検索 - みる会図書館

全データから 212724件ヒットしました。

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


武 者 小 路 実 篤 集

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


現 代 日 本 の 文 学 武 者 小 路 実 篤 集 全 60 巻 昭 和 45 年 5 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 10 月 1 日 27 版 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 武 者 小 路 実 篤 古 岡 滉 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 7 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 OTatsuko Mushanokoji 1970 Printed in Japan ISBN4 ー 05 ー 050220 ー 8 C0393 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


現 代 日 本 の 文 学 70 武 者 、 路 実 篤 集 北 尾 奥 足 三 川 井 伊 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 夫 成 靖 整 聖 夫 樹 男 学 習 研 究 社

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


注 解 年 譜 武 者 小 路 実 篤 文 学 ア 化 ハ ム 評 伝 的 解 説 紅 野 敏 郎 九 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 横 田 正 知 榎 本 時 雄 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 東 弘 紅 野 敏 郎 四 四 0 中 川 孝 四 四 四

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


耕 治 人 武 者 小 路 実 篤 文 学 紀 行 宮 崎 県 児 湯 爺 耒 符 に あ る 新 し き 村 ( 手 前 三 角 形 の 部 分 )

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


学 習 院 在 学 中 の 実 篤 ( 明 治 三 十 七 年 ) ル 治 代 ・ ノ 等 写 高 筆 院 を 大 学 時 代 志 賀 直 哉 氏 ( 左 ) と 徒 歩 ( 明 治 39 年 ) 旅 行 の 時 る 。 今 日 、 新 潮 文 庫 に も 、 角 川 文 庫 に も 、 『 武 者 小 路 実 篤 詩 集 』 が 収 め ら れ て い る と い う 風 景 を 我 々 は 忘 れ 4 て は な る ま い 。 右 の 詩 集 の 中 に は 、 武 者 小 路 の 二 十 代 の 「 自 分 は 暁 の 光 の 歌 を 唄 う 詩 人 で あ り た い 」 「 亡 び ゆ く 美 を 唄 う 歌 は も う 自 分 の 胸 に ひ び か な い 」 「 自 分 よ り 前 に 生 れ た も の と 自 分 と は 世 紀 を 異 に し て い る 」 そ う に ゆ う と い う 一 節 を 持 っ た 「 過 渡 期 」 と い う 詩 も 挿 入 さ れ て い る 。 こ の 一 句 な ど は 、 武 者 小 路 実 篤 そ の 人 の す べ て し あ て た こ と ば で も あ る を も っ と も 象 - 徴 的 に い ) ま た 、 武 者 小 路 は 、 今 日 、 書 家 で も あ り 、 画 家 で も あ る 。 彼 の 書 や 画 は 、 彼 の サ イ ン が な く て も 、 一 目 で 彼 の も の と 判 断 で き る ほ ど 個 性 的 な も の だ 。 従 っ て 、 武 者 小 路 に つ い て 語 る 場 合 、 小 説 家 と い う 一 面 の み か ら 彼 に ふ れ る こ と は 、 片 手 落 ち で あ ろ う 。 そ も そ も 彼 に 小 説 家 ・ 戯 曲 家 ・ 評 論 家 ・ 随 想 家 ・ 詩 人 ・ 書 家 ・ 画 家 と い う よ う な ジ ャ ン ル わ け の 区 別 を す る こ と 自 体 が 間 違 っ て い る の か も 知 れ な い 。 そ れ ら の う ち の な に に な る 、 と い う こ と を 当 所 か ら 限 定 し て 考 え た わ け で は な く 、 み ず か ら を 生 か す た め の 試 み が 、 あ る と き は 、 」 説 の ス タ イ ル を と り 、 あ る と き は 、 詩 の ス タ イ ル を と り 、 あ る と き は 、 画 の ス タ イ ル を と っ た に す ぎ な い と 考 え ら れ も す る の で あ る 。 芸 術 家 武 者 小 路 、 文 学 者 武 者 小 路 、 と い っ て も 、 ど こ か そ の 概 念 で は ひ っ

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


1 叔 父 勘 解 由 小 路 資 承 0 2 青 年 時 代 の 父 実 世 若 き 日 の 母 秋 子 た 向 日 性 と い う よ う な も の が 作 用 す る の で は な い か 0 と っ た 事 が あ る 」 右 の 一 文 は 、 ま こ と に 武 者 小 路 の 本 質 を 鋭 く 射 あ て た こ と ば と し て 、 私 の 心 に 深 く 残 っ て い る 。 た し か に 武 者 小 路 と い う 人 に は 、 「 後 一 民 り 」 や 「 停 滞 」 と い 、 つ こ と が な く 、 日 々 新 た に 、 進 め る だ け 進 ん で き た 、 と い う 感 が 強 い 。 そ れ は 、 挫 折 を 知 ら ぬ 「 向 日 陸 」 と い う こ と 、 人 の 心 を ぐ い と っ か み 、 イ ン ス パ イ ヤ す る 不 思 議 な 力 を 持 っ て い る 、 と い う こ と と か ら み あ っ て も い る 武 者 小 路 実 篤 は 、 『 お 目 出 た き 人 』 や 『 友 情 』 や 『 真 理 先 生 』 を 書 い た 小 説 家 武 者 小 路 で あ る と 同 時 に 、 『 そ の 妺 』 や 『 人 間 万 歳 』 や 『 愛 慾 』 を 書 い た 戯 曲 家 武 者 小 路 実 篤 で も あ る し 、 「 白 橄 」 創 刊 前 後 、 当 時 の 文 壇 か ん ぜ ん の 主 流 で あ っ た 自 然 主 義 、 自 然 主 義 的 人 生 観 に 敢 然 と 挑 戦 し た 評 論 家 武 者 小 路 の 一 面 も 充 分 に 持 っ て い た 。 ま た 、 数 多 く の 雑 感 、 人 生 論 を 書 い た 随 想 家 武 者 小 路 の 姿 も 我 々 は 知 っ て い る し 、 詩 人 武 者 小 路 と い う 面 の 仕 事 に も 我 々 は 接 し て い る 。 最 近 、 「 新 し き 村 」 の 機 関 誌 で も あ る 「 こ の 道 」 の 同 人 た ち に よ っ て 起 さ れ た 皆 美 社 と い う 出 版 社 か ら 、 そ の 旗 上 げ の 刊 行 物 と し て ッ プ に 出 さ れ た の も 、 武 者 小 路 の 詩 集 「 人 生 の 特 急 車 の 上 で 一 人 の 老 人 』 と い う 本 で あ っ た 、 と い う 事 実

昭和将棋史


一 日 一 言 桑 原 武 夫 編 随 筆 赤 版 エ ス プ リ と ユ 1 モ ア 河 盛 好 蔵 食 品 を 見 わ け る 磯 部 品 策 読 書 論 小 泉 信 三 万 葉 秀 歌 上 ・ 下 斎 藤 茂 吉 ス ペ イ ン 断 章 堀 田 善 衞 私 の 読 書 法 武 者 小 路 実 篤 茅 誠 他 人 生 論 女 と 自 由 と 愛 松 田 道 雄 ー ト ー ヴ ェ ン 長 谷 川 千 秋 論 文 の 書 き 方 清 水 幾 太 郎 べ マ ン ボ ウ 雑 学 記 北 杜 夫 三 木 清 知 的 生 産 の 技 術 梅 棹 忠 夫 哲 学 入 門 ビ 1 プ ス 氏 の 臼 田 昭 秘 め ら れ た 日 記 タ ウ ト 羊 の 歌 加 藤 周 一 日 本 美 の 再 発 見 篠 田 英 雄 訳 〔 増 補 改 訳 版 〕 動 物 園 の 獣 医 さ ん 崎 泉 続 羊 の 歌 加 藤 周 一 ホ ワ イ ト 科 学 と 宗 教 と の 闘 争 森 島 恒 雄 訳 西 堀 栄 三 郎 よ = 塔 も の が た り 倉 田 保 雄 南 極 越 冬 言 吉 田 洋 一 世 界 の 酒 坂 口 謹 一 郎 零 の 発 見 新 花 火 ー 火 の 芸 術 小 勝 郷 右 ア イ ン シ ュ タ イ ン 日 本 の 酒 坂 口 謹 一 郎 物 理 学 は い 、 「 図 書 」 編 集 部 編 私 の 読 書 に 創 ら れ た か 上 ・ 下 イ ン フ = ル ト 「 ベ ト ナ ム 以 後 」 を 歩 く 小 田 実 ア ラ ビ ア の ロ レ ン ス 中 野 好 夫 読 書 と 社 会 科 学 内 田 義 彦 〔 改 訂 版 〕 鈴 木 大 拙 戦 中 用 語 集 三 國 一 朗 褝 と 日 本 文 化 北 川 桃 雄 訳 現 代 焼 酌 考 稲 垣 真 美 書 斎 の 王 様 「 図 書 」 編 集 部 編 囲 碁 の 世 界 中 山 典 之 プ ロ 野 球 審 判 の 眼 島 秀 之 助 0 ( 1987. 1 )

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


( 写 真 編 集 ⅱ 実 篤 文 庫 中 川 孝 氏 。 写 真 の 著 作 権 は 極 力 調 査 し ま し た ) 新 し き 村 五 十 周 年 記 念 祭 撮 影 ( 昭 和 四 十 三 年 十 一 月 ) ま ー 工 は 実 篤 自 筆 の 書 画 ( 昭 和 四 十 三 年 ) 埼 玉 ・ 新 し き 村 の 展 覧 会 会 場 ( 昭 和 四 十 四 年 ) 今 日 も ま た 、 「 白 樺 」 出 発 当 初 や 、 「 新 し き 村 」 創 設 当 初 0 の よ う に 、 武 者 小 路 に 対 し て 嘲 笑 的 言 辞 を 弄 す る こ と は 容 易 な こ と で あ る 。 楽 天 的 な 肯 定 主 義 、 あ れ も よ し 、 こ れ も よ し の 調 和 的 態 度 に 批 難 を あ び せ か け る こ と も で き る 。 し か し 、 そ の 種 の 嘲 笑 や 批 難 は 、 武 者 小 路 の 心 の 奥 に ま で と ど き 、 大 き な 打 撃 を 与 え る 、 と い う ふ う に は な ら す 、 そ の ま ま 空 中 に 拡 散 し て し ま っ て い る 。 多 少 の 嘲 笑 や 批 難 に は 一 喜 一 憂 せ ぬ 武 者 小 路 が 我 々 の 前 に す っ く り と 立 っ て い る 今 日 も ま た 武 者 小 路 は 、 「 こ の 道 」 や 「 心 」 に 工 、 セ イ を 書 き 、 「 新 潮 」 に は 、 延 々 と 「 新 し き 村 」 以 降 を 描 い た 「 一 人 の 男 」 と い う 作 品 を 連 載 し つ づ け て い る 。 『 或 る 男 』 が 生 涯 の 前 半 の 峠 で ふ り 返 っ た 自 伝 小 説 な ら ば 、 こ の 「 一 人 の 男 」 は 、 八 十 を 越 え た 最 晩 年 の 回 想 小 説 ぺ い じ ゅ と い う こ と に な る 。 す で に 書 く こ と を 止 め 、 米 寿 を 迎 え る 志 賀 直 哉 の 美 し く 完 成 し た 老 人 ぶ り と 、 次 か ら 次 へ ま だ 創 造 の 泉 を か き た て る 武 者 小 路 実 篤 の 初 心 を 失 わ ぬ た く ま し い 老 人 ぶ り は 、 ま こ と に 対 照 的 な 一 幅 の 絵 で も あ る 。 簡 潔 そ の も の の 文 体 を も っ 志 賀 直 哉 と 、 あ る も の す べ て を 吐 き 出 し て し ま う 武 者 小 路 の 発 想 は 、 / / 絶 妙 の 対 照 を 呈 し つ つ 、 そ の 底 根 に お い て 、 そ の 「 白 樺 」 的 な も の に お い て 、 二 人 は 依 然 、 濃 厚 な 関 連 を 今 日 も な お 持 ち つ づ け て い る の で あ る 。

世界 2016年 12月号


憂 鬱 な る 漱 石 日 本 の 近 代 が 抱 え 込 ん だ 「 憂 鬱 な る 孤 独 」 に 心 身 を 賭 し て 向 き 合 っ た 漱 石 。 そ の 苦 闘 の 軌 跡 を 、 「 一 一 四 郎 』 か ら 「 明 暗 」 ま で 八 つ の 作 品 を 対 象 に し て 読 み 解 く 。 没 後 百 年 を 経 て 今 な お 我 々 を 惹 き つ け て や ま な い 魅 力 の \ 4600 十 税 源 泉 に 迫 る 。 書 カ 仲 野 麻 紀 著 り 旅 す る 音 楽 せ サ ッ ク ス 奏 者 と 音 の 経 験 一 一 〇 〇 一 一 年 に 渡 仏 、 ジ ャ ズ ・ サ ッ ク ス 奏 者 と し て 主 に フ ラ ン ス で 活 躍 し て き た 著 者 が 、 プ ル キ ナ フ ア ソ や レ バ ノ ン 、 プ ル タ ー ニ ュ 、 伊 勢 志 摩 、 モ ロ ッ コ な ど で 出 会 っ た 「 土 地 と 暮 ら し に 根 付 い た 音 楽 」 と は ? 魂 を 揺 さ ぶ る 音 楽 ド キ ュ メ ン ト 。 \ 2800 十 税 LC L.O お 円 マ 円 円 1 人 ・ 2 5 0 0 円 円 江 頭 宏 昌 編 と 国 0 0 - 三 田 訳 0 、 ) , 、 ー 1 ィ ー 1 Ⅱ ・ 済 人 間 と 乍 物 採 集 か ら 栽 培 〈 食 の 文 化 フ ォ ー ラ ム 4 -8- ロ カ 序 翻 中 0 祖 科 学 技 術 や グ ロ ー バ ル 化 の 進 展 が 「 農 」 の 姿 を 変 貌 さ せ つ つ あ る 今 、 飆 対 の 経 究 察 史 人 と 植 物 の 関 係 を 見 直 し 、 持 続 可 能 な あ り 方 を 探 る 多 角 的 論 議 を 集 成 索 ヂ 価 場 研 考 日 及 た 仕 峰 . 吾 高 良 真 木 ・ 高 良 留 美 子 ・ 吉 良 森 子 編 ・ 4200 円 を 探 坂 史 扱 を 侖 解 本 版 市 の 普 楽 一 三 ロ 守 な 浜 田 糸 衛 生 と 著 作 上 巻 し ア 』 及 を 神 っ リ 去 部 た 日 普 史 出 ~ 義 業 系 戦 後 初 期 の 女 性 連 動 と 日 中 友 好 運 動 ま っ 区 に を / 岡 新 の 響 の 宿 戦 後 の 女 性 運 動 を 牽 引 、 こ の 人 が 事 務 局 長 な ら と 平 塚 ら い て う は 婦 団 と 五 ロ 状 ス ~ 主 企 - ハ 新 0 連 会 長 を 引 き 受 け た 。 日 中 友 好 運 動 に 一 〇 二 歳 で 亡 く な る ま で 関 わ る 宣 版 影 方 物 部 現 会 有 日 朝 ・ 京 ・ 18 0 0 円 川 口 祐 ニ 東 区 4 押 方 著 と 一 社 国 ー 産 済 海 女 を た ず ね て 漁 村 異 聞 そ の 四 文 d の 渚 の 荒 廃 に 警 鐘 を 鳴 ら し 続 け る 著 者 が 、 志 摩 ・ 鳥 羽 の 海 女 へ の 探 訪 と 、 都 3 上 国 故 郷 を あ と に し た 海 女 た ち 〈 の 聴 き 書 き の 旅 か ら 、 海 女 漁 の 今 を 語 る 棘 圸 中 ◆ 村 中 程 ル 宗 〒 112- 開 11 東 京 都 文 京 区 千 石 ト 四 一 12 深 沢 ビ ル 2F Tel: 0 & 5940-47 開 http://www.serica.cojp/ 塙 書 房 ( 表 示 価 格 は 税 別 ) 武 者 小 路 実 篤 と そ の 世 界 直 木 孝 次 郎 著 四 六 判 2 300 円 反 戦 ・ 平 和 論 者 の 武 者 小 路 実 篤 が な ぜ 米 英 等 と の 戦 争 を 支 持 ・ 礼 讃 し た の か 。 実 篤 と 家 族 ぐ る み で 親 交 の 深 か っ た 著 者 が 、 実 篤 研 究 の 間 題 点 や 実 篤 を め ぐ る 人 々 に つ い て 熱 く 語 る 日 本 書 紀 研 究 第 三 + 一 冊 日 本 書 紀 研 究 会 編 A5 判 9 , 500 円 目 次 ( 執 筆 者 順 ) 春 日 山 田 皇 女 の 伝 承 に 関 わ る ミ ャ ケ と 春 日 部 ・ ・ ・ 生 田 敦 司 / 天 武 ・ 持 統 か ら 律 令 施 行 期 の 諸 王 に つ い て ・ ・ 内 田 正 俊 神 話 の 出 雲 と 歴 史 の 伊 勢 ・ ・ 榎 村 寛 之 / 大 化 改 新 の 実 像 ・ ・ ・ 神 崎 勝 / ッ ヌ ガ ア ラ シ ト 説 話 の 赤 絹 の 象 徴 性 ・ ・ ・ 阪 ロ 有 美 子 / 蘇 我 氏 の 墓 域 に 関 す る 諸 問 題 ・ ・ ・ 西 川 寿 勝 / 『 日 本 書 紀 』 巻 十 三 安 康 天 皇 紀 と 安 康 天 皇 ・ ・ ・ 松 倉 文 比 古 / 大 日 下 王 と 日 下 部 ・ ・ ・ 渡 里 恒 信 日 本 書 紀 成 立 史 攷 笹 川 尚 紀 著 A5 判 12 , 000 円 〒 Ⅱ 3-0033 東 京 都 文 京 区 本 郷 6 - 8 -16 TEL03-3812-5821 FAX 03 ー 381 1 -0617 http://rr2.hanawashobo. CO. jp し つ