検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 Ⅱ― 10 五木 寛之 野坂 昭如 集

現代日本の文学 Ⅱ― 10 五木 寛之 野坂 昭如 集から 10000件見つかりました。
1. 現代日本の文学 Ⅱ― 10 五木 寛之 野坂 昭如 集

五木寛之 Ⅱール 文学紀行日尾崎秀樹 奧野健男 評伝的解説Ⅱ川崎洋 秋山駿 監修委員編集委員 伊藤整足立巻一 井上靖奥野健男 川端康成尾崎秀樹 杜夫 三島由紀夫北 五査之集 さらばモスクワ愚連隊 白夜のオルフェ 蒼ざめた馬を見よ ソフィアの秋 他四編 野坂昭如集 火垂るの墓 とむらい師たち ああ水銀大軟膏 マッチ売りの少女 他三編 現代日本の文学 五木 . 寛之 野坂昭女Ⅱ 現代日本の文学 11-10 リサイタルで歌う野坂昭如氏 ( 撮影・谷津富夫 ) 函館での五木寛之氏 ( 撮影・野上透 ) 学研 〔学習研究社〕

2. 現代日本の文学 Ⅱ― 10 五木 寛之 野坂 昭如 集

現代日本の文学 全 10 巻 五木寛之 野坂昭如 集 昭和 51 年 1 月 1 日初版発行 昭和 57 年 3 月 10 日 6 版発行 著者 発行者 発行所 五木寛之 野坂昭如 古岡 齡学習研究社 東京都大田区上池台 4 ー 40 ー 5 郵便番号 145 振替東京 8 -142930 電話東京 ( 720 ) 1111 ( 大代表 ) 印刷株式会社恒陽社印刷所 株式会社美術版画社 中央精版印刷株式会社 製本中央精版印刷株式会社 本文用紙三菱製紙株式会社 表紙クロス東洋クロス株式会社 製函永井紙器印刷株式会社 ISBN4 ー 05 ー 050634 ー 3 164 680 ー 1002 Printed in Japan 断複写を禁す ◎ 1976 Hiroyuki Itsuki,Akiyuki Nosaka 本書内容の無 電話は , 東京 ( 03 ) 720 ー 1111 へお願いします。 学研お客さま相談センター現代日本の文学係へ , 文書は , 東京都大田区上池台 4 丁目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) * この本に関するお問合せやミスなどがありましたら ,

3. 現代日本の文学 Ⅱ― 10 五木 寛之 野坂 昭如 集

現代日本の文学 1-10 五木寛之 野坂昭如 北尾奥足 崎野立集島端上藤修 + 杜秀健巻委紀康 夫成靖整 順夫樹男 学習研究社

4. 現代日本の文学 Ⅱ― 10 五木 寛之 野坂 昭如 集

社より刊行。九月、連作小説集「 = ロスの妖精たち」を中央公論社五月、第十回参議院議員選挙東京地方区から無所属で立候補を表明。 より刊行。十一月、 = ッセイ、対談、小品集「欣求穢土」を徳間書公害、食糧危機、刑法改正、小選挙区制、靖国法案、戦争責任等に つじ 店より刊行。「野坂昭如リサイタをを日比谷公会堂にて開催。「日ついて″辻説法〃の形で訴える。五木寛之、井上ひさし、永六輔、 うじしゅうい 小沢昭一らが″野坂支持れを表明。結果は五一一万七一一一四票で惜し 本の古典 9 」 ( 河出書房新社 ) 「宇治拾遺物語」の現代語訳を担当。 しゅうねんめおとのそぶし すなえしばりごにちのかいだん 十一一月、「砂絵呪縛後日怪談」で第四回小説現代ゴールデン読者賞くも次点。この間、六月、短篇集「執念夫婦添い節」を講談社より 受賞。杉並区下高井戸に移転。この年「エロ事師たち」が z ・ウェ刊行。七月、短篇集「ああ軟派全落連」を番町書房、八月、エッセ イ集「子噛み孫喰い」を筑摩書房よりそれそれ刊行。「面白半分」臨 ルフによって独訳、ドレメールクノール社より刊行。 昭和四十七年 ( 一九七一 l) 四十一一歳時増刊号「「四畳半襖の下張」裁判証言全記録・その一」を刊行。 とらもん 四月、短篇集「マ リリン・モンロー・ノー・リターン」を文褻春秋また虎ノ門日消ホールにて第一回「事後運動の会」を開く。″四畳 より、限定版「野坂昭如自選作品」を角川書店より刊行。五月、コ半裁判〃は三月十五日の第六回公判には五木寛之、井上ひさしが証 じゅんのすけ まんじ ラム、エッセイ集「野坂昭如雑文の眼」を久保書店、長篇「卍とも言、四月十六日の第七回公判には吉行淳之介、開高健が証言。九月、 え」を講談社より刊行、六月、短篇集「俺はだ」を文ェッセイ集「かさぶた喰いの思想」、十月、対談集「おたがいの思 藝春秋より刊行。雑誌「面白半分」の編集長を七月号から十一一月号想」をそれそれ中央公論社より刊行。ペンクラ・フ理事になる。東京 ふすま わいせつ まで担当。七月号に掲載の「四畳半襖の下張」が猥褻文書配布容疑貶チャンネル「男のスタジオ」の司会を担当。池袋百貨店にて「野 もよ′み、よノ 、せき で摘発される。七月、短篇集「砂絵呪縛後日怪談」を講談社より刊坂昭如 1974 〈妄想の軌跡〉」を開催。渋谷公会堂にてリサイタル 行。猥褻文書配布容疑供述のため、警視庁保安一課へ任意出頭。十開催。ベストドレッサーに推挙される。十一一月、日本武道館にて野 坂昭如、永六輔、小沢昭一とにより「花の御三家大激突 , 開催。ゴ 月、次女亜未生れる。 ールデンアロー話題賞を御三家の一人として受賞。 昭和四十八年 ( 一九七三 ) 四十三歳 昭和五十年 ( 一九七五 ) 四十五歳 一一月、短篇集「浮世一代女」を新潮社より刊行。宮本常一、野坂昭 如監修による「日本の民話」 ( 全巻 ) を角川書店より刊行開始。三一月、「野坂昭如のオフサイド」を「週刊朝日」に連載開始。石 月、エッセイ集「漂泊の思想」を中央公論社より刊行。四月、エッ原慎太郎との対談「闘論」を文藝春秋より刊行。一一月、四畳半裁判 じゅん わらべじゅすい 譜セイ集「修羅の思想」、短篇集「童女入水」を中央公論社より刊行。再開第十回公判に石川淳が証言。五月、長篇「生誕の時を求めて」 はんらよういんがくことはじめ 六月、短篇集「死の器」を読売新聞社より、短篇集「本朝淫学事始」を中央公論社より刊行。五月、神田共立講堂にて野坂昭如、五木寛 年を講談社より刊行。八月、ラグビーを始め、チーム " アドリプ倶楽之、井上ひさしによる春の音楽祭を開催。埼玉県秤根町にてアド 、ゆうそ リプ農業を始める。ェッセイ集「窮鼠の散歩」を朝日新聞社より刊行。 部〃を結成。十一一月、長篇「錬姦作法」を文藝春秋より刊行。レコ うた 六月、「自弔の鐘」を「毎日新聞」に連載開始。「野坂昭如抒情作品 「野坂昭如不浄理の唄」をエレック・レコードより発行。 昭和四十九年 ( 一九七四 ) 四十四歳集」を朝日出版より刊行。七月、「戦争童話集」を中央公論社より しゆら ムじようり うわ れんかん おれ

5. 現代日本の文学 Ⅱ― 10 五木 寛之 野坂 昭如 集

月の朝に」を「小説現代」に発表。「ヒットラーの遺産」を光文社よ部」に連載 ( 翌年三月完結 ) 。六月、「奇妙な果実」を「オール読 らつば り刊行。ェッセイ「現代青春のなかの頽廃ーを「展望ーに発表。キン物ーに、七月、「帝国陸軍喇叭集」を「問題小説」に発表。「につ。ほ グレコードより作詞「鳩のいない村」を発表、同年の日本作詞大賞ん漂流」を文藝春秋より刊行。九月、「ヘアビン・サーカス」を「小 ( 第三回 ) 「作品賞」を受賞。八月、「望郷七月歌」を「小説セプン」説現代ーに、「フルーディ・プルース」を「小説セプン」に発表。 えん に、「われらはうたへど」を「オール読物」に発表。九月、「デラシ「五木寛之の本」をベストセラーズより刊行。十月、「実録・怨 ネの夜の終りに」 ( のちに「根の国紀行」↓「津軽漂流記」と改題 ) 歌の誕生」 ( のちに「怨歌の誕生」と改題 ) を「オール読物 , に、十 を学研「現代日本の文学⑩」に発表。長篇「テラシネの旗」を文藝一月、「ポンジョールノ野郎」を「小説現代」に発表。作品集「こが 春秋より刊行。十月、金沢から横浜へ転居。「暗いはしけ」を「小 ね虫たちの夜」を河出書房新社、「青春の門・筑豊篇・上下」を講談社 うらなだ びやくや 説現代 , に発表。長篇「内灘夫人」を新潮社、現代長篇文学全集より刊行。十一一月、北欧小説集「白夜物語』を角川書店、長篇「樹 「五木寛之集」を講談社より刊行。十一月、「自由をわれらに」を氷」を文藝春秋より刊行。 「小説エース , に発表。ェッセイ「デラシネ草紙」を「 z 0 」に 昭和四十六年 ( 一九七一 ) 三十九歳 連載 ( 翌年十一一月完結 ) 。十一一月、「文学者と物書き」を「文学界」 一月、「夜の世界ーを「オール読物」に発表。「白夜草紙 , を「文藝 に発表。長篇「朱鷺の墓・空笛の章」を新潮社より刊行。 春秋」に連載 ( 十一一月完結 ) 。一一月、「を撃つ」を「小説現代ーに、 昭和四十五年 ( 一九七〇 ) 三十八歳「イエスタディ」を「小説新潮」に発表。三月、「五木寛之の真夜中 一月、「聖者が街へやってきた」を「別冊文藝春秋」に、「モルダウ対談」を「週刊読売」に連載 ( 九月完結 ) 。ェッセイ「魔女伝説」 の重き流れに」を「週刊朝日カラー別冊ーに、「ダブル・クラッチ」を季刊誌「 zo* 」に連載 ( 翌年三月完結 ) 。四月、「朱鷺の墓・風花 を「オール読物 . に発表。野坂昭如との「対論」を「話の特集ーにの章」を新潮社、対談集「白夜の季節の思想と行動」を冬樹社より刊 びとみ 連載 ( 十一一月完結 ) 。一一月、「夜明けのラグタイム」を「小説現代」行。五月、「狼の瞳の奥に」を「小説現代」に発表。六月、「浅の川 に発表。日記「作家のノート」 ( のち「作家の日記」と改題 ) を「週暮色」を「小説新潮」に、「府への使者 . を「オール読物 [ に発 刊読書人ーに連載 ( 翌年三月完結 ) 。三月、「プラ ( の春とおく」表。七月、長篇「にっぽん三銃士上・下」を新潮社、「対論野坂昭 を「小説セプン」に発表。「につぼん退屈党 . を「週刊文春」に連如 x 五木寛之」を講談社、「四月の海賊たち」を文藝春秋より刊行。 載 ( 十月完結 ) 。作品集「涙の河をふり返れ」を文藝春秋より刊行。八月、「ユ = コーンの旅 , を「オール読物ーに発表、エッセイ集「ゴ 四月、「夜のドンキホ・ーテ」を「小説新潮」に発表、エッセイ「ゴキプリの歌」を毎日新聞社より刊行。十月、「東京より愛をこめて」 おおかみ キプリの歌」を「毎日新聞日曜版」に連載 ( 翌年三月完結 ) 。「狼のを「小説現代」に発表。「ヒットラーの遺産」を講談社より刊行。 かいぞく プルース」を講談社より刊行。五月、「四月の海賊たち」を「小説十一月、長篇「青春の門・自立篇・上」 ( 立志篇の改題 ) を講談社よ かたすみ びつぎ 現代」に発表、エッセイ「ある日日本の片隅で」を「小説セプり刊行。「風の柩」を「小説新潮」に発表。十一一月、『五木寛之真 ン」に連載 ( 九月完結 ) 。ェッセイ「地図のない旅ーを「婦人倶楽夜中対談」、小説集『ュニコーンの旅」を文藝春秋より刊行。 はと

6. SFマガジン 1972年3月号

・シリーズ る ・新しい文学的視野をひらく異色アンソロジー 譜開 異色の鬼才が選び上げた戦慄の恐イ 一三ロ展 怖小説。星新一・遠藤周作・宇能系 異形の白昼 鴻一郎・曽野綾子・都筑道夫・戸体、のの ー現代恐怖小説集ー筒井康隆編川昌子・笹沢佐保他 \ 680 男 ー」派派 派′格会 特異なユーモア感覚で選んだ現代の ューモア小説の饗宴。遠藤周作・説 ②④ 田辺聖子・五木寛之・北杜夫・吉小 房貶のアップルハイ e•-0 8 0 筒井康隆編行淳之介・野坂昭如 ューモア小説フェスティバル , ー 読後「奇妙な味」の残る、しかも 後 譜饗 「底味」のある作品を選んだ注目戦 のアンソロジー。安岡章太郎・柴 風奇妙な味の小説 の派 作 ー現代異色小説集ー吉行淳之介編田錬三郎・河野多恵子他 \ 680 派ン 格マ 文学の美食家が選ぶ暗黒の超現実の 作品群。泉鏡花・大坪砂男・埴谷望 本ロ 暗黒のメルヘン ー日本幻想小説集ー澁澤龍査編由紀夫・倉橋由美子他 \ 760 00 ・ 0 」 00 ・ 0 《・ = 一 0 渇弋①③ 透徹した批評眼で選び上げた兵士 の文学集。村山知義・黒島傅治・の 東東 兵士の物語 北川晃二・梅崎春生・大岡昇平・コ ノを ー一兵卒の文学集ー大西巨人編中野重治・島尾敏雄他 \ 750 〈以下続刊〉 振替東京 74493 電話 ( 447 ) ⅱ引

7. SFマガジン 1972年9月臨時増刊号

・シリーズ る 0 新しい文学的視野をひらく異色アンソロジー 3 1 4 1 譜開 4 1 異色の鬼オが選び上げた戦慄の恐イ 怖小説。星新一・遠藤周作・宇能系 異形の白昼 東 川昌子・笹沢佐保他 \ 6 8 0 男 ー現代恐怖小説集ー筒井康隆編 替話 特異なユーモア感覚で選んだ現代の ューモア小説の饗宴。遠藤周作・説 ②④ 田辺聖子・五木寛之・北杜夫・吉 房貶のアップルハイ 、、 80 筒井康隆編行淳之介・野坂昭如 ューモア小説フェスティバルーー 推 読後「奇妙な味」の残る、しかも 後 「底味」のある作品を選んだ注目戦 のアンソロジー。安岡章太郎・柴 風奇妙な味の小説 の派 作 ー現代異色小説集ー吉行淳之介編田錬三郎・河野多恵子他¥ 680 派ン 秀 格マ 文学の美食家が選ぶ暗黒の超現実の 作品群。泉鏡花・大坪砂男・埴谷望 本ロ 暗黒のメルヘン ー日本幻想小説集ー澁澤龍彦編由紀夫・倉橋由美子他¥ 760 透徹した批評眼で選び上げた兵士 五 の文学集。村山知義・黒島傅治・の 東東 兵士の物語 」川晃一一・梅崎春生・大岡昇平・コ ノを 一兵卒の文学集ー大西巨人編中野重治・島尾敏雄他¥ 750 ^ 以下続刊〉 現代の推理小説 、員日

8. SFマガジン 1973年10月臨時増刊号

新しい文学的視野をひらく異色アンソロジー・シリーズ に深触が 読後「奇妙な味」の残る、しかも 景て 「底味」のある作品を選んだ注目 牌燈た なる 奇妙な味の小説 のアンソロジー。安岡章太郎・柴 いふむつ連て ー現代異色小説集ー 吉行淳之介編田錬三郎・河野多恵子他¥ 680 あをこ待九れ ら すウ躍ちにけ 娼婦の陰影の中に小説の根源を求 なのに待時掛 めて選んだ作品群″】石川淳・安 に同仕 の慢か 話 幻の花たち 任自な指はが 岡章太郎・川崎長太郎・水上勉・ 電 責はの栂に罠 ー娼婦小説集ー 吉行淳之介編田中英光・野坂昭如¥ 780 の郎流のこの 群俊海森そ神 場梓の江死 異色の鬼オが選び上げた戦慄の恐 怖小説。星新一・遠藤周作・宇能 東 害士る士た 異形の白昼 公雀ま雀れ招替 鴻一郎・曽野綾子・都筑道夫・戸 ー現代恐怖小説集ー 筒井康隆編川昌子・笹沢佐保他¥ 680 特異なユーモア感覚で選んだ現代 ューモア小説の饗宴。遠藤周作・ 貶のアップルバイ 田辺聖子・五木寛之・北杜夫・吉 ¥ 8 0 筒井康隆編行淳之介・野坂昭如 事人 文学の美食家が選ぶ暗黒の超現実 人藤殺藤 作品群。泉鏡花・大坪砂男・埴谷 暗黒のメルヘン 雄高・島尾敏雄・安部公房・三島 殺燈 澁澤龍彦編由紀夫・倉橋由美子他 Y760 冖元宝 不変の憧憬であるメタモルフォー シスを幻想の世界に求めた篇。雀 変身のロマン 土田秋成・泉鏡花・太宰治・安部麻 ¥ー 8 0 ーメタモルフォーシス小説集ー澁澤龍彦編公房・中井英夫他 家大九 透徹した批評眼で選び上げた兵士作 の文学集。村山知義・黒島傳治・賞 兵士の物語 川晃二・梅崎春生・大岡昇平・歩 大西巨人編中野重治・島尾敏雄他¥ 750 乱 ューモア小説フェスティバルー ー日本幻想小説集ー ー一兵卒の文学集ー 立風書房 東京都品川区東五反田 3 ー 6 ー

9. SFマガジン 1973年6月号

新しい文学的視野をひらく異色アンソロジー・シリーズ に深触が 読後「奇妙な味」の残る、しかも 景て 「底味」のある作品を選んだ注目 牌燈た 奇妙な味の小説 をる た宝い のアンソロジー。安岡章太郎・柴 小むつ連て ー現代異色小説集ー 吉行淳之介編田錬三郎・河野多恵子他¥ 680 あをこ待儿れ 、ら すウ躍ちにけ 娼婦の陰影の中に小説の根源を求 なのに待時掛 めて選んだ作品群″】行川淳・安 の慢か 工 0 幻の花たち 任自な指はが 岡章太郎・ 川崎長太郎・水上勉・ 電 責はの栂に罠 ー娼婦小説集ー 吉行淳之介編田中英光・野坂昭如¥ 780 の郎流のこの 群俊海森そ神 場梓の江死 異色の鬼オが選び上げた戦慄の恐 京 怖小説。星新一・遠藤周作・字能 東 害士る士たい 異形の白昼 公雀ま雀れ招替 鴻一郎・曽野綾子・都筑道夫・戸 ー現代恐布小説集ー 筒井康隆編川昌子・笹沢佐保他¥ 680 特異なユーモア感覚で選んだ現代 ューモア小説の饗宴。遠藤周作・ 貶のアップルバイ 件¥事 田辺聖子・五木寛之・北杜夫・吉 ¥ 8 0 筒井康隆編行淳之介・野坂昭如 事人 文学の美食家が選、ぶ暗黒の超現実 人藤殺藤 作品群。泉鏡花・大坪砂男・埴谷 暗黒のメルヘン 雄高・島尾敏雄・安部公房・三島 殺燈 澁澤龍彦編由紀夫・倉橋由美子他¥ 760 冖元宝 不変の憧糧であるメタモルフォー 変身のロマン 亥を幻想。世界」求めた。雀一二連 ¥【 / 8 0 ーメタモルフォーシス小説集ー澁澤龍彦編公房・中井英夫他 家大九 透徹した批評眼で選び上げた兵士作 賞 の文学集。村山知義・黒島傳治・ 兵士の物語 川晃二・梅崎春生・大岡昇平・歩 大西巨人編中野重治・島尾敏雄他¥ 750 乱 ューモア小説フェスティバルー ー日本幻想小説集ー ー一兵卒の文学集ー 立風書房 東京都品川区東五反田 3 ー 6 ー絽

10. SFマガジン 1973年7月号

新しい文学的視野をひらく異色アンソロジー・シリーズ に深触が 読後「奇妙な味」の残る、しかも 景て 「底味」のある作品を選んだ注目 牌燈た ん一る 奇妙な味の小説 た宝い のアンソロジー。安岡章太郎・柴 いふむつ連て ー現代異色小説集ー 吉行淳之介編田錬三郎・河野多恵子他¥ 680 あをこ待九れ すウ躍ちにけ 娼婦の陰影の中に小説の根源を求 なのに待時掛 めて選んだ作品群″】石川淳・安 に同仕 の慢か 幻の花たち 任自な指はが 岡章太郎・川崎長太郎・水上勉・ 責はの栂に罠 ¥ー 8 0 ー娼婦小説集ー 吉行淳之介編田中英光・野坂昭如 の郎流のこの 群俊海森そ神 場梓の江死 異色の鬼オが選び上げた戦慄の恐 布小説。星新一・遠藤周作・宇能 害士る士たい 異形の白昼 公雀ま雀れ招 鴻一郎・曽野綾子・都筑道夫・戸 筒井康隆編川昌子・笹沢佐保他¥ 680 ー現代恐布小説集ー 特異なユーモア感覚で選んだ現代 ューモア小説の饗宴。遠藤周作・ 貶のアップルバイ 田辺聖子・五木寛之・北杜夫・吉 ¥ 8 0 筒井康隆編行淳之介・野坂昭如 事一人 文学の美食家が選ぶ暗黒の超現実 人藤殺藤 作品群。泉鏡花・大坪砂男・埴谷 暗黒のメルヘン 雄高・島尾敏雄・安部公房・三島 殺燈 澁澤龍彦編由紀夫・倉橋由美子他¥ 760 冖元宝 不変の憧環であるメタモルフォー 変身のロマン 亥を幻世界に求めた篇。雀一二連 ¥「ー 8 0 ーメタモルフォーシス小説集ー澁澤龍彦編公房・中井英夫他 家大九 透徹した批評眼で選び上げた兵士作 の文学集。村山知義・黒島傳治・賞 兵士の物語 川晃二・梅崎春生・大岡昇平・歩 大西巨人編中野重治・島尾敏雄他¥ 750 乱 ーユーモア小説フェスティバルー ー日本幻想小説集ー ー一兵卒の文学集ー 立風書房 振替東京 74493 電話 ( 447 ) ロ引 東京都品川区東五反田 3 ー 6 ー田