検索 - みる会図書館

全データから 213953件ヒットしました。

現代日本の文学 Ⅱ― 5 大佛 次郎 集


大 佛 次 郎 集

現代日本の文学 Ⅱ― 5 大佛 次郎 集


現 代 日 本 の 文 学 Ⅱ ー 5 全 10 巻 大 佛 次 郎 集 昭 和 51 年 1 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 3 月 10 日 6 版 発 行 著 者 大 佛 次 郎 発 行 者 古 岡 滉 発 行 所 齢 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 郵 便 番 号 145 振 替 東 京 8 -142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 株 式 会 社 恒 陽 社 印 刷 所 株 式 会 社 美 術 版 画 社 信 毎 書 籍 印 刷 休 式 会 社 製 本 加 藤 製 本 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ・ ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 720 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 ◎ 1976 Masako Nojiri 本 書 内 容 の 無 164 675 ー 1002 Printed in Japan 断 複 写 を 禁 す ISBN4 ー 05 ー 050629 ー 7

現代日本の文学 Ⅱ― 5 大佛 次郎 集


現 代 日 本 の 文 学 大 佛 次 集 北 尾 奥 足 川 井 伊 崎 野 立 集 端 上 藤 修 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 聖 夫 樹 男 夫 成 靖 整 学 習 研 究 社

現代日本の文学 Ⅱ― 5 大佛 次郎 集


392 ク シ ョ ン 全 集 』 ( 全 五 巻 ) を 朝 日 新 聞 社 、 六 月 『 天 皇 の 世 紀 七 ( 大 政 の 大 作 で あ る 。 四 月 三 十 日 午 後 一 一 時 七 分 、 転 移 性 肝 が ん の た め 、 か ね て 入 院 治 療 中 の 藜 都 中 央 区 築 地 の 国 立 が ん セ ン タ ー に て 死 去 、 奉 遠 ) 』 、 十 一 月 『 天 皇 の 世 紀 八 ( 江 戸 攻 め ) 』 を 朝 日 新 聞 社 刊 。 七 十 五 歳 葬 儀 は 五 月 三 日 、 鎌 倉 市 扇 が 谷 の 寿 福 寺 に て 挙 行 さ れ た 。 墓 地 は 寿 昭 和 四 十 七 年 ( 一 九 七 一 1) 一 ・ 五 ~ 四 ・ 一 四 「 天 皇 の 世 紀 ・ 旅 」 、 四 ・ 一 七 ~ 七 ・ 一 一 「 天 皇 福 寺 に あ る 。 四 十 七 年 六 月 二 日 か ら 四 十 八 年 四 月 二 十 五 日 に わ た り ・ 二 一 第 三 回 休 載 ) 、 病 室 で 綴 っ た 「 つ き ぢ の 記 」 と 題 す る 病 床 日 記 の 一 部 が 六 月 十 八 ~ の 世 紀 ・ 武 士 の 城 」 、 ( 七 ・ 一 二 ~ 四 八 ・ 一 七 ・ 一 一 「 『 天 皇 の 世 紀 』 休 載 に あ た 0 て 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 発 表 。 十 九 日 「 朝 日 新 聞 」 に 発 表 さ れ た 。 五 月 『 大 佛 次 郎 集 』 ( 全 集 5 五 月 『 都 そ だ ち 』 を 毎 日 新 聞 社 、 十 月 ~ 四 十 八 年 七 月 『 大 佛 次 郎 自 を 集 英 社 、 十 一 一 月 『 冬 の 花 』 ( 愛 蔵 版 ) お よ び 『 冬 の 花 別 冊 大 佛 次 選 集 ・ 現 代 小 説 』 ( 全 十 巻 ) 、 十 月 『 天 皇 の 世 紀 九 ( 武 士 の 城 ) 』 を 郎 人 と 文 学 』 を 光 風 社 書 店 刊 。 こ の 年 、 多 年 の 業 績 を 記 念 し て 、 新 潮 日 本 5 ) を 新 潮 社 刊 。 こ の 年 大 佛 次 郎 文 学 賞 が 設 定 さ れ た 。 朝 日 新 聞 社 、 十 一 月 『 大 佛 次 郎 集 』 ( 文 学 全 集 2 十 一 月 二 十 三 日 か ら 十 二 月 四 日 に か け て 横 浜 伊 勢 佐 木 町 、 有 隣 堂 書 昭 和 四 十 九 年 ( 一 九 七 四 ) 店 に て 「 大 佛 次 郎 ・ 人 と 作 品 展 」 を 開 催 。 一 月 ~ 十 一 一 月 『 大 佛 次 郎 随 筆 全 集 』 ( 全 三 冊 ) 、 七 月 『 天 皇 の 世 紀 十 昭 和 四 十 八 年 ( 一 九 七 一 一 l) ・ 一 三 ~ 四 ・ 二 五 「 天 皇 の 世 紀 ・ 金 城 自 壊 」 を 「 朝 日 新 聞 」 ( 週 ( 金 城 自 壊 ・ 総 索 引 ) 』 を 朝 日 新 聞 社 刊 。 昭 和 ・ 五 十 年 ( 一 九 七 五 ) 四 回 、 月 ~ 才 曜 日 ) 連 載 、 明 治 天 皇 生 誕 の 嘉 永 五 年 ( 一 八 五 三 ) か ら 起 筆 、 第 一 五 五 五 回 、 「 金 城 自 壊 」 の 章 ( 五 四 ) 、 奥 羽 越 列 藩 同 盟 三 月 ~ 『 大 佛 次 郎 時 代 小 説 全 集 』 ( 全 一 一 十 四 巻 ) を 朝 日 新 聞 社 よ り 現 と 薩 長 な ど 官 軍 と の 対 決 を 扱 0 た " 北 越 戦 争 。 の 叙 述 に て 、 作 者 病 在 刊 行 中 。 こ の 年 、 「 大 佛 次 郎 記 念 館 」 ( 仮 称 ) を 横 浜 市 中 区 日 本 大 気 の た め 中 断 せ ざ る を え な か 0 た こ の 畢 生 の 史 伝 は 、 膨 大 な 史 料 を 通 三 番 地 の 旧 英 国 領 事 館 に 開 設 す る こ と に 決 定 、 年 内 開 館 予 定 を め ざ し て 準 備 中 で あ る 。 「 大 佛 次 郎 記 念 館 」 に は 大 佛 次 郎 の 蔵 書 、 文 駆 使 、 引 用 し 解 釈 を 加 え 、 幕 府 、 倒 幕 側 双 方 の イ デ オ ロ ギ ー に 偏 す 化 勲 章 、 多 数 の 表 彰 状 、 愛 用 品 な ど が 収 め ら れ 、 閲 覧 に 供 せ ら れ る る こ と な く 、 庶 民 の 側 に も 視 点 を す え て 、 文 学 者 と し て の 独 自 の 史 観 に よ り 近 代 日 本 の 原 点 た る 明 治 維 新 を 捉 え 直 し 、 今 後 の 日 本 の 激 予 定 で あ る 。 動 期 に 対 応 す る こ と を 意 図 し て 執 筆 さ れ た も の で あ る 。 昭 和 四 十 年 * 博 文 館 刊 行 雑 誌 「 ポ ケ ッ ト 」 掲 載 作 品 に つ い て は 、 福 島 五 月 か ら 執 筆 準 備 を 開 始 、 は じ め の う ち は 一 回 分 の 執 筆 を 終 了 す る 行 一 「 大 佛 次 郎 年 望 日 誌 稿 」 ( 「 防 衛 大 学 校 紀 要 」 昭 ・ 3 の に 八 時 間 ~ 十 時 間 を 要 し 、 少 な く と も 五 時 間 を 必 要 と し た 。 膨 大 9 ) を 参 照 し た 。 な 史 料 を 読 み 、 そ の う え で 執 筆 、 そ の 原 稿 も 時 間 を お い て 三 度 く り か え し て 手 を 入 れ た 。 こ の 間 、 盟 に 物 し て 各 地 を 取 材 踏 査 し た 。 四 十 七 年 五 月 、 肝 臓 障 害 で 数 度 目 の 入 院 以 後 、 死 の 床 に て 執 念 の 執 筆 を 続 け 、 原 稿 用 紙 ( 四 百 字 詰 ) 枚 数 総 計 七 七 七 五 枚 に 達 す る 未 完

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 語 】 佛 教 に 歸 依 す る 佛 像 を 拜 む 奈 良 の 大 佛 佛 蘭 西 【 蘊 蓄 】 梵 語 「 ブ ッ ダ 」 の 音 譯 に 用 ゐ ら れ て 「 ほ と け 」 の 意 と な る 。 國 名 フ ラ ン ス の 音 譯 に も 用 ゐ ら れ る 。 常 用 漢 字 「 仏 」 は 「 佛 ー の 俗 字 と し て 昔 か ら 使 用 さ れ る 。 同 じ 旁 の 文 字 に 「 拂 ( 払 ) 」 「 沸 」 「 髴 ー な ど 。 お さ ら ぎ 北 條 氏 の 支 族 大 佛 氏 。 「 お さ ら ぎ 」 と 讀 む 。 近 代 の 作 家 に 大 佛 次 郎 が あ る 。 「 お さ ら ぎ 」 と は 不 思 議 な 讀 み だ が 、 蜀 山 人 大 田 南 畝 の 『 半 日 閑 話 』 に 關 聯 記 事 が あ る 。 そ れ き さ ら ぎ き さ ら ぎ に よ る と 、 一 條 兼 良 の 歌 に 「 歸 佛 や 」 と い ふ 句 が あ る 。 如 月 は 佛 陀 の 入 滅 の 月 だ か ら 歸 佛 の 字 を あ て る 。 「 さ ら ぎ 」 と は 「 新 木 」 で あ る 。 な せ 新 木 が 佛 か と い へ ば 、 ど ん な 木 で も 佛 體 に 作 れ ば 「 新 木 ー に な る か ら で あ る 、 と い ふ の で あ る 。 ホ ン ト か ど う か は 知 ら な い が 面 白 い 話 だ 。 【 例 文 】 和 辻 哲 郎 『 古 寺 巡 禮 』 十 三 章 大 正 八 年 【 音 】 ブ ッ フ ッ 佛 ( 仏 ) 【 訓 フ ラ ン ス 2 ー 7

現代日本の文学 Ⅱ― 5 大佛 次郎 集


並 日 = ニ ロ 一 四 ~ 四 一 一 ・ 二 ・ 一 〇 「 赤 屋 敷 の 女 」 を 「 週 刊 朝 日 」 に 連 載 。 十 月 一 ・ 五 「 未 知 の 友 に 」 を 「 朝 日 新 聞 版 」 、 一 ・ 『 石 の 言 葉 』 を 光 風 社 書 店 刊 。 十 一 月 に は 、 つ わ も の ど も の 夢 の 跡 「 天 皇 の 世 紀 ・ 義 兵 」 、 三 ・ 三 〇 ~ 六 ・ 二 八 「 天 皇 の 世 紀 ・ 京 都 」 、 を 訪 ね て 、 空 想 と 考 証 と の は ざ ま に 遊 び な が ら 義 経 を め ぐ る 人 物 た 六 ・ 二 九 ~ 一 〇 ・ 四 「 天 皇 の 世 紀 ・ 長 州 」 、 一 〇 ・ 五 ~ 一 一 ・ ち に 観 察 眼 を は た ら か せ た ロ マ ン チ ッ ク な 歴 史 紀 行 書 『 義 経 の 周 「 天 皇 の 世 紀 ・ 本 舞 台 」 、 一 一 ・ 二 五 ~ 一 二 ・ 二 四 「 天 皇 の 世 紀 ・ 囲 』 を 朝 日 新 聞 社 刊 。 奇 兵 隊 」 、 一 二 ・ 二 五 ~ 四 五 ・ 一 ・ 二 九 「 天 皇 の 世 紀 ・ 客 の 座 」 を 七 十 歳 「 朝 日 新 聞 」 に 連 載 。 二 月 『 天 皇 の 世 紀 一 ( 里 船 ) 』 、 三 月 『 天 皇 の 世 昭 和 四 十 ニ 年 ( 一 九 六 七 ) ~ 一 ・ 一 八 「 天 皇 の 世 紀 ・ 序 の 巻 」 、 一 ・ 一 九 ~ 二 ・ 一 一 「 天 紀 二 ( 大 獄 ) 』 、 八 月 『 天 皇 の 世 紀 三 ( 有 志 者 ) 』 を 朝 日 新 聞 社 、 十 皇 の 世 紀 ・ 外 の 風 」 、 二 ・ ~ 一 一 ・ 一 一 八 「 天 皇 の 世 紀 ・ 失 覚 」 、 三 一 一 月 ~ 四 十 六 年 四 月 『 大 佛 次 郎 時 代 小 説 自 選 集 』 ( 全 十 五 巻 ) を 読 ・ 三 一 「 天 皇 の 世 紀 ・ 黒 船 渡 来 」 、 四 ・ 一 ~ 五 ・ 四 「 天 皇 売 新 聞 社 刊 。 こ の 年 、 四 月 、 『 天 皇 の 世 紀 』 出 版 記 念 会 開 催 。 十 月 、 の 世 紀 ・ 野 火 」 、 六 ・ 一 三 ~ 八 ・ 二 四 「 天 皇 の 世 紀 ・ 地 熱 」 、 八 ・ 二 戯 曲 「 三 姉 妹 」 及 び 劇 作 活 動 に よ り 第 十 七 回 菊 池 寛 賞 受 賞 。 五 ~ 一 二 ・ 九 「 天 皇 の 世 紀 ・ 大 獄 」 、 一 二 ・ 一 〇 ~ 一 二 七 十 三 歳 ・ 三 一 「 天 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 〇 ) 皇 の 世 紀 ・ 反 動 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 連 載 。 三 月 『 タ 顔 小 路 』 を 毎 日 一 ・ 三 〇 ~ 四 ・ 二 一 「 天 皇 の 世 紀 ・ 逆 潮 」 、 四 ・ 二 三 ~ 七 ・ 三 「 天 新 聞 社 、 四 ~ 四 十 五 年 五 月 『 大 佛 次 郎 少 年 少 女 の た め の 作 品 集 』 皇 の 世 紀 ・ 瓦 解 一 路 」 、 五 ・ 八 「 日 本 の 郷 里 ー 太 宰 府 と 飛 鳥 に 迫 る ( 全 六 巻 ) を 講 談 社 、 四 月 『 道 化 師 』 を 光 風 社 、 六 月 『 赤 屋 敷 の 女 』 危 機 ー 」 、 七 ・ 四 ~ 八 ・ 二 九 「 天 皇 の 世 紀 ・ 新 ら し い 門 」 、 八 ・ 三 0 を 朝 日 新 聞 社 刊 。 こ の 年 、 一 月 か ら 十 一 一 月 に わ た り 「 三 姉 妹 」 ( 「 逢 ~ 一 〇 ・ 二 六 「 天 皇 の 世 紀 ・ 諸 家 往 来 」 、 一 〇 ・ 二 七 ~ 一 二 ・ 二 八 魔 の 辻 」 よ り ) を テ レ ピ に て 放 映 。 「 天 皇 の 世 紀 ・ 大 政 奉 還 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 連 載 。 一 月 『 天 皇 の 世 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) 七 十 一 歳 紀 四 ( 攘 夷 ) 』 を 朝 日 新 聞 社 、 一 一 月 『 鼠 小 僧 次 郎 吉 』 ( 都 作 全 集 2 ) を 一 ・ 四 ~ 一 ・ 三 〇 「 天 皇 の 世 紀 ・ 異 国 」 を 「 朝 日 新 聞 」 、 一 ・ 一 = 一 番 町 晝 房 、 五 月 『 大 佛 次 郎 ・ 獅 子 文 六 他 』 ( 虹 全 集 3 2 ) を 筑 摩 書 房 、 ・ 一 一 六 「 舞 台 再 訪 ・ 『 風 船 』 」 を 「 朝 日 八 月 『 天 皇 の 世 紀 五 ( 長 州 ) 』 朝 日 新 聞 社 、 十 月 『 今 日 の 雪 』 を 光 風 「 枯 野 」 を 「 東 新 聞 」 、 一 ・ 二 三 「 天 皇 の 世 紀 ・ 黒 い 風 」 、 三 ・ 二 四 ~ 五 社 書 店 、 十 二 月 『 天 皇 の 世 紀 六 ( 奇 兵 隊 ) 』 を 朝 日 新 聞 社 刊 。 新 聞 」 、 一 ・ ・ 一 四 「 天 皇 の 世 紀 ・ 有 志 者 」 、 ( 五 ・ 一 五 ~ 七 ・ 二 第 一 回 休 載 △ 国 昭 和 四 十 六 年 ( 一 九 七 一 ) 七 十 四 歳 ・ 一 六 「 天 皇 の 世 紀 ・ 新 政 」 、 二 ・ 一 七 ~ 五 ・ 二 七 「 天 立 が ん セ ン タ ー で 療 養 の た め > ) 、 七 ・ 三 ~ 八 ・ 二 九 「 天 皇 の 世 紀 ・ 一 ・ 四 ~ 一 一 ・ 一 一 「 天 皇 の 世 紀 ・ 攘 夷 」 を 「 朝 日 皇 の 世 紀 ・ 内 乱 」 、 五 ・ 二 八 ~ 八 ・ 一 〇 「 天 皇 の 世 紀 ・ 江 戸 攻 め J' 急 流 」 、 八 ・ 三 〇 ~ 四 四 ・ 一 新 聞 」 に 連 載 。 一 月 『 大 佛 次 郎 ・ 石 坂 洋 次 郎 』 驅 本 肪 ) を 文 藝 八 ・ 一 一 ~ 一 〇 ・ 一 一 「 天 皇 の 世 紀 ・ 新 政 の 府 」 、 ( 一 〇 ・ 一 一 一 ~ 四 年 日 本 文 4 ) を 集 英 社 、 七 月 『 大 佛 次 郎 集 』 七 ・ 一 ・ 四 第 二 回 休 載 ) 。 一 〇 ・ 一 四 「 『 天 皇 の 世 紀 』 休 載 に あ た 0 春 秋 、 四 月 『 大 佛 次 郎 集 』 ( 学 全 集 5 歴 史 文 1 て 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 発 表 。 三 月 『 大 佛 次 郎 ・ 岸 田 国 士 ・ 岩 田 豊 雄 』 ) を 人 物 往 来 社 刊 。 学 全 集 1 昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) 七 十 一 一 歳 ) を 筑 摩 書 房 、 五 月 ~ 四 十 七 年 一 月 『 大 佛 次 郎 ノ ン フ ィ

まっぷる 横浜 中華街・みなとみらい '15 (まっぷるマガジン)


み と み ら 0 漱 石 の 書 斎 を 再 現 。 実 際 に 愛 用 し て い た 文 机 や 火 鉢 も 展 示 ス パ ニ ッ シ ュ ス タ イ ル の 白 壁 の 館 紹 介 や ま て ひ や く し ゅ う い ち ば ん か ん 山 手 1 1 1 番 館 ① 当 時 の 洋 館 の 様 子 が 分 か る よ う に 、 館 内 に は 家 具 な ど も 配 す 3 連 ア ー チ の 玄 関 や 赤 い 瓦 屋 根 、 白 壁 な ど が - 特 徴 的 な ス パ ニ ッ シ ュ ス タ イ ル の 西 洋 館 。 べ ー リ ッ ク ・ ホ ー ル を 設 計 し た J. H. モ ー ガ ン の 代 表 作 と も 評 さ れ る 。 山 下 公 寧 関 内 罵 車 道 眄 p , 84 日 本 近 代 文 学 の 資 料 を 収 集 ・ 展 示 か な が わ き ん だ い ぶ ん が く か ん 神 奈 川 近 代 文 学 館 夏 目 漱 石 や 芥 川 龍 之 介 、 中 島 敦 、 川 端 康 成 な ど 、 神 奈 川 に ゆ か り の あ る 文 学 者 の 自 筆 原 稿 や ノ ー ト 、 初 版 本 な ど を 展 示 し て い る 。 日 本 近 代 文 学 の 関 係 資 料 を 集 め た 閲 覧 室 も あ り 、 見 ご た え 十 分 。 P35 羊 細 は → P. 84 英 国 総 領 事 公 邸 と し て 建 設 よ こ は ま し 横 浜 市 イ ギ リ ス 館 重 厚 感 あ る オ ー セ ン テ ィ ッ ク な 洋 館 。 シ ン プ ル な が ら も 気 品 あ る た た す ま い が 見 ご と 。 広 い 敷 地 と 建 物 規 模 か ら 、 東 ア ジ ア に あ る 領 事 公 邸 の な か で も 上 位 に 格 付 け さ れ て い た 。 045-622-6666 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 開 館 ) 、 展 示 替 え 期 間 襲 9 : 30 ~ 17 : ( 最 終 入 館 は 16 : 30 ) 目 展 覧 重 厚 な 石 造 り の 外 観 は 、 会 に よ リ 異 な る 所 横 浜 市 中 区 山 手 町 110 み な と み 異 国 情 緒 あ ふ れ る 山 手 の 雰 ら い 線 元 町 ・ 中 華 街 駅 6 番 出 口 か ら 徒 歩 10 分 2 な し 囲 気 に 溶 け 込 ん で い る 0 司 修 デ ザ イ ン の / オ リ ジ ナ ル し お り ( 5 枚 組 ) 280 円 14 -0945 詳 細 は → P. 84 O 建 物 の 随 所 に 、 公 邸 と し て 使 わ れ て い た 時 代 の 名 残 が 見 ら れ る ヒ ル サ イ ド ガ ー デ ン イ キ リ ス 山 地 区 . お で か け ガ イ ド 横 浜 駅 周 辺 哀 展 望 台 ス タ ジ オ ジ プ リ 「 コ ク リ コ 坂 か ら 」 記 念 「 展 望 広 場 識 大 佛 次 郎 記 念 館 地 区 ロ ー ズ ガ ー デ ン テ ィ ー ル ー ム 霧 笛 、 は を 山 手 1 1 1 番 館 フ ラ ン ス 山 地 区 霧 笛 橋 煉 瓦 井 戸 ぬ 構 愛 の 母 強 ー こ 、 一 ト 凵 簽 ー 横 浜 市 イ ギ ー ス 館 噴 水 広 横 浜 ・ 外 国 人 墓 地 あ か い く つ バ ス 停 元 町 公 園 周 辺 で お 食 事 & テ ィ ー タ イ ム ~ ヒ ル サ イ ド 山 手 開 港 時 代 に 、 ペ リ ー 艦 隊 の 水 兵 を ガ ー デ ン 仮 埋 葬 し た の が 始 ま り 。 併 設 の 資 ロ ー ズ テ ラ ス 料 館 で は 、 墓 地 の 歴 史 や 横 浜 近 代 大 佛 次 郎 記 念 館 に 併 設 す る カ フ ェ 。 店 横 浜 最 大 級 の ワ イ ン カ ー ブ を 備 え た 、 高 台 に あ る 、 港 の 見 え る 丘 公 園 に 隣 接 化 の 歴 史 を 紹 介 ( 月 曜 ※ 祝 日 の 内 に は 大 佛 が 愛 し た 猫 グ ッ ズ が 置 か イ タ リ ア ン の 「 テ ラ ツ ツ オ 」 ( → P86 ) と し た ホ テ ル 内 の フ ラ ン ス 料 理 店 。 メ ニ 場 合 は 翌 日 休 10 : 00 ~ 17 : 00 れ 、 ほ の ほ の と く つ ろ け る 雰 囲 気 。 紅 フ レ ン チ の 「 オ ー ト ル モ ン ド 」 の 2 店 が ュ ー は 、 贅 沢 な コ ー ス か ら 多 彩 な ア ラ 目 墓 地 募 金 公 開 時 は 志 納 ) 。 茶 は す べ て フ ォ シ ョ ン を 使 い 、 ゆ っ た 入 る レ ス ト ラ ン 。 南 仏 風 の ガ ー デ ン テ カ ル ト ま で 用 意 。 ラ ン チ の 予 算 は イ 045-622-13 ⅱ 原 則 入 場 り と 味 わ え る の が う れ し い 。 ラ ス と 、 眺 め の よ い 店 内 が 楽 し め る 。 1500 円 ~ 、 デ ィ ナ ー は 2500 円 ~ 不 可 ( 3 ~ 12 月 の 晴 天 の 土 ・ 日 曜 、 祝 045-622-3781 月 曜 ( 祝 日 の 場 045-623-5591 ( 全 館 共 通 ) 月 曜 イ 045-62 ト 9684 ( KKR ポ ー ト ヒ ル 横 日 は 12 : 00 ~ 16 : 00 入 場 可 ) 目 志 納 新 横 浜 市 中 区 山 手 町 96 み な と み 合 は 翌 日 休 、 臨 時 休 業 あ り ) 10 : 00 ~ ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 休 ) 1 1 : 30 ~ 1 5 : 00 浜 ) 無 休 1 1 : 00 ~ 21 : 00 く ラ ン チ ら い 線 元 町 ・ 中 華 街 駅 6 番 出 口 か ら 徒 L 0 1 4 : 3 0 、 デ ィ 1 8 : 00 く L017 : 3 の く L014 : 0 の 、 18 : 00 ~ 23 : 00 く L021 : 0 の 歩 8 分 2 な し 新 横 浜 市 中 区 山 新 横 浜 市 中 区 新 山 下 1 -7-21 み な と み ナ ー L 0 2 0 : 0 0 〉 朝 つ 四 付 録 ② p. 7 D-2 ら い 線 元 町 ・ 中 華 街 駅 5 番 出 口 か ら 徒 歩 3 横 浜 市 中 区 山 手 町 113 み 手 町 115 KKR ポ ー 分 215 台 町 ・ 中 華 街 駅 6 番 ト ヒ ル 横 浜 1 F 出 口 か ら 徒 歩 7 み な と み ら い 確 気 0 線 元 町 ・ 中 華 街 駅 認 な 結 し の 婚 6 番 出 口 か ら 徒 歩 0 創 業 か ら 変 わ ら 5 分 225 台 ぬ 味 の 「 生 チ ー ス 週 ケ ー キ 」 5 2 5 円 。 0 ラ イ ト ア ッ プ さ れ は し ド リ ン ク と セ ッ ト で 頼 た ペ イ ブ リ ッ ジ を 目 む と 315 円 約 も の 前 に 望 む 14 -12 万 148-1943 神 奈 川 近 代 文 学 館 ラ 邸 バ ル タ + ) 廴 を 広 場 横 山 人 公 ハ ビ リ オ 、 形 園 の 家 フ ラ ン ス ト イ レ 元 町 ・ 中 華 街 駅 石 川 町 駅 、 林 間 、 近 イ 一 学 館 地 区 7 山 手 口 一 ズ テ ラ ス 管 理 バ ル 橋 ロ 五 葉 デ ザ イ ン に よ る 漱 石 特 注 の 原 稿 用 紙 300 円 港 の 見 え る 丘 公 園 か ら ま 徒 歩 2 分 横 浜 外 国 人 墓 地 。 P81 舶 来 文 化 を 広 め た 外 国 人 に 思 い を は せ る 園 内 園 内 や 周 辺 に は 、 ひ と 休 み で き る レ ス ト ラ ン や カ フ , が 点 在 す る 。 い す れ も 山 手 の 雰 囲 気 に マ ッ チ し た 個 性 豊 か な 店 は か り 。 ン ぃ 大 佛 次 郎 夫 人 が 始 め た 喫 茶 室 洋 館 の オ ー プ ン ガ ー デ ン で リ ゾ ー ト 気 分 ) 店 内 か ら 望 む べ イ ブ リ ッ ジ に う っ と り や ま て ム ・ レ な 霧 四 5 付 録 ② P. 7 D-I 日 本 の 鉄 道 建 設 を 指 導 し た エ ド モ ン ド ・ モ レ ル な ど が 永 眠 し て い る 0

現代日本の文学 Ⅱ― 6 石坂 洋次郎 集


現 代 日 本 の 文 学 Ⅱ ー 6 全 10 巻 石 坂 洋 次 郎 集 昭 和 51 年 1 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 3 月 10 日 6 版 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 石 坂 洋 次 郎 古 岡 滉 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 郵 便 番 号 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 株 式 会 社 恒 陽 社 印 刷 所 株 式 会 社 美 術 版 画 社 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 720 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 ◎ 1976 Yojiro lshizaka 本 書 内 容 の 無 164 676 ー 1002 Printed in Japan 断 複 写 を 禁 す ISBN4 ー 05 ー 050630 ー 0

現代日本の文学 Ⅱ― 5 大佛 次郎 集


注 解 大 佛 次 郎 文 学 ア ル バ ム 評 伝 的 解 説 目 次 大 佛 次 郎 文 学 紀 行 歴 史 と 文 学 の あ い だ 郷 人 : ・ 義 経 の 周 囲 ・ : ス イ ッ チ ョ ね こ : 紅 野 敏 郎 三 六 八 磯 貝 勝 太 郎 三 七 八 三 九 三 利 根 川 裕 三 九 三 尾 崎 秀 樹 一 七 : 三 六 三

現代日本の文学 Ⅱ― 5 大佛 次郎 集


注 解 大 佛 次 郎 文 学 ア ル バ ム 評 伝 的 解 説 目 次 大 佛 次 郎 文 学 紀 行 歴 史 と 文 学 の あ い だ 郷 人 : ・ 義 経 の 周 囲 ・ : ス イ ッ チ ョ ね こ : 紅 野 敏 郎 三 六 八 磯 貝 勝 太 郎 三 七 八 三 九 三 利 根 川 裕 三 九 三 尾 崎 秀 樹 一 七 : 三 六 三