検索 - みる会図書館

検索対象: 古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣から 265件ヒットしました。

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


講 談 社 X 文 庫 ホ ワ イ ト ハ ー ト 至 流 星 香 の 作 品 プ ラ バ ・ ゼ ー タ あ 迷 宮 は り い ろ め い き ゅ う . ス ノ も な . 玻 璃 色 の 迷 宮 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ー っ め の 宝 珠 を 手 に 入 れ た 聖 戦 士 た ち は , 次 な る 宝 珠 を 探 し て , 先 へ と 歩 を 進 め る 。 し か し 目 前 に は , 新 た な る 敵 が 待 ち 受 け , 次 か ら 次 へ と 聖 戦 士 た ち に 襲 い か か っ て く る ・ ・ や み い ろ ま ど う し 日 闇 色 の 魔 道 士 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 強 運 と 実 力 で 大 ピ ン チ を 見 事 脱 し , 次 な る 目 的 地 へ と 向 か う 4 人 の 若 き ど ろ 聖 戦 士 た ち 。 泥 の 都 , 、 当 炎 の 都 市 。 悲 参 窮 ま り な い 魔 道 の 封 土 が , フ ァ ラ ・ 八 ン 一 行 を 待 ち 受 け る ・ ・ げ ん え い じ く う じ ゅ 「 0 ら 日 幻 影 の 時 空 樹 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ せ い じ よ あ か し 聖 女 の 証 で あ る を も き と ら れ , 意 識 を 失 う 天 界 の 乙 女 。 シ ル ヴ ィ ン の , レ イ ム の , そ し て テ ィ ー ノ の 叫 び が フ ァ ラ ・ 八 ン に 届 く こ と は , ニ 度 と な い の か 世 界 救 済 ロ マ ン 冠 吉 編 Ⅱ イ ラ ス ト ・ 片 山 愁

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


261 あ と が き ひ め ま ど う こ 、 フ し こ だ い し ん ま っ え い 『 金 色 の 魔 道 公 子 』 第 一 一 巻 『 古 代 神 の 末 裔 』 、 お っ と り と 発 刊 D で ご ざ い ま す 。 西 の 賢 者 オ リ リ 1 か ら 賢 者 の 塔 の 鍵 を 受 け 取 っ た レ イ ム は 、 鍵 の 力 に よ っ て 、 周 り に が っ た 者 た ち と も ど も 、 も う 一 人 の 賢 者 の い る 東 に 飛 ば さ れ て し ま い ま す 。 原 因 と な っ た 鍵 の 所 有 者 ・ レ イ ム も 例 外 で は な く 、 何 が 起 こ っ た の か わ か ら な い と い う 有 り 様 。 魔 道 で み ず か 原 因 を 究 明 し よ う と 考 え る に い た っ て 、 自 ら の 内 に あ る 鍵 の 存 在 に 思 い 当 た り 、 ど う い う こ と に な っ た の か 、 現 状 を 知 り ま す 。 む え ん 街 道 か ら も 遠 く 離 れ 、 人 里 と は と こ と ん 無 縁 の 草 っ 原 で 迷 子 の 五 人 。 し か し 鍵 に よ っ て よ う せ い み ち び 導 か れ た 場 所 で あ る こ こ に は 、 東 の 賢 者 が い る は ず 。 レ イ ム た ち は 妖 精 が 教 え て く れ た 、 い つ け ん 森 の 中 に た だ 一 軒 あ る と い う 小 屋 に 向 か い ま す 。 き ゅ う て い 頼 ま れ た い じ よ う は 、 レ イ ム を 守 り 助 け よ う と 忠 実 に 考 え る 、 宮 廷 兵 士 の ル ド ウ ィ ッ ク と 、 少 年 魔 道 士 。 レ イ ム か ら 絶 対 に 離 れ た く な い 、 レ イ ム に 恋 い 焦 が れ て い る ミ ル フ ェ お も し ろ 姫 こ と ウ リ デ イ ケ 。 何 や ら 面 白 そ う か な と 、 レ イ ム に 興 味 を も っ た も の の 、 と っ て も っ き い や け あ い き れ な い と 、 嫌 気 が さ し て き た キ ー ツ 。 レ イ ム を 気 に 入 っ た ら し い 、 妖 精 。 レ イ ム に 対 す る 事 情 も 、 思 い も ば ら ば ら で も 、 全 員 と も か く 、 レ イ ム と 一 緒 に 行 動 し な い わ け に は い き ま せ ん 。 た の い っ し ょ

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


物 紹 介 ・ メ イ ビ ク ・ レ イ ム す こ は く い ろ す み れ い ろ か み み ど り ひ と み 琥 珀 色 の 髪 と 董 色 の 瞳 を も つ 、 ミ サ ー レ イ 金 色 の 髪 と 翠 の 瞳 、 そ し て 透 明 に 澄 ん だ し よ う ぐ ん そ く じ よ た ん じ よ う せ い ま ど う し 声 と 優 し い 心 を も っ 世 界 救 済 の 聖 魔 道 士 に 将 軍 の 第 一 一 息 女 。 誕 生 の 際 の 未 来 見 で 、 金 、 」 う し や く け け が し て 、 カ ル バ イ ン 公 爵 家 の 第 三 公 子 。 聖 女 色 の 公 子 と 出 会 う ま え に 身 を 汚 さ れ る 事 態 じ ん け っ ら と と も に 地 界 を 巡 っ て い た と き に 垣 間 見 に 陥 っ た 場 合 は 、 純 潔 を 守 る た め 言 葉 を 失 う こ と を 予 言 さ れ 、 そ の と お り の 運 命 を 辿 る 。 た 「 静 か の 姫 」 メ イ ビ ク を 救 う た め 、 運 命 に み ら び ま も の ひ と ば し ら さ さ 導 か れ る よ う に し て 旅 立 つ 。 メ イ ビ ク が 封 魔 物 に 対 す る 人 柱 と し て 、 褫 り を 捧 け た 姿 じ ら れ た 賢 者 の 塔 を 開 く 鍵 の 一 つ を 、 西 の ( で 氷 の 中 に 閉 ざ さ れ 、 金 色 の 公 子 を ひ た す 賢 者 オ リ リ ー か ら 無 事 も ら い 受 け た が 、 そ ら 待 ち つ づ け て い た が 、 危 機 に 瀕 し 、 自 然 そ う ぐ う の 直 後 、 金 色 の 光 の 爆 発 に 遭 遇 し て ・ : ・ : の 力 に よ っ て 賢 者 の 塔 に 封 じ ら れ る 。 か い ま み お ら い 4 1. ひ ん

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


る 。 剣 の に 手 を か け て い れ ば 、 予 告 さ れ な い 魔 道 も 感 知 す る こ と が で き る 。 た と え 世 界 じ ゅ も ん の 果 て に い よ う と も 、 そ の 呪 文 で 魔 道 宮 に 向 け て 、 自 分 の 身 に 何 ら か の 異 変 が 起 こ っ た こ し そ く ま ね は く し や く け と を 知 ら せ る こ と が で き る 。 伯 爵 家 の 子 息 に そ ん な 真 似 を さ れ た な ら ば 、 す わ 一 大 事 と し え ん お お そ う ど う ご く ひ 大 騒 動 に な る 。 極 秘 行 動 の レ イ ム を 支 援 す る 立 場 に あ る 少 年 魔 道 士 と し て は 、 は な は だ 迷 わ く 惑 で あ る 。 き ゅ う て い ひ と く く り に 、 王 都 と い う 同 じ 場 所 か ら 来 た と い っ て も 、 魔 道 士 と 宮 廷 兵 士 と で は 面 す じ よ う 識 が ほ と ん ど な い 。 名 乗 り あ っ て 素 性 を 明 ら か に し て も 、 魔 道 士 が そ の 不 思 議 の カ で も っ け い か い て 真 実 を 見 抜 く か 何 か し な け れ ば 、 お 互 い に そ れ を 確 か め る 方 法 が な い 。 警 戒 さ れ た が ゆ も ち え に 、 少 年 魔 道 士 に は 魔 道 を 用 い る こ と が 禁 じ ら れ て し ま っ た 。 ふ し ん 両 者 が ど ち ら も 不 審 な 人 物 で な い と 公 言 で き る 、 た だ 一 人 の 存 在 で あ る レ イ ム は 、 気 を 失 っ た ま ま だ 。 け ん あ く け ん せ い 険 悪 な 状 態 に な り 、 牽 制 し あ っ て 、 ど う や ら ど ち ら も 何 も す る 様 子 が な い と 見 た ウ リ 裔 デ イ ケ が 、 身 を 起 こ し て ル ド ウ ィ ッ ク と 少 年 魔 道 士 に か わ る が わ る 、 い ぶ か し げ に 視 線 を の 向 け た 。 ぎ ん ゅ う し じ ん こ う し さ ま 代 「 : : : ね え 。 護 衛 と か 、 カ ル バ イ ン 家 の 公 子 様 っ て 、 何 な の ? レ イ ム っ て 、 吟 遊 詩 人 で し よ う ? ど う し て 王 都 の 魔 道 師 様 の よ う な 方 が 、 レ イ ム に 関 係 す る の ? 」 こ う し や く け 彼 女 は 、 レ イ ム が 救 世 の 英 雄 た る 聖 魔 道 士 で あ り 、 そ し て カ ル バ イ ン 公 爵 家 の 末 公 子 ご え い

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


「 俺 は ね ! お 前 み た い な や や こ し い の と 違 っ て 、 ご く 普 通 な の ! わ け わ か ら ん こ と に め い わ く 巻 き こ ま れ ち ま っ て 、 迷 惑 し て ん の よ ! わ か る か ? 「 ど う も 、 す み ま せ ん 」 ど な 「 何 よ ! そ ん な に 怒 鳴 ん な い で よ ! う る さ い わ ね っ ー 金 色 の 髪 を 分 け 、 レ イ ム の 首 の 後 ろ か ら 出 て き た 妖 精 が 、 キ 1 ツ に い た 。 ま ぢ か 自 分 か ら レ イ ム に 近 寄 っ た お か げ で 妖 精 を 間 近 に し て し ま い 、 キ 1 ツ は ひ く っ と 頬 を ひ き つ ら せ る 。 「 レ イ ム だ っ て 、 好 き で こ ん な こ と に な っ ち ゃ っ た ん じ ゃ な い ん だ も の ! 何 さ ! 巻 き こ ま れ た か ら っ て 、 偉 そ う に し な い で よ ! 」 「 え 、 え 、 偉 そ う に 、 た あ 何 だ っ 聞 こ え な か っ た の ? 頭 悪 い わ ね ! 最 低 っ ! 」 「 怒 鳴 ん な い で っ て 言 っ た で し ょ ー か ら だ ふ る か を た か 甲 高 い 声 で 喚 か れ て 、 キ ー ツ は 顔 を 伏 せ 、 わ な わ な と 身 体 を 震 わ せ た 。 存 在 を 認 め た く ば と う お も し ろ 裔 な い よ う な モ ノ に 、 言 い た い 放 題 罵 倒 さ れ 、 面 白 い わ け が な い 。 だ が 、 そ れ と 正 面 き っ て が ま ん ~ 木 け ん か の 喧 嘩 す る の は 、 も っ と 我 慢 な ら な い 。 代 肩 の 上 に の り レ イ ム の 耳 を 持 っ て 立 ち な が ら 、 妖 精 は キ 1 ツ に 向 か っ て 、 思 い き り 舌 を 出 し た 。 ほ お し た

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


レ イ ム の 姿 に 魅 せ ら れ て 思 わ ず 赤 く な っ て し ま い 、 直 視 で き ず 視 線 を 落 と し て か ら 、 レ イ ム の そ ば に 片 膝 を つ い て し や が み 、 ル ド ウ ィ ッ ク は ね る 。 ま ど う し 「 あ の : ・ レ イ ム 様 、 こ の 魔 道 士 と は 面 識 が お あ り な の で し よ う か ? 」 「 え ? あ 、 は ゝ 。 王 都 の 魔 道 宮 で 会 っ て い ま す 。 魔 道 師 様 に お 許 し を い た だ い て 、 一 緒 に 行 動 し た こ と も あ り ま す 」 顔 を あ げ た レ イ ム は 、 警 戒 す る 必 要 は な い と ば か り に 笑 ん で 、 ル ド ウ ィ ッ ク に 答 え し ん ら い た 。 レ イ ム に と っ て は 、 二 人 と も 自 分 を 助 け て く れ る 、 信 頼 す べ き 者 だ 。 ル ド ウ ィ ッ ク に ま た た 彼 を 紹 介 し よ う と し て 、 目 を 瞬 い て 視 線 を さ 迷 わ せ 、 少 年 魔 道 士 に 顔 を 向 け て 、 に こ っ と 笑 う 。 「 名 前 を 尋 ね て も よ ろ し い で す か ? 「 は い 礼 儀 正 し い レ イ ム に 、 少 年 魔 道 士 は 頭 を 垂 れ た 。 名 前 は 、 個 を 限 定 し 、 そ れ を 縛 る り よ く も ち 裔 力 を 有 す る 。 用 い ら れ か た に よ っ て は 、 非 常 な 危 険 を と も な う の で 、 魔 道 士 の 階 級 が あ が み ず か の る ほ ど 、 自 ら 名 乗 る こ と が 少 な く な る 。 代 「 サ ミ ル と お 呼 び く だ さ い 。 魔 道 師 様 の に よ り 、 ま い り ま し た 」 ル ド ウ ィ ッ ク と サ ミ ル は 、 こ れ で 問 題 は な い は ず と 、 黙 っ て 目 で 礼 を 交 わ す 。 用 い る カ は 別 の 種 類 だ が 、 レ イ ム を 守 り 、 助 け る 立 場 は 同 じ だ 。 ま よ い っ し ょ

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


、 ト ド . イ よ う せ い ・ 妖 精 レ イ ム の 持 っ て い た マ ュ ル ス ズ ラ ン の 種 。 人 の 心 を 読 む 能 力 を も っ て い る 。 ・ ウ リ テ イ ケ ・ キ ー ツ ・ シ ャ ダ ム ・ レ イ ン 色 の 瞳 を も っ 香 使 い 街 か ら 街 へ と 渡 り 歩 く 旅 森 に 住 む 東 の 賢 者 。 自 分 の 娘 。 じ つ は 、 逆 境 時 代 に レ 芸 人 。 轗 率 な 外 見 を 装 っ て の た め の 森 を 創 り 、 転 生 の イ ム が 仕 え た ミ ル フ ェ 姫 。 い る が 、 実 際 の 身 分 は ・ : た び に 同 じ 森 に 住 む が : ・ ・ コ ン ス タ ン ス 最 後 の 女 魔 道 士 。 禁 断 の ひ じ ゅ 秘 呪 を 扱 う 魔 女 。 か っ て キ 八 ノ に 想 い を 寄 せ て い た 。 ・ ナ ア ス ・ ト ル 一 ー ン く ろ に く ・ ル ド ウ ィ ッ ク ・ サ ミ ル は く し や く け 人 を 憎 み 、 害 を 及 ぼ す 黒 ガ ー ナ ー ド 伯 爵 家 次 男 に エ ル ・ コ レ ン テ ィ に よ っ て 精 霊 。 ひ と つ 目 の 真 紅 の ト を 拶 う て い は け ん し て 宮 廷 兵 士 。 レ イ ム の 護 派 遣 さ れ た 魔 道 士 。 少 年 だ が カ ゲ を 自 由 に 駆 使 す る 怪 物 。 衛 を 任 さ れ た 実 直 な 男 。 高 級 魔 道 士 の 位 を も つ 。 こ う つ か ま ち お も

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


ー { 4 ッ ん , ノ レ み ノ /

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


古 代 神 の 末 裔 プ ラ バ ・ ゼ ー タ 外 伝 ◎ 金 色 の 魔 道 公 子 流 星 香 white heart 講 談 社 * 文 庫

古代神の末裔 プラパ・ゼータ外伝◉金色の魔道公子2⃣


流 星 香 ( な が れ ・ せ い か ) 1965 年 9 月 28 日 生 ま 巫 、 B 型 。 お 祭 り 騒 ぎ 大 好 き の 、 元 気 で お ち や め な 大 阪 娘 。 基 本 的 に 明 る く 正 し い 、 子 信 ) 味 方 で あ る O 戦 国 日 赭 & フ ァ ン タ ジ ー で デ ビ ュ ー 。 S F ア ク シ ョ ン や 学 園 物 も 書 く 。 こ れ か ら の 期 待 大 O 著 書 に プ ラ バ ・ ゼ ー タ 』 ( 全 6 巻 ) 、 『 黒 い 写 本 』 ( 全 6 巻 ) 、 『 プ ラ バ ・ ゼ ー タ 外 伝 ・ 黼 巨 王 』 ( 全 6 巻 ) 、 咏 中 の 第 白 姫 」 が あ る 。 デ ザ イ ン 一 山 口 馨 古 代 神 の 末 裔 こ だ い し ん ま っ え い 講 談 社 文 庫 white heart が い で ん き ん い ろ ま ど う こ う し プ ラ バ ・ ゼ ー タ 外 伝 ◎ 金 色 の 魔 道 公 子 流 星 香 円 96 年 8 月 5 日 第 一 刷 発 行 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 カ バ ー 印 刷 ー 半 七 写 真 印 刷 工 業 株 式 会 社 株 式 会 社 堅 省 堂 本 文 印 刷 ー 豊 国 印 刷 株 式 会 社 製 作 部 03-5395 ー 3615 販 売 部 03 ー 5395 ー 3626 電 話 編 集 部 03 ー 5395 ー 3507 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112 ー 01 発 行 所 ー ー 株 式 会 社 講 談 社 発 行 者 - ー 野 間 佐 和 子 製 本 合 わ せ は 文 芸 局 文 芸 図 書 第 四 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。 小 社 負 担 に て お 取 り 替 え し ま す 。 な お 、 こ の 本 に つ い て の お 間 い 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 、 小 社 書 籍 製 作 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 料 禁 し ら れ て い ま す 。 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 ⑥ 流 星 香 1996 Printed in Japan I S B N 4 - 0 6 - 2 5 5 2 5 2 - 5 ( 文 4 )