検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集から 493件ヒットしました。

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


現 代 日 本 の 文 学 43 阿 ) 日 弘 之 三 甫 朱 集 三 川 井 伊 龠 北 尾 奥 足 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 夫 成 靖 整 明 夫 樹 男 学 習 研 究 社

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


460 資 料 を 集 め る 。 四 月 、 「 ソ ロ モ ン 小 戦 史 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 私 記 」 を 発 表 。 新 潮 社 よ り 新 潮 日 本 の 文 学 「 阿 川 弘 之 集 』 を 刊 行 。 五 十 歳 『 軍 艦 ポ ル カ 』 を 東 方 社 よ り 刊 行 。 六 月 、 「 旅 の 絵 ハ ガ キ 」 を 「 小 説 昭 和 四 十 六 年 ( 一 . 九 七 一 ) 新 潮 」 に 発 表 。 八 月 、 中 央 公 論 社 よ り 『 私 の ソ ロ モ ン 紀 行 』 を 刊 一 一 月 、 昭 和 出 版 社 よ り 『 私 の 中 の 海 軍 予 備 学 生 』 を 刊 行 。 六 月 、 文 行 。 集 英 社 よ り 『 黒 い 坊 ち ゃ ん 』 ( コ ン ・ ハ ク ト ・ フ ッ ク ス ) を 刊 行 。 藝 春 秋 よ り 『 私 記 キ ス カ 撤 退 』 を 刊 行 。 ( こ の 年 譜 は 著 者 の 自 作 年 譜 を 中 心 に 編 集 部 が 作 製 し ま し た ) 十 月 、 「 お つ ば い 坊 や 」 を 「 小 説 新 潮 に 発 表 。 四 十 七 歳 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) 一 月 、 「 暗 い 波 濤 」 を 「 新 潮 」 に 連 載 し 始 め る 。 三 月 、 「 私 の 卒 業 論 文 ー ↓ ハ 賀 直 哉 」 を 「 群 像 」 に 発 表 。 新 潮 社 よ り 『 水 の 上 の 会 話 』 を 刊 行 。 筑 摩 書 房 よ り 現 代 日 本 文 学 大 系 『 堀 田 ・ 阿 川 ・ 遠 藤 ・ 大 江 集 』 を 刊 行 。 横 浜 市 港 北 区 元 石 川 ( 現 在 は 緑 区 美 し が 丘 ) に 転 居 。 五 月 、 「 犬 と 麻 ち ゃ ん 」 を 「 東 京 新 聞 」 ・ ほ か に 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 。 九 月 、 「 私 と ス ポ ー ツ 」 を 「 群 像 」 に 発 表 。 志 賀 直 哉 と 対 談 「 広 津 和 郎 氏 の 思 い 出 」 を 「 図 書 」 に 掲 載 。 講 談 社 よ り 『 あ ひ る 飛 び な さ い 』 を 刊 行 。 昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) 四 十 八 歳 一 月 、 「 『 志 賀 直 哉 私 論 』 私 観 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 一 一 月 、 「 最 後 の 海 軍 大 将 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 九 月 、 ア リ ュ ー シ ャ ン 列 島 及 び ア ツ ツ 島 に 旅 行 。 十 一 月 、 新 潮 社 よ り 以 前 の 『 山 本 五 十 六 』 に 約 三 〇 〇 枚 を 加 筆 し た 『 新 版 山 本 五 十 六 』 を 脱 稿 し 、 刊 行 。 十 二 月 、 日 本 ペ ン ク ラ ブ 専 務 理 事 と な る 。 四 十 九 歳 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 〇 ) 一 一 月 、 ベ ス ト セ ラ ー ズ 社 よ り 「 阿 川 弘 之 の 本 』 を 刊 行 。 三 月 、 紀 行 「 29 年 目 の 真 珠 湾 」 を 「 太 陽 」 に 発 表 。 三 月 、 四 月 と モ ス コ ー ア メ リ カ を 旅 行 。 六 月 、 韓 国 ン ウ ル で 開 か れ た 第 三 十 七 回 国 際 ペ ン 大 会 に 出 席 。 七 月 、 帰 国 。 十 月 よ り 「 日 本 経 済 新 聞 」 夕 刊 に 「 い る か の 学 校 」 を 連 載 。 十 一 月 、 「 文 藝 春 秋 臨 時 増 刊 」 に 「 私 記 キ ス カ 撤 退 」 を 発 表 。 十 二 月 、 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 「 広 瀬 武 夫

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


現 代 日 本 の 文 学 43 全 60 巻 集 昭 和 46 年 7 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 10 月 1 日 26 版 発 行 阿 川 弘 之 著 者 浦 朱 門 古 岡 滉 発 行 者 齡 学 習 研 究 社 発 行 所 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 暁 印 刷 株 式 会 社 製 本 株 式 会 社 若 林 製 本 工 場 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 7 加 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 OHiroyuki Agawa, Shumon Miura 1971 Printed in Japan 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す ISBN4 ー 05 ー 050253 ー 4 C0393

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


田 村 泰 次 郎 氏 と 香 港 に て 中 国 と の 国 境 付 近 で ( 昭 和 37 年 こ ろ ) 碑 弘 攻 氏 こ あ 山 和 ・ み 水 り を 躊 第 ~ い ) , 出 よ 氏 〔 ー 県 左 三 \ 島 達 児 て 川 鹿 に 石 上 の 之 左 「 山 本 五 十 六 」 で 新 潮 社 文 学 賞 を 受 賞 受 賞 パ ー テ ィ で 左 よ り 遠 藤 周 作 氏 吉 行 淳 之 介 氏 ( 昭 和 41 年 12 月 8 日 ) パ リ の 北 駅 に て 特 急 ミ ス ト ラ ル の 前 で ( 昭 和 年 ) 写 真 ( 上 ) の 同 パ ー テ ィ に 出 席 し た 左 よ り 石 坂 洋 次 郎 氏 弘 之 広 津 和 郎 氏 ( 昭 和 41 年 )

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


「 小 説 新 潮 」 、 六 月 、 「 メ チ ル ・ ア ル コ ー ル 」 を 「 文 学 界 」 、 七 月 、 カ ト リ ッ ク 受 洗 。 「 結 納 」 を 「 新 潮 」 、 十 一 月 、 「 ア マ ゾ ン の 文 化 人 」 を 「 新 潮 」 、 十 二 昭 和 三 十 九 年 ( 一 九 六 四 ) 三 十 八 歳 月 、 「 不 在 証 明 」 を 「 群 像 」 、 「 手 紙 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 七 一 一 号 」 に 三 月 、 「 傷 だ ら け の パ イ プ 」 を 「 群 像 」 、 四 月 、 「 タ ・ ハ コ の 味 」 を 「 文 発 表 。 一 月 、 『 セ ル ロ イ ド の 塔 』 を 文 藝 春 秋 新 社 よ り 出 版 。 七 月 に 学 界 」 、 五 月 、 「 騎 士 道 」 を 「 新 潮 」 、 七 月 、 「 お っ か さ ん 」 を 「 小 説 妻 と 共 に 北 米 、 中 米 を ド ラ イ ・ フ 旅 行 し 、 八 月 、 プ ラ ジ ル で 開 か れ た 新 潮 」 、 九 月 、 コ 一 十 年 」 を 「 群 像 」 、 十 月 、 「 恋 仇 の 死 」 を 「 小 説 新 ー と し て 出 席 し た 。 国 際 ペ ン 大 会 に 、 オ ブ ザ ー 潮 」 に 発 表 。 昭 和 三 十 六 年 ( 一 九 六 一 ) 三 十 五 歳 四 月 、 『 女 お も て う ら 』 を 冬 樹 社 よ り 出 版 。 夏 、 台 湾 、 フ ィ リ ッ ビ 一 月 、 「 一 週 間 の 休 暇 」 を 「 別 冊 小 説 新 潮 」 、 二 月 、 「 実 子 」 を 「 新 ン 、 香 港 に 行 く 。 潮 」 、 「 友 、 遠 方 よ り 来 る 」 を 「 文 学 界 」 、 四 月 、 「 ス ポ ー ツ の 害 」 を 昭 和 四 十 年 ( 一 九 六 五 ) 三 十 九 歳 「 小 説 中 央 公 論 」 、 「 学 士 女 房 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 、 五 月 、 「 縁 談 」 を 一 月 、 「 サ イ ク リ ン グ 」 を 「 別 冊 新 潮 」 、 一 一 月 、 「 洋 服 笊 箭 」 を 「 群 「 新 潮 」 、 七 月 、 「 凍 っ た 道 」 を 「 別 冊 小 説 新 潮 」 、 十 一 月 、 「 流 感 」 を 像 」 、 「 三 尺 下 っ て 」 を 「 小 説 現 代 」 、 四 月 、 「 ビ ー タ 1 パ ン 」 を 「 文 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 一 月 よ り 十 二 月 ま で 「 西 部 小 説 入 門 」 を 「 宝 学 界 」 、 五 月 、 「 峠 」 を 「 文 芸 」 、 「 ダ イ ナ モ 」 を 「 展 望 」 、 七 月 、 「 ギ 石 」 に 連 載 。 一 月 、 書 下 ろ し 長 篇 『 羊 が 怒 る 時 』 を 東 都 書 房 よ り 出 タ ー 」 を 「 文 芸 」 、 九 月 、 「 赤 い ス リ ッ パ 」 を 「 小 説 新 潮 」 、 十 月 、 版 。 三 月 、 短 篇 集 『 実 子 』 を 新 潮 社 よ り 、 十 一 一 月 、 訳 書 「 ニ ッ 「 猫 」 を 「 群 像 」 、 「 早 熟 」 を 「 文 学 界 J' 十 一 月 、 「 師 弟 」 を 「 新 潮 」 ン ・ 歴 史 の 宿 』 を 人 物 往 来 社 よ り 出 版 。 に 発 表 。 昭 和 三 十 七 年 ( 一 九 六 一 D 三 十 六 歳 昭 和 四 十 一 年 ( 一 九 六 六 ) 四 十 歳 一 月 、 「 不 良 邦 人 」 を 「 週 刊 朝 日 別 冊 」 、 三 月 、 「 名 所 旧 跡 」 を 「 文 三 月 、 「 爪 の 会 」 を 「 群 像 」 、 五 月 、 「 恐 れ い り ま す 」 を 「 小 説 現 学 界 」 、 四 月 、 「 入 学 試 験 」 を 「 別 冊 小 説 新 潮 」 、 九 月 、 「 買 い 残 り 」 代 」 、 六 月 、 「 煙 突 を の ・ ほ る 」 を 「 文 学 界 」 、 「 道 な ら ぬ 恋 」 を 「 小 説 を 「 文 学 界 」 、 十 一 月 、 コ 一 人 の 妻 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 夏 、 欧 州 へ 新 潮 」 、 十 月 、 「 終 戦 記 念 日 」 を 「 小 説 新 潮 」 、 「 土 器 の と れ る 台 地 」 行 く 。 を 「 群 像 」 、 十 一 月 、 「 モ テ ル 男 」 を 「 小 説 現 代 」 に 発 表 。 昭 和 三 十 八 年 ( 一 九 六 = l) 三 十 七 歳 三 月 、 『 神 話 』 を 講 談 社 よ り 出 版 。 四 十 一 歳 譜 二 月 、 「 観 光 ・ ( ス 」 を 「 群 像 」 、 四 月 、 「 九 年 母 」 を 「 別 冊 小 説 新 昭 和 四 十 ニ 年 ( 一 九 六 七 ) 潮 」 、 「 卒 業 式 」 を 「 小 説 中 央 公 論 」 、 「 偕 老 同 穴 」 を 「 新 潮 」 、 六 月 、 一 一 月 、 三 月 、 「 箱 庭 」 を 「 文 学 界 」 、 七 月 、 「 人 生 相 談 」 を 「 群 像 」 、 年 「 箱 入 息 子 」 を 「 小 説 現 代 」 、 八 月 、 「 妹 」 を 「 小 説 現 代 」 、 九 月 、 十 月 、 「 鬼 の い ぬ 間 」 を 「 別 冊 小 説 新 潮 」 、 十 一 月 、 「 旧 友 」 を 「 風 「 嫉 妬 」 を 「 文 学 界 」 、 十 月 、 「 か け お ち 」 を 「 週 刊 女 性 」 ( 九 日 号 ) 、 景 」 、 「 季 節 風 」 を 「 文 学 界 」 、 「 私 怨 」 を 「 新 潮 」 、 十 二 月 、 「 道 の 半 十 一 月 、 「 神 話 」 を 「 群 像 」 、 「 毛 抜 き 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 訳 ば に 」 を 「 文 学 界 」 。 九 月 、 『 箱 庭 』 を 文 藝 春 秋 新 社 よ り 出 版 。 十 月 、 書 『 黒 い 情 婦 』 を 講 談 社 よ り 出 版 。 十 二 月 、 遠 藤 周 作 が 代 父 と な り 日 大 教 授 と な る 。 十 二 月 、 『 箱 庭 』 に よ り 新 潮 文 学 賞 を 受 賞 。

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


海 軍 時 代 の 仲 間 と 飲 む 「 春 の 城 」 上 梓 の こ ろ 後 列 左 端 が 弘 之 ( 昭 和 一 一 十 七 年 ) を ら は 一 人 す っ 元 気 に 入 営 し て 行 き 、 そ の 三 分 の 一 ほ ど が 戦 死 し て し ま っ た 。 昭 和 十 七 年 は 、 ア メ リ カ 軍 が 南 太 平 洋 で 反 撃 に 転 し 始 め た 年 だ 。 こ の 年 に 海 軍 予 備 学 生 を 志 願 し た 阿 川 さ ん は 、 別 の 所 で 次 の よ う に も 書 い て い る 。 「 日 支 事 変 は 、 少 年 の 心 に も 憂 ル の 極 み で あ 0 た が 、 こ の た び 緒 戦 の 帝 国 海 軍 の 活 躍 に は 感 動 し 、 こ の 戦 争 に な ら 進 ん で 協 力 出 来 る と い う 気 持 に な っ た 。 」 ( 集 英 社 新 日 本 文 学 全 集 年 譜 ) 次 は 「 春 の 城 」 の 一 節 。 「 耕 二 は 町 へ 出 る と 、 い つ も ニ ュ ー ス 映 画 を 見 に 入 っ 。 鼠 色 の 陰 気 な 画 面 に 、 山 西 の 山 奧 で 、 分 解 し た 砲 を ひ げ づ ら 担 い で 苦 し げ に 山 道 を 登 っ て 行 く 鬚 面 の 兵 士 の 顔 や 、 く ち く か ん 南 支 那 海 の 波 浪 に も ま れ て い る 駆 逐 艦 の 上 で 、 忙 し く 手 旗 を 振 っ て い る 水 兵 の 姿 な ど が 映 っ た 。 彼 は そ う い 家 , 文 同 諸 , う 写 真 で 時 々 涙 が 出 る 事 が あ っ た 。 多 勢 の 日 本 人 が 、 実 年 売 の 年 あ の よ う な 苦 し い 事 を 一 生 懸 命 や っ て い る 、 あ れ が 本 の 読 之 夫 島 和 回 弘 春 和 当 に 国 の 為 に な る 事 な ら 、 矢 張 り 自 分 一 人 超 然 と し て 、 広 昭 4 が 藤 昭 と ( 第 端 佐 ( 石 川 の 言 う よ う な 要 領 の い い 事 ば か り は し て い ら れ な で 右 ど う し て も 、 気 持 を 確 か り 定 め て 軍 隊 に 入 っ て 、 存 た み き 城 賞 恆 し 立 派 な 兵 士 に な ら な く て は い け な い 、 彼 は そ う 思 う の ( す の 受 田 賞 然 し そ れ が 本 当 に 正 し い 事 か 、 本 当 に 国 の 町 母 写 春 を 福 受 で あ っ た 。 て 「 賞 に も 上 に 右 学 時 氏 為 に な る 事 か 、 彼 に は 時 々 分 ら な く な 0 た 。 第 一 、 死

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


注 解 阿 川 弘 之 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 阿 川 弘 之 集 目 次 阿 川 弘 之 文 学 紀 行 広 島 へ の 愛 着 と ふ し ぎ な る 御 性 格 春 の 城 年 年 歳 歳 霊 三 1 三 ロ 阪 田 寛 夫 哭 六 紅 野 敏 郎 噐 四 北 杜 夫 宅 哭 五

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


注 解 阿 川 弘 之 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 阿 川 弘 之 集 目 次 阿 川 弘 之 文 学 紀 行 広 島 へ の 愛 着 と ふ し ぎ な る 御 性 格 春 の 城 年 年 歳 歳 霊 三 1 三 ロ 阪 田 寛 夫 哭 六 紅 野 敏 郎 噐 四 北 杜 夫 宅 哭 五

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


444 阿 川 弘 之 集 注 解 発 黄 檗 臨 済 宗 ( 禅 宗 ) の 一 分 派 で あ る 黄 檗 宗 を い う 。 発 徒 労 や が て 召 集 さ れ る べ き 運 命 を も っ た 戦 時 下 の 学 徒 の 気 持 を 忠 実 に 伝 え た こ と ば で あ る 。 六 一 ち ぬ 茅 渟 鯛 。 瀬 戸 内 海 で と れ る 小 さ な 鯛 。 六 一 大 鏡 平 安 朝 に つ く ら れ た 歴 史 物 語 。 藤 原 氏 栄 華 の さ ま が 中 心 に の べ て あ る 。 著 者 未 詳 。 「 水 鏡 」 「 今 鏡 」 「 増 鏡 」 と と も に 春 の 城 四 鏡 と 呼 ば れ る 。 五 三 川 は 、 上 げ 潮 時 に は : こ の 冒 頭 の の ど や か な 広 島 の 風 六 一 寒 山 詩 宋 の 高 宗 時 代 の 僧 寒 山 ( 生 没 年 不 詳 ) の つ く っ た 詩 景 、 こ の 描 き か た の な か に 、 こ の 街 を 愛 す る 作 者 の 無 限 の 思 い 集 。 禅 道 に 悟 入 し た 詩 が 多 い 。 が こ め ら れ て い る 。 廃 墟 に な る 前 の 広 島 の 町 へ の 思 い は 、 そ の 六 一 山 西 の 山 奥 中 国 北 西 の 山 西 省 の 山 奥 。 ま ま 作 者 の 青 春 の 思 い に 重 な る 。 六 一 矢 張 り 自 分 一 人 超 然 と し て : : : 祖 国 に 対 す る 素 朴 で 健 康 な 五 三 宇 品 の 港 広 島 市 の 南 に あ り 、 日 露 戦 争 の 頃 よ り 、 海 外 に 出 感 情 が 素 直 に 表 明 さ れ て い る 部 分 。 征 す る 際 は こ こ か ら 船 が 出 た 。 六 一 一 野 村 大 使 当 時 、 駐 米 特 命 全 権 大 使 に な っ た 野 村 吉 三 郎 海 軍 語 素 肌 の 清 潔 な 匂 い こ れ は 阿 川 文 学 の 匂 い で も あ る 。 大 将 。 太 平 洋 戦 争 開 始 ま で の 日 米 交 渉 に あ た っ た 人 。 五 五 矢 代 先 生 「 霊 三 題 」 に 出 て き た 国 文 学 者 中 島 光 風 を イ メ ー 六 三 智 恵 子 こ の 女 性 と 友 人 と 恩 師 と 肉 親 な ど を か ら ま せ つ つ 、 ジ す る こ と が で き る 。 師 弟 の な ご や か な 雰 囲 気 が う ま く 描 か れ 不 自 由 な 戦 時 下 の 青 春 を 愁 い 深 く 描 い て い く 手 際 は み ご と で あ る 。 て い く 。 和 名 抄 『 倭 名 類 聚 鈔 』 の 略 。 源 順 の 著 。 分 類 体 の 漢 和 辞 書 。 套 ハ ワ イ の 奇 襲 攻 撃 昭 和 十 六 年 十 二 月 八 日 朝 の 攻 撃 、 太 平 洋 漢 語 を 漢 文 で 説 明 し た 上 、 和 名 を 万 葉 が な で 注 釈 し た も の 。 戦 争 の 勃 発 を さ す 。 五 六 荒 々 し く 立 ち 向 っ て 行 け る : : : 志 賀 直 哉 の 『 暗 夜 行 路 』 の 六 八 鴨 緑 江 北 朝 鮮 と 満 洲 の 境 を 流 れ て い る 大 河 。 河 口 に は 、 朝 謙 作 の 彷 徨 の な か に も 、 こ れ に 似 た 態 度 が 発 見 で き る 。 鮮 側 に 新 義 州 、 満 洲 側 に 安 東 が あ る 。 ち ゅ う え ん 五 六 主 計 科 旧 海 軍 で 、 人 事 、 庶 務 、 経 理 の 担 当 を す る 科 。 七 一 范 文 正 公 范 仲 淹 ( 989 ~ 1053 ) 。 中 国 北 宋 の 政 治 家 、 文 人 。 老 全 力 を 尽 し て 死 な な い 工 夫 ・ : こ の 石 川 の 、 要 領 よ く と も 宋 学 の 先 駆 者 。 か く 、 逃 げ ま わ っ て 兵 土 に な る こ と を 避 け る 態 度 、 そ こ に も 戦 七 一 岳 陽 楼 記 中 学 校 の 漢 文 に も し ば し ば 採 用 さ れ て い た 有 名 な 時 下 の 一 タ イ プ の 青 年 が み ら れ る 。 た だ し 、 悲 壮 な か た ち で 抵 一 文 。 岳 陽 楼 は 、 洞 庭 湖 が 揚 子 江 に 流 入 す る 場 所 に あ る 。 風 光 抗 し て い る と い う 構 え で は な い 。 明 媚 の 地 と し て 著 名 。 五 八 北 海 公 園 北 京 の 街 の 著 名 な 公 園 。 七 一 天 下 ノ 憂 ニ 先 ン ジ テ : 君 子 の 道 で あ る 「 先 憂 後 楽 」 を い ち ぬ だ い

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


「 新 思 潮 」 を 出 す 。 小 説 を 書 こ う と 思 っ た の は 、 九 月 こ ろ で 、 郭 沫 「 文 士 」 を 「 近 代 文 学 」 、 六 月 、 「 教 育 者 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 若 を 意 識 し た 歴 史 小 説 と 、 サ ロ ー ヤ ン の 影 響 を 受 け た 私 小 説 風 の 物 五 月 、 短 篇 集 『 冥 府 山 水 図 』 を 筑 摩 書 房 よ り 出 版 。 こ の こ ろ 、 何 の を 書 い た 。 つ ま り 、 習 作 時 代 が こ の こ ろ か ら 始 ま っ た 。 た め に 書 く か わ か ら な く な り 、 教 師 業 に 専 念 し よ う か と も 思 っ た 。 昭 和 ニ 十 六 年 ( 一 九 五 一 ) 一 一 十 五 歳 昭 和 三 十 一 年 ( 一 九 五 六 ) 三 十 歳 「 新 思 潮 」 の 一 一 号 に 出 し た 画 鬼 ー ー ー 後 に 「 冥 府 山 水 図 」 と 改 題 一 一 月 、 「 ポ ナ ベ 島 」 を 「 群 像 」 、 「 嘘 」 を 「 文 学 界 」 、 四 月 、 「 指 環 」 が 「 文 学 界 」 の 同 人 雑 誌 評 で 、 日 井 吉 見 氏 に ほ め ら れ 、 氏 の お 世 話 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 七 月 、 訳 書 『 天 国 は 配 当 を 払 わ な い 』 で 、 第 一 次 展 望 終 刊 号 に 転 載 さ れ た 。 こ の 年 九 月 、 阪 田 が 大 学 を 出 を 講 談 社 よ り 出 版 。 て 結 婚 し 、 朝 日 放 送 の ・ フ ロ デ ュ ー ザ ー に な っ て 大 阪 に 行 っ た 。 小 説 昭 和 三 十 ニ 年 ( 一 九 五 七 ) 三 十 一 歳 の 注 文 ー ら し き も の ー が ポ ッ ポ ッ あ り 、 大 変 に 不 安 で あ っ た 。 ま だ 七 月 、 「 青 銅 の 手 箱 」 を 「 群 像 」 、 十 月 、 「 飴 色 の 定 規 」 を 「 文 学 界 」 習 作 だ と い う 自 覚 が あ り 、 阪 田 が お だ て て く れ る か ら 、 何 と か 書 い に 発 表 。 四 月 、 短 篇 集 『 礁 湖 』 を 村 山 書 店 、 十 二 月 、 訳 書 『 我 が 名 て き た の に 、 こ れ か ら ど う し よ う と 思 っ た 。 は ア ラ ム 』 を 角 川 書 店 よ り 出 版 。 昭 和 ニ 十 七 年 ( 一 九 五 一 l) 二 十 六 歳 昭 和 三 十 三 年 ( 一 九 五 八 ) 三 十 一 一 歳 「 文 学 界 」 一 一 月 号 に 「 斧 と 馬 丁 」 を 発 表 。 同 じ 号 に 出 た 安 岡 章 太 郎 五 月 、 「 鏃 と ・ フ ロ ー チ 」 を 「 美 術 手 帖 」 、 十 月 、 「 陰 謀 」 を 「 新 日 本 の 「 宿 題 」 に シ ョ ッ ク を 受 け た 。 そ の こ ろ 、 サ ロ ー ヤ ン や ア ン ダ ー 文 学 」 、 十 二 月 、 「 不 肖 の 父 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 ス ン に 凝 っ て い た の で 、 日 本 に も サ 戸 ー ヤ ン が い る と 思 っ た 。 安 岡 九 月 、 訳 書 『 キ リ ス ト の 死 ん だ 日 』 を 荒 地 出 版 社 よ り 出 版 。 に 手 紙 を 出 し 、 そ の 他 多 く の 偶 然 か ら 、 後 に 「 第 三 の 新 人 」 と 言 わ こ の 二 、 三 年 、 学 校 に も い ろ い ろ 厭 な 問 題 が あ り 、 自 分 の 書 く も の れ る 人 々 と 知 り あ っ た 。 十 月 、 日 大 芸 術 学 部 助 教 授 に な り 、 「 新 潮 」 に つ い て も 、 考 え な け れ ば な ら な い こ と が あ り 、 苦 し か っ た 。 遠 藤 十 二 月 の 同 人 雑 誌 特 集 号 に 「 梅 」 を 発 表 。 周 作 に さ そ わ れ て 、 ネ ラ ン 神 父 の 許 に 、 聖 書 講 義 を 聞 ぎ に 、 週 一 昭 和 ニ 十 八 年 ( 一 九 五 三 ) 二 十 七 歳 度 、 前 後 二 、 三 年 通 っ た 。 一 月 、 「 な す び 」 を 「 文 学 界 」 、 三 月 「 聖 陵 勲 章 」 を 「 中 央 公 論 」 、 昭 和 三 十 四 年 ( 一 九 五 九 ) 三 十 三 歳 八 月 、 「 カ ン ナ 」 を 「 新 潮 」 、 九 月 、 「 ニ コ チ ン 」 を 「 文 学 界 」 に 発 六 月 、 「 セ ル ロ イ ド の 塔 」 を 「 文 学 界 」 に 一 挙 掲 載 。 七 月 、 「 爆 発 」 表 。 十 月 、 新 思 潮 同 人 の 町 田 知 寿 子 ( 曾 野 綾 子 ) と 結 婚 し た 。 を 「 サ ン デ ー 毎 日 特 別 号 」 九 月 、 「 父 と 子 」 を 「 新 潮 」 、 十 一 一 月 、 昭 和 ニ 十 九 年 ( 一 九 五 四 ) 二 十 八 歳 「 シ ャ モ 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 八 月 三 日 の 「 日 本 読 書 新 聞 」 一 月 、 「 未 だ 練 れ ず 」 を 「 文 学 界 」 、 六 月 、 「 新 井 さ ん と 梅 里 の こ と 」 よ り 「 推 理 小 説 月 旦 」 執 筆 。 を 「 新 潮 」 、 十 二 月 、 「 野 性 の 山 羊 」 を 「 群 像 」 に 発 表 。 十 一 月 、 『 地 図 の 中 の 顔 』 を 講 談 社 よ り 出 版 。 昭 和 三 十 年 ( 一 九 五 五 ) 一 一 十 九 歳 昭 和 三 十 五 年 ( 一 九 六 〇 ) 三 十 四 歳 一 月 、 長 男 太 郎 出 生 。 一 一 月 、 「 空 廻 り の 季 節 」 を 「 文 学 界 」 、 三 月 、 一 月 、 「 階 下 の 家 ー を 「 群 像 」 、 五 月 、 「 汝 の 隣 人 を ス ・ ハ イ せ よ 」 を