物 - みる会図書館


検索対象: 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡
367件見つかりました。

1. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

これは、また、世ノ中にをかしくもめでたくも人の思ふべき事を選り出でた るかは。ただ心一つに思ふ事をたはぶれに書きつけたれば、物に立ちまじり、 な 人並み並みなるべき物かはと思ひたるに、「はづかし」など、見る人の、のた 七草木の花を記した部分から虫 まふらむこそあやしけれ。また、それもさる事ぞかし。人の、物のよしあし言を記した部分まで、この草子全部 にとって、の意か ひたるは、心のほどこそおしはからるれ。ただ人に見えそむるのみぞ、草木の〈「そしらるれば」の誤りか。 九「罪避る」は陳謝する、弁明す 花よりはじめて虫にいたるまで、ねたきわざなる。何事もただわが心につきてる、の意。 一 0 「広めく」で、広く動くこと。 おばゆる事を、人の語る歌物語、世のありさま、雨、風、霜、雪の上をも言ひ一説、「ひろ」は擬態語で、ひょろ ひょろ動きまわる意。 きよう しい・かげ冫ルに。も。 段たるに、をかしく興ある事もありなむ。また、「あやしくかかる事のみ興あり、 三「痩す」の形容詞化したもので、 をかしくおばゆらむ」と、そのほどのそしられば、罪さり所なし。さて人並み肩身がせまく身も痩せる思いがす 第 る、の意が原義という。現在の やさ 並みに、物に立ちまじらはせ、見せひろめかさむとは思はぬものなれば、えせ「優し」に近い例も中古にあるが、 ここは恥ずかしい、みつともない、 にも、やさしくも、けしからずも、心づきなくもある事どももあれど、わざとの意。 御前わたりの恋しく思ひ出でらるる事あやしきを、こじゃ何やと、つきせずお れうし ほかる料紙を書きつくさむとせしほどに、、 しとど物おばえぬ事のみそおほかる ゃ。 な え

2. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

東京都・徳川黎明会蔵 人物 外院 こ多 な段 巴ツを がそ た伝 え管 、階雅絵 弦静 は現 段 やす び聴 世絵 の体 たす 箏。る 図頃 帝さを こ十 全絵 実せ小は リと , 飆や の像場は 段物紀化 人す 葉月物語絵巻 だ め た い た め 物 ク ) 物筋段 も は つ り は 確 づ 置 関 人 グ ) の も お し く ハ 係必存絵れ す も の 短 の 五 目 で あ る 全 と て 詞 し オこ も の と 考 疋 て お り 本 は 中 た 分 囲 風 を る の は 六巻世体間 中 頃 成 し 物 ロロ を 十 、紀巻 中 と と 室 内 の ひ き を 介 て し か 、れ弾 を か く 自 趺 と 戸 は 上匕 を き 室 内 在 る 人 ま は ほ 笛 き る 人 物 は 右 手 の る 足 る 澄 オま、 ま で あ は い そ つ し 情 を め と し て の族 : た ち の 関 る 記 述 面 草 子 は 段 な ど を し

3. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

かやや 一徳島県。近世の随筆類にも阿 へて、乳母子のゆかりありて、阿波の国に行きて、あやしき萱屋に住みける。 0 波に墓がある記事が見える。 つづりといふ物をばうしにして、あをなといふ物乾しに、外に出でて帰るとて、 = 布帛をつぎ合せたものか。 三帽子か 子 なほしすがた 「昔の直衣姿こそ思ひ出でらるれ」と言ひけむこそ、なほ古き心の残れりける四青菜。 草 五宮中の貴公子の姿を思い出し て。 枕にやと、あはれにおばゆれ。されば、人の終りの、思ふやうなる事、若くてい 六若い時にすぐれていたからと いって必ずしも老年に思いのまま みじきにもよらざりけるとこそおばゆれ。 な生活をしているとは限らないも のだ、の意。『無名草子』清少納言 評に「・ : はかばかしきょすがなど めのと もなかりけるにや、乳母の子なり けるものに具して、はるかなる田 舎にまかりて住みけるに、青菜と いふ物乾しに、とに出づとて、昔 なほし の直衣姿こそ忘られねとひとりご ちけるを見はべりければ、あやし の衣着て、つづりといふ物ばうし にしてはべりけるこそいとあはれ 、なれ。士ことに、、かに亦 5 しかり・ けむ」とある。両者の類似から何 らかの関連が想定される。 めのとご ふはく

4. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

139 第 254 段 と、かの言ひたりし人そをかしき。 え みちのくに紙、白き色紙、ただのも、白う清きは、得たるもうれし。 もとすゑと はづかしき人の、歌の本末問ひたるに、ふとおばえたる、われながらうれし。 一四左右に分れて物を合せ、優劣 常にはおばゆる事も、また人の問ふには、清く忘れてやみぬるをりそおほかる。を競う遊び。歌合せ、香合せ、絵 合せ、貝合せ、根合せなど。 とみに物求むるに、言ひ出でたる。ただいま見るべき文などを求めうしなひ一五ちょっとした機知で自慢の鼻 を折ることができたの。「はかる」 は工夫して計画を練り、欺くこと。 て、よろづ物をかへすがヘす見たるに、さがし出でたる、いとうれし。 一六返報。意趣返し。 ものあは 宅相手がきっとするだろう、と 物合せ、何くれのいどむ事、勝なる、いかでかうれしからざらむ。また、い こちらが思うのである。 をと - ) え みじうわれはと思ひて、知り顔なる人、はかり得たる。女などよりも、男はま天はかられた相手は、知らぬ顔 をして、反応を示さず、こちらを さりてうれし。これが答はかならずせむずらむと、常に心づかひせらるるもを油断させて時を過すのもおもしろ 。下二段他動詞「たゆむ」は、気 をゆるめさせる意。 カーしキ、こ、、 しとつれなく、何と思ひたらぬさまにて、たゆめ過ごすもをかし。 一九「荒き目」でひどいことと解す ニ 0 う るが疑わしい。三巻本「あしき目」。 にくき者のあらき目見るも、罪は得らむと思ひながらうれし。 - 一うむ ニ 0 仏罰を蒙っているだろうと思 ぐしむす い・ながら。 さし櫛結ばせてをかしげなるも、またうれし。またおほかる物を。 ニ一「結ぶ」とは具体的内容は不明。 ぐし 日ごろ月ごろなやみたるがおこたりたるも、いとうれし。思ふ人は、わが身三巻本「さし櫛すらせたるに」。 一三「また」の語が多い、と自分の 表現を反省したものとみる。 よりもまさりて , つれし。 がみ 一九 しきし たふ一七 かち ふみ 一三たった今見なくてはならない 書物などを探すのになくしてしま って。「求めうしなふ」はやや疑わ

5. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

この段は、田二六段にほとん ど同じ内容の記事があり重出して 二四〇にくきもの、乳母の男こそあれ いる。くわしい語釈は同段参照。 ニ乳母である女性の、夫。 子 めのとをとこ 三その子が女子である場合は乳 にくきもの、乳母の男こそあれ。女はされども、近く寄らねばよし。をのこ 草 母の夫はそばへ寄らないからよい りゃう 枕子をば、ただわが物にして、立ち添ひ領じてうしろ見、いささかもこの御事に 0 この夫の悪いことを正直に言 う人がいないので。 四 五長保元年 ( 九究 ) 六月十四日内 たがふ者をば讒し、人を人とも思ひたらず。あやしけれど、これがとがを心に 裏焼失、十六日為光の一条大宮院 ところえ おももち おこ に遷御。この段は長保一一年二月の まかせて言ふ人もなければ、所得、いみじき面持して、事を行なひなどするに 己事。 六この一文不審。脱文があるか。 よ。 セ中庭。 ^ 三巻本「のどかに照りたるに」。 にーしレみ」 . し 九東の渡殿の西廂の間。 二四一一条院をば今内裏とぞいふ 一 0 一条帝が。当時一一十一歳。 一一藤原高遠。関白実頼の孫。の でんせいりゃうでん いまだいり ち寛弘元年 ( 一 00 四 ) 十一一月大宰大弐。 一条院をば今内裏とそいふ。おはします殿を清涼殿にて、その北なる殿に 一条帝の管絃の師。 ませ つば せんぎい ひんがしわたどの は、東の渡殿にてわたらせたまふ道にて、御前は壺なれば、前栽など植ゑ、籬三「物したまふ」の続き不審。仮 に「物したまふ ( 人 ) とともに」のよ ゅ うな文脈とみる。 結ひて、いとをかし。 一三催馬楽の曲目の一つ。 二月十余日の、日うらうらとのどかにてわたるに、その渡殿の西の廂にて御一四私たち女房は。 せり 一五当時の古歌「芹摘みし昔の人 ことふえ たかとほ 笛吹かせたまふ。高遠の、大弐にて物したまふ、琴、笛二つして高砂を折り返もわがごとや心に物ははざりけ ふえ ざん まへ 六 たかさご ひさし 一 0 わたどの だい

6. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

Ⅱはど ( 諸 ) ーほとに て」傍書 ) ま所の のちのち 5 後々のは ( 諸 ) ー後 / 、の ものを ( 諸 ) ー物 町 7 刀自 ( 諸 ) ー年 ひとひ 3 をこなり ( 諸 ) ーをこり いとをかし ( 諸 ) ーいとおかしいと ( 下 2 一日 ( 諸 ) ー万 ( 「万」見セ消チ「一日」傍 8 ノ「いと」見セ消チ ) 子 7 たまふよ」と ( 富・十・十二・十三 ) ー やくがひ 貶いざや ( 諸 ) ーいまや〔「左」ノ草体ノ 1 屋久貝といふ物して飲みて立つ、す 草 「さ」ヲ「万」ノ草体ノ「ま」ト誤写シタノデア Ⅱ歩み ( 諸 ) ーあゆ なはち取り食みといふもの ( 三 ) ーやくか ロウ〕 枕 4 ゑませ ( 諸 ) ーえさせ ひといふ物〔上ノ「いふ物」カラ下ノ「いふも の」ニ目移リシテ写シ落シタモノデアロウ〕 6 まして ( 諸 ) ーましき ( 「き」見セ消チ ) 4 あらぬ事 ( 諸 ) ーあらて ( 「て」見セ消 ひひとひ チ ) ぬ事 日一日 ( 諸 ) ー一日 凵かへして ( 三 ) ーかくして 別貶ゃうなるこそ ( 諸 ) ーやうなる 5 知らぬものも ( 富・高・十・十三 ) ーし むいか にんぢゃう 6 六日もてさわぎ ( 富・高 ) ー六日まて らぬ物とも 人長 ( 諸 ) ー人定 ( 「定」ニ「長」傍書 ) まひびと さはき 7 ゐたまへる ( 諸 ) ーの給へる 2 舞人にて ( 諸 ) ー舞人のにても ( 「も」 見セ消チ ) 8 あれば ( 諸 ) ーあはれは 9 のたまへば ( 諸 ) ーの給は 聞 3 宮 ( 諸 ) ー色〔タダシ「宮」ニ酷似シタ字 いらへをかせむ ( 諸 ) ーいらへもせん 4 めでたき ( 諸 ) ーめてたさ ( 「さ」見セ消 1 たるに ( 諸 ) ーたりに チ ) き ゃうなる ( 諸 ) ーやうに ( 「に」見セ消 6 まかづる ( 諸 ) ーまかへる 訂 9 来たり ( 諸 ) ーきたる チ ) なる 訂 9 弁 ( 諸 ) ー弁の ものかな ( 諸 ) ー物かなと 1 いづこ ( 三 ) ー 6 よく言ひたる ( 諸 ) ーよく ( 次ニ「いひ」 物にあたる ( 諸 ) ーもて ( 「て」見セ消 補入 ) たる チ ) のにあたる 貶取り入れて、さなどは聞かせたてま のばるを ( 富・高・十二・十三 ) ーのほ 9 築地 ( 諸 ) ーっいたち つれど、「物忌なればえ見ず」とて ( 富・ るも ( 「も」見セ消チ ) を 5 わろからむ ( 諸 ) ーわろうらん 高 ) ーとりいれて 6 たりしこそ ( 諸 ) ーたりしも 鮖 2 くるみ色 ( 十・十二・十三 ) ーくろみい 4 かくては ( 諸 ) ーかた ( 「た」見セ消チ ) ろ くては Ⅱ深かる ( 諸 ) ーふるゝる 2 たまひけむ ( 諸 ) ー給へけん 6 仰せられ出でて ( 三・マ ) ー仰られて 7 装束 ( 諸 ) ーそ ( 「そ」見セ消チ ) 「さ」傍 書 ) うそく 7 わざと ( 諸 ) ー態 おにわらは 7 鬼童は、たてま所の ( 諸 ) ーをこひや 8 しもより ( 諸 ) ーしもとよ〔「よ」字形ャ くちをしきなり ( 富・高 ) ーロ惜なり ・、はン一り 1 よっ】 ャ不確カ〕り うか ( 「こひやうか」見セ消チ「おにわらはゝた 孟嘗君の鶏 ( 三 ) ーまうさうくんに 給事 て はとり・

7. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

いるのを、かきのけることはしないで、顔を傾けて物など連れ立って動きまわる、それを見るのもかわいらしいカ % 見るのは、とてもかわいらし い。たすきがけに結んである りのこのツポネ。なでしこの花。 腰の上の方が、白くきれいな感じなのも、見るのにつけて 子 一五六人ばへするもの かわいらしい 草 てんじようわらわ りつば 大きくはない殿上童が、装束を立派に着せられて歩きま 人がそばにいると調子づくもの特にこれといったこと わるのもかわいらしい。見た目にうつくしい感じの幼児が、 もないつまらない子が、かわいいものとして親に甘やかさ せき ちょっと抱いて、かわいがるうちに、取りついて寝入ってれなれているの。咳。こちらが恥ずかしいほど立派な人に かれん いるのも、可憐である。 何か言おうとする時にも、ます咳が先に立つ。 人形遊びの道具。蓮の浮き葉のとても小さいのを、池か 近所のあちらこちらに住む人の子たちで、四つ、五つぐ あおい ら取り上げて見るの。葵の小さいのも、とてもかわいらし らいの年ごろなのは勝手放題に困ったふるまいをして、物 何でも彼でも、小さいものは、とてもかわいらしい などを取り散らかしてこわしたりするのを、いつも引っぱ ひどくふとっている幼児の、二つぐらいなのが、そして られなどしてとめられて、思うままにもすることができな ふたあいうすもの 色が白くてかわいらしいのが、そしてまた、二藍の薄物な いのが、親が来ているのに勢いを得て、見たがっている物 ど、着物が長くて、たすきで袖を上げているのが、這い出を、「あれを見せてよ、お母さん」などと引っぱってゆす おとな しているのも、とてもかわいらしい。八つ、九つ、十ぐら るけれど、母親のほうでは、大人などが話をしているとい いの年ごろの男の子が、声は幼げな様子で漢籍を読んでい うわけで、気を取られて子どもの言うことなどはすぐにも る声は、とてもかわいらしくていらっしやる。 聞き入れないものだから、子どもは自分の手で引っぱり出 にわレ」り あしなが 鶏のひなが、足長に、白く愛らしい様子で、着物を短して見るのこそ、ひどくにくらしい。それを「まあいけま く着たような様子をして、びよびよとやかましく鳴いて、 せんよ」とぐらいのことをちょっと言って、その物を取り 人の後ろに立ってついてまわるのも、また親どりのそばに 上げて隠さないで、「そんなことをしないでおくれ」とか、 そで かんせき

8. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

( 現代語訳三四〇ハー ) え る方々。三巻本「このおはする人」。 めでたき物を得ては、何をか思ふ」とて、みな笑ひてまどひてのばりぬれば、 たんギ、く 三短冊の音便という。短冊は細 長い料紙。ここは厚手の紙を幅三 「人にや見せつらむ。さと聞きて、いかに腹立たむ」など、御前にまゐりて、 ぐらいに切ったもので、官から ままの啓すれば、また笑ひさわぐ。御前にも、「などかく物ぐるほしからむ」物を給与する時に数量を記す書付 をいう。作者が歌を記した料紙が 細長いものだったので、男は火事 と笑はせたまふ。 見舞の給付かと思ったのである。 一三文盲。「つかまつる」を自分の 動作の謙譲に用いるのは稀である。 二九四男は、女親亡くなりて、親一人ある こ , もこつけ・い . な用法か 一四三巻本「笑ひまどひ」。 男は、女親亡くなりて、親一人ある、いみじく思へども、わづらはしき北の三給付の書付ではなく、戯れの 歌と聞いて。 めのと さ、つ」く のち 方の出で来て後は、内にも入れられず、装束などの事は、乳母、また故うへの一六中宮様にそのことをお話し申 しあげるので。 人どもなどしてせさす。 宅長い物語の冒頭のような形。 みどころ びやうぶさうじ にしひんがしたい 西東の対のほどに、まらうどゐなどいとをかしう、屏風、障子の絵も見所一説、定子崩御後の敦康親王の境 遇を述べたもの。 てんじゃう 段ありてすきゐたり。殿上まじらひのほど、くちをしからず人々も思ひたり。う一〈父親はその息子をたい〈んか わいがるけれども。 へにも御けしきよくて、常に召しつつ、御遊びなどのかたきにはおばしめした 第 一九客人の居る所。 ここち なげ ニ 0 立派なものだというふうに他 るに、なほ常に物嘆かしう、世ノ中心に合はぬ、い地して、好き好きしき心そ、 の人々も思っている。 三風雅の方面の心。 かたはなるまであるべき。 かた 一セ めおやな ひとり こころ ニ 0 きた

9. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

一期待したことの実現を待ちわ 心もとなきもの人のもとにとみの物縫ひにやりて待つほど。物見にいそぎ 0 びていらいらするもの。じれった ここち いもの。 出でて、今や今やと苦しうゐはりつつ、あなたをまもらへたる心地。子生むべ すだれ 子 ニ座って車の簾を押し張るよう にす・ることか 草き人の、ほど過ぐるまでさるけしきのなき。遠き所より思ふ人の文を得て、か 三「まもる」に継続の助動詞「ふ」 はな そくひ 枕 の添った動詞。ここは下二段活用。 たく封じたる続飯など放ちあくる、心もとなし。物見にいそぎ出で、事なりに 四飯粒を練って作った糊。 けり、白きしもとなど見つけたるに、近くやり寄するほど、わびしう、おりて五「事なりぬ」は、準備が整った こと。この一句は挿入句。 六行列の先に立って警備する看 もいぬべき心地こそすれ 督長が持っ白い杖。 知られじと思ふ人のあるに、前なる人に教へて物言はせたる。いっしかと待七「いぬ」は、現在の地点から去 る意。行列の方へ行ってしまいた ゆくすゑ ももか ち出でたるちごの、五十日、百日などになりたる、行末いと心もとなし。 ^ 自分に仕えている人に言い含 とみの物縫ふに、暗きをりに針に糸すぐる。されど、われはさるものにてあめて訪れた人に応対させているの。 九五十日・百日目の祝い 一 0 「すぐ」は、糸を通す意の下二 り、縫ふ所をとらへて、さし入れぬを、「いで、ただなすげそ」とこへど、「さ 段他動詞。 = この一句不審。自分で通す時 すがになどてかは」と思ひ顔にえさらぬ、にくささへ添ひぬ はまあそんなことですむのだが、 の意の挿入句と仮に解く。一説 何事にもあれ、いそぎて物へ行くをり、まづわれさるべき所へ行くとて、 「さるものにて」で切り、下を「あ おほぢ 「ただいまおこせむ」とていぬる車待つほどこそ心もとなけれ。大路行きけるり縫ふ」とみる。 三私が縫う所を手でつかまえて いて、の意とみる。「さし入れぬ」 を、「さなりける」とよろこびたれば、ほかざまにいぬる、いとくちをし。ま ふん 六 い九 どのおさ っえ のり

10. 完訳 日本の古典 第十三巻 枕草子 ㈡

一物事にたくみな人。 取り立てて、人々しく人のそしるべき事もあらず。 一一「歌をよみたる歌」は不審。 じゃうずニ 上手の歌をよみたる歌を、物おばえぬ人は、そしらずやはある。かりのこ食三あひるなどの卵という。皆の 好物を嫌う人もあるように好みは 子 はぬ人もあンめり。梅の花をすさまじと思ふ人もありなむ。ざいけのこは、あさまざまだ、の意か。 草 四「在家の子」と読み、趣を知ら 枕さがほ引き捨てずやはありける。さやうにこそは、おしはからめ、げになまねぬ田舎の子とみる。故事引歌を考 えるべきか たくもおばえぬべき事ぞかし。されどなほこのすずろ事の、知らぬばかり好ま五逆を好む人がいるものだと読 む人は推測するだろう、の意か。 六この一文不審。↓現代語訳。 しくておかれぬをばいかがせむずる。 七「世に知らぬばかり」とみる。 はしかた たたみ ごんの せかみきこ 権中将のいまだ伊勢の守と聞えし時におはしたるに、端の方なる畳押し出 ^ 捨てておけないことは。 九源経房。長徳一一年 ( 究六 ) 七月 さうし でてすゑたてまつりしに、にくき物とは、草子ながら乗りて出でにけり。まど二十一日から同四年十月二十一日 まで右近権中将。 ひて取らむとするほどに、長やかにさし出でむかひなっきもかたはなるも思ふ一 0 腕のかっこうも見苦しいこと。 いつぶう変ったものだな。 に、「けしきの物かな」とて、取りてやがて持ておはしにしより、ありきはじ三源済政。左大臣源雅信の孫。 大納言時中の子。本書田八八段に なりまさ 当る三巻本本文の勘物に「蔵人式 めて、済政の式部の君など、つぎつぎ聞きてありきそめて、かく笑はるるなン 部丞三年正月叙還昇、阿波権守」 とある。同段、八五段参照。 めり - か 1 しと「 一三謙遜の表現。 一四底本はこのあと一行空白をの こす。次の奥書は改丁。 三この二字は原本にはないが便 この