検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 18 石川 淳 集

現代日本の文学 18 石川 淳 集から 489件ヒットしました。

現代日本の文学 18 石川 淳 集


を 「 新 潮 , に 寄 稿 、 ア ン ケ ー ト 「 石 川 淳 氏 へ の 質 問 」 の 答 を 「 文 よ り 刊 行 ・ 十 月 、 「 ウ ソ の 全 集 ー 直 言 曲 言 ー 」 ( 談 話 筆 記 ) を 「 朝 日 芸 」 に 掲 載 。 九 月 、 「 ゆ う 女 始 末 」 を 「 世 界 ー に 発 表 。 十 一 月 、 新 聞 」 に 寄 稿 。 十 一 月 、 「 詩 的 回 想 断 片 , を 「 新 潮 」 に 寄 稿 。 説 集 「 喜 寿 童 女 」 を 筑 摩 書 房 よ り 、 「 石 川 淳 集 」 ( 日 本 文 学 全 集 ) を 昭 和 四 十 ニ 年 ( 一 九 六 七 ) 六 十 八 歳 新 潮 社 よ り 刊 行 。 年 末 、 芸 術 院 会 員 と な る 。 一 月 、 「 大 み そ か の タ , を 「 東 京 新 聞 ー に 寄 稿 、 「 鏡 の 中 」 を 「 新 昭 和 三 十 九 年 ( 一 九 六 四 ) 六 十 五 歳 潮 」 に 発 表 、 「 石 川 淳 ・ 坂 口 安 吾 集 」 ( 日 本 現 代 文 学 全 集 ) を 講 談 社 一 月 、 「 不 幸 で な さ す ぎ る 」 を 「 中 央 公 論 」 に 、 「 京 劇 雑 感 」 を 「 読 よ り 刊 行 。 二 月 、 坂 口 三 千 代 「 ク ラ ク ラ 日 記 」 ( 文 藝 春 秋 社 刊 ) に 売 新 聞 」 に 寄 稿 。 一 一 月 、 コ 一 十 七 歳 の 達 観 , を 幸 田 露 伴 「 有 福 詩 人 」 序 文 を 寄 稿 、 「 至 福 千 年 」 を 岩 波 書 店 よ り 刊 行 。 同 月 、 川 端 康 成 、 俳 優 座 公 演 ・ ハ ン フ レ ッ ト に 、 「 双 璧 」 を 「 福 永 武 彦 ・ 安 部 公 房 集 」 安 部 公 房 、 三 島 由 紀 夫 と と も に 、 「 中 国 文 化 大 革 命 に 関 し 、 学 問 芸 ( 集 ~ 窪 版 新 日 本 文 学 全 集 ) 月 報 に 寄 稿 。 三 月 、 「 渡 辺 崋 山 」 ( 筑 摩 術 の 自 律 性 を 擁 護 す る ア ビ ー ル 」 を 表 明 。 四 月 、 千 田 是 也 演 出 の た 叢 書 ) を 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 六 月 、 「 わ が 友 三 好 達 治 」 を 「 新 潮 」 め の 上 演 台 本 「 一 目 見 て 憎 め 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 五 月 、 川 端 に 発 表 。 七 月 、 「 靴 み が き の 一 日 」 を 「 世 界 」 に 発 表 、 「 荒 魂 」 を 新 康 成 、 安 部 公 房 、 三 島 由 紀 夫 と の 座 談 会 「 わ れ わ れ は な ぜ 声 明 を 出 潮 社 よ り 刊 行 。 八 月 、 ソ ビ エ ト 作 家 同 盟 の 招 待 に よ り 、 安 部 公 房 、 し た か 」 を 「 中 央 公 論 」 に 掲 載 、 「 ゼ ロ ッ ク ス 」 を 「 図 書 」 に 寄 稿 、 江 川 卓 、 木 村 浩 と と も に 訪 ソ 、 つ い で 東 独 、 チ = コ 巡 遊 後 、 一 カ 月 八 月 、 「 石 川 淳 」 ( 「 日 本 の 文 学 」 第 六 十 巻 ) を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 、 ・ ( リ に 滞 在 、 十 月 末 帰 国 。 十 一 月 、 太 宰 治 賞 選 考 委 員 と な る 。 十 一 一 同 付 録 に 安 部 公 房 と の 対 談 「 石 川 淳 の 人 と 文 学 」 を 掲 載 。 十 一 月 、 月 、 渋 谷 区 初 台 一 一 の 九 ( 現 住 居 ) に 移 転 。 「 革 命 家 の 夢 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 寄 稿 。 十 一 一 月 、 解 説 「 詩 人 の 肖 像 」 昭 和 四 十 年 ( 一 九 六 五 ) 六 十 六 歳 を 「 三 好 達 治 」 ( 中 央 公 論 社 版 「 日 本 の 詩 歌 」 ) に 寄 稿 、 中 野 重 治 、 一 月 、 「 至 福 千 年 」 を 「 世 界 」 に 連 載 し は じ め る 。 一 一 十 一 回 に て 四 吉 川 幸 次 郎 と の 鼎 談 「 伝 統 と 反 発 」 を 講 座 「 中 国 」 ( 筑 摩 書 房 刊 ) Ⅱ 十 一 年 十 月 完 結 。 三 月 よ り 八 月 ま で 、 「 西 游 日 録 」 を 「 展 望 」 に 六 に 掲 載 、 「 一 目 見 て 憎 め 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 回 連 載 。 五 月 、 「 宗 達 雑 感 」 を 「 日 本 文 化 史 」 ( 筑 摩 書 房 刊 ) 5 付 録 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) 六 十 九 歳 に 寄 稿 。 十 月 、 「 西 游 日 録 」 を 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 「 所 感 一 月 、 「 一 目 見 て 憎 め 」 俳 優 座 に よ っ て 東 京 で 公 演 、 「 読 み 癖 」 を ( ル オ ー 遺 作 展 か ら ) 」 を 「 読 売 新 聞 」 に 寄 稿 。 「 き よ う と 」 に 、 「 め ぐ り め ぐ っ て 」 を 「 東 京 新 聞 」 に 、 「 無 法 書 話 」 譜 昭 和 四 十 一 年 ( 一 九 六 六 ) 六 十 七 歳 を 講 座 「 中 国 」 ( 筑 摩 書 房 刊 ) > に 寄 稿 、 「 魔 界 仏 界 」 を 「 太 陽 」 に 一 月 、 「 倫 敦 塔 そ の 他 」 を 岩 波 書 店 版 「 漱 石 全 集 」 月 報 2 に 寄 稿 、 発 表 。 一 一 月 、 「 「 中 国 の 孝 道 」 を 読 む 」 を 「 図 書 」 に 寄 稿 。 四 月 、 新 年 ド ナ ル ド ・ キ ー ン 著 「 能 」 ( 英 文 ) ( 講 談 社 イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル 刊 ) し い 「 石 川 淳 全 集 」 全 十 一 一 一 巻 を 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 し は じ め る 。 翌 四 に 「 序 」 を 寄 稿 、 「 鸚 鵡 石 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 一 一 月 、 「 わ た し の 定 十 四 年 四 月 全 巻 完 結 。 五 月 、 貝 塚 茂 樹 と の 対 談 「 「 史 記 」 の 世 界 」 宿 、 を 「 中 央 公 論 、 に 寄 稿 。 五 月 、 「 無 明 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 六 を 「 司 馬 遷 」 ( 中 央 公 論 社 版 「 世 界 の 名 著 」 ) 付 録 に 掲 載 。 六 月 、 月 、 「 諸 国 畸 人 伝 」 お よ び 「 石 川 淳 集 」 ( 現 代 文 学 大 系 ) を 筑 摩 書 房 「 永 井 荷 風 ・ 石 川 淳 ・ 大 江 健 一 一 一 郎 」 ( 日 本 短 篇 文 学 全 集 ) を 筑 摩 書 房

現代日本の文学 18 石川 淳 集


「 篠 船 」 を 「 文 学 界 」 に 連 載 ( 七 月 完 結 ) 、 「 処 女 懐 胎 」 ( 新 潮 文 庫 ) 昭 和 ニ 十 七 年 ( 一 九 五 一 l) 五 十 三 歳 剛 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 九 月 、 「 」 列 子 」 を 「 別 冊 小 説 新 潮 、 に 発 表 。 一 月 、 「 夢 の 殺 人 」 を 「 群 像 」 に 、 「 蜜 蜂 の 冒 険 」 を 「 文 藝 」 に 発 十 月 、 「 梟 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 、 「 妖 女 、 を 「 群 像 」 に 発 表 。 同 表 。 三 月 、 「 首 尾 」 を 「 群 像 」 に 、 「 石 濤 」 を 「 草 月 」 に 発 表 。 四 月 よ り 翌 年 八 月 ま で 、 「 夷 斎 筆 談 」 と 題 し て 、 「 面 貌 に つ い て 」 「 娯 月 、 「 他 人 の 自 由 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 , に 発 表 、 「 夷 斎 筆 談 」 を 新 潮 楽 に つ い て 」 「 沈 黙 に つ い て 」 「 恋 愛 に つ い て 」 「 権 力 に つ い て 」 「 権 社 よ り 刊 行 。 六 月 よ り 一 一 回 に わ た り 「 歌 仙 」 を 「 群 像 」 に 連 載 。 八 力 に つ い て ( 承 前 ) 」 「 風 景 に つ い て 」 「 技 術 に つ い て 」 「 悪 運 に つ い 月 、 「 乞 食 王 子 」 を 「 文 囈 , に 発 表 。 九 月 よ り 翌 年 八 月 ま で 、 「 夷 斎 て 」 「 仕 事 に つ い て 」 「 仕 事 に つ い て ( 承 前 ) 」 の 十 一 篇 を 「 新 潮 」 清 言 」 と 題 し て 、 「 蝦 夷 日 記 」 「 狂 歌 百 鬼 夜 狂 , 「 畸 人 」 「 ワ ・ ヒ 」 「 花 」 に 連 載 。 十 一 月 、 「 望 楼 ー を 「 中 央 公 論 文 藝 特 集 」 に 、 十 二 月 、 「 珍 味 船 」 「 髪 , 「 袋 草 紙 」 「 和 歌 押 韻 」 「 東 坡 禅 喜 」 「 和 訓 」 「 譜 」 の 「 毳 い 管 仲 、 を 「 小 説 公 園 」 に 発 表 。 こ の 年 、 「 = セ モ / 記 」 を 「 作 十 二 篇 を 「 文 学 界 」 に 連 載 。 十 月 、 小 林 秀 雄 と の 対 談 「 現 代 文 学 の 品 」 第 五 号 に 、 「 森 碣 外 集 上 巻 」 ( 新 潮 社 刊 ) に 「 解 説 ー を 寄 稿 。 諸 問 題 」 を 「 群 像 ー に 掲 載 、 「 蜘 婀 ー を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 、 昭 和 ニ 十 六 年 ( 一 九 五 一 年 ) 五 十 一 一 歳 「 夷 斎 俚 言 」 を 文 藝 春 秋 社 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 「 ア ル プ ス の 少 女 」 を 一 一 月 、 「 演 技 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 、 三 月 、 「 さ ら ば 垣 」 を 「 文 学 界 ー 「 文 藝 、 に 発 表 。 十 一 一 月 、 「 処 女 懐 胎 ・ 白 描 」 ( 現 代 日 本 名 作 選 ) を に 、 「 常 陸 帯 , を 「 別 冊 文 藝 春 秋 , に 、 四 月 、 「 ジ イ ド む か し ば な 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 昭 和 ニ 十 八 年 ( 一 九 五 三 ) し 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 五 月 、 「 安 部 公 房 著 「 壁 」 序 」 を 寄 稿 。 五 十 四 歳 六 月 、 「 末 の 松 山 」 を 「 群 像 ー に 、 「 小 公 子 」 を 「 文 藝 ー に 、 「 フ ァ 一 一 月 、 杉 並 区 清 水 町 に 転 居 。 三 月 、 「 鷹 」 を 「 群 像 」 に 、 四 月 、 「 白 ル ス 」 を 「 中 央 公 論 文 藝 特 集 」 に 発 表 。 七 月 よ り 三 回 に わ た り 「 合 鳥 物 語 」 を 「 文 藝 」 に 発 表 。 四 月 よ り 翌 年 八 月 ま で 、 「 新 釈 雨 月 物 ら ぎ り 縁 奇 縁 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 連 載 。 八 月 よ り 翌 年 八 月 ま で 、 「 夷 語 」 と 題 し て 、 「 吉 備 津 の 釜 」 「 仏 法 僧 」 「 夢 応 の 鯉 魚 」 「 菊 花 の 約 」 斎 俚 言 」 と 題 し て 、 「 乱 世 雑 談 」 「 芝 居 ぎ ら ひ 」 「 論 争 ば や り 」 「 中 間 「 浅 茅 が 宿 」 「 白 峯 」 「 青 頭 巾 」 「 貧 福 論 」 「 蛇 性 の 婬 ー の 九 篇 を 「 別 物 と は 何 か 」 「 金 銭 談 」 「 模 倣 の 効 用 」 「 孤 独 と 抵 抗 」 「 芸 術 家 の 永 遠 冊 文 藝 春 秋 。 に 連 載 。 六 月 、 日 本 フ ラ ン ス 文 学 会 公 開 講 演 会 で 「 リ の 敵 」 「 芸 術 家 の 人 間 条 件 」 「 歌 う 明 日 の た め に 」 「 フ ィ ル ム あ れ こ ル ケ 」 を 講 演 、 ア ナ ト オ ル ・ フ ラ ン ス 「 赤 い 百 合 」 訳 ( 三 笠 文 庫 ) れ 」 「 ニ ヒ ル と 政 治 」 「 革 命 と は 何 か 」 の 十 三 篇 を 「 文 学 界 ー に 連 を 三 笠 書 房 よ り 刊 行 。 七 月 、 「 森 外 」 ( 角 川 文 庫 ) を 角 川 書 店 よ 載 。 九 月 、 永 井 荷 風 「 澤 東 綺 譚 」 ( 角 川 文 庫 ) に 「 解 説 」 を 寄 稿 、 り 、 九 月 、 小 説 集 「 鷹 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 「 珊 瑚 」 を 「 群 「 白 描 」 ( 角 川 文 庫 ) を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 「 い 清 盛 」 を 像 ー に 発 表 。 十 一 一 月 、 小 説 集 「 墹 瑚 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 「 オ ー ル 讀 物 」 に 発 表 。 十 一 一 月 、 「 春 の 葬 式 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 昭 和 ニ 十 九 年 ( 一 九 五 四 ) 五 十 五 歳 発 表 、 ジ イ ド 「 背 徳 者 」 訳 ( 新 潮 文 庫 ) を 新 潮 社 よ り 、 「 坂 口 安 吾 ・ 一 一 月 、 「 だ か ら 、 い は な い こ と ち ゃ な い ー 社 会 時 評 と は 何 か ー 」 を 石 川 淳 ・ 田 畑 修 一 郎 ・ 北 条 民 雄 ・ 中 島 敦 ・ 田 中 英 光 集 」 ( 現 代 日 本 「 文 藝 春 秋 、 に 発 表 。 三 月 、 「 鳴 神 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 家 な き 子 」 を 小 説 大 系 ) を 河 出 書 房 よ り 刊 行 。 「 文 藝 , に 発 表 。 四 月 、 「 夷 斎 清 言 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 五 月 よ り 十

現代日本の文学 18 石川 淳 集


現 代 日 本 の 文 学 石 ) 日 享 集 三 川 井 伊 北 尾 奥 足 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 夫 成 靖 整 聖 夫 樹 男 学 習 研 究 社

現代日本の文学 18 石川 淳 集


現 代 日 本 の 文 学 石 川 全 60 巻 淳 集 昭 和 46 年 7 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 10 月 1 日 26 版 発 行 著 者 石 川 淳 発 行 者 古 岡 滉 発 行 所 鑾 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 720 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 OJun lshikawa 1971 Printed in Japan ISBN4 ー 05 ー 050228 ー 3 C0393 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す

現代日本の文学 18 石川 淳 集


一 一 月 ま で 、 「 虹 」 を 文 学 界 に 連 載 。 六 月 、 「 黄 金 伝 説 」 ( 河 出 文 庫 ) 稿 、 「 紫 苑 物 語 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 九 月 、 「 ま ぼ ろ し 車 」 を を 河 出 書 房 よ り 刊 行 。 九 月 、 小 説 集 「 鳴 神 」 、 「 石 川 淳 ・ 坂 口 安 吾 ・ 「 新 潮 」 に 発 表 。 十 月 、 「 近 松 」 ( 野 沢 喜 左 衛 門 節 附 浄 瑠 璃 放 送 台 本 ) 太 宰 治 集 」 ( 現 代 日 本 文 学 全 集 ) を 、 と も に 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 十 を 「 文 学 界 」 に 発 表 、 小 説 集 「 紫 苑 物 語 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 「 坂 口 安 吾 と の 往 復 書 簡 」 を 「 新 潮 」 に 、 十 一 一 月 、 「 大 歳 の 餅 」 月 、 業 平 」 ( 若 手 落 語 会 ロ 演 台 本 ) を 「 新 潮 」 に 発 表 。 五 十 八 歳 昭 和 三 十 ニ 年 ( 一 九 五 七 ) を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 五 十 六 歳 一 月 、 「 鰐 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 三 月 、 「 紫 苑 物 語 」 に よ り 第 七 回 昭 和 三 十 年 ( 一 九 五 五 ) 一 月 、 「 前 身 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 し ぐ れ 歌 仙 」 ( 一 回 で 中 絶 ) を 「 群 芸 術 選 奨 文 部 大 臣 賞 を 受 賞 。 同 月 、 ア ナ ト オ ル ・ フ ラ ン ス 「 赤 い 百 像 」 に 発 表 、 「 虹 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 一 一 月 、 「 坂 口 安 吾 を 悼 む , 合 」 訳 ( 角 川 文 庫 ) を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 四 月 よ り 十 月 ま で 、 「 白 ( 談 話 筆 記 ) を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 掲 載 。 三 月 、 「 愛 の 妖 精 」 を 「 文 頭 吟 」 を 「 中 央 公 論 」 に 七 回 連 載 。 五 月 、 小 説 集 「 紫 苑 物 語 」 ( 新 藝 」 に 発 表 。 四 月 、 「 狼 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 、 「 伊 藤 整 ・ 石 川 淳 集 」 潮 文 庫 ) を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 五 月 よ り 十 月 ま で 、 「 新 釈 古 事 記 ー 神 ( 昭 和 文 学 全 集 ) を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 五 月 、 「 犯 人 」 を 「 中 央 公 神 ー 、 を 「 総 合 」 に 連 載 ( 雑 誌 廃 刊 の た め 六 回 で 中 絶 ) 。 六 月 、 「 京 論 」 に 発 表 。 六 月 、 「 安 部 公 房 君 鐫 印 」 を 「 ど れ い 狩 り 」 俳 優 座 公 伝 頓 死 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 十 月 、 「 諸 国 畸 人 伝 」 を 筑 摩 書 房 よ り 演 プ ロ グ ラ ム に 、 「 ホ テ ル 気 質 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 寄 稿 、 「 鷹 ・ 墹 刊 行 。 十 一 月 、 「 古 画 評 判 ・ 烏 鷺 覚 贋 奥 儀 、 を 「 芸 術 新 潮 」 に 発 表 、 瑚 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 八 月 、 「 す だ れ 越 し 」 を 「 新 潮 ー に 発 表 。 「 白 頭 吟 」 を 「 中 央 公 論 」 よ り 刊 行 。 五 十 九 歳 九 月 、 「 落 花 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 、 「 一 虚 一 盈 」 を 翌 十 月 に か け て 昭 和 三 十 三 年 ( 一 九 五 八 ) 「 東 京 新 聞 」 に 六 回 連 載 。 十 月 、 「 文 学 大 概 」 ( 角 川 文 庫 ) を 角 川 書 三 月 、 「 八 幡 縁 起 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 四 月 、 「 今 は む か し 」 を 店 よ り 刊 行 。 十 一 一 月 、 小 説 集 「 落 花 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 十 二 月 よ 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 、 「 日 本 語 と 漢 語 」 を 「 東 京 新 聞 ー に 三 回 連 り 三 十 一 一 年 六 月 ま で 、 「 諸 国 畸 人 伝 」 と 題 し て 、 「 小 林 如 泥 」 「 算 所 載 。 七 月 、 「 修 羅 ー を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 八 月 、 「 蜃 気 楼 」 を 「 別 の 熊 九 郎 」 「 駿 府 の 安 鶴 」 「 都 々 一 坊 扇 歌 」 「 細 谷 風 翁 」 「 井 月 」 「 鈴 冊 文 藝 春 秋 ー に 発 表 、 小 説 集 「 修 羅 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 十 木 牧 之 ー 「 阿 波 の デ コ 忠 」 「 武 田 石 翁 」 「 坂 口 五 峯 」 の 十 篇 を 「 別 冊 月 、 「 遊 船 」 を 「 声 ー に 発 表 。 十 一 月 、 「 家 宝 拝 見 ・ 文 化 焼 底 割 釜 」 文 藝 春 秋 」 に 断 続 連 載 。 を 「 芸 術 新 潮 ー に 発 表 。 十 一 一 月 、 「 か く し ご と 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 五 十 七 歳 に 発 表 、 「 蜀 山 断 片 」 を 岩 波 書 店 版 「 日 本 古 典 文 学 大 系 」 第 五 十 七 譜 昭 和 三 十 一 年 ( 一 九 五 六 ) 一 月 、 「 夢 の 見 本 市 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 、 「 新 釈 雨 月 物 語 」 を 講 談 社 巻 附 録 に 、 「 六 世 歌 右 衛 門 」 を 講 談 社 刊 「 六 世 中 村 歌 右 衛 門 」 に 寄 年 よ り 刊 行 。 一 一 月 、 「 灰 色 の マ ン ト 」 を 「 中 央 公 論 ー に 発 表 、 「 普 賢 」 稿 。 六 十 歳 ( 角 川 文 庫 ) を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 四 月 よ り 五 月 に か け て 、 「 人 生 ノ 昭 和 三 十 四 年 ( 一 九 五 九 ) ー ト 」 を 「 サ ン デ ー 毎 日 」 に 四 回 連 載 。 六 月 、 「 安 吾 の ゐ る 風 景 」 一 月 、 「 霊 薬 十 一 一 神 丹 」 を 「 新 潮 ー に 発 表 。 一 一 月 、 「 怪 異 石 仏 供 養 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 七 月 、 「 墓 と ホ テ ル と ・ : : ・ 」 を 「 新 潮 」 に 寄 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 、 「 南 画 大 体 」 を 新 潮 社 版 「 日 本 文 化 研 究 」

現代日本の文学 18 石川 淳 集


牧 野 信 追 悼 現 代 交 藝 批 家 研 究 私 の 観 た 一 一 ・ 二 六 事 件 ー 耳 梶 井 基 次 郎 の 手 紙 新 入 學 の 諸 君 に 実 ふ を に ⅱ に か 。 新 に 被 と 翳 ( し た こ と 性 つ や ・ そ 第 ぬ の で ・ り ま せ 2 第 日 の 夕 方 を そ 0 ゃ う に 第 れ り つ に な し か を 第 に 行 し か っ 今 を れ を 0 最 た 静 か な タ 方 で あ っ た さ う で す は 身 の 0 の 風 の 中 の を に あ や ま 。 第 か っ た し ・ を り 際 い 美 へ い 合 へ に 野 信 0 を っ て わ る や う に 第 ヒ ま し を 「 第 ( な っ 第 人 に ・ 永 い お 新 れ 物 も し た か っ た の で た 象 す こ し は い い ん だ 」 と ・ は に か な や う な そ 第 と す ・ ら れ な い こ と や ・ す こ し っ て 、 い や ま い に か り し た の 宿 都 ・ 耳 に を 0 ( 食 ゃ う に 思 び ま し た ・ 見 る と を れ を に し て わ に が ' 十 こ そ も ろ っ ・ 、 物 物 れ る し ・ わ る い 第 、 見 い で む だ ら 2 、 体 み ・ し づ 牧 野 信 一 民 を 障 む 4 に ゆ ? 、 0 と お 体 み な さ い と ・ に ま に 第 の 人 に は を と へ ま い 第 を 、 ひ た か っ た の で す し か し 秋 は 、 を に を 立 ち ま せ ん で し 窄 調 第 理 に を い た を 0 死 第 が 、 を 止 た や , で し さ ラ い ム 死 望 を 見 ミ を し い 取 ひ を 修 へ た や う な 誠 に の 上 う ち び 新 第 を む を た ね わ た し が の 仗 の 自 第 事 を 知 し ぐ で 、 な い と い ム 気 ・ 強 ( い て 東 た か ら で す ・ る の は 人 の 第 に 供 る に か り 、 を の さ 、 は を ま く 鳳 の は 立 上 る 代 。 に ' 心 の 中 で 第 を 合 ま し た ・ で ・ 働 、 に 機 第 が い か に ・ に 0 ら う み た だ 第 ま し タ を 喰 べ る た め に 外 へ 出 る 彑 費 春 に 物 の が 物 く ( 聞 を を る の み あ る が ・ を 自 の 町 中 で 繖 野 信 一 い て の ま し 宿 う し ろ 0 山 は 々 の 残 。 を び て 、 風 氏 の を 物 げ れ た 時 に 第 尾 を ど や さ れ た ひ ま か っ た 第 第 か に 宿 や か な 風 で し を 人 粉 ん だ で ・ 第 ま わ が イ 4 の ま 0 や つ に を 。 力 を ス っ 春 だ と 、 基 へ ま を し か し 人 味 さ う い ふ 資 に こ た か の 地 ( で あ る 0 は ' と れ は も う 、 に 長 直 す 地 の 中 の 一 家 に 第 ナ 、 ま さ し く わ た し の 管 0 中 で の 事 件 に ス へ 当 被 野 氏 が 生 を て わ や う と 死 ん で し ま は , と ど う 物 な い ・ わ た し は 牧 氏 と 物 気 の す ら な ( 、 ま る 事 に も な ら ぬ 無 で あ る 氏 の 死 ん だ と ム こ と は ど で 物 で 第 物 の を い と 望 拳 な が ら や は そ れ 、 省 し く な も よ い な と 意 を 入 れ る 確 屋 と て は な い 第 さ ヾ そ の っ て し ま っ た の で あ る が 氏 の 爨 し て る ら し い し こ と の み が 鋼 を 村 つ の た ・ わ た し 0 校 ん 々 氏 の 作 い の を み な ど 県 か 0 の も の は な か っ た ・ 査 し い 発 と 「 物 物 物 私 第 」 で あ る が ・ そ れ を 第 に し て 製 に 宿 の に 大 云 っ た が こ れ は 東 介 の 交 を で ' に 物 と 愛 ふ べ を か 第 0 人 の ・ 0 さ ま で ・ 不 第 に 病 ん の さ は タ し 、 夏 え 食 な 言 第 都 見 あ た ら ぬ に で あ 0 娯 わ た し 日 身 の 0 ま 第 ( さ い 物 、 感 ナ 、 た だ の 床 だ け が 宙 に 量 か ら れ 、 や 、 や 0 物 に ・ し て る め で 、 気 0 料 い そ 0 物 廖 が ぐ っ た 。 費 い で の る 毅 り な い け は ひ で あ こ と の ( る 裕 特 つ を 物 人 の 位 電 に 宿 い 設 強 で あ ら る ・ 去 ひ 橋 へ れ 、 毅 ら れ た を 第 ル か ら し た た る 第 で 、 う を 、 ま で 物 物 な 問 題 で あ る 以 上 、 こ に で 野 氏 の な 、 ・ ま え そ 0 、 0 で 、 な 、 第 物 れ に ′ オ み 死 に い て 物 し い か 、 生 を て 0 て 、 ? に 多 ・ 、 の 作 を つ か 第 い に 穴 な 砂 が 最 み し ( 、 ま さ ま ざ と つ 第 す に と が 望 ま し か っ 食 と か 云 ム と す れ ば 、 第 れ は 第 に 見 ま い ~ も て 、 に は 0 ら れ 毅 自 の 第 な の ミ 物 な 物 の 砂 朝 で あ ら り ・ は つ 物 り 第 っ て 物 く が 、 わ た 曾 て 示 さ れ ミ ゼ 1 ・ を 羃 強 0 作 歳 は 「 大 物 物 食 ・ を 」 し は ◆ の 物 品 を 題 し て 編 れ た で あ ら っ 数 第 氏 の な 考 に 社 編 り 絞 ら れ 作 省 の か ら が 物 第 の 第 ( と に 大 ル 家 を 物 物 し て は 0 な か っ た 0 ミ し 第 し 、 量 要 な し 、 を ど っ た 春 ・ と を な 心 物 へ ど の 彙 ぐ に み ざ と と は 0 の 掛 物 の な い 物 家 が 大 物 置 で あ か 書 か み ム み る ら だ そ 0 、 の が 審 の 0 た ま ひ 0 姦 ま ~ ら と 物 を け 、 ( さ い 設 ・ で は な 、 キ の や ら な 第 め に を し て し め た 0 で あ る の を ◆ や キ 0 中 う ま 生 的 な 第 験 ら れ る 0 が 第 物 劣 だ と 芸 ム こ と ミ さ ら に は り を ー が か ー を 野 氏 に 彙 て 見 の 物 し は 僕 と び え る 號 月 五 昭 和 11 年 小 田 原 で 縊 死 し た 作 家 牧 野 信 一 へ の 追 悼 を 「 作 品 」 5 月 号 に 寄 稿 。 期 ま で 、 そ の 処 女 作 を 発 表 す る こ と を 控 え に 控 え て い た と い う 事 情 に つ い て 、 多 く の 批 評 家 が 、 あ れ こ れ と こ の 異 推 測 を め ぐ ら し て い る よ 、 つ で あ る 。 た し か に 、 常 に 長 び か さ れ た 空 白 の 期 間 に お け る 、 若 き 日 の 石 川 淳 氏 の 内 面 の 危 機 が い か な る も の で あ っ た か は 、 私 た ち に と っ て 、 も っ と も 興 味 を そ そ ら れ る 問 題 で は あ ろ 、 つ 。 こ れ に つ い て も 、 手 か か り に な る の は 処 女 作 『 佳 人 』 さ ら に 『 貧 窮 問 答 』 『 葦 手 』 そ し て 傑 作 『 普 賢 』 に い い す れ の 作 品 に お し た る 、 初 期 作 品 群 以 外 に は な い 。 て も 、 主 人 公 は 何 か 文 学 上 の 仕 事 に と り か か ろ う と い う 、 高 邁 な 志 を 内 に 秘 め な が ら 、 薄 志 弱 行 の た め 、 市 ち ん め ん せ い ろ う こ う 井 陋 巷 の デ カ ダ ン 生 活 に 沈 湎 し て い る と い う 設 定 に な っ て い る 。 い わ ば 模 索 す る 作 者 の 内 面 の 苦 闘 の 記 録 で あ る が 、 む ろ ん 、 こ れ を 現 実 の 石 川 淳 氏 の 生 活 の 敷 き 写 し だ な ど と 田 5 っ た ら 、 と ん で も な い 間 ( 理 い を 犯 す こ と に な ろ 、 つ 。 そ 、 つ い 、 つ 平 面 的 な 小 説 の 読 み 方 し か で き な か っ た と こ ・ ろ に 、 こ れ ま で の 日 本 文 学 の 救 い よ う の な い 低 さ が あ っ た わ け で あ り 、 石 川 淳 氏 の 小 説 の 新 ら し さ は 、 そ の 実 現 さ れ た 虚 構 の 世 界 が 、 「 実 在 世 界 の 仕 掛 の 上 に 、 人 間 の 知 的 運 動 と 釣 合 を 保 ち つ つ 、 高 度 に 組 み 立 て ら れ 」 た 世 界 で あ る と い う 点 に あ っ た の で あ る 。 作 者 の 内 面 の 苦 闘 は 、 み ご と に 様 式 化 さ れ た 作 貯 ひ ゅ 品 世 界 に 濾 過 さ れ て 、 一 つ の 比 喩 に ま で 高 め ら れ て い

現代日本の文学 18 石川 淳 集


第 一 一 巻 に 発 表 。 五 月 、 「 狐 の 生 肝 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 、 小 説 集 「 霊 一 月 、 「 横 綱 の 弁 ー を 「 酒 」 に 寄 稿 、 「 お あ い に く さ ま 」 を 「 中 央 公 薬 十 一 一 神 丹 」 お よ び 「 石 川 淳 集 」 ( 新 選 現 代 日 本 文 学 全 集 ) を 筑 摩 論 」 に 発 表 。 一 一 月 、 新 潮 社 版 日 本 文 学 全 集 「 森 外 」 に 解 説 「 森 書 房 よ り 刊 行 。 六 月 、 上 田 秋 成 没 後 百 五 十 年 記 念 講 演 会 に お い て 外 の 作 品 に つ い て 」 を 寄 稿 。 一 一 月 、 「 石 川 淳 全 集 」 を 筑 摩 書 房 よ り 「 秋 成 私 論 ー を 講 演 。 七 月 、 「 敗 荷 落 日 」 を 「 新 潮 。 に 発 表 、 「 独 立 刊 行 し は じ め る 。 翌 年 十 二 月 全 十 巻 完 結 。 四 月 、 編 「 文 壇 よ の 精 神 に つ い て 」 を 「 東 京 新 聞 」 に 三 回 連 載 。 七 月 と 十 月 の 一 一 回 、 も や ま 話 」 ( 青 蛙 書 房 刊 ) に 放 送 対 談 「 石 川 淳 の 巻 」 を 収 録 、 「 越 天 「 影 ー を 「 中 央 公 論 文 芸 特 集 」 に 連 載 。 八 月 、 「 獅 子 の フ ァ ル ス ー を 楽 」 を 「 小 説 中 央 公 論 ー に 発 表 。 五 月 、 多 年 に わ た る 作 家 業 績 に よ 「 新 潮 」 に 発 表 、 「 秋 成 私 論 」 ( 講 演 会 速 記 に よ る ) を 「 文 学 ー に 掲 り 第 十 七 回 芸 術 院 賞 を 受 賞 。 六 月 、 「 一 冊 の 本 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 載 。 十 一 月 、 「 裸 婦 変 相 」 を 「 新 潮 ー に 発 表 、 「 思 想 は 食 へ る も の 寄 稿 。 七 月 、 「 こ と ば に 手 を 出 す な 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 九 月 、 俳 か 」 を 「 近 代 日 本 思 想 史 講 座 」 ( 筑 摩 書 房 刊 ) 月 報 3 に 寄 稿 、 小 説 優 座 上 演 台 本 「 お ま へ の 敵 は お ま へ だ 」 を 「 群 像 」 に 発 表 、 つ い で 集 「 影 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 十 二 月 、 「 に せ 神 父 」 を 「 別 冊 文 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 公 演 。 フ ロ グ ラ ム に 「 挨 拶 」 を 寄 稿 。 同 月 よ り 十 月 に か け て 、 同 台 本 は 東 京 ・ 新 潟 ・ 名 古 屋 ・ 大 阪 ・ 神 戸 ・ 岐 阜 の 各 藝 春 秋 ー に 発 表 。 昭 和 三 十 五 年 ( 一 九 六 〇 ) 六 十 一 歳 地 で 上 演 さ れ た 。 十 月 、 「 京 都 ぶ ら ぶ ら 」 を 「 き よ う と 」 秋 号 に 寄 一 月 、 「 初 芝 居 三 ッ 物 」 を 文 学 座 公 演 「 熱 帯 樹 」 プ ロ グ ラ ム に 寄 稿 、 稿 。 十 月 よ り 翌 年 九 月 ま で 、 「 夷 斎 遊 戯 、 と 題 し て 、 「 芝 居 」 「 宇 野 「 ほ と と ぎ す 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 大 徳 寺 」 を 「 声 、 に 発 表 。 二 月 、 浩 一 一 」 「 十 日 の 旅 。 「 画 譚 難 肋 に つ い て 」 「 細 香 女 史 」 「 ド ガ と 鳥 鍋 「 五 十 音 図 に つ い て 」 を 筑 摩 書 房 版 「 古 典 日 本 文 学 全 集 , 第 三 十 四 と 」 「 即 興 」 「 読 ま れ そ こ な ひ の 本 」 「 武 林 無 想 庵 , 「 ス カ ・ ( ン , 「 小 、 と い ふ 字 の つ く も の 」 「 文 学 賞 ー の 十 二 篇 を 「 文 学 界 ー に 連 載 。 十 巻 付 録 に 寄 稿 、 「 自 由 に つ い て 」 を 「 東 京 新 聞 」 に 三 回 連 載 。 三 月 一 月 、 「 わ が 小 説 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 寄 稿 。 十 二 月 、 コ 一 人 権 兵 衛 」 「 蕪 村 風 雅 」 を 「 俳 句 」 に 、 四 月 、 「 遠 く か ら 見 た ア ル べ ー ル ・ カ ミ こ を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 五 月 、 「 戦 中 遺 文 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 、 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 . に 発 表 。 六 十 三 歳 「 新 釈 古 事 記 ー 神 々 ー 」 を 筑 摩 書 房 版 「 古 典 日 本 文 学 全 集 」 第 一 巻 昭 和 三 十 七 年 ( 一 九 六 一 l) に 収 録 刊 行 。 六 月 、 「 夷 斎 饒 舌 」 を 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 七 月 、 「 喜 寿 五 月 、 「 自 転 車 と カ ボ チ ャ と 」 を 「 中 野 重 治 全 集 」 ( 筑 摩 書 房 刊 ) 第 童 女 」 を 「 小 説 中 央 公 論 」 に 発 表 。 八 月 、 「 寄 酒 祝 」 を 吉 川 幸 次 郎 十 巻 月 報 に 寄 稿 。 五 月 よ り 十 月 ま で 、 「 レ ス ・ ノ ン ・ ヴ ェ ル ・ ハ と 「 知 非 集 」 付 録 に 寄 稿 。 九 月 、 「 政 治 に つ い て の 架 空 演 舌 」 を 「 新 題 し て 、 「 車 」 「 禅 」 「 道 具 」 「 居 所 」 「 型 」 「 ア メ リ カ 村 」 の 六 篇 を に 発 表 、 「 新 釈 雨 月 物 語 」 「 新 釈 春 雨 物 語 」 を 筑 摩 書 房 版 「 古 典 「 世 界 ー に 連 載 。 七 月 、 芥 川 賞 選 考 委 員 と な る 。 六 十 四 歳 日 本 文 学 全 集 」 第 二 十 八 巻 に 収 録 刊 行 、 巻 末 に 「 秋 成 私 論 」 の ほ か 昭 和 三 十 八 年 ( 一 九 六 三 ) 「 樊 噌 下 の 部 分 に つ い て 」 を 併 載 。 十 月 、 「 死 後 の 花 嫁 」 を 「 小 説 中 一 月 、 「 金 鶏 」 を 「 世 界 」 に 発 表 。 同 月 、 「 荒 魂 」 を 「 新 潮 ー に 連 載 央 公 論 」 に 、 十 一 一 月 、 「 ば け の 皮 ー を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 し は じ め る 。 十 六 回 に て 三 十 九 年 五 月 完 結 。 三 月 、 「 夷 斎 遊 戯 」 を 昭 和 三 十 六 年 ( 一 九 六 一 ) 六 十 二 歳 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 、 渋 谷 区 代 々 木 上 原 に 転 居 。 八 月 、 「 わ が 万 太 郎 」

現代日本の文学 18 石川 淳 集


石 川 淳 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 00 注 解 澁 澤 龍 彦 四 六 五 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 森 一 義 作 品 校 正 会 田 紀 雄 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 藤 本 和 延 紅 野 敏 郎 風 間 益 人 井 澤 義 雄 四 五 七 四 哭 四 会

現代日本の文学 18 石川 淳 集


三 十 九 歳 い 」 「 タ ル チ ュ フ 」 「 小 人 愛 銭 」 訳 を 逐 次 刊 行 。 八 月 、 「 偶 感 」 を 「 作 昭 和 十 三 年 ( 一 九 三 八 ) 品 」 に 、 十 月 、 カ ミ イ = ・ モ オ ク レ = ル 「 ラ ル メ の 美 学 」 訳 を 一 月 、 「 ル ス の 歌 、 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 こ の 作 品 の 反 軍 国 調 に 「 新 詩 論 」 第 三 輯 に 、 十 一 月 、 「 「 背 徳 者 」 訳 文 の 脱 字 」 を 「 作 品 」 よ っ て 、 同 誌 は 発 禁 処 分 に あ っ た 。 五 月 、 「 曾 呂 利 咄 」 を 「 文 芸 汎 に 、 十 二 月 、 ジ イ ド 「 マ ッ ク ス ・ ス テ ィ ル ネ ル と 個 人 主 義 , 訳 お よ 論 」 に 発 表 。 四 十 歳 び ジ イ ド 「 ニ イ チ ェ 」 訳 を 「 思 想 と 随 想 」 ( 小 山 書 店 刊 ) に 、 そ れ 昭 和 十 四 年 ( 一 九 三 九 ) ぞ れ 寄 稿 。 三 月 、 「 白 描 」 を 「 長 篇 文 庫 」 ( 三 笠 書 房 ) に 連 載 、 九 月 に 完 結 。 四 十 一 歳 昭 和 十 五 年 ( 一 九 四 〇 ) 昭 和 九 年 ( 一 九 三 四 ) 三 十 五 歳 二 月 、 「 ジ イ ド の 日 記 に つ い て 」 を 「 作 品 」 に 、 六 月 、 「 Nadja に ふ 三 月 、 「 短 篇 小 説 の 構 成 」 を 「 現 代 文 章 講 座 」 ( 三 笠 書 房 刊 ) 第 一 巻 れ て 」 を 「 作 品 」 に 、 七 月 、 「 モ ン テ ェ ニ 、 の 「 徳 」 に つ い て 」 を に 、 「 悪 文 の 継 力 」 を 同 巻 月 報 に 寄 稿 。 五 月 、 「 文 章 の 形 式 と 内 容 」 「 文 体 」 ( モ ン テ ー ニ ュ 研 究 号 ) に 、 十 二 月 、 「 年 齢 に つ い て 」 を 「 作 を 同 講 座 第 三 巻 に 寄 稿 。 六 月 、 「 白 描 」 を 三 笠 書 房 よ り 刊 行 。 四 十 一 一 歳 昭 和 十 六 年 ( 一 九 四 一 ) 品 」 に 寄 稿 。 昭 和 十 年 ( 一 九 三 五 ) 三 十 六 歳 三 月 、 「 渡 辺 崋 山 」 を 三 笠 書 房 よ り 刊 行 。 十 月 、 「 張 柏 端 。 を 「 文 五 月 、 小 説 処 女 作 「 佳 人 」 を 、 八 月 、 「 貧 窮 問 答 」 を 「 作 品 」 に 発 庫 」 に 、 十 一 月 、 「 外 と リ ル ケ 」 を 「 文 庫 」 に 発 表 。 十 二 月 、 「 森 表 。 十 月 、 「 葦 手 」 を 「 作 品 」 に 連 載 、 十 一 一 月 に 完 結 。 十 月 、 ラ ミ 外 」 を 三 笠 書 房 ( 現 代 叢 書 ) よ り 刊 行 。 四 十 三 歳 ュ ズ 「 悩 め る ジ ャ ン ・ リ ュ ッ ク 」 訳 ( 世 界 名 作 文 庫 ) を 春 陽 堂 よ り 昭 和 十 七 年 ( 一 九 四 一 D 刊 行 。 三 月 、 「 蓮 酒 」 を 「 文 庫 」 に 発 表 。 四 月 、 雅 川 滉 と の 対 談 「 森 外 ー そ の 代 表 作 に つ い て 」 を 「 新 潮 」 に 掲 載 。 五 月 、 「 祈 と 祝 詞 と 昭 和 十 一 年 ( 一 九 三 六 ) 三 十 七 歳 一 月 、 「 山 桜 」 を 「 文 芸 汎 論 ー に 、 四 月 、 「 秘 仏 」 を 「 作 品 」 に 発 散 文 , を 「 現 代 文 学 」 に 発 表 。 七 月 、 「 雪 の は て 」 を 「 文 学 界 」 に 、 表 。 五 月 、 「 牧 野 信 一 を 悼 む 」 を 「 作 品 」 に 寄 稿 。 六 月 、 「 普 賢 」 を 「 散 文 小 史 、 一 名 、 歴 史 小 説 は よ せ 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 、 現 代 語 訳 「 作 品 」 に 連 載 、 九 月 に 完 結 。 十 一 一 月 、 「 古 風 な 話 」 を 「 文 芸 懇 話 日 本 古 典 叢 書 「 秋 成 ・ 綾 足 集 」 を 小 学 館 よ り 刊 行 。 八 月 、 「 渡 辺 崋 会 」 ( 横 光 利 一 編 集 号 ) に 寄 稿 、 「 知 ら れ ざ る 季 節 ー を 「 作 品 」 に 発 山 」 ( 少 年 た ち の た め の ) を 三 省 堂 よ り 刊 行 。 九 月 、 「 文 学 大 概 」 を 小 学 館 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 「 善 隣 の 文 化 に つ い て 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 こ の 年 、 他 に 「 一 休 咄 」 を 「 文 芸 汎 論 」 に 発 表 。 昭 和 十 ニ 年 ( 一 九 三 七 ) 三 十 八 歳 表 。 十 一 一 月 、 小 説 集 「 山 桜 」 を 昭 南 書 房 よ り 刊 行 。 こ の 年 、 他 に 三 月 、 「 普 賢 」 を 版 画 荘 よ り 刊 行 。 「 普 賢 」 に よ り 第 四 回 芥 川 賞 を 受 「 鉄 拐 」 の 作 が あ る 。 四 十 四 歳 賞 。 受 賞 の 弁 「 感 銘 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 寄 稿 。 四 月 、 「 作 品 」 誌 の 昭 和 十 八 年 ( 一 九 四 三 ) 「 普 賢 」 受 賞 記 念 号 特 集 に 感 想 「 礼 義 ー を 寄 稿 。 六 月 、 「 千 羽 鶴 」 を 三 月 、 「 江 戸 人 の 発 想 法 に つ い て 」 を 「 思 想 」 に 、 コ 一 葉 亭 四 迷 ー を 「 近 代 日 本 文 学 研 究 ( 明 治 文 学 作 家 論 上 ) 」 ( 小 学 館 刊 ) に 発 表 。 九 「 若 草 」 に 、 十 月 、 「 履 霜 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。

現代日本の文学 18 石川 淳 集


月 、 「 岩 野 泡 鳴 」 を 「 近 代 日 本 文 学 研 究 ( 大 正 文 学 作 家 論 上 ) 」 ( 小 居 。 学 館 刊 ) に 発 表 。 昭 和 ニ 十 三 年 ( 一 九 四 八 ) 四 十 九 歳 昭 和 十 九 年 ( 一 九 四 四 ) 四 十 五 歳 一 月 、 小 説 集 「 佳 人 」 を 思 索 社 よ り 刊 行 。 一 一 月 、 「 変 化 雑 載 」 を 「 表 一 一 月 、 「 義 貞 記 」 を 桜 井 書 店 よ り 刊 行 。 四 月 、 「 岡 本 か の 子 」 を 「 近 現 . に 発 表 。 小 説 集 「 処 女 懐 胎 」 を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 三 月 、 「 昼 代 日 本 文 学 研 究 ( 昭 和 文 学 作 家 論 上 ) 」 ( 小 学 館 刊 ) に 発 表 。 八 月 、 霞 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 野 ざ ら し 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 四 月 、 世 「 歴 史 小 説 に つ い て 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 田 谷 区 北 沢 一 一 丁 目 に 転 居 。 五 月 、 小 説 集 「 無 尽 燈 」 を 文 藝 春 秋 新 社 よ 昭 和 ニ 十 年 ( 一 九 四 五 ) 四 十 六 歳 り 刊 行 。 六 月 、 「 雙 美 人 」 を 「 人 間 」 に 発 表 。 七 月 、 「 太 宰 治 昇 天 」 三 月 、 「 明 月 珠 」 を 「 三 田 文 学 」 の た め に 執 筆 し た が 、 空 襲 に よ り を 「 新 潮 」 に 寄 稿 。 九 月 、 「 最 後 の 晩 餐 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 、 同 誌 編 集 所 焼 失 し て 発 表 不 能 と な る ( 翌 一 一 十 一 年 発 表 ) 。 こ の こ ろ 「 石 川 淳 著 作 集 」 全 六 巻 を 全 国 書 房 よ り 刊 行 し は じ め る ( 四 巻 刊 行 麻 布 簟 笥 町 に 住 ん で い た が 、 五 月 、 空 襲 に よ っ て 被 災 、 船 橋 市 に 転 後 中 絶 ) 。 十 一 月 、 「 森 鷦 外 」 を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 居 。 以 来 一 一 年 あ ま り そ の 地 の 寓 居 に と ど ま る 。 昭 和 ニ 十 四 年 ( 一 九 四 九 ) 五 十 歳 昭 和 ニ 十 一 年 ( 一 九 四 六 ) 四 十 七 歳 一 月 、 「 か れ ら の 酒 杯 」 を 「 新 潮 」 に 連 載 ( 二 月 に 完 結 ) 、 「 華 厳 」 三 月 、 「 黄 金 伝 説 」 を 「 中 央 公 論 ー に 、 四 月 、 「 明 月 珠 」 を 「 三 田 文 を 「 表 現 」 に 連 載 ( 雑 誌 廃 刊 の た め 八 月 で 中 絶 ) 、 小 説 集 「 焼 跡 の 学 」 に 、 五 月 、 「 寒 露 ー を 「 新 潮 」 に 、 六 月 、 「 窮 菴 売 ト 」 を 「 太 イ エ ス 」 ( 新 潮 文 庫 ) を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 三 月 、 「 懸 想 文 売 」 を 「 作 平 」 に 、 七 月 、 「 無 尽 燈 ー を 「 文 藝 春 秋 」 に 、 十 月 、 「 焼 跡 の イ エ 品 」 に 、 五 月 、 「 藤 衣 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 ー に 、 同 月 、 「 い 堯 舜 」 ス 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 十 一 月 、 小 説 集 「 黄 金 伝 説 」 を 中 央 公 論 よ を 「 別 冊 読 物 時 事 」 に 、 六 月 、 「 い 李 白 ー を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 り 刊 行 。 十 一 一 月 、 「 普 賢 」 ( 昭 和 名 作 選 集 ) を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 「 燃 七 月 、 小 説 集 「 最 後 の 晩 餐 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 同 月 、 港 区 芝 高 輪 え る 棘 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 南 町 に 転 居 。 八 月 、 「 善 財 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 十 一 月 、 「 夷 斎 雑 昭 和 ニ 十 ニ 年 ( 一 九 四 七 ) 四 十 八 歳 談 」 ( 談 話 筆 記 ) を 「 近 代 文 学 」 に 掲 載 、 「 片 し ぐ れ 」 を 「 文 藝 春 一 月 、 「 か よ ひ 小 町 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 一 一 月 、 「 白 描 」 を 中 央 秋 ー に 発 表 。 公 論 社 よ り 刊 行 。 四 月 、 「 い す か の は し 」 を 「 人 間 」 に 、 六 月 、 「 雪 昭 和 ニ 十 五 年 ( 一 九 五 〇 ) 五 十 一 歳 譜 の イ ヴ 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 、 八 月 、 「 し の ぶ 恋 」 を 「 改 造 」 に 一 月 、 「 鳳 凰 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 、 「 野 守 鏡 」 を 「 群 像 」 に 、 発 表 。 同 月 、 「 文 学 大 概 」 ( 増 補 版 ) を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 九 月 、 「 錦 木 」 を 「 改 造 文 芸 」 に 発 表 。 三 月 、 「 影 ふ た っ ー を 「 文 学 界 」 年 「 外 に 関 す る 対 話 」 を 「 森 外 研 究 」 ( 長 谷 川 書 房 刊 ) に 寄 稿 。 同 に 、 四 月 、 「 夜 は 夜 も す が ら 」 を 「 群 象 」 に 、 五 月 、 「 南 枝 向 日 」 を 月 、 「 処 女 懷 胎 」 を 「 人 間 」 に 連 載 、 十 二 月 に 完 結 。 十 一 月 、 小 説 「 新 潮 」 に 、 「 滝 の う ぐ ひ す 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 同 月 、 集 「 か よ ひ 小 町 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 十 一 一 月 、 「 梅 , を 「 別 「 坂 口 安 吾 ・ 織 田 作 之 助 ・ 太 宰 治 ・ 石 川 淳 集 」 ( 現 代 日 本 小 説 大 系 ) 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 こ の 年 の 秋 よ り 、 世 田 谷 区 北 沢 一 丁 目 に 転 を 河 出 書 房 よ り 刊 行 。 六 月 、 「 い 和 唐 内 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 、