検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 14 室生 犀星 集

現代日本の文学 14 室生 犀星 集から 442件ヒットしました。

現代日本の文学 14 室生 犀星 集


室 生 犀 星 集

現代日本の文学 14 室生 犀星 集


現 代 日 本 の 文 学 室 生 犀 星 集 三 川 井 伊 北 尾 奥 足 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 夫 成 靖 整 夫 樹 男 学 習 研 究 社

現代日本の文学 14 室生 犀星 集


現 代 日 本 の 文 学 14 室 生 犀 星 集 全 60 巻 昭 和 45 年 8 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 10 月 1 日 28 版 発 行 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 7 加 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 著 者 発 行 者 発 行 所 室 生 犀 星 古 岡 滉 鑾 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , ◎ Asako Murou 1970 Printed in Japan ISBN4 ー 05 ー 050224 ー 0 C0393 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す

現代日本の文学 14 室生 犀星 集


注 解 室 生 犀 星 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 00 紅 野 敏 郎 四 皂 四 一 七 小 松 伸 六 四 石 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 森 一 義 大 谷 勲 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 藤 本 和 延

現代日本の文学 14 室生 犀星 集


目 次 室 生 犀 星 文 学 紀 行 金 沢 ・ 遠 き 悲 し き 詩 の 故 郷 抒 情 小 曲 集 ・ : 幼 年 時 代 ・ : 性 に 眼 覚 め る 頃 ・ : 美 し き 氷 河 海 の 僧 院 ・ : あ に し 図 ・ : 女 の か げ ろ う の 日 記 遺 文 : ・ 奥 野 健 男 一 セ 一 契 : 三 0 五

現代日本の文学 14 室生 犀星 集


上 昭 和 14 年 水 戸 高 等 与 オ 交 に て 講 演 の 際 水 戸 駅 ホ ー ム 講 演 の 後 水 戸 高 生 と 前 列 右 よ り 朔 太 郎 犀 星 に て 萩 原 朔 太 郎 ( 右 ) と 犀 星 下 島 勲 出 版 記 念 会 前 列 右 よ り 久 保 田 万 太 郎 萩 原 朔 太 郎 永 見 徳 太 郎 下 島 勲 斎 藤 龍 太 郎 宇 野 浩 二 佐 藤 惣 之 助 瀧 井 孝 作 後 列 右 よ り 佐 佐 木 茂 索 犀 星 ( 昭 和 15 年 6 月 ) 第 チ 、 を

現代日本の文学 14 室生 犀星 集


芸 妓 に 送 ら れ て 来 た が 、 金 の な い 時 は 、 新 橋 辺 の 暗 が そ の 刻 ま れ た 抒 情 小 曲 集 の 詩 の 通 り 、 三 年 前 、 三 鯡 り で 彼 女 を 抱 い た と 、 後 年 犀 星 は 語 っ て い る 。 そ の 北 に 建 っ た 三 好 達 治 の 詩 碑 の 序 幕 式 の 帰 途 、 金 沢 を 訪 れ の 石 坂 町 は も っ と 下 級 な 娼 婦 街 で あ っ た 。 ま た こ の あ た と き は 、 犀 星 碑 の か た わ ら に 植 え ら れ た 杏 の 若 木 が た り の 白 菊 町 に 北 国 劇 場 が あ っ た 。 「 性 に 眼 覚 め る 頃 」 ち ょ う ど 可 憐 な 花 を 咲 か せ て い た 。 「 一 時 に ひ ら く 梅 、 お も て と ・ フ え 、 い ん う つ に 早 熟 の 詩 人 表 棹 影 と 行 く 劇 場 は 多 分 こ の 北 国 劇 場 で す も も 」 と 歌 っ て い る よ う に 雪 深 い 陰 鬱 な 北 国 な る 故 、 つ る ぎ は く さ ん あ ろ う 。 鶴 来 な ど 白 山 の 麓 へ 行 く 鉄 道 の 終 点 も こ の 付 い っ せ い の 開 花 の 春 を 願 う 、 い は 強 く 烈 し い の だ 。 近 に あ る 。 金 沢 の 古 い 料 亭 で 旅 館 の 「 つ ば 甚 」 か ら 眺 め る と 犀 こ の あ た り が 餓 鬼 大 将 犀 星 の 遊 び 場 で あ る と す れ ば 川 の 犀 星 碑 が よ く 眺 め ら れ る 。 そ し て 震 災 の あ と に 一 お ち ん 犀 川 大 橋 か ら 上 流 の 桜 橋 は 、 後 に 犀 星 夫 人 と な っ た ト 時 住 ん だ 上 本 多 町 の 川 御 亭 の 家 も 眺 め ら れ る 。 生 前 、 学 校 の 女 教 師 浅 川 と み 子 と の 相 逢 き の 場 所 で あ る 。 桜 軽 井 沢 で 犀 星 に お 会 い し た と き 、 ば く が 金 沢 に 行 き っ 橋 、 か ら 見 え る 西 岸 の 崖 に 晩 年 の 長 編 「 告 ぐ る う た 」 に 出 ば 甚 に 泊 っ た と 話 し た ら 、 犀 星 は 「 な に つ ば 甚 に 泊 っ て く る つ づ ら 折 り に な っ た 坂 と 呼 ば れ る 犀 星 が 愛 で 若 い く せ に ぜ い た く な と こ ろ に 泊 っ た も の だ 。 丑 日 た 坂 道 も あ る 。 そ し て 大 橋 と 桜 橋 の 間 の 犀 川 の 東 岸 の は 簡 単 に は 泊 ま れ な か っ た と こ ろ だ ぞ 」 と い か に も 心 河 原 の 道 は 今 は 犀 星 遊 歩 道 と 名 付 け ら れ 、 谷 口 吉 郎 の 外 の よ う に 言 わ れ た も の だ っ た 。 設 計 に よ る 流 し 雛 を 型 ど っ た 犀 星 の 詩 碑 が 金 沢 の 武 家 犀 星 の 生 れ 育 っ た 犀 川 周 辺 ば か り を 語 り 過 ぎ た よ う 屋 敷 に 見 ら れ る 白 壁 の 土 塀 を 、 背 景 に 、 建 て ら れ て い だ 周 知 の よ う に 加 賀 百 万 石 の 前 田 家 の 城 下 町 金 沢 は る 徳 川 時 代 以 来 戦 火 に も 空 襲 に も 大 天 災 に も あ わ す 、 昔 あ ん す よ な が ら の 町 並 み と 文 化 と 気 風 を 残 し て い る 、 日 本 で 稀 花 着 け 有 の 都 市 で あ る 。 デ 。 ハ ト の 屋 上 や 高 台 か ら 眺 め る と 地 ぞ 早 や に 輝 や け 上 わ ぐ す り を 塗 っ た 瓦 が 黒 光 り し て 独 特 の 美 し い 光 景 あ ん す よ 花 着 け で あ る 。 し か し 兼 六 園 や 表 通 り よ り 、 ば く は 長 町 と か あ ん す よ 燃 え よ 長 土 塀 町 と か 本 多 町 と か 、 折 れ 曲 っ た 路 を 歩 く の が 3 好 き だ 。 れ ん し 格 子 の 町 家 、 崩 れ か か っ た 長 土 塀 の 武 家 室 生 犀 星

現代日本の文学 14 室生 犀星 集


昭 和 35 年 第 1 回 犀 星 詩 人 賞 前 列 昭 和 36 年 第 2 回 犀 星 詩 人 賞 前 列 受 賞 者 富 岡 多 恵 子 受 賞 者 瀧 ロ 雅 子 と 犀 星 後 列 右 よ 辻 井 喬 と 犀 星 後 列 右 よ り 朝 子 佐 多 稲 子 一 人 り 二 人 目 朝 子 伊 藤 信 吉 中 野 重 治 お い て 中 野 重 治 伊 藤 信 吉 一 人 お い て 堀 多 恵 子 を み を を ・ 庇 尹 の 「 小 景 異 情 」 原 稿 筆 跡 金 沢 卯 辰 山 に あ る 徳 田 秋 声 碑 に 刻 ま れ た 犀 星 の 書 わ 、 、 3 、 生 、 キ ) 」 を ) 、 ) い 第 一 第 す 当 を っ を ~ ~ 3 を ) を 室 生 年 星 も っ 子 生 星 物 編 , 室 生 犀 早 文 第 を 物 を を 室 生 坪 星

現代日本の文学 14 室生 犀星 集


「 女 ひ と 」 を 生 涯 、 追 求 し た 室 生 文 学 の 象 徴 的 終 末 で に も 手 に も そ こ で 一 杯 の 肉 を つ け て 、 躍 っ て み え た 」 「 人 間 が 最 初 に 女 を 見 出 し 、 生 涯 そ こ の 世 界 で じ た ば あ っ た と い え る の で は な い か 、 と き に 犀 星 は 七 十 三 歳 。 た を や り な が ら も 、 な お 、 最 後 に 女 の ひ と を 見 直 し て す で に 文 学 史 上 の 作 家 だ が 、 奧 野 健 男 氏 の 言 う と お 美 し い と 田 5 、 フ と こ ろ に 、 い の ち と い 、 つ も の が や は り 女 「 犀 星 文 学 の 真 の 評 価 は 未 完 に 属 し て い る 」 の で は の 中 に あ っ た こ と を 、 見 出 さ す に は い ら れ な い 」 ( 「 女 な い の か 。 犀 星 火 山 脈 の 全 貌 も 、 三 期 に わ け ら れ る 犀 星 文 学 の 三 回 の 大 噴 火 の 秘 密 も ま だ わ か っ て い な い か ひ と 」 ) ら で あ る 。 も っ と も 犀 星 の 心 の 地 底 に あ る ど ろ ど ろ し 引 用 し た ら き り が な い の だ が 、 女 ら し さ の 根 源 を 、 が ん し さ っ つ い じ ん 「 女 ひ と 」 と い う 奇 妙 な 日 本 語 で 追 尋 し よ う と す る こ の た 熱 い 溶 解 状 態 の マ グ マ ( 岩 漿 ) は 、 私 な ど に は 、 と う て い 探 求 不 可 能 な も の の よ う で あ る 。 と も あ れ 、 犀 作 家 の 、 原 初 体 験 と い う か — ー 、 ヒ ナ も の じ み た 執 念 と い う か 、 そ れ が 、 こ の 随 筆 集 ほ ど 美 し く 、 し か も 触 覚 的 な な 星 は 長 命 で あ っ た し 、 し か も 生 き 恥 を さ ら す こ と な く 、 立 派 な 作 品 を 発 表 し つ づ け た そ の み ご と な 作 家 的 生 涯 ま な ま し さ で 形 姿 化 さ れ て い る 作 品 は な い と お も う 。 に 、 私 た ち は 頭 を 深 々 と さ げ な け れ ば な ら な い 王 朝 も の と し て 、 こ こ で は 「 か げ ろ 、 フ の 日 記 遺 文 」 が ⑥ 晩 年 と ら れ て い る が 、 犀 星 に は 「 か げ ろ う の 日 記 」 の 現 代 訳 娘 の 結 婚 と 離 婚 と を 中 心 に 、 自 分 の 生 涯 を 総 点 検 し と い う 仕 事 が あ り 、 戦 前 に は 「 山 吹 」 「 萩 の 帖 」 、 戦 後 に わ れ ず た 新 聞 小 説 「 杏 っ 子 」 は 、 犀 星 の 自 伝 文 学 の 集 大 成 だ が 、 も 「 舌 を 噛 み 切 っ た 女 」 「 野 に 伏 す 者 」 「 は い 墨 」 な ど 王 朝 こ れ に よ っ て 犀 星 は 流 行 作 家 に お し あ げ ら れ 、 「 我 が 愛 に 題 材 を と っ た 作 品 が あ る 。 そ の な か で 「 か げ ろ う の す る 詩 人 の 伝 記 」 に よ り 「 毎 日 出 版 文 化 賞 」 、 「 か げ ろ う 日 記 遺 文 」 は 、 質 量 と も に す ぐ れ 、 王 朝 小 説 の 集 大 成 の 日 記 遺 文 」 に よ り 「 野 間 文 芸 賞 」 を う け 、 長 篇 小 説 「 蜜 で あ る ば か り で な く 、 道 綱 の 母 が 書 い た 原 典 に は 、 わ の あ わ れ 」 「 告 ぐ る う た 」 、 女 流 作 家 論 「 黄 金 の 針 」 、 中 篇 ず か 数 十 行 し か あ ら わ れ て こ な い 「 町 の 小 路 の 女 」 さ え の 小 説 「 わ れ は う た え ど や ぶ れ か ぶ れ 」 な ど の 秀 作 を や っ 冴 野 と い う 名 前 を あ た え て 女 主 人 公 と し 、 さ ら に 冴 野 ぎ ば や に 発 表 し 、 タ 映 え の 美 し さ を 極 限 に ま で 展 開 し の あ わ れ に 、 作 者 の 生 母 へ の あ こ が れ を こ め て 描 い て い る と い う 点 で 、 犀 星 文 学 の な か で も 、 き わ だ っ て 固 た 。 そ し て 最 後 の 作 品 が 「 好 色 」 ( 未 完 ) で あ っ た こ と も 、 ぜ ん ば う 446

現代日本の文学 14 室生 犀星 集


葉 で と ら え る こ と か で き な い の で は な い か ド イ ツ 文 か と い 、 つ ナ ゾ を も っ 読 者 も お ら れ る か と お も 、 つ 。 学 の 言 葉 を 借 り れ ば 、 デ ー モ ン ( 創 造 的 魔 神 ) ー ー ー そ の ジ キ ル 博 士 と ハ イ ド が 犀 星 に は 同 時 に 存 在 し て い る の か 、 特 別 仕 立 て の 複 眼 組 織 を も っ て い る の か 、 と 問 デ ー モ ン の 執 念 さ を 、 さ い ご ま で 持 ち つ づ け た 稀 有 の う わ す み の 、 つ 読 者 に は 、 ム は 、 こ 、 つ 答 え て お き た い 。 作 家 が 室 生 犀 星 だ と お も う 。 七 十 三 歳 の 生 涯 を お え る ま で 、 犀 星 は 、 「 文 学 の 牙 」 水 が 澄 明 で あ る に も か か わ ら ず 、 そ の 底 を か く は ん す よ う し ゃ る と 、 そ こ に は ど ろ ど ろ し た 泥 土 が あ る 、 そ れ と 同 し ょ を 容 赦 な く 、 人 生 に 、 市 井 に 、 男 に 、 そ し て 友 人 に に 犀 星 の 心 の 底 に は 、 原 始 的 な 、 そ し て デ ー モ ニ イ む け た 。 た と え ば 「 詩 人 萩 原 朔 太 郎 」 ( 昭 和 二 十 九 年 こ ん と ん シ ュ な カ オ ス ( 混 沌 ) が あ り 、 そ れ が 七 十 三 年 間 、 犀 「 新 潮 」 六 月 号 ) を 墓 場 か ら ひ き す り 出 し 、 な さ け 容 赦 な く 、 牙 を む け 、 馬 の り に な っ て 、 あ ば く も の は あ ば 星 の 文 学 を つ き う ご か す 破 天 荒 な 継 続 性 を 保 証 す る 原 き 、 裁 く も の は 裁 く の で あ る 。 親 友 で あ り 、 生 涯 の ラ 動 力 だ っ た と お も う 。 イ バ ル で も あ っ た 萩 原 朔 太 郎 に つ い て 、 「 朔 太 郎 は 自 分 そ し て 犀 星 を 考 え る と き に は 、 芥 川 龍 之 介 の 人 と そ の 詩 を み と め 、 ま ね を し て 、 ま ね か ら と び 出 し て 一 家 の 文 学 を 対 称 的 に み る と 、 非 常 に わ か り や す く な る 。 二 人 の 共 通 の 友 人 で あ っ た 萩 原 朔 太 郎 は こ う 言 っ て い を な し た 」 「 死 ぬ や つ は 馬 鹿 だ 」 な ど と 掲 言 し て い る の る で あ る 。 い わ ゆ る ば う じ ゃ く ぶ じ ん こ の 傍 若 無 人 の 、 い さ さ か の 感 傷 を ま じ え ず に 言 う 〃 室 生 君 と 芥 川 君 と の 友 情 は 、 実 に 孔 子 の 所 謂 「 君 子 の 交 り 」 に 類 す る も の だ 。 ・ : け だ し 室 生 君 の 眼 か ら み 犀 星 の 暴 力 的 な 姿 勢 は 、 も し か す る と 西 欧 の リ ア リ ス れ ば 、 礼 節 身 に そ な わ り 、 教 養 と 常 識 に 富 む 文 明 紳 士 の ト と い わ れ る 作 家 に ち か い か も し れ な い そ れ な ら ば 〃 ふ る さ と は 遠 き に あ り て 思 ふ も の / そ 芥 川 君 は 、 正 に 人 徳 の 至 上 観 念 を 現 わ す 英 雄 で あ っ た ろ う し 、 逆 に 芥 川 君 の 眼 か ら 見 れ ば 、 本 性 粗 野 に し て し て 悲 し く う た ふ も の 〃 ( 小 景 異 情 ) を 書 い た 優 に や さ ぎ よ み ん ど う し き 「 抒 情 小 曲 集 」 の 詩 人 で あ り 、 俳 号 魚 眠 洞 を も っ 礼 な ら す 、 直 情 直 行 の 自 然 児 た る 室 生 君 が 、 驚 嘆 す べ 俳 人 室 生 照 道 で あ り 、 さ ら に 美 し い 王 朝 物 を 書 き つ づ き 英 雄 と し て 映 っ た の で あ る : マ ト を 射 た 評 言 だ 。 こ れ を 定 式 化 さ れ た ド イ ツ 文 学 け 、 美 し い 「 女 ひ と 」 を あ こ が れ る 犀 星 と 、 文 学 の 牙 し っ た い 同 し 人 な の だ ろ う を な ら し つ づ け た 犀 星 は 、 、 の 二 元 論 に 言 い か え る と 、 「 精 神 」 の 士 た る 芥 川 龍 之 介 418