッ ク ー ロ ー マ ン 詩 体 を つ く り だ し た 。 家 。 反 印 象 主 義 の 夢 幻 的 作 風 。 文 学 者 の 肖 像 画 も 多 く 描 い た 。 一 一 九 三 ヴ = ル レ ー ヌ paul Marie Verlaine ( 1 4 ~ 1 田 6 ) フ ラ ン ス 象 徴 派 の 詩 人 。 詩 集 「 華 や か な 饗 宴 」 「 秋 の 歌 」 ( 上 田 敏 訳 ) 三 ワ イ ル ド osca 「 Wilde っ 856 ~ 一 98 ) 十 九 世 紀 末 イ ギ リ ス 解 の 耽 美 主 義 文 学 の 代 表 作 家 。 な ど 。 、 、 ス テ ィ フ イ ケ ー シ ョ ン mystification ( 英 ) 神 秘 化 ・ 一 一 殳 ゴ ー チ ェ Théophile Gautier ( 一 8 一 一 ~ 一 2 ) 。 フ ラ ン ス の 三 四 四 三 四 四 ト ル ・ ハ ド ー ル troubadour ( 仏 ) 中 世 紀 の フ ラ ン ス 南 部 を 吟 注 浪 漫 派 詩 人 、 小 説 家 。 芸 術 の た め の 芸 術 を 唱 え た 。 遊 し た 詩 人 音 楽 家 の 群 。 吟 遊 詩 人 。 一 一 蝨 シ モ ン ズ Arthur Symons ( 1 0 ~ 1893 ) イ ギ リ ス の 詩 人 、 批 評 家 。 イ ギ リ ス 象 徴 派 の 代 表 者 。 著 書 「 象 徴 派 の 文 学 運 動 」 三 四 五 ぬ え 源 頼 政 が 紫 宸 殿 上 で 射 取 0 た と い う 怪 獣 。 転 じ て 、 正 4 体 不 明 の 人 物 や あ い ま い な 態 度 を い う 。

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


291 朝 の 歌 い 替 え た 。 そ れ が 十 三 年 後 期 の 彼 の 思 想 詩 で あ る 。 泣 く も 笑 ふ も 此 の 時 ぞ 此 の 時 ぞ 富 永 太 郎 や 冨 倉 徳 次 郎 氏 は 、 当 時 の 中 原 と は 比 較 に な ら 泣 く も 笑 ふ も な い 教 養 を 持 っ て い た 。 中 原 が 富 永 か ら 学 ん だ の は 「 仏 国 詩 人 等 の 存 在 」 ど こ ろ の 騒 ぎ で は な い 。 詩 語 の 使 い 方 か さ ほ う ら 、 文 学 史 、 文 学 青 年 の 交 際 作 法 、 要 す る に 詩 人 に な り 方 ダ ダ イ ス ム で 意 味 は 捉 み に く い が 、 近 代 詩 が 生 れ る 場 所 べ つ け ん に つ い て 、 あ ら ゆ る こ と を 学 ん だ の で あ る 。 も っ と も そ れ の 、 荒 れ た 感 じ を 少 年 中 原 が 瞥 見 し て い た こ と が よ く わ か し ば し ば を 少 し も 学 ん だ と は 思 わ ず 、 そ れ ら 土 台 の 上 に 、 一 生 自 分 る 。 最 後 の 三 行 は 中 原 が そ の 後 も 屡 々 結 句 に 慣 用 し た 語 法 の 独 創 性 と 信 じ る も の を 追 求 し て 行 っ た の が 、 彼 の 個 性 だ で あ る 。 っ た の だ が 。 富 永 は 三 年 来 ポ ー ド レ ー ル を 熟 読 し て 、 ポ エ ジ ー の 所 在 、 ゆ う さ い た だ こ の 時 期 の 中 原 の 詩 で 、 次 の も の に 後 年 の 彼 の 詩 の に つ い て 理 想 を 持 っ て い た 。 し か し 彼 は 自 分 を 救 済 す る の し い か あ い わ た 特 徴 と な っ た 、 宇 宙 性 と も い う べ き も の が 現 わ れ て い る の が せ い 一 杯 で 、 詩 歌 が 他 人 と 相 渉 る 点 に つ い て 、 確 固 た る あ い た を 見 る 。 「 古 代 土 器 の 印 象 」 と 題 さ れ た 短 詩 で あ る 。 或 る 感 じ を 持 つ に 到 ら な か っ た 。 あ て 七 月 七 日 夜 東 京 の 村 井 庸 男 宛 の 手 紙 に 「 ダ ダ イ ス ト を 訪 ね て や り こ め ら れ た り 」 の 句 が 見 え る 。 一 体 中 原 は 年 上 の 認 識 以 前 に 書 か れ た 詩 さ ば く 男 を や り 込 め る の が う ま か っ た 。 弱 点 の な い 人 間 は い な い 沙 漠 の た ゞ 中 で が 、 そ の 弱 点 が す ぐ 見 え た の は 、 中 原 と い う 人 間 の 後 に つ 私 は 土 人 に 訊 ね ま し た い て い る も の が あ っ た か ら で あ る 。 そ れ を だ ん だ ん 探 し て 「 ク リ ス ト の 降 誕 し た 前 日 ま で に カ ラ カ ネ の 行 く の が 、 こ の 伝 記 の 目 的 の 一 つ で あ る 。 歌 を 歌 っ て 旅 人 が 四 何 人 こ ゝ を 通 り ま し た か 」 土 人 は 何 に も 答 へ な い で 富 永 太 郎 は 中 原 の よ う に 、 親 か ら 学 資 を 送 ら せ て 、 女 と 遠 い 砂 丘 の 上 の 同 棲 す る よ う な 結 構 な 身 分 で は な い 。 父 謙 治 氏 は 愛 知 県 の 足 跡 を 見 て ゐ ま し た 士 族 、 鉄 道 省 事 務 官 の 職 を 停 め ら れ た と こ ろ で あ る 、 財 産 に は 限 り が あ り 、 教 育 す べ き 子 女 は 多 い 。 学 校 を 止 め る の ど う せ い い つ ば い

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


あ る 。 「 何 に も 過 去 に 恋 着 す べ き も の は な い 。 過 去 へ の 恋 着 は る い す い め い し ゅ う し ん 「 空 間 に 一 個 形 と し て 在 る 」 は 類 推 に す ぎ な い が 、 中 原 は ー マ ニ テ ィ を 浸 間 も な く 迷 執 と な り 、 迷 執 は や が て ヒ ュ し よ く 直 観 と 呼 ん で い る 。 こ れ も 若 い 思 想 の 一 つ の 型 で あ っ て 、 蝕 す る 。 何 に も か も 忘 れ る こ と だ こ れ が よ く わ か っ ら ん よ う ひ と す じ 濫 用 さ え し な け れ ば 、 こ う し て 一 条 に 既 知 の 観 念 の 適 用 を た か 、 わ が 心 ? あ あ : : : あ あ : : : 」 ( 六 月 十 三 日 ) ひ ろ 拡 げ て 行 く の も 、 思 想 を 堅 実 に 押 し 進 め る 一 つ の 方 法 で あ 彼 が 「 朝 の 歌 」 を 「 労 働 」 し た の は 大 正 十 五 年 の 五 月 だ く や る 。 が 、 小 林 に 泰 子 を 奪 わ れ て 「 口 惜 し き 人 ー と な っ て い た 中 わ く し か し 人 間 は 肉 体 の 枠 か ら 出 ら れ な い よ う に 、 一 度 考 え 原 に 、 仕 事 は 天 か ら 降 っ た よ う に さ ず け ら れ た の で あ る 。 た こ と か ら も 逃 れ ら れ な い 。 十 六 歳 の 中 原 が 京 都 で 高 橋 新 ま ず 最 初 に 仕 事 が あ り 、 次 に 思 想 が 来 た の で あ る 。 吉 の 詩 に 感 激 し 、 新 吉 流 の 詩 を 四 十 篇 ば か り 書 い た こ と 従 っ て 「 朝 の 歌 ー 以 来 中 原 が ど ん な 仕 事 を し て い た か を し よ う が い は 、 或 る 意 味 で 中 原 の 生 涯 の 詩 を 決 定 し て い る 。 破 格 の 趣 見 る の が 順 序 だ が 、 こ の 時 期 は 実 際 は 詩 作 の 大 変 乏 し い 時 味 は 死 ぬ ま で 残 っ た 。 「 高 橋 新 吉 。 な ん と ま あ 調 子 の 低 い 期 で あ る 。 後 に 述 べ る 理 由 に よ っ て 、 「 朝 の 歌 ー の 大 正 十 そ 五 年 五 月 か ら 昭 和 三 年 五 月 ま で を 一 つ の 区 切 り と し た い の 作 品 を 作 っ た の だ ろ う ! 世 界 中 で 一 番 調 子 の 低 い れ が 彼 の 素 晴 ら し さ ! ー と 昭 和 一 一 年 一 一 月 五 日 に 書 い て い る だ が 、 「 山 羊 の 歌 ー の 「 初 期 詩 篇 」 中 「 朝 の 歌 ー 以 後 が 、 か り に こ の 時 期 に 作 ら れ た も の と し て 十 八 篇 、 「 少 年 時 」 が 、 中 原 自 身 も ど う か す る と 随 分 調 子 の 低 い 詩 を 書 い た 。 た い て 、 そ れ 等 は 大 抵 未 発 表 の ま ま 残 っ て い た が 、 「 山 羊 の 歌 」 「 在 よ り 「 少 年 時 」 だ け を 採 っ て 一 篇 、 未 刊 詩 篇 中 一 九 二 七 ・ ・ 二 九 の 日 付 を 持 つ 「 無 題 」 一 篇 、 計 二 十 篇 で あ る 。 り し 日 の 歌 」 の 中 に も 、 多 少 は ま ぎ れ 込 ん で い る 。 ダ ダ の 八 ら よ う し よ う し か も 「 初 期 詩 篇 ー の 十 八 篇 中 、 或 い は 「 朝 の 歌 、 以 前 嘲 笑 と 調 子 の 低 さ は 彼 の 故 郷 の よ う な も の で 、 再 び そ の た び た び す ば ら に 出 す べ き か 、 又 は ず っ と 後 へ 下 げ る べ き か 、 不 明 の も の 「 素 晴 し い 土 」 に 戻 る こ と に 気 楽 さ を 感 じ る 瞬 間 も 、 度 々 歌 あ っ た で あ ろ う 。 が あ っ て 、 数 は も っ と 減 る か も 知 れ ぬ 。 詩 人 は 作 品 を 年 代 順 に は 並 ・ ヘ て な い し 、 既 刊 詩 集 の 原 稿 に は 、 日 付 の な い 写 の あ い ま い 四 し し か 残 っ て な い の で 、 す ・ ヘ て は 曖 昧 な の で あ る 。 ま れ 「 朝 の 歌 ー 系 統 の 整 っ た 文 語 詩 は 稀 な の で 、 抽 出 す る の は 「 労 働 以 外 に 人 生 は な い 」 ( 五 月 七 日 ) 中 原 が 水 が 低 き に 就 く 如 く 、 自 然 に こ の 覚 悟 に 達 し た と 容 易 で あ る 。 即 ち 「 臨 終 」 「 タ 照 」 「 春 の 思 ひ 出 」 の 三 篇 て あ る 。 「 都 会 の 夏 の 夜 」 風 の 嘲 笑 的 な 心 象 風 景 は 「 秋 の 一 見 る の は 多 分 間 違 い だ ろ う 。 の が ご と あ る

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


329 朝 の 歌 か ん こ ら ・ と う て 、 高 踏 的 な 漢 語 は 、 富 永 太 郎 や 宮 沢 賢 治 か ら 採 っ た も の で あ る 。 こ れ だ け で も ダ ダ の 詩 と は 大 変 な 相 違 で あ る が 、 重 要 ( 「 テ ン ビ に か け て 」 ) じ よ じ よ う た わ れ め か た く な の は 、 こ こ で 中 原 が よ す が な き 戯 女 に 仮 託 し て 抒 情 し て い る こ と で あ ろ う 。 し か る に 富 永 等 の 使 っ た フ ラ ン ス 象 徴 派 の 教 義 は ( 大 体 抒 情 は ダ ダ に は 全 然 な か っ た 動 機 で あ る が 、 中 原 は そ れ シ モ ン ズ の 「 象 徴 主 義 の 文 学 運 動 」 が 解 説 し た の で あ る を 知 ら な か っ た わ け で は な い 。 大 正 十 一 年 の 短 歌 が ) 詩 は 何 も の も 表 現 し な い と い う 逆 説 で あ っ た 。 「 何 に も な い 所 か ら 組 立 て て 行 っ て 、 先 天 的 観 念 に 一 致 す こ は る び よ り つ め つ 珍 ら し き 小 春 日 和 よ 縁 に 出 て 爪 を 摘 む な り 味 気 な き 我 る 」 ( 「 仮 定 は な い ぞ よ 」 ) 理 想 は 、 富 永 の 「 焦 躁 ー に そ の さ び も 、 2 リ も の へ ん り ん う か が 幾 ら 見 て も 変 り な き に 淋 し き 心 同 じ 掛 物 見 つ む る 心 片 鱗 が 窺 わ れ 、 さ ら に 端 的 に は 富 永 が 多 分 中 原 に も 訳 し て ム な び と わ れ ゃ う え ん 舟 人 の 帆 を 捲 く 音 の タ 空 に ひ び き 消 え ゅ ぎ 吾 内 に 入 る 示 し た ラ ン ポ オ の 「 饑 餓 の 饗 宴 」 俺 の 饑 よ 、 ア ヌ 、 ア ヌ 、 の 如 き 、 事 を 叙 し て 暗 示 す る 手 法 を 、 少 年 中 原 は 心 得 て い た 。 「 む な し さ 」 の 抒 情 は 従 っ て 中 原 に 取 っ て 、 ダ ダ イ 驢 馬 に 乗 っ て 逃 げ ろ こ く ム く ス ム の 克 服 で は な く 、 虚 脱 に よ る 復 帰 と 見 做 す こ と も 出 来 る 。 俺 は 食 気 が あ る と し た ら 、 よ う 食 ひ た い も の は 、 土 と 石 富 永 や 小 林 と の 一 年 間 の 交 際 は 、 高 橋 新 吉 風 の 自 棄 と 叫 ヂ ヌ 、 ヂ ヌ 、 ヂ ヌ 、 ヂ ヌ 、 空 気 を 食 は う 、 喚 で は な く て も 、 詩 を 作 る こ と が 出 来 る の を 中 原 に 教 え た と 思 わ れ る 。 岩 を 、 火 を 、 鉄 を 。 ま わ の 詩 句 に 実 現 さ れ て い る の を 見 た ろ う 。 百 科 辞 典 を 引 き 廻 し し よ う ム 鳥 の 名 や 花 の 名 や 「 む な し さ 」 の 横 浜 の 娼 婦 へ の 感 情 移 入 も 、 な り 替 っ て 歌 み た こ と も な い そ れ な ん か う と い う 単 純 な 形 に は な っ て い な い 。 女 は 同 時 に 中 原 で あ っ て も い い け れ ど 、 中 原 に 限 る 必 要 も な い 。 正 に 題 の 示 す ひ つ ば り 出 し て 書 い た っ て だ が そ れ 程 想 像 力 が あ れ ば だ が ね ー ー や い 通 り 「 む な し さ 」 に な ろ う と 、 詩 は 志 し て い る の で あ る 。 い っ た い 何 が 表 現 出 来 ま し た ? く ひ け

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


だ っ た こ と は 、 象 徴 的 で あ る 。 以 来 彼 の 詩 は こ の 歌 い 易 し 働 だ ー ー っ ま り 批 評 精 神 の 活 動 、 ( 十 一 月 一 日 付 日 記 ) し ん と う と い う 性 質 に よ っ て 、 ラ ジ オ の 普 及 と 共 に 滲 透 し て 行 っ た こ こ で 中 原 が 「 詩 人 が 批 評 家 を 蔵 し な い と い う こ と は 不 の で 、 中 原 の 詩 が 今 日 こ れ ほ ど 読 ま れ る に っ た 素 地 は 、 可 能 で あ る 」 と い う ポ ー ド レ ー ル 、 つ ま り 小 林 秀 雄 と 同 じ こ の 方 か ら も 作 ら れ た と 考 え ら れ る 。 場 所 に い る の を 見 る 。 十 五 年 十 一 一 月 十 九 日 付 、 中 原 は 小 林 が 逗 子 の 新 住 所 を 地 図 入 り で 教 え て く れ た の に 感 謝 し て い る 。 「 も う 一 週 間 も 諸 井 三 郎 の 作 曲 は 、 昭 和 三 年 五 月 の 演 奏 会 で 聞 い た 時 の し た ら 行 っ て 見 よ う 」 二 十 五 日 帰 郷 。 明 け て 十 三 日 付 湯 田 印 象 が 残 っ て い る だ け で あ る が 、 マ 1 ラ ー の リ ー ド に 似 た 発 「 頭 の 中 で 君 に 一 日 に 一 一 通 位 手 紙 を 書 く の だ が 、 紙 を 取 も の で あ っ た と 記 憶 す る 。 諸 井 三 郎 が 内 海 誓 一 郎 等 と 共 っ て 書 く の は こ れ が 初 め だ 」 。 十 九 日 に は 東 京 へ 帰 っ て い み や ま す ざ か こ れ の り に 、 宮 益 坂 上 の 長 井 維 理 の 家 へ 毎 水 曜 日 寄 り 合 っ て 、 「 ス る ら し い が 、 「 金 が な く っ て 行 け な い 。 あ ん ま り 寒 い の で ル ャ ー と い う 小 団 体 を 作 っ た の は 昭 和 一 一 年 の 末 で 、 彼 に 中 毛 布 を 買 っ た の で ね 」 手 紙 は 「 君 に 会 い た い 」 て 終 っ て い ち ゅ う ち ょ 原 を 紹 介 し た の は 、 当 時 ま だ ビ ア ノ を 弾 い て い た 河 上 徹 太 る が 、 中 原 は や は り 小 林 と 泰 子 の 前 に 現 れ る の を 躊 躇 し て い る よ う で あ る 。 郎 で あ る 。 あ て け ん か 文 学 の 話 を し な い 以 上 、 喧 嘩 に は な ら な か っ た か ら 、 中 昭 和 一 一 年 八 月 一 一 十 二 日 に な っ て 、 母 宛 の 手 紙 に 始 め て 原 は み な に 愛 さ れ 、 自 ら ス ル ャ 院 外 団 と 称 し て は し ゃ ぎ 廻 「 先 達 小 林 と ポ ー ト を 漕 ぎ ま し た 。 僕 は 漕 げ ま せ ん 」 の 記 っ て い た 。 事 が あ る 。 八 月 十 五 日 の 日 記 。 し か し 諸 井 三 郎 が 中 原 の 詩 を 作 曲 す る 気 に な っ た の は 、 な お 中 原 の 人 柄 が 気 に 入 り 、 詩 が 歌 い 易 い た め だ け で は な か っ 「 叛 い た も の に で も 尚 愛 を 以 て 迎 え る な ど と い う こ と ひ く っ た か も 知 れ な い 。 は 、 こ れ は 卑 屈 以 外 で は な い 。 と こ ろ が 叛 い た も の と で つ き あ 、 ら ぐ う も 、 そ の 人 と 話 す る こ と が 面 白 い の で 、 な お 交 際 っ て い 「 ス ル ヤ 」 は 当 時 の 楽 壇 の 一 隅 に 、 主 知 主 義 を 掲 げ て 集 っ る と い う こ と が 、 だ か ら 卑 屈 だ と は 強 ち 言 え な い 。 こ れ た 、 新 進 作 曲 家 の セ ル ク ル で あ る 。 多 分 中 原 の 詩 の 知 的 な あ じ わ を 解 れ よ 。 味 い が 諸 井 を 惹 い た の だ ろ う と 思 う 。 「 詩 が 生 れ る の は 情 愛 か ら だ が 、 情 愛 を 持 と う と し て 持 例 え ば 私 の よ う な 奴 は 、 視 覚 的 で 従 っ て 瞬 間 的 だ か て る も の で は な い 。 持 と う と し て 持 て る の は 、 や は り 労 ら 、 敵 の 本 懐 が 何 で あ れ 、 や つ ば り 会 っ て 話 し て る 時 ま わ せ ん だ っ て そ む わ か 」 ・ ん か い も っ あ な が