検索 - みる会図書館

検索対象: 新潮45 2016年7月号 新潮社

新潮45 2016年7月号 新潮社から 312件ヒットしました。

新潮45 2016年7月号 新潮社


「 鳥 瞰 」 高 木 亮 新 潮 2016 年 7 月 号 新 潮 社

新潮45 2016年7月号 新潮社


PLINLVS July 2016 148

新潮45 2016年7月号 新潮社


ま す 。 5300 名 の 登 録 。 フ レ イ ヤ ー の う ン 人 選 手 と は ど ん な 出 自 の 人 た ち な の か 。 に 読 む 頭 脳 、 そ の 上 、 痺 れ る ほ ど セ ク シ 「 ア ル ゼ ン チ ン の 登 録 。 フ レ イ ヤ ー 数 は お ー な 愁 い を 帯 び た ル ッ ク ス 、 と 三 拍 子 揃 ち 、 女 子 の 割 合 は 肪 。 ハ ー セ ン ト に 達 し 、 ポ ロ ク ラ ブ の 数 は 290 に も 及 び ま す 。 よ そ 4000 名 。 彼 ら は 英 米 ボ ロ 界 の プ っ た ラ テ ン の 男 た ち 。 彼 ら が 一 た び 手 綱 大 学 間 の 対 抗 試 合 も 盛 ん で 、 に レ イ ヤ ー と は 違 い 、 名 家 出 身 で も 富 豪 で を 握 る と 、 忽 ち ゲ ー ム は 情 熱 の タ ン ゴ を 登 録 す る プ レ イ ヤ ー 数 は 年 内 に 6000 も あ り ま せ ん 。 馬 の 繁 殖 を 生 禾 と す る 牧 奏 で 、 ね ば り 、 う ね っ て 、 妖 し い ス リ ル を 増 す 。 こ の 熱 き 血 潮 の 人 馬 一 体 の 超 絶 技 名 に 達 す る で し よ う 。 の ゴ ー ル 場 経 営 者 や そ の 子 弟 た ち な の で す 」 は 、 ル ー ル を し 、 ト ー ナ メ ン ト を 開 と い う の は ア ル ゼ ン チ ン の ポ ロ 専 門 誌 と 、 シ ョ ー ビ ジ ネ ス の 国 ア メ リ カ ら し い 催 し 、 全 て の プ レ イ ヤ ー に ハ ン デ ィ キ ャ 長 ル イ ス ・ ギ ャ ラ ハ ン で あ る 。 ポ ロ 派 手 な 演 出 が 功 を 奏 し て 、 全 米 オ ー プ ン ッ プ を 与 え て ポ ロ 競 技 の 発 展 に 力 を 尽 く は 馬 産 国 ア ル ゼ ン チ ン で も 人 気 の ス ポ ー 決 は 、 プ レ イ ヤ ー と 馬 と 観 客 が ひ と す こ と 。 そ し て 我 々 の ミ ッ シ ョ ン は 、 ブ ツ だ 。 幼 い 頃 か ら 広 大 な 草 原 で 馬 を 駆 り 、 つ に な っ て ポ ロ と い う 興 奮 を 味 わ う 極 上 レ イ ヤ ー ノ 、 。 、 ト ロ ン 、 ス ポ ン サ ー 、 フ ァ そ の 扱 い に 長 け た 彼 ら は 、 当 然 の こ と な の エ ン タ ー テ ィ ン メ ン ト に な り つ つ あ る 。 ン 、 そ し て 馬 を 含 め た こ の 競 技 に 関 わ る が ら ポ ロ は お 手 の 物 。 複 雑 な ル ー ル も 頭 全 米 オ ー プ ン 優 勝 は 逃 し た が 、 ジ ョ ナ 全 て の 方 た ち に 、 ポ ロ の 素 晴 ら し さ を 体 の 中 に 刷 り 込 ま れ て い る 。 だ が 、 自 国 で ベ ス は 6 月 に は イ ン グ ラ ン ド に 渡 っ て 全 験 し て も ら う こ と に あ る の で す 」 プ レ ー し た と こ ろ で 一 銭 の 儲 け に も な ら 英 オ ー プ ン の 頂 点 、 ゴ ー ル ド 杯 優 勝 を 目 メ イ ヤ ー が 言 う ハ ン デ ィ キ ャ ッ プ と は な い か ら 、 秀 で た 能 力 の あ る 選 手 は ア メ 指 す 。 世 紀 後 半 、 イ ギ リ ス に 先 駆 け て ア メ リ リ カ を 目 指 す 。 。 ハ ト ロ ン に 見 出 さ れ て 英 「 私 の 夢 は 米 ・ 英 ・ ア ル ゼ ン チ ン ・ ス ペ 力 で 考 案 さ れ た 選 手 の 総 へ 北 力 を 評 価 す 米 の ポ ロ 界 で 活 躍 す れ ば 、 億 単 位 の 金 を イ ン の ゴ ー ル ド 杯 を す べ て 制 覇 す る こ と 。 既 に 3 大 会 で 優 勝 を 果 た し て い ま す か ら 、 る ラ ン キ ン グ の こ と で 、 こ の 数 字 は ″ ゴ 稼 ぐ こ と が 出 来 る か ら で あ る 。 ー ル 〃 と 呼 ば れ る 。 局 の 川 ゴ ー ル を 持 一 方 で 、 。 ハ ト ロ ン に と っ て も 表 彰 台 に 残 る は イ ン グ ラ ン ド だ け で す 」 っ 選 手 は 2016 年 現 在 、 世 界 に 7 名 し 上 る た め に は 、 ア ル ゼ ン チ ン 人 選 手 の 即 全 米 オ ー プ ン 優 勝 回 と い う 前 人 末 到 か お ら ず 、 そ の う ち 6 名 ま で が ア ル ゼ ン 戦 力 が 欠 か せ な い と い う 訳 で 、 昨 今 の 全 の 記 録 を 持 っ 元 川 ゴ ー ラ ー の メ モ ・ グ ラ チ ン 人 選 手 、 残 る 1 名 が ア メ リ カ 人 選 手 米 オ ー プ ン は ど の チ ー ム の 顔 ぶ れ も 血 気 シ ー ダ 選 手 の 愛 馬 ウ エ ン プ リ 号 を 譲 り 受 で 、 イ ギ リ ス 人 選 手 は 1 人 も い な い 。 で 盛 ん な ア ル ゼ ン チ ン 人 選 手 に 席 巻 さ れ る け 、 そ の 遺 伝 子 か ら 「 す で に ア ル ゼ ン チ は 、 現 代 ポ ロ の 主 戦 力 で あ る ア ル ゼ ン チ 事 態 だ 。 人 並 み 外 れ た 技 術 、 戦 況 を 瞬 時 ン で ク ロ ー ン 2 頭 を 作 る こ と に も 成 功 し July 2016 138

新潮45 2016年7月号 新潮社


い し 、 ま た 、 生 命 や 自 由 の 擁 護 と い う 人 だ か ら 、 今 日 、 必 要 な も の は 、 ま さ に か け が な さ れ て い た 時 代 で あ っ た 。 そ し 権 主 義 で も な い 。 た だ 、 「 人 間 と は 自 ら シ = ー マ ッ ハ ー が 述 べ た よ う に 、 価 値 の て 、 も し も 、 今 日 、 シ = ー マ ッ ハ ー が 新 の 営 為 の 音 味 を 問 う も の で あ る 」 と い う 、 観 点 か ら 経 済 学 の 理 論 を 相 対 化 す る よ う 鮮 に 響 く の だ と す れ ば 、 わ れ わ れ は 、 し ご く 当 た り 前 の 人 間 観 か ら 出 て く る も な 「 メ タ 経 済 学 」 な の で あ る 。 経 済 に 関 年 代 と 同 様 の 、 大 き な 社 会 的 な 転 換 点 に す る 「 メ タ フ ィ ジ ッ ク ス ( 形 而 上 学 ) 」 さ し か か っ て い る こ と に な る の で あ ろ う 。 の で あ る 。 に も か か わ ら ず そ れ は 、 経 済 学 の よ う と い っ て も よ い 。 人 間 に と っ て 「 よ き こ の 「 反 ・ 幸 福 論 」 で 、 し ば ら く 、 そ の な ~ 科 学 か ら は で て こ な い の で あ る 。 生 」 と は い か な る も の か 、 「 よ き 仕 事 」 よ う な 問 い を 発 し て み た い 。 十 分 に 答 え む し ろ 、 的 学 問 は 時 と し て そ の 障 害 と は 、 「 よ き 物 的 生 活 」 と は 、 「 よ き 組 を 見 出 す こ と は 不 可 能 だ と し て も 、 ど こ に さ え な る 。 な ぜ な ら 、 ~ 科 学 は 、 事 織 」 と は 、 と い っ た 「 メ タ フ ィ ジ ッ ク に 考 え る べ き 鬮 が あ る の か 。 ど う 考 え 実 と 価 値 の 分 離 を こ そ 最 大 の 身 元 証 明 に ス 」 ( の 問 い か け を 決 し て 怠 ら な い 経 済 る べ き な の か 。 読 者 の 皆 さ ん に も 投 げ か け て み た い と 思 う 。 使 い 、 そ の う え で 、 価 値 に つ い て は 咸 ~ 学 が 求 め ら れ て い る の で あ る 。 確 か に 、 E 年 代 と は 、 そ の よ う な 問 い し よ う と す る か ら で あ る 。 7 月 号 2016 第 35 巻 第 7 号 ・ 通 巻 第 411 号 平 成 28 年 7 月 18 日 発 行 ( 平 成 28 年 6 月 18 日 発 売 ) ( 禁 無 断 転 載 ) 定 価 880 円 編 集 兼 発 行 者 三 重 博 一 発 行 所 株 式 会 社 新 潮 社 〒 162-8711 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 71 電 話 [ 編 集 ] 0 5266-5445 [ 営 業 ] 03 弓 266-5111 印 刷 者 北 島 義 俊 印 刷 所 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 @2016 SHINCHOSHA Printed ⅲ Japan 来 月 8 月 号 は 、 7 月 19 日 発 売 で す 。

新潮45 2016年7月号 新潮社


任 は 「 政 府 に あ る 。 県 に も 県 警 に も 、 地 り 組 み に 対 し て 「 一 般 的 な 犯 罪 抑 止 対 策 係 者 に は 、 公 正 な 投 票 、 正 確 な 開 票 が 行 元 の 警 察 に も あ る 」 と 述 べ て 一 部 か ら 批 の 延 長 線 で 、 米 軍 関 係 者 の 事 件 事 故 の 抑 わ れ な け れ ば 民 主 主 義 は 成 り 立 た な い こ 判 を 浴 び 、 外 務 省 か ら 「 注 意 」 を 受 け た 止 に は 日 米 地 位 協 定 の 抜 本 的 改 定 が 必 と を 強 く 認 識 し て も ら い た い も の だ 。 が 、 水 上 氏 の 認 識 こ そ 正 論 で あ る 。 要 」 ( 6 月 4 日 付 「 沖 縄 タ イ ム ス 」 ) と 批 定 数 絽 の う ち 、 翁 長 与 党 ( 「 オ ー ル 沖 判 す る が 、 地 位 協 定 の 抜 本 的 改 定 よ り も 、 縄 し は 現 有 議 席 を 4 議 席 上 回 る 議 席 事 件 と 選 挙 と 「 オ ー ル 沖 縄 」 一 般 的 な 犯 間 止 対 策 に も な る 今 回 の 取 を 獲 得 ( 社 民 6 、 共 産 6 、 社 会 大 衆 党 3 、 政 府 は 、 今 回 の 事 件 を 受 け て 、 関 係 省 り 組 み の ほ う が 、 県 民 の い の ち と 暮 ら し 県 民 ネ ッ ト 3 、 無 所 属 9 ) 、 引 き 続 き 安 庁 の 局 長 級 で つ く る 「 沖 縄 県 に お け る 犯 を 守 る 上 で は る か に 効 果 的 で あ る こ と は 定 多 数 を 維 持 す る こ と に な っ た 。 野 党 で 罪 抑 止 対 策 推 進 チ ー ム 」 を 立 ち 上 げ 、 防 明 白 だ 。 地 位 協 定 の 見 直 し が 不 要 だ と は あ る 自 民 党 は 、 公 認 ・ 推 薦 の 人 を 擁 立 犯 。 ハ ト ロ ー ル 隊 の 創 設 な ど の 対 策 を と り い わ な い が 、 そ の 「 抜 本 的 改 定 」 な ど を し 、 1 議 席 増 の 議 席 ( 自 民 県 辨 属 ま と め た 。 対 策 は 防 犯 。 ハ ト ロ ー ル 体 制 強 待 っ て い た ら 、 沖 縄 の 犯 罪 や 殺 人 事 件 は 、 1 ) を 獲 得 し た が 、 少 数 野 党 の 立 場 は 変 化 と 安 全 ・ 安 心 な 環 境 敕 黹 の 2 本 柱 だ 。 一 向 に 減 ら な い ま ま に 終 わ る 。 政 府 や 米 わ ら な い 。 公 明 党 、 お お さ か 維 新 の 会 な 。 ハ ト ロ ー ル 体 制 の 強 化 で は 、 沖 縄 総 合 事 軍 を 批 判 し て い れ ば 、 県 民 の い の ち と 暮 ど 中 立 派 は 8 か ら 2 減 っ て 6 議 席 ( 公 明 務 局 が 非 常 勤 職 員 を 雇 い 、 車 両 100 台 ら し を 守 る こ と が で き る と い わ ん ば か り 4 、 お お さ か 維 新 の 会 2 ) と な っ た 。 規 模 の 。 ハ ト ロ ー ル 隊 を 結 成 し 、 繁 華 街 な の 報 道 婆 勢 に は 、 呆 れ る ば か り だ 。 7 月 川 日 に 投 票 さ れ る 参 院 選 ( 改 選 ど を 巡 回 す る こ と に し て い る 。 6 月 中 に 県 民 の い の ち と 暮 ら し を 破 壊 す る の は 、 1 ) で は 、 県 議 選 の 勢 い を 駆 っ て 、 「 オ 車 両 約 台 で 発 足 し 、 本 年 度 中 に 警 呂 も つ ば ら 政 府 と 米 軍 で あ る 、 と い っ た 姿 ー ル 沖 縄 」 の 候 補 ・ 伊 波 洋 一 氏 ( 元 宜 野 を 100 人 、 。 ハ ト カ ー を 幻 台 増 や し て 、 勢 を と っ て い る 点 で は 、 翁 長 知 事 も 沖 縄 湾 市 長 ) が 、 現 職 の 沖 縄 ・ 北 方 担 当 大 臣 。 ハ ト ロ ー ル 体 制 の 充 実 を 図 る エ 疋 だ 。 の マ ス コ ミ と 同 様 だ が 、 6 月 5 日 を 投 票 で あ る 島 尻 安 伊 子 氏 と 議 席 を 争 う が 、 安 全 ・ 安 心 な 環 境 と し て は 、 防 犯 日 と し た 沖 縄 県 議 選 で は 、 そ う し た 対 決 「 オ ー ル 沖 縄 」 と の 対 決 姿 勢 を 強 め つ つ 灯 や 防 犯 カ メ ラ 盥 を 進 め 、 学 校 で の 姿 勢 が 功 を 奏 し て 、 事 仕 訓 に は 退 潮 も 予 あ る 沖 縄 経 資 の 動 き が 、 今 後 の 政 界 を 防 犯 教 育 や 学 校 の 安 〈 諟 昌 理 体 制 の 充 実 も 想 さ れ て い た 翁 長 試 兄 が 、 結 果 的 に 議 席 占 う 一 つ の ポ イ ン ト と な る 可 能 性 が あ る 。 盛 り 込 ま れ て い る 。 を 増 や す こ と に 成 功 し た 。 な お 、 今 回 の 沖 縄 県 最 大 の ゼ ネ コ ン で 、 沖 縄 経 済 界 沖 縄 の マ ス コ ミ は 、 政 府 の こ う し た 取 選 挙 で は 集 計 ミ ス が 異 常 に 目 立 っ た 。 関 を リ ー ド す る 國 場 組 は 、 琉 球 新 報 の 新 社 July 2016 84

新潮45 2016年7月号 新潮社


ー ル を も ぎ 取 る 力 強 さ が あ り ま す 。 そ の 析 の 能 力 が 高 く 、 攻 撃 サ ッ カ ー を 貫 い て ス ピ ー ド や 激 し さ を 出 せ る の は 、 普 段 か あ た り は 、 ド イ ツ 、 イ タ リ ア 、 イ ン グ ラ い ま す 。 4 ー 4 ー 2 を ベ ー ス に 各 ポ ジ シ ら ハ イ レ ベ ル な 要 求 を 受 け て い る か ら だ と 感 じ ま し た 。 ビ ジ ャ レ ア ル の 練 習 場 に ン ド の 2 番 手 チ ー ム 、 例 え ば 、 ド ル ト ム ョ ン の 役 割 を 明 確 に す る こ と で 、 今 シ ー ズ ン の リ ー ガ ・ エ ス 。 ハ ニ ョ ー ラ で は バ ル は 甘 さ や 緩 さ を 許 さ な い 張 り 詰 め た 空 気 ン ト 、 ロ ー マ 、 ア ー セ ナ ル と い っ た チ ー が あ っ た こ と を 、 強 烈 に 覚 え て い ま す 。 セ ロ ナ ( 1 分 1 敗 ) 、 ・ マ ド リ ー 1 ム と の 大 き な 違 い だ と 感 じ ま す 。 4 ー 2 ー 3 ー 1 や 3 ー 4 ー 3 の フ ォ ー ( 1 勝 1 分 ) と ビ ジ ャ レ ア ル に は 世 界 ト ッ プ ク ラ ス と 勝 1 敗 ) 、 ・ マ ド リ ー メ ー シ ョ ン が 主 流 と な っ て い る 現 在 、 あ 言 え る ス ー 。 ハ ー な 選 手 が い る わ け で は な 互 角 の サ ッ カ ー を 繰 り 広 げ ま し た 。 い の で す が 、 監 督 が 素 晴 ら し い 。 チ ー ム 僕 は ビ ジ ャ レ ア ル の サ ッ カ ー が 好 き で 、 く ま で も 4 ー 4 ー 2 に こ だ わ り 続 け て い を 率 い て 4 年 目 の マ ル セ リ ー ノ は 戦 術 分 こ れ ま で に 何 度 か 練 習 場 に 足 を 運 ん で い る と こ ろ も 共 感 が 持 て ま す 。 ま す 。 そ の と き に 感 じ た の は 、 練 習 の 際 ス ペ イ ン に は 、 他 に も バ ス ク 地 方 の 選 の 選 手 た ち の 緊 張 感 、 音 の 高 さ で す 。 手 だ け で チ ー ム を 構 成 し て い る < ・ ビ ル 事 時 相 手 を つ け な い フ ォ ー メ ー シ ョ ン 練 習 を バ オ や 、 攻 撃 的 サ ッ カ ー を 貫 く セ ル タ や し て い ま し た が 、 プ レ ッ シ ャ ー が な い な べ テ ィ ス 、 組 織 力 で す る マ ラ ガ や エ か で も 試 合 と 同 じ よ う な テ ン シ ョ ン で ゴ ス パ ニ ョ ー ル な ど 特 色 が は っ き り し て い プ ー ル を 奪 い に 行 っ て い ま し た 。 長 短 と も る チ ー ム が 多 い の で 、 見 て い て 面 白 い 。 こ に 。 ( ス ス ピ ー ド が 速 く 、 サ イ ド を 変 え る 相 手 に 応 じ て 戦 術 が 変 わ る セ ビ ー ジ ャ の ロ ン グ 。 ハ ス も 正 確 で 、 ト ッ プ ス ピ ー ド か エ メ リ 監 督 の 戦 い 方 も 、 そ れ は そ れ で 味 だ マ ス が あ っ て 興 味 深 い と こ ろ で す 。 ビ ら の セ ン タ リ ン グ の 精 度 も 高 い 。 シ ュ ー セ 最 終 的 に セ ビ ー ジ ャ が 3 連 覇 を 成 し 遂 励 対 ト ミ ス も ほ と ん ど 見 ら れ ま せ ん で し た 。 勝 要 す る に 、 練 習 の イ ン テ ン シ テ ィ ( 強 げ た の 決 は 、 戦 で 決 着 が っ 決 一 度 ) が 異 様 に 高 い の で す 。 普 通 、 相 手 不 い た ・ マ ド リ ー と ・ マ ド リ ー の は ダ 在 で コ ー ン だ け 置 い て あ る よ う な 状 況 で 決 勝 よ り も 楽 し む こ と が で き ま し た 。 2016 年 5 月 絽 日 、 ス イ ス の バ ー ゼ 一 は 、 な か な か 気 持 ち を 人 れ る こ と が で き ま せ ん 。 そ ん な な か で 本 番 と 同 じ よ う な ル で 行 な わ れ た セ ビ ー ジ ャ と リ バ ブ ー ル

新潮45 2016年7月号 新潮社


巻 頭 随 筆 風 、 か 時 間 ) 徳 岡 孝 夫 ま こ と の 弱 法 師 ④ す が す が し い 七 月 の 朝 だ っ た 。 た と え ば 当 時 の 日 本 に は 、 紀 ノ チ は こ れ を レ タ ス や い う て 売 っ て 乗 船 プ レ ジ デ ン ト ・ ク リ ー プ ラ ン 国 屋 な ど 少 数 の 例 外 を 除 い て 、 ス ま ん ね ん 。 こ ん ど 問 屋 に 聞 い と き ド が 横 浜 港 大 桟 橋 を 出 る の は 、 あ ー 。 ハ ー マ ー ケ ッ ト が 存 在 し な か つ ま っ さ 」 と 答 え た も の で あ る 。 さ っ て の 午 後 で あ る 。 レ タ ス 一 枚 で こ の 違 い 。 い き な た 。 野 菜 は 八 百 屋 、 肉 は 肉 屋 、 豆 洋 行 の 客 ら し く 少 し 気 取 っ て ス 腐 は 豆 腐 屋 が 作 っ て 売 っ て い た 。 り 米 本 土 に 着 い て 、 い ち い ち 小 さ ー ツ ケ ー ス を 預 け 、 丸 の 内 側 レ ス 留 学 に 旅 立 っ 少 し 前 の こ と 、 妻 い 「 発 見 」 に 驚 く の も 結 構 だ が 、 ト ラ ン で 朝 食 を と る 。 ま だ 早 い の と 阪 和 線 ・ 長 居 駅 近 い 商 店 街 を 散 さ ほ ど 凜 の な い 日 米 の 差 は 、 に 当 時 の 東 京 駅 で は 一 時 預 り 、 赤 歩 し て い て 「 そ う だ 、 レ タ ス の 食 ワ イ で 習 っ て お く の が 賢 明 だ ろ う 。 帽 、 靴 磨 き が 、 そ れ ぞ れ の 位 置 で べ 方 を 実 習 し て お こ う 」 と の 話 に 日 本 と く に 東 京 は 、 昭 和 三 十 五 待 機 し て い た 。 に な り 、 八 百 屋 に 人 っ て 「 レ タ ス 年 、 す で に か な り の 程 度 ア メ リ カ ナ イ ズ さ れ て い た 。 だ が 東 南 ア ジ 私 は 都 電 で 九 段 の フ ル プ ラ イ ト く だ さ い 」 と 注 文 し た 。 会 へ 行 っ た 。 オ ヤ ジ は 奥 に 入 っ て 、 一 枚 の 杓 ア 閇 が ら 来 た 学 生 に は 、 オ リ エ 目 指 す 留 学 先 へ 行 く 前 に 、 ハ ワ 子 菜 の よ う な 菜 っ 葉 を 持 っ て 出 て ン テ ー シ ョ ン は 必 要 だ っ た だ ろ う 。 ィ 大 学 ィ ー ス ト ・ ウ エ ス ト ・ セ ン き た 。 東 京 最 後 の 夜 、 大 阪 か ら 来 た 三 タ ー で 五 週 間 の オ リ エ ン テ ー シ ョ そ ん な の で は な い 。 も っ と 、 こ 人 で 飲 み 歩 き 、 今 の 国 立 劇 場 に 近 ン が あ る と い う 。 ア ジ ア 各 国 か ら う 丸 く な っ た や つ だ 。 ア メ リ カ 映 い 毎 日 新 聞 麹 町 寮 に 帰 る と 「 あ た 来 る 留 学 生 を 、 い っ た ん ハ ワ イ で 画 の 中 で 見 た ん だ け ど 、 と 両 手 で し か ら 御 餞 別 だ よ 」 、 普 段 か ら 二 百 受 け 止 め 、 米 本 土 で の 学 業 や 生 活 結 球 の 形 を 作 っ て 説 明 し た 。 親 父 三 高 地 に 結 っ て る 寮 の 小 母 さ ん が 、 の 常 識 を 教 え る の で あ る 。 は 不 思 議 そ う な 顔 で 「 ふ ー ん 、 ウ ビ ー ル を 一 本 抜 い て 待 っ て い た 。 新 潮 2016 年 川 号 新 潮 社

新潮45 2016年7月号 新潮社


ど 外 部 接 ! 器 は 使 用 不 可 能 と な っ て い な 理 由 か ら 、 監 視 カ メ ラ な ど を 設 置 し て ( 不 正 ア ク セ ス 機 能 ) な ど を こ っ そ り 設 る か ら だ 。 翌 日 は 、 個 人 認 証 な ど を 経 て い て も 亠 嶸 が あ り ま せ ん 」 け て お け ば 、 シ ス テ ム が 稼 働 す る よ う に 改 め て ホ ス ト ・ コ ン ピ ュ ー タ ー に ア ク セ 氏 に よ れ ば 、 ク レ ジ ッ ト カ ー ド 会 社 な っ て か ら 管 理 デ ー タ を ハ ッ キ ン グ す る ス し て 、 続 き の 作 業 を 再 開 す る 。 の 場 合 も 、 申 込 書 等 の 人 力 方 法 は 同 様 だ こ と も 容 易 に で き て し ま う の で す 」 つ ま り 、 人 力 デ 1 タ は 持 ち 出 せ な い よ と い う 。 そ の 結 果 、 氏 名 ・ 住 所 ・ 年 齢 ・ 何 と も 空 恐 ろ し い こ と だ が 、 実 は こ う う な 仕 組 み を 取 っ て い る と い う の だ 。 ま 生 年 月 日 阜 番 号 ・ 勤 務 先 ・ 年 収 ・ 取 し た 危 険 性 が あ る こ と は 、 年 以 上 前 に た 、 作 業 段 階 に お い て も 、 申 込 書 を 1 枚 引 銀 行 名 ・ ロ 座 番 号 、 ク レ ジ ッ ト カ ー ド わ か っ て い た と い う 。 だ か ら 、 氏 の 会 ず つ 分 け る な り 、 途 甲 で 分 割 す る な り し の 暗 証 番 号 さ え 漏 れ て し ま っ て い る と い 社 は す ぐ に オ フ シ ョ ア を 取 り 止 め に し た 。 て 、 担 当 者 が 個 人 情 報 を 集 約 で き な い よ う の だ 。 さ ら に 、 銀 行 も 郵 貯 も コ ン ビ 一 一 と 同 時 に 、 業 界 に も 働 き か け た 。 情 報 漏 う な 工 夫 も し て い る と 説 明 す る の で あ る 。 な ど も 、 そ れ か ら 地 方 自 治 体 や 官 公 庁 ま 洩 の 観 点 か ら オ フ シ ョ ア は 自 主 規 制 す べ と こ つ が と 氏 は 一 一 一 口 う 。 で も 、 オ フ シ ョ ア を 採 用 し て い る 大 手 — き だ 、 と 。 「 実 際 は 、 現 地 法 人 を 監 督 し て い る 中 国 e 企 業 の 現 地 法 人 を 通 じ て 同 じ よ う な 被 ま た 、 ク ラ イ ア ン ト の 企 業 ー ー 生 命 保 政 府 に と っ て こ ん な も の は 障 壁 と さ え 呼 害 に 遭 っ て い る 、 と そ の 危 険 性 を 指 摘 す 険 会 社 や 損 害 保 険 会 社 、 ク レ ジ ッ ト カ ー べ な い 程 度 の も の な の で す 。 そ れ と い う る の で あ る 。 ド 会 社 ら に 対 し て も 、 国 外 に 情 報 を 出 し の も 、 セ キ ュ リ テ ィ 管 理 者 に 接 触 す れ ば 、 贈 は デ ー タ 人 力 だ け に 止 ま ら な い 、 て し ま っ て い い か 、 割 咼 で も 国 内 で や っ ホ ス ト ・ コ ン ピ ュ ー タ ー へ の ア ク セ ス は と 言 っ て 、 << 氏 は 続 け る 。 て は ど う か 、 な ど と 持 ち か け も し た 。 が 、 容 易 に で き 、 さ ら に こ こ に 人 っ て い る デ 「 た と え ば 、 デ ー タ 管 理 の た め の シ ス テ 業 界 も ク ラ イ ア ン ト 側 も ほ と ん ど の 会 社 ー タ を 加 工 す る こ と も 可 能 だ か ら で す 。 ム 設 計 や 管 理 ・ 運 用 な ど も 行 っ て い ま す 。 が 利 益 を 優 先 。 安 い 労 働 力 を 選 ん で し ま 名 寄 せ は も ち ろ ん 、 ほ か の 会 社 あ る い は O (Business Process Outsourcing) っ た と い う の だ 。 日 本 政 府 の 別 の デ ー タ と 統 合 す る こ と も と 呼 ば れ る こ と も あ る 外 部 委 託 の ひ と っ 政 府 に 危 機 感 が な い こ と も 贈 だ 、 と あ っ と い う 間 に で き て し ま い ま す 。 管 理 で 、 も ち ろ ん 、 セ キ ュ リ テ ィ の 観 点 か ら 氏 は 危 惧 の 念 を 抱 く 。 政 府 調 達 ー ー ー 官 者 が 協 力 す る 以 上 、 一 連 の 作 業 の 形 跡 な 全 体 を ま か せ ず 分 割 し て 委 託 す る こ と も 公 庁 の 人 札 も 価 格 重 視 で 決 め ら れ 、 情 報 ど も 一 切 残 ら な い よ う に 消 去 し て し ま う ま ま あ り ま す が 、 分 割 さ れ て い る 場 合 で 保 全 の 観 点 は 黙 殺 さ れ て し ま っ て い る の こ と も 不 可 能 で は あ り ま せ ん 。 同 じ よ う す ら も 、 そ れ ら の 。 ハ ー ト に バ ッ ク ド ア だ と い う 。 安 価 な 人 札 を し た メ ー カ ー が 面 2016 96

新潮45 2016年7月号 新潮社


自 民 党 を 飛 び 出 し 、 み ん な の 党 を 結 成 。 た と こ ろ 、 室 内 か ら 女 が 飛 び 出 し て き て め た と ば か り に 出 て き て 、 自 分 は 出 張 の 「 す い ま せ ん 、 違 い ま す か ら 」 な ど と 言 際 一 五 〇 円 の ペ ッ ト ボ ト ル の お 茶 代 も 自 絵 に 描 い た よ う な 改 革 バ カ で す ね 。 腹 で 払 っ た と 胸 を 張 っ て い た 。 お 茶 代 一 カ ネ に 汚 い こ と で も 有 名 。 サ ラ 金 業 者 い な が ら 逃 走 し た と い う 。 の 団 体 や 道 路 特 定 財 源 関 連 の 団 体 か ら 献 宮 本 は 「 ギ タ ー が 好 き で 福 山 さ ん の ギ 五 〇 円 は ど う で も い い か ら 、 徳 洲 会 の 五 金 を 受 け た り 、 商 品 先 物 取 引 会 社 な ど か タ ー が 見 た か っ た 。 だ け ど 部 屋 が 真 っ 暗 〇 〇 〇 万 円 を 説 明 し ろ っ て の 。 公 職 選 挙 法 違 反 で 公 民 権 停 止 中 の 奴 が 、 何 言 っ て ら ダ ミ ー 団 体 を 通 し て 、 迂 回 献 金 を 受 け で 見 え な か っ た 」 と 供 述 し た と い う 。 ん で す か ね 。 た り 。 父 親 の 秘 書 時 代 に は リ ク ル ー ト の え ? 一 一 〇 一 一 年 の 都 知 事 選 に 出 馬 し た 東 国 未 公 開 株 を 受 取 っ て い た 。 化 粧 品 大 手 誰 も が 福 山 の 熱 狂 的 な フ ァ ン が 犯 人 だ の 吉 田 嘉 明 会 長 か ら 借 り た 八 億 円 を と 思 っ て い た こ の 事 件 。 で も 、 見 た か っ 原 英 夫 は 、 よ ほ ど 未 練 が あ る の か 、 涎 ダ コ ン ト か よ 。 ラ ダ ラ 。 公 用 車 規 定 に つ い て 舛 添 が 「 ル 何 に 使 っ た か と 問 い 詰 め ら れ 「 酉 の 市 で た の は ギ タ ー ー ル 通 り や っ て い る 」 と 説 明 し た こ と に こ れ は ち ょ っ と 福 山 さ ん が 気 の 毒 。 熊 手 を 買 っ た 」 と 駅 明 し た の は 面 白 か っ 対 し 、 「 小 学 生 の 子 供 の 言 い 訳 」 だ と 批 た が 、 関 東 の お 笑 い は 関 西 で ど こ ま で 通 舛 添 要 一 が 公 用 車 を つ か っ て 毎 週 湯 河 判 し て い た 。 用 す る の か ? 原 の 別 荘 に 通 っ て い た と か 、 不 透 明 な 政 東 国 原 と い え ば 、 不 倫 を 繰 り 返 し 「 ま 笑 っ て は い け な い け ど 、 つ い 笑 っ て し 治 資 金 の 支 出 が あ っ た と か 、 「 公 私 混 同 」 だ イ レ て な か っ た 」 な ど と 発 言 。 一 一 〇 一 ま っ た 話 。 を 指 摘 さ れ て い た 件 。 定 例 会 見 で 舛 添 は 、 四 年 に 不 倫 が 発 覚 し た と き は 「 僕 に と っ 歌 手 で 俳 優 の 福 山 雅 治 の 自 宅 マ ン シ ョ 元 検 事 の 弁 護 士 一 一 人 に 調 査 を 依 頼 し た こ て 妹 ・ 娘 の よ う な 存 在 」 と 釈 明 し て い る 。 小 学 生 の 子 供 の 言 い 訳 か よ 。 ン に 女 が 侵 人 ( 五 月 六 日 ) 。 マ ン シ ョ ン と を 明 ら か に し た ( 五 月 一 一 五 日 ) 。 一 九 八 六 年 に は 暴 行 罪 で 逮 捕 、 一 九 九 の 管 理 会 社 の 。 ハ ー ト 従 馨 貝 、 宮 本 万 里 子 た し か に 舛 添 の 対 応 は ロ ク で も な い が 、 容 疑 者 ( 四 八 ) が 逮 捕 さ れ た 。 福 山 は 緊 周 辺 で 騒 い で い る の が 猪 瀬 直 樹 と か 橋 下 七 年 に は 傷 害 容 疑 で 書 類 送 検 さ れ て い る 。 自 欝 に 備 え て マ ン シ ョ ン の 合 鍵 を コ ン シ 徹 と か 東 国 原 英 夫 と か 石 原 慎 太 郎 と か 、 「 ル ー ル を 守 れ 」 と い う そ の 台 詞 、 そ の 一 且 則 の ク ズ ば か り な の が 興 味 深 い で す ま ん ま 返 し て お く 。 エ ル ジ ュ 側 に 預 け て お り 、 宮 本 は こ の 合 ね 。 橋 下 は ツ ィ ッ タ ー で 「 湯 河 原 に 毎 週 行 鍵 を 持 ち 出 し た よ う だ 。 福 山 の 女 房 で 女 優 の 吹 石 一 恵 が 帰 宅 し 前 東 京 都 知 事 の 猪 瀬 は 、 ほ と ぼ り も さ く の は 自 由 。 で も 公 用 車 は ダ メ 。 擎 護 上 July 2016 114

新潮45 2016年7月号 新潮社


統 領 ) の 広 島 訪 問 と 続 い て 支 持 率 が % ま で 上 が っ た と き 、 あ の 高 揚 感 で 解 散 に 打 っ て 出 る と 思 っ た ん だ け ど な あ 。 ネ ッ ト 衆 院 選 を や れ ば 負 け る か ら な 。 0 は 議 席 が 減 る 見 込 み だ っ た 。 新 聞 安 倍 は 外 交 で の 得 点 ア ッ プ は 「 ひ と 月 も 続 か な い 」 と 読 ん で い た よ 。 テ レ ビ 実 際 、 ワ イ ド シ ョ ー や ニ ュ ー ス で も 、 外 交 ネ タ は 1 週 間 と モ た な か っ た 。 安 倍 、 冷 静 じ ゃ な い か 。 雑 誌 第 一 次 政 権 の と き に 参 院 選 で ポ ロ 負 け し た の が 心 の 傷 だ か ら ね 。 麻 生 ( 太 郎 副 総 理 兼 財 務 ・ 金 融 担 当 相 ) や 谷 垣 雑 誌 い や あ 、 参 院 選 だ け っ て い う の は ( 自 民 ) 党 人 事 ま で ネ タ が な い し で 。 諜 だ わ 。 兄 が 過 平 数 を 割 る よ う な 可 テ レ ビ 解 散 へ の 期 待 が 大 き か っ た の は ( 禎 一 自 民 党 幹 事 長 ) の よ う に 、 総 選 挙 を や っ て 現 有 の 290 議 席 が 270 議 席 能 性 は 低 い し 、 そ も そ も ( 衆 参 ) 選 の お っ さ ん の 管 理 職 だ ろ ? 若 い 記 者 は ハ プ ニ ン グ 解 散 の 後 に 大 平 ( 正 芳 元 首 相 ) に 減 っ て も 勝 ち だ と は 、 安 倍 は 思 わ な い 。 お 祭 り を 期 待 し て い た か ら な あ 。 が 急 死 し た と き と か 、 中 曽 根 ( 康 弘 元 首 新 聞 麻 生 や 谷 垣 が 「 何 を ビ ビ っ て る ネ ッ ト そ の 方 が 週 刊 誌 は 売 れ た ね 。 新 聞 同 日 選 の 目 が 消 え て き た 頃 か ら 相 ) の 死 ん だ ふ り 解 散 と か を 経 験 し て い の ? 」 と イ ラ だ っ て い て も 、 安 倍 は 同 日 ″ 政 局 記 者 〃 に 脱 力 感 が 漂 っ て い た よ 。 は 参 院 選 ・ 衆 院 選 で 戦 う 野 党 じ ゃ な く 、 参 院 選 で は 自 民 が 単 独 過 平 数 に 届 く だ け 知 ら な い も の 《 」 〈 0 、 、 一 0 " 00 。 000 = 0 」 ~ 。 〈 = 《 〈 0 〈 。 000 00 の 議 席 ( 議 席 以 上 ) を 取 れ る か 、 民 進 新 聞 確 か に で も 、 現 場 の 記 者 た ち は 2 年 3 カ 月 後 の 義 選 で 戦 う 自 民 党 。 今 が 自 民 を 上 回 れ る か の 勝 敗 ラ イ ン が 見 ど 安 倍 ( 晋 一 一 首 相 ) を 降 ろ し た が っ て い る 回 衆 院 選 を や っ て 議 席 減 ら せ ば 党 内 で こ ろ で は あ る け れ ど 、 そ れ こ そ 諜 だ し 、 か ら 、 同 日 選 で の 一 を 期 待 し て い た 。 の 影 響 力 が 落 ち て 、 挙 に は 勝 っ た が 選 挙 の 後 は 秋 の 臨 時 国 会 前 の 内 閣 改 造 ・ 雑 誌 伊 勢 志 摩 サ ミ ッ ト 、 オ バ マ ( 米 大 義 選 で 負 け る 羽 目 に な り か ね な い 。 記 者 住 名 座 談 会 消 費 税 増 税 を 先 送 り に す る 保 身 政 治 家 た ち July 2016 304