検索 - みる会図書館

全データから 213582件ヒットしました。

現代日本の文学 Ⅱ― 9 司馬 遼太郎 集


司 馬 遼 太 郎 集

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


文 春 文 庫 竜 馬 が ゆ く 司 馬 遼 太 郎 文 藝 春 秋

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)


文 春 文 庫 竜 馬 が ゆ く 司 馬 遼 太 郎 文 藝 春 秋

竜馬がゆく(二)


文 春 文 庫 竜 馬 が ゆ く 司 馬 遼 太 郎 文 藝 春 秋

現代日本の文学 Ⅱ― 9 司馬 遼太郎 集


国 益 り 梟 の 城 可 馬 違 太 郎 全 集 ー 上 方 風 士 道 風 神 の 門 可 馬 連 太 郎 全 集 「 ー 竜 馬 が ゆ く 一 司 物 太 郎 全 集 3 ~ 竜 が ゆ く = - 司 馬 太 郎 全 集 4 ~ 竜 馬 が ゆ く 三 司 馬 太 郎 全 集 燃 え よ 剣 司 馬 違 太 郎 集 6 新 選 組 直 風 録 司 馬 理 太 郎 全 集 7 幕 末 尻 談 え 孫 市 可 馬 遼 太 郎 全 集 8 功 名 が 辻 可 馬 大 郎 全 集 9 国 資 り 物 語 第 可 場 建 太 郎 全 集 2 国 資 り 物 語 司 馬 遼 太 郎 全 集 い 3 北 斗 の 人 同 馬 太 郎 全 集 に 宮 本 武 蔵 俄 単 避 伝 同 馬 達 太 郎 全 集 い 司 馬 建 太 郎 全 集 ー ノ / 関 ヶ 原 一 4 馬 連 太 郎 全 集 い 豊 臣 家 の 人 々 十 一 番 目 の 志 亠 亠 司 馬 太 郎 全 集 燔 新 史 太 闇 記 司 馬 理 太 郎 全 集 に : " ' グ 夏 草 の 駅 司 馬 太 郎 全 集 一 第 戦 雲 の 夢 可 馬 達 太 郎 全 集 可 馬 遼 太 郎 全 集 加 最 後 の 将 市 当 第 を 第 引 物 生 れ の 「 故 老 と ) 「 戦 車 と い う 物 体 を 通 し て 」 「 昭 和 前 期 の 日 本 と い う 国 家 が ど う い う も の で あ っ た か 」 を 考 え た 司 馬 の エ ま こ と に セ イ は 、 本 質 上 、 彼 の 小 説 と 区 別 で き な い 。 こ の 作 家 は 、 小 説 形 式 と エ ッ セ イ 形 式 と で 同 一 の こ と を 書 い て い る 。 稀 有 の 作 家 、 物 書 き と い う べ き で あ る 。 本 巻 に お さ め ら れ た 『 妖 怪 』 『 浪 人 』 『 お お 、 大 砲 』 に つ い て 、 こ れ ま で 何 一 つ ふ れ て こ な か っ た よ う に 、 読 者 は と る か も し れ な い 。 わ た し は 解 説 を 書 く の が 巧 み で な い し 、 ま た 好 ま な い の だ が 、 以 下 な る べ く 解 説 的 に 、 こ れ ま で の 叙 述 が 収 録 三 作 の 解 説 で あ る と 信 じ て い る 、 い づ も り を 記 し て お こ う 。 こ の 一 文 は 、 「 街 た け の う ち 道 を ゆ く 』 の 竹 内 、 「 花 神 』 、 戦 車 も の と い う 三 部 を 記 し て き た 。 「 妖 怪 』 は 、 「 読 売 新 聞 」 に 昭 和 四 十 一 一 年 六 月 一 一 十 一 日 か ら 四 十 三 年 四 月 二 十 七 日 ま で 連 載 さ れ た 。 司 馬 自 身 「 「 妖 怪 』 を 終 え て 」 で つ ぎ の よ う に 書 い て い る お ん り 、 ・ 異 霊 、 妖 怪 、 怨 霊 、 下 等 の 神 々 の 存 在 が 信 し ら れ て い た の は 室 町 時 代 ま で で あ ろ う 。 と い う よ り 室 町 時 代 か ら そ う い う も の へ の 信 仰 的 実 在 感 が 薄 れ 、 合 464

現代日本の文学 Ⅱ― 9 司馬 遼太郎 集


現 代 日 本 の 文 学 司 馬 遼 太 第 集 北 尾 奧 足 川 井 伊 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 聖 夫 樹 男 夫 成 靖 整 学 習 研 究 社

竜馬がゆく(二)


文 春 文 庫 司 馬 遼 太 郎 の 本 ( ) 内 は 解 説 者 司 馬 遼 太 郎 明 治 新 政 府 に は そ の 発 足 時 か ら さ ま ざ ま な 危 機 が 内 在 外 在 し て い た 。 征 韓 論 か ら 西 南 戦 争 に 至 る ま で の 日 本 を ダ イ ナ ミ ッ ク に 翔 ぶ が 如 く ( 全 + 冊 ) 捉 え た 大 長 篇 小 説 。 Z 大 河 ド ラ マ 原 作 。 ( 平 川 祐 弘 ) し 司 馬 遼 太 郎 オ ー ス ト ラ リ ア 北 端 の 木 曜 島 で 、 明 治 初 期 か ら 白 蝶 貝 採 集 に 従 事 す る 日 本 人 ダ イ ・ ハ ー た ち が い た 。 彼 ら の 哀 歓 を 描 い た 表 題 作 木 曜 島 の 夜 会 他 「 有 隣 は 亜 ル に て 」 「 大 楽 源 太 郎 の 生 死 」 「 小 室 某 覚 書 」 収 録 。 し 司 馬 遼 太 郎 日 本 人 を つ ら ぬ く 原 理 と は 何 か 。 千 数 百 年 に お よ ぶ わ が 国 の 内 政 ・ 外 交 を ふ ま え な が ら 、 三 人 の 識 者 、 萩 原 延 壽 、 山 崎 正 和 、 歴 史 を 考 え る 司 馬 遼 太 郎 対 談 集 綱 淵 遵 疑 各 氏 と と も に 、 日 本 の 未 来 を 模 索 し 推 理 す る 対 談 集 。 司 馬 遼 太 郎 ・ 陳 舜 臣 日 本 と 密 接 な 関 係 を 保 ち つ づ け て き た 中 国 を 的 確 に 理 解 し て い る だ ろ う か 。 両 国 の 歴 史 に 罷 の 深 い 両 大 家 が 、 長 い 過 去 を ふ 対 談 中 国 を 考 え る ま え な が ら 思 索 し た 滋 味 あ ふ れ る 中 国 論 。 司 馬 遼 太 郎 日 本 と ロ シ ア が 出 合 っ て か ら 一 一 百 年 ば か り 、 こ の 間 不 幸 な 誤 解 ロ シ ア に つ い て 北 方 の 原 形 を 積 み 重 ね た 。 ロ シ ア に つ い て 深 い 関 心 を 持 ち 続 け て き た 著 者 が 、 歴 史 を 踏 ま え て 、 未 来 を 模 索 し た 秀 逸 な ロ シ ア 論 。 司 馬 遼 太 郎 私 の 書 斎 に は 友 人 た ち が い つ ば い い る ー ー ー 史 料 の 中 か ら 数 々 の 人 物 を 現 代 に 甦 ら せ た ベ ス ト セ ラ ー 作 家 が 、 独 自 の 史 観 と 発 想 手 掘 り 日 本 史 の 核 心 に つ い て 語 り 下 ろ し た 白 眉 の エ ッ セ イ 。 ( 江 藤 文 夫 ) し し 一 1 ー 50 し 一 1 ー 58

現代日本の文学 Ⅱ― 9 司馬 遼太郎 集


解 司 馬 遼 太 郎 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 目 次 司 馬 遼 太 郎 文 学 紀 行 『 妖 怪 』 を 浮 游 す る 妖 お お 、 大 砲 美 濃 浪 人 00 紅 野 敏 郎 四 一 一 九 当 五 山 田 宗 睦 噐 一 足 立 巻 一 一 七 三 七 四 四 0 三

現代日本の文学 Ⅱ― 9 司馬 遼太郎 集


解 司 馬 遼 太 郎 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 目 次 司 馬 遼 太 郎 文 学 紀 行 『 妖 怪 』 を 浮 游 す る 妖 お お 、 大 砲 美 濃 浪 人 00 紅 野 敏 郎 四 一 一 九 当 五 山 田 宗 睦 噐 一 足 立 巻 一 一 七 三 七 四 四 0 三

図書 2016年7月


後 全 8 巻 く 内 容 案 内 進 呈 〉 新 刊 案 内 に 表 示 し た 発 売 日 は 小 社 出 庫 日 で す 7-2016 〈 内 容 案 内 進 呈 〉 ◆ 発 見 し 、 省 察 し 、 未 来 に 問 い か け る 互 い の こ と ば 一 【 既 刊 本 体 各 4200 円 頁 他 の 2 3 そ 学 文 膨 張 の 野 望 国 18 9 4 ー 19. っ 14 ・ 刀 〔 編 集 〕 張 競 ・ 村 田 雄 ニ 郎 〔 編 集 協 2 飯 塚 容 ・ 及 川 淳 子 ・ 王 雪 萍 ・ 小 野 寺 史 郎 ・ 篠 崎 美 生 子 ・ 鈴 木 将 久 外 製 上 2 敵 か 友 か 判 19. っ 1 ー 19.3-0 第 5 回 5 3 9 7 2 ー < 8 蜜 月 と 軋 み 3 侮 中 と 抗 日 剳 円 5 0 花 図 売 国 交 回 復 を 経 て 蜜 月 を む か え た 日 中 関 係 は 、 歴 史 認 識 を め ぐ る 軋 轢 に よ り 暗 転 し 1937 ・ 1944 第 0 2 般 発 ・ 2 圓 一 た 。 世 界 が 多 極 化 し 中 国 が 大 国 化 す る な か で 作 家 た ち は 未 来 に 何 を 託 し た の か 。 0 断 ~ 父 と 連 帯 純 劇 19.4-0 ー 19. 1 司 馬 遼 太 郎 、 山 崎 豊 子 、 余 華 、 辺 見 庸 、 閻 連 科 、 張 承 志 ら の 作 品 を 通 し て 見 る 。 咥 本 叨 国 ・ ◆ 現 代 に 活 か す 思 想 資 源 を 探 訪 す る 名 作 読 本 ー 既 二 刊 本 体 4800 円 0 平 和 国 家 の 2 5 ア イ デ ン 一 一 3 史 歴 3 民 主 主 義 と 市 民 社 会 〔 編 集 委 酒 井 哲 哉 ・ 金 森 修 ・ 塚 原 東 吾 ・ 宇 野 重 規 ・ 鶴 見 太 郎 ・ 苅 部 直 ・ 井 上 順 孝 ・ 中 島 岳 志 ・ 西 部 忠 0 日 常 か ら の 挑 戦 上 当 ・ 2 [ 6 「 藝 術 」 と 5 3 「 ア ー ト 」 の あ い だ < 8 館 鬮 科 学 技 術 を め ぐ る 抗 争 6 社 会 の 変 容 と 宗 教 の 諸 相 明 金 森 修 ・ 塚 原 東 吾 編 圧 倒 的 な 力 で 人 間 0 生 を 変 革 し て き た 科 学 技 術 を 、 戦 後 日 本 社 会 2 現 袋 0 反 逆 と し 保 守 → 醗 は ど の よ う に 受 け 止 め て き た の か 。 原 爆 の 衝 撃 か ら 歩 み を は じ め た 科 学 と 平 和 ・ 進 歩 と の 経 済 か ら み た 2 体 本 引 、 ・ 共 存 関 係 が 崩 壊 し て い く 過 程 を た ど り な が ら 、 〈 3 ・ Ⅱ 〉 後 の 科 学 思 想 の 行 く 末 を 模 索 す る 。 国 家 と 社 会 日 中 の 脚 年 文 芸 ・ 評 論 作 品 選 3 、 ・ ■ -6