検索 - みる会図書館

検索対象: 金沢・能登 (るるぶ楽楽)

金沢・能登 (るるぶ楽楽)から 190件ヒットしました。

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


き の ツ ホ 金 沢 街 歩 ー 柳 お す す め コ ー ス ガ イ ド P69 参 照 大 正 か ら 昭 和 に か け て 活 躍 し た 詩 人 で あ り 小 説 家 、 室 生 犀 星 の 人 と な り を 紹 介 し て い る 。 P68 参 照 0 が し 茶 屋 街 か ら み る と こ ぢ ん ま り と し た 茶 屋 街 だ が 、 芸 妓 の 数 は 19 人 と - 番 多 い 。 P69 参 照 茶 屋 街 中 ほ ど に 立 つ 。 か っ て の 茶 屋 を 一 般 公 開 し 、 内 部 が 見 ら れ る ほ か 喫 茶 も あ る 。 P70 参 照 と の 地 に あ ら た 吉 米 楼 を 復 元 し た 要 建 物 。 館 内 で は 、 作 家 島 田 清 次 郎 P70 参 照 建 物 の 内 部 に カ ラ ク リ 仕 掛 け が た く さ ん あ る こ と か ら 、 忍 者 寺 と も よ ば れ て い る 。 P70 参 照 太 に 妥 置 さ れ る 白 い 地 蔵 尊 は 、 行 き 倒 れ に な っ た 人 の 人 骨 を 塗 り 込 め た も の 。 に し ち や や が い ・ て ら ま ち に し 茶 屋 街 は ひ が し に 比 べ 、 小 ち ん ま り と し な が ら も 風 情 あ る 格 子 が 連 な り 、 高 級 武 士 が 愛 用 し た と い う 茶 屋 も 残 っ て い る 。 寺 町 は 、 3 代 加 賀 藩 主 前 田 利 常 が 市 中 整 備 政 策 と し て 、 60 以 上 も の 寺 を 集 め た エ リ ア 。 出 城 と し て 創 建 さ れ に し 茶 屋 街 た 妙 立 寺 の ほ か 、 今 も 当 時 の 面 影 を 色 濃 く 残 し た 大 小 の 寺 院 が 並 ぶ 。 そ れ ぞ れ に 特 徴 を も ち 、 路 地 裏 を ひ と つ ひ と つ 歩 く の も 楽 し い 。 現 在 地 早 わ か り ← バ ス 徒 歩 5 分 広 小 路 ◎ = 4 分 3 分 ・ 妙 立 寺 所 要 時 間 2 時 間 50 分 1 分 で わ か る に し 茶 屋 街 ・ 寺 町 犀 川 の 西 側 に 位 置 す る 。 に し 茶 屋 街 か ら 寺 町 は 情 緒 と 落 ち 着 き に あ ふ れ た エ リ ア 。 繁 華 街 か ら 川 を 一 本 隔 て た だ け で 、 ま る で 別 の 町 に 迷 い 込 ん だ よ う な ひ と と き が 過 ご せ る START< 0 室 生 犀 星 記 念 館 に し 茶 屋 街 華 の 宿 ) 市 酉 茶 屋 資 料 妙 亡 寺 大 円 寺 06 ② ① 06 ② ① 文 豪 ・ 室 生 犀 星 が 幼 少 を 過 ご し た 芸 妓 さ ん の 艶 や か な 稽 古 風 景 を ゆ か り の 地 を 訪 ね 歩 こ う 見 学 す る チ ャ ン ス ー 金 沢 が 生 ん だ 三 文 豪 の ひ と も に 描 か れ て い る 。 ま た に し 茶 屋 街 と ひ が し ・ 主 気 が 高 し 、 。 金 沢 芸 妓 お 稽 古 「 性 に 目 覚 め る 頃 」 で は 、 計 の 、 金 沢 三 茶 屋 街 で 活 躍 と り 室 生 犀 星 。 犀 川 沿 い に 風 景 の 予 約 、 問 合 せ は 早 め た た ず む 雨 宝 院 ( 6076- に し 茶 屋 街 の 様 子 も 情 緒 深 す る 芸 妓 さ ん た ち 。 そ の お に す る の が べ タ ー 。 問 合 せ く 描 か れ 、 波 乱 に 満 ち た 生 稽 古 風 景 の 公 開 が 夏 に 行 わ 241-5646 、 境 内 拝 観 自 由 、 お よ び 予 約 は 金 沢 伝 統 芸 能 MAP-P69BI) は 、 幼 少 時 代 涯 に あ っ て も 深 い 愛 着 と 憧 れ る 。 日 時 は 7 ・ 8 月 の 土 曜 、 振 興 協 同 組 合 事 務 局 ( 6 を 過 ご し た 場 所 と し て 有 13 ~ 14 時 。 場 所 は 各 茶 屋 憬 を こ の 地 に 持 っ て い た こ 076-263-1151 ) へ 。 名 。 明 治 22 年 、 加 賀 藩 の 足 街 の 検 番 で 、 三 茶 屋 街 の 回 と が う か が え る 。 犀 川 を こ 軽 組 頭 と 女 中 の 間 に 生 ま よ な く 愛 し た 犀 星 を 偲 び 、 り 持 ち 。 料 金 は 無 料 だ が 、 各 回 定 員 30 名 で 要 予 約 。 予 れ 、 い わ ゆ る 私 生 児 だ っ た こ こ か ら 上 流 へ の 道 は 犀 星 犀 星 は 、 生 後 ま も な く こ の の 道 と 呼 ば れ 、 途 中 に は 、 約 受 付 は 6 月 か ら 行 わ れ る 。 寺 の 住 職 の 養 子 と な っ た 。 室 生 犀 星 文 学 碑 ( M A P- ち な み に 、 現 在 に し 茶 屋 街 20 歳 で 文 学 を 志 し 上 京 。 出 で 登 録 さ れ て い る 芸 妓 さ ん P69C2 ) が 川 面 を 見 下 ろ し 世 作 「 幼 年 時 代 」 に は そ の て 立 っ て い る 。 城 下 ま ち 金 は 19 人 と 、 三 茶 屋 街 で 一 番 当 時 の こ と が 記 さ れ て お 多 い 。 地 元 で も め っ た に 見 沢 周 遊 バ ス で 犀 星 文 学 碑 前 り 、 「 杏 っ 子 」 に も 犀 川 と ら れ な い 稽 古 風 景 だ け に 人 下 車 。 ・ ・ ・ に し 茶 屋 街 の そ は を 流 れ る 犀 川 は 、 そ の 力 強 い 流 れ か ら 男 川 と 呼 は れ て い る 。 5 分 住 宅 街 の 中 を 歩 く 0 飃 妙 立 寺 の 手 前 に は み や げ シ ョ ッ プ が 連 な る 寺 社 が 点 在 す る 寺 町 通 り を 歩 く

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


華 の 宿 茶 屋 の 一 室 で お 茶 を い た だ き 室 生 犀 星 記 良 呂 ハ 宀 プ チ お 座 敷 遊 び 気 分 を に し 茶 屋 街 の 中 ほ ど に 立 ち 、 か っ て の 茶 金 沢 を 代 表 す る 文 豪 室 生 犀 星 の 茶 屋 を 一 般 公 開 し て い る 。 華 や か で あ り な が 生 涯 と 活 動 を 一 堂 に 見 ら れ る ら 、 武 士 が 愛 し た 格 式 が 残 る 茶 屋 内 で は 、 街 好 き な と こ ろ で お 茶 が 飲 め る サ ー ビ ス も し 室 生 犀 星 の 生 涯 や 文 学 活 動 、 交 友 関 係 な て お り 、 抹 茶 500 円 、 コ ー ヒ ー 300 円 。 ど に つ い て 広 く 紹 介 す る 記 念 館 。 館 内 に は [DATA] 変 小 説 か ら 詩 、 俳 句 、 生 前 の 愛 用 品 ま で 約 1700 バ ス 停 広 小 点 が 収 蔵 さ れ て い る 。 中 庭 と 奥 の 庭 に は 東 京 路 か ら 徒 歩 3 都 大 田 区 馬 込 に あ っ た 自 宅 の 庭 が 、 現 代 風 に 分 。 6076- ア レ ン ジ し て 再 現 さ れ て い る 。 2 61 - 8 4 8 2 [DATA] 変 バ ス 停 片 町 か ( 作 間 ) 。 圏 入 ← ら 徒 歩 6 分 。 6076-245- 館 無 料 。 朝 9 1108 。 入 館 300 円 。 時 9 時 30 分 ~ 1 7 時 30 分 ~ 17 時 ( 入 館 は ~ 16 時 。 無 時 30 分 ) 。 展 示 替 え 期 休 。 2 な し 。 間 。 敬 寺 か ぶ 業 p.78 笑 宿 P79 旬 菜 料 理 俐 楽 粋 小 橋 菅 原 叫 カ ( 髜 P. 85 山 下 金 沢 プ リ ン ス ホ テ ー 千 日 町 ・ P 金 沢 あ ぶ り 焼 味 の 蔵 朝 , 片 - p. 四 寿 司 居 酒 屋 だ い だ い 口 ノ み \ P. 81BANFF -7 ー 0 市 ↓ ) 日 A 日 SPOONP. 810 加 賀 友 禅 の 店 華 p. 95 ・ 室 生 犀 星 言 館 沢 ワ シ ン ト ン p 手 漆 器 プ ラ ザ p. 犀 川 大 ゴ 詰 石 川 竪 、 』 M ÅALL P. 68 雨 宝 卍 0 、 ロ / [email protected] 片 町 会 竹 屋 P. 05 ~ ビ ス ト ロ 印 日 0 池 田 町 一 池 由 町 十 ′ を 円 徳 寺 神 明 宮 P. S&GRAND 旧 CAF ゆ う 幸 大 蓮 寺 / = p. 87 飛 泉 ノ 朝 野 田 屋 店 茨 木 山 錦 楼 p. 86 」 ・ 、 ア バ ホ テ ル 金 沢 片 町 を 竪 町 P. 56 ー ・ p ⅲ 暠 麦 桐 や = 洒 当 問 町 中 丁 卍 炒 慶 田 番 丁 ー ー 、 0 ・ 新 鋻 年 点 韆 、 、 田 伊 藤 病 院 ー 北 國 0 ー ー 成 学 寺 ー 3 ラ , 広 乃 ぶ 0 = 賁 、 金 沢 市 西 茶 屋 資 料 館 、 0 を - 真 長 寺 、 、 / 常 徳 寺 卍 : 、 、 ・ 、 化 - 学 ◆ . ー 、 p. 59 ラ エ ル メ ー ル - ・ 商 = 鱗 イ 野 町 p. 91 金 澤 九 谷 真 栄 堂 広 小 路 交 差 点 か ら の 野 1- 野 町 ( ゆ る い 上 り 坂 。 豊 本 長 / 完 宝 勝 寺 ・ ス ノ グ ラ ス 美 術 館 プ 寺 卍 - - 卍 承 証 寺 、 中 Ⅱ 脣 gj 杉 の 井 p. 87 BenIlyTs&J0bO 因 徳 寺 : ぞ 第 寺 ) - 常 極 楽 。 つ ば 甚 0.00 、 室 生 犀 文 . を 涌 町 一 P. 70 卍 西 方 寺 く 浄 安 寺 三 光 寺 .68 河 川 緑 地 管 理 所 新 堅 3 松 月 の サ ク ラ 品 諏 訪 神 社 、 、 、 枝 町 -- 名 願 バ 、 デ ル 金 沢 野 町 の 。 0 諸 江 屋 常 松 寺 松 月 寺 卍 卍 本 妙 寺 、 、 水 位 観 測 。 ハ 病 院 田 P ・ ル 金 剛 寺 て 伏 見 寺 香 林 寺 襾 野 町 妙 典 寺 国 泰 、 等 町 ( 五 ) - -4 戸 川 町 5 ′ 野 町 9 ′ ー 少 林 寺 雲 寺 戸 日 食 種 事 務 解 を ツ 由 千 手 院 / 、 、 ' p. 70 大 円 寺 ' 泉 野 菅 原 神 社 ・ ' 岸 寺 王 泉 ー 、 興 徳 寺 ・ 卍 長 久 寺 京 ス ト ・ 野 町 公 民 W 坂 ・ 一 第 法 光 寺 卍 多 町 ( 四 ) 0 玉 龍 寺 卍 p. 71 割 烹 と よ 島 、 - 光 専 寺 本 因 寺 野 町 / 、 - 立 像 柴 舟 小 出 野 町 店 p. 99 卍 妙 福 寺 卍 善 隆 寺 月 寺 本 覚 寺 卍 = 、 希 翁 卍 朝 禅 寺 壟 渕 寺 ど ろ み こ に し 茶 屋 街 ・ 寺 町 ⅲ イ ・ 、 物 第 第 鈊 里 見 町 P. 69 卍 安 閑 寺 P. 80 町 ) に し 茶 屋 街 新 襲 町 / 151 本 性 寺 實 成 寺 卍 ー - 寺 39 妙 法 寺 み や ほ 別 き よ ハ 卍 昌 柳 を P 、 105 、 を 第 寺 町 住 ゾ 、 、 = 田 石 田 病 院 / 寺 町 ( 四 ) : / 、 寺 町 3 融 山 院 卍 本 是 寺 卍 徳 寺 玄 光 発 弥 生 小

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


東 尋 坊 燈 籠 山 祭 り ・ ・ ・ 鳥 寸 農 村 文 化 伝 承 館 ・ ・ 中 谷 宇 吉 郎 雪 の 科 学 館 ・ セ 尾 フ ラ ワ ー バ ー ク の と 蘭 ノ 国 ・ ・ 那 谷 寺 ・ ・ ・ 西 田 家 庭 園 ・ 玉 泉 園 ・ ・ 日 本 自 動 車 博 物 館 ・ ・ の と 海 洋 ふ れ あ い セ ン タ ー 能 登 金 剛 遊 覧 船 ・ 能 登 島 大 橋 ・ 能 登 島 カ ラ ス 工 房 ・ の と し ま 臨 海 公 園 水 族 館 能 都 町 立 羽 根 万 象 美 術 館 ・ 能 登 九 十 ル 弯 遊 覧 船 能 登 中 居 鋳 物 館 ・ ・ ・ 能 登 中 島 祭 り 会 館 ・ 能 都 町 郷 土 館 ・ ・ 能 登 リ ソ ー ト エ リ ア 増 穂 浦 白 山 神 社 白 山 恐 司 ヾ ー ク 白 蜂 ・ ・ ・ 華 の 宿 ・ ・ 花 ゆ う ゆ う ・ ・ ・ - ひ ょ っ こ り 温 泉 島 の 湯 ・ ・ 福 嶋 三 ・ 武 家 屋 敷 跡 野 村 家 ・ ・ ・ 藤 瀬 霊 水 公 園 ・ ・ - 前 田 土 佐 守 家 資 料 館 ・ ・ ・ ・ 松 任 市 中 川 一 政 記 念 ま 術 館 ・ ・ 室 生 犀 星 文 学 碑 ・ 室 生 犀 星 記 念 館 ・ ・ 妙 立 寺 ・ ・ 妙 成 寺 ・ ・ 見 附 島 ・ ・ ・ ・ ・ の ・ み く に 龍 翔 館 ・ = 国 温 泉 ゆ あ ぽ ~ と ・ ・ ・ 真 脇 遺 跡 開 文 館 真 脇 遺 跡 公 園 ・ ・ 松 任 市 立 博 物 館 ・ 188 山 の 寺 寺 院 群 ・ 山 中 漆 器 伝 統 産 業 会 館 ・ ・ ・ 山 中 片 太 郎 工 藝 館 ・ 山 中 温 泉 総 湯 ・ 山 代 温 見 浴 殿 ・ 0- 薬 師 堂 ・ 門 前 町 天 領 北 前 船 資 料 館 ・ ・ ・ 門 前 し ん の び の 湯 ・ ・ 明 治 の 館 室 木 家 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 141 ・ ・ ・ ・ 1 18 ・ ・ ・ ・ 1 19 ・ ・ 49 ・ ・ ・ ・ 1 19 ・ ・ ・ ・ 156 ・ ・ ・ ・ 181 ・ ・ ・ ・ 168 ・ ・ ・ ・ 181 ・ ・ ・ ・ 14 ・ ・ ・ ・ 151 ・ ・ ・ ・ 133 ・ ・ ・ ・ 107 ・ ・ ・ ・ 141 ・ ・ ・ ・ 109 や わ ら ぎ の 郷 ・ ・ 0 ・ ユ ー フ ォ リ ア 千 里 浜 ・ ゆ け む り 健 康 村 ゆ ~ ゆ ~ 館 ・ ・ ゆ の く に の 森 ・ ・ 湯 元 の 広 場 ・ ・ ・ 湯 涌 温 泉 総 湯 白 鷺 の 湯 ・ ・ ・ の ・ 霊 方 山 薬 王 品 泉 寺 ・ ・ ・ 魯 山 人 寓 居 跡 ・ い ろ は 草 庵 ・ 禄 剛 埼 灯 台 ・ ・ ・ ・ ・ 輪 島 朝 市 食 べ る ・ 買 う ・ 泊 ま る 海 の 丘 倶 楽 部 車 座 ・ 海 の 丘 倶 楽 部 ・ ・ - 内 浦 町 観 光 物 産 セ ン タ ー 今 井 金 箔 ・ ・ 井 ノ 弥 ・ ・ ・ ・ 稲 忠 芸 堂 ・ ・ 稲 忠 金 沢 店 ・ ・ 一 秀 庵 ・ ・ 市 場 料 理 弥 生 ・ ・ ・ い た る 和 だ い に ん く ・ ・ ・ ・ い た る 本 店 ・ ・ い す も 堂 ・ ・ 泉 谷 ・ ・ ・ ・ 石 田 漆 器 店 ・ ・ ・ 石 川 屋 本 舗 ・ 石 川 県 観 光 物 産 館 ・ 居 酒 屋 空 海 ・ ・ 飯 田 の 朝 市 ・ ・ ・ あ わ づ ク ラ ン ド ホ テ ル ・ ・ ・ 荒 磯 亭 ・ ・ ・ ・ あ ら や 滔 々 庵 ・ あ め の 俵 屋 長 町 店 ・ ・ ・ ・ 網 元 割 烹 旅 館 梅 屋 ・ ・ ・ 甘 納 豆 か わ む ら ・ ・ ・ あ ふ ら と り 箔 座 ・ ア ノ ヾ ホ テ ル 金 沢 駅 前 ・ ・ ・ 味 な 宿 宝 泉 閣 ・ ・ ・ 味 処 山 下 ・ ・ ・ ・ 味 往 来 ・ ・ 浅 田 屋 高 尾 店 ・ ・ 浅 田 屋 ・ ・ ・ 赤 崎 イ チ ゴ 園 ・ 葵 寿 し 漆 の 実 ・ ・ 漆 ・ カ フ エ サ ロ ン 花 ぬ り ・ ・ ・ ・ ・ ・ 173 ・ ・ ・ ・ 173 ・ ・ ・ ・ 135 ・ ・ ・ ・ 107 ・ ・ ・ ・ 174 ・ ・ ・ ・ 103 ・ ・ ・ ・ 129 ・ ・ ・ ・ 142 ・ ・ ・ ・ 123 ・ ・ ・ ・ 137 ・ ・ ・ ・ 157 ・ ・ ・ ・ 176

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


3 4 隰 第 巐 嵎 覇 第 第 古 都 金 沢 を あ ま す と こ ろ な く 堪 能 ① 金 沢 古 都 め ぐ り 一 ど う 回 ろ う ? プ ラ ン コ ー ス メ 無 駄 な く 観 る ! の 旅 い く ら ? : 東 京 発 、 金 沢 2 : : 3 日 フ リ ー プ ラ 、 : ( 4 月 平 日 出 発 ) : 場 合 2 万 6800 北 鉄 パ ス 15 分 イ 2 円 一 -- ・ ※ JR 金 沢 駅 ま で 十 : ( 金 沢 市 内 で の の 往 復 鉄 道 料 金 : 通 費 、 食 事 代 、 は 含 ま れ て い ま せ 十 広 小 路 : etc を 含 ま な い ) ん 。 Time40 分 拝 観 800 円 ( 要 予 約 ) P70 参 照 妙 立 寺 ( 寺 町 ) 加 賀 藩 前 田 家 の 祈 願 所 と し て 創 建 。 寺 内 に は 仕 掛 け が あ る こ と か ら 忍 者 寺 と も 呼 ば れ る 。 P54 ~ 参 照 に し 茶 屋 街 “ Time30 分 飲 食 店 や シ ョ ッ プ が 集 ま る 見 学 自 由 Time40 分 地 域 。 夕 食 は P68 ~ 参 照 こ で 金 沢 の 入 館 300 円 花 街 ら し い 格 子 室 生 犀 星 記 念 館 幸 を 堪 能 。 P69 参 照 戸 と 軒 先 の 行 灯 金 沢 の 三 文 豪 の ひ と な ど が 連 な る 風 り 、 室 生 犀 星 の お い 第 情 あ る 茶 屋 街 風 た ち か ら 文 学 活 動 、 景 や 、 金 沢 西 茶 片 町 交 友 関 係 な ど を 紹 介 屋 資 料 館 ( 入 館 → し て い る 。 無 料 ) を 見 学 。 P102 ~ 参 照 ー ー Time40 分 石 川 県 立 歴 史 博 物 館 片 町 周 辺 ま た 第 入 館 250 円 は 兼 六 園 近 く の ホ テ ル が 徒 P52 参 照 歩 範 囲 で 、 都 石 川 の 歴 史 の 古 兼 六 園 ぅ 合 も い い 。 代 か ら 近 代 ま で を 紹 介 。 明 治 時 代 に 建 て ら れ た 赤 レ ン ガ の 重 厚 金 沢 城 公 園 Time30 分 な 建 物 は 、 国 の 重 要 文 イ ヒ 財 。 入 館 300 円 P61 参 照 Time60 分 香 林 坊 ・ 片 町 ・ 竪 町 加 賀 藩 主 前 田 利 一 家 と 正 妻 ま つ の 入 園 自 由 次 男 、 前 田 利 政 P52 参 照 を 祖 と す る 前 田 め 加 賀 藩 歴 代 藩 主 ー 土 佐 守 家 に 伝 わ 前 田 土 佐 守 家 資 料 館 の 居 城 。 今 も 残 る 貴 重 な 歴 史 資 る 石 垣 や 石 川 門 、 料 を 展 示 。 復 元 さ れ た 五 十 間 長 屋 ・ 橋 爪 門 長 町 武 家 屋 敷 跡 P102 ~ 参 照 続 櫓 、 菱 櫓 な ど が み ど こ ろ 。 2 泊 目 は 、 金 沢 の 郷 土 料 理 Time20 分 を 味 わ え る 料 散 策 自 由 広 小 路 ! 理 旅 館 が お す 知 ら な い 土 地 で 、 P60 ~ 参 照 す め 。 限 ら れ た 時 間 で い か っ て 中 級 武 士 や 下 級 武 士 の 住 か に も れ な く 回 る 橋 場 町 Time30 分 ま い が あ っ た 工 か 。 す べ て 事 前 に 散 策 自 由 リ ア で 、 土 塀 を 巡 ら せ た 屋 敷 が P64 ~ 参 照 プ ラ ン を 組 ん で お 並 ぶ 路 地 に 今 も 金 沢 の 三 茶 屋 泉 鏡 花 記 念 館 く こ と が 大 切 。 そ の 姿 が 残 る 。 街 の ひ と つ 。 こ に 紹 介 す る 5 プ 見 学 で き る 茶 屋 は 、 志 摩 と ラ ン を 参 考 に 、 オ Time30 分 懐 華 楼 。 格 子 ひ が し 茶 屋 街 入 館 300 円 リ ジ ナ ル プ ラ ン を が 連 な る 町 並 P65 参 照 み が 風 情 を 漂 立 て て み よ う 。 カ せ る 。 泉 鏡 花 の 生 家 跡 に 立 ち 、 鏡 花 の 橋 場 町 遺 品 や 初 版 本 を 金 沢 百 番 街 展 示 し て い る 北 鉄 パ ス 10 / 200 円 一 -- ヂ 一 JR 金 沢 駅 構 内 に あ る み や げ 店 が bus 古 い 土 蔵 を 利 用 ー 並 ぶ ゾ ー ン 。 石 川 県 の 銘 菓 や 地 し た 展 示 室 も 印 酒 、 特 産 品 、 輪 島 塗 な ど の 工 芸 J R 金 沢 駅 象 的 。 品 が 一 堂 に 集 ま り み や げ の ま と め 買 い に 便 利 。 MAP P402 モ 一 ア ル プ ラ ン ホ テ ル 代 食 事 代 入 館 料 etc. 600 円 金 沢 駅 ま で の JR 運 賃 は P24 ~ 25 参 照 。 こ で は 昼 ご ろ 到 着 し た 場 合 を 想 定 。 3 分 集 6 分 3 分 5 分 お 日 目 5 ~ 10 分 泊 ま る い P54 ~ 参 照 シ ョ ッ ピ ン グ ビ ル が 林 立 す る 工 : リ ア で 、 一 歩 路 地 に 入 れ ば 飲 食 店 が 並 ぶ 。 す Time60 分 入 園 300 円 P50 参 照 ー 加 賀 藩 前 田 家 の 。 歴 代 藩 主 が 170 年 の 歳 月 を か け て 造 り 上 げ 、 六 つ の 景 観 を 兼 れ 、 備 え た 林 泉 回 遊 式 庭 園 。 す 8 分 す ぐ 北 鉄 パ ス 6 / 28 円 一 -- ・ bus 3 分 日 目 6 分 ① ワ ン ポ イ ン ト ア ド バ イ ス 市 内 に 2 泊 の 場 合 は 、 1 日 目 は 片 町 周 辺 で 外 食 し ホ テ ル 。 2 日 目 は 加 賀 料 理 と 加 賀 情 緒 を 味 わ う 料 理 旅 館 へ 。 移 動 は ほ と ん ど 徒 歩 で 、 バ ス は 200 円 区 間 。 時 間 が な け れ ば レ ン タ サ イ ク ル ( P 46 参 照 ) を 使 っ て 回 る の も い い 。 に 0 を 0 ・ の 宿 「 , 第 を は を 受 32

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


・ 、 厖 を 第 嘛 第 当 彳 1 フ リ ー プ ラ ン 料 金 ( 1 泊 2 日 ) 1 シ ー ズ ン カ レ ン ダ ー フ リ ー プ ラ ン 料 金 ( 1 泊 2 日 ) フ リ ー プ ラ ン 料 金 ( 1 泊 2 日 ) ・ 東 京 発 ( 航 空 機 利 用 ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ 2 万 8000 円 東 京 発 ( 航 空 機 利 用 ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ 2 万 8000 円 東 京 発 ( 航 空 機 利 用 ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ 2 万 8000 円 ・ 大 阪 発 ( 」 R 利 用 ) ・ ・ 大 阪 発 ( 」 R 利 用 ) ・ ・ 大 阪 発 ( 」 R 利 用 ) ・ ・ ・ ・ 2 万 円 ・ ・ ・ 2 万 円 ・ ・ ・ 2 万 円 ・ 名 古 屋 発 ( 」 R 利 用 ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ 1 万 9500 円 ( 金 沢 ) ・ 加 賀 と び 出 初 式 ( 加 賀 ・ 苜 生 石 部 神 社 ) ・ 御 們 前 ) ・ 門 前 そ ば の 市 ( 第 1 ~ 4 日 を 除 く 第 1 日 曜 ) 金 沢 の 願 神 事 ( 10 日 ) 白 装 束 の 若 日 曜 ) そ は 打 ち の 実 演 や テ ン 新 舂 恒 例 行 事 。 消 防 団 員 が は し ご 乗 者 た ち が 各 々 青 竹 を 石 畳 な と に 叩 き ト 市 、 郷 土 芸 能 な ど で 賑 わ う ほ か 、 り や 裸 放 水 な ど を 披 露 す る 。 付 け て 割 り 、 豊 作 を 祈 願 す る 奇 祭 り の 2 週 間 ほ ど 前 か ら 町 内 各 店 で ロ フ 〕 ヾ 0 ( 穴 水 ) ・ か き ま つ り ( 1 月 IO 日 ~ 3 自 然 薯 を つ な ぎ に 使 っ た 門 前 そ は が 加 賀 に 春 の 訪 れ を 告 け る 。 月 31 日 ) 期 間 中 は 町 内 の 飲 食 店 で ( 尾 ロ ) ・ 東 ニ ロ 文 弥 ま つ り ( 第 2 ・ 味 わ え る 。 カ キ の フ ル コ ー ス カ 喰 べ ら れ る 。 1 3 土 ・ 日 曜 ) 300 年 の 歴 史 を 持 つ 人 ( 羽 昨 ・ 気 多 大 社 ) ・ お い で 祭 り 月 下 旬 の 雪 中 ジ ャ ン ホ か き ま つ り で 形 浄 瑠 璃 。 雪 深 い 山 里 の 娯 楽 と し て ( 18 ~ 23 日 ) 平 国 祭 と も い い 、 神 職 ら は 新 鮮 な カ キ の 炭 火 焼 が 人 気 。 50 余 名 の 風 雅 な 行 列 が 5 泊 6 日 を か 演 じ 続 け ら れ て い る 。 ( 金 沢 ほ か ) ・ フ ー ド ビ ア 金 沢 ( 上 ( 白 峰 ) ・ 雪 た る ま ま つ り ( 1 月 最 後 け て 七 尾 の 気 多 本 宮 ま で 往 復 す る 。 の 1 週 間 ) 村 民 手 作 り の 雪 た る ま が 旬 ) 石 川 の 冬 の 味 覚 を 楽 し む 食 の 祭 ( 金 沢 ) ・ 犀 星 忌 ( 26 日 ) 金 沢 が 生 村 中 に 並 ぶ 。 雪 た る ま の 中 に ロ ウ ソ 典 。 各 界 有 名 人 を 招 い て の 食 談 や イ ん だ 文 人 、 室 生 犀 星 を 偲 ぶ 行 事 。 犀 ク が 灯 さ 〕 想 的 。 べ ン ト を 県 内 各 地 で 開 催 。 川 河 畔 の 室 生 犀 星 碑 前 な ど で 開 催 。 寒 さ も 緩 み 北 陸 に 春 の 気 配 い 1 年 を 通 じ て も っ と も 雪 の 多 ー 匙 辟 の 旬 の 味 を 満 喫 で き る フ Ch ck! ・ が 。 雪 解 け で 道 が ぬ か る ん で ー ド ピ ア 金 沢 が 開 催 さ れ る 。 ・ い こ の 時 期 は 、 寒 さ も 廠 し く 防 寒 具 や 足 も と の 装 備 が 必 い る 所 も あ る の で 足 元 に は 注 イ ベ ン ト の 中 心 と な る 金 沢 中 須 。 車 の 場 合 は 装 備 を し つ か 央 公 園 ほ か 市 内 の 飲 食 店 な ど 意 。 中 旬 か ら 下 旬 に か け て は 梅 の 花 が 見 ご ろ 。 冬 の 日 本 海 り 点 検 し て お こ う 。 新 鮮 な 海 で も 特 別 企 画 が 行 わ れ る の の 幸 は こ の 時 期 が 旬 。 の 味 覚 も 最 終 シ ー ズ ン だ 。 で 、 出 か け る 前 に 情 報 収 集 を 。 を = = 0 = 0 、 0 = 0 ・ ・ ・ ・ ・ 0 0000 を = 0 = 000 ・ ・ ・ ・ ・ 0 0000 東 京 発 ( 航 空 機 利 用 ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ 2 万 8000 円 大 阪 発 ( 」 R 利 用 ) ・ ・ ・ 2 万 1000 円 大 阪 発 ( 」 R 利 用 ) ・ ・ ・ 2 万 1000 円 大 阪 発 ( 」 R 利 用 ) ・ ・ ・ 2 万 円 名 古 屋 発 ( 」 R 利 用 ) ・ ・ ・ 2 万 500 円 名 古 屋 発 ( 」 R 利 用 ) ・ ・ ・ 2 万 500 円 ( 内 浦 ) ・ 伴 旗 祭 り ( 2 ・ 3 日 ) 伽 賀 ) ・ 第 蒲 湯 ま つ り ( 3 ~ ー 、 ( 輪 島 ) ・ 曳 山 祭 ( 上 旬 ) 総 5 日 ) 無 病 息 災 を 願 い 粟 津 、 」 輪 島 塗 の 山 車 が 町 内 を 練 る 。 10 隻 の 船 に 吹 き 流 し を つ け 藩 政 時 代 か ら 続 く 巨 大 綱 引 き も 。 た 大 の ば り を 立 て 豊 漁 を 祈 る 。 片 山 津 、 山 代 、 山 中 の 各 温 泉 で 神 輿 ( 金 沢 ・ 浅 野 川 梅 の 橋 界 隈 ) ・ 浅 の ( 内 灘 ) ・ 世 界 の 凧 の 祭 典 ( 初 旬 ) が 担 ぎ 出 さ れ 、 各 浴 場 で は 風 物 詩 の 内 毎 涬 に 世 界 各 国 の 凧 が 舞 う 。 自 蒲 湯 カ 藻 し め る 。 川 園 遊 会 ( 中 旬 ) 浅 野 川 に 設 け ら れ ( 金 沢 ) ・ 金 沢 百 万 石 ま つ り ( 第 2 土 た 浮 き 舞 台 で 、 芸 妓 の 風 流 な 水 芸 、 ( 七 尾 ) ・ 青 柏 祭 ( 3 ~ 5 日 ) 能 登 最 舞 な と の お 座 敷 芸 や 、 そ の 他 伝 統 芸 大 の 祭 り 。 高 さ 12m の テ カ 山 が 練 曜 ) 金 沢 最 大 の イ ベ ン ト で 市 内 は 祭 能 が 披 露 さ れ る 。 周 辺 で は 川 床 で の り ま わ る 様 子 は 圧 巻 。 り ム - ド - 色 に 染 ま る 。 前 田 利 家 や ま つ な ど 、 戦 国 時 代 の 扮 装 で 練 り 歩 食 事 や 茶 会 、 イ ベ ン ト な ど も 。 ( 寺 井 ) ・ 九 谷 茶 碗 ま つ り ( 3 ~ 5 日 ) く 百 月 石 行 列 が み も の 。 ( 志 雄 ) ・ 志 乎 ・ 桜 ま つ り ( 中 旬 ) 露 店 で 九 谷 茶 碗 を 手 ご ろ に 販 売 。 ・ 氷 室 開 き ( 湯 涌 温 泉 ・ 玉 泉 湖 ) 1 約 1 500 本 の 桜 が 咲 き 誇 る や わ ら き ( 小 松 ) ・ お 旅 ま つ り ( 13 ~ 16 日 ) の 郷 な ど 、 町 中 が 桜 色 に 染 ま る 。 白 虎 曳 山 で 上 演 さ れ る 子 供 歌 舞 伎 が 見 月 の 最 終 日 曜 に 詰 め た 雪 を 取 り 出 す 行 事 。 茶 会 な と が 行 わ れ る 。 山 公 園 を 中 心 に 各 種 イ ベ ン ト 開 催 。 事 。 ー 好 天 の 日 が 多 く 観 光 に は ベ ス ー ー 金 沢 百 万 石 ? り で は 毎 年 有 ー ー ) よ か ら 中 旬 に か け て 桜 な 見 Ch ck!+ を 一 丿 ご ろ 。 兼 六 園 は 桜 の 開 花 時 期 名 人 が 前 田 利 家 に 扮 し 、 馬 に を ト シ ー ズ ン 。 ゴ ー ル デ ン ウ イ ま た が り 市 内 を 練 り 歩 く 。 梅 に あ わ せ て 無 料 開 放 さ れ 、 花 ー ク は 各 所 で さ ま さ ま な イ ベ 雨 入 り 前 の さ わ や か な 日 カ ン ト が 盛 大 に 行 わ れ る 。 日 中 見 客 で 賑 わ う 。 肌 寒 さ は 残 る き 、 中 旬 に は 珠 洲 ハ ー プ の 丘 は 過 ご し や す い カ 潮 晩 は ま た が 、 1 年 を 通 じ て 降 水 量 が 最 の ラ ベ ン タ ー カ き 始 め る 。 肌 寒 い の で ジ ャ ケ ッ ト を 。 も 少 な し 塒 期 。 Ch ck! h ck! フ リ ー フ ラ ン 料 金 ( 1 泊 2 日 ) フ リ ー プ ラ ン 料 金 ( 1 泊 2 日 ) フ リ ー プ ラ ン 料 金 ( 1 泊 2 日 ) Ch ck! Ch ck! 平 均 気 温 ( ℃ ) 250 降 水 量 ( 巴 50 3 降 水 量 0 8 月 7 月 6 月 5 月 4 月 3 月 2 月 ル を ア え え 一 多 を

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


人 口 45 万 人 余 り の 金 沢 。 第 ニ 次 世 界 大 戦 の 戦 火 を 免 れ 、 市 内 に は 歴 史 あ る 建 物 が 点 在 。 道 路 も 主 要 道 は 整 備 さ れ て き た も の の 、 一 歩 裏 通 り に 入 る と 狭 く て 一 方 通 行 の う え に ク ラ ン ク 状 態 。 た だ 、 み ど こ ろ の ほ と ん ど が 中 心 部 に 固 ま る た め 、 バ ス な ら 市 内 を 回 る コ ミ ュ ニ テ ィ バ ス が 便 利 だ 。 目 的 に 応 じ て タ ク シ ー や レ ン タ サ イ ク ル も い い 。 足 に 自 信 が あ る な ら す べ て を 徒 歩 で 回 り た い 。 ス ポ ッ ト と し て は 金 沢 を 代 表 す る 兼 六 園 は 必 須 で 、 日 本 情 緒 が 香 る ひ が し 茶 屋 街 と 長 町 武 家 屋 敷 跡 は 押 さ え ど こ ろ 。 み や げ を 求 め る な ら 帰 り 際 に 金 沢 駅 の 百 番 街 へ 。 魚 好 き は 近 江 町 市 場 が ベ ス ト 。 / 広 ヒ 鉄 金 沢 駅 ホ テ ル 日 航 金 沢 島 大 橋 な 0 明 成 小 金 沢 市 野 本 町 ' ー 「 東 山 イ ド 森 山 ー ← 20 師 → ー さ く い ん 図 住 合 せ は 6076-232-5555 。 の べ テ ラ ン が 揃 う 。 要 予 約 。 問 市 内 を 詳 し く 案 内 す る 観 光 案 内 ア ガ イ ド の 会 「 ま い ど さ ん 」 は 、 時 。 無 休 。 ◆ 観 光 ポ ラ ン テ ィ カ 0076-232-6200 。 朝 9 ~ 19 い た 日 に 大 雪 が 降 っ て も 大 丈 夫 子 の 無 料 貸 出 も 行 っ て お り 、 着 時 ) 。 ま た 、 長 靴 や 雨 傘 、 車 椅 訳 ボ ラ ン テ ィ ア も 常 駐 ( 10 ~ 18 バ イ ス も し て く れ る 。 英 語 の 通 ら 何 で も 知 る こ と が で き 、 ア ド 報 セ ン タ ー 」 へ 。 観 光 の こ と な 構 内 に あ る 「 石 川 県 金 沢 観 光 情 ◆ 金 沢 駅 に 到 着 の 場 合 、 ま ず 駅 。 : 0 長 田 町 小 。 本 町 中 央 小 芳 斎 分 校 、 製 フ ァ ー レ 囁 和 町 、 ; ⑦ 中 、 0 め い て つ エ ム ・ む さ し 近 江 町 市 場 P. 72 浅 野 川 大 橋 、 馬 場 小 0 ) 卯 斤 14 ~ 宇 多 須 神 P. 64 ひ が し 茶 屋 街 ・ 主 計 町 、 近 江 町 市 場 ~ 尾 張 町 尾 張 町 主 川 図 書 館 玉 川 町 文 化 亠 剏 長 町 ノ 長 町 武 家 屋 敷 跡 . P. 60 ー 一 尾 崎 神 社 幵 尾 山 神 社 ' 丸 の 内 橋 ' 曾 材 木 町 小 ・ 寺 島 蔵 人 邸 跡 ー 咲 神 橋 ・ 大 樋 美 術 、 金 沢 城 公 園 3 県 体 育 館 ・ ・ 石 Ⅱ ・ 噌 蔵 町 小 三 十 間 長 屋 金 沢 合 同 庁 舎 す 強 彩 筆 庵 ・ 、 、 、 ン 、 中 央 通 町 一 一 ) ト 御 影 大 橋 凸 金 沢 城 跡 川 県 庁 県 警 察 本 部 0 将 町 中 ・ 加 賀 友 禅 伝 統 産 業 会 館 P. 48 兼 六 園 周 辺 。 。 卯 辰 山 公 園 桜 町 P. 54 香 林 坊 ・ 片 町 ・ 竪 町 ◎ 。 村 町 小 ・ ピ タ 中 村 町 P. 68 東 六 薗 県 伝 統 業 工 芸 館 成 巽 閣 ・ ・ ラ ブ 中 宝 院 世 に 片 町 川 大 橋 に し 茶 屋 街 ・ 寺 町 金 沢 市 西 茶 屋 資 館 ・ 中 察 署 ! 中 村 史 博 物 館 記 念 美 術 館 立 工 業 高 校 民 、 化 財 展 示 館 金 美 附 属 台 中 t 津 田 駒 工 業 北 陸 鉄 道 石 川 線 野 町 駅 44 ~ ぞ 第 寺 ) ・ 《 ) : 、 、 室 生 犀 星 立 学 碑 松 月 寺 卍 卍 伏 見 寺 野 町 大 円 寺 P. 76 金 沢 ナ イ ト ク ル ー ス 卍 月 照 寺

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


沢 2 交 流 中 央 小 ー 金 沢 ニ 豆 ト グ ラ ン ド ホ テ 丿 器 屋 03 ア ネ ッ P. 85 居 屋 空 海 学 文 ヒ 務 セ ン タ ー 香 舗 懶 羅 p.Li 03 金 沢 ニ ュ ← グ ラ ン ド ホ オ 神 門 山 神 ち 賣 船 明 靴 陸 中 日 新 聞 金 沢 市 を 、 , 黒 田 P. 91 く ら ぶ と き や ら ー P. 02 @KLJRA p. 58 院 田 P 一 秀 庵 尾 甘 露 堂 .59 等 雲 寺 県 体 育 館 P. 62 旧 加 賀 。 土 高 田 家 跡 カ フ ェ ド カ フ ェ 21 17 新 聞 社 ・ 沢 医 療 管 び 金 沢 合 庁 ひ ま わ り よ P : 79 専 門 学 校 ン 金 ′ 長 町 ( ニ ) 上 85 割 烹 む 香 林 坊 ・ 武 家 屋 敷 跡 野 村 家 「 63 茶 0 地 下 駐 車 場 似 古 川 銀 行 夲 店 : : 広 坂 消 防 金 沢 ・ 長 町 」 p 長 寿 堂 ー 広 に ) 菓 遊 。 , 陶 鬚 ド , 町 公 民 中 央 公 園 ツ め の 屋 長 町 店 季 の テ = プ ル ー ロ p. 57 0 9 香 石 Ⅱ 近 代 文 学 館 P ・ 63 、 蓚 衂 p 63 林 駐 車 場 P ・ 53 浄 照 寺 や ・ 64 前 田 守 家 資 料 砡 2 金 沢 舗 記 念 聟 駐 車 ー は し や \ ・ 坊 ノ リ オ 島 本 店 H 尸 N 日 0109 ヾ 金 沢 ・ 居 酒 屋 割 烹 源 左 工 門 金 沢 P. 93 公 園 引 P. 89 ツ レ イ 木 町 り 芝 寿 し 長 町 片 町 本 店 割 烹 か む ら 寿 美 田 扇 。 .59 引 緑 地 の 実 p. 55 西 洋 膳 所 鏑 木 九 谷 焼 諸 冫 屋 P. 91 ・ 金 沢 カ ト ッ ク 教 会 ふ p ・ 57 81 焼 バ 庄 = 泝 市 ー 9 片 町 中 央 通 た る 本 店 ◎ 蓮 寺 卍 p 。 , プ , ← 珈 ( 戸 野 病 院 / た P. 85 旬 菜 料 理 俐 楽 粋 当 赤 城 、 、 ~ カ ン バ ー ー ユ 本 店 味 処 山 下 、 名 四 P. 57 p. 80 ホ ッ ホ レ ー ベ ン ル ) た る 当 だ い に ん ぐ 国 千 町 ( テ ィ オ ′ ・ ビ 不 ト ロ 高 柳 p. 8 ~ P. 84 金 沢 あ ぶ り 焼 味 の 蔵 ロ p.84 , THE む す び 金 本 酒 屋 だ い だ い 口 p. 寿 司 も を し 一 0 自 E Å 敦 屋 酒 場 p. 80 白 菊 町 P. 81 BANFF BAR POONP. 81 ・ 室 生 犀 星 記 片 町 賀 友 禅 の 店 ゑ り 地 沢 ワ ン ト ン 0 タ P. 93 石 田 漆 ー チ ッ ラ ザ p. 3 犀 川 大 橋 北 詰 、 、 8 石 川 . 第 ゝ JIMHALL 、 片 町 会 羸 南 詰 を う 、 ビ ス ト ロ 0 ど 卍 神 0 ・ 幸 池 愈 番 卍 円 徳 寺 石 川 弉 ND 旧 P. 55 G 理 師 専 門 学 杠 国 / 、 い 卍 大 蓮 P. 81 飛 野 田 屋 茶 店 レ 金 沢 町 、 山 錦 楼 5 F. 蕎 麦 桐 や 国 、 野 響 ア バ ホ 、 町 ! や 6 龜 田 一 番 丁 成 学 寺 北 國 ・ 金 沢 市 西 茶 屋 資 料 広 小 二 こ - 一 、 。 ~ .7t 納 豆 か ら 「 、 、 p 叫 常 徳 寺 P. 59 フ ェ ル メ ル や 、 文 化 服 装 学 院 - ◆ 真 長 寺 卍 小 路 東 、 金 誓 、 野 叫 野 町 ( - 金 澤 九 谷 真 栄 堂 p : 91 噺 竪 ・ 金 沢 ス ン ド グ ラ ス 美 ・ / 卍 / 承 証 寺 BenliVs&JoBO 中 月 杉 の 井 p. 8 プ 妙 立 等 , 広 9 因 徳 寺 卍 彩 浦 町 一 一 -? ・ 5 叺 ( 忍 者 寺 戸 、 、 極 楽 等 ゝ 野 町 2 ー 、 つ ば 甚 p. 86 、 い 堂 生 犀 星 文 学 碑 手 晃 寺 .68. ・ 冫 ー 緑 地 管 理 所 、 ー 完 西 方 寺 、 、 、 卍 浄 安 寺 ) 月 寺 の サ ク ラ . 月 諏 訪 神 ア パ 宗 爿 . 金 沢 野 町 の 0 諸 江 屋 ' 卍 常 松 寺 松 月 尹 卍 、 、 去 ! 北 病 院 町 豊 霖 寺 卍 本 妙 寺 水 位 観 測 所 金 剛 寺 妙 典 寺 由 国 泰 町 駅 4 戸 川 少 林 寺 寺 町 ( 五 瓏 雲 寺 グ 、 、 川 食 糧 事 務 所 を 」 千 手 、 、 = 泉 野 菅 原 社 卍 桜 南 - 岸 寺 ー 、 卍 興 徳 寺 = ー ) 一 一 / 下 卍 王 泉 寺 , 長 久 寺 公 民 W 坂 ・ - 玉 龍 寺 卍 71 割 烹 と よ 島 、 光 専 寺 卍 本 因 寺 野 町 ハ 卍 妙 福 ・ 卍 立 正 寺 - 善 隆 寺 = ′ 」 咄 野 町 、 寺 町 3 本 覚 寺 卍 、 希 翁 院 ) 妙 法 寺 開 禅 寺 龍 渕 寺 」 国 道 8 号 へ ` 2 黼 n. ( 法 船 寺 襾 、 朝 社 沖 央 通 町 市 寺 月 中 村 神 吽 ゝ P. 69 、 。 里 見 ー . ~ 発 安 閑 等 法 光 寺 卍 立 寺 一 本 性 寺 ! 實 成 寺 卍 99 発 昌 柳 を 、 ー 寺 町 ( 印 ー 0 、 、 、 朝 石 田 病 院 寺 町 ( ふ 融 山 院 卍 野 々 へ 本 是 寺 卍 ! 42 龍 徳 寺 卍 光 院

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


日 本 三 名 園 の ひ と つ 兼 六 園 を 中 心 に 、 前 田 家 ゆ か り の 遺 構 や 資 料 館 、 美 術 館 な ど が 点 在 す る 金 沢 観 光 の メ イ ン エ リ ア 。 美 し い 池 泉 回 遊 式 庭 園 の 玉 泉 園 や 県 立 美 術 館 か ら 続 く 緑 豊 か な 美 術 の 小 路 な ど 、 歴 史 と 安 ら ぎ を 感 じ さ せ る 。 平 成 16 年 に は 、 金 沢 21 世 紀 美 術 館 の 完 成 も 予 定 さ れ て お り 、 百 万 石 の 城 下 町 な ら で は の 文 化 ゾ ー ン と し て 新 し い 魅 力 が 増 え そ う だ 。 金 沢 街 歩 き の ツ ホ 現 在 地 早 わ か り ← 兼 六 園 六 勝 の ひ と っ と 言 わ れ る 雁 行 橋 ← バ ス ・ ← 徒 歩 兼 六 園 下 10 分 3 分 兼 六 園 周 辺 お す す め コ ー ス ガ イ ド P52 参 照 復 元 き れ た 五 十 間 長 屋 、 菱 櫓 、 橋 爪 門 な ど 、 現 代 の 名 工 た ち の 技 が 光 る 建 物 を 見 学 。 P50- 引 参 照 0 加 賀 藩 前 田 家 が 170 年 の 歳 月 を か け て 造 園 。 霞 ヶ 池 を 中 心 と し た 四 季 の 風 情 が 魅 力 。 P52 参 照 ギ ャ ッ シ を は め 込 ん だ 障 子 ど 贅 沢 な 造 り を 見 学 。 兼 六 園 内 の 赤 門 か ら 出 入 り か 可 能 。 P52 参 照 ・ 朝 充 谷 焼 、 加 賀 友 、 夫 樋 。 焼 、 牛 首 紬 、 水 引 細 工 な ど 石 川 の 伝 統 工 芸 を 展 示 。 P52 参 照 赤 レ ン ガ の 外 観 。 館 内 に は 、 石 川 の 原 始 か ら 近 代 ま で の 歴 史 資 料 を 展 示 し て い る 。 P53 参 照 0 ・ 前 田 家 が 所 蔵 す る 文 化 財 や 古 九 谷 な ど の ほ か 、 地 元 の 人 間 国 宝 ら の 秀 逸 作 品 を 展 示 。 P53 参 照 ・ ・ - 崟 の 三 文 豪 、 泉 鏡 花 、 室 生 犀 。 星 、 徳 田 秋 声 を 中 心 に 文 士 ら の 作 品 や 愛 用 品 を 展 示 。 ・ ひ と 足 の ば す な ら コ コ へ 0 フ ラ ス 30 け ん ろ く え ん し ゅ 、 へ ん 所 要 時 間 5 時 間 10 分 1 分 で わ か る 兼 六 園 周 辺 兼 六 園 と い え ば 、 水 戸 の 偕 楽 園 、 岡 山 の 後 楽 園 と 並 ぶ 日 本 三 名 園 の ひ と つ 。 六 つ の 勝 ( → P50 ) を 兼 ね 備 え て い る こ と か ら 、 兼 六 園 と 名 付 け ら れ た 。 加 賀 藩 前 田 家 居 城 の 金 沢 城 の 庭 園 と し て 造 ら れ た こ と は 周 知 の 事 実 だ が 、 周 辺 に は 藩 政 時 代 を 偲 ば せ る 遺 構 も 数 多 く 残 っ て い る 。 周 り を 取 り 囲 む よ う に 加 賀 八 家 と 呼 ば れ る 前 田 家 の 重 臣 た ち の 屋 敷 跡 が あ り 、 さ ら に そ の 外 に は 足 軽 町 の 名 残 り も あ る の で 、 足 を 伸 ば し て み て は 。 ま た 、 金 沢 観 光 の 第 一 ス ポ ッ ト で あ り 、 み や げ も の 店 や 食 事 処 、 茶 店 な ど が 随 所 に あ る 。 START< 石 川 門 を く ぐ り 石 川 橋 を 渡 る 金 沢 城 公 園 兼 六 園 成 巽 閣 川 県 立 伝 統 産 業 工 芸 4 分 石 川 近 代 文 学 館 金 沢 市 立 中 村 記 念 美 術 館 → P49B3 茶 人 で も あ っ た 中 村 酒 造 先 々 代 社 長 の コ レ ク シ ョ ン 。 茶 道 具 や 書 画 な ど 興 味 深 い 数 々 を 展 示 。 100 円 で 茶 菓 の サ ー ビ ス も あ る 。 6076- 221-0751 。 入 館 300 円 。 新 9 時 30 分 ~ 16 時 30 分 。 展 示 替 え 期 間 。 220 台 48 ・ み ・ ・ ・ 徽 軫 ( こ と じ ) 灯 籠 は 2 本 の 足 が 和 楽 器 の 琴 柱 に 形 が 似 て い る こ と か ら 、 こ の 名 が 付 い た 。 桜 並 木 が あ り 春 は 見 事 0 広 坂 を 下 り 市 役 所 前 を 通 る

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


石 川 県 立 美 術 館 石 川 近 代 文 学 館 受 け 継 が れ て き た 石 川 の 文 学 の ル ー ツ が 伝 統 の 美 を 堪 能 一 目 で わ か る 百 万 石 文 化 が 育 ん だ 伝 統 工 芸 や 、 地 元 作 旧 制 四 高 の 本 館 ( 国 指 定 重 要 文 化 財 ) だ 家 の 作 品 な ど 、 石 川 の 美 が 一 堂 に 会 し た 美 っ た 建 物 に 、 犀 星 、 秋 声 、 鏡 花 な ど 石 川 ゆ 園 術 館 。 古 九 谷 に 始 ま る 九 谷 焼 の 逸 品 の 数 々 か り の 作 家 や 、 西 田 幾 多 郎 な ど 思 想 家 の 資 辺 や 、 前 田 家 に 伝 わ る 美 術 品 な ど 、 伝 統 の 料 を 展 示 す る ほ か 、 四 高 時 代 の 様 子 も 紹 介 奥 深 さ に あ ら た め て 驚 か さ れ る 9 野 々 料 仁 さ れ て い る 。 定 期 的 に 文 学 研 究 会 も 催 さ れ 清 作 色 絵 雉 香 炉 ( 国 宝 ) と 色 絵 雌 雉 香 炉 て お り 、 石 川 の 文 学 の 軌 跡 が 一 目 で 分 か る 。 ( 重 文 ) は 一 見 の 価 値 あ り 。 [DATA] バ ス 停 香 林 坊 か ら す ぐ 。 6076- [ D ATA ] バ ス 停 成 巽 閣 前 か ら 徒 歩 1 262-5464 。 入 館 400 円 ( 特 別 展 の 場 合 は 分 。 6076-231-7580 。 入 館 350 円 。 9 異 な る ) 。 9 時 30 分 ~ 17 時 。 展 示 替 え 時 30 分 ~ 17 時 。 展 示 替 え 期 間 。 60 台 期 間 。 25 台 。 ー ー ち ょ っ と ひ と 息 ・ 休 憩 ス ポ ッ ト ー 金 茶 寮 兼 六 園 店 ( 白 嶺 会 館 内 ) タ 月 亭 TEL076-261-8901 TEL076-222-1600 MAP → P49C3 一 流 料 亭 の 味 を 気 軽 に 味 わ う 卯 辰 山 を 望 む 眺 望 抜 群 の 食 事 処 平 成 14 年 9 月 に リ ニ ュ ー ア ル し 、 メ ニ ュ ー も 一 新 。 細 金 沢 の 老 舗 料 理 旅 館 金 茶 寮 が 経 営 す る 姉 株 店 。 加 賀 の 郷 土 料 理 と 京 都 の 茶 懐 石 の 粋 が 融 合 し た オ リ ジ ナ リ テ ィ や か な 心 遣 い を 感 じ さ せ る ま っ 御 膳 や 、 見 た 目 も 華 や か ー あ ふ れ る 料 理 が 味 わ え る 。 夜 は ミ ニ 懐 石 2500 円 ~ が 人 気 。 バ ス 停 成 巽 閣 前 か ら 徒 歩 1 分 。 新 11 時 30 分 ~ 14 時 、 17 時 30 分 ~ 21 時 30 分 ( 日 曜 、 祝 日 は ~ 20 時 30 分 ) 。 月 曜 ( 祝 と 日 の 場 合 は 変 更 あ り ) 。 27 台 。 ど ん す き 一 和 風 喫 茶 茶 寮 曲 水 宴 TEL076-231-0441 TEL076-221-4909 こ だ わ り の さ ぬ き の 手 打 ち う ど ん 女 性 の 顏 も ほ こ ろ ふ 甘 味 の 店 四 国 讃 岐 出 身 の 主 人 の こ だ わ り が 作 り 出 す う ど ん す き 兼 六 園 そ ば に あ る 甘 味 と 軽 食 の 店 。 作 り た て の お だ ん ご セ ッ ト は 、 飲 み 物 が 選 べ る 上 に プ ラ ス 200 円 で 金 箔 を 振 が 絶 品 。 昆 布 、 カ ツ オ 、 イ リ コ で と っ た 上 品 な 関 西 風 の だ し と 、 自 慢 の 手 打 ち 麺 の 組 合 り 掛 け て く れ 、 観 光 客 に 好 せ が 絶 妙 な ど ん 寿 喜 は 、 山 海 評 だ 。 郷 土 料 理 の 治 部 煮 を の 幸 が 20 種 類 入 っ た 豪 華 版 あ し ら っ た 丼 と そ ば 各 900 こ く の あ る 酒 鍋 850 円 や チ ゲ 円 も お す す め 。 バ ス 停 兼 鍋 900 円 も お す す め 。 バ ス 停 六 園 下 か ら す ぐ 。 新 9 時 30 分 ~ 18 時 30 分 。 火 曜 ( 8 出 羽 町 か ら 徒 歩 1 分 。 新 1 1 時 月 は 無 休 ) 。 2 な し 。 ~ 21 時 分 火 曜 。 新 0 台 。 ・ み ・ ・ 金 沢 出 身 の 偉 人 の 業 績 を 紹 介 し た 金 沢 市 立 ふ る さ と 偉 人 館 ( MAP → P49A3 ) 。 鈴 木 大 拙 な ど 5 人 の 足 跡 を 展 示 。 53 色 市 の 思 を MAP → P49C2 昼 の 月 替 り の お 弁 当 1500 円 ~ ま っ 御 膳 2500 円 MAP → P49C1 MAP → P49C3 ど ん 寿 喜 2700 円 お だ ん こ セ ッ ト 650 円

金沢・能登 (るるぶ楽楽)


全 沢 グ ル メ 加 賀 き ん ち や り よ う ほ ん て ん TEL076-243-2121 受 け 継 が れ る 一 客 ー 亭 の こ こ ろ 和 8 年 ( 1933 ) 創 業 の 料 理 旅 館 。 犀 川 を 望 む 寺 町 台 に あ り 、 加 賀 藩 家 老 の 別 荘 を 議 り 受 け た と い う 屋 敷 は 、 10 坪 の 庭 園 に 5 棟 の 離 れ が 立 ち 、 な ん と も 優 雅 。 初 代 が 始 め た 加 賀 料 理 と 京 懐 石 を 合 わ せ た ス タ イ ル は こ こ な ら で は 。 懐 石 は 昼 1 万 円 ~ 、 夜 1 J 日 金 沢 駅 東 口 か ら 北 鉄 パ ス 平 和 町 ・ 市 万 8000 円 ~ 民 病 院 方 面 行 き で 20 分 、 寺 町 2 丁 目 下 車 、 徒 歩 3 分 。 11 ~ 14 時 、 1 7 ~ 2 2 時 ( 要 予 約 、 サ ー ビ ス 料 、 席 料 別 ) 。 無 休 。 28 台 。 繊 細 な 京 料 理 を べ ス に 、 新 鮮 な 山 海 の 会 茶 寮 : 本 幸 を ふ ん だ ん に 盛 り 込 ん で 仕 上 げ た 贅 沢 な 加 賀 料 理 の 数 々 。 ゴ リ の 唐 揚 げ 、 治 部 煮 、 蓮 蒸 し な ど 、 食 材 を 生 か し た 味 わ い と 、 見 た 目 に も 美 し い 逸 品 が 揃 う 。 か が せ き て い TEL076-231-2208 MAP → P54C4 加 賀 藩 家 老 の 屋 敷 で 旬 を 味 わ う 賀 藩 家 老 横 山 家 の 屋 敷 を 利 用 し た 料 亭 。 加 賀 料 ー 理 を 気 軽 に 味 わ え る 旬 の 会 席 、 金 沢 の 御 膳 や 、 季 節 の 野 菜 と 吟 味 さ れ た 国 産 牛 を 使 っ た 名 物 の し や ぶ し や ぶ 8000 円 な ど が 人 気 。 カ ウ ン タ ー 席 が あ り 、 部 屋 で の 食 事 は 要 予 約 。 JR 金 沢 駅 東 口 か ら 北 鉄 パ ス 東 部 車 庫 方 面 行 き で 15 分 、 本 多 町 下 車 、 徒 歩 2 分 。 11 時 30 ~ 14 時 30 分 、 17 ~ 22 時 ( 土 ・ 日 曜 、 祝 日 は 11 時 30 分 ~ 22 時 ) 。 無 休 。 28 台 。 昼 席 重 箱 弁 当 5000 円 MAP → P38C3 刀 ロ 金 沢 の 御 膳 3800 円 ( 昼 の み ) お 昼 の み の 金 沢 の 御 膳 美 し く 盛 り つ け ら れ た 料 理 は 心 ま で 優 雅 歳 、 羅 さ ん き ん ろ う TEL076-241-3617 MAP → P69B1 川 面 に 映 る 街 の 灯 を 愛 で な が ら 治 28 年 ( 1895 ) 創 業 の 料 亭 。 昭 和 初 期 に 建 て ら れ た 木 造 4 階 の 建 物 は 風 格 が あ り 、 金 沢 市 の 保 存 建 造 物 指 定 。 犀 川 を 望 む 高 台 に あ る た め 景 色 も 抜 群 だ 。 伝 統 の 加 賀 料 理 の 懐 石 コ ー ス は 昼 6000 円 夜 8000 円 ~ 。 造 り や 治 部 煮 な ど の ほ か 、 冬 は か ぶ ら 寿 し な ど も 加 わ り 、 季 節 の 味 も 郷 土 色 豊 か 。 バ ス 停 片 町 か ら 徒 歩 3 分 。 新 11 ~ 14 時 、 17 ~ 21 時 。 日 曜 ( 予 約 が あ れ ば 営 業 ) 。 03 台 。 昼 懐 石 6000 円 ~ つ ば じ ん TEL076-241-2181 MAP → P69B2 犀 川 を 見 下 ろ す 金 沢 屈 指 の 老 舗 賀 藩 の お 抱 え 鍔 師 だ っ た こ と が 店 名 の 由 来 と い ー う 老 舗 料 亭 。 宝 暦 2 年 ( 1752 ) の 創 業 か ら 守 り 続 け た 加 賀 料 理 の 伝 統 を 受 け 継 ぎ な が ら 、 洋 の 食 材 も 取 り 入 れ る な ど 、 美 味 探 究 の 精 神 が 常 連 の 舌 を 唸 ら せ て い る 。 懐 石 は 、 昼 8000 円 ~ 、 夜 1 万 5 千 円 R 金 沢 駅 か ら 北 鉄 パ ス 平 和 町 ・ 泉 野 出 町 方 面 行 き で 20 分 、 広 小 路 下 車 、 徒 歩 1 分 。 11 ~ 14 時 、 17 ~ 21 時 ( 要 予 約 ) 。 無 休 。 210 台 。 加 賀 理 の 真 が み ら れ 珠 姫 膳 5000 円 ( 昼 の み ) つ ば し / に 0 四 季 折 々 の 食 材 が 映 り よ く 出 さ れ る ・ ・ ・ ・ ・ 初 め て 「 加 賀 料 理 」 と い う 言 葉 を 使 っ た の は 昭 和 32 年 ( 1957 ) 取 材 に 訪 れ た 文 人 ・ 吉 田 健 ー と い わ れ て い る 。