検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集から 438件ヒットしました。

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


井 伏 鱒 二 集

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


現 代 日 本 の 文 学 井 伏 鱒 二 集 2 ー 学 習 研 究 社 夫 成 靖 整 聖 夫 樹 男 五 ~ 杜 秀 健 巻 委 瞿 康 上 藤 修 崎 野 立 集 島 端 北 尾 奥 足 三 川 井 伊 龠

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


現 代 日 本 の 文 学 21 井 伏 鱒 二 集 全 60 巻 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 720 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 昭 和 57 年 10 月 1 日 28 版 発 行 昭 和 45 年 9 月 1 日 初 版 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 井 伏 鱒 一 古 岡 滉 鑾 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40- 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 暁 印 刷 株 式 会 社 製 本 文 勇 堂 製 本 工 業 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , OMasuji lbuse 1970 Printed in Japan ISBN4 ー 05 ー 050231 ー 3 C0393 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


井 伏 先 生 と 共 に 井 伏 鱒 二 文 学 紀 行 し / 、 み よ う い け 伊 豆 三 宅 島 の 新 澪 池 ( 「 御 神 火 」 ) 深 沢 七 郎

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


0 0 大 正 9 年 夏 宮 崎 県 青 島 に て 見 ろ ん け て さ 囲 て 軸 て よ を 趣 て う は さ も ん 気 行 を 贋 る 多 味 い と 最 せ 、 が が っ 巻 物 と 分 か い し 初 る 鱒 格 好 た く だ 別 き り の っ 祖 受 つ た 。 文 よ が 気 だ し を た 父 け た そ 学 ほ か に つ て 手 そ の っ と れ よ ど け 入 た い 伝 う 鬼 い 思 は り の る っ と る つ で 集 で わ 多 絵 気 と て 考 か た あ し い れ 分 画 に 音 い え ら り る た る る 。 応 よ が 。 よ 子 姫 し 挙 う 強 り い 、 で 井 の い だ い 同 い 供 谷 を か 祖 関 っ と し 。 の 焼 : し 一 あ 伏 父 心 た 云 蓄 老 こ の 、 蝶 る さ 音 人 ろ 窯 : 井 の を の つ 影 持 で て 器 は か 跡 : 伏 竹 尤 は 響 つ あ 井 で そ ら の さ 田 も が て る 伏 長 う そ 発 ん そ 井 の . あ 画 。 さ 唄 云 う 掘 は の 伏 祖 つ 家 井 ん を う 云 に 祖 他 さ 父 た に 伏 に 聴 井 う つ 父 す ん の と な さ か い 伏 雰 い が べ に 血 0 大 正 9 年 早 稲 田 大 学 仏 文 1 年 の こ ろ 前 列 左 よ り 2 人 目 鱒 二 後 列 左 端 が 親 友 青 木 南 八 井 伏 さ ん は 病 弱 だ っ た の で 、 一 年 お く れ て 小 学 校 に 入 学 し た 。 井 伏 さ ん の 郷 里 は 広 島 県 深 安 郡 加 茂 町 粟 根 と 云 う と こ ろ で あ る 。 「 集 金 旅 行 」 の 終 り の 方 に こ の 地 名 が 出 て 来 る が 、 そ こ の 岡 の 上 に あ る 加 茂 小 学 校 に 入 学 し た 。 「 校 長 は 藤 原 幀 次 郎 先 生 と い っ て 大 き な 声 を 出 す 老 つ め え り 先 生 で あ っ た 。 ス テ ッ キ を つ き 詰 襟 洋 服 の 上 に モ ジ リ 2 421

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


に 連 載 。 「 月 日 へ の プ レ ー キ 」 ( 後 に 「 猫 」 と 改 題 ) を 「 新 潮 」 に 昭 和 三 十 九 年 ( 一 九 六 四 ) 六 十 六 歳 発 表 。 十 月 、 『 珍 品 堂 主 人 』 を 中 央 公 論 社 よ り 、 「 木 靴 の 山 』 を 筑 摩 書 一 月 、 「 横 丁 の 話 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 カ ラ ス 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 、 一 一 月 、 房 よ り 刊 行 。 「 稽 古 場 へ 行 く 道 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 、 五 月 、 「 茅 ノ 島 所 見 」 を 「 新 昭 和 三 十 五 年 ( 一 九 六 〇 ) 六 十 一 一 歳 潮 」 に 、 六 月 、 「 笠 雲 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 九 月 よ り 「 井 伏 一 月 、 「 草 野 球 の 球 審 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 「 西 海 日 報 記 者 」 を 「 小 説 鱒 二 全 集 』 全 十 一 一 巻 を 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 六 十 七 歳 新 潮 」 に 連 載 。 二 月 、 「 琴 の 記 」 を 「 別 冊 週 刊 朝 日 」 に 発 表 。 『 釣 師 ・ 昭 和 四 十 年 ( 一 九 六 五 ) 釣 場 』 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 三 月 、 日 本 芸 術 院 会 員 と な る 。 五 月 、 日 一 月 、 「 柴 芽 谷 部 落 」 を 「 展 望 」 に 発 表 。 「 の 結 婚 」 ( 八 月 よ り 「 黒 本 文 学 全 集 『 井 伏 鱒 一 一 集 』 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 七 月 、 「 お 袋 」 を 「 小 い 雨 ー と 改 題 ) を 「 新 潮 」 に 連 載 。 「 く る み が 丘 」 を 「 オ ー ル 初 」 説 中 央 公 論 」 に 発 表 。 後 に 「 取 材 旅 行 」 と な る 旅 行 記 を 「 小 説 新 潮 」 に 連 載 。 七 月 、 「 上 脇 進 の ロ 述 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 六 十 八 歳 に 連 載 。 こ の 年 、 ロ フ テ ィ ン グ の 『 ド リ ト ル 先 生 』 を 訳 出 、 岩 波 書 昭 和 四 十 一 年 ( 一 九 六 六 ) 店 よ り 七 冊 刊 行 。 三 月 、 『 く る み が 丘 』 を 文 藝 朞 秋 よ り 刊 行 。 十 月 、 『 黒 い 雨 』 を 新 潮 社 昭 和 三 十 六 年 ( 一 九 六 一 ) 六 十 三 歳 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 文 化 勲 章 を 受 く 。 ま た 『 黒 い 雨 』 に よ り 、 野 間 一 月 、 「 南 島 風 土 記 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 三 月 、 随 筆 集 『 昨 日 の 会 』 文 芸 賞 を 受 け た 。 六 十 九 歳 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 八 月 よ り 「 武 州 鉢 形 城 」 を 「 新 」 に 連 載 。 九 昭 和 四 十 ニ 年 ( 一 九 六 七 ) 月 、 「 無 心 状 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 『 取 材 旅 行 』 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 一 月 、 「 御 用 控 帳 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 、 六 月 、 「 う ば め 樫 」 を 「 別 冊 小 六 十 四 歳 説 新 潮 」 に 発 表 。 十 月 、 随 筆 集 『 風 貌 姿 勢 』 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 昭 和 三 十 七 年 ( 一 九 六 一 l) 七 十 歳 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) 一 一 月 、 日 本 現 代 文 学 全 集 『 井 伏 鱒 一 一 ・ 永 井 龍 男 集 』 を 講 談 社 よ り 、 七 月 、 昭 和 文 学 全 集 『 井 伏 鱒 一 一 集 』 を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 十 月 、 「 故 一 月 、 「 大 き い 木 」 を 「 新 潮 」 に 、 十 一 一 月 、 「 思 い 出 す こ と 」 を 「 心 」 に 発 表 。 篠 原 陸 軍 中 尉 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 表 札 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 七 十 一 歳 昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) 六 十 五 歳 昭 和 三 十 八 年 ( 一 九 六 = D 一 月 、 「 子 熊 の ク こ を 「 新 潮 」 に 、 二 月 、 「 誕 生 日 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 一 月 、 「 富 ノ 沢 麟 太 郎 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 問 わ ず 語 り 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 三 月 、 『 武 州 鉢 形 城 』 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 四 月 、 「 戦 死 ・ 戦 病 に 発 表 。 一 一 月 、 ジ ョ ン ・ ・ ヘ ス タ ー 訳 の : Black Rain" ( 英 訳 『 黒 い 死 」 を 「 小 説 中 央 公 論 」 に 、 五 月 、 「 芦 安 一 等 兵 」 を 「 中 央 公 論 」 に 、 雨 』 ) を 講 談 社 よ り 刊 行 。 七 十 二 歳 「 郷 土 部 隊 」 を 「 オ 1 ル 読 物 」 に 発 表 。 「 つ か ぬ こ と を 」 を 「 小 説 新 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 0 ) 潮 」 に 連 載 。 八 月 、 「 片 割 草 紙 」 を 「 新 潮 」 に 、 十 一 月 、 「 コ タ ッ 花 」 一 月 、 「 釣 人 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 七 月 、 『 釣 人 』 を 新 潮 社 よ り 刊 ( を 「 文 芸 朝 日 」 に 、 十 二 月 、 「 中 込 君 の 釣 」 を 「 小 説 中 央 公 論 」 に 発 ( こ の 年 譜 は 、 主 と し て 、 米 田 清 一 氏 作 成 の 年 譜 、 「 難 肋 集 」 、 そ の 他 参 考 文 献 を も と に 編 集 部 で 作 成 し 、 小 沼 丹 氏 の 校 閲 を 得 ま し た ) 表 、 短 篇 集 『 無 心 状 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


好 盛 治 ら 好 月 與 年 河 昭 鰌 叮 昭 和 39 年 千 葉 県 佐 原 十 六 島 で の フ ナ 釣 り 向 こ う の 人 は 船 頭 さ ん 吃 印 し て 逃 げ 出 し た 。 そ れ が き 「 か け で 、 → そ の あ と 片 上 伸 は そ の 事 実 を 糊 塗 し よ う と し て こ と ご と に 井 伏 さ ん に 圧 迫 を 加 え た 。 井 伏 さ ん は 休 学 し て 東 京 を 逃 け 出 し 郷 里 に 帰 っ た が 、 理 由 は 家 の 人 に は 話 せ な い す い ぶ ん 味 気 な い 気 持 だ っ た ろ う と 思 う 。 井 伏 さ ん が 流 浪 の 旅 に 出 た い と 云 う と 兄 文 夫 氏 は 少 し 保 養 し ろ と 云 っ て 、 井 伏 さ ん は 因 ノ 島 の 三 庄 町 に 下 宿 し た 。 こ こ で ト ル ス ト イ や チ ェ ホ フ を 読 ん だ 。 「 こ の 島 に 移 っ て か ら 私 の 操 行 は 従 前 に く ら べ 一 変 し た 。 私 は 酒 を 飲 む こ と を 覚 え 、 福 を 求 め る 目 的 か ら タ 方 に な る と 顔 を 剃 っ て 酒 を の み に 出 か け た 。 」 と あ 廴 ・ つ よ ん る 。 鬱 憤 を 晴 ら し た い 気 持 も あ っ た ろ う 。 み に 井 伏 さ ん に は 瀬 戸 内 海 の 風 物 を 扱 っ た 作 品 が い く つ か あ る が 、 本 集 に 収 め た 「 因 ノ 島 」 ( 二 十 三 年 ) も こ の 島 を 舞 台 に 戦 後 ま も な い こ ろ の 世 情 を 鮮 か に 捉 え て い る こ の 辺 は 井 伏 さ ん が 若 い こ ろ か ら 知 し て い て 、 愛 着 も 強 い の だ ろ う と 田 5 う 島 に 半 年 ば か り い て 上 京 す る と 、 復 学 の 手 続 き を と り 月 謝 も 納 め た 。 し か し 、 教 授 会 の 席 上 、 片 上 伸 が 井 伏 さ ん の 復 学 に 反 対 も て 復 学 出 来 な か っ た 。 井 伏 さ ん と す れ ば 、 不 本 意 な が ら 退 学 を 余 儀 な く さ れ た と 云 う こ と で あ る 。 作 家 井 伏 鱒 二 に と っ て 卒 業 中 退 は ど う で ル い こ と か も し れ な い か 、 そ の こ ろ の 井 伏 さ ん に と 434

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


井 伏 鱒 二 文 学 紀 行 広 島 県 加 茂 町 著 者 生 家 付 近 の 川 谷 川 と い う も の は 、 減 茶 苦 茶 な 急 流 と な っ て 流 れ 去 っ た り 、 意 外 な と こ ろ で 大 き な 淀 み を つ く っ て い る も の ら し い 。 山 椒 魚 は 岩 屋 の 出 入 口 か ら 、 谷 川 の 大 き な 淀 み を 眺 め る こ と が で き た 。 ( 「 山 椒 魚 」 )

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


00 武 州 鉢 形 城 コ タ ッ 花 : 因 ノ 島 さ さ や ま 街 道 ・ : 注 解 井 伏 鱒 一 一 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 四 宅 小 沼 丹 四 宅 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 榎 本 時 雄 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 平 林 功 紅 野 敏 郎 吉 田 正 信 四 0 六 ・ 三 六 四 一 穴 0 ・ 三 九 =

現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集


・ 一 一 ( ま 、 ネ え ャ っ ロ 当 「 5 は に を に 長 第 、 , 璽 、 を ー 詩 「 魚 拓 」 の 原 稿 随 筆 「 青 木 南 八 」 の 原 稿 「 さ ざ な み 軍 記 」 「 集 金 旅 行 」 「 多 甚 古 村 」 他 多 く の 作 品 を 書 い て い る 。 「 ジ ョ ン 万 次 郎 漂 流 記 」 に よ っ て 直 木 賞 を 受 け た の は 昭 和 十 三 年 だ が 、 鷲 尾 洋 三 氏 の 「 回 想 の 作 家 た ち 」 の な か の 「 芥 川 ・ 直 木 賞 銓 衡 委 員 の 憶 い 出 」 と 云 う 文 章 に よ る と 「 井 伏 鱒 二 氏 の 如 き 、 受 賞 し う つ ゼ ん た 昭 和 十 一 一 年 下 半 期 現 在 に お い て 、 す で に 鬱 然 た る 中 堅 作 家 で あ っ た が 、 「 ジ ョ ン 万 次 郎 漂 流 記 』 の 気 品 の 高 い 大 衆 性 を 評 価 さ れ た の で あ る 。 直 木 賞 の 方 に は 、 こ う い う た ぐ い の 、 柔 軟 性 の あ る 授 賞 の し か た も あ る の だ っ た 。 」 と あ る 。 ま さ し く そ の 通 り だ っ た ろ う 。 「 集 金 旅 行 」 は 井 伏 さ ん が 意 識 的 に 抒 情 性 を 捨 て た 作 品 で あ る 。 ム い 替 え る と 「 朽 助 の い る 谷 間 」 「 屋 根 の 上 の サ ワ ン 」 で は 抒 情 を 意 識 し て い た と 云 う こ と で あ る 。 こ の 作 品 は 典 型 的 な ピ カ レ ス ク で あ っ て 、 つ ぎ つ ぎ と 展 開 す る 情 景 、 挿 話 に 読 者 は 笑 い を 禁 じ 得 な い だ ろ う 。 井 伏 さ ん に よ る と 話 は 空 想 の 産 物 だ そ う だ が 、 コ マ ッ さ ん は 、 そ っ く り の 性 格 の 女 性 が い て そ の 性 格 を と っ た 。 ま た コ マ ッ さ ん の 動 作 、 身 振 り は 花 柳 章 太 郎 か ら と っ た 。 花 柳 章 太 郎 は 女 の 型 を と っ て 要 約 し て い て 、 書 き や す い か ら だ と 云 う こ と で あ る 前 に も 述 べ た が 、 最 後 の 方 で 井 伏 さ ん の 郷 里 が 出 て 来 る 。 四 箇 月 分 の 部 屋 代 を 踏 み 倒 し て 帰 っ た 早 稲 田 出 身 の 文 学 青 年 鶴 屋 幽 蔵 は 何 と な く 井 伏 さ ん ら し い 風 貌 442