検索 - みる会図書館

検索対象: 群像 2017年 1月号

群像 2017年 1月号から 360件ヒットしました。

群像 2017年 1月号


へ ス ト & ロ ン ク セ ラ ー 第 懸 回 泉 鏡 花 賞 受 賞 ! 人 類 の 未 来 を 静 か に 見 通 す 新 し い 神 話 大 き な 鳥 に さ ら わ れ な い よ う 遙 か 遠 い 未 来 、 人 々 は 小 さ な 集 団 に 分 か れ 、 密 や か に 暮 ら し て い た 。 生 き な が ら え る た め に 、 川 上 弘 美 あ る 祈 り を 胸 に 秘 め ー 。 傑 作 長 篇 小 説 ! 第 回 毎 日 出 版 文 化 賞 受 賞 ! 戦 後 間 年 に 放 っ 野 心 作 虚 人 の 星 7 つ の 人 格 を も つ 一 一 重 ス パ イ と 、 血 筋 だ け が 取 り 柄 の 三 代 目 首 相 。 交 互 に 明 か さ れ る 諜 報 と 政 権 の 秘 密 。 島 田 雅 彦 一 一 人 が 交 差 す る 時 、 日 本 の 命 運 が 決 ま る 。 ひ ん し ゆ く 第 回 川 端 賞 受 賞 ! 最 高 の 顰 蹙 を あ な た に 珠 玉 の 短 編 ク 珠 玉 に 取 り 憑 か れ た 作 家 の 苦 悩 を 描 く 「 珠 玉 の 短 編 」 、 川 端 康 成 文 学 賞 受 賞 作 「 生 鮮 て る て る 坊 主 」 な ど 山 田 詠 美 Ⅱ 編 の ク 絶 品 ク を ご 堪 能 あ れ 。 川 上 弘 美 大 き な 鳥 に さ ら わ れ 川 宀 ・ 弘 基 天 山 田 詠 美 ・ 1 , 500 円 978-4-06-220124-7 ・ 1 , 500 円 978-4-06-219965-0 ・ 1 , 600 円 978-4-06-219743-4 336

群像 2017年 1月号


し か し ど こ と な く 頽 れ た 肢 体 の や る せ な さ に 寄 り そ う よ う に 築 き あ げ る 泉 鏡 花 の 魔 術 的 文 章 の な せ る わ ざ で し た 。 く り 広 げ ら れ る 文 章 の 快 い 呪 縛 力 。 そ し て 、 雨 の 停 車 場 の 暮 一 気 に 別 世 界 へ 私 を 引 き す り こ ん だ 冒 頭 を 引 い て み ま す 。 れ な ず む 幕 間 を 挟 み 、 そ こ か ら さ ら に 一 転 し て 、 花 々 の 咲 き は じ め 、 目 に 着 い た の は ー ー ち と 申 兼 ね る が 、 と 乱 れ る 、 滴 る よ う な 水 と ふ く れ あ が る 気 を は ら ん だ 春 の 景 色 の 美 し さ 。 と こ ろ が 、 こ の 花 咲 く 春 の 狂 お し い ま で の 美 し さ 、 緋 縮 緬 で あ っ た 。 そ の 燃 立 つ よ う な の に 、 朱 で は 、 ど う も 語 り 手 の 想 像 が 織 り な し た 情 景 で あ り 、 こ と ご と 処 々 ば か し の 入 っ た 長 襦 袢 で 。 女 は 裙 を 端 折 っ て い た の く 女 の 長 襦 袢 の 赤 を 表 現 す る た め の 隠 喩 に す ぎ な い よ う に 思 で は な い 。 褄 を 高 々 と 掲 げ て 、 膝 で 挟 ん だ あ た り か ら 、 わ れ ま す 。 紅 が し っ と り 垂 れ て 、 白 い 足 く び を 絡 っ た が 、 ど う や ら 濡 し よ び れ た 不 気 味 さ に 、 そ う し て 引 上 げ た も の ら し こ の 一 節 を 何 度 も く り 返 し 読 み 、 味 わ い 、 陶 酔 し た あ と 素 足 に 染 ま っ て 、 そ の 紅 い の が 映 り そ う な の に 、 藤 で 、 こ れ が す べ て 一 一 = ロ 葉 の み に よ っ て 虚 空 に 作 り あ げ ら れ た イ メ ー ジ で し か な い こ と を 確 認 し 、 私 は ゆ く り な く も 、 む か し 色 の 緒 の 重 い 厚 ば っ た い 駒 下 駄 、 泥 ま み れ な の を 、 弱 々 と 内 輪 に 揃 え て 、 股 を 一 つ 捩 っ た 姿 で 、 降 し き る 雨 の 待 読 ん だ フ ロ べ ー ル の 、 「 な ん の 支 え も な く 宙 に 浮 か ぶ 地 球 の よ う に 、 外 と の つ な が り を も た ず 、 文 体 の 内 的 な 力 だ け で 自 合 所 の 片 隅 に 、 腰 を 掛 け て い た の で あ る 。 日 永 の 頃 ゆ え 、 ま だ 暮 か か る ま で も な い が 、 や が て 五 然 に 浮 か び あ が る よ う な 」 文 章 の 世 界 が こ こ に あ る の で は な い か 、 と 田 5 い ま し た 。 時 も 過 ぎ た 。 場 所 は 院 線 電 車 の 万 世 橋 の 停 車 場 の 、 あ の そ し て 、 に わ か に 、 な ん の 支 え も な い 自 分 の 心 を 鏡 花 の 言 高 い 待 合 所 で あ っ た 。 語 柳 は ほ ん の り と 萌 え 、 花 は ふ つ く り と 莟 ん だ 、 昨 日 今 葉 の 魔 術 が 支 え て く れ る よ う な 気 が し て 、 ほ と ん ど 足 を 踏 み 本 い れ な く な っ て い た 大 学 の 図 書 館 に 行 き 、 岩 波 の 旧 字 ・ 旧 か 日 、 緑 、 紅 、 霞 の 紫 、 春 の ま さ に 闌 な ら ん と す る 気 を 籠 な ・ 総 ル ビ の 『 鏡 花 全 集 』 を 借 り だ し ま し た 。 手 探 り で 『 春 美 め て 、 色 の 濃 く 、 カ の 強 い ほ ど 、 五 月 雨 か 何 ぞ の よ う な 昼 』 『 草 迷 宮 』 『 風 流 線 』 と い っ た 小 説 を 読 み す す め 、 そ の 魅 る 雨 の 灰 汁 に 包 ま れ て は 、 景 色 も 人 も 、 神 田 川 の 小 舟 さ え え 、 皆 黒 い 中 に 、 紅 梅 と も 、 緋 桃 と も 一 言 う ま い 、 横 し ぶ 力 に は ま り こ み 、 そ れ ら の 文 章 を ノ ー ト に 書 き 写 し ま し た 。 考 き に 、 血 の 滴 る ご と き 紅 木 瓜 の 、 濡 れ つ つ ば っ と 咲 い た そ ん な こ と を し た の は 、 生 ま れ て 初 め て で し た 。 美 と い う 観 風 情 は 、 見 向 う も の の 、 面 の ほ て る ば か り 目 覚 ま し い 念 を 具 体 的 な 体 験 に 変 え る 言 葉 の 魔 力 を 考 え る と き 、 い ま で 五 も 私 は 鏡 花 の 小 説 に 読 み ふ け っ た 、 言 葉 以 外 に よ る べ の な 、 あ の ひ と 夏 を 思 い だ さ ず に は い ら れ ま せ ん 。 白 い 足 に 絡 む 布 の 緋 色 の 点 描 に 始 ま っ て 、 女 の 官 能 的 な 、 美 し い 日 本 語

群像 2017年 1月号


こ の 文 一 言 通 り の 一 個 の 具 体 例 を 提 供 す る 、 と い う の は 、 編 集 部 が 、 恐 ら く 期 せ ず し て 作 っ て し ま っ た 、 興 味 深 い パ ラ ド ク ス で あ る 。 も し こ の 企 画 が 、 「 美 し い 表 現 」 や 「 美 し い 文 体 」 に つ い て の ア ン ケ ー ト で あ り 、 集 ま っ た 断 片 群 に 、 結 果 と し て 「 美 し い 日 本 語 」 と い う タ イ ト ル を つ け る の で あ れ ば ー ー - ・ 趣 味 の 善 し 悪 し は と も か く ー ー ー 難 し く は な い 。 ま た 、 個 々 の 回 答 者 に 複 数 の 例 示 を 求 め る 場 合 も 同 様 で あ る 。 実 の と こ ろ 、 そ も そ も 文 芸 誌 は 、 毎 月 そ の 類 の こ と を し て い る の か も し れ な い 。 そ っ ち 系 の 雑 誌 な ら い ざ 知 ら ず 、 他 な ら ぬ 文 芸 誌 で 「 美 し 「 美 し い 日 本 語 」 と い う よ り 、 「 日 本 語 」 そ の も の だ ろ う が 。 い 日 本 語 」 が テ ー マ と な る の だ か ら 、 当 然 そ れ は 括 弧 付 き の し か し 、 「 美 し い 日 本 語 」 を 一 つ 例 示 す る と い う の は 、 原 理 的 に 不 可 能 で は あ る ま い か ? 話 で 、 編 集 部 の 狙 い は 、 み つ と も な い 自 国 礼 讃 プ ー ム に 、 こ , つ い , っ こ と を 何 と 一 一 一 一 口 , っ れ ぞ 文 学 者 の 選 ん だ 「 美 し い 日 本 語 」 だ 、 と カ ウ ン タ ー を 示 の だ ろ う ? 例 え ば 、 神 は 「 5 で な い 」 と い う 否 定 性 を 以 て す こ と な の か 、 そ れ と も 、 そ の 意 味 自 体 を 考 え よ 、 と い う こ し か 表 現 で き な い と い う の が 、 否 定 神 学 で あ る 。 そ し て 、 そ と な の か 。 の 否 定 的 一 一 一 一 口 辞 は 必 然 的 に 複 数 で あ る 。 他 方 、 こ の 企 画 で 明 ら 「 美 し い 表 現 」 で も 「 美 し い 文 体 」 で も な い 。 そ れ ら は 固 よ か な こ と は 、 「 美 し い 日 本 語 」 と は 、 2 以 上 の 個 の 複 数 的 り 多 様 で あ り 、 だ か ら こ そ 、 そ の 前 提 で 何 か 一 つ を 選 ん で み 例 示 し か あ り 得 な い と い う こ と で あ る 。 る こ と が 出 来 る 。 し か し 、 そ れ が 日 本 語 で 書 か れ て い る か ら 思 う に 、 「 美 し い 日 本 語 」 が 単 数 的 で あ る の を 嫌 う の は 、 と 言 っ て 、 即 ち 「 美 し い 日 本 語 」 と 呼 べ る の だ ろ う か ? そ れ が 帯 び て し ま う 規 範 性 の 故 だ ろ う 。 日 本 語 自 体 の 内 的 複 例 え ば 、 泉 鏡 花 の 小 説 は 美 し い し か し 、 『 歌 行 燈 』 や 数 性 も 、 「 文 体 」 や 「 表 現 」 同 様 に 、 自 明 の こ と じ ゃ な い か と 反 論 さ れ る か も し れ な い 。 『 高 野 聖 』 の 一 部 を 引 用 し て 、 こ れ は 「 美 し い 日 本 語 」 だ 、 し か し 、 冒 頭 の 状 況 論 に 立 ち 返 る な ら ば 、 今 こ う し た 企 画 が 持 ち 上 が る 意 味 は 、 そ れ が 必 ず と す る こ と に は 何 と な く 違 和 感 が あ る 。 恐 ら く そ の 困 難 は 、 し も 自 明 と は 了 解 さ れ て い な い か ら こ そ で は あ る 。 こ れ が 、 「 美 し い 日 本 語 」 を 例 示 す る と い う 行 為 に あ る の だ ろ う 。 雑 誌 と し て は 、 ア ン ケ ー ト 結 果 の 複 数 性 を 以 て 、 そ れ を 克 「 美 し い 日 本 人 」 を 一 人 挙 げ よ 、 と い う 問 い だ っ た な ら ば 、 ど う た ろ う か ? 服 す る は ず で あ る 。 し か し 、 そ の た め に 、 個 々 の 回 答 者 が 、 森 外 「 鶏 」 「 美 し い 日 本 語 」 と は 何 な の か ? 平 野 啓 一 郎 美 し い 日 本 語 218

群像 2017年 1月号


す せ で わ —l)ouble 6 0 と 嗤 う エ 1 ス 参 勤 百 万 石 の 留 守 居 役 g 双 孔 堂 の 殺 人 4 ・ COOO 円 293548 , 7 ・ 860 円 293542 ・ 5 & 周 木 律 本 城 雅 人 9 名 い 参 勤 交 代 道 中 の 交 渉 役 ・ 数 馬 に 、 思 い も か け な い 難 題 が ! 異 形 建 築 の 中 で の 天 才 た ち の 響 宴 と 十 和 田 只 人 再 び ! 球 界 の 黒 い 霧 を 描 き き る 、 鮮 烈 ミ ス テ リ ー ! 一 際 く コ の 用 社 文 利 心 霊 ア イ ド ル の 憂 鬱 し よ っ よ い タ 陽 霊 感 検 定 中 ガ 鏡 推 理 = リ , 子 」 版 注 ・ こ お り が み 出 ご て ・ 620 円 293553 ・ 一 織 宀 寸 き ょ , つ や ・ 680 円 ~ 。 。 。 。 。 心 神 田 茜 現 役 文 科 省 キ ャ リ ア も 注 目 。 巨 額 予 算 獲 得 の 内 幕 を 暴 く ー 中 年 男 女 た ち の ク ほ ろ 苦 く 甘 酸 つ ば い 五 つ の 奮 闘 。 切 な さ 極 限 ! 話 題 の 癒 し 系 青 春 ホ ラ 1 第 2 弾 ー 円 ー 0 LO The cream of 8 the notes 5 つ ば み 茸 ム 1 ス 青 い 鳥 埋 れ た 牙 メ ー 一 ア ル リ ン ク 作 ・ 780 円 ・ 「 / に DO 円 293559 ・ 3 堂 場 瞬 一 書 2935491 十 年 ご と に 起 き る 女 性 失 踪 事 件 。 警 察 小 説 の 名 手 が 描 く 狂 気 と の 闘 い ! 森 博 嗣 は 、 軽 や か に 「 常 識 」 を 更 新 す る 。 色 褪 せ ぬ 幸 せ の 見 つ け 方 が こ こ に あ る 。 豪 華 愛 蔵 版 を 文 庫 化 。 発 LO 月 青 春 の 門 第 八 部 風 雲 篇 【 新 装 版 】 寂 庵 説 法 妻 が 椎 茸 だ っ た こ ろ つ 」 刊 ・ 8 5 0 円 293486 ・ 2 五 木 寛 之 中 島 一 示 子 〈 第 0 回 〉 泉 鏡 花 賞 受 賞 作 ・ 550 円 瀬 戸 内 寂 聴 ・ 580 円 ~ 。 。 。 。 。 ・ 。 新 月 伊 吹 信 介 の 不 屈 の 歩 み を 描 く 大 河 小 説 が 帰 っ て き た ! 生 き る と は 、 に 答 え て く れ る 「 寂 聴 心 の 法 話 集 」 。 ち ょ っ と 怖 く て 愛 お し い 五 つ の 「 偏 愛 」 短 篇 集 。 売 月 庫 発 文 日 幻 想 温 泉 郷 家 電 の 神 様 清 ら か な 煉 獄 霊 探 偵 談 月 ・ 780 円 293552 ・ 4 堀 川 ア サ コ こ の 世 の ど こ か に 、 罪 を 洗 い 流 す 温 泉 が あ る と い う リ ス ト ラ さ れ 地 元 に 帰 っ て き た 雷 太 だ が 、 そ こ に も 厳 し い 戦 い が : ・ 依 頼 人 は 一 年 前 に 亡 く な っ た 女 性 だ っ た ー ー 新 感 覚 ミ ス テ リ ー ☆ ラ フ ・ ア ン ド ・ タ フ 死 刑 の 基 準 、 冫 遺 し た カ メ フ ィ ス ト の 漫 画 〈 第 回 〉 講 談 社 ノ ン フ ィ ク シ ョ ン 賞 受 賞 作 ・ 「 / ( OO 円 293436 く 堀 川 惠 子 Ⅲ 馳 星 周 喜 国 雅 彦 / 国 樹 由 香 ・ 78 円 293554 ー 8 .1 ′ ・ 7 OOO 円 293529 , 6 愛 と 家 族 に 飢 え た 男 が 藻 掻 く 、 究 極 、 非 情 の パ イ オ レ ン ス ! 「 死 刑 の 基 準 」 い わ ゆ る 「 永 山 基 準 」 の 虚 構 を 暴 い た 衝 撃 作 。 ミ ス テ リ を こ よ な く 愛 す る 夫 婦 漫 画 家 の 「 本 格 愛 」 満 載 の 一 冊 。 誌 価 定 邪 悪 娘 飛 脚 を 救 え 大 江 戸 秘 脚 便 ス タ 1 ウ ォ --:t ス 篷 醉 「 格 ・ 各 1250 円 価 バ ト リ 、 ン ア ・ コ ー ン ウ エ ル 上 杉 隼 人 訳 ・ 1100 円 下 2935699 倉 阪 293555 ・ 5 293564 ・ 7 ー 示 池 田 真 紀 子 訳 有 馬 さ と こ = こ の 家 に は 何 か い る ー ー ー 史 上 最 凶 の サ イ コ パ ス が 迫 る ! ア ナ キ ン に 闇 の カ の 恐 る べ き 誘 惑 が : ・ 。 暗 黒 卿 、 か く し て 誕 生 す 。 月 あ し 屋 の 石 板 娘 が さ ら わ れ た ! 急 げ 、 江 戸 屋 の 韋 駄 天 た ち ! 2017 01 炎 一 1 文 庫 書 下 ろ し 文 庫 書 下 ろ し 文 庫 書 下 ろ し 文 庫 書 下 ろ し 文 庫 書 下 ろ し

群像 2017年 1月号


い と 思 い も せ ず 、 そ れ き り 放 り だ し て あ っ た も の で し た 。 泉 鏡 花 「 売 色 鴨 南 蛮 」 そ れ で ま だ 読 ん で い な い 作 品 を 読 も う と 思 っ て 選 ん だ の が 、 「 売 色 鴨 南 蛮 」 で し た 。 意 味 は よ く 分 か ら な い な が ら 、 虚 空 に 浮 か ぶ 美 の 世 界 新 東 宝 映 画 の よ う な ど ぎ つ い お 下 劣 さ が 漂 っ て く る タ イ ト ル に 引 か れ た の か も し れ ま せ ん 。 と こ ろ が 、 こ れ に や ら れ ま し た 。 冒 頭 の 女 の 赤 い 長 襦 袢 の 中 条 省 平 描 写 に つ づ い て 、 神 田 ・ 万 世 橋 付 近 の 川 辺 に 咲 く 花 の 情 景 が 出 て く る の で す が 、 こ の 花 を 描 く 文 章 の 喚 起 力 と リ ズ ム の 、 文 字 ど お り 、 と り こ に な り ま し た 。 一 一 一 口 葉 の 美 と い う あ い ま い な 観 念 が 、 自 分 に の つ び き な ら な そ の 物 語 に も 驚 き ま し た 。 主 人 公 は 秦 宗 吉 と い う 大 学 病 院 し 問 題 と し て 迫 っ て き た の は 、 十 九 歳 の と き で し た 。 の 医 師 な の で す が 、 彼 は か っ て 十 七 歳 の と き 、 頼 ま れ て 買 っ て き た 煎 餅 を ひ も じ さ の あ ま り 盗 み 喰 い し て し ま い 、 そ れ を そ の こ ろ 、 私 は 東 京 外 国 語 大 学 の 英 米 語 学 科 と い う と こ ろ に 籍 を 置 い て い た の で す が 、 新 学 期 が 始 ま っ て 数 週 間 ほ ど で 知 人 に 見 ら れ て 、 恥 ず か し さ か ら 自 殺 し よ う と し た の で し つ ま ら な い 授 業 に 心 の 底 か ら う ん ざ り し て し ま い ( 聴 く に 値 た 。 そ れ を 救 っ て 一 緒 に 家 出 し て く れ た の が 、 亡 き 母 の 面 影 し た 授 業 は 河 野 一 郎 の イ ギ リ ス 小 説 の 講 読 だ け で し た ) 、 ま を 宿 す お 千 と い う 近 所 の お 妾 さ ん 。 し か し 、 逃 避 行 の 先 で 、 も な く 大 学 に ほ と ん ど 行 か な く な り 、 プ ー タ ロ ー 同 然 の 生 活 お 千 は 美 人 局 か 何 か の 罪 で 警 察 に 捕 ま っ て し ま い 、 そ れ き り 宗 吉 と は 生 き 別 れ 。 こ こ で 冒 頭 に 回 帰 し て 、 宗 吉 が 駅 で 見 か を だ ら だ ら と 送 っ て い ま し た 。 中 学 高 校 で 当 時 は や り だ っ た 学 生 反 乱 の 真 似 ご と に 加 わ っ て 、 こ の 世 に 破 壊 し て は い け な け た 赤 い 長 襦 袢 の 女 は 、 品 川 の 遊 郭 で 女 郎 に な っ て 気 が 狂 っ て し ま っ た お 千 だ っ た と い う オ チ で す 。 い も の な ど 何 ひ と つ な い 、 な ど と た わ 言 を ほ ざ い て い た 罰 が 当 た っ た の か も し れ ま せ ん 。 安 手 の 極 致 の メ ロ ド ラ マ 、 あ り え な い ご 都 合 主 義 の 連 続 そ ん な お り 、 い つ も の 習 慣 で 自 宅 の 風 呂 場 に 本 を も ち こ ん で 、 物 語 の す べ て の 焦 点 は 、 狂 っ た お 千 の 胸 に 顔 を う ず め て で 風 呂 桶 に 漬 か り な が ら 読 み は じ め た の で す が 、 そ の と き な 泣 き じ ゃ く る 宗 吉 の 最 後 の 姿 に 絞 ら れ る の で す が 、 そ の 宗 吉 ん と な く 選 ん だ の が 、 ) 泉 鏡 花 の 新 潮 文 庫 版 『 歌 行 燈 ・ 高 野 と い っ し ょ に 、 私 も 滂 沱 の 涙 を 流 し て い た の で す 。 こ れ は ひ 聖 』 で し た 。 中 学 か 高 校 時 代 に 国 語 の 課 題 図 書 と し て 買 っ た と え に 、 あ ら ゆ る リ ア リ ズ ム の 桎 梏 を 軽 々 と こ え て 、 虚 構 の 気 が す る の で す が 、 有 名 な 表 題 作 を 二 編 読 ん で 、 と く に 面 白 夢 物 語 を ひ た す ら 言 葉 の 力 だ け で 、 ま ぎ れ も な い 現 実 と し て 美 し い 日 本 語 170

群像 2017年 1月号


し い 声 を 想 像 し 、 或 い は 書 き 手 の 蔭 に 見 え 隠 れ す る 作 者 の 虚 谷 崎 潤 一 郎 「 刺 青 」 『 細 雪 』 構 を 創 っ て い く の は 愉 し い 美 し い 日 本 語 の 私 は な く 、 歴 史 」 も 根 付 」 て 」 る = と を 忘 れ て は な ら な 」 。 美 し さ の 基 準 は 各 時 代 、 各 共 同 体 に よ っ て 異 な り 、 今 日 考 え る こ と の 出 来 る 「 美 し い 日 本 語 」 の 美 し さ は 平 安 時 代 以 来 の 歌 ア ン ヌ ・ バ ヤ 1 ル Ⅱ 坂 井 論 や 、 物 語 論 、 明 治 以 降 の 批 評 の 発 展 な ど と 切 り 離 す こ と は 出 来 な い だ ろ う 。 「 美 し い 日 本 語 」 と 聞 い て 、 す ぐ に 『 古 今 集 』 や 、 『 源 氏 物 語 』 、 『 雨 月 物 語 』 な ど が 頭 に 浮 か ぶ の は 、 美 し さ が カ ノ ン を 形 成 し て い る と い う よ り は 、 カ ノ ン が 美 し 二 つ の 言 語 の 間 を ふ ら ふ ら 彷 徨 っ て い る 私 の よ う な も の に さ の 基 準 を 設 定 し て い る か ら で あ ろ う 。 そ し て ま た 、 あ る 時 期 と っ て 「 美 し い 日 本 語 」 は 憧 れ の 的 で あ っ て も 、 ま ず 幻 想 で に は そ の 歴 史 の 中 で 生 成 さ れ た 美 し さ が 国 策 の 強 化 と 無 関 係 し か な い 。 い っ か は 読 み た い 、 書 き た い 、 そ し て 話 し た い 言 で は な か っ た こ と を 思 い 出 す こ と も 今 日 特 に 重 要 で あ ろ う 。 つ ま り 、 「 美 し い 日 本 語 」 は 幻 想 と し て 想 像 力 を 刺 激 し つ 葉 。 た だ 、 そ れ が 幻 想 で あ る こ と は 、 自 分 が 一 一 = ロ 語 間 の 浮 遊 物 つ も 、 読 者 、 書 き 手 、 話 者 、 聞 き 手 を 歴 史 の 流 れ に 晒 す フ ィ で あ る こ と の 証 し で は な い 。 母 語 に 完 全 に 密 着 し て い る も の ク シ ョ ン な の だ 。 も 同 じ 幻 想 を 抱 い て い る で あ ろ う し 、 そ れ は 言 葉 を 愛 す る も さ て 、 「 美 し い 日 本 語 」 と は 、 と 考 え た 時 に 、 そ の 反 意 語 の の 究 極 的 な 欲 望 で も あ ろ う が 、 日 本 語 と の 間 に 絶 え ず 一 つ の 隙 間 を 認 め 、 且 っ そ れ を 楽 し ん で も い る こ と は 、 そ の 幻 想 を 思 い 浮 か べ る の も 一 つ の 方 法 か も し れ な い 。 醜 い 日 本 語 、 だ け で は な く 、 私 は 態 と ら し い 日 本 語 が 最 も 気 に か か る 。 そ の 自 覚 、 そ し て そ れ が 絶 対 に 達 成 出 来 な い 夢 で あ る こ と の 認 識 を 促 す 。 の 態 と ら し さ は 、 言 葉 の 、 偽 造 さ れ た 「 日 本 的 」 な 美 し さ が こ の よ う な 幻 想 を 自 分 の 中 に 見 い だ し た 私 は 、 そ れ を 単 に 誇 示 さ れ 、 平 然 と 蔓 延 す る 時 に 生 じ る 。 「 美 し い 日 本 語 」 は 自 分 の 中 に と ど め て お く こ と も 出 来 な い 。 「 美 し い 日 本 語 」 、 だ か ら こ そ 、 一 人 一 人 の 読 者 、 書 き 手 、 話 者 、 聞 き 手 が 、 そ の 歴 史 性 を 認 め つ つ 、 自 分 の 中 で 厳 し く 吟 味 す る べ き も の な そ れ は 書 き 一 言 葉 で も あ り 得 る し 、 話 し 言 葉 で も あ り 得 る 。 そ の で あ ろ う 。 し て そ の も と に は 書 き 手 も い る し 、 話 し 手 も い て 、 そ の 「 手 」 の 先 に は 身 体 が あ る 。 美 し い 話 し 言 葉 の 泉 と し て の 美 で は 、 広 い 意 味 で 文 学 を 日 本 語 の 美 し さ の 展 開 さ れ る 場 所 美 し い 日 本 語 186

群像 2017年 1月号


ス ク コ 上 の 記 0 -1 ー 0 ラ ス ト 数 瞬 に 茫 然 ! 緑 し た た る 田 園 の 生 と 死 。 こ れ も 天 命 な の か ? 新 京 都 会 か ら 斑 惚 け の 村 落 に 「 舞 降 り た 男 。 妻 の 死 の 謎 社 を 抱 え て 土 塊 と 対 話 す る 潮 ◎ 定 価 各 ( 本 体 1500 円 + 税 ) 日 々 。 高 村 文 学 の 到 達 点 。 新 作 緲 つ 、 第 後 受 ン オ 一 プ 圭 一 込 号 中 社 税 月 毎 赤 川 次 郎 期 待 値 大 " " 浅 田 次 郎 阿 刀 田 高 池 永 陽 五 木 寛 之 逢 坂 剛 新 人 颯 爽 一 壱 = 1 大 矢 博 子 岡 崎 大 五 奥 田 英 朗 海 道 龍 朗 梶 よ う 子 泉 ゆ た か 0 彰 良 門 井 慶 喜 カ ラ ス ャ サ ト シ お 師 匠 さ ま 、 整 い ま し た ! ビ ッ チ と 呼 ば な い で 菊 地 ひ と 美 学 内 イ チ の モ テ 女 に 六 股 疑 惑 。 亡 き 夫 の 後 を 継 き 、 寺 子 屋 の 師 匠 を し て い る 桃 貴 志 祐 介 誰 が 本 当 の 彼 氏 か 、 決 着 の 刻 ー 鴻 上 尚 史 酒 匂 川 の 氾 濫 で 両 親 を な く し た 舂 が や っ て き て か ら 、 古 賀 史 健 小 島 慶 子 肖 え る 今 野 敏 佐 藤 雅 美 田 丸 公 美 子 中 島 守 男 城 明 0 木 原 音 瀬 , あ る 男 の 切 々 と し た 思 い が 綴 ら れ て い た 。 西 村 賢 太 東 北 の 山 村 で 養 豚 を 営 む 洋 一 は ア ラ フ ォ ー 独 身 花 村 萬 月 千 年 一 日 が ご と き 毎 日 を 送 っ て い た が 、 退 屈 し の ぎ に 細 谷 正 充 4 = 2 増 田 俊 也 子 豚 に 芸 を 仕 込 み 始 め た ら ー ー 松 井 玲 奈 吉 川 永 青 宮 城 谷 昌 光 村 上 豊 不 屈 な れ 作 介 森 村 誠 人 紹 頽 勢 の 上 杉 管 領 家 に 仕 え る 孤 高 の 名 将 柳 広 司 長 野 業 正 。 北 条 ・ 武 田 の 大 勢 力 に 囲 ま れ な が ら 山 本 一 カ 生 き る 道 と は 若 林 踏 舌 題 の 文 芸 書 一 三 ロ 第 新 回 小 説 現 代 長 編 新 人 賞 受 賞 作 & 奨 励 賞 抄 録 高 村 薫 「 こ の 曲 、 い い よ 」 っ て 、 心 の 底 か ら 、 伝 え ま す 。 こ ん な ゾ , ビ は 世 界 初 " 。 。 し か も そ れ た け く は な く 、 , , 、 。 は と て も 大 切 な こ と " 、 か れ 、 る 。 文 負 氏 中 村 定 価 本 体 1 、 600 円 ( 税 別 ) 978 ・ 4692203346 実 力 十 分 な 正 統 派 遅 咲 き の 個 性 派 泉 ゆ た か & 城 明 っ て ど ん な 人 ? C D シ ョ ッ プ 店 員 が つ く る 音 楽 サ イ ト ④ 全 日 本 CD シ ョ ッ プ 店 員 組 合 www.cdshop-kumiai.jp 創 元 社 http.//www.sogensha.co.jp/ 株 式 会 社 本 の 雑 誌 社 % 践 い 0 新 を ! 面 弋 大 切 な 人 に 贈 っ て み て く た さ い 。 翻 マ き な い 世 界 の こ て は 工 ラ ・ フ ラ ン シ ス ・ サ ン ク ー ス 著 前 田 ま ゆ み 言 尺 誰 キ 知 な い 世 界 の こ て わ さ 世 界 に は 、 他 の 言 語 に 訳 す と き に 一 言 で は 言 い 表 せ な い よ う な 各 国 固 有 の 言 葉 や 、 風 変 り で 美 し い 表 現 、 奇 想 天 外 な こ と わ ざ が た く さ ん あ る 。 感 性 豊 か な 解 説 と 瀟 洒 な イ ラ ス ト で 綴 る 話 題 の 2 冊 。 共 に B5 判 変 型 ・ 上 製 ・ 定 価 : 本 体 1600 円 十 税 〒 541 ー 0047 大 阪 市 中 央 区 淡 路 町 4 ー 3-6 容 06 ー 6231 ー 901 0 FAX06-6233-31 1 1 東 京 都 新 宿 区 神 楽 坂 谷 03 ー 3269 ー 1051 第 回 小 税 現 代 長 編 新 人 震 受 震 作 成 何 と 出 ぶ つ 0 を WEB 本 の 誌 い い 本 に 出 会 お う 。 い い 本 を 読 も う 。 www.webdoku.jp 東 山 影 良 吉 川 木 原 音 瀬 表 紙 ・ 牧 野 千 穂 小 説 現 代 ま 版 、 配 信 中 ! こ の 世 界 で 生 き れ る の は 誰 な の か / ? http://bookclub.kodansha.co.」 p/ 講 談 社 BOOK 倶 楽 部

群像 2017年 1月号


GUNZ()nl も 長 篇 一 挙 掲 載 3 0 0 枚 , つ か 、 死 A 」 と ゞ に 生 て い る 。 芸 ⅱ 報 め ハ 、 り ・ な か ひ ↓ の か る さ 6 さ ま な 「 芸 ⅱ 憶 」 と 「 田 い 」 。 も ゝ っ 生 ま れ た く な い 長 嶋 有 野 間 文 廿 云 賞 ・ 野 間 文 井 云 新 人 賞 発 表 第 回 野 間 文 井 云 賞 受 賞 作 堀 江 敏 幸 「 そ の 姿 の 消 し 方 」 受 賞 の こ と ば / 選 評 ( 奥 泉 光 佐 伯 麦 高 橋 源 一 郎 多 和 田 葉 子 町 田 康 ) デ ザ イ ン 表 紙 ・ 目 次 ・ 一 扉 / 帆 足 英 里 子 本 文 / 仙 次 織 絵 ( primaryinc し 1 -0 ワ

群像 2017年 1月号


大 特 集 五 〇 人 が 考 、 ん る 「 美 し い 日 本 衄 巴 現 代 の 表 現 者 た ち は 、 ど ん な 一 一 「 ロ 葉 に 出 会 っ て き た の か 。 の 視 占 が 照 ら す 日 本 衄 明 の 美 と は 加 賀 乙 彦 蓮 實 重 彦 高 島 俊 男 保 苅 瑞 穂 士 口 増 剛 造 片 岡 義 男 村 田 亠 暑 代 子 辻 原 登 高 樹 の ぶ 子 三 浦 雅 士 信 田 さ よ 子 池 田 清 彦 橋 本 治 関 川 夏 央 内 田 樹 さ だ ま さ し 金 田 一 秀 穂 清 水 良 典 松 浦 寿 輝 沼 野 充 義 中 条 省 平 平 松 洋 子 坪 内 祐 三 熊 野 純 彦 松 永 美 穂 野 崎 歓 リ ー ピ 英 雄 ・ 小 池 日 日 代 長 野 ま ゆ み 。 , 。 ア ン ヌ ・ バ ヤ ー ル “ 坂 井 、 ー 洋 子 片 山 杜 秀 穂 村 弘 鴻 巣 友 季 子 島 田 雅 彦 月 。 堀 江 敏 幸 中 島 ~ 子 佐 々 木 敦 阿 部 公 彦 安 藤 礼 二 古 川 日 出 男 諏 訪 哲 史 小 野 正 嗣 蜂 飼 耳 平 野 啓 一 郎 大 澤 信 ~ 売 村 田 沙 耶 香 藤 井 光 福 嶋 ~ 売 大 滝 ロ 悠 生 追 悼 ~ 局 井 有 一 高 井 有 一 さ ん の 急 逝 を 悼 む 加 賀 乙 彦 ~ 局 井 さ ん と の 稀 有 な 時 間 坂 上 弘 多 和 田 葉 子 連 載 小 説 地 球 に ち り ば め ら れ て ( 2 ) 佐 伯 一 麦 山 海 記 ( 7 ) 瀬 一 戸 内 寂 聴 い の ち ( 9 ) 磯 﨑 虫 一 郎 鳥 獣 戯 画 ( Ⅱ ) 三 浦 雅 士 連 載 評 論 一 一 一 一 口 衄 の 政 治 学 ( 6 ) 佐 々 木 敦 新 ・ 私 小 説 論 ( ) 大 澤 真 幸 〈 世 界 史 〉 の 哲 学 ( 圏 ) 保 苅 瑞 穂 モ ン テ 1 ニ ュ の 書 斎 ( ) 穂 村 弘 現 代 短 歌 ノ ー ト ( ) 書 評 『 植 民 人 喰 い 条 約 ひ ょ 、 つ す べ の 国 』 清 水 良 血 ハ 笙 野 頼 子 『 浮 遊 霊 プ ラ ジ ル 』 津 村 記 久 子 古 谷 利 裕 佐 藤 康 智 『 し ん せ か い 』 山 下 澄 人 江 南 亜 美 子 『 犯 罪 小 説 集 』 士 ロ 田 修 一 創 作 合 評 「 ト ロ フ ィ ー ワ イ フ 」 舞 城 王 太 郎 片 岡 義 男 >< 野 崎 歓 x 石 田 千 34 。 「 息 子 と 狩 猟 に 」 服 部 文 祥 「 キ ャ ピ タ ル 」 加 藤 秀 行 第 回 群 像 新 人 文 学 賞 応 募 規 定 目 次 裏 第 回 群 像 新 人 評 論 賞 応 募 規 定 目 次 裏 連 載 第 回 野 間 文 井 云 新 人 賞 受 賞 作 「 の ろ い 男 ー 俳 優 ・ 亀 岡 拓 次 」 戌 井 昭 人 受 賞 の こ と ば / 選 評 ( 小 川 洋 子 島 田 雅 彦 保 坂 和 志 星 野 智 幸 松 浦 理 英 子 ) 町 田 康 >< 堀 江 敏 幸 記 念 対 談 反 射 し あ 、 つ 一 一 一 一 口 葉 と 希 望 島 田 雅 彦 x 戌 井 昭 人 121 徘 徊 文 学 の 未 来 執 筆 者 一 覧 — 1 0- ワ 8- 8 ワ 0 ・ り ′ 1 -8 り -- 0 4 っ ・ 1 ワ -4 ワ 1 -8 0 ~ 4

群像 2017年 1月号


美 し い 日 本 語 紀 貫 之 「 古 今 和 歌 集 仮 名 序 」 紀 貫 之 か ら マ ラ ル メ ま で ー 一 一 一 〔 語 が 存 続 す る た め の 手 段 と し て の 詩 人 た ち 沼 野 充 義 あ き は ば 、 商 人 の 、 良 き 衣 着 た ら む が ご と し 。 き せ ん こ と ば か す は じ を は 宇 治 山 の 僧 喜 撰 は 、 言 葉 微 か に し て 、 め 、 終 り 、 確 か な ら ず 。 言 は ば 、 秋 の 月 を 見 る に 、 暁 の 雲 に 、 遭 へ る が ご と し ( : : : ) 。 を の ゝ こ ま ち あ は 、 に し へ そ と ほ り ひ め り う 小 野 小 町 は 、 古 の 衣 通 姫 の 流 な り 。 哀 れ な る 様 に て 、 よ を う な な や と こ ろ あ 強 か ら ず 。 言 は ば 、 好 き 女 の 、 悩 め る 所 有 る に 似 た り 。 を う な う た 強 か ら ぬ は 、 女 の 歌 な れ ば な る べ し 。 さ ま く ろ ぬ し い や 大 伴 の 黒 主 は 、 そ の 様 、 卑 し 。 言 は ば 、 薪 負 へ る 山 か げ や す 人 の 、 花 の 陰 に 休 め る が ご と し 。 ( 引 用 は 岩 波 書 店 『 新 日 本 古 典 文 学 大 系 5 古 今 和 歌 集 』 島 憲 之 ・ 新 井 栄 蔵 校 注 、 一 九 八 九 年 、 に よ る ) ひ と こ ゝ ろ た ね よ ろ づ こ と な や ま と 歌 は 、 人 の 心 を 種 と し て 、 万 の 言 の 葉 と ぞ 成 れ よ の な か あ こ と わ ざ し げ り け る 。 世 中 に 在 る 人 、 事 、 業 、 繁 き も の な れ ば 、 、 い に 「 美 し い 日 本 語 」 と い う 考 え 方 に は 少 々 懐 疑 的 で あ る 。 言 語 お も こ と 思 ふ 事 を 、 見 る も の 、 聞 く も の に 付 け て 、 言 ひ 出 せ る な 表 現 の 美 は 、 す で に で き あ が っ て い る 古 い も の を 「 守 る 」 の な う ぐ ひ す み づ す か は づ こ ゑ き り 。 花 に 鳴 く 鶯 、 水 に 住 む 蛙 の 声 を 聞 け ば 、 生 き と し で は な く 、 つ ね に 美 的 現 実 と し て 表 現 者 が 創 出 し 、 更 新 し て う た よ ち か ら い く べ き も の だ と 考 え る か ら だ 。 し か し 、 古 い も の を か え り 生 け る も の 、 い づ れ か 、 を 詠 ま ざ り け る 。 力 を も 入 れ ず し て 、 天 地 を 動 か し 、 目 に 見 え ぬ 鬼 神 を も 哀 れ と 思 は み な く て い い と 言 い た い わ け で は な い 。 た と え 何 百 年 前 の も な ぐ さ お と こ を む な な か た け も の ゝ ふ こ ゝ ろ せ 、 男 女 の 仲 を も 和 ら げ 、 猛 き 武 人 の 心 を も 慰 む る は 、 の で あ っ て も 、 現 代 性 を 保 ち 続 け て い る た め 、 清 新 さ に 心 を 歌 な り 。 打 た れ る こ と が あ る 。 た と え ば 『 古 今 和 歌 集 』 の 「 仮 名 序 」 す な は ( : : : ) 近 き 世 に 、 そ の 名 聞 え た る 人 は 、 即 ち 、 僧 正 遍 ( 和 文 で 書 か れ た 序 文 ) が そ う だ 。 い ま か ら お よ そ 一 一 〇 〇 さ ま え ま こ と す ツ 、 昭 は 、 歌 の 様 は 得 た れ ど も 、 誠 少 な し 。 た と へ ば 、 絵 年 も 前 に 紀 貫 之 に よ っ て 書 か れ た と さ れ る 詩 論 だ が 、 何 度 読 う ) 」 を う な い た づ み 返 し て も 、 こ こ に 書 か れ て い る こ と は 現 代 で も 最 先 端 で は に け る 女 を 見 て 、 徒 ら に 心 を 動 か す が ご と し 。 り は ら の な り ひ ら あ ま こ と ば た 在 原 業 平 は 、 そ の 心 余 り て 、 言 葉 足 ら ず 。 萎 め る 花 な い か と 思 わ さ れ る 。 き び き び し て い る の に じ つ に 滑 ら か な い ろ な こ れ ほ ど こ の 文 章 の 音 調 の 良 さ は 、 内 容 と 無 関 係 で は な い 。 の 、 色 無 く て 、 匂 ひ 残 れ る が ご と し 。 ふ ん や の や す ひ で こ と ば た く 文 屋 康 秀 は 、 言 葉 は 巧 み に て 、 そ の 様 身 に 負 は ず 。 言 の こ と を 過 不 足 な く 言 い 切 る だ け の 文 章 が お の ず か ら 、 文 章 ち か き こ さ ま お い た つ よ つ よ よ き ぬ き た き ゞ お ゃ う た し