検索 - みる会図書館

検索対象: 九州(楽楽 九州 1)

九州(楽楽 九州 1)から 236件ヒットしました。

九州(楽楽 九州 1)


寺 院 】 か ん せ お ん じ 観 世 音 寺 太 宰 府 境 内 は 、 静 か で ゆ っ た り と 谷 092-922-1811 谷 092-918-8700 し た 空 気 力 毓 P49 旧 P49 C-2 れ て い る 民 芸 品 の 木 う そ 絵 付 け や 梅 ケ 枝 餅 焼 き が で き る 体 大 宰 府 政 庁 跡 の 東 に 位 置 し 「 府 大 寺 」 と 称 さ れ 、 験 工 房 ( 予 約 制 ) や 特 産 品 の 販 売 コ ー ナ ー が あ る ほ さ ら に 境 内 に は 戒 壇 院 が 置 か れ て お り 九 州 随 一 か 、 太 宰 府 観 光 の た め の 情 報 収 集 が で き る 。 2 階 に の 寺 院 で あ っ た 。 併 設 す る 「 宝 蔵 」 に は 16 体 の 木 は 無 料 休 憩 所 が あ る の で 、 参 拝 途 中 に 利 用 し よ う 。 造 仏 像 群 が あ り 、 国 の 重 要 文 化 財 と し て 指 定 さ れ ・ 西 鉄 太 宰 府 駅 か ら 徒 歩 2 分 朝 10 ~ 18 時 の 水 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 0 な し て い る 。 ま た 国 宝 の 日 本 最 古 の 梵 鐘 が あ る 。 西 鉄 五 条 駅 か ら 徒 歩 10 分 の 境 内 自 由 ( 宝 蔵 は 9 時 ~ DATA 要 16 時 30 分 最 終 受 付 ) の 無 休 朝 境 内 無 料 ( 宝 蔵 は 58 や す 武 円 ) 030 台 和 歌 や 漢 詩 に 優 れ た す が わ ら み ち さ ね 宀 問 の 神 様 ・ 苜 原 道 真 平 安 時 代 に 学 者 、 政 治 家 、 漢 詩 人 と し て 活 躍 し た 人 物 。 幼 少 の 頃 か ら 学 問 詩 歌 に 優 れ 、 33 歳 の 時 に 国 家 試 験 に 合 格 し 博 士 号 を 取 る 。 宇 多 天 皇 に 重 用 さ れ 、 右 大 臣 に ま で 昇 り つ め た が 、 左 大 臣 藤 原 時 平 の 陰 謀 で 大 宰 府 に 左 遷 。 そ の ま ま 大 宰 府 の 地 で 生 涯 を 終 え た 。 道 真 の 没 後 、 都 で は 疫 病 や 異 常 気 象 な ど 不 吉 な 事 が 続 い た た め 、 祟 り と 恐 れ ら れ 、 蟇 所 の 上 に 社 殿 を 建 て た 。 こ れ が 、 太 宰 府 天 満 宮 と な り 、 道 真 公 が 文 才 に 秀 で て い た こ と か ら “ 学 問 の 神 様 ” と し て 、 広 く 親 し ま れ て い る 。 木 造 イ ム 像 群 や 日 本 最 古 の 梵 鐘 を 保 持 だ さ い ふ か ん 太 宰 府 館 府 館 DATA た け 谷 092-922-5079 P49 D-I 国 産 の そ ば 粉 と 宝 満 山 の 地 下 水 を 使 っ て で き た 喉 こ し の い い そ ば が 自 慢 。 ざ る そ ば 800 円 、 鴨 せ い ろ 148 円 な ど 。 北 海 道 十 勝 産 の 小 豆 を 使 っ た 梅 ケ 枝 餅 ( 1 個 105 円 ) も 人 気 が 高 い 。 朝 西 鉄 太 宰 府 駅 か ら 徒 歩 2 分 の 1 0 ~ 1 8 時 の 不 定 休 0 な し か ざ み ど り 風 見 鶏 C 0 L U M N DATA カ フ ェ 谷 092-928-8685 P49 旧 築 1 年 の 歴 史 が 色 づ く 旅 籠 を 利 用 し た カ フ ェ 。 店 内 に 漂 う レ ト ロ な 雰 囲 気 が 時 の 流 れ を ゆ っ た り と 感 じ さ せ て く れ る 。 自 家 焙 煎 し た こ だ わ り の コ ー ヒ ー を せ ひ 。 レ ア チ ー ズ ケ ー キ セ ッ ト 900 円 ~ ・ 西 鉄 太 宰 府 駅 か ら 徒 歩 す ぐ 朝 9 時 30 分 ~ 1 7 日 無 休 0 な し DATA て 5 西 日 、 デ 真 光 寺 卍 大 野 へ 宰 公 館 だ ざ い ふ ・ 遊 園 地 ー ン ド み か ざ の 湯 太 連 歌 屋 ( ー ) 太 、 月 物 殿 連 歌 屋 2 台 高 文 書 館 ・ 崇 福 寺 大 町 府 ( 三 ) 雲 寺 卍 卍 ・ 天 満 宮 幼 稚 園 白 川 太 宰 府 館 加 天 満 宮 前 局 博 多 人 形 ふ み お ・ 延 寿 至 太 宰 府 天 満 宮 0 光 蓮 寺 卍 西 鉄 み 館 コ 福 岡 〒 、 駅 建 重 寺 橋 旧 山 ノ 井 池 の 花 卍 宰 府 自 然 庵 ・ 新 町 公 民 新 山 ノ 茶 房 き く ち 西 日 吉 神 社 九 立 一 ・ 五 条 公 音 ・ 寺 249 ス ト ラ ン ・ 卍 総 合 福 祉 セ ン タ ト ・ ・ 籀 祉 セ ン タ ー ー ン ハ ウ ス 品 大 宰 府 政 庁 労 者 体 セ ン 働 く 婦 人 の 石 坂 = 大 宰 府 展 示 卍 佛 心 寺 学 業 院 跡 、 ( こ 匚 紫 女 学 園 音 寺 前 一 一 矢 蔵 厖 証 ] 飯 庁 適 う 駄 宰 府 市 役 可 ! = = = = = = = = ー ・ ・ 政 庁 跡 一 太 宰 府 湯 の 谷 西 太 宰 府 市 0 ロ 公 民 館 ・ 観 世 寺 ( ー ) 文 し 情 報 セ ン タ .0 石 ノ 、 社 商 工 会 館 社 。 五 条 駅 西 鉄 三 市 0 ′ 国 分 一 福 岡 イ 歌 屋 ( 太 宰 府 、 観 世 音 寺 鶏 世 音 ( 六 ) 観 世 、 民 館 ・ 宰 府 文 化 ふ れ あ い 本 旧 池 太 宰 府 市 安 ヶ 浦 池 観 音 寺 四 ) 公 民 館 松 ヶ 浦 池 日 管 寺 卍 宰 府 ( ) CV 観 世 音 寺 西 ノ 涌 沖 。 P.. 51 公 民 館 ・ .5 五 条 ( 0 鉄 0

九州(楽楽 九州 1)


太 宰 府 に 来 た ら は ず せ な い 2 大 ス ポ 外 / ( 太 宰 府 天 満 宮 ) 「 天 神 さ ま 」 と し て 親 し ま れ て い る 菅 原 道 真 公 を 御 祭 神 と し て 祀 る 天 満 宮 で 、 全 国 1 万 2000 に 及 ふ 天 満 宮 の 総 本 社 と 伝 え ら れ る 。 平 安 時 代 の 政 治 家 で あ っ た 道 真 公 は 学 者 と し て も 優 れ て い た た め 学 問 の 神 様 と し て 信 仰 を 集 め 、 全 国 か ら 年 間 650 万 人 も の 参 拝 者 が 訪 れ 、 受 験 シ ー ズ ン は 特 に 賑 わ い を 見 せ る 。 本 殿 は 檜 皮 葺 、 五 間 社 流 造 と よ ば れ る 造 り 。 桃 山 時 代 の 華 麗 な 建 築 様 式 が 見 事 で 、 国 の 重 要 文 化 財 に も 指 定 さ れ て い る 。 谷 092-922-8225 P49 旧 西 鉄 太 宰 府 駅 か ら 徒 歩 15 分 朝 朝 境 内 自 由 01500 台 ( 1 回 500 円 ) 御 神 牛 自 分 の 身 体 の 悪 い 部 分 と 同 じ 部 位 を 触 る と 効 き 目 が あ る と か お 石 茶 屋 連 絡 ト ノ ネ 豚 筆 塚 包 丁 塚 夫 婦 樟 担 1 ~ 、 一 管 公 歴 史 館 朝 中 朝 社 ー 九 州 国 立 ぃ 博 物 館 入 口 時 打 堂 - ・ 」 気 、 レ ス ト ラ 、 無 料 休 憩 戸 の 工 ス カ L ~ タ ー 飛 梅 神 東 神 苑 延 寿 王 石 造 鳥 居 、 、 心 字 池 神 東 吹 、 ば の 歌 碑 総 合 案 内 所 光 明 禅 寺 へ 亠 1 贏 一 DATA 心 字 池 「 心 」 と い う 字 を 象 っ た 池 。 池 の 中 で は 鯉 が 泳 い で い る ぶ 地 ロ い 園 入 に を 庭 声 の 、 館 水 書 ' 宝 物 殿 太 鼓 キ 、 ャ 誠 心 館 、 ⅵ 麟 像 大 極 、 、 社 務 所 絵 馬 堂 石 造 鳥 居 花 崗 岩 製 の 鳥 居 。 県 の 文 化 財 に 指 定 さ れ て い る ひ と り 言 ” 本 殿 に 昇 殿 し て 合 格 祈 願 太 宰 府 天 満 宮 で は 、 国 の 重 要 文 化 財 で あ る 御 本 殿 で 御 祈 願 が 行 わ れ て い る 。 受 験 シ ー ズ ン に は 、 合 格 祈 願 を 願 う 人 が 多 数 訪 れ る 。 初 穂 料 は 円 ~ 大 樟 樹 齢 180 年 以 上 の 大 き な 樟 の 木 。 国 の 天 然 記 念 物 に も 指 定 御 本 殿 宝 物 殿 太 鼓 橋 ・ 平 橋 道 真 公 の 没 後 、 遺 骸 を 道 真 公 の 御 真 筆 と 伝 え 本 殿 に 向 っ て 手 前 か ら 牛 車 で 運 ほ う と し た と ら れ る 書 や 国 宝 「 幹 苑 」 、 太 鼓 橋 ・ 平 橋 ・ 太 鼓 橋 と こ ろ 、 牛 が 座 し て 動 か 古 文 書 、 工 芸 品 な と 約 5 続 き 、 過 去 ・ 現 在 ・ 未 来 万 点 に 及 ぶ 宝 物 を 収 蔵 、 な く な っ た 場 所 を 墓 所 の 三 世 ー 念 と い う 仏 教 に 定 め 、 本 殿 が 建 て ら 展 示 し て い る 。 太 宰 府 天 思 想 を 表 現 。 こ の 橋 を れ た 。 優 美 な 造 り で 、 国 満 宮 の 調 査 や 研 究 の た 渡 る と 、 心 身 共 に 清 め ら の 重 要 文 化 財 に 指 定 。 め の 文 化 研 究 所 を 併 設 。 れ る と 伝 え ら れ て い る 。 4 は し ひ ら は し は う も つ ( ん は ん ( ん

九州(楽楽 九州 1)


太 宰 府 遺 構 】 大 宰 府 政 庁 跡 せ い ち ょ う あ と 歴 史 あ る 町 に 新 名 所 も 誕 生 し 、 広 大 な 地 で 世 界 各 国 の 観 光 客 で 賑 わ う 思 い を 馳 せ る 和 政 権 が 政 治 の 要 と し て 「 大 宰 府 」 を 置 い た こ と に よ り 約 500 年 に 渡 り 、 政 治 、 経 済 、 外 交 の 中 心 と し て 栄 え て い た 。 学 問 の 神 様 と し て 知 ら れ る 菅 原 道 真 鬘 公 を 祀 る 太 宰 府 天 満 宮 は 一 番 の 名 所 。 そ の 他 周 辺 に も 寺 院 や 遺 跡 な ど 、 歴 史 あ る 見 と こ ろ が 点 在 す る 。 近 年 「 九 州 国 立 博 物 館 」 も 誕 生 し 、 全 国 や 海 外 か ら 訪 れ る 観 光 客 で 賑 わ う 。 山 と 緑 に 周 囲 谷 092-922-7811 伏 宰 府 展 示 館 ) を ぐ る り と 囲 ま 美 し い P49 B-2 景 色 が 広 が る か っ て 九 州 全 体 を 治 め る 政 庁 が あ っ た 場 所 。 7 世 紀 後 半 か ら 防 衛 や 外 交 の 拠 点 と し て 重 要 な 役 割 を 担 っ て い た 。 広 大 な 敷 地 に 礎 石 が 点 在 し 、 往 時 を 偲 ぶ こ と が で き る 。 隣 接 す る 「 大 宰 府 展 示 館 」 で は 発 掘 さ れ た 平 安 時 代 の 遺 構 や 出 土 品 を 展 示 。 西 鉄 都 府 楼 前 駅 か ら 徒 歩 15 分 見 学 自 由 / 大 宰 府 展 示 館 9 時 ~ 16 時 30 分 の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 朝 を 入 館 18 円 030 台 DATA 3 3 寺 院 】 n 0 「 m こ う み よ う せ ん じ 》 太 宰 府 市 観 光 交 流 課 観 光 交 流 係 谷 092-928-3938 光 明 禅 寺 》 太 宰 府 市 観 光 案 内 所 谷 092-925 ヨ 880 ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス 地 下 鉄 空 港 線 神 駅 10 分 6 参 照 鉄 福 庭 の 美 し さ か 見 事 な 禅 寺 を 訪 ね る 5 分 谷 092-925-1 庭 の 随 所 に 木 西 鉄 々 カ り 、 四 ( 太 宰 府 市 観 光 案 内 所 ) 季 折 々 に 違 う P49 旧 「 特 急 」 で 約 1 2 分 表 情 を 見 せ る 「 急 行 」 で 16 分 て つ う え ん し ん 菅 原 道 真 の 菅 家 の 子 孫 ・ 鉄 牟 円 心 和 尚 に よ り 創 建 ど う 回 る ? さ れ た 臨 済 宗 の 禅 寺 。 庭 の 美 し さ で 知 ら れ 、 49 種 類 の 苔 と 樹 齢 38 年 以 上 の 紅 葉 、 岩 、 玉 砂 利 だ け で で き た 「 一 滴 海 之 庭 」 が 見 ど こ ろ だ 。 石 を 配 し て 太 宰 府 天 満 宮 参 拝 と 九 州 国 立 博 物 館 、 光 明 禅 寺 は 駅 " 光 ” と い う 字 を 書 い た 仏 光 石 庭 な ど も 。 か ら 徒 歩 で 回 れ る 距 離 。 ゆ っ く り 回 っ て 、 3 時 間 く ら 西 鉄 太 宰 府 駅 か ら 徒 歩 5 分 ~ 17 時 ( 入 館 は 16 寺 い を 目 安 に 。 周 辺 の 名 所 旧 跡 は 、 点 在 し て い る の で レ 分 ま で ) の 無 休 朝 入 館 28 円 0 な し ン タ サ イ ク ル を 利 用 す る の が お す す め だ 。 寺 院 】 福 岡 空 港 駅 ( 地 下 鉄 ) 天 神 ) 「 普 通 」 で 5 分 駅 か ら は 歩 い て 散 策 〔 0 L U M N 道 真 公 を 追 っ て き た の 花 は の 境 内 向 か っ て 右 手 に は 「 飛 要 梅 」 と よ ば れ る 梅 が あ る 。 化 大 宰 府 へ 左 遷 さ れ る こ と 財 に な っ た 道 真 公 が 都 を 離 指 れ る 際 に 「 東 風 吹 か は 匂 定 い お こ せ よ 梅 の 花 あ る じ 谷 092-922-4559 を な し と て 春 な わ す れ そ 」 の P49 ( -2 句 を 詠 み 、 道 真 公 を 慕 っ て 、 一 夜 で 飛 ん で き た と い う 奈 良 時 代 に 出 家 者 が 僧 尼 と な る た め 、 守 る べ き 戒 伝 説 が あ る 。 律 を 授 け る た め に 設 置 さ れ た 施 設 。 中 央 戒 壇 ( 奈 良 の 東 大 寺 ) 、 東 戒 壇 ( 栃 木 の 下 野 薬 師 寺 ) と 共 に 西 戒 壇 と し て 天 下 の 三 戒 壇 と よ ば れ た 。 観 世 音 寺 境 内 に あ っ た が 現 在 は 独 立 し て 禅 寺 に 。 DATA : 西 鉄 五 条 駅 か ら 徒 歩 11 分 臥 内 自 由 020 台 か い だ ん い ん 国 分 ( 五 ) 西 の 池 上 の 池 分 前 国 国 ヶ 丘 公 民 天 満 神 ふ セ ン タ ー ・ 館 坂 本 公 民 館 稚 園 国 国 分 ( 四 ) 奈 良 時 代 に 建 て ら れ た 由 緒 あ る 名 刹 国 分 ( 坂 本 1 、 下 第 65 古 都 府

九州(楽楽 九州 1)


洋 館 】 旧 福 岡 県 こ う か い ど う 公 会 堂 貴 賓 館 き ゅ う み く お か け ん 天 神 ・ 大 名 州 ー の 繁 華 街 で あ り 、 渡 辺 通 り 沿 い に 商 業 施 設 が 集 中 し て い る 天 神 。 細 歴 史 と 伝 統 あ ふ れ る い 路 地 が 入 り 組 み 、 路 地 裏 散 策 が 楽 し い 洋 風 建 築 フ レ ン チ ル ネ 大 名 。 各 工 リ ア を 歩 い て そ れ そ ッ サ ン ス 様 式 谷 092751 剛 16 れ の 特 徴 や 魅 力 を 体 感 し た い 。 7 D-3 を 基 調 と し た P35 ( -1 洋 風 建 築 だ f0 rm 0tion 福 岡 市 観 光 案 内 所 ( 天 神 ) 谷 09275 ト 6904 緑 豊 か な 天 神 中 央 公 園 の 西 側 に あ る 国 指 定 重 要 ス タ ヨ 、 地 点 と ア ク セ ス . ・ 一 、 ( 第 参 ) 文 化 財 。 明 治 43 年 ( 1910 ) に 来 賓 接 待 所 と し て 建 地 下 鉄 空 港 線 地 下 鉄 空 港 線 て ら れ た も の で 、 内 部 は 大 理 石 の 暖 炉 や レ リ ー フ な ど が 美 し く 、 エ レ ガ ン ト な 雰 囲 気 が 漂 う 。 288 5 分 5 分 年 に 改 修 工 事 が 終 了 し 、 再 開 館 し た 。 100 円 循 環 ハ ス ・ 路 線 バ ス 地 下 鉄 空 港 線 天 神 駅 か ら 徒 歩 5 分 9 ~ 17 時 の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 翌 日 ) 朝 240 円 0 な し 15 分 き ひ ん か ん 福 岡 空 港 天 駅 ( 地 下 鉄 ) DATA バ ス セ ン 博 多 駅 前 博 多 ロ 神 社 】 す い き よ う て ん ま ん ぐ う 水 鏡 天 満 宮 文 学 館 】 ふ く お か し あ か れ ん が 福 岡 市 赦 瓦 文 化 館 ふ く お か し ふ ん が く か ん ( 福 岡 叡 学 館 ) ド ク ラ シ カ ル な 雰 囲 気 漂 う 重 要 文 化 財 天 神 の シ ン ポ 谷 092-722-4666 ル 的 存 在 。 夜 谷 092-741-87 は ラ イ ト ア ッ P35 ( -1 P35 ( -1 プ さ れ る 菅 原 道 真 公 ( 天 神 様 ) が 都 か ら 左 遷 さ れ た 際 、 川 天 神 の 街 角 で ひ と き わ 目 を 引 く 赤 煉 瓦 が 印 象 的 な 福 岡 市 赤 煉 瓦 文 化 館 。 明 治 42 年 ( 1909 ) 竣 工 の 面 に 写 っ た 自 分 の や つ れ た 姿 を 見 て 、 そ の 身 を 嘆 英 国 様 式 の 建 物 で 旧 日 本 生 命 保 険 の 建 物 を 福 岡 い た こ と か ら 、 天 神 様 を 祀 っ た の が そ の 起 源 と い わ れ る 神 社 。 現 在 も 学 問 の 神 様 と し て 、 " 天 神 " の 市 が 譲 り 受 け た 。 1 階 の 1 部 は 福 岡 市 文 学 館 で 、 福 岡 ゆ か り の 作 家 の 作 品 な ど を 展 示 し て い る 。 地 名 由 来 の 神 社 と し て 親 し ま れ て い る 。 地 下 鉄 空 港 線 天 神 駅 か ら 徒 歩 5 分 朝 9 ~ 21 時 の 月 曜 朝 地 下 鉄 空 港 線 天 神 駅 か ら 徒 歩 2 分 参 拝 自 由 0 ( 祝 日 の 場 合 翌 日 ) 、 12 月 28 日 ~ 1 月 4 日 0 な し な し 朱 色 が 鮮 や か 。 一 番 奥 が 拝 殿 だ 4 ぶ ん か か ん う 来 あ -k 」 の こ 神 名 こ 天 地 は DATA DATA * 0 神 の 三 大 テ パ ー ト だ い ま る ふ く お か て ん じ ん て ん ふ く お か み つ こ し ぐ り た い い わ た や は ん て ん 大 丸 福 岡 天 神 店 福 岡 三 越 岩 田 屋 本 店 谷 092-712-8 円 5 ( -2 谷 092724-31 ⅱ 印 円 5 B-2 谷 092-721-1 川 円 5B -2 福 岡 で 生 ま れ 育 ち 、 地 元 で 愛 さ れ ハ イ セ ン ス な 品 揃 え に 女 性 フ ァ ン 西 鉄 福 岡 ( 天 神 ) 駅 や 西 鉄 天 神 バ ス て い る デ バ ー ト 。 本 館 ・ 新 館 と も に が 多 い 。 本 館 地 下 1 階 の 靴 売 場 は 5 セ ン タ ー と も 直 結 。 国 内 外 を 問 わ フ ァ ッ シ ョ ン 性 の 高 い 品 揃 え が 魅 万 足 が 揃 い 、 九 州 最 大 級 の 広 さ と す 集 め ら れ た ハ イ グ レ ー ド な 商 品 力 。 地 下 食 料 品 売 場 に は 九 州 の 美 品 揃 え を 誇 っ て い る 。 バ サ ー ジ ュ が 魅 力 だ 。 9 階 三 越 ギ ャ ラ リ ー で は 味 が 充 実 し て い る 。 広 場 は 待 ち 合 わ せ に も 最 適 だ 。 随 時 魅 力 的 な イ ベ ン ト を 開 催 。 ・ 地 下 鉄 七 隈 線 天 神 南 駅 か ら 徒 ・ 地 下 鉄 七 隈 線 天 神 南 駅 か ら 徒 ・ 地 下 鉄 空 港 線 天 神 駅 か ら 徒 歩 DATA DATA 歩 1 分 朝 10 ~ 20 時 の 不 定 休 3 分 の 10 ~ 20 時 ( 新 館 7 ・ 8 階 の 歩 す ぐ 朝 1 0 ~ 20 時 ( 飲 食 店 は 各 レ ス ト ラ ン は 11 ~ 22 時 ) 0 不 定 休 0 店 に よ り 異 な る ) ・ 不 定 休 0 契 約 駐 車 0460 台 ( ほ か に 契 約 駐 車 場 も あ り ) 契 約 駐 車 場 3500 台 場 2300 台 DATA

九州(楽楽 九州 1)


歴 史 的 建 造 物 】 き ゅ う は そ か わ 美 術 館 】 く ま も と し 熊 本 市 刑 部 邸 現 代 美 術 館 屋 敷 内 に は 当 ホ ー ム ギ ャ ラ 谷 096-352-6522 時 の 道 具 類 な リ ー で は ピ ア 谷 096-2787500 ど を 展 示 し て ノ の 演 奏 会 な 印 円 61 A-I 円 61C -4 と も 開 か れ る い る よ う ぶ し よ う ゆ う お き た か 初 代 肥 後 藩 主 ・ 細 川 忠 利 公 の 弟 ・ 刑 部 少 輔 興 孝 の ホ ー ム ギ ャ ラ リ ー ( 図 書 館 ) を 中 心 に 、 映 像 と 遊 具 本 下 屋 敷 を 移 築 ・ 復 元 。 300 坪 の 敷 地 に は 鉄 砲 蔵 や が 合 体 し た メ テ ィ ア ギ ャ ラ リ ー 、 企 画 展 な ど を 開 タ 番 所 を 備 え た 長 屋 門 、 唐 破 風 屋 根 の 正 玄 関 を 構 催 す る 3 つ の ギ ャ ラ リ ー 、 ア ー ト ロ フ ト な と を 備 え ウ え た 母 屋 、 別 棟 の 茶 室 も あ る 豪 邸 だ 。 る イ ン タ ラ ク テ イ プ 型 美 術 館 。 さ ら に 、 子 ど も 向 け ン の キ ッ ズ サ ロ ン も あ る 。 ハ ス 停 博 物 館 ・ 旧 細 川 刑 部 邸 前 か ら 徒 歩 す ぐ 時 30 分 ~ 17 時 30 分 ( 11 ~ 3 月 は ~ 16 時 30 分 ) の 無 休 ( 12 熊 本 市 電 通 町 筋 電 停 か ら 徒 歩 1 分 新 0 ~ 26 寺 ( 企 画 月 29 ~ 31 日 は 休 館 ) 朝 入 館 300 円 ( 熊 本 城 と 共 通 640 展 は ~ 19 時 30 分 ) の 火 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 朝 入 館 円 ) 0329 台 ( 有 料 、 三 の 丸 第 一 ニ 駐 車 場 ) 無 料 ( 企 画 展 は 別 途 ) 0125 台 ( 有 料 ) 動 植 物 園 】 熊 本 市 動 植 物 園 び じ ゅ っ か ん 上 級 武 士 の 豪 壮 な 屋 敷 を 見 学 す る ふ れ て 体 験 て き る 参 加 型 美 彳 DATA DATA 9 庭 園 】 す い せ ん じ 水 前 寺 成 趣 園 し よ う し ゆ え ん 知 る 人 そ 知 る 熊 本 き っ て の 歴 史 的 名 園 動 物 園 と 植 物 園 に 加 え 遊 園 地 か 合 体 水 前 寺 公 園 の ワ オ キ ツ ネ サ ル や 美 い 手 谷 096-383-0074 ( 出 水 神 社 ) 名 で も 知 ら れ 谷 096-368-4416 る 、 熊 本 を 代 並 み の 金 絲 猴 円 61 ( -2 円 59 D-3 な ど に 会 え る 表 す る 名 園 寛 永 年 間 ( 1624 ~ 1644 ) に 細 川 忠 利 公 が 築 造 に 総 面 積 24 万 ' の 広 大 な 園 内 に 約 120 種 ・ IOOO 頭 つ な と し 着 手 。 そ の 後 綱 利 公 ま で 3 代 、 80 年 を か け て 完 成 の 動 物 と 、 約 700 種 ・ 4 万 本 の 植 物 を は じ め 、 動 物 資 料 館 、 大 温 室 を 備 え た 花 の 休 憩 所 、 さ ら に 観 覧 さ れ た 桃 山 式 回 遊 庭 園 。 阿 蘇 の 伏 流 水 を 引 い た 車 な ど の 遊 具 も 揃 う 。 自 然 体 の サ ル た ち を 見 る こ 池 に 築 山 、 石 な ど で 東 海 道 五 十 三 次 を 表 現 。 園 内 に は 県 の 重 文 「 古 今 伝 授 の 間 」 な ど も あ る 。 と が で き る 「 モ ン キ ー ア イ ラ ン ド 」 も お す す め だ 。 熊 本 市 電 動 植 物 園 前 電 停 か ら 徒 歩 10 分 刃 ~ 17 時 熊 本 市 電 水 前 寺 公 園 電 停 か ら 徒 歩 5 分 朝 7 時 30 分 DATA ー ー の 第 4 月 曜 を 除 く 月 曜 と 第 4 月 曜 の 翌 日 ( 祝 日 の 場 合 は ~ 18 時 閉 門 ( 12 ~ 2 月 は 8 時 30 分 ~ 17 時 ) の 無 休 朝 入 園 48 円 0 周 辺 の 有 料 駐 車 場 利 用 次 の 平 日 ) 朝 入 園 38 円 、 小 ・ 中 18 円 0860 台 こ い ず み や く も く ま も と き ゅ う き ょ DATA 文 化 人 の 旧 跡 を 巡 る 負 ゆ か り と く と み き ね ん え ん な つ め そ う せ き う ち つ ぼ い き う き よ 徳 富 記 念 園 ー 小 泉 八 雲 熊 本 旧 居 ー 夏 目 漱 石 内 坪 井 旧 居 谷 096-3547842 円 61 ( -4 谷 096-362-0919 円 6 1 谷 096-325-9127 円 61 B-I 明 治 24 年 ( 1891 ) 、 五 高 ( 現 ・ 熊 本 大 明 治 の ジ ャ ー ナ リ ス ト ・ 徳 富 蘇 峰 明 治 29 年 ( 1896 ) 、 五 高 ( 現 ・ 熊 本 大 と 文 豪 ・ 蘆 花 兄 弟 の 記 念 園 。 新 島 襄 学 ) の 英 語 教 師 と し て 赴 任 し た 八 学 ) の 英 語 教 師 と し て 赴 任 し た 漱 ゆ か り の カ タ ル バ の 木 や 蘇 峰 が 雲 が 最 初 の 1 年 を 過 こ し た 家 を 移 石 が 、 最 も 気 に 入 り 1 年 8 カ 月 を 過 「 大 江 義 塾 」 を 開 い た 家 も 残 る 。 築 ・ 復 元 。 住 居 内 に は 愛 用 し て い た こ し た 5 軒 目 の 住 居 。 館 内 に は 直 筆 原 稿 な ど の 資 料 を 展 示 。 日 用 品 な ど 関 連 資 料 を 展 示 。 ・ 」 R 熊 本 駅 か ら 市 営 パ ス 第 1 環 - DATA 状 線 子 飼 橋 経 由 で 10 分 、 / ヾ ス 停 ・ パ ス 停 壺 井 橋 か ら 徒 歩 3 分 ・ 熊 本 市 電 通 町 筋 電 停 か ら 徒 歩 DATA DATA 3 分 朝 9 時 30 分 ~ 16 時 30 分 の 消 防 局 防 災 セ ン タ ー 前 下 車 、 徒 歩 2 分 朝 9 時 30 分 ~ 1 6 時 30 分 の 月 曜 朝 9 時 30 分 ~ 16 時 30 分 の 月 曜 ( 祝 日 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 朝 入 館 200 円 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 朝 入 館 200 円 06 の 場 合 は 翌 日 ) 朝 入 館 200 円 08 台 0 な し

九州(楽楽 九州 1)


: ー P22 ~ 23 % ・ ・ ・ 下 関 ℃ ・ 門 司 ℃ 小 倉 東 旧 ・ 小 南 ℃ ハ 幡 旧 ′ 古 賀 旧 . 朝 倉 旧 P158 ~ 159 佐 賀 大 和 旧 ワ 4 ー 杷 木 旧 、 一 . 、 . 別 府 ℃ 日 田 旧 、 、 . 、 、 大 分 旧 ー ′ ・ 八 女 旧 387 九 重 旧 。 ! デ ー 1 、 畆 、 ′ ・ 武 雄 南 旧 ヾ み や ま 柳 川 旧 . ん 嬉 野 旧 南 関 旧 ・ - ↓ 3 、 ・ 東 そ の き 旧 ・ - 長 崎 多 良 見 ℃ 長 崎 ℃ 御 船 旧 。 ・ 4 松 橋 旧 日 奈 久 人 吉 旧 ) え び の 旧 ・ 、 盟 粟 野 ℃ 宮 崎 西 旧 10 清 武 旧 . $NJIIIC 田 野 旧 厂 加 治 木 旧 . 市 来 ℃ 鹿 児 島 北 ℃ 末 吉 財 部 旧 頴 娃 ℃ 、 諱 山 口 県 山 口 宇 部 空 港 188 玄 界 、 灘 若 宮 ℃ 0 北 九 州 空 港 島 神 : ト ・ 東 京 べ 周 防 F 崎 両 子 山 太 宰 、 虹 の 松 原 ・ を 02 / 322 大 分 空 港 松 山 ・ 神 戸 - : - 大 阪 へ 亠 八 幡 浜 へ 旧 白 湾 387 温 泉 物 倖 崎 、 ン = 臼 杵 旧 津 久 見 旧 ・ 佐 伯 ℃ ・ : 渇 泉 佐 賀 空 、 有 明 海 争 島 原 雲 岳 島 原 島 原 外 港 、 祖 母 町 " 傾 山 禽 千 第 品 / 第 大 熊 本 空 港 ( 阿 蘇 蟀 道 く ま も と 空 港 ) 阿 蘇 山 北 月 熊 国 見 岳 新 八 { P188 ~ 189 髪 動 の 向 市 田 △ 山 日 温 ′ 389 の 泉 湯 温 湯 前 宮 崎 県 国 見 山 、 仁 389 7 大 森 岳 も 韓 国 岳 い 高 原 旧 鹿 児 島 空 港 0 ・ 当 温 宮 崎 空 港 .. 青 島 都 城 古 追 南 郷 串 間 、 鹿 ! 巳 枕 崎 頴 娃 指 宿 : 日 坊 ノ 押 JR 指 宿 枕 崎 線 。 . 、 ・ 開 聞 岳 血 開 聞 長 崎 鼻 三 島 村 ・ 種 子 島 ・ 屋 久 島 ・ 名 瀬 ・ 那 覇 へ 野 間 押 都 井 岬 半 島 大 隔 半 島 , 太 平 洋 / 名 瀬 ・ 那 覇 へ 佐 多 押

九州(楽楽 九州 1)


太 宰 府 に 着 い た ら ま す は “ 学 問 の 神 様 ” を 祀 る 震 験 あ ら た か な 太 宰 府 天 満 宮 へ 。 参 拝 の 後 に は 、 天 満 宮 の す ぐ 鱗 に 近 年 誕 生 し た 九 州 国 立 博 物 館 へ 足 を の ば そ う 。 ( 九 少 I\I 国 立 博 物 館 ) 東 京 、 大 阪 、 奈 良 に 続 い て 国 内 で 4 番 目 の 国 立 博 物 館 。 九 州 が ア ジ ア と の 重 要 な 窓 口 を 担 っ て き た 歴 史 的 背 景 か ら 、 「 日 本 の 文 化 形 成 を ア シ ア 的 観 点 か ら 捉 え る 」 こ と に コ ン セ プ ト を 置 い た 展 示 方 法 に 特 徴 が あ る 。 ま た 、 従 来 の 博 物 館 に は あ ま り 見 ら れ な い 、 音 や 感 触 、 匂 い な と 、 体 験 し な が ら 学 べ る 展 示 室 が あ る ( 一 部 ) の も ユ ニ ー ク だ 。 年 に 4 ~ 5 回 特 別 展 示 ( 企 画 展 ) が 行 わ れ て い る 。 谷 050-5542-8600 ( ハ ロ ー ダ イ ヤ ル ) P49 西 鉄 太 宰 府 駅 か ら 徒 歩 10 分 朝 9 時 30 分 ~ 17 時 DATA 。 ( 入 館 は 16 時 30 分 ま で ) の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 朝 420 円 ( 特 別 展 は 別 料 金 ) 0215 台 ( 1 回 500 円 ) 文 化 交 流 展 示 室 ( 平 常 展 ) (4F) 日 本 の 文 化 交 流 の 歴 史 を 紹 介 。 「 海 の 道 、 ア ジ ア の 路 」 を テ ー マ に 時 代 別 に 5 つ に 分 け て 紹 介 さ れ て お り 、 展 示 室 は 、 基 本 展 示 室 と 12 の 関 連 展 示 室 か ら 構 成 さ れ て い る 。 ア ジ ア と の 交 流 が 深 か っ た だ け に 展 示 品 の 幅 も 広 く 、 例 え は 「 遣 唐 使 と シ ル ク ロ ー ド 」 の 展 示 室 で は 遣 唐 使 船 で 運 ば れ た 香 木 な ど が 置 か れ 、 実 際 に 手 に 取 っ て 匂 い を 嗅 い だ り で き る 。 国 宝 田 ト イ レ や 重 要 文 化 財 な ど 当 多 目 的 ト イ レ も 多 数 展 示 し て い 階 段 る 。 工 ス カ レ ー タ ー エ レ ベ ー タ ー あ じ つ ば ( 1 F) 救 護 室 ア ジ ア の 原 つ ば と い う 意 味 を 持 つ 無 料 体 験 ゾ ー ン 。 2 コ イ ン ロ ッ カ ー 日 本 と 交 流 が あ っ た ア シ ア 諸 国 の お も ち や や 楽 器 な ど を 手 に と っ て 遊 べ た り 、 子 と も と 大 人 が 一 緒 に な っ あ じ つ ば 田 て 楽 し め る 空 間 に な っ て い る 。 当 時 の 衣 装 な ど を 試 着 し て 楽 し む こ と が で き る の も 楽 し い 。 こ ま な ど を 使 っ た 遊 び は 、 ボ ラ ン テ ィ ア の 人 が 丁 寧 レ ス ト ラ ン ・ グ リ ー ン ハ ウ ス に 教 え て く れ る の で い ろ い ろ 試 し て 博 物 館 敷 地 内 に あ る レ ス ト ラ ン 。 地 元 の 素 材 を ふ ん み よ う 。 だ ん に 活 か し た ラ ン チ や オ リ ジ ナ ル の ス イ ー ツ を 、 自 然 光 が 注 ぐ 明 る く 気 持 ち の い い 空 間 で 堪 能 し よ う 。 ミ ュ ー ジ ア ム シ ョ ッ プ ( IF ) ホ テ ル ニ ュ ー オ ー タ ニ が 運 営 し て い る た め 、 ホ テ ル な ら で は の 上 質 感 や サ ー ヒ ス に も 定 評 が あ る 。 ニ ュ 博 物 館 オ リ ジ ナ ル の グ ッ ズ を 扱 う 。 ポ ス ト カ ー ド や キ ー オ ー タ ニ 特 製 ラ ン チ 1740 円 、 シ ェ フ お す す め ス ペ ー ホ ル ダ ー か ら 手 拭 い 、 一 筆 箋 、 封 筒 な ど さ ま ざ ま な シ ャ ル セ ッ ト 2300 円 。 商 品 が 揃 う 。 中 で も 戦 国 時 代 の 医 学 書 「 針 聞 書 」 に 出 谷 092 ー 918-7822 ー て く る 虫 を モ チ ー フ に し た キ ャ ラ ク タ ー グ ッ ズ や 収 蔵 朝 11 時 ~ 17 時 30 分 / ー 品 の 美 し い 絵 柄 を LOO 月 曜 ( 祝 日 の 場 デ サ イ ン し た グ ッ 合 は 翌 日 ※ 博 物 館 に ズ は 人 気 が 高 く 、 み 準 す る ) や げ に も 最 適 だ 。 1 階 工 ス カ レ ー タ ー 登 り 口 す ぐ そ ば 。 館 内 を 見 学 し た 後 、 ゆ っ く リ と 楽 し み た い 。 太 宰 府 天 満 宮 / 九 州 国 立 博 物 館 2 文 化 交 流 展 示 室 11 、 の 道 、 ア ジ ア の 路 4 Ⅲ 遣 唐 使 の 時 代 Ⅳ ア ジ ア の 海 は 日 々 こ れ 交 9 8 7 - ー ー Ⅱ く り か ら 3 づ く り 人 、 海 へ 4F 12 V 丸 く な っ た 地 球 近 づ く 西 洋 特 別 展 示 室 レ ス ト ラ ン ・ グ リ ー ン / 田 住 0 2 ー ジ ム 、 、 プ

九州(楽楽 九州 1)


JR 門 司 港 値 門 司 三 弄 偵 薬 部 門 司 港 の シ ン ホ ル と し 大 正 10 年 ( 1921 ) に 、 一 て も 親 し ま れ て い る 駅 井 物 産 の 社 交 倶 楽 部 と 舎 は 、 大 正 3 年 ( 1914 ) し て 門 司 港 の 山 手 ・ 谷 建 造 の ネ オ ・ ル ネ ッ サ 町 に 建 築 さ れ 、 平 成 2 ン ス 様 式 ・ 木 造 2 階 建 て 年 に 現 在 の 場 所 へ 。 木 の 駅 舎 。 構 内 に は 、 建 造 の 骨 組 み を デ サ イ ン 築 当 時 に 設 置 さ れ た 青 に 活 か し た ハ ー フ テ ィ ー 谷 093 ー 321-4151 て い る 。 : DATA 們 司 港 レ ト ロ 総 合 イ 銅 製 の 手 水 鉢 ( ち ょ う ン バ ー 様 式 。 1 階 に は レ 谷 093-32 ト 8843 ン フ ォ メ ー シ ョ ン ) 朝 」 R 門 ・ 」 R 門 司 港 駅 下 車 す す は ち ) や 昔 な が ら の ス ト ラ ン 、 2 階 に は ア イ 司 港 駅 か ら 徒 歩 す ぐ の 9 ~ ぐ ー ) 見 学 自 由 027 台 風 情 を 漂 わ せ る 切 符 売 ン シ ュ タ イ ン と 林 芙 美 17 時 の 無 休 朝 2 階 の み 入 ・ ( 1 時 間 200 円 ) 場 IOO 円 0 な し 場 や 待 合 所 な ど が 残 っ 子 の 資 料 室 が あ る 。 ・ 0 ・ DATA 、 散 レ ト ロ & モ ダ ン な 港 町 司 港 レ ト ロ を 歩 明 治 22 年 ( 1889 ) の 開 港 よ り 、 日 本 の 海 外 貿 易 の 拠 点 と し て 栄 え 、 年 間 600 万 人 も の 乗 降 客 で 賑 わ っ た 門 司 港 。 帯 に は 近 代 的 な 建 築 物 も 数 々 建 て ら れ 、 多 く の 西 洋 文 化 も 街 を 華 や か に 彩 っ た 。 現 在 、 」 R 門 司 港 駅 を 中 心 と し た 工 リ ア は 「 門 司 港 レ ト ロ 」 と よ ば れ 、 明 治 ・ 大 正 の 洋 風 建 築 “ 焼 き カ レ ー ” な ど の ご 当 地 グ ル メ 印 P23 日 も 楽 し み な が ら 散 策 し た い 。 ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス 山 陽 新 幹 線 1 7 分 角 司 港 ホ テ ル 物 徒 歩 2 分 信 大 阪 商 物 徒 歩 5 分 レ 信 門 司 税 物 徒 歩 1 分 言 際 友 好 記 念 図 書 で 物 徒 歩 4 分 ← 巒 光 美 術 鷓 物 徒 歩 7 分 物 徒 歩 4 分 照 鹿 本 ~ 】 時 修 " き ~ 港 約 5 時 間 ・ 」 R 門 司 港 」 R 博 多 駅 イ ー formoton 門 司 港 レ ト ロ 総 合 イ ン フ ォ メ ー シ ョ ン 谷 093-32 ト 4151 ! 0 う し 0 う て っ と - き わ ん か ん い で み つ び い つ か ん も し 九 州 記 念 館 O-Cö) 出 光 美 術 新 司 ) ① -0 鰤 好 記 念 誠 旧 門 司 税 関 建 造 は 明 治 45 年 ( 19 明 治 24 年 ( 1891 ) に 建 平 成 12 年 に 開 館 。 建 物 明 治 35 年 ( 1902 ) に 帝 12 ) で 、 昭 和 初 期 ま で は 築 さ れ 、 旧 九 州 鉄 道 の は 、 出 光 興 産 所 有 の 資 政 ロ シ ア が 大 連 に 建 て 税 関 庁 舎 と し て 利 用 さ 本 社 を 再 整 備 し て 造 ら 材 備 蓄 庫 を 改 装 し た も た も の を 、 北 九 州 市 と れ た レ ン ガ 造 り の 記 念 の で 、 出 光 興 産 の 創 設 大 連 市 の 友 好 都 市 締 れ て い た 。 レ ト ロ 地 区 館 。 811 系 の 擬 似 運 転 で は 最 も 古 く 、 平 成 6 年 者 ・ 出 光 佐 三 氏 が 蒐 集 結 15 周 年 を 記 念 し て 複 に 明 治 時 代 の サ イ ズ の が 体 験 で き る シ ミ ュ レ し た 書 画 や 東 洋 の 陶 磁 製 。 現 在 1 階 に は レ ス ト 煉 瓦 を 10 万 枚 特 注 し 、 ー タ ー も あ り 、 実 際 に ラ ン が あ り 、 2 階 は 中 国 器 な ど を 展 示 し て い る 。 中 に 入 る こ と が で き る 年 に 5 、 6 回 は 企 画 展 を や 東 ア ジ ア の 文 献 な ど 特 殊 な 技 術 で 修 復 さ 日 本 国 有 鉄 道 時 代 の 実 実 施 。 敷 地 内 に は 「 出 光 を 収 蔵 し た 図 書 館 、 3 れ た 。 1 階 に は 休 憩 室 や 物 車 両 も 展 示 さ れ て い 階 は 資 料 館 と し て 利 用 創 業 史 料 館 」 も 併 設 し カ フ ェ 、 2 階 に は 海 が 見 さ れ て い る 。 え る 展 望 室 が あ る 。 る 。 て い る 。 谷 093 ー 332 ー 0251 ・ 」 谷 093 ー 331 ー 5446 ・ 谷 093 ー 322 ー 1006 朝 谷 093 ー 321 -61 1 1 DATA 」 R 門 司 港 駅 か ら 徒 歩 7 ・ 」 R 門 司 港 駅 か ら 徒 歩 R 門 司 港 駅 か ら 徒 歩 8 分 」 R 門 司 港 駅 か ら 徒 歩 4 分 ー 時 ~ 入 館 1 6 時 30 分 の 第 2 朝 10 時 ~ 入 館 16 時 30 分 の 分 の 9 時 30 分 ~ 19 時 ( 土 ・ 日 5 分 の 9 ~ 1 7 時 の 無 休 朝 入 曜 、 祝 日 は ~ 18 時 ) の 不 定 休 館 無 料 0 な し 水 曜 ( 8 月 除 く ) 、 7 月 第 2 水 ・ 木 月 曜 ( 祝 日 、 振 替 休 日 の 時 開 曜 朝 38 円 0 市 営 駐 車 場 あ り 館 ) 朝 入 館 600 円 0 な し 朝 無 料 0 な し き ゅ う も じ せ い か ん こ く さ い ゆ う こ う き わ ん と し よ か ん DATA DATA DATA ・ 52

九州(楽楽 九州 1)


し よ う こ し ゅ う せ い か ん 〇 尚 古 集 成 館 慶 応 元 年 ( 1865 ) 、 薩 摩 3 つ の テ ー マ で 展 示 ・ 解 藩 主 で 島 津 家 28 代 斉 説 。 実 物 資 料 が 多 く 、 彬 が 集 成 館 事 業 を 推 し 幕 末 の 薩 摩 藩 の 多 面 進 め た 際 に 築 い た 工 場 的 な 活 動 が よ く 分 か る 。 群 が 薩 英 戦 争 で 焼 失 谷 099 ー 247 ー 1 51 1 ・ 後 、 29 代 忠 義 が 建 造 し ・ DATA ハ ス 停 仙 巌 園 前 か ら た 機 械 工 場 の 建 物 を 徒 歩 す ぐ の 8 時 30 分 ~ 1 7 時 本 館 に 活 用 。 館 内 で は 30 分 ( 1 1 月 1 日 ~ 3 月 1 5 日 は ~ 1 7 時 20 分 ) の 無 休 朝 入 「 海 か ら 見 た 薩 摩 の 歴 園 1 OOO 円 ( 仙 巌 園 と 共 通 ) 、 史 」 「 近 世 薩 摩 藩 の 歴 磯 御 殿 共 通 観 覧 1500 円 0 溶 結 凝 灰 岩 を 積 み 上 け た 風 格 の あ る 建 物 。 日 本 最 古 の 本 格 史 」 「 近 代 化 の 胎 動 」 の 仙 巌 園 と 共 通 500 台 的 石 造 工 場 建 築 で 国 指 定 重 要 文 化 財 後 苑 遊 歩 道 ・ 入 口 仙 巌 園 前 鹿 児 島 湾 ( 錦 江 湾 ) 〇 島 津 家 磯 お 庭 焼 昭 和 58 年 、 そ れ ま で 途 絶 え た ま ま に な っ て い た 薩 摩 藩 伝 統 の 焼 物 ・ お 庭 焼 を 再 興 し た こ と で 知 ら れ る 窯 元 。 当 時 磯 く わ は ら 館 の 姿 を 忠 実 に 再 現 し た 「 色 絵 梅 枝 文 」 や 「 八 重 谷 099-248-5883 叮 1 ー は 上 谷 099 ー 247 ー 7931 ・ ・ DATA 貫 入 」 な ど 、 貴 重 な 作 品 ハ ス 停 異 人 館 前 か ら 円 97393 日 を 制 作 し て い る 工 場 を : 徒 歩 3 分 朝 8 時 30 分 ~ 1 7 時 優 雅 な 雰 囲 気 に 包 ま れ て 食 事 が で き る 西 洋 料 理 の 20 分 ( 見 学 は 休 憩 時 間 除 く ) 自 由 に 見 学 す る こ と が の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) レ ス ト ラ ン で 昼 は 188 円 ~ 、 夜 は 428 円 ~ 。 洋 風 で き る 。 朝 見 学 無 020 台 木 造 2 階 建 て の 建 物 は 、 明 治 37 年 ( 184 ) 、 芹 ヶ 野 島 津 家 金 山 鉱 業 事 務 所 と し て 当 時 の 串 木 野 村 ( 現 ・ 串 〇 薩 摩 ガ ラ ス 工 芸 木 野 市 ) に 建 て ら れ た も の の 移 築 ・ 復 元 。 ・ / ヾ ス 停 仙 巌 園 前 か ら 徒 歩 2 分 の 1 1 ~ 22 時 の 無 世 界 の ガ ラ ス 工 芸 史 に 休 050 台 も 名 を 残 す 鹿 児 島 の 工 芸 品 、 薩 摩 切 子 。 カ ッ ト ガ ラ ス に 色 彩 の グ ラ テ ー シ ョ ン が 美 し く 、 光 り 谷 099-247-5 川 輝 く 独 自 の 風 合 い は 思 円 9 乙 193 日 わ す 目 を 奪 わ れ る 美 し み 2 万 円 ~ 、 ア ク セ サ リ 鹿 児 島 名 物 で 、 串 が 2 本 付 い て い る 両 棒 餅 ( ぢ ゃ ん さ 。 世 界 中 の フ ァ ン を ー 1 万 3000 円 ~ ほ も ち ) の 老 舗 。 餅 は 毎 日 つ き 、 注 文 こ と に 網 で 焼 魅 了 し て い る 。 こ こ で き 、 タ レ を か ら め る 。 3 年 近 く 寝 か せ る と い う 自 家 谷 099-247-2111 朝 は 展 示 販 売 も 行 っ て い 製 味 噌 を プ レ ン ド し た タ レ は 、 独 特 の コ ク が あ り 好 ・ DATA ハ ス 停 仙 巌 園 前 か ら 評 だ 。 メ ニ ュ ー は 両 棒 餅 の み で 12 個 58 円 。 て 、 製 造 過 程 の 見 学 も 徒 歩 2 分 の 9 ~ 17 時 ( 職 人 の 休 憩 時 間 あ り ) の 月 可 能 。 職 人 の 技 を 間 近 ・ パ ス 停 異 人 館 前 か ら 徒 歩 3 分 の 1 0 ~ 18 時 の 不 DATA 曜 ・ 第 3 日 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 定 休 013 台 で 見 て み よ う 。 ぐ い 呑 翌 日 ) 040 台 た だ よ し 仙 巌 園 周 辺 を 歩 く 尚 古 集 成 館 ・ 島 津 家 磯 お 庭 焼 磯 く わ は ら 館 2197 鶴 嶺 神 社 巌 料 金 所 磯 工 芸 館 前 反 射 炉 跡 鹿 児 島 市 薩 摩 ガ ラ ス 工 0 機 御 殿 異 人 館 前 0 磯 御 殿 異 人 館 前 9 仙 巌 園 前 ① 仙 巌 園 ( 磯 庭 園 ) ・ 獅 子 乗 大 石 灯 籠 鶴 灯 籠 島 竜 ケ 水 ・ 隼 人 へ J 日 日 豊 本 中 川 家 2197 に わ や き 冐 爍 窈 ま 中 て ひ と イ み ス ポ ッ ト ヨ 4 叫 西 洋 料 理 か ん さ つ ま DATA 甘 昧 処 な か が わ や 中 川 家 197

九州(楽楽 九州 1)


、 厳 原 ・ 比 田 勝 ( 対 馬 ) 調 ・ 太 宰 府 広 域 図 000 、 = 、 、 、 0 、 000 、 、 = 0 、 0 月 、 日 合 併 0 、 ハ 女 市 、 000 予 定 ) 玄 界 灘 武 雄 北 方 県 大 第 神 崎 鼻 勝 島 福 岡 市 の こ の し ま ア イ ラ ン ド バ ー ク 能 古 島 亀 陽 文 庫 能 古 博 物 館 相 ノ 島 壱 岐 市 ・ ; ほ げ 地 蔵 壱 岐 空 港 、 - ー 0 筒 城 名 島 瀬 の 岩 派 ・ ・ , 島 壱 岐 妻 0 島 海 中 公 玄 海 国 定 公 園 西 鉄 宮 西 鉄 貝 塚 志 道 金 賀 神 公 園 々 リ ン ワ ー ル 、 。 第 = = , = ! 』 海 の 中 道 西 戸 崎 博 多 港 貝 ” 9 ー 嶇 岡 都 市 高 速 ; 冦 九 福 岡 市 九 州 郵 船 烏 子 島 加 唐 島 ・ 馬 渡 島 波 戸 玄 海 海 中 展 第 0 熱 帯 物 園 名 護 屋 向 島 玄 海 ・ モ ン ゴ ル 寺 ・ : ・ ・ 鷹 ら 島 満 ラ 山 . 飛 島 芥 屋 大 門 ・ ・ ・ 糸 島 市 小 川 島 姫 島 福 岡 平 野 子 大 綱 引 会 上 器 崎 . ・ . も ツ 釜 集 呼 子 ー 丈 温 泉 き ら の 湯 Y'@KITCHEN ・ ニ 丈 瀑 象 ′ 荒 谷 2010 年 3 月 。 開 通 予 佐 賀 県 油 民 の 森 千 如 寺 = 瀬 ト ン ル ・ 鬪 硎 町 筑 耶 馬 脊 振 山 脊 振 ト シ 亭 跡 公 直 吉 野 ケ 里 津 虹 の 松 原 北 山 ダ 佐 ダ ム 古 湯 温 泉 、 、 天 山 .. 上 缺 泉 鹹 木 ダ 小 城 PA 、 . ・ . 多 久 聖 多 久 西 P ・ ・ 山 市 Ⅱ c 相 知 品 鵜 石 仏 ・ 女 雄 佐 里 泉 砿 依 駒 一 長 ・ ( さ 伊 万 里 湾 イ 加 町 、 一 0 0 一 前 山 口 し 第 ・ ′ 里 3 一 嘉 瀬 川 県 源 ・ 窯 ・ 秋 生 川 温 津 後 柳 ) 肉 レ ー え 0 四 季 そ ら 佐 賀 イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル 佐 肥 前 竜 白 石 町 バ ル ー フ , ス タ 会 場 賀 賀 童 神 社 港 明 旧 長 崎 街 道 塩 田 宿 レ ト ロ 館 肥 前 鹿 島 び ぜ ん 祐 徳 温 泉 宝 乃 湯 0 、 肥 前 浜 鹿 島 神 社 幵 ゝ 肥 前 飯 田 館 」 っ 太 良 市 吉 柘 博 鹿 島 市 杉 谷 温 泉 . 彼 杵 ・ . 第 0 大 村 へ P. ... 用 登 S 塩 判 ン ・ 有 明 海 大 牟 田 市 早 岐 、 佐 見 温 泉 じ 、 ウ ス オ 川 棚 町 ・ 大 城 公 、 課 早 へ 西 海 橋