検索 - みる会図書館

検索対象: 群像 2017年 1月号

群像 2017年 1月号から 357件ヒットしました。

群像 2017年 1月号


と る な か で 、 志 賀 直 哉 が 、 フ ラ ン ス 語 を 「 国 語 」 に し た い 、 古 来 の あ ら ゆ る 抒 情 詩 の 中 で い や し く も 恋 愛 に 関 す る も の は 自 論 を 述 べ た こ と は よ く 知 ら れ て い る 。 志 賀 直 哉 は フ ラ ン ス 悉 く 禁 止 さ れ な け れ ば な ら な い 筈 で あ る 」 と 述 べ る 。 個 人 の 語 を 「 一 番 美 し い 言 語 」 だ と し て 憚 ら な か っ た 。 「 小 説 の 神 力 で は ど う し よ う も な か っ た 事 態 に 対 す る 反 抗 的 な 文 章 は 、 様 」 の 意 見 が そ う い う も の だ っ た な ん て 驚 く 。 わ け が わ か ら 作 者 の 志 を 映 し て い る と い う 意 味 で 、 美 し い な い 。 フ ラ ン ス 語 化 が 実 行 さ れ な く て よ か っ た と 思 う 。 漢 詩 現 状 で 、 日 本 語 の 書 き 言 葉 は 、 漢 字 か な 交 じ り 文 を 通 用 と す る 。 唐 突 な よ う だ け れ ど 、 盛 唐 の 詩 人 ・ 李 白 の 「 静 夜 思 」 文 の 訓 読 が 行 わ れ る よ う に な っ て 千 年 以 上 。 物 事 の 切 り 捨 て に は 慎 重 で あ り た い 。 の 訓 読 を 、 新 釈 漢 文 大 系 『 唐 詩 選 』 ( 明 治 書 院 ・ 一 九 六 四 ) か ら し い い な と 思 っ た 文 章 に 引 こ う 。 五 言 古 詩 の う ち 最 高 傑 作 と 位 置 付 け ら れ て き た 詩 だ 。 十 代 の こ ろ に 読 ん で 、 ご く 単 純 , 中 勘 助 の 「 島 守 」 が あ る 。 こ の 日 記 的 作 品 が 「 ち く ま 文 学 の 牀 前 月 光 を 看 る 。 疑 ふ ら く は 是 れ 地 上 の 霜 か と 。 頭 を 森 」 の 『 心 洗 わ れ る 話 』 ( 筑 摩 書 房 ・ 一 九 八 八 ) に 入 っ た こ と で 、 出 会 え た 。 二 十 代 後 半 に 信 州 ・ 野 尻 湖 の 無 人 島 で 過 ご し 擧 げ て 山 月 を 望 み 、 頭 を 低 れ て 故 鄕 を 思 ふ 。 た 日 々 が 綴 ら れ る 。 ず つ ど 不 思 議 に 思 っ て き た こ と が あ る 。 詩 の 翻 訳 は 、 一 般 夜 。 ど ん 栗 と 杉 の 葉 を な ら べ て 日 記 を つ け て る と き 南 的 に と て も 困 難 で 翻 訳 詩 は 原 詩 の 感 興 を 十 全 に 伝 え ら れ な い こ と が 多 い 、 と は よ く い わ れ る こ と だ 。 と こ ろ が 、 ふ と 立 ち の 浦 に ば さ ば さ と 水 を 打 っ 音 が し て 鳥 の 群 が お り た ら し か っ た 。 月 は 遠 じ ろ く 湖 水 を 照 し な が ら こ の 島 へ は 森 に 止 ま っ て 考 え る と 、 漢 詩 の 書 き 下 し は 、 な ん と な く い い 感 語 遮 ら れ て わ ず か に き れ ぎ れ の 光 を 投 げ る ば か り で あ る 。 本 じ 、 つ ま り 美 し い 印 象 を 醸 し 出 せ て い る こ と が 少 な く な い 、 日 と 田 5 , つ 。 大 木 の 幹 が す く す く と 立 っ て 月 の 夜 は 闇 よ り も 凄 じ い 美 訓 読 漢 詩 は 、 文 語 自 由 詩 と し て の 性 格 を 持 つ 。 も と も と が 読 点 を 嫌 っ た 著 者 の 文 章 の す が た は 、 ・ 情 景 を 織 り 出 す 言 葉 る 日 本 語 の 文 語 で 書 か れ た 自 由 詩 な ら 、 距 離 感 を 感 じ て し ま う と き の ほ う が 多 い け れ ど 、 漢 詩 を 訓 読 し た か た ち で あ れ ば 、 の 連 な り に 美 し さ が あ る 、 と 思 え る 。 で も 、 私 自 身 は 読 点 を 考 現 在 で も む し ろ 心 地 よ い ニ ュ ア ン ス を 受 け 取 れ る の は 、 な ぜ 打 ち た い ほ う だ 。 言 . 。 読 点 よ 、 テ ン ボ の 目 印 と な る か ら 。 美 し い 人 だ ろ う か 。 訓 読 と は 、 直 訳 的 な 翻 訳 方 法 だ 。 日 本 語 の 仕 組 み 日 本 語 、 と い う テ ー マ は 、 ど き ど き す る ほ ど 危 な い 。 美 し い 五 を 考 え る と き 、 こ れ は と て も 面 白 い 領 域 だ と 思 う 。 日 本 語 、 と い う 言 葉 自 体 は 美 し く な い 。 排 他 的 な 匂 い が す る か ら だ 。 戦 後 ま も な く 「 国 語 」 を ど う す る か と い う 議 論 が 展 開 さ れ 美 し い 日 本 語

群像 2017年 1月号


堀 江 は い 。 競 馬 を 扱 う 雑 誌 で す 。 た だ 、 競 馬 場 に 行 か な い と い う コ ン セ プ ト の 、 い わ ば 競 馬 文 芸 誌 で し た 。 そ こ に 一 ■ 謎 の 始 ま り は 、 書 か れ て し ま っ た 詩 本 、 小 説 の よ う な も の を 書 い た ん で す 。 一 両 編 成 の 黄 色 い 都 町 田 『 そ の 姿 の 消 し 方 』 の 野 間 文 芸 賞 受 賞 、 お め で と う ご 電 荒 川 線 の 車 両 が 逃 げ 馬 に 見 え る 、 そ う い う 話 を 。 読 み 切 り の は ず だ っ た ん で す け ど 、 編 集 長 が 「 続 き を 書 け 」 と 言 う 。 ざ い ま す 。 た ま た ま 、 あ る 人 の 姿 が 見 え な く な る と い う 場 面 で 終 わ っ て 堀 江 あ り が と う ご ざ い ま す 。 い た の で 、 そ れ を 謎 の 提 示 と 見 立 て て 何 の 計 画 も な し に つ づ 町 田 選 考 会 で は 、 こ れ し か な い だ ろ う と い う 感 じ で わ り と き を 書 い た 。 そ の 人 が ど こ へ 行 っ た の か を 、 語 り 手 が 追 う 。 早 く 決 ま っ た ん で す 。 こ の 小 説 の 読 み 方 は い ろ い ろ あ る と 思 と こ ろ が 、 七 回 書 い た 時 点 で 雑 誌 が 潰 れ て 、 話 じ た い が 宙 づ う ん で す け ど 、 選 考 委 員 が 共 通 し て 言 っ て い た の は 、 こ れ だ り に な っ た 。 そ こ に 何 十 頁 か 書 き 足 し て 本 に し た ん で す 。 け 言 葉 を 緻 密 に 組 み 立 て て い く の は な か な か で き な い と い う 今 回 も 、 最 初 は 文 芸 誌 で の 読 み 切 り で し た 。 二 〇 〇 九 年 に こ と で 、 驚 き と 同 時 に 作 品 に 対 す る リ ス ペ ク ト が あ り ま し こ 0 書 い た ん で す 。 こ の 文 芸 誌 の 読 者 は 若 干 若 者 寄 り だ ろ う と い う 、 漠 然 と し た イ メ ー ジ を 持 っ て い た ん で す が 、 見 本 を 送 っ 堀 江 そ の よ う な 評 価 じ た い が 、 あ り が た い 驚 き で す 。 て も ら っ た ら 、 一 段 組 み だ っ た 。 こ れ で 改 行 の ほ と ん ど な い 町 田 こ の 作 品 は 、 ま ず 古 い 絵 ハ ガ キ に 書 か れ た 詩 を め ぐ 僕 み た い な 書 き 方 を し た ら 、 若 い 人 は き っ と 読 み づ ら い だ ろ る 、 ち ょ っ と 謎 め い た 状 況 が あ っ て 、 そ れ を 探 っ て い く 。 前 と 思 っ た ん で す 。 そ れ に は 、 う 、 空 白 を つ く っ た ほ う が い い に 堀 江 さ ん の 『 燃 焼 の た め の 習 作 』 を 読 ん だ と き も 、 同 じ よ 。 自 分 で 望 う な 印 象 が あ っ た ん で す が 、 最 初 に こ う い う こ と を や ろ う と 上 下 左 右 に 空 き の あ る 、 何 か 詩 の よ う な 形 式 が い し と 一 書 く の は 変 だ か ら 、 語 り 手 が 翻 訳 を す る と い う 形 に し て 何 篇 思 い つ い た 動 機 は 何 で す か 。 葉 か 組 み 込 も う 。 詩 も 、 自 由 詩 じ ゃ な く て 、 漢 詩 と か 五 一 言 律 詩 言 堀 江 十 数 年 前 、 新 潮 社 か ら 出 し た 『 い っ か 王 子 駅 で 』 と い う 作 品 が あ る ん で す が 、 そ の と き と 状 況 が よ く 似 て い ま す み た い に 文 字 数 を そ ろ え て 書 い て お け ば 、 レ イ ア ウ ト も し ゃ 射 ね 。 あ る 競 馬 雑 誌 に 、 読 み 切 り で 何 か 話 を 書 く よ う に と 言 わ す い だ ろ う と 考 え ま し た 。 そ れ が 最 初 な ん で す 。 反 れ た ん で す 。 町 田 レ イ ア ウ ト 先 行 。 け っ こ う 斬 新 で す ね 。 町 田 競 馬 雑 誌 で す か 。 堀 江 雑 誌 に 書 く と き は 、 結 構 レ イ ア ウ ト 先 行 で 考 え る ん で

群像 2017年 1月号


町 田 完 全 に 狂 っ て ま す よ ね 。 な い も の を ど う や っ て 訳 す も み ん な 感 動 し た と こ ろ な ん で す ね 。 堀 江 細 か く や っ て い る 意 識 は な い ん で す 。 各 篇 の 発 表 の 間 が 空 い て い ま す か ら 。 読 み 返 す と い う こ と を あ ま り し な い の 堀 江 な い も の を ど う や っ て 訳 し 、 ど う 日 本 語 に し て 、 ど う 解 釈 す る か 。 手 を 伸 ば し て も 、 何 も 掴 め ず に 、 壁 の 向 こ う 側 で 、 《 詩 》 も う ろ 覚 え に な っ て 、 引 用 を 間 違 え た り す る 。 前 に 突 き 抜 け て し ま う 感 覚 で す ね 。 何 を や っ て も ス ー ツ と 言 葉 と 語 句 が 違 う と 、 校 閲 の 方 に よ く 指 摘 さ れ ま し た 。 あ わ て て が 逃 げ て 行 く 。 自 分 に と っ て は 、 抵 抗 が 欲 し い わ け で す 。 紙 読 み 返 す と 、 確 か に お か し い 。 そ の 時 点 で 、 書 き 直 し に な る 。 に 手 書 き を す る と き の 、 ペ ン 先 の 引 っ か か り み た い な も の を 、 ど う に か し て た ぐ り 寄 せ た か っ た 。 町 田 や り 直 し 。 緻 密 に 間 違 え て い る わ け で す ね 。 町 田 こ の 詩 は 普 通 に 読 ん で い る と 、 意 味 が よ く わ か ら な い 堀 江 一 行 、 二 行 の 断 片 が 頭 に あ る だ け で 、 《 詩 》 の プ ロ ッ 部 分 が 多 い で す よ ね 。 ク 全 体 を 覚 え て い る わ け じ ゃ な い ん で す 。 風 、 止 、 葡 萄 酒 、 堀 江 そ う で す ね ( 笑 ) 。 自 分 で も わ か ら な い 。 わ か ら な く そ う い う 単 語 の つ な が り だ け が 浮 か ん で 、 そ こ か ら 次 を 書 い て も し い と い う か 、 ま ず は 漢 詩 み た い に 、 視 覚 に 訴 え ら れ れ て い く 感 じ な の で 、 手 探 り と い う の か 、 思 い 出 す 過 程 を そ の ば よ か っ た 。 言 葉 の 意 味 を 深 く 考 え ず 、 自 動 筆 記 の よ う に 、 ま ま 記 し た と い う 印 象 で す ね 。 な い も の を 《 翻 訳 》 し て い き ま し た 。 に も か か わ ら ず 、 発 表 後 の 誌 面 を 眺 め て い る と 、 意 味 を な す よ う に 見 え る 個 所 が ・ 「 幻 の 原 典 」 を 翻 訳 す る あ っ て 、 そ れ で ま す ま す わ か ら な く な る 。 今 回 は 無 名 の 書 き 町 田 今 の 話 を 聞 い た 読 者 の 単 純 な 興 味 と し て 伺 い た い ん で 手 を 前 提 と し て い ま す が 、 既 成 の 作 家 、 既 成 の 詩 人 の 作 品 を 望 読 む と き に も 生 じ る 感 覚 で す 。 す け ど 、 作 中 の 詩 は 、 一 応 フ ラ ン ス 語 を 翻 訳 し た と い う 形 に 葉 言 な っ て い る じ ゃ な い で す か 。 そ こ は 実 際 は ど ん な 感 じ だ っ た 時 間 を 置 く と 、 自 分 の 書 い た も の も そ う な ん で す け ど 、 言 の か な と 、 ち ょ っ と 興 味 が あ る ん で す 。 例 え ば フ ラ ン ス 語 で 葉 が ま っ た く 違 っ て 見 え て く る こ と が あ る 。 前 の 日 に 何 を 読 ん だ か 、 ど う い う 音 楽 を 聞 い た か 、 何 を 食 べ た か 、 睡 眠 時 間 射 先 に 書 い て 、 そ れ を 後 で 日 本 語 に 落 と し 込 ん だ と か 。 堀 江 そ う で は な い ん で す 。 幻 の 原 典 が あ っ て 、 そ れ を ど う 翻 が 多 い か 少 な い か に よ っ て 、 文 字 の 景 色 が 変 わ る 。 そ う い う 変 化 を 身 体 的 に 許 容 し て 、 先 に 進 む 。 訳 す る か と い う 、 幻 の 自 乗 の よ う な 作 業 を や っ て い ま し た 。

群像 2017年 1月号


ア ケ ス ケ で 現 実 的 な も の で あ る 。 素 手 で 詩 の 中 に 立 っ て 中 勘 助 「 島 守 」 な ど い る 者 に は 、 あ れ こ れ 擬 装 し て 遊 ぶ よ り も 、 つ く り 出 す 詩 に よ っ て 身 を 守 ら ね ば な ら な い 。 こ の 必 要 性 の 現 実 言 葉 の 美 は ど こ に あ る か は 、 詩 人 を 理 解 す る 上 で 重 要 で あ る に も か か わ ら ず 、 た い て い の 場 合 素 通 り し て 詩 篇 の 方 に 関 心 は よ せ ら れ る 。 詩 人 は 最 初 の 詩 か ら 、 必 要 が あ っ て 書 い て い る 。 こ れ は 犀 蜂 飼 耳 星 の 「 健 康 」 と は 、 ま っ た く 異 質 の 「 疾 」 に 悩 ま さ れ て た 朔 太 郎 に あ っ て も 、 必 要 性 と い う 点 で は 同 様 で あ る 。 美 し い 日 本 語 。 新 年 号 か ら 、 う れ し く な る ほ ど の 毒 を ひ そ ま せ た テ ー マ で は な い か 。 「 美 し い 」 も 「 日 本 語 」 も 、 語 と こ こ に あ る の は 、 簡 に し て 要 を 得 た 、 き り り と し た 文 章 の し て そ れ ぞ れ に ク セ モ ノ で 、 話 題 と し て は い く ら で も 広 が っ よ さ だ 。 内 容 の 凝 縮 の 度 合 い と 言 葉 の 対 応 が 、 美 し い 二 〇 一 七 年 は 萩 原 朔 太 郎 の 『 月 に 吠 え る 』 ( 感 情 詩 社 ・ 白 日 て し ま う 。 一 筋 縄 で は 行 か な い 。 「 美 し い 」 と い う 語 に 接 す る と き 、 し 、 つ も 思 い 出 す 詩 が あ 社 共 刊 ) の 出 版 か ら 百 年 と い う 節 目 の 年 だ 。 「 き っ と 可 愛 い か た い 歯 で 、 / 草 の み ど り を か み し め る 女 よ 、 」 と は じ ま る る 。 中 村 和 恵 の 「 見 え な い 家 族 」 だ 。 ほ と ん ど 幻 の 詩 集 と 呼 び た い 、 小 部 数 出 版 の 『 ト カ ゲ の ラ ザ ロ 』 ( 紫 陽 社 ・ 一 九 九 六 ) 詩 「 愛 憐 ー と 、 「 わ た し は く ち び る に べ に を ぬ っ て 、 / あ た に 収 録 。 次 の 言 葉 が あ る 。 〈 美 し い も の が ほ し い あ な た は ら し い 白 樺 の 幹 に 接 吻 し た 、 」 と は じ ま る 詩 「 戀 を 戀 す る 人 」 い っ た け れ ど / だ れ に 美 し い も の な の そ れ は 〉 。 万 人 の 二 編 は 、 当 時 の 内 務 省 の 検 閲 で 引 っ 掛 か り 、 削 除 さ せ ら れ に と っ て の 共 通 の 美 し さ な ど な い 。 そ れ は 自 分 で 選 び 取 る こ た 。 い ま 読 む と 、 禁 止 さ れ る ほ ど の 官 能 性 よ り も 、 む し ろ ュ と が で き る も の だ 。 ー モ ア さ え 感 じ る よ う な 詩 だ 。 作 者 が 感 じ て い た 種 類 の 美 と 論 の 展 開 と 一 言 葉 の 一 致 が あ ま り に も よ く て 、 詩 を 読 む と き は 少 し 違 う か も し れ な い 印 象 の 美 を 、 あ る 種 の お か し み と と の 感 じ に 匹 敵 す る 感 動 を 覚 え る こ と が あ る 。 た と え ば 、 富 岡 も に 私 は 受 け 取 る こ と が で き る 。 朔 太 郎 は 後 に 「 風 俗 壊 乱 の 詩 と は 何 そ 」 ( 「 上 毛 新 聞 」 一 九 一 多 惠 子 『 室 生 犀 星 』 ( 筑 摩 書 房 ・ 一 九 八 一 l) の 一 節 。 七 ・ 二 ・ 二 五 5 二 六 ) と い う 文 章 を 書 き 、 抵 抗 感 を 表 明 し た 。 詩 は そ れ を 必 要 と す る 人 間 に よ っ て 言 葉 に し て こ の 世 削 除 を 命 じ ら れ た 詩 は 「 典 雅 な 耽 美 的 の 抒 情 詩 」 だ と 自 負 を 示 す 。 「 若 し か や う な 詩 篇 が 風 俗 を 壊 乱 す る と い ふ の な ら 、 に 送 り 出 さ れ る も の で あ る 。 そ の 必 要 性 は 本 来 た い へ ん 美 し い 日 本 語 216

群像 2017年 1月号


で あ る 。 空 海 「 声 字 実 相 義 」 五 大 皆 有 響 十 界 具 一 言 語 六 塵 悉 文 字 法 身 是 実 相 言 葉 を 究 め 、 言 葉 を 超 え る 読 み 下 し 文 に し て み れ ば 、 こ う な る 。 「 五 大 に 皆 響 き 有 り 宀 女 ~ 滕 礼 一 一 十 界 に 言 語 を 具 す 六 塵 悉 く 文 字 な り 法 身 は 是 れ 実 相 な り 」 。 森 羅 万 象 を 構 成 す る 五 つ の 元 素 、 地 ・ 水 ・ 火 ・ 風 ・ 空 の 五 大 は 、 皆 、 お の ず か ら 響 き を 発 し て い る 。 わ れ わ れ が 生 活 す る 人 間 界 を 含 め 、 最 下 層 の 地 獄 か ら 最 上 層 の 如 来 ( 仏 ) 極 東 に 位 置 す る 列 島 の な か で 、 言 葉 の も っ 美 し さ と 力 に つ た ち の 住 む 極 楽 ま で の 十 の 世 界 、 地 獄 ・ 餓 鬼 ・ 畜 生 ・ 阿 修 い て 、 最 も 早 く 、 ま た 最 も 過 不 足 の な い 表 現 を 与 え る こ と が 羅 ・ 人 ・ 天 ・ 声 聞 ・ 縁 覚 ・ 菩 薩 ・ 如 来 の 十 種 の 世 界 は 、 そ れ で き た の は 、 八 世 紀 後 半 か ら 九 世 紀 前 半 を 生 き た 、 真 言 密 教 そ れ 独 自 の 言 語 を も っ て い る 。 わ れ わ れ の 認 識 の 対 象 で あ る の 大 成 者 ・ 空 海 で あ っ た は ず だ 。 空 海 が 生 き た 時 代 は 、 日 本 色 ・ 声 ・ 香 ・ 味 ・ 触 ・ 法 と い う 六 塵 も ま た 、 そ の 悉 く が 、 い の 神 話 や 宗 教 、 政 治 的 か っ 経 済 的 な 諸 制 度 に し て 文 化 的 な 諸 ま こ こ で 読 み 解 く こ と が 可 能 な 文 字 そ の も の で あ る 。 つ ま 制 度 、 す な わ ち 広 義 の 「 世 界 観 」 が 確 立 さ れ よ う と し て い た り 、 宇 宙 は 、 さ ま ざ ま な 諸 感 覚 が 混 淆 し つ つ 諸 感 覚 に 響 き 渡 「 時 」 だ っ た 。 さ ら に 、 当 時 、 ま だ 日 本 語 の 書 き 方 の シ ス テ る 「 声 」 に し て 「 字 」 、 い わ ば 生 命 そ の も の の 歌 を 、 遠 い 過 ム は 整 備 さ れ て い な か っ た 。 列 島 に 生 を 享 け た 人 間 の な か 去 か ら 遠 い 未 来 へ 向 け て 奏 で 続 け て い る の だ 。 そ れ ら す べ て で 、 表 現 者 と し て 意 識 的 で あ ろ う と す る 者 は 、 ア ジ ア の 巨 大 の 「 声 字 」 を 自 ら の う ち に 兼 ね 備 え た 如 来 の 身 体 、 宇 宙 の 原 な 帝 国 の 言 葉 、 中 国 の 漢 語 を 学 ぶ し か な か っ た 。 空 海 は 、 語 理 ( 法 ) そ の も の を 体 現 し 、 決 し て 滅 び 去 る こ と の な い そ の 「 法 身 」 こ そ が 、 こ の 大 宇 宙 を 統 べ る 唯 一 の 存 在 で あ り 、 真 の も っ リ ズ ム と 意 味 が 連 動 す る 「 詩 」 の か た ち で 、 自 ら が 創 り 上 げ た 宇 宙 論 に し て 意 識 論 の 核 心 と し て 、 以 下 の よ う に 述 実 の 存 在 な の だ 。 べ て い る 。 私 が 「 美 し い 日 本 語 」 の 実 例 と し て 選 ぶ の は 、 空 空 海 は 、 日 本 に 生 ま れ 、 中 国 の 言 葉 で あ る 漢 語 を 用 い て 詩 海 が 、 代 表 作 の 一 つ で あ る 『 声 字 実 相 義 』 の な か で 、 わ ず か 作 し た だ け で は な い 。 自 ら が 進 む 道 と し て 選 ん だ 仏 教 と い う 二 〇 ば か り の 文 字 の み を 用 い て 書 き あ ら わ し た 、 そ の 哲 学 詩 教 え が 生 ま れ た 故 郷 の 言 葉 、 イ ン ド の サ ン ス ク リ ッ ト 語 そ の 美 し い 日 本 語 208

群像 2017年 1月号


現 は こ の リ ズ ム に 立 脚 し て い る 。 詩 の 美 の ほ と ん ど す べ て は い る 実 朝 の 悲 惨 な 運 命 を 知 っ て い る の で 、 実 朝 の 孤 独 が 胸 に リ ズ ム に か か っ て い る と 言 っ て よ い 。 現 代 詩 の 分 野 で 石 原 よ 迫 っ て き て 、 こ と さ ら こ の 歌 が 儚 く も 美 し く 感 じ ら れ る が 、 た と え 実 朝 が 暗 殺 さ れ な か っ た と し て も 、 こ の 歌 は 古 今 の 名 り 器 用 な 詩 人 、 よ り 人 気 の あ る 詩 人 、 よ り 上 手 な 詩 人 は 沢 山 い た が ) こ れ ほ ど 見 事 な リ ズ ム の 形 式 美 を 追 求 し た 詩 人 を 、 歌 で あ ろ う 。 私 は 石 原 以 外 に 知 ら な い 。 そ う い う 意 味 で 、 私 に と っ て 、 石 高 校 が 終 わ る こ ろ ま で 凝 っ て い た の は 詩 で あ る 。 三 好 達 治 や 立 原 道 造 が 好 き で 、 自 分 も い っ か 立 原 の よ う な 甘 美 な 詩 を 原 吉 郎 は 戦 後 最 大 の 詩 人 な の で あ る 。 書 き た い と 思 っ て い た 。 そ ん な 私 の 幼 い ロ マ ン テ ィ シ ズ ム を 最 後 に 散 文 に つ い て 少 し 述 べ て み た い 。 世 に 名 文 家 は 多 い 破 壊 し た の は 、 石 原 吉 郎 で あ る 。 大 学 に 入 学 し た も の の 、 し が 、 散 文 の 美 し さ を 決 め る の も ま た リ ズ ム の 良 し 悪 し で あ る 。 そ れ に 付 一 一 = ロ す れ ば 、 語 尾 の 決 め 方 で あ る 。 日 本 語 は こ れ ば ら く す る と 学 園 闘 争 の 嵐 が 吹 き 荒 れ て 、 講 義 は 全 く な く な っ て し ま い 、 毎 日 麻 雀 、 時 々 デ モ と い う 生 活 を 送 っ て い が 案 外 難 し い 。 若 い と き に 親 し ん だ の は 埴 谷 雄 高 の エ ッ セ イ で あ る 。 作 家 や 思 想 家 と し て の 評 価 は 措 く と し て 、 エ ッ セ イ た 。 そ ん な 時 、 偶 然 、 石 原 吉 郎 の 詩 集 「 サ ン チ ョ ・ バ ン サ の ス ト と し て の 埴 谷 は 紛 れ も な く 第 一 級 で あ っ た 。 手 元 に 「 鞭 帰 郷 」 を 読 み 、 私 の 脳 髄 の 震 え は 止 ま ら な く な っ て し ま っ た 。 特 に 冒 頭 の 「 位 置 」 と い う 詩 は 私 の 持 っ て い る 「 詩 概 と 独 楽 」 と 題 す る 評 論 集 が あ る が 、 「 三 島 由 紀 夫 」 の 冒 頭 の 念 」 を コ ペ ル ニ ク ス 的 に 転 回 さ せ た 。 文 は 、 最 初 の 句 点 が 来 る ま で の 文 字 数 が 300 字 を 超 え る 長 文 で 、 文 章 教 室 の 先 生 か ら は 、 悪 文 の 見 本 だ と 言 わ れ そ う だ し ず か な 肩 に は / 声 だ け が な ら ぶ の で な い / 声 が 、 こ れ が 流 れ る よ う な 名 文 な の だ 。 こ の 文 を 引 用 す る 紙 幅 よ り も 近 く / 敵 が な ら ぶ の だ / 勇 敢 な 男 た ち が は な い の で 、 埴 谷 が 三 島 を オ ペ ラ の 台 本 作 家 と し て 強 く 推 薦 し た の を 隣 で 聞 い て い た 三 島 の 様 子 を 描 写 し た 、 掉 尾 近 く の 目 指 す 位 置 は / そ の 右 で も お そ ら く / そ の ひ 美 だ り で も な い / 無 防 備 の 空 が つ い に 撓 み / 正 午 短 い 文 を 引 用 し た い 。 る の 弓 と な る 位 置 で / 君 は 呼 吸 し / か っ 挨 拶 せ よ / 君 の 位 置 か ら の そ れ が / 最 も す ぐ れ た 姿 勢 で そ の と き 、 傍 ら に 腰 か け て い た 三 島 由 紀 夫 は 顫 え る よ う 考 あ る な 純 真 さ が そ の 芯 に あ る 羞 ず か し さ を 不 意 と 全 身 に 示 し 人 〇 て う つ む き な が ら 、 笑 っ た 。 五 こ の 詩 を 律 し て い る の は 、 今 ま で の 詩 に は な い 、 石 原 が 独 シ ャ イ な 三 島 を 彷 彿 さ せ る 美 し い 散 文 で あ る 。 自 に 編 み 出 し た リ ズ ム の 形 式 美 で あ る 。 石 原 の 屹 立 し た 詩 表 美 し い 日 本 語

群像 2017年 1月号


は じ め て 自 分 を 意 識 し た 、 っ て 云 う の か な 、 自 分 が 存 在 し て い る こ と を 識 っ た の が い つ の こ と だ っ た の か は 思 い 冬 。 み そ れ が 歌 う よ う に 枝 の あ い だ を 降 る 。 地 面 は 凍 出 せ な い 。 気 づ い た と き に は も う 疑 い よ う の な い 自 明 の り 、 解 け 、 ふ た た び 凍 っ て 、 ど っ し り 重 い 濃 厚 な ぬ か る も の と し て そ こ に 居 た 、 み た い な 感 じ ね 。 ( 中 略 ) で も み に な る 。 ジ ョ ゼ フ は 初 め て 雪 を 見 る 。 空 を 見 上 げ 、 め ま あ 、 そ れ は 考 え て み れ ば お た く 達 人 間 だ っ て 同 じ じ ゃ が ね に 雪 を 受 け る 。 雪 の 結 晶 が 解 け る の を 見 つ め る 。 と げ な い ? 頭 で は 受 精 と か 細 胞 分 裂 と か 分 か っ て て も 、 あ の あ る 柱 と 繊 細 な ア ー チ を 、 結 晶 が ゆ る ん で 水 に な り 、 な た 自 身 は 不 意 に そ こ に 立 っ て た 、 っ て 感 じ で し よ う ? 千 の 微 細 な 光 が き ら め き な が ら 消 え る の を 見 つ め る 。 全 く 同 じ な ん だ と 思 う 。 み そ れ の 音 に 「 歌 」 を 聞 く と い う 冒 頭 以 外 は 、 語 り 手 の 主 四 元 康 祐 に よ る 詩 「 電 子 少 年 ト ロ ン は 語 る 」 の 冒 頭 で す 。 観 は さ し て 入 り 込 ん で い ま せ ん 。 む し ろ 、 ジ ョ ゼ フ の 目 に こ の 文 章 が 見 事 な の は 、 ま す 電 子 と い う 、 完 全 に 機 能 で し か 入 っ て く る 、 冬 の 何 気 な い 風 景 を ひ た す ら 「 描 写 」 し て い る な い 存 在 を 人 格 と し て 語 ら せ て い る こ と と 、 文 章 そ の も の に だ け の 文 で す 。 し か し 、 そ こ か ら は 、 水 と い う 物 質 が 形 を あ る 、 や や 翻 訳 調 の 響 き を ( さ ら に 言 え ば 、 使 用 す る 漢 字 次 々 に 変 え な が ら 人 を 取 り 巻 い て い る こ と に 対 す る 驚 異 の 思 い が 、 描 写 を 重 ね て い っ た 結 果 と し て 生 じ る 和 音 の よ う に 表 「 云 」 「 識 」 の 微 妙 な す ら し か た を ) ほ ば 完 璧 に 接 続 し て い る 現 さ れ て い ま す 。 こ れ く ら い の 心 は 僕 に も 必 要 な の か も し れ 点 で す 。 翻 訳 の 言 語 が 自 動 的 に 機 能 美 を 帯 び る こ と を 、 詩 人 は 了 解 し た う え で 、 そ の 次 元 に お け る 無 駄 と し て 詩 を 立 ち 上 な い と 思 わ さ れ る く ら い 、 こ の 詩 情 は 強 力 で す 。 語 本 げ て み せ ま す 。 と は い え 、 言 葉 が 喚 起 す る イ メ ー ジ の 美 し さ と い う 心 溢 れ る 側 面 を い っ た ん 取 り 去 っ た と し て も 、 こ こ に 並 ぶ 日 本 語 の 詩 を 書 き 始 め た 理 由 ? な に も か も 読 み 尺 、 く し た 後 で な 美 文 字 自 体 に 「 美 」 が あ る と 僕 は 思 い ま す 。 漢 字 に お い て 、 る お 、 情 報 処 理 容 量 が 余 っ て い た か ら 。 悲 し む 肉 体 も な い 「 雪 」 「 結 晶 」 が 反 復 さ れ 、 あ る い は 「 繊 細 」 「 微 細 」 と い っ え し さ 。 た 視 覚 的 に 似 た 言 葉 が 重 な り 合 う こ と で 、 そ れ ら が す べ て 一 考 つ の プ ロ セ ス で あ る こ と が 感 じ 取 ら れ る 、 そ ん な 訳 文 で す 。 人 ま た 違 う 方 向 を 目 指 し 、 人 工 物 に 心 を 与 え る と い う 仮 面 を 電 子 の 機 能 性 を と こ と ん 追 求 し た 先 に あ る 、 無 駄 と し て の 五 詩 は 、 そ れ が ゆ え に 、 ま あ 心 な ん か な く て も い い や 、 と い う か ぶ っ て み せ る 言 葉 も 、 僕 に と っ て は 大 き な 魅 力 が あ り ま す 。 心 持 ち に さ せ て く れ ま す 。 美 し い 日 本 語

群像 2017年 1月号


だ っ た の か 、 と い う 驚 き と 感 歎 の 念 を 抱 て い る 。 詩 、 と り わ け 、 近 代 詩 と 呼 ば れ だ れ の も の で も な い 空 間 を 自 分 の も の に る も の の 読 解 は 、 た い て い は 退 屈 だ 。 と フ ラ ン ス 留 学 時 代 に 古 物 市 で 手 に 入 れ す る た め の 線 引 き 高 橋 源 一 郎 こ ろ が 、 こ の 小 説 で 主 人 公 が 行 う 読 解 は た 一 九 三 八 年 の 消 印 の あ る 数 枚 の 絵 葉 書 ま る で 違 う 印 象 を 与 え る の で あ る 。 を 「 私 」 は 長 い 時 間 見 つ め 続 け 、 そ こ に 堀 江 敏 幸 さ ん の 『 そ の 姿 の 消 し 方 』 を 、 「 読 む と い う 行 為 は 、 こ れ は と 思 っ た 言 記 さ れ た 謎 め い た 言 葉 ( 原 文 は 明 示 さ れ ひ た す ら 楽 し く 読 ん だ 。 結 果 と し て 、 こ 葉 の 周 囲 に 領 海 や 領 空 の よ う な 文 字 を 置 な い ) を 十 行 詩 に 翻 訳 し て 反 芻 す る 。 二 の 小 説 を 野 間 文 芸 賞 の 受 賞 作 と し て 推 す い て 、 だ れ の も の で も な い 空 間 を 自 分 の 十 数 年 の 時 間 を か け 様 々 な 可 能 性 を 追 求 こ と に な っ た が 、 そ れ は ど う で も 、 し い よ も の に す る た め の 線 引 き な の か も し れ な す る 読 み に よ っ て 、 未 知 の 詩 人 の 姿 に う な 気 が す る 。 こ の 小 説 を 読 み 終 わ る の い 」 「 存 在 の 乱 反 射 」 が 生 ま れ る 。 も と よ り 謎 が 寂 し か っ た 。 た だ そ れ だ け だ 。 そ の 通 り 。 主 人 公 の 読 解 を 追 い な が ら 、 解 き が な さ れ る わ け で は な く 、 空 白 は 空 『 そ の 姿 の 消 し 方 』 は 、 主 人 公 が 偶 然 、 読 者 で あ る わ た し た ち は 、 読 む こ と そ の 白 の ま ま 残 さ れ る 仕 舞 い 方 に も 、 「 欠 落 し 手 に 入 れ た 一 枚 の 、 第 二 次 大 戦 直 前 の 古 も の の 深 奥 に 招 致 さ れ る 。 そ し て 、 そ の た 部 分 は 永 遠 に 欠 け た ま ま で は な く 、 継 い 絵 は が き 、 そ こ に 記 さ れ た 短 い 一 編 の な ん と 楽 し い こ と か ー 続 的 に 感 じ 取 れ る 他 の 人 々 の 気 配 に よ っ 詩 に 惹 か れ る と こ ろ か ら 始 ま る 。 や が て 、 て 補 完 で き る の で は な い か 」 と の 作 中 の 主 人 公 は 、 そ の 絵 は が き を 投 函 し た 、 と 選 評 言 葉 ど お り の 得 心 が い っ た 。 い う か 、 そ の 詩 を 書 い た 人 物 の 他 の 絵 は 執 筆 の あ い だ に 震 災 と 原 発 事 故 が あ っ が き を 探 し 、 他 の 詩 を 読 み 、 そ の 書 き 手 多 和 田 葉 子 た こ と も 確 実 に 作 品 の 底 に は 沈 め ら れ て の 正 体 を 探 る よ う に な る 。 そ の ア ン ド い る 。 原 発 企 業 の 通 訳 の ア ル バ イ ト で 得 レ ・ ル ー シ 工 と 呼 ば れ る 人 物 が 、 ほ ん と 仕 事 の 丁 寧 さ に ま ず 同 業 者 と し て 脱 帽 。 た 報 酬 で 古 本 屋 で 大 量 の 本 を 買 い 込 ん だ う は ど ん な 人 間 だ っ た の か は わ か ら な い 。 小 説 は 何 よ り 言 葉 で あ り 、 言 葉 は 手 間 を こ と を 「 洗 っ た 」 と 表 現 し て い る 箇 所 で 結 局 の と こ ろ 、 主 人 公 に ( も し く は 、 わ か け れ ば 、 ど こ ま で も 成 熟 し て い く と い 刺 さ っ た 小 さ な 棘 を 、 ラ ス ト の 海 藻 灰 の た し た ち 読 者 に ) 残 さ れ る の は 、 彼 が 書 う 当 た り 前 で し か も 難 し い 事 を 思 い 出 さ 心 の 肥 料 が 取 り 除 い て く れ た 。 い た 何 編 か の 詩 だ け だ 。 そ の 、 や や 晦 渋 せ て く れ た こ の 小 説 に 感 謝 。 な 詩 の 読 解 が 、 こ の 小 説 の 中 心 を 形 作 っ 内 容 的 に は 今 の 時 代 に は め ず ら し く 、 104

群像 2017年 1月号


す 。 た だ し 、 内 容 と し て は 読 み 切 り で 、 あ く ま で 第 一 章 で 終 て 配 置 し て 、 初 め て 成 立 す る よ う な 部 分 が か な り あ っ て 、 読 わ り だ っ た ん で す 。 む ほ う も そ れ を 信 じ て 読 む 。 こ の 小 説 を 読 む 場 合 で も 、 最 後 ま で こ れ は か な り コ ン ト ロ ー ル し て や っ て い る ん だ ろ う と 町 田 な る ほ ど 。 一 旦 完 結 し た も の を 、 そ の 後 続 け た の は ど う し て で す か 。 思 っ た け ど : 堀 江 ま た 別 の と こ ろ か ら 注 文 が あ っ た か ら で す 。 正 確 な 経 堀 江 い や 、 そ れ は な い で す 。 と に か く 詩 の よ う な も の を 最 緯 は 覚 え て い ま せ ん け れ ど も 、 こ の 間 の 続 き で も 、 し い か な と 初 に 三 篇 出 し て 、 引 き 継 い で い く 以 上 、 語 句 を 変 え る こ と も で き な い わ け で す 。 長 篇 と し て の 構 想 が あ っ た り 、 書 き 下 ろ 思 い ま し て 。 町 田 そ れ で 、 こ う い う ふ う に 断 続 的 に 書 き 継 が れ る わ け で し で あ れ ば 、 詩 の 部 分 も 十 分 練 る こ と が で き た は す で す し 、 す ね 。 詩 の 形 と し て あ れ で い い の か ど う か 、 実 作 者 の 意 見 を 聞 く こ 堀 江 は 、 。 と も で き た で し よ う 。 で も 、 と に か く 升 目 を 埋 め る と い う こ そ れ か ら も 、 何 か 頼 ま れ る と 、 あ の 話 は ど う な る ん だ ろ う と 思 い 出 す よ う に な り 、 そ こ か ら 、 最 初 の 回 に 三 と し か 考 え て い な く て 。 も と の 《 詩 句 》 を い じ ら な い で 、 ど う 書 く か 、 そ こ は 苦 、 い し ま し た 。 篇 出 し た 翻 訳 詩 が 気 に な り は じ め て 、 続 き を 書 い た ん で す 。 町 田 そ れ が 「 欄 外 の 船 」 で す か 。 町 田 書 い た の は 自 分 だ け ど 、 あ る 種 、 誰 か が 書 い て 、 も う さ わ れ な い み た い な 。 も う す で に あ る も の と し て 。 そ れ を 書 堀 江 そ う で す 。 こ れ だ け す ご く 短 い ん で す 。 書 き な が ら 、 い た の が た ま た ま 自 分 な だ け で あ っ て 。 あ の 《 詩 の よ う な も の 》 の 書 き 手 は い っ た い ど う い う 人 な の か 、 レ イ ア ウ ト 先 行 の 詩 形 と は い え 、 ど う し て あ あ い う 一 一 一 一 口 葉 堀 江 お そ ら く 自 分 だ ろ う と ( 笑 ) 。 こ れ ま で 、 あ の 詩 は 自 が 出 て き て し ま っ た の か 、 ま す ま す 知 り た く な っ た 。 あ る 分 で 書 い た の か と よ く 聞 か れ た ん で す け ど 、 他 人 の 詩 で 、 参 種 、 「 幻 の 原 本 」 と の 向 き 合 い 方 に つ い て の 自 問 と い う の か 考 に な る も の が あ っ た な ら 、 文 献 を 掲 げ る は ず で す し ね 、 言 わ な く て も わ か る だ ろ う と 思 っ て い ま し た 。 と に か く こ の 作 な 、 こ こ に あ る 言 葉 は 何 な ん だ ろ う と 。 品 の 場 合 に は 、 な ぜ そ う い う 言 葉 が 出 て き た の か を 、 突 き 詰 町 田 そ れ は わ り と 作 品 全 体 の 問 い か け に な っ て い る と 思 い ま す 。 め た か っ た 。 動 機 は 、 そ れ だ け で す ね 。 町 田 そ の 問 い か け が 作 品 の 中 で も 直 截 的 に 繰 り 返 し 語 ら れ 堀 江 な っ て い っ た 、 と い う こ と で す ね 。 て い る 部 分 が か な り あ る と 思 う ん で す け ど 、 そ こ は 選 考 委 員 町 田 小 説 は ふ つ う 、 何 と な く 作 者 が 全 体 を コ ン ト ロ ー ル し 112

群像 2017年 1月号


て 育 っ た 。 本 書 で の 「 に つ ほ ん 」 に は こ れ ま り 離 さ れ た 稀 有 な 「 女 の 一 生 」 で あ る 。 同 時 り 、 反 語 と 逆 説 、 自 虐 と 悪 罵 が 渦 巻 き な が ら 、 過 去 の 作 品 と 合 流 し て 怒 濤 を 形 成 し て い で 著 者 が 書 い て き た 様 々 な 設 定 が 踏 襲 さ れ て に 日 本 が 「 に つ ほ ん 」 と な り 、 さ ら に 「 だ い に つ ほ ん 」 へ と グ ロ テ ス ク に 変 容 し 、 つ い に る 。 そ れ と い う の も 本 書 の と い う 具 体 い る 。 『 水 晶 内 制 度 』 で 描 か れ た 女 性 だ け の 国 「 ウ ラ ミ ズ モ 」 が 茨 城 県 に あ り 、 ま た 「 火 ウ ラ ミ ズ モ に 占 領 さ れ る と い う 未 来 史 は 、 今 的 な 敵 の 背 後 に あ る の は 、 著 者 が デ ビ ュ ー 以 星 人 」 と 称 さ れ る 異 人 種 が い る 。 父 以 外 の 埴 後 の 壮 大 な 「 に つ ほ ん 」 サ ー ガ の ・ ヘ ー ス と な 来 闘 い つ づ け て き た と こ ろ の 、 欲 望 と カ の 集 合 が 小 さ く 弱 い も の を 無 視 し 、 虐 げ 、 食 い 殺 輪 家 は 火 星 人 で あ り 、 地 球 人 と し て 生 活 す る り そ う な 予 感 を 孕 ん で い る 。 現 に 本 書 じ た い し 、 踏 み に じ っ て き た 、 こ の 世 の 地 獄 的 本 質 た め の 「 ス ー ツ 」 を 着 用 し て い る の だ 。 詩 歌 の 構 成 が 、 詩 歌 を 指 導 し た 「 沼 際 の 噛 み つ き の 父 は 「 火 星 人 少 女 遊 郭 」 に ハ マ っ て 入 り 浸 亀 」 と 呼 ば れ る 地 元 女 性 作 家 が 詩 歌 に イ ン ス に 他 な ら ず 、 と は 姿 か た ち を 変 え て 現 り 、 つ い に は 行 方 不 明 と な っ て し ま う 。 祖 母 パ イ ア さ れ て 書 い た 短 編 「 ひ ょ う す べ の 嫁 」 、 れ た 〈 敵 〉 の 亜 種 ー ー た だ し 最 大 最 強 ー ー に の 死 後 、 花 屋 の 営 業 も 世 界 企 業 の フ ラ ン チ ャ そ の 二 次 創 作 の よ う に 詩 歌 が 書 い て 遺 し た 唯 他 な ら な い か ら で あ る 。 イ ズ に 乗 っ 取 ら れ 、 家 も 失 う 。 詩 歌 は 「 に つ 一 の 作 品 「 ひ ょ う す べ の 菓 子 」 、 そ し て 詩 歌 巻 末 に 『 コ レ ク シ ョ ン 戦 争 と 文 学 4 9 ・ 変 容 す る 戦 争 』 に 収 録 さ れ て い た 「 姫 と ほ ん 」 で 生 き て い く こ と に 不 安 を 覚 え 「 ウ ラ の 死 後 、 老 作 家 が 彼 女 を 偲 ん で 書 い た 「 ひ ょ ミ ズ モ 」 の 公 募 移 民 に 申 し 込 む 。 審 査 と 指 導 う す べ の 約 束 」 と い う 三 通 り の バ リ エ ー シ ョ 戦 争 と 『 庭 の 雀 』 」 が 収 め ら れ て い る 。 イ ラ ク 派 兵 に 反 対 す る デ モ に 「 私 」 が 参 加 で き に や っ て き た 二 人 の 男 装 娘 に 気 に 入 ら れ る ン を す で に 含 ん で い る の で あ る 。 に 抗 う プ ラ カ ー ド の よ う に 書 く と い ず 、 翌 日 行 っ て み た 神 社 で 裏 集 会 が 始 ま り 、 が 、 詩 歌 は す で に 人 工 授 精 で 妊 娠 し て お り 、 胎 児 が 男 と 判 明 し て 「 に つ ほ ん 」 に 残 る 。 生 う モ チ ベ ー シ ョ ン か ら 出 発 し な が ら 、 本 書 は 姫 ノ 宮 神 社 に 異 端 神 が 続 々 と 集 ま っ て 行 進 す ま れ た 息 子 は 木 綿 助 。 養 子 に 入 っ て く れ た 木 著 者 の 想 像 力 を ほ し い ま ま に 開 放 し 、 羽 ば た る 光 景 が 幻 視 さ れ た 短 編 だ 。 「 庭 の 雀 」 を 書 く し か 能 が な い と い わ れ た 私 小 説 の 非 力 を 嘆 綿 造 を 父 と し て 育 ち 、 さ ら に 娘 の い ぶ き が 生 か せ て い る 。 た と え ば 埴 輪 木 綿 造 が 生 業 と し ま れ る 。 木 綿 助 は だ ん だ ん 詩 歌 の 父 に 似 て い て い た 「 火 星 人 落 語 」 な る も の の 面 白 さ 。 か き つ つ 、 自 分 の 生 活 を 足 場 に 想 像 力 を 武 器 に き 、 詩 歌 は 祖 母 が 自 分 に し た よ う に 娘 を 教 育 っ て 詩 歌 に 求 婚 し て き た 相 手 か ら 、 詩 歌 の 死 戦 う 作 家 の 覚 悟 が そ こ に も 表 れ て い る 。 、 、 こ い け な い 路 傍 の 少 し よ う と す る が 、 そ ん な 詩 歌 も 四 〇 代 で 死 後 に 届 い た 手 紙 に 綴 ら れ た 「 ウ ラ ミ ズ モ 」 の 庭 の 雀 に も 猫 に も ぬ 。 歴 史 に も 「 ウ ラ ミ ズ モ ギ ャ グ 」 が 登 場 す る 。 女 に も 、 見 え な い 〈 敵 〉 は 着 々 と 忍 び 寄 っ て 評 デ ィ ス ト ピ ア で は あ る も の の 、 こ れ は 著 者 「 ひ ょ う す べ 」 す な わ ち 「 表 現 が す べ て 」 と い る 。 ど ん な 巨 大 な 〈 敵 〉 で も 怯 ま な い 戦 士 書 笙 野 頼 子 の 現 在 形 の 「 戦 争 」 が こ こ に あ る 。 の 長 い 創 作 史 上 、 女 性 が 家 庭 を 持 ち 子 供 を 育 い う 名 前 か ら し て 超 激 辛 の 皮 肉 で あ る が 、 い ( 河 出 書 房 新 社 ・ 税 別 定 価 一 一 〇 〇 〇 円 ) て る 初 の 題 材 で あ り 、 し か も セ ッ ク ス か ら 切 た る と こ ろ で 著 者 一 流 の く す ぐ り と お ち よ く