検索 - みる会図書館

全データから 92690件見つかりました。
るるぶ軽井沢 '13

- 、まだある ! タリス園内 & 周辺スポットを 沢 所要 、約 20 分 可憐な草花の絵が 館内を飾る鳰・ ふかざわこうこののはなびじゅっか 昭和 39 年頃から 20 年以上にわたり、 旧軽井沢の堀辰雄 1 412 番山荘で毎 ー夏過ごし、高原の草花を描き続けた 深沢紅子。繊細なタッチの水彩画を 中心に、本の挿絵や愛蔵品なども展 示する。建物は明治 44 年 ( 1 91 1 ) 建 築の旧軽井沢郵便局舎。朝 700 円 再自 現宅ーふかさわこうこ 芻 ! 深沢紅子 ( 183 ~ 1993 ) ・コトー堀辰雄や立原道造の本の装丁や、よ、 ↓リー童話の挿絵などを手掛けた洋画 ーエ : 家。夫の省三も洋画家、童画家。 明治四十四年館ほ国の登録有形文化財に指定 6 月下旬 ~ 7 月上旬にはバラのイベントを開催 エリアガイド 深沢紅子 野の花美術 旬菜バスタの店 3 レストランソネット しゅんさいはすたのみせれすとらんそねっと 有形文化財の建物でランチを 明治四十四年館の 1 階にあるパス タの店。旬の素材を使った自家製パ スタがおす・ 5 て第第 すめ。入園 料なしで利 用できる。 谷 026 祚ースープやサラタが付い 45-3662 たハスタセット 1300 円 ラレストラン湖水 べるれすとらんこすい 糊を眺めながらリゾト気分を満喫 湖畔に立つオープンテラスのレス トラン。カレー 850 円やカツレッセ ット 1350 円など、洋食メニューが 充実。晴れ た日はテラ スが気持ち・霾 いい。谷軽 井沢タリアテラス席から浅間山を センと同様望できる タリアセンショップ 動たりあせんしょっぷ オリシナルツッズから特産品まで タリアセンコーヒー 200g950 円 ~ やロースジャムなどのオリジナル アイテムをはじめ、園内の美術館 グッズや信 州の特産品い なども並ぶ。 ガ - デン リアセンと自家焙煎のコーヒー豆 」同様 か約 1 0 種類揃う 軽井沢高原文庫 見るかるいさわこうけんぶんこ 文豪たちの貴重な資料を展示 堀辰雄や室生犀星など、軽井沢ゆ かりの作家たちの直筆原稿や書 簡、愛蔵品などを収集展示。敷地内 に移築された堀辰雄や野上弥生子 の別荘も見学できる。谷 0267-45- 1 1753 付録② P9C3 朝 700 円 国国口を / ト第、、亠ムーゼの森へ エリアカイト バラの香りに 包まれた庭園 所要 約 30 分 南軽井沢 エリアガイド 5 ペイネ美術館 へいねびじゅっかん 愛と平和をモチーフにしたメルヘン調のイラ ストで知られるレイモン・ペイネの原画やリトグ ラフなど、約 60 点を展示。愛らしし、イラストの 中に時折、風刺が描かれているのも特徴た。 ポストカードなど、クッスも人気。朝 900 円 ルヘンチックな ー作品に癒される 海ロ亜ロ、 エリアガイド 中軽井沢 ( 一 ~ 「軽井沢スティ、】 ( ・軽井沢からを【一交通 3 ひと足のばして 所要 約 20 分 建築家 A ・レーモンドの別 荘として建てられた建物 レイモン・ペイネ ( 188 ~ 198 ) 新聞の挿絵で名声を得 たフランスの画家。恋人 たちをテーマにした作 品・ペイネの恋人たち・ で広く世界に知られる。 ペイネの写真や 愛用品などの貴 重な品々も展示 学 0 いんぐりつしゅろーす・が一でん デビッド・オースチンが育種したイング テビッド・オ - スチン ( 1926 ~ ) リッシュローズを中心に、約 200 種 1800 バラの育種家、育成家。英国アルブラ株のバラを栽培。珍しい品種のバラも多 イトンに農園を構え、 140 種以上のイ数あるので、ゆっくりと庭園を散策してみ ングリッシュローズを生み出している。 よう。 6 月下旬 ~ 9 月下旬が見ごろ。 人物 close 理 ! ペイネ美術館 イングリッシュ 。ロース・ガーデン ちびっこ広場 ポートり場 ペダル レストラン湖水 年 3 回ほど、企画展を開催する ライプラリーカフェ ー房の葡萄 らいぶらり一かふえひとふさのぶどう 大正時代に建てられた文豪の別荘 文豪、有島武郎の別荘「浄月庵」の 1 階にあるカフェ。店内に置かれた 軽井沢ゆかりの作家の本を自由に 閲覧できる ~ 2 階の記念 一室も見学可 訖谷軽井沢 高原文庫と 炉井羡 DATA 自家製スコーン 400 円 PI 7 をとコーヒー 500 円 深沢紅子 野の花美術館 塩沢湖 パーベキューハウス 山里野 , 旬菜バスタの店 レストランソネット ”タリアセンショップ ライブラリーカフェ ー房の葡蔔 中軽井沢駅へ宀 旧朝吹山荘「睡鳩荘」 中央タート ぐるつ 061 軽井沢高原文庫、

新潮45 2016年09月号

江藤淳は 昭和ニ十九年夏 の自殺未遂 英文科進学を勧めた「恩師」藤井昇の証言は、衝撃的な内容だった。初公開の事実 ! ようで、堀辰雄は本当は自分に似合わなつもりで、いいかげんな原稿を送って責 「「文学的」なものへの嫌悪生ず」 昭和一一十九年 ( 一九五四 ) 、江藤淳一一いのではないかという疑いを持っていまを果したことにした」 ( 『なっかしい本の 話』 ) が、安藤が許さなかった。安藤は 十一歳の年の県年譜に特記されているした」 ( 「私の文学を語るし 一文である。「文学的」なものとは、日東大に進学した安藤が同人雑誌を始めもっとカのこもった原稿を要求した。 比谷高校三年生の時に蘰になってからるにあたり、江藤に声をかけてきた。同「最初に貰った原稿は堀辰雄的なという 愛読していた堀辰雄、立原道造などの文人誌「 pureté」である。誌名はフランか、私に合わせて書いているのではない 学世界である。同じく蘰で留年した日ス語で「純粋」を音味し、詩が中心の雑かと思えるもので、あまりよくないので、 比谷の同級生の安藤元雄からの影響での誌だった。安藤は江藤に巻頭のエッセイ彼の銀行の社宅まで突き返しに行ったの を依頼した。昭和一一十九年五月に出た創です。お母さんが病気で寝ていました。 めり込んでいた。 「安藤君という人は非常な美少年で、い刊号には、多田官羅が・・エリオッそれで書いたのが「マンスフィールド覚 までも美貌だけれども堀辰雄がよく似合トに影響された詩を書き、安藤は小品を書」です。白金のぼくの家まで届けてく う。又それを自分でも信じているかのよ書いた。江藤は「そのころ身体が熱つぼれました。ぼくが留守だったので、母に くて面倒なものを書く気になれず、アフ預けられた原稿は大変いいもので、すぐ うなのです。ぼくは美少年でもないし、 どうもどろどろしたよけいなものがあるオリズムめいたものを書いてお茶を濁すにお礼の電報を打ちました」 びらやましゅうきち 平山周吉。雑文家 1952 年東京生まれ。慶応義塾大学文学 部国文科卒業。出版社で雑誌、書籍の編集 に従事した。「新潮」「週刊ポスト」で書 評掲載中。著書に「昭和天皇「よもの海」の 謎」「戦争画リターンズ」がある。 September 2016 184

大往生

椎名誠インドで考えたこと堀田善衞 随筆 一九六〇年五月一九日日高六郎編 しべースポールよ 平出隆 白球ネ讃永遠に 赤版 桑原武夫編 一日一言 千利休無言の前衛赤瀬川原平 大内兵衛他万葉秀歌上・下斎藤茂吉 勝負と芸わが囲碁の道藤沢秀行私の読書法 茅誠司 武者小路実篤 人生論 私は女性にしか 清水幾太郎 論文の書き方 松田道雄 哲学入門 期待しない 知的生産の技術梅棹忠夫 オーストラリア 吉田洋一 零の発見 杉本良夫羊の歌 加藤周一 六〇〇〇日 アインシュタイン 物理学はいか 上・下インフェルト 加藤周一 加島祥造続羊の歌 に創られたか よ会話を楽しむ 石原純訳 高田宏ライン河物語 笹本駿二アラビアのロレンス 新日本海繁盛記 中野好夫 〔改訂版〕 岩波新書編武器としての笑い飯沢匡 辞書を語る 編集部 鈴木大拙 禅と日本文化 北川桃雄訳 干支セトラ、 o ・奥本大三郎 記録〔青版〕 サッカーへの招待大住良之 自分たちで 辰濃和男 菊地武雄 文章の書き方 生命を守った村 大往生 永六輔 あの人は 菊池敬一 編 帰ってこなかった大牟羅良 早乙女勝元 磯部晶策東京大空襲 食品を見わける 大江健三郎 読書と社会科学内田義彦ヒロシマ・ノート 大江健三郎 囲碁の世界 中山典之沖縄ノート 活字のサーカス (K) ( 1995. 3 )

るるぶ軽井沢 '13

アンティークな小物を ゲットしよ、つー 信濃追分 布団の古布を生かした ほうき 800 円 追分宿郷土館 追分コロニ 堀辰雄文学記念館 コーヒー、紅茶各 400 円は本を買う ほりたつおぶんがくきねんかん と 100 円引きに お菓子付き 書籍や CD が本棚こ とに編集されている 宿場町の面影に惹かれ、追分に移 ので見つけやすい 住した昭和初期の作家、堀辰雄。彼 の原稿や遺愛の品々を展示する。 晩年を過ごした住居や、愛蔵書が納 められた書庫も見学しよう。 0 軽井沢町追分 662 ・し・なの鉄道信濃追分 駅から車で 5 分朝入館 400 円 ( 追分宿郷土 「風立ちぬⅡ美しい村」など 館と共通 ) の 9 ~ 17 時の水曜、祝日の翌日 ( 7 代表作を解説 月 15 日 ~ 10 月 31 日は無休 ) 015 台 所味 狭の 布来籠工房 ままごと屋。 軽井尺から車で 15 分 江戸時代の建物を利用。昔懐かしい 丸ポストも残る ・・しなのおいわけ ふくろうこうほうままことや 築 250 余年の旅籠を改装した雑貨 屋さん。装飾品、食器、置物など、店 のオリジナル商品と作家の作品を扱 う。古布を使った小物は要チェック ! 0 軽井沢町追分 6040 ノなの 各つ着 鉄道信濃追分駅から車で 5 分 4 携の の 11 ~ 18 時 ( 11 月 ~ 3 月頃は 0 帯古 0 ケ布 ~ 17 時 ) の水曜 ( 11 月 ~ 3 月頃 は火 ~ 木曜不定休 ) 0 なし ス作 谷 026 / -45-400 & p 附録②円 1B1 アクセス 軽井沢駅からしなの鉄道で 8 分、 信濃追分駅下車 ・軽井沢駅から国道 1 8 号で約 7.8km ・軽井沢観光会館・・・ 0267-42-5538 ・軽井沢観光案内所 ( 軽井沢駅内 ) ・ 0267-42-2491 観光問合せ Data ・ おいわけじゅくきようどかん 追分宿をはじめ、軽井沢町西地区の 歴史を紹介。宿場町に関する資料の ほか、縄文時代から 現代までの生活用具 を集める。江戸時代 の旅籠を模した木造 風の建物にも注目し よう。 0 軽井沢町追分 1155-8 ・しなの鉄道信濃追分駅 から車で 5 分朝入館 400 円 ( 堀辰雄文学記念館と 共通 ) の 9 ~ 17 時の水曜、 祝日の翌日 ( 7 月 15 日 ~ 10 月 31 日は無休 ) 020 台 常設展示室入口にある、当時 の茶屋を復元したコーナー 分去れ・わかされ 中山道と北国街道が分か れる分岐点。江戸から来 た場合、右は北国街道で 更科や越後へ、左は中山 道で京都へ通じる。 追分の歴史を言 学ふならココ ! 」を つや Data ・レトロな店の軒 ・先で雑貨探し 中山道六十九次のうち江戸から数えてニ十番目の宿場、信濃の追分宿。 江戸時代、多くの人馬が行き交った街道沿いには、歴史的スホットが 点在し、当時の面影を残している。江戸の旅人気分で散策しよう。 高札場・こうさつば 江戸時代、庶民の間に法 令を広めるため、幕府か ら通達される法度や掟書 を掲けた場所。昭和 58 年に復元された。 追分宿 軽井沢、水掛とともに浅間根 越の三宿に数えられる。元禄 時代には旅籠屋 71 軒、茶屋 1 8 軒、商店 28 軒が立ち並び、 多くの旅人でにぎわった。現在 も街道の雰囲気か残っており、 風情を感しられる。 知っ得 ! 涯分 をを 作・ 追分宿郷土館 浅間神社 高札場布来籠工房ままごと屋。 追分コロニ 陬訪神 泉洞寺 芭蕉の句碑 浅間神社・あさましんしゃ 本殿は室町時代初期に建立され た追分最古の木造建築。浅間山噴 火の沈静祈を二 願のため、 明治天皇の 勅祭が行わ れた。 ・シャーックムズ像 分去れ 中軽井沢へ◆ ◆御代田へ おいわけころに一 本好きの主人が開いたカフェ のある古本屋さん。衣食住、趣 味、哲学など、さまざまなジャン ルの本が並ぶ。お気に入りの一 冊を見つけたら、コーヒーを片 手に読みふけることもできる。 0 軽井沢町追分 612 朝しなの鉄道信 濃追分駅から車で 5 分の 12 ~ 17 時の 月 ~ 水曜 ( 祝日の場合は営業、夏期は 無休、 1 ~ 3 月は不定休 ) 05 台 谷 026 / -45-2050 附録②円旧 読書しながら れな こに Data Data IOO

長谷川伸全集〈第7巻〉

川慶喜公伝」「北巨摩郡史」「飯田武郷」 ( 笠井蘭山 ) 「道俊随 筆」 ( 林勘吉 ) 「松本郷土訓話集」「甲斐国見聞日記」「近藤勇 と土佐勤王党」 ( 寺石正路 ) 「三井家奉公事歴」「池田徳太郎」 ( 沢井常四郎 ) 「殉難録稿」「金井之恭伝」「近代月表」「晦結溢 言」 ( 堀内信 ) 「落合直文号」 ( 仙台郷土研究 ) 「隈山貽謀録」 ( 谷干城 ) 「鳥尾弾三談話」「峡中沿革史」 ( 望月南涯 ) 「贈位 先賢伝」「戊辰戦亡人名録」「志士人名録」「某将軍昔日談」「長 谷川昭道伝」「原保太郎翁と語る」 ( 阿部道山 ) 「下諏訪採拾 ( 仮題 ) 」 ( 長谷川伸 ) 「斎藤鋭助談話」「信州追分宿と赤報隊」 「金山太田誌」 ( 富岡牛松 ) 「安楽兼道伝」「日の丸船隊史談」 ( 山高五郎 ) 「大里郡史」「上毛及上毛人」「飯能郷土の栞」 ( 吉 田筆吉 ) 「落合直亮と愚庵」 ( 片桐顕智 ) 「鹿深遺芳録」「東葛 飾郡史」「秋田人物伝」 ( 山方旭峰 ) 「伊牟田尚平小伝」「秋田沿 革史」「逸事史補」 ( 松平慶永 ) 「東郷平八郎元帥談」 ( 原道太 ) 「堀秀成小伝」 ( 古河大観 ) 「伊東祐亨小伝」 ( 岩崎徂堂 ) 「江 戸城日記」「元帥東郷平八郎」 ( 伊藤仁太郎 ) 「東郷元帥詳伝」 ( 小笠原長生 ) 「思ひ出を語る」 ( 小笠原長生 ) 「報郊志士人名 録」「能代乃武加志」 ( 近藤八十一一 ) 「越奥戦争見聞録」 ( 片岡 士道 ) 「黒駒勝蔵」 ( 堀内良平 ) 「喜入村郷土史」「手前味」 ( 三代中村仲蔵 ) 「佐久人の国家的発展」 ( 山内童三 ) 「維新史 料綱要」「竹内廉太郎及哲次郎伝」 ( 渡楫雄 ) 「竹内義之助文書」 昭和十八年一月早春

長谷川伸全集〈第16巻〉

長脇差〉 ( 東映比佐芳武・萩原遼嵐寛寿郎・轟タ起子 ) 男・田村高広・嵯峨美智子 ) 疵千両 ( 大映八尋不二・田中徳三長 昭和ニ十九年一本刀土俵入 ( 東映犬塚稔・鈴木兵吾・佐々木谷川一夫・香川京子 ) 康片岡千恵蔵・高峰三枝子 ) 鯉名の銀平 ( 新東宝八尋不一一・森一 昭和三十六年鯉名の銀平〈雪の渡り鳥〉 ( 大映大塚稔・田中徳 生大谷友右衛門・乙羽信子 ) 恋慕笠〈股旅草鞋〉 ( 新東宝八尋不 三市川雷蔵・中村玉緒 ) 沓掛時次郎 ( 大映宇野正男・松村正温・ 一一・田坂勝彦大谷友右衛門・三浦光子 ) 沓掛時次郎 ( 日活菊島隆池広一夫市川雷蔵・新珠三千代 ) 三・井手雅人・佐伯清島田正吾・水一尸光子 ) 初姿丑松格子〈暗闇 昭和三十七年中山七里 ( 大映宇野正男・松村正温・池広一夫 の丑松〉 ( 日活橋本忍島田正吾・辰巳柳太郎 ) 市川雷蔵・中村玉緒 ) 臉の母 ( 東映加藤泰中村錦之助・松方弘 昭和三十年荒木又右衛門 ( 松竹鈴木兵吾・堀内真直松本幸四 樹 ) 越後獅子祭 ( 東映三村伸太郎・小沢茂弘松方弘樹・丘さとみ ・進藤英太郎 ) 郎・山田五十鈴 ) 旅路〈沓掛時次郎〉 ( 東宝稲垣浩池部良・岡田 茉莉子 ) 番場の忠太郎 ^ 瞼の母〉 ( 新東宝三村伸太郎・中川信夫 昭和三十八年月夜の渡り鳥〈瞼の母〉 ( 松竹鈴木兵吾・元持栄 若山富三郎・山田五十鈴 ) 関の弥太ッペ ( 新東宝三村伸太郎・渡美・桜井義久・市川泰一橋幸夫・倍賞千恵子 ) いれずみ半太郎〈刺 辺邦男島田正吾・辰巳柳太郎 ) 木曾の風来坊〈蹴手繰り音頭〉 ( 日 青奇偶〉 ( 東映野上龍雄・マキノ雅弘大川橋蔵・丘さとみ ) 関の 活八尋不一一・小林桂三郎坂東好太郎・坂東鶴之助 ) 弥太ッペ ( 東映成沢昌茂・山下耕作中村錦之助・十朱幸代 ) 昭和三十ニ年おしどり喧嘩笠〈蹴手繰り音頭〉 ( 東宝中田龍 昭和四十一年遊侠一代〈沓掛時次郎〉 ( 東映鈴木尚之・掛札昌 雄・萩原遼鶴田浩二・美空ひばり ) 一本刀土俵入 ( 東宝井手俊裕・加藤泰中村錦之助・池内淳子 ) 郎・マキノ雅弘加東大介・越路吹雪 ) 雪の渡り鳥 ( 大映犬塚稔・ 昭和四十三年二匹の用心棒〈関の弥太ッペ〉 ( 大映安藤日出 加戸敏長谷川一夫ー・山本富士子 ) 男・杉浦久・三隅研二本郷功次郎・長門勇・高田美和 ) 昭和三十三年紅蝙蝠 ( 松竹水上伸郎・野上龍雄・丸根賛太郎 ( おぐらこういちろう・映画プロデューサー ) 松本錦四郎・小山明子 ) 直八子供旅 ( 東映井手雅人・佐々木康片 岡千恵蔵・木暮実千代 ) 昭和三十四年飛びッちょ勘太郎 ( 宝塚高岩肇・久松静児森繁 ☆編集室から今回配本にて、本全集も好評裡に完結いたし 久弥・藤山寛美 ) 関の弥太ッペ ( 大映犬塚稔・加戸敏長谷川一 ました。長谷川伸文学の領域の広さ、質の深さを再認識なさ 夫・勝新太郎 ) 昭和三十五年抱寝の長脇差 ( 松竹鈴木兵吾・本山大生・大曾れた方も多いことでしよう。長い間のご愛読有難うございま 根辰夫高田浩吉・田村高広 ) 越後獅子祭 ( 松竹本山大生渡辺邦した。監修者、編集委員の皆様にも深く御礼申上げます。

丸スペシャル No.34 特務艦 (日本海軍艦艇シリーズ)

記録写真集選 * 光人ネ土の写真集 / 東京都千代田区九段北ト 9 ー凵谷 03 ( 265 864 全 25 巻 四六倍判・上製・布装 ビ ー丿レカノヾー付 世ド英英米 米日日日雫糸。 界イ国国国 国本本本 のののの戦 のツののの 軍軍爆戦爆 戦偵爆戦 ぎらー闘察撃闘 用用撃闘撃 ~ 機機機機機 機機機機 25 立瓸国回瓸 11 日米英米日日日日日日日日日日日 本国国国本本本本本本本本本本本 のののの小駆ののののののののの 戦空戦戦艦逐重戦小潜駆軽重空戦 車母艦艦艇艦巡艦艦水逐巡巡母艦 続続続続艇艦艦 竣工時から最終状態までの各艦各部の変遷を 写真と図版で見る・・ 第 1 集 * 1 2 月中旬発売イ′ 第 1 集日本の戦 各巻 15 〇〇円書店にご注文を 0 メカ ・特別増刊号・ 長門、陸奥、大和、武蔵、伊 勢、日向、扶桑、山城、金剛、 比叡、榛名、霧島の各艦相互 の相違識男リが - 一目でわかる / ′ 丸スペシャル第 34 号 前檣楼、艦首及び前甲板、主 砲、煙突、後檣及び後部艦橋、 航空兵装、後甲板及び艦尾な どの変遷のあとを詳細に解説 発行者高城肇 編集者加藤辰雄 発行所株式会社潮書房〒田 2 東京都千代田区九段凵丁目 9 番Ⅱ号 電話 * 東京 ( 03 ) 265-86 引 ~ 5 振替 * 東京 2 ー 5396 昭和 54 年貶月田日印刷・昭和 54 年月日発行 福井静夫・堀元美・朝長溶・上農達生・渡辺進・横井忠俊・阿部安雄・石橋孝夫・ 瀬名堯彦・伊達久・鈴木範樹・高橋治夫・・ ・く順不同・敬称略〉 THE MARU SP に ( 応 0 無断転写、転用を禁じます * 乱丁・落丁のものはお取り替え致します 定価 350 円 ・本誌は右の方々の御協力をえました 〔次号は「戦艦霧島」の予定です〕

小説新潮 2016年12月号

相場英雄 遠藤拓人画第・・ゞ 古賀の内縁の妻、佐知子という協力者を得た小堀は。悪事 の証拠を集めることに成功した」古賀を追い詰めるまであ と一歩だ。ャツを端緒にして必ず三田電機を落とす 3 執念に 燃える小堀だが バカレ以前から現代まで続ぐ日本の金融界の闇を描いた 工ンタテイメント大作、衝撃の最終回 !

シャルリとは誰か? : 人種差別と没落する西欧

新◆食の愉しみ 春 文 小泉武夫 発酵食品礼讃 毒草を食べてみた植松黎 工 ~ 滕住旧 中国茶図鑑 ( カラー新書 ) 兪向紅 写真・丸山洋平 チーズ図鑑 ( カラー新書 ) 文藝春秋編 渡辺純 ビール大全 一杯の紅茶の世界史磯淵猛 畠山重篤 牡蠣礼讃 すきやばし次郎鮨を語る宇佐美伸 中澤圭一一 鮨屋の人間カ 歴史のかげにグルメあり黒岩比佐子 杉岡幸徳 世界奇食大全 辰巳芳子 辰巳芳子 スープの手ほどき和の部 辰巳芳子 辰巳芳子 スープの手ほどき鮮の 辰巳芳子 一月 5 五月 ウイスキー粋人列伝矢島裕紀彦 イタリアワインファイレフアプリツイオ・ 小林カッ代のお料理入門小林カッ代 スタア・ ーのカクテルブック岸久 ◆スポーツの世界 植村直己妻への手紙植村直己 芻代木村庄之助 力士の世界 宇津木妙子 宇津木魂 イチロー・インタヴューズ石田雄太 野球へのラブレター長嶋茂雄 ワールドカップは誰のものか後藤健生 本田に。ハスの % を集中せよ森本美行 山で失敗しない 2 の鉄則岩崎元郎 渡辺康幸 駅伝流 プロ野球「衝撃の昭和史」一一宮清純 新日本プロレス肥人の怪人門馬忠雄 全日本プロレス超人伝説門馬忠雄 19 6 4 佐藤次郎 東京五輪 サッカーと人種差別陣野俊史

図書館雑誌 2014年08月号

日本図書館協会出版物申込用紙 FAX 注文用紙 2014-8 ① 3 ・ 3523- ① 842 1 ) 送付先など所定の事項を記入して、協会販売係まで FAX でお送り下さい。※個人会員の場合、個人会員番号をご記入ください。 3 ) 商品が届きましたら同封の郵便振替用紙で代金を振り込んでください。※銀行振込不可 2 ) ご注文いただきました書籍は即日書籍小包 ( 重量により宅配便 ) で発送いたします。 4 ) 送料は実費をいただきます。 日本図書館協会出版販売係行 個人会員番号 TEL ご住所 氏名 送信日 年 月 日 ※「図書館雑誌」送付用封筒に記載されています ー協会出版物 書名著者名 ( 6 月刊 ) 図書館史の書き方・学び方図書館の現在と明日を考えるために奥泉和久著 ( 5 月刊 ) 図書館概論三訂版 J い図書館情報学テキストシリーズⅢ第 1 巻塩見昇編著 ( 5 月刊 ) 実践型レファレンス・サービス入門補訂版 JLA 図書館実践シリーズ 1 齋藤文男・藤村せっ子著 ( 2 月刊 ) RDA 入門一目録規則の新たな展開 JLA 図書館実践シリーズ 23 上田修一・蟹瀬智弘著 ( 2 月刊 ) 児童サービス論 J い図書館情報学テキストシリーズⅢ第 6 巻堀川照代編著 ( 2 月刊 ) 日本の図書館ー統計と名簿ー 2013 日本図書館協会図書館調査事業委員会編 ( 施設 A , B 会員配布資料 ) ( 2014 年 1 月刊 ) 情報資源組織演習 JLA 図書館情報学テキストシリーズⅢ第 10 巻山中秀夫・和中幹雄・横谷弘美共編著 ※協会個人会員割引有り。送料実費。表示は本体価格 ( 消費税別途 ) ( 10 月刊 ) 図書館用語集四訂版日本図書館協会用語委員会編集 ( 10 月刊 ) 選定図書総目録 2013 年版 ( 2008 年 1 月 ~ 2012 年 12 月 ) 日本図書館協会編集 ( 9 月刊 ) ( 6 月刊 ) ( 5 月刊 ) ( 4 月刊 ) ( 4 月刊 ) ( 2 月刊 ) ( 1 月刊 ) 図書館員のためのプログラミング講座 JLA 図書館実践シリーズ 22 山本哲也著 図書館の自由に関する全国公立図書館調査 2011 年一付・図書館の自由に関する インターネットで文献探索 2013 年版 JLA 図書館実践シリーズ 7 伊藤民雄著 ぼくは、図書館がすき漆原宏写真集 漆原宏著 図書館実習 Q 川原亜希世ほか著 図書館員のための生涯学習概論 J い図書館情報学テキストシリーズⅢ別巻朝比奈大作著 レファレンスブックス選びかた・使いかた長澤雅男・石黒祐子共著 事例 2005 ~ 2011 年 - ( 2013 年 1 月刊 ) 図書・図書館史 JLA 図書館情報学テキストシリーズⅢ第 11 巻小黒浩司編著 ( 12 月刊 ) 図書館情報資源概論 JLA 図書館情報学テキストシリ ( 9 月刊 ) 情報サービス論 J い図書館情報学テキストシリーズ ( 6 月刊 ) 情報資源組織論 J 図書館情報学テキストシリ - ズⅢ ーズⅢ第 8 巻馬場俊明編著 小田光宏編著 柴田正美著 第 5 巻 第 9 巻 本体価格注文冊数 1 , 900 1 , 900 1 , 800 1 , 800 1 900 1 4 , 000 1 , 900 1 , 800 1 800 1 , 900 1 300 1 400 1 , 900 1 , 600 2 , 800 1 800 2 , 000 1 , 600 2 , 600 20 , 000