検索 - みる会図書館

検索対象: 図書 2016年 9月

図書 2016年 9月から 10000件見つかりました。
1. 現代日本の文学 19 中野 重治 集

現代日本の文学 19 中野重治集 全 60 巻 昭和 45 年 12 月 1 日初版発行 昭和 57 年 10 月 1 日 26 版発行 著者中野重治 発行者古岡滉 発行所鑾査学習研究社 東京都大田区上池台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振替東京 8 ー 142930 電話東京 ( 720 ) 1111 ( 大代表 ) 印刷大日本印刷株式会社 暁印刷株式会社 製本文勇堂製本工業株式会社 本文用紙三菱製紙株式会社 表紙クロス東洋クロス株式会社 製函永井紙器印刷株式会社 * この本に関するお問合せやミスなどがありましたら , 文書は , 東京都大田区上池台 4 丁目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学研お客さま相談センター現代日本の文学係へ , 電話は , 東京 ( 03 ) 7 加ー 1111 へお願いします。 OShigeharu Nakano 1970 Printed in Japan ISBN4 ー 05 ー 050229 ー 1 C0393 本書内容の無断複写を禁す

2. 世界 2016年 10月号

8 月に刊行した本 9-2016 人びとの戦後経済秘史崩壊するアメリカの公教育 ー日本への第告 東京新聞・中日新聞経済部編 ・ : 四六判本体 1800 円 ・ : 四六判本体 1900 円鈴木大裕 沖縄は未来をど、つ生きるか【杜注】第 - 期・浦冊 大田昌秀・佐藤優 : : : : 四六判本体 17 。。円 第十冊成都の歌下 まんが政治政治まんが ー七人のソーリの一 0 年 吉川幸次郎著 ・ : 判本体 9800 円 ・ : 四六判本体 1200 円 興膳宏編 佐藤正明 一岩波講座教育変革への展望 4 】全 7 巻 【編集委佐藤学・秋田喜代美・志水宏吉・ 小玉重夫・北村友人 大人に贈る子どもの文学学びの専門家としての教師冷戦と「アメリカの世紀 . ・ : 四六判本体 2100 円 猪熊葉子 ・ : 判本体 6400 円 ・ : 判本体 3200 円菅英輝 【リーディングス戦後日本の思想水脈 3 】全 8 巻 プ 1 タン王国の教育変容 集 民主主義と市民社会 ー近代化と「幸福」のゆくえ ・ : 判本体 4800 円 宇野重規編 ・ : 判本体 8500 円 杉本均編 会 加 【岩波科学ライブラリー】 【岩波数学叢書】 星くずたちの記憶 岩澤理論とその展望下 ー銀河から太陽系への物語 : 判本体 7400 円 ・ : 判本体 1200 円落合理 橘省吾 【岩波現代全書】 【岩波数学叢書】 丸刈りにされた女たち数値解析の原理 「ドイツ兵の恋人」の戦後を辿る旅 日の沈む国からー政治・社会論集 ー現象の解明をめざして 加藤典洋 ・ : 四六判本体 2000 円藤森晶子 ・ : 四六判本体 19 。 0 円菊地文雄・齊藤宣一 あなた河野裕子歌集 永田和宏・永田淳・永田紅編 : 四六判本体 1800 円 ・ : 判本体 6800 円 2

3. 図書 2016年 9月

8 月に刊行した本 9 -2016 人びとの戦後経済秘史崩壊するアメリカの公敵育 ー日本への警告 東京新聞・中日新聞経済部編 ・ : 四六判本体 1800 円 ・ : 四六判本体 19 。。円鈴木大裕 沖縄は未来をど、つ生きるか【杜甫詩注】第 - 期・浦冊 大田昌秀・佐藤優 : : : : 四六判本体 1700 円 第十冊成都の歌下 まんが政治政治まんが ー七人のソーリの一 0 年 吉川幸次郎著 ・ : 判本体 9800 円 興膳宏編 佐藤正明 【岩波講座教育変革への展望 4 】全 7 巻 〔編集委佐藤学・秋田喜代美・志水宏吉・ 小玉重夫・北村友人 大人に贈る子どもの文学学びの専門家としての教師冷戦と「アメリカの世紀 , : 四六判本体 2100 円 猪熊葉子 ・ : 判本体 6400 円 ・ : 判本体 3200 円菅英輝 【リーディングス戦後日本の思想水脈 3 】全 8 巻 プ 1 タン王国の教育変容 民主主義と市民社会 ー近代化と「幸福」のゆくえ ・ : 判本体 4800 円 0 宇野重規編 ・ : 判本体 8500 円 杉本均編 【岩波科学ライブラリー】 【岩波数学叢書】 星くずたちの記憶 岩澤理論とその展望 ー銀河から太陽系への物語 落合理 ・ : 判本体 7400 円 橘省吾 【岩波現代全書】 【岩波数学叢書】 丸刈りにされた女たち数値解析の原理 「ドイツ兵の恋人」の戦後を辿る旅 日の沈む国からー政治・社会論集 ー現象の解明をめざして 加藤典洋・ ・ : 四六判本体 2000 円藤森晶子 : 四六判本体 1900 円菊地文雄・齊藤宣一 あなた河野裕子歌集 永田和宏・永田淳・永田紅編 : 四六判本体 1800 円 ・ : 四六判本体 1200 円 希載書店 : 判本体 1200 円 ・ : 判本体 6800 円 -4 2

4. 思想 2016年第9号(第1109号)

8 月に刊行した本 9-2016 人びとの戦後経済秘史崩壊するアメリカの公教育 ー日本への警告 東京新聞・中日新聞経済部編 ・ : 四六判本体 1800 円 : ・四六判本体 1900 円鈴木大裕 【杜甫詩注】第—期・浦冊 沖縄は未来をどう生きるか 大田昌秀・佐藤優 : : : : 四六判本体 1700 円 第十冊成都の歌下 まんが政治政治まんが ー七人のソーリの一 0 年 ・吉川幸次郎著 ・ : 判本体 9800 円 興膳宏編 佐藤正明 【岩波講座教育変革への展望 4 】全 7 巻 〔編集委佐藤学・秋田喜代美・志水宏吉・ 小玉重夫・北村友人 大人に贈る子どもの文学学びの専門家としての教師冷戦と「アメリカの世紀」 : 四六判本体 2100 円 猪熊葉子 ・ : 判本体 6400 円 ・ : 判本体 3200 円菅英輝 【リーディングス戦後日本の思想水脈 3 】全 8 巻 プ 1 タン王国の教育変容 民主主義と市民社会 ー近代化と「幸福」のゆくえ ・ : 判本体 4800 円 宇野重規編 ・ : 判本体 8500 円 杉本均編 会 加 【岩波科学ライブラリー】 【岩波数学叢書】 星くずたちの記憶 岩澤理論とその展望 2 ー銀河から太陽系への物語 : 判本体 7400 円 ・ : 判本体 1200 円落△ロ理 橘省吾 一岩波現代全書】 【岩波数与叢書】 丸刈りにされた女たち 数値解析の原理 「ドイツ兵の恋人」の戦後を辿る旅 ー現象の解明をめざして 日の沈む国からー政治・社会論集 ・ : 四六判本体 19 。 0 円菊地文雄・齊藤宣一 加藤典洋 ・ : 四六判本体 2000 円藤森晶子 あなた河野裕子歌集 永田和宏・永田淳・永田紅編 ・ : 四六判本体 1800 円 ・ : 四六判本体 1200 円 ・ : 判本体 6800 円 2

5. 日経ビジネス 2017年7月17日号

JAPANLVAI インパウンド・シャパン INBOUND ~ ^ ~ 2017 年み 19 日 ( 水 , ~ 21 東京ビッグサイト西 3 ・ 4 ホール 日 ( 金 ) 日経 BP 社ジャパンショッビングッーリズム協会 V KEYNOTE 各分野 7 / 19 ( 水 ) 16 : 00 ~ 16 : 40 観光先進国実現に 向けた岨東日本の取組 ~ インバウンド 4 ′ 000 万人 時代に向けて ~ ( 仮 ) 東日本旅客鉄道 取締役会長 清野智氏 7 / 20 ( 木 ) 10 : 00 ~ 10 : 40 海外輸出 E - ( omm ( e ( 越境 E ( ) ダントツの 日本企業 ~ 売れるまでの道のリ ビイ・フォアード し代表取締役 山川博功氏 7 / 19 ( 水 ) 10 : 00 ~ 10 : 40 宗像の世界遺産への 取リ組み 宗像大社 葦津敬之氏 東北の地方創生、 人済拡大に繋がる 」 A [ の骨太な 社会的取リ組み 日本航空 取締役会長 大西賢氏 7 / 19 ( 水 ) 12 : 00 ~ 12 : 30 「観光先進国」の 実現に向けた政府の 取組みについて 内閣官房長官 菅義偉氏 7 / 19 ( 水 ) 15 : 00 ~ 15 : 40 E ( 市場の 成長著しい中国に挑む アイスタイルの 越境 E ( 戦略 istyle Ch ina を董事長兼総経理 吉田直史氏 当 V テーマセッション地方創生や体験 地方創生海外発信拠点 7 / 19 ( 水 ) 10 : 40 ~ 11 : 20 7 / 20 休 ) 11 : 00 ~ 12 : 00 7 / 20 休 ) 13 : 00 ~ 14 : 30 7 / 20 休 ) 14 : 00 ~ 15 : 00 アニメッーリズム実現 のための手法 ( 仮 ) ガストロノミー・ BS ジャパン「田村淳の Japan HO び X インバウンドの未来形 世界が求めるインバウンド = BUS 粮 E55 BAS に」公開収録 7 / 19 ( 水 ) 13 : 00 ~ 14 : 30 ~ 山形県鶴岡市の選択 ~ 地域活性化の未来 出羽三山の山伏文化を背景に精進 サンパウロの開館後 2 ヶ月で 15 万人 2020 年東京オリンビック・バラリンビックを 料理、伝承野菜や野草文化を育む の来館者を集めた外務省のモンス 活用した地域活性化推進首長連合特別セミナー ター・プロジェクト「ジャパン・ハウ 鶴岡市がイタリア食科学大学や辻 自治体の悩み解決 ! インバウンドの今後のトレンド予測で ス」。ロンドン , ロサンセルスの開館も 調理師専門学校と連携し、日本の食 全国自治体企画会議 重要になるキーワード「インフルエン 控え、日本の魅力発信とインバウンド 文化を学べる地として世界に発信し サー」「越境 EC 」「体験型」について、複 Airbnb 、 Ube 「と三条市長、高野町長ほ が拓く地域活性化の未来について、 ていく取リ組みを解説します。 数の賢者が登壇。豊富な事例を基に かが登壇し、地方自治体におけるテクノ 第一線の当事者達が鋭く迫ります。 ( 登壇 ) 鶴岡市、辻調理師専門学校 0 ジー、新サービ = 用による地域活 解説していただきます。 ( 登壇 ) べにや無何有、アトミックスメ ( 登壇 ) やまとごころ、 TOKI ほか 性化策を議論します ディア、 Chapter White 、外務省 地方創生 教育地方創生 食文化 コト消費越境 E ( 地方創生テクノロジー活用 ご来場特典 ご来場の方に抽選で 美味しい商品をプレゼント 「ご当地グルメへの興味が世界と地域をつなぐ」をコンセプトとし、すべての景品は ニッポンの食 " をご用意します。銀座久兵衛での寿司ランチ券、ご当地ラーメン セット、ご当地カレーなど、抽選で 3 , 000 名以上に商品が当たリます。

6. 週刊金曜日 2017年2月3日号

きんようびのはらつばで 市民運動から講演・映画・音楽イベントの情報案内板 にとどめを 18 時半 ~ 21 時、エデュカス東京 ( 地下 鉄麹町駅 ) 。 1000 円 ( 学生無料 ) 。講師 : 杉尾秀哉、 中野晃ー。マスコミ 9 条の会 / 日本ジャーナリスト会議 ( 03-3291-6475 ) 靖国反対講演会私はここに立つ混迷す る現代日本で抵抗権を考える 19 時 ~ 21 時、世 田谷区鳥山区民センター 3 階集会室 ( 京王線千歳 鳥山駅 ) 。無料。講師 : 渡辺信夫。日本キリスト教会 東京告白教会 ( 03-3300-6529 ) W F T 講演 & 上映沖縄の自然とヘリバッド 19 時 ~ 21 時、東京ボランティア・市民活動センター ( 飯田橋 駅 ) 。 500 円 ( 介助者無料 ) 。講師 : 古賀加奈子。「い のちの森高江』上映。ビデオアクト上映プロジェクト ( 045-228-7996 ) W F 2 月 9 日 ( 木 ) 講演ー「老人漂流社会」の取材現場から 18 時 半 ~ 、慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール ( 田 2 ・ 1 1 集会戦争死者のゆくえ 14 時 ~ 16 時、 町駅 ) 。 1000 円。講師 : 板垣淑子 ( NHK 報道局 ) 、河 京都 YWCA ( 地下鉄丸太町駅 8 分 ) 。 300 円。話題 合克義。港・文イヒの会 ( 03-3440-0738 廣谷 ) 2 月 1 1 日 ( 土・休 ) 写真展一重慶大爆撃を知ってますか ( 第 2 弾 ) 提供者 : 片岡英子。京都 YWCA ( 075-431-035D 学習会は資本論」を読む会・京都 10 時 ~ 11 集会は建国記念の日」に反対し日本のいまと ゲルニカ・重慶 ~ ベトナム・バレスチナ・シリア 15 日 ( 水 ) まで 10 時 ~ 20 時 ( 最終日 17 時 ) 、九段生涯 時半、京都市下京いきいき市民活動センター第 2 会 明日を考える集い 13 時半 ~ 、高知県人権啓発セ 学習館 2 階九段ギャラリー ( 地下鉄九段下駅 ) 。無 議室 ( 京都駅 ) 。 100 円。第 3 章「貨幤または商品流 ンター 6 階ホール ( 高知駅よりバス「公園通」 ) 。 800 通」の続き。「資本論」を読む会・京都 ( 090-5241- 円。講師 : 俵義文。実行委 ( 088-875-7274 高知県平 料。連日 13 時 ~ 、前田哲男ほか専門家が解説。重慶 5052 ) WF T 大爆撃の被害者と連帯する会・東京 ( 03-3501-5558 ) 和運動センター ) C 例会一反戦老人クラブ・京都 10 時 ~ 12 時、京 2 月 10 日 ( 金 ) 2 月 12 日 ( 日 ) 都市 : 東山いきいき市民活動センター ( 京阪三条 集し新アイヌ民族とともに北方諸島の問題を考 学習会福山「資本論」を読む会 9 時半 ~ 11 駅 ) 。 300 円。米新政権を中心に世界の動きについて 議論。反戦老人クラブ・京都 ( 075-723-6413 ) 時半、広島県 : 福山市市民参画センター 2 階セミナ える 19 時 ~ 20 時 45 分、千代田区富士見区民館 上映ードキュメンタリーを視て語るつどい 18 ールーム ( 福山駅 6 分 ) 。 150 円。マルクスは何故『資 洋室 A ( 飯田橋駅 ) 。 1000 円。ゲスト : 加藤敬人。実 本論』を「商品」の分析から始めたのか ? 福山労働 時半 ~ 、大阪市北区民センター ( 天満駅 ) 。 300 円。 行委 ( 03-3485-6736 ) 者学習講座 ( 090-9993-9744 伊藤 ) 「揺らぐ外国人労働者の町押し寄せる韓国経済 2 月 1 1 日 ( 土・休 ) 学習会一学び舎中学歴史教科書で模擬授業 のひずみ」と「憲法改正と日本会議」を上映。映像で 講演ー私たちの《戦争》を知るために ( 9 ) そ 13 時 ~ 16 時、福岡県 NPO ボランティアセンター ( 吉 現代を語る会 ( 090-5151-9763 中森 ) 塚駅、吉塚合同庁舎 5 階 ) 。 500 円 ( 18 歳以下無料 ) 。 れでも憲法を変えますか ! 13 時半 ~ 16 時、東 講師 : 鈴木敏夫。定員 50 名要申込。ふくおか教育を 村山市立中央公民館 ( 西武線東村山駅 ) 。 300 円 考える会協議会 ( 092-406-4125 ) ( 学生無料 ) 。講師 : 稲正樹。みんなの憲法委員会 2 月 4 日 ( 土 ) ( 070-6456-4698 篠原 ) WF T 演劇ー劇団民藝「野の花ものがたり徳永進 連続講座ー憲法とわたしたち改めて日本国 憲法に習熟しよう 14 時 ~ 16 時半、国立市公民館 2 月 9 日 ( 木 ) 伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA( 新宿 ( 国立駅 ) 。 500 円。講師 : 西川重則。実行委 ( 042-57 講演ーこれからの人権・部落問題 18 時半 ~ 20 駅 ) 。作 : ふたくちつよし演出 : 中島裕一郎。 6300 円 4-9210 ) WF 時半、大阪府 : 豊中市立蛍池公民館 ( 阪急蛍池 ( 学生 3150 円 ) ほか。問合せ ( 044-987-771D 報告福島風評にすり替えられる実害ひ 駅 ) 。無料。講師 : 灘本昌久。豊中人権まちづくりセン 2 月 5 日 ( 日 ) 宿知ること・ ター ( 06-6841-5300 ) WF T 朝の教室原発とエネルギーを学ぶ ( 79 ) い 2 月 1 1 日 ( 土・休 ) 未来カ現え ま政治で何が問題になっているのか ? 9 時 ~ 2 ・ 1 1 集会は戦争する国」はゴメンた ! 今、 10 時半、クレョンハウス東京店 ( 地下鉄表参道駅 ) 。 日時 : 2 月 21 日 ( 火 ) ~ 28 日 ( 火 ) 10 時 ~ 20 時半 教育に問われるもの 13 時 15 分 ~ 16 時半、大阪 1000 円。講師 : 國分功一郎。要予約。ミズ・クレョンハ 場所 : かながわ県民センター 1 階展示室 ( 横 市港区民センター ( 弁天町駅 ) 。 700 円 ( 学生 500 円、 ウス ( 03-3406-6465 、 11 時 ~ 19 時 ) 浜駅西口 5 分 ) 入斗・無料 事情のある方は応相談 ) 。講師 : 高鵯伸欣。パギや 2 月 7 日 ( 火 ) んミニライプ。不起立処分撤回・取組報告。「日の丸・ 問合せ・ 090-7405-4276 主催記憶の継承を進める神奈川の会 君が代」強制反対・大阪ネット ( 090-5900-0783 ) WF 集会現代の「市民革命」でアベ政治のヘテン 65 週刊金曜日 2017.2.3 ( 1122 号 ) ①東京都 / 2 月 4 日 中国・四国・九州 東京都 『野の花通信』より」 ( 写真① ) 14 日 ( 火 ) まで、紀 週刊金曜日』協賛 「戦争の加割 ハネル

7. 完訳 日本の古典 第五十六巻 近松門左衛門集

現在、人手しやすい世話浄瑠璃の注 参考文献 釈書のみを次に掲げる。 嶼近松門左衛門集 ( 日本古典全書 ) 高野正巳昭朝日 衛新聞社 近松浄瑠璃集上 ( 日本古典文学大系 ) 重友毅昭芻岩 波書店 曾根崎心中 ( 解釈と研究 ) 藤野義雄昭桜楓社 近松世話物集 ( 角川文庫 ) 諏訪春雄昭恥角川書店 近松門左衛門集一・一一 ( 日本古典文学全集 ) 森修・鳥越 文蔵・長友千代治昭貯小学館 全講心中天の網島祐田善雄昭至文堂 代言近松世話物集 ( 旺文社文庫 ) 守随憲治昭旺 文社 近松集 ( 鑑賞日本の古典 ) 原道生昭尚学図書 心中天の網島廣末保昭岩波書店

8. 国民百科事典6

プンガク 文学 ( 補 ) 第二次大戦 後の日本文学を流派の 側面から補足すると , 太宰治 , 坂口安吾 , 石 川淳 , 織田作之助ら戯 作派の活躍にはヒまっ たが , 戦争責任論 , 私 小説の克服 , 政治と文 学論 , 実存主義的傾向 など , 戦後文学の問題 意識を特徴的に示すの は戦後派 ( アプレゲー ル ) 文学である。く近代 文学 ) ( 1946 ~ ) は荒 正人 , 平野謙 , 埴谷雄 高 , 佐々木基一 , 本多 秋五らを第一次同人と し , のち野間宏 , 花田 清輝 , 三島由紀夫 , 武 田泰淳らも参加した。 く綜合文化〉 ( 1947 ~ 49 ) はアノくンギャルド芸術 の推進をめざし , 花田 , 野間 , 佐々木のはか , 「マチネ・ポエティク」 の中村真一郎 , 加藤周 ーらが集まった。民主 主義文学運動の団体 「新日本文学会」 ( 創立 1946 , 機関誌く新日本 文学〉発行 ) に中野重 治 , 蔵原惟人らプロレ タリア文学派のはかに 伊藤格らリべラルな作 家 , ( 綜合文化 > の花田 , 野間 , く近代文学〉の平 野 , 本多 , 佐々木 , 小 田切秀雄らも加わって いる。また中村光夫 , 福田恆存 , 大岡昇平 , 三島由紀夫らは , 西欧 近代の文学方法の移植 を試みた。野間 , 梅崎 春生 , 椎名三 , 大岡 らを第一次戦後派 , や やおくれて登場した堀 田善衛 , 安部公房らを 第二次戦後派とよぶの に対し , 1953 年ころか ら登場した安岡章太郎 , 小島信夫 , 吉行淳之介 , 庄野潤三ら日常生活の 叙情を得意とする作家 を「第三の新人」とよ」 以上の戦後派が戦時 中になんらかの自己形 成を行なっているのに 対し , 戦後に青春を迎 えた大江健三郎 , 開高 健 , 石原慎太郎らが 58 年ごろから出現した。 また特異な作家深沢七 郎のく風流夢譚 > ( 196 ( ) . 1 いが右興にねらわれ , 「嶋中事件」が起きた。 なお , 戦後の芥川賞 作家では , 戦後文学運 動終結期のもっとも安 定した作家井上靖 ( 19 ) が現代 , 西域 , 07 ~ 歴史を題材に叙情的な ロマネスクを表現し , 松本清張はその後大衆 文学 , 推理小説 ( / 探 偵小説 ) に転している。 / く十六夜こ日記 > などの紀行文学も 書かれた。説話に対する興味 , ある いは , 説話を教訓や説法に利用しよ うとする意図のもとに , / く宇治拾 遺物語〉 , / く十訓抄 > , く古今 著聞集 > く沙石集〉 ( 1283 ) などの説話 集も編集されている。鎌倉幕府が滅 亡し , 南北朝の内乱を通して室町幕 府の基礎が築かれるにつれて , 古代 文学のなごりははとんど影をひそめ , 歴史物語としての / く増鏡 > や , 頓 阿いなどの和歌にわすかにそのおも かげをとどめる程度になった。く玉葉 集〉 ( 1313 頃 ) の選進された鎌倉木期 ごろから急速に盛大になった / 連歌 は , 南北朝時代になると , 二条良基 や救済矗による準勅選の連歌集く菟 玖波集 > ( 1356 ) や公的な式目とし てのく応安新式 ) を成立させた。古 代には素朴な見せ物にすぎなかった 猿楽が観阿弥やその子の世阿弥 の出現によって , 幽玄な歌舞劇とし て完成していったのも南北朝末期 ~ 室町初期にかけてのことである ( / 能 ) 。 軍記物語は / く太平記 > のような規 模の大きな作品を生んだが , 一方で は / く曽我物語 > や / く義経記 > など伝記物語に近い作品も出ている。 五山を中心とする漢詩文の世界でも , この時代には義堂周信 , 絶海中津な どの作家を輩出し , 質的に充実し た作品を残している。このように真 の意味での中世文学は , ほとんど南 北朝 ~ 室町初期にかけて形成されて いるが , 中世詩としての連歌が完成 されたのは , 宗砌 , 心敬 , 宗祇な どの出た室町中期になってからであ る。く竹林抄 > ( 1476 ) やく新撰菟玖波 集〉 ( 1495 ) にはこの完成期の作が収 められている。なお南北朝以後には , 庶民の台頭を背景にして , 「お伽草 子」とよばれている多種多様で , し かも類型的な短編小説の類が盛んに 制作され , また庶民的な題材をこっ けいに演した / 狂言が愛好された。 室町中期になると庶民層の活力はい っそう文学の中に浸透し , 俳諧の 選集としてのく大筑波集 > や小歌を 多く集めたく閑吟集 > ( 1518 ) などが 編集されている。 〔木藤〕 5 5 0 彼らは町人の経験的な生活を「憂う き世」ならぬ「浮世」として肯定し 大胆な想像力によってよみあげた。 この談林から / く好色一代男 > 以下 の浮世草子を書いた井原西鶴が出現 し , また談林の開拓した俗的な世界 をふまえながら , その散文的な傾向 を否定して詩としての俳諧を確立し た松尾芭蕉が出現した。この談林的 な傾向は演劇のうえでも享楽的 , 開 放的な歌舞伎の発展として現われ , 坂田藤十郎らの名優を生みだし , 近 松門左衛門は中世的な叙事詩のわく を破った新浄瑠璃うのジャンルを 樹立した ( / 浄瑠璃 ) 。西鶴 , 芭蕉 , 近松という元禄の三大作家の仕事は , 町人階層の開放的なエネルギーにさ さえられているが , しかしそのエネ ルキ、一はすでに内部矛盾をも含みこ んでおり , この交錯の時点で彼らの 作品は開花した。この時期を境に封 建社会の矛盾はますます深まり , 享 保 , 寛政 , 天保の三大改革によって もそれをくいとめることができす , 文学もまたこの下降現象に対応して 展開する。 3 作家の没後いくたの亜 流作品を生みだしながら衰退してい った元禄期の文学に替わって , 享保 期を境に文化の中心は新興の消費都 市江戸に移った。この間 / く雨月物 語 > の作者上田秋成や俳人蕪村な ども出現したが , 宝暦以後の江戸庶 民から生まれたものは狂詩 , 狂歌や , また洒落ド本 , 黄表紙 , 滑稽本 , 人情本など自嘲的な反逆精神をひ めた戯作である。だがこの戯作す らしばしば幕府の禁圧の対象となり , 化政期の退廃期には支配体制の道徳 観を基礎にした滝沢馬琴の壮大な読 本完カ { 生まれるにいたった。しかし , 同時にこの化政期の退廃的なムード を惨劇的な方向でとらえた鶴屋南北 の歌舞伎脚本を見のがすことはでき この南北の作風は様式化され ない。 て江戸末期の河竹黙阿弥に受け継が れた。近世文学は以上の俳諧 , 小説 , 演劇を主流としたが , やや傍系的な 形で和歌が / 国学と相互に影響しあ いながら栄えた。賀茂真淵以下の万 葉調や , それに対抗する香川景樹の 「桂園派」の古今調などがそれであ るが , 消費都市江戸を中心にした町 人文学に対し , 生活派ともいうべき 地方歌人橘曙覧らの動きは , 近 代への展望の中で重要視されるべき 〔近世〕 17 世紀初頭 ~ 19 世紀の中葉 にわたる江戸幕藩体制下の , 町人階 層を中心に発展した庶民文学を一般 に近世文学とよんでいる。農村にお ける商品生産が発達し , またそれに 伴って町人階層の経済力が高まって くるにつれ , 中世的な自然観や人生 観は打ち破られ , 形而下的な現実 からの再出発が始まる。初め浪人や 僧によって教訓や啓蒙を主とした実 用的な雑書である仮名草子が町人を 対象として書かれたが , やがて新興 町人層自身が自分たちの文学を作り だすに至った。その飛躍的な展開の 基礎を固めたのが西山宗因を指導者 として台頭してきた談林俳諧である。 である。 〔広末〕 〔近代・現代〕明治維新によって日 本の近代化が進められ , 文学も新し い理論と手法をもって新しい人間の タイプを描き出した。西周の啓蒙 的な新思想の輸入や , 中江兆民の訳 出したく維氏美学 > ( 1883 ) が出たの ち , 坪内逍遙うのく小説神髄〉 ( 18 85 ) や , 二葉亭四迷のく小説総論〉 ( 1886 ) が近代写実主義の基礎を作っ た。二葉亭の / く浮雲 > が最初の写 実主義の小説である。この地盤のう えに , ゾラの影響を受けて / 自然、 義文学が勢力を得た。自然主義が辟 花する前に , 尾崎紅葉の主宰する / 硯友社の文学 , 男性的理想像を 追求した幸田露伴の文学 , / くた : くらべ〉などで 10 代の徹妙な心理を 追求した樋口一葉の女流文学があっ た。森鵰外の訳詩集く朎母影 ( 1 89 ) や雅文体小説く舞姫〉 ( 1890 ) は / く文学界〉によった北村透谷の二 論 , 島崎藤村の詩とともに浪漫主義 , の風潮をみなぎらせた。自然主義 学は 1900 年ごろから文壇に現われ , 藤村の / く破戒〉と田山花袋の / く蒲 団が〉によって確立され十数年にわ たり文壇を支配した。やがてその現 実暴露や卑小な人間観にあきたらぬ 傾向が反自然主義の文学となった。 永井荷風 , 谷崎潤一郎 , 与謝野品子 北原白秋などの耽美派や余裕派 , 俳諧派とよばれる夏目漱石や武者小 路実篤 , 志賀直哉 , 有島武郎らの / 白樺派がそれである。鵰外も反自 然主義の立場で , 漱石とともに近代 文学の 2 巨峰をなした。与謝野寛と 品子の / 明星派ののちには , 正岡子 規の系統を引き万葉調で現実主義的 な / アララギ派が勢力を得た。斎藤 茂吉が中心であった。漱石門から出 て現実を理知的に解釈したのは芥川 竜之介 , 菊池寛などであった。大正 末期から昭和の初期にかけては横光 利一 , 川端康成らの新感覚派と青野 季吉 , 蔵原惟人 , 中野重治 , 小林 多喜二 , 徳永直 1 な , 葉山嘉樹計らの / プロレタリア文学が文壇を 2 分す る勢力となった。新感覚派は新興芸 術派や心理主義に発展し堀辰雄や伊 藤整が輩出した。評壇では小林秀雄 が出て個性的な近代批評を確立した。 満州事変から太平洋戦争に突入する 過程で , プロレタリア文学は弾圧さ れ , わすかに転向文学の形でしか作 品は発表されす , 火野葦平のく麦と 兵隊〉などの戦争文学や国策文学が はんらんした。その空気の中で川端 康成の / く雪国〉 , 永井荷風の / く澤 東綺譚えう〉 , 徳田秋声の / く縮図 > , 谷崎潤一郎の / く細雪め > , 志賀直 哉の / く暗夜行路〉の完結 , 金子光 晴の詩集く鮫わ ( 1937 ) , 宮本百合子 , 中野重治の評論は芸術的抵抗とみな される。第二次大戦後にいちはやく 活動を開始したのは戦時中沈黙を余 儀なくされていた既成の大家で , 永 井荷風 , 谷崎潤一郎 , 正宗白鳥 , 志賀 直哉らが意欲的な作品を発表 , また 川端康成 , 井伏鱒二きす , 丹羽文雄 , 伊 藤整 , 石川達三 , 太宰気、治らが間題 作を投した。それと同時に新しい世 代の戦後派と , プロレタリア文学の 流れを引く民主主義文学が活動を開 始した。戦後派文学では野間宏の く真空地帯〉 , 椎名麟三のく深夜の酒 宴〉 , 民主主義文学では宮本百合子

9. 文藝 2015年 spring

多くの本が空襲で焼け、活字に飢えていた人々にとって、それ廃された一九五〇年代に入ってからだった。 五〇年代前半の文学全集業界をリードしたのは、河出書房、角 は待ちに待った新しい文学全集の発刊だったにちがいない。 当然、出す側にも気合いが人る。 川書店、筑摩書房の三社である。 河出版「現代日本小説大系」は、永井荷風、正宗白鳥、志賀直「現代日本小説大系」で河出書房が戦後の全集界に真っ先に躍り 哉、谷崎潤一郎の四人を編集顧問に迎え、川端康成、中野重治、出た後、後に続いたのは角川書店だった。 伊藤整、中村光夫、荒正人ら八人の作家・批評家が編集を担当す 一九五二年一一月から刊行がはじまった角川版「昭和文学全集」 るという豪華な布陣。加えて、この全集の特徴は、明治・大正・ ( 全五八巻 + 別巻。五五年完結 ) は戦後もっともヒットした全集 昭和の文学を全巻で俯瞰するという文学史的な野望を秘めていたのひとっといえるだろう。第一巻「横光利一集」はベストセラー ことである。〈すべてが新しく生れ更ろうとしている現在は、過となり、第二巻「山本有三集」以下のラインナップも「寺田寅彦 去三代の文学を、新しく、根本的に読み直し、理解し直す絶好の集」「獅子文六集ー「永井荷風集」「小林多喜一一・中野重治・徳永 機会でもありますし、また一方、その必要の今日ほど痛切に感ぜ直集」「志賀直哉集」「宮本百合子集」と、随筆から、純文学、ユ られる時もありません〉 ( 原文は旧字旧仮名 ) という「編集の辞 , ーモア小説、プロレタリア文学まで色とりどり。「吉川英治集」 ( 二 からも、鼻息の荒さがうかがえる。 六巻 ) のような娯楽小説と「小泉信三集」 ( 二七巻 ) のような教 第一部「写実主義時代 ( 一八九〇年代 )a から第十部「戦後 ( 昭養主義的な巻が同居しており、「硬軟とりまぜて」な雰囲気がこ 和二〇年代 ) 」まで、全一〇部の六〇巻 ( + 別冊三冊、序巻、補巻 ) の全集の特徴である。当初、二五巻の予定でスタートしたのが、 立て。年代順の編集ゆえ、森鵐外や夏目漱石が時代を隔てた複数第二期として後に三三巻が追加されたことからも、人気の全集だ の巻に収録されているなど今日の感覚だと「あれつ ? 、と感じるったことがうかがえよう。 一方、角川書店成功を横目で見ながら、これに対抗する形で翌 点もあるものの、第二部「浪漫主義時代 ( 一九〇〇年代 ) 」、第三 部「自然主義 ( 一九〇〇年代 ) 」、第四部「新浪漫主義 ( 一九〇〇一九五三年に登場したのが筑摩書房版「現代日本文学全集」 ( 五 年代 ) 」、第五部「新理想主義 ( 一九一〇年代 ) 」、第六部「新現実九年で完結 ) である。戦前の改造社を意識したシリーズ名。第一 主義 ( 一九二〇年代 ) 」、第七部「プロレタリア文学 ( 一九三〇年回配本は「島崎藤村集」で、以下、「芥川龍之介集」「森外集」 代 ) 」 : : : と続く流れは、たしかに初学者が文学史を学ぶにはピ「斎藤緑雨集」という順で刊行されるが、純文学寄りの作家と作 ッタリ。戦後編には、椎名麟三、野間宏、三島由紀夫ら、戦後に品を選び、角川版では未発売の作家を先に刊行しているあたり、 デビューした作家の名も見え、なかなか野心的である。 角川版を意識している気配が濃厚である。当初五五巻の予定でス 文学全集が本格的に始動するのはしかし、用紙の割り当てが撤タートした筑摩版「現代日本文学全集」も次々と巻を増やし、最

10. 現代日本の文学 Ⅱ― 4 吉川 英治 集

を第蓄等第 ( 第一等 ) 創明をり製へ粐してゆき物第書川国活居 ( 第 - 一等常選 ) 1 一のに町、、物京物不瀬蔦第 おとなし ( って居る創、明本第集野猪牙坊 ( をレ ( 明 ) 大正 3 年「文芸の三 越」に発表された川 柳一等入選の記事 上京当時 19 歳の英治 時英 の集積ではない。むしろその「智識」を支える体験の 弟 徒氏 総和なのだ。吉川英治はその大衆の智恵ーー生き方に の原 学ぶことを言外で語っている。いわゆるインテリ的臭 氏塚 原ら助みをもつ人が、このように云えば、時には嫌味に感し 塚か素 師左弟られることもあるかもしれない しかし外ならぬ吉川 え絵 英治が、こう語った場合、その言葉は、現実の重みを い蒔代治 持って受けとめられる。それは大衆性によって裏うち された言葉だからであり、この大衆性と教訓性は、表 裏一体をなすといってよかろう。 しかも吉川英治の文学には、もう一つ見落すことの できない要素がある。それは一種の状況感覚とでも云 ったもので、彼自身の表現を借りれば、〃時感″であ る。時代感覚と云い改めてもよいが、言葉本来の意味 でのジャーナリスチックな状況感覚が、彼の作品の第 三の魅力でもあったことを忘れてはなるまい そしてこれらーー大衆性、教訓性、状況感覚の三つ が、一体化し血肉化していたところに、吉川英治文学 の特質があったというべきだろう。 父のこと・母のこと ひてつぐ 吉川英治 ( 本名英次 ) は、明治二十五 ( 一八九一 l) くらぎ 年八月十一日に、神奈川県久良岐郡中村町 ( 現在の横 420