検索 - みる会図書館

全データから 212009件ヒットしました。

現代日本の文学 31 太宰 治 集


太 宰 治 集

現代日本の文学 31 太宰 治 集


現 代 日 本 の 文 学 太 宰 治 集 三 川 井 伊 臣 ,. 北 尾 奥 足 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 壘 大 樹 男 夫 成 靖 整 学 習 研 究 社

現代日本の文学 31 太宰 治 集


現 代 日 本 の 文 学 31 太 宰 全 60 巻 治 集 昭 和 44 年 9 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 10 月 1 日 18 版 発 行 著 者 太 宰 治 発 行 者 古 岡 滉 発 行 所 鑾 査 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 暁 印 刷 株 式 会 社 製 本 株 式 会 社 若 林 製 本 工 場 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 7 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 OMichiko Tsushima 1969 Printed in Japan ISBN4 ー 05 ー 050241 ー 0 C0393 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


ま き わ 卒 業 間 際 の 学 生 は 、 よ ほ ど の こ と が な け れ ば 落 第 し な ひ か れ て い た の は 太 宰 治 で あ り 、 最 も 私 淑 し て い た の は 井 伏 鱒 二 で あ っ た 。 」 春 生 が い つ 、 ど う い う 形 で 太 宰 い も の で 、 そ れ が こ れ だ け 問 題 に な っ た と い 、 つ こ と は 、 最 上 級 生 で な け れ ば 、 落 第 し て い た と い う こ と で あ ろ を 知 っ た か は 、 私 は 知 ら な い が 、 こ の こ ろ の 太 宰 は 後 に 文 学 青 年 の 憧 れ の 的 に な っ た 太 宰 で は な い 女 給 と の 心 中 に 生 き 残 り 、 郷 里 か ら 出 て き た 芸 者 と 松 本 文 雄 氏 に よ る と 、 「 こ の 時 代 に 、 彼 が ひ そ か に ど う せ 、 同 棲 し 、 共 産 党 の 非 合 法 活 動 を し て い た 太 宰 が や っ と 創 作 活 動 を は じ め た こ ろ で あ る 。 春 生 が 五 高 を 出 て 東 大 に 入 学 し た 年 の 五 月 、 太 宰 は 処 女 創 作 集 「 晩 年 」 を 出 版 し た 。 し か し そ の 前 年 、 彼 は 自 殺 を は か っ て 失 敗 し て い る ボ ロ ポ ロ の 生 活 を 続 け 、 し か も 海 の 物 と も 山 の 物 と も っ か な い 新 人 作 家 で あ っ た 太 宰 に ひ か れ た 春 生 は 、 太 宰 の 作 品 の 中 に 、 自 己 の 内 心 に 通 す る も の を 発 見 し て い た に 違 い な い 。 そ し て 大 学 に は い っ た も の の 、 は と ん ど 教 室 に 出 な か っ た の も 、 太 宰 と よ く 似 て い る 「 春 生 は 昭 和 十 一 年 四 月 、 東 大 国 文 科 に 入 学 し た 。 同 や ま な し じ 月 私 は 山 梨 県 の 田 舎 の 中 学 に 赴 任 し た 。 私 は と き ど き 上 京 し 、 春 生 の 下 宿 を 訪 ね る こ と も あ っ た 。 あ る と お も し ろ き 春 生 に 、 大 学 は 面 白 い か 、 と き く と 、 ま だ 一 度 も 授 と 答 え た 。 二 年 目 に 、 学 校 は 面 白 い か 、 業 に 出 な い と き く と 、 ま だ い つ べ ん も 、 と 答 え た 。 三 年 目 に 学 校 は 、 と き く と 、 百 二 十 円 の 講 義 を 聞 い た と 言 っ た 。 授 業 料 が 年 に 百 二 十 円 だ っ た の で あ る 。 で は 彼 は 毎 日 何 7 一 第 長 野 ・ 蓼 科 に て 遠 藤 周 作 ( 右 ) と ( 昭 和 31 年 ) を 東 京 ・ 練 馬 の 自 宅 書 斎 に て ( 昭 和 33 年 ) 428

現代日本の文学 31 太宰 治 集


~ 4 / ま を 弘 前 高 校 時 代 の 落 書 を 読 、 を 高 校 時 代 の 太 宰 当 時 の 旧 制 弘 前 高 校 玄 関 弘 前 高 校 入 学 当 時 左 か ら 長 兄 文 治 、 藤 田 昌 次 郎 、 従 弟 逸 郎 、 太 宰 、 弟 礼 治 、 前 田 本 太 郎

本の雑誌 12月号第40巻12号


〈 特 集 〉 太 宰 治 は 本 当 に 人 間 失 格 な の か ? 6 人 と ダ メ 人 間 作 家 コ ン テ ス ト ! ◎ 西 村 賢 太 坪 内 祐 三 人 間 失 格 と い え ば 太 宰 治 で す が 、 い や ん で す 。 僕 の 作 業 が 遅 い 上 に 、 収 録 作 を 差 文 庫 に 人 っ た け ど 、 ル バ ン で は 実 は 織 田 作 ゝ 、 は る か に 人 間 し 替 え て も ら う こ と に し た せ い で 之 助 を 撮 っ て た ん で す よ 。 そ れ を 見 た 太 宰 い や 太 宰 な ん て 目 じ ゃ な し し い る ぞ 、 坪 じ ゃ あ 、 ア ド ル ム 中 毒 で わ け の わ か ら が 俺 も 撮 っ て よ っ て 。 で も フ ラ ッ シ ュ が あ 失 格 だ っ た す ご い 作 家 が い つ ば ゝ な い 状 態 で 書 か れ た 名 作 と い う の は ? と い う あ た り を 語 っ て い た だ こ う と と 一 枚 分 し か な か っ た 。 そ れ で 一 か 八 か で 坪 そ れ だ っ た ら 、 ま ず は 田 中 英 光 で し ょ 西 そ れ を 人 れ た ん で す 。 あ と 、 太 宰 の 思 撮 っ た の が 、 あ の 名 シ ョ ッ ト 。 で 、 織 田 作 と 太 宰 は 撮 っ た あ と 、 続 い て 死 ん じ ゃ う で う 。 西 村 賢 太 編 集 の 角 川 文 庫 『 田 中 英 光 傑 い 出 を 書 い た の と 坪 太 宰 と い え ば 林 忠 彦 が ル バ ン で 撮 っ た し よ う 。 そ の あ と 田 中 英 光 を あ る 雑 誌 で 写 作 選 』 は も う す ぐ 出 る ん で し た つ け ? 西 一 ヶ 月 ず れ ち ゃ っ て 十 一 月 末 に な っ た 写 真 だ よ ね 。 『 文 士 の 時 代 』 が 去 年 、 中 公 す こ と に な っ た と き 、 田 中 英 光 は や つ ば り ・ 神 保 町 チ キ ン カ ッ 対 談 ☆ 昨 今 話 題 の 太 宰 治 だ が 、 本 当 に そ ん な に ダ メ 人 間 だ っ た の か と い う わ け で 、 西 村 賢 太 と 坪 内 祐 三 が 選 ぶ 太 宰 よ り も す ご い ダ メ 人 間 作 家 グ ラ ン プ リ か ら 、 小 谷 野 敦 の 太 宰 よ り 面 白 い 私 小 説 ガ イ ド 、 作 家 の 死 に 方 伝 説 に 中 原 昌 也 の 太 宰 嫌 い の 弁 ま で 、 無 頼 と ダ メ の 狭 間 に 迫 る 緊 急 特 集 だ あ ー 々 諸 メ に 6 ? を 曲 と ネ ・ ・ 一 " 、 ロ よ メ 耄 ロ ・ ぼ よ ッ

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


現 代 日 本 の 文 学 石 川 木 高 本 寸 光 太 良 集 宮 ラ 睾 賢 治 北 尾 奥 足 三 川 井 伊 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 夫 樹 男 夫 成 靖 整 学 習 研 究 社

九州(楽楽 九州 1)


寺 院 】 か ん せ お ん じ 観 世 音 寺 太 宰 府 境 内 は 、 静 か で ゆ っ た り と 谷 092-922-1811 谷 092-918-8700 し た 空 気 力 毓 P49 旧 P49 C-2 れ て い る 民 芸 品 の 木 う そ 絵 付 け や 梅 ケ 枝 餅 焼 き が で き る 体 大 宰 府 政 庁 跡 の 東 に 位 置 し 「 府 大 寺 」 と 称 さ れ 、 験 工 房 ( 予 約 制 ) や 特 産 品 の 販 売 コ ー ナ ー が あ る ほ さ ら に 境 内 に は 戒 壇 院 が 置 か れ て お り 九 州 随 一 か 、 太 宰 府 観 光 の た め の 情 報 収 集 が で き る 。 2 階 に の 寺 院 で あ っ た 。 併 設 す る 「 宝 蔵 」 に は 16 体 の 木 は 無 料 休 憩 所 が あ る の で 、 参 拝 途 中 に 利 用 し よ う 。 造 仏 像 群 が あ り 、 国 の 重 要 文 化 財 と し て 指 定 さ れ ・ 西 鉄 太 宰 府 駅 か ら 徒 歩 2 分 朝 10 ~ 18 時 の 水 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 0 な し て い る 。 ま た 国 宝 の 日 本 最 古 の 梵 鐘 が あ る 。 西 鉄 五 条 駅 か ら 徒 歩 10 分 の 境 内 自 由 ( 宝 蔵 は 9 時 ~ DATA 要 16 時 30 分 最 終 受 付 ) の 無 休 朝 境 内 無 料 ( 宝 蔵 は 58 や す 武 円 ) 030 台 和 歌 や 漢 詩 に 優 れ た す が わ ら み ち さ ね 宀 問 の 神 様 ・ 苜 原 道 真 平 安 時 代 に 学 者 、 政 治 家 、 漢 詩 人 と し て 活 躍 し た 人 物 。 幼 少 の 頃 か ら 学 問 詩 歌 に 優 れ 、 33 歳 の 時 に 国 家 試 験 に 合 格 し 博 士 号 を 取 る 。 宇 多 天 皇 に 重 用 さ れ 、 右 大 臣 に ま で 昇 り つ め た が 、 左 大 臣 藤 原 時 平 の 陰 謀 で 大 宰 府 に 左 遷 。 そ の ま ま 大 宰 府 の 地 で 生 涯 を 終 え た 。 道 真 の 没 後 、 都 で は 疫 病 や 異 常 気 象 な ど 不 吉 な 事 が 続 い た た め 、 祟 り と 恐 れ ら れ 、 蟇 所 の 上 に 社 殿 を 建 て た 。 こ れ が 、 太 宰 府 天 満 宮 と な り 、 道 真 公 が 文 才 に 秀 で て い た こ と か ら “ 学 問 の 神 様 ” と し て 、 広 く 親 し ま れ て い る 。 木 造 イ ム 像 群 や 日 本 最 古 の 梵 鐘 を 保 持 だ さ い ふ か ん 太 宰 府 館 府 館 DATA た け 谷 092-922-5079 P49 D-I 国 産 の そ ば 粉 と 宝 満 山 の 地 下 水 を 使 っ て で き た 喉 こ し の い い そ ば が 自 慢 。 ざ る そ ば 800 円 、 鴨 せ い ろ 148 円 な ど 。 北 海 道 十 勝 産 の 小 豆 を 使 っ た 梅 ケ 枝 餅 ( 1 個 105 円 ) も 人 気 が 高 い 。 朝 西 鉄 太 宰 府 駅 か ら 徒 歩 2 分 の 1 0 ~ 1 8 時 の 不 定 休 0 な し か ざ み ど り 風 見 鶏 C 0 L U M N DATA カ フ ェ 谷 092-928-8685 P49 旧 築 1 年 の 歴 史 が 色 づ く 旅 籠 を 利 用 し た カ フ ェ 。 店 内 に 漂 う レ ト ロ な 雰 囲 気 が 時 の 流 れ を ゆ っ た り と 感 じ さ せ て く れ る 。 自 家 焙 煎 し た こ だ わ り の コ ー ヒ ー を せ ひ 。 レ ア チ ー ズ ケ ー キ セ ッ ト 900 円 ~ ・ 西 鉄 太 宰 府 駅 か ら 徒 歩 す ぐ 朝 9 時 30 分 ~ 1 7 日 無 休 0 な し DATA て 5 西 日 、 デ 真 光 寺 卍 大 野 へ 宰 公 館 だ ざ い ふ ・ 遊 園 地 ー ン ド み か ざ の 湯 太 連 歌 屋 ( ー ) 太 、 月 物 殿 連 歌 屋 2 台 高 文 書 館 ・ 崇 福 寺 大 町 府 ( 三 ) 雲 寺 卍 卍 ・ 天 満 宮 幼 稚 園 白 川 太 宰 府 館 加 天 満 宮 前 局 博 多 人 形 ふ み お ・ 延 寿 至 太 宰 府 天 満 宮 0 光 蓮 寺 卍 西 鉄 み 館 コ 福 岡 〒 、 駅 建 重 寺 橋 旧 山 ノ 井 池 の 花 卍 宰 府 自 然 庵 ・ 新 町 公 民 新 山 ノ 茶 房 き く ち 西 日 吉 神 社 九 立 一 ・ 五 条 公 音 ・ 寺 249 ス ト ラ ン ・ 卍 総 合 福 祉 セ ン タ ト ・ ・ 籀 祉 セ ン タ ー ー ン ハ ウ ス 品 大 宰 府 政 庁 労 者 体 セ ン 働 く 婦 人 の 石 坂 = 大 宰 府 展 示 卍 佛 心 寺 学 業 院 跡 、 ( こ 匚 紫 女 学 園 音 寺 前 一 一 矢 蔵 厖 証 ] 飯 庁 適 う 駄 宰 府 市 役 可 ! = = = = = = = = ー ・ ・ 政 庁 跡 一 太 宰 府 湯 の 谷 西 太 宰 府 市 0 ロ 公 民 館 ・ 観 世 寺 ( ー ) 文 し 情 報 セ ン タ .0 石 ノ 、 社 商 工 会 館 社 。 五 条 駅 西 鉄 三 市 0 ′ 国 分 一 福 岡 イ 歌 屋 ( 太 宰 府 、 観 世 音 寺 鶏 世 音 ( 六 ) 観 世 、 民 館 ・ 宰 府 文 化 ふ れ あ い 本 旧 池 太 宰 府 市 安 ヶ 浦 池 観 音 寺 四 ) 公 民 館 松 ヶ 浦 池 日 管 寺 卍 宰 府 ( ) CV 観 世 音 寺 西 ノ 涌 沖 。 P.. 51 公 民 館 ・ .5 五 条 ( 0 鉄 0

現代日本の文学 Ⅱ― 8 山本 周五郎 集


そ れ に 対 し て 山 本 周 五 郎 は 、 四 十 歳 ま で は 生 活 の た ら し た り し た 。 「 だ ん だ ん わ か っ て き て く れ る ん だ な 。 に ご ら な い 目 で も の を み る め に 、 い に 染 ま ぬ 読 物 を 圭 日 い て い た 。 は じ め か ら 彼 の 」 偏 見 の な い ひ と の ほ う が こ と が 出 来 る ん だ な 」 。 奧 野 健 男 が 『 太 宰 治 論 』 の 著 者 説 は 妥 協 の 産 物 と し て 汚 れ の 中 に つ か っ て い た 。 し か し 山 本 周 五 郎 は そ の 下 積 み の 屈 辱 の 中 で 、 次 々 に 妥 協 で あ る こ と が 、 山 本 さ ん に ひ と し お の 感 慨 を さ そ っ た よ う で あ る 。 「 不 思 議 だ ね 。 不 思 議 に 太 宰 治 ゆ か り の 人 の 垢 を ぎ 、 常 識 の 衣 を 脱 ぎ 、 裸 の 心 を 磨 い て い た 。 が お れ を ほ め て く れ る よ う に な っ た な 」 〉 ( 「 人 間 山 本 そ し て 、 太 宰 治 が 自 殺 し た 年 齢 で あ る 四 十 歳 頃 、 山 本 周 五 郎 は は し め て 文 学 的 に 開 眼 し た 。 自 分 に し か 書 け 周 五 郎 」 ) と 述 べ た と 言 う 。 太 宰 治 が 三 十 九 歳 で 自 殺 せ す 、 も し 生 き て い た ら 、 山 ぬ 小 説 の 領 域 を 発 見 し た 。 じ か に 読 者 の 魂 に 語 り か け 本 周 五 郎 の よ う な 生 き 方 を し た の で は な い か 。 山 本 周 る 方 法 を つ く り 出 し た 。 昭 和 十 八 年 の 「 日 本 婦 道 記 」 で あ る 。 無 名 の 人 間 の か く れ た 立 派 さ 、 美 し さ 、 か な 五 郎 の 後 期 の 文 学 か ら 受 け る 感 銘 に 近 い 、 感 銘 を 与 え し さ 、 そ う い う 志 を 、 見 出 し 、 表 現 す る こ と が で き る て く れ る 作 品 を 書 い た の で は な い か 、 と ば く は 時 々 想 ト 小 、 つ に 宀 な っ こ 。 つ ま り 四 十 歳 ま で 純 粋 に 生 き 続 け 、 生 像 す る こ と が あ る 太 宰 治 は 自 分 は 滅 び る 人 間 だ と 思 い 定 め 、 遺 書 と し 命 を 断 っ た 太 宰 の 可 能 的 な 後 半 生 を 山 本 周 五 郎 は バ ト ン ・ タ ッ チ し た の で あ る 。 四 十 歳 か ら 後 の 山 本 周 五 郎 て 小 説 を 書 く こ と を は し め て 自 分 に 許 し た 。 そ し て 青 し よ う 力 い は 自 己 の 全 生 活 、 そ れ こ そ 家 族 も 友 人 も 女 も 酒 も 編 集 春 の 傷 つ き 易 い 裸 の 心 と 皮 膚 を 、 生 涯 変 ら す 抱 き 続 け 、 見 ヾ こ 十 ・ . た 。 そ れ を 世 間 や 既 成 の 価 値 観 と 妥 協 し 、 掩 い 隠 す こ 者 も 、 す べ て 小 説 を 書 く た め に だ け 用 い が す べ て で あ っ た 。 太 宰 が か っ て そ う で あ っ た よ う に 。 と を ・ 訐 さ な か っ た 。 い つ も 青 年 の ご と く 正 義 と 理 想 と そ し て 太 宰 治 が や り 得 な か っ た 、 下 積 み の 人 生 体 験 を 美 を 追 い も と め 、 反 逆 の 姿 勢 を 崩 さ な か っ た 。 し か し 伴 っ た 人 間 の 姿 を 小 説 化 し た 。 太 宰 が 行 う べ く し て 行 太 宰 と て 生 身 の 人 間 で あ る 。 傷 つ き 易 い 裸 の 心 を 無 防 え な か っ た 後 半 生 を 、 四 十 歳 ま で 死 ん で い た と 同 然 の 備 の ま ま 持 ち 続 け る の は 、 四 十 歳 が 限 度 で あ っ た か も 知 れ な い 。 太 宰 治 は 自 己 の す べ て を 小 説 を 書 く た め に 山 本 周 五 郎 が 受 け 継 い で 生 き た の で あ る 。 し か し 、 裸 捧 ず た 。 ト 説 を 書 く た め に だ け 、 四 十 年 間 こ の 世 に と の 心 で 、 小 説 の た め に だ け 生 き る と い う 人 生 は 、 や は り 二 十 余 年 が 人 間 と し て 限 度 で あ っ た 。 あ の 頑 健 な 山 ど ま っ た の だ 。 や す お お が ん け ん 436

るるぶ青森 弘前 奥入瀬 白神山地’12~’13 (国内シリーズ)


こ に 注 目 鬼 が 人 間 に 罰 を 与 え て い る 「 地 獄 絵 」 の 描 写 は 、 幼 い 太 宰 に と っ て 大 変 シ ← 靑 森 ヒ バ を せ い た く に 使 用 し た 建 物 は 国 の 重 要 文 化 財 大 正 時 代 の 木 造 建 築 の 家 。 和 室 の ほ か 洋 室 も あ る 太 宰 の 父 が 、 総 工 費 約 4 万 円 ( 現 在 の 価 格 で 約 7 ~ 8 億 円 ) で 建 て た と い う 入 母 屋 造 の 豪 邸 こ に 注 目 ふ る さ と 金 木 で 足 跡 を た ど る 小 説 『 故 郷 』 に は 、 こ の 部 屋 で 、 病 床 の 母 の 手 を 両 手 で 握 っ て 見 舞 う シ ー ン が 登 場 す る を 太 宰 治 疎 開 の 家 「 津 島 家 新 座 敷 」 ◎ た さ い お さ む そ か し 、 の い え 「 つ し ま け し ん さ し き 」 00173-52-3063 ( 白 川 ) ( 四 P65B2 23 作 品 が 執 筆 さ れ た 生 家 の 離 れ 宰 が 妻 と 子 供 を 連 れ て 疎 開 し た 家 。 当 時 は 生 家 の 斜 陽 館 裏 手 に あ っ た 。 昭 和 20 年 ( 1945 ) 7 月 か ら 約 1 年 4 カ 月 暮 ら し 、 『 バ ン ド ラ ろ ゆ の 匣 』 『 ト カ ト ン ト ン 』 な ど 23 作 品 が こ で 執 筆 さ れ た 。 0 五 所 川 原 市 金 木 町 朝 日 山 317-9 ・ 津 軽 鉄 道 金 木 駅 か ら 徒 歩 5 分 朝 入 館 500 円 ( シ ョ ッ プ は 無 料 ) の 9 ~ 17 時 の 不 定 休 04 台 ↓ 江 戸 時 代 中 期 の 掛 け 軸 と い わ れ る 地 獄 絵 4 0 ” を 産 ■ を た ざ い お さ む 太 宰 治 記 念 館 「 斜 陽 館 」 ◎ だ ざ い お さ む き ね ん か ん 「 し や よ う か ん 」 00173-53-2020 P65B2 明 治 40 年 ( 1907 ) に 建 て ら れ た 太 宰 の 生 家 、 ← 2 階 に あ る 洋 ↓ ~ 間 。 天 井 に は 豪 華 な シ ャ ン テ リ ア も ↓ 太 宰 が 愛 用 し た と い う ニ 重 廻 し の マ ン ト も 展 示 太 宰 は 金 木 を 、 小 説 『 津 軽 』 の 冒 頭 で 「 ど こ や ら 都 会 風 に ち ょ っ た 気 取 っ た 町 」 と 書 い て い る 。 今 も 金 木 に 残 る 太 宰 ゆ か り の 生 家 や 公 園 を 訪 れ 、 太 宰 作 品 の 原 点 に ふ れ て み た い 。 気 ~ 宰 は 建 立 の 2 年 後 に こ で 生 ま れ 、 青 森 中 学 に 進 学 す る ま で の 少 年 期 を 過 ご し た 。 現 在 、 蔵 を 利 用 し た 展 示 室 で は 、 初 版 本 や 原 稿 、 川 端 康 成 へ の 書 簡 な ど 約 600 点 を 収 蔵 し て い る 。 0 五 所 川 原 市 金 木 町 朝 日 山 412-1 ・ 津 軽 鉄 道 金 木 駅 か ら 徒 歩 7 分 朝 入 館 500 円 の 8 時 30 分 ~ 18 時 ( 1 1 ~ 4 月 は 9 ~ 17 時 ) の 12 月 29 日 050 台 雲 祥 寺 太 宰 が 子 守 の た け と よ く 遊 ん だ 寺 ◎ う ん し よ う し 00173-53-2074 P65A2 こ に 注 目 園 内 に は 立 派 な 太 宰 治 文 学 碑 や 銅 像 が 立 ち 、 そ の 前 で 毎 年 6 月 1 9 日 に は 生 誕 祭 が 開 催 さ れ る 店 内 に は 当 時 の 切 符 売 り 場 や 手 荷 物 會 文 学 碑 に は 太 宰 が 芦 野 公 園 取 扱 所 の 看 板 な ど 好 き た っ た ヴ ェ ル レ も 掛 か り 、 レ ト ロ な ー ヌ の 詩 の 一 節 も ◎ あ し の こ う え ん 雰 囲 気 が い つ ば い 0 0173-35-21 ⅱ ( 五 所 川 原 市 商 工 観 光 課 ) P65A1 太 宰 が 幼 い こ ろ 遊 ん だ 公 園 軽 鉄 道 芦 野 公 園 駅 の 旧 駅 舎 木 の 北 方 、 芦 野 湖 岸 の 公 園 。 約 を 利 用 し た カ フ ェ 。 太 宰 が 80 万 耐 の 園 内 に は 約 2200 本 の 好 ん で よ く 飲 ん で い た と い う 味 を ノ 再 現 し た 、 昭 和 の 珈 琲 500 円 。 馬 桜 の 木 が あ り 、 毎 年 ゴ ー ル デ ン ウ ィ ー ク に は 桜 祭 り を 開 催 。 芦 野 湖 に 架 か る 肉 を 使 っ た 激 馬 か な き カ レ ー サ ラ 全 長 265m の 芦 野 夢 の 浮 橋 な ど も あ る 。 ダ 付 き 680 円 な ど の 軽 食 も あ り 。 0 五 所 川 原 市 金 木 町 芦 野 ・ 津 軽 鉄 道 芦 野 公 園 駅 か ら 0 五 所 川 原 市 金 木 町 芦 野 84-171 ・ 津 軽 鉄 道 す ぐ 朝 の の 園 内 自 由 0 あ り 芦 野 公 園 駅 か ら す ぐ の 10 時 30 分 ~ 16 時 30 分 の 12 月 四 日 05 台 を ) 】 第 一 あ 技 わ 堂 に は 通 称 「 地 獄 絵 」 と い わ れ る 寺 宝 の 「 十 王 曼 荼 羅 」 が 掛 か る 。 小 説 『 思 ひ 出 』 に は 、 た け が 太 宰 に 道 徳 を 教 え る た め に 見 せ た と こ ろ 太 宰 か 泣 き 出 し た と い う 工 ビ ソ ー ド か 書 か れ て い る 。 0 五 所 川 原 市 金 木 町 朝 日 山 433 ・ 津 軽 鉄 道 金 木 駅 か ら 徒 歩 7 分 0 の の ヨ ッ ク だ っ た よ う 境 内 自 由 ( 地 獄 絵 拝 観 は 無 料 。 法 事 な ど を 除 く 8 ~ 16 時 ) 0 な し こ に 注 目 4 生 誕 100 年 を 経 た 今 で も 共 感 を 集 め る 太 宰 治 っ て ど ん な 人 ? 明 治 年 ( 19 。 9 ) 、 津 軽 有 数 の 資 産 家 の 6 男 と し て 生 ま れ た 。 本 名 は 津 島 修 治 。 『 斜 陽 』 『 走 れ メ ロ ス 』 『 人 間 失 格 』 な ど 、 屈 折 し た 罪 悪 意 識 を 道 化 と 笑 い で つ つ ん だ 諸 作 品 を 発 た ・ 物 /.... 表 し た が 、 昭 和 年 ( 1948 ) に 東 年 公 ら 治 京 ・ 玉 川 上 水 で 愛 人 と 入 水 自 殺 、 2 芦 建 太 年 の 短 い 生 涯 を 閉 じ た 。 ん し っ 舎 て 駅 茶 喫 ① ′ 「 太 宰 が 常 連 っ - 弘 前 の 「 土 の 珈 琿 屋 万 茶 を 再 現 MAP ・ 蛉 手 回 し 式 電 、 話 機 な ど も 置 か れ て い る 64 ィ :