検索 - みる会図書館

検索対象: 本の雑誌 12月号第40巻12号

本の雑誌 12月号第40巻12号から 138件ヒットしました。

本の雑誌 12月号第40巻12号


〈 特 集 〉 太 宰 治 は 本 当 に 人 間 失 格 な の か ? 6 人 と ダ メ 人 間 作 家 コ ン テ ス ト ! ◎ 西 村 賢 太 坪 内 祐 三 人 間 失 格 と い え ば 太 宰 治 で す が 、 い や ん で す 。 僕 の 作 業 が 遅 い 上 に 、 収 録 作 を 差 文 庫 に 人 っ た け ど 、 ル バ ン で は 実 は 織 田 作 ゝ 、 は る か に 人 間 し 替 え て も ら う こ と に し た せ い で 之 助 を 撮 っ て た ん で す よ 。 そ れ を 見 た 太 宰 い や 太 宰 な ん て 目 じ ゃ な し し い る ぞ 、 坪 じ ゃ あ 、 ア ド ル ム 中 毒 で わ け の わ か ら が 俺 も 撮 っ て よ っ て 。 で も フ ラ ッ シ ュ が あ 失 格 だ っ た す ご い 作 家 が い つ ば ゝ な い 状 態 で 書 か れ た 名 作 と い う の は ? と い う あ た り を 語 っ て い た だ こ う と と 一 枚 分 し か な か っ た 。 そ れ で 一 か 八 か で 坪 そ れ だ っ た ら 、 ま ず は 田 中 英 光 で し ょ 西 そ れ を 人 れ た ん で す 。 あ と 、 太 宰 の 思 撮 っ た の が 、 あ の 名 シ ョ ッ ト 。 で 、 織 田 作 と 太 宰 は 撮 っ た あ と 、 続 い て 死 ん じ ゃ う で う 。 西 村 賢 太 編 集 の 角 川 文 庫 『 田 中 英 光 傑 い 出 を 書 い た の と 坪 太 宰 と い え ば 林 忠 彦 が ル バ ン で 撮 っ た し よ う 。 そ の あ と 田 中 英 光 を あ る 雑 誌 で 写 作 選 』 は も う す ぐ 出 る ん で し た つ け ? 西 一 ヶ 月 ず れ ち ゃ っ て 十 一 月 末 に な っ た 写 真 だ よ ね 。 『 文 士 の 時 代 』 が 去 年 、 中 公 す こ と に な っ た と き 、 田 中 英 光 は や つ ば り ・ 神 保 町 チ キ ン カ ッ 対 談 ☆ 昨 今 話 題 の 太 宰 治 だ が 、 本 当 に そ ん な に ダ メ 人 間 だ っ た の か と い う わ け で 、 西 村 賢 太 と 坪 内 祐 三 が 選 ぶ 太 宰 よ り も す ご い ダ メ 人 間 作 家 グ ラ ン プ リ か ら 、 小 谷 野 敦 の 太 宰 よ り 面 白 い 私 小 説 ガ イ ド 、 作 家 の 死 に 方 伝 説 に 中 原 昌 也 の 太 宰 嫌 い の 弁 ま で 、 無 頼 と ダ メ の 狭 間 に 迫 る 緊 急 特 集 だ あ ー 々 諸 メ に 6 ? を 曲 と ネ ・ ・ 一 " 、 ロ よ メ 耄 ロ ・ ぼ よ ッ

本の雑誌 12月号第40巻12号


直 感 的 に 一 枚 の 肉 筆 の 葉 書 の こ と を 思 い 出 の 葉 書 の 直 後 佐 藤 か ら は 「 拝 復 君 ガ 自 重 ト % 治 し た 。 自 愛 ト ヲ 祈 ル : : : 徒 ニ 悲 泣 ス ル コ ト 勿 レ そ れ は 、 七 、 八 年 前 私 も 出 席 し て い た 古 : : : 」 の 葉 書 が 送 ら れ て い る こ と や 、 太 宰 書 市 場 の 光 景 。 そ の 日 の 出 品 物 の 中 に 同 時 は こ の 間 の こ と を 「 創 生 記 」 に 、 佐 藤 も 「 或 と 美 一 = 期 の も の と 思 わ れ る 太 宰 の 佐 藤 宛 毛 筆 書 き る 文 学 青 年 像 」 に 書 き 「 小 使 銭 云 々 ・ : : ・ 」 店 正 の 葉 書 が 一 枚 、 稀 覯 品 の み 置 か れ る 最 終 台 の 言 葉 も 見 え る 、 と か 私 の 見 た 資 料 で は に 並 べ ら れ 、 注 目 の 的 と な っ た 。 ま た た く 太 宰 に 対 す る 川 端 康 成 の 、 「 作 者 目 下 の 生 間 に 人 札 封 筒 は 競 い 札 で ふ く ら ん だ 。 暮 れ 活 に 厭 な 雲 あ り て 」 云 々 と の 選 評 の 中 の 言 9 月 7 日 付 毎 日 新 聞 方 開 札 発 声 さ れ 、 そ の 予 想 外 の 高 値 と 共 に 葉 が 頭 に 残 っ て い る 。 市 場 で お 会 い し た 森 夕 刊 は 、 当 時 芥 川 賞 の そ こ こ こ に 嘆 声 が 上 っ た 。 そ の 時 の 落 井 氏 が 「 お 客 様 が あ り ま し た 」 と 答 え た 言 選 考 委 員 の 一 人 で 師 弟 関 係 に あ っ た 佐 藤 春 札 者 ・ 森 井 健 一 氏 編 集 の 「 森 井 書 店 古 書 目 葉 も 夫 宛 の 太 宰 治 の 昭 和 Ⅱ 年 1 月 日 発 信 の 書 録 第 託 号 ( 平 成 年 7 月 ) 」 は す ぐ 書 庫 で さ て 、 私 事 だ が 十 四 年 前 、 私 は 『 近 代 作 簡 が 発 見 さ れ た こ と を 一 面 で 報 じ た 。 今 や 見 つ か る 。 葉 書 表 裏 が 写 真 版 で 印 刷 さ れ 、 家 自 筆 原 稿 集 』 ( 東 京 堂 出 版 ) な る 本 を 出 太 宰 が ニ ュ ー ス 性 の あ る 大 作 家 に な っ た 報 左 の 如 く 記 さ れ て い る し た が 、 代 表 作 家 四 十 人 に 太 宰 を 人 れ る こ 道 ぶ り で あ っ た 。 と が 出 来 な か っ た 。 今 で も 心 残 り だ が 、 か 《 未 発 3 「 私 を 見 殺 し に し な い で 」 「 伏 し て 懇 願 」 太 宰 治 葉 書 一 三 〇 0' 〇 0 〇 円 な り 重 要 な ( ? ) 葉 書 を 商 売 で 扱 っ た こ と 佐 春 夫 宛 ( 東 京 市 小 石 川 区 関 凵 町 ) が あ る 。 昭 和 年 頃 、 私 の 著 書 を 読 ま れ た 、 な ど と い う 文 面 に は 佐 藤 も さ ぞ 困 惑 し た で 昭 和 を 年 十 ニ 月 ニ 十 一 " 百 消 印 消 印 は 千 葉 船 毛 筆 七 行 あ ろ う 。 「 こ の 頃 の 太 宰 は 、 文 壇 デ ビ ュ ー 永 く 「 新 潮 」 を 編 集 さ れ た 楢 崎 勤 と い う 人 以 下 全 支 を 果 た し て い た も の の 自 殺 未 遂 を 起 こ し 、 の 未 亡 人 か ら 電 話 が あ っ た 。 「 も う 大 分 散 「 佐 藤 さ ん あ な た だ け が 私 を 助 け る こ と が で き る 。 東 大 も 中 退 。 パ ビ ナ ー ル ( 鎮 痛 剤 ) 中 毒 で こ ん ど の 芥 川 賞 ( 五 百 円 ) を 私 に 下 さ い 。 私 は そ れ 逸 し て し ま っ た が 、 残 り の 主 人 宛 の 手 紙 を を 半 年 分 の 私 の 小 使 銭 に い た し ま す 。 私 は 、 狂 っ て 借 金 も か さ む 不 安 定 な 精 神 状 態 」 〈 記 事 〉 見 に 来 な い か 」 と い う 話 、 私 は 世 田 谷 区 の ゐ ま せ ん 。 」 お 宅 に 伺 い 、 そ の 一 束 を 確 か 二 十 万 ほ ど で の % 歳 。 「 プ ラ イ ド の 高 い 太 宰 が こ こ ま で す が る の は 、 2 人 の 信 頼 関 係 の 証 し 」 〈 評 ま た 次 行 か ら の 明 解 な 解 説 を 読 み 、 改 め 買 っ て 帰 っ た 。 こ の 値 付 け は 中 に 太 宰 治 の ・ : 記 事 を 見 て 私 は て 私 は 舌 を 巻 い た 。 略 記 さ せ て 頂 く と 、 こ 葉 書 が 含 ま れ て い た か ら で あ る 。 者 〉 だ ろ う と あ っ た 。

本の雑誌 12月号第40巻12号


本 棚 が 見 た い ! 吉 野 朔 実 吉 野 朔 実 劇 場 ・ 戻 っ て 来 た 「 猿 の 手 」 小 路 幸 也 図 書 カ ー ド 三 万 円 使 い 放 題 ! ・ 作 家 の 栄 養 補 給 本 服 部 文 祥 サ バ イ バ ル な 書 物 ・ ヘ ミ ン グ ウ ェ イ が 描 く 「 狩 る 側 の 気 持 ち 」 太 宰 治 は 本 当 に 人 間 失 格 な の か ? 対 談 ・ ダ メ 人 間 作 家 コ ン テ ス ト ー 西 村 賢 太 坪 内 祐 三 コ ラ ム ・ 編 集 者 某 が 明 か す 作 家 借 金 伝 説 ー 太 宰 よ り 面 白 い 壮 絶 私 小 説 十 作 小 谷 野 敦 校 條 剛 流 行 作 家 の 死 ひ る ね 優 先 読 書 録 着 せ 替 え の 手 帖 ・ 。 ハ ン ツ 丈 の 戦 い 活 字 に 溺 れ る 者 ・ 損 得 勘 定 の 経 済 学 ュ ー カ リ の 木 の 蔭 で ・ 「 ダ メ 」 に し た の は 誰 か 刊 ド 秘 密 と 疑 惑 に 満 ち た 『 偽 り の 楽 園 』 が い い ー 新 イ 生 ま れ 変 わ っ た ラ ヒ リ の エ ッ セ イ 集 『 べ つ の 言 葉 で た バ チ ガ ル ピ 『 神 の 水 』 に ぐ い ぐ い 引 き 込 ま れ る ー 《 一 人 の 男 の 地 味 な 死 に 挑 む 有 栖 川 有 栖 『 鍵 の 掛 か っ た 男 』 つ 中 年 の 再 出 発 小 説 『 ひ り つ く 夜 の 音 』 で 元 気 百 倍 ー め ヒ ッ ト チ ャ ー ト に 残 ら な い 無 名 の 音 楽 で 振 り 返 る 昭 和 月 村 了 衛 を 楽 し め な か っ た 個 人 的 な 事 情 に つ い て 特 集 古 書 店 と 太 宰 治 フ ァ ミ レ ス と 放 屁 と 『 人 間 失 格 』 田 中 英 光 ・ 光 ニ の こ と 太 宰 の 面 白 さ は 人 間 「 魅 」 だ ! 読 者 ア ン ケ ー ト ・ こ の ダ メ 作 家 が 愛 し い 宮 田 珠 己 内 澤 旬 子 荻 原 魚 雷 北 村 薫 酒 井 貞 道 都 甲 幸 治 大 森 望 円 堂 都 司 昭 沢 田 史 郎 堀 部 篤 史 北 上 次 郎 78 74 40 1 87 84 82 80 青 木 正 美 中 原 昌 也 亀 和 田 武 松 村 幹 彦 54 52 50 48 46 44 42 本 の 2015 号 2 田 5 年 月 号 通 巻 390 号

本の雑誌 12月号第40巻12号


の か も し れ な い 。 し か し 私 に は ど う し て ・ 太 宰 治 の 作 も 、 自 分 が 座 っ て い る 隣 に 彼 が お も む ろ に 腰 を お ろ し 、 苦 笑 し な が ら 「 ま あ 聞 い て く 太 宰 の 面 白 さ は 人 間 「 魅 」 だ ! だ さ い よ 」 と 一 言 い な が ら ポ ツ リ ポ ツ リ と 問 わ ず 語 り す る と い う 印 象 が 強 い 「 お 前 は Ⅱ 松 村 幹 彦 き り よ う が わ る い か ら 、 愛 嬌 だ け で も よ く 高 校 生 に な る ま で 太 宰 治 が 怖 か っ た こ と け た 信 条 が 、 絶 え ず 新 た な 読 者 を 生 み 、 桜 で も よ く な さ い 。 お 前 は 嘘 が う ま い か ら 、 は 秘 密 だ 。 初 め て 真 剣 に 将 来 を 考 え ( 教 師 桃 忌 に は 墓 前 を 埋 め つ く す ほ ど の 花 が 手 向 行 い だ け で も よ く な さ い 」 と い う 有 名 な く に な ろ う と 思 っ た ) た ま た ま 手 に 取 っ た 本 け ら れ る 。 そ ん な 彼 の 魅 力 を 私 が 伝 え ら れ だ り も こ の 作 品 に 出 て く る 。 に 、 太 宰 に の め り 込 ん で 引 き こ も り 高 校 を る だ ろ う か ・ : 戦 闘 、 開 始 だ 。 「 葉 」 と い う タ イ ト ル は ど こ か ら き た の 辞 め て し ま っ た 生 徒 の 話 が 載 っ て い て 、 ① 「 葉 」 。 昭 和 九 年 四 月 発 表 。 砂 子 屋 書 か 。 花 や 実 に な る 前 の 姿 と い う 意 味 な の か 実 は よ く わ か ら な い ま ま 読 み 続 け て い 「 こ れ は ま ず い 壊 さ れ る 」 と 思 っ た の だ 。 房 か ら 刊 行 さ れ た 彼 の 第 一 創 作 集 『 晩 年 』 し か し 高 校 に 人 学 し て み る と 周 り に は 平 然 の 巻 頭 を 飾 る 作 品 で も あ る 。 「 撰 ば れ て あ る 。 る こ と の / 恍 惚 と 不 安 と / 二 つ わ れ に あ ② 「 黄 金 風 景 」 。 昭 和 十 四 年 三 月 発 表 。 と 何 人 も の 太 宰 フ ァ ン が い る で は な い か こ れ な ら 大 丈 夫 だ と 思 っ て 読 み 始 め た 。 爾 り 」 と い う ヴ ェ ル レ ー ヌ の 一 節 を 冒 頭 に 三 職 業 作 家 と し て 活 躍 を は じ め た こ ろ 国 民 新 来 ウ ン 十 年 。 偏 愛 す る 作 家 は 何 人 も い る 十 六 の 断 片 か ら 成 る 。 第 一 創 作 集 に し て 遺 聞 の 「 短 篇 小 説 コ ン ク ー ル 」 に 寄 せ た 短 篇 が 、 全 体 像 が 最 も っ か み づ ら い 作 家 と い う 書 の つ も り で 綴 っ た だ け に 、 こ の 「 葉 」 も で 、 私 が 最 も 好 き な 作 品 。 太 宰 の 「 気 に し 印 象 は 変 わ ら な い 。 太 宰 は 明 治 四 十 一 一 年 生 冒 頭 か ら こ ん な 具 合 に 「 死 」 が 顔 を 出 す 。 す ぎ 気 質 」 が 爆 裂 し て い る 。 子 供 の 頃 「 い ま れ で 今 回 読 み 返 し た 作 品 の 殆 ど は 戦 前 か 「 死 の う と 思 っ て い た 。 こ と し の 正 月 、 よ ま 思 っ て も 脊 筋 の 寒 く な る よ う な 非 道 の 言 ら 終 戦 直 後 に 書 か れ て い る が 、 全 く 古 さ を そ か ら 着 物 を 一 反 も ら っ た 。 」 そ の 布 地 が 葉 を 投 げ つ け て 」 、 こ と に い じ め た は ず の 女 感 じ な い 。 同 い 年 の 中 島 敦 と は 対 照 的 だ 。 麻 で あ っ た た め 「 夏 ま で 生 き て い よ う 」 と 中 の お 慶 が 警 察 官 の 夫 と 子 と と も に 、 家 を そ し て 「 小 説 は な に よ り も ま ず お も し ろ く 決 心 す る く だ り を 読 ん で い つ も 私 は ニ ャ リ 追 わ れ 落 ち ぶ れ た 自 分 の も と を 訪 ね 来 る な け れ ば な ら な い 」 と い う 彼 が 生 涯 持 ち 続 と 笑 っ て し ま う 。 本 当 は 彼 の 苦 し い 体 験 な 話 。 と こ ろ で 気 に な る こ の 「 非 道 の 一 一 = ロ 葉 」 せ す じ

本の雑誌 12月号第40巻12号


生 き て い さ え す れ ば い い の よ 」 と 言 う 。 こ に 発 表 さ れ た 短 篇 。 秘 密 の 仕 事 部 屋 と し て 部 屋 の 蝦 燭 が 消 え て し ま っ た ら キ ク ち ゃ ん の 切 れ の 良 さ 、 物 語 の 美 し さ は ひ と り 主 人 借 り て い る キ ク ち ゃ ん の 部 屋 に 、 近 所 で 痛 が 危 な い 。 も っ と 長 い 蝋 燭 は な い の か ー 公 で あ る 妻 が 背 負 っ て い る 。 美 し く て 怖 い 飲 し べ ロ ン ペ ロ ン に な っ た 太 宰 が 泊 ま っ た 酔 い も 手 伝 っ て 次 第 に 大 胆 に な る 太 宰 。 あ が 、 真 夜 中 に 目 覚 め 、 同 じ 炬 燵 で 眠 る 彼 女 あ 、 蝦 燭 が 消 え る : : : し か し そ の 時 、 し ら ⑨ 「 朝 は 昭 和 一 一 十 一 一 年 七 月 の 「 新 思 潮 」 へ の ス ケ ベ 心 で 夜 明 け ま で 悶 々 と す る 話 。 じ ら と 夜 も 明 け た 。 ス ゴ ス ゴ と 帰 る 彼 の 後 姿 を 想 像 す る と 何 と も お か し い 一 行 だ け の 言 葉 か ら 短 篇 小 説 風 の も の ま で 、 角 川 文 庫 角 川 文 庫 ⑩ 「 斜 陽 」 は 昭 和 一 一 十 一 一 年 七 月 か ら 十 月 葉 『 晩 年 』 他 所 収 三 十 六 の 断 片 か ら な る 作 品 ま で 四 カ 月 に わ た っ て 「 新 潮 」 に 発 表 さ れ 家 を 追 わ れ 、 窮 迫 し 病 を 得 た 「 私 」 は 、 子 供 黄 金 風 景 新 潮 文 庫 新 潮 文 庫 た 。 言 わ ず と 知 れ た 太 宰 文 学 傑 作 長 篇 の 一 『 き り ぎ り す 』 他 所 収 の 頃 に い じ め た 女 中 の お 慶 と 再 会 す る つ だ 。 敗 戦 後 の 混 乱 期 に も 貴 族 の 気 品 を 失 女 性 読 者 か ら 送 ら れ て き た 日 記 を も と に 、 あ 角 川 文 庫 女 生 徒 る 女 の 子 の 多 感 で 透 明 な 心 情 を 綴 る う こ と な く 滅 び る こ と を 決 意 し た 母 と 、 そ れ を 見 守 る 娘 の か ず 子 。 南 方 か ら 復 員 し 自 名 声 を 得 る こ と で 破 局 を 迎 え た 画 家 夫 婦 の 内 新 潮 文 庫 き り き り す 面 を 、 妻 の 告 白 を 通 し て 印 象 深 く 描 く 分 を 傷 つ け る か の よ う な 苛 烈 な 放 蕩 の 末 、 作 二 十 歳 の 娘 の 私 は 、 省 線 の 小 さ な 駅 へ 毎 日 誰 角 川 文 庫 自 殺 す る 弟 の 直 治 。 や が て 母 も 病 死 し 、 残 間 寺 っ = 徒 』 他 所 収 と も わ か ら ぬ 人 を 迎 え に 行 く さ れ た か ず 子 は 恋 の 戦 闘 を 開 始 す る 。 単 な 昭 和 の は じ め 、 東 京 の 四 谷 に 住 む 洋 画 家 鶴 見 ち く ま 文 庫 る 地 の 文 の み な ら ず 、 彼 の 得 意 と す る 日 記 宰 ~ 化 火 「 宰 治 全 集 5 』 他 所 収 仙 之 助 の 一 家 で 起 こ っ た 事 件 体 、 手 紙 体 、 告 白 体 で 各 々 の 心 情 を 綴 り 、 罹 災 し 、 津 軽 の 生 家 に 避 難 し て い る 「 私 」 の 親 友 交 歓 新 潮 文 庫 新 潮 文 庫 編 み 込 む 技 は 見 事 ! 前 年 井 伏 鱒 一 一 に 送 っ 『 ヴ ィ ョ ン の 妻 』 他 所 収 も と に 、 自 称 親 友 の 同 級 生 が 現 れ る が : た 手 紙 に は 、 自 身 の 実 家 を チ ェ ー ホ フ の 傷 つ き や す い 心 を ご ま か す よ う に 飲 ん だ く れ 新 潮 文 庫 ヴ ィ ョ ン の 妻 る 詩 人 の 動 静 を 、 妻 が 奇 妙 な 明 る さ で 語 る 「 桜 の 園 」 に 譬 え て い る 。 次 は : ・ あ っ ! す で に 約 束 の 十 作 に な っ て 秘 密 の 仕 事 部 屋 と し て 借 り て い る キ ク ち ゃ ん 新 潮 文 庫 朝 『 グ ッ ド ・ バ イ 』 他 所 収 の 部 屋 に 、 酔 っ 払 っ た 「 私 」 は 泊 ま る が し ま っ た 。 紙 幅 も 尽 き て し ま っ た 。 没 落 貴 族 の 家 庭 。 無 頼 な 小 説 家 。 戦 後 の 動 乱 斗 昜 新 潮 文 庫 最 後 に 皆 さ ん 、 太 宰 を 読 も う ! 一 兀 気 で の 時 代 を 生 き る 人 間 の 滅 び の 美 し さ を 描 く 行 こ う 。 絶 望 す る な 。 で は 、 失 敬 。 収 録 文 庫 は 代 表 的 な も の 、 作 品 は す 。 へ て 電 子 版 あ り

本の雑誌 12月号第40巻12号


太 宰 の 生 原 稿 の 複 製 も 本 の 学 校 の 拠 点 と な っ て い る う な も の を 作 る べ き だ 現 在 も 書 店 人 教 育 講 座 の 名 で と い う 発 想 が ペ ー ス と 続 い て い る が 、 三 日 間 の 集 中 講 ブ ッ ク セ ン タ ー 二 階 に は 、 談 話 い を 室 、 研 修 室 、 子 ど も 図 書 室 、 本 な っ て い る そ う で 、 文 座 に 変 わ っ た の で あ る 。 九 五 年 の 博 物 室 が あ る 。 さ ら に 多 目 的 字 通 り の 本 の 学 校 創 設 か ら 五 年 間 続 い た 出 版 の 未 来 を ホ ー ル に は 和 装 本 の 見 本 、 印 刷 を 目 指 し て い た が 、 学 考 え る 「 「 本 の 学 校 」 大 山 緑 陰 の 歴 史 ( 百 万 塔 陀 羅 尼 の レ プ リ 校 制 度 上 の 専 門 学 校 開 校 は カ リ シ ン ポ ジ ウ ム 」 は 「 本 の 学 校 ・ 力 が 飾 っ て あ る ) や 紙 の 知 識 な さ れ て い た も の な の だ 。 キ ュ ラ ム や 講 師 の 人 数 な ど ハ ー 出 版 産 業 シ ン ポ ジ ウ ム . 東 京 」 ど の 展 示 が あ り 、 一 階 の ブ ッ ク ド ル が 高 く 、 断 念 。 代 わ っ て 書 と し て 引 き 継 が れ 、 毎 年 七 月 に セ ン タ ー が 望 め る 吹 き 抜 け に 沿 井 学 校 で 見 学 な ど に 来 ら れ た 店 人 教 育 講 座 と い う の を 四 十 日 開 催 さ れ る 東 京 国 際 ブ ッ ク フ ェ っ て 置 か れ た ガ ラ ス ケ ー ス に は 時 に 、 も う ど ん ど ん 皆 さ ん に 差 開 講 し た の が ス タ ー ト だ と ア の 一 環 と し て 行 わ れ て い る 太 宰 治 『 人 間 失 格 』 や 小 林 多 喜 し 上 げ て ま し て 。 今 、 プ ー ム ら い う 。 座 学 と 現 場 研 修 が あ り 、 神 保 町 で も 分 科 会 の よ う な 連 続 一 一 『 蟹 工 船 』 の 生 原 稿 の 複 製 が し い で す ね 。 活 字 が 今 井 書 店 の 新 人 社 員 は 原 則 強 制 講 座 が 開 か れ て い て 、 お じ さ ん 飾 ら れ て い る 。 内 階 段 を 上 っ た 浜 名 刺 を 作 っ た り 年 賀 状 を 印 受 講 。 今 井 書 店 以 外 の 書 店 員 も 一 一 号 ・ 杉 江 が 講 師 を 務 め た こ と と こ ろ に 引 き 出 し が た く さ ん っ 刷 し た り 、 流 行 っ て ま す よ ね 北 は 北 海 道 か ら 南 は 九 州 ま で 全 も あ る の だ 。 い た 木 製 の タ ン ス 状 の も の が 置 「 浜 」 と 「 本 」 は ど こ か な ? ( 笑 ) 国 か ら 受 講 に 来 た ら し い と い う の が 本 の 学 校 の 現 在 の い て あ り 、 ふ と 見 る と 、 中 か ら 杉 探 さ な い ! ( 笑 ) で も 今 井 基 本 的 な 活 動 な の だ が 、 そ の 実 こ ぼ れ 出 て い る の は 金 属 活 字 ! 印 刷 さ ん の 活 字 な ら 自 慢 で き る 井 九 五 年 の こ ろ は 一 か 月 間 習 店 舗 と し て 開 店 し た 今 井 ブ ッ 踊 り 場 に も 木 箱 が あ っ て 活 字 が か も 出 張 扱 い で 勉 強 で き た ん で す ク セ ン タ ー を 忘 れ て は い け な ご ろ ご ろ 人 っ て い る の で あ る ね 。 今 も 特 命 を 受 け て 来 ら れ る さ っ そ く 階 段 を 下 り て 一 階 今 井 書 店 は 書 店 業 だ け じ ゃ な い や 、 そ う い う 話 で は な い 。 書 店 の 方 も お ら れ ま す け ど 、 厳 の 店 舗 へ 。 二 〇 一 二 年 の 十 月 に く 、 明 治 十 七 年 か ら は 印 刷 業 も 事 務 局 長 に よ る と 、 本 の 学 校 は し い 状 況 で す の で 、 な か な か 休 増 床 リ ニ ュ ー ア ル し 、 現 在 は ワ や っ て い る そ う で 、 つ ま り 活 字 前 述 の と お り 、 今 井 書 店 三 代 目 み も 取 れ な い 。 で す か ら 今 は 二 ン フ ロ ア 六 百 坪 と い う ス ペ ー ス 箱 か ら あ ふ れ て い る 活 字 は 明 治 が ド イ ツ の 職 能 学 校 と し て の 書 泊 三 日 で す 。 を 誇 る 大 型 店 だ 。 店 内 中 央 に は 時 代 か ら 実 際 の 活 版 印 刷 で 使 用 籍 業 学 校 、 書 店 の 専 門 学 校 の よ こ の 七 月 の 再 リ ニ ュ ー ア ル で 登 活 字 が ぎ っ し り

本の雑誌 12月号第40巻12号


太 宰 は 昭 和 Ⅱ 年 7 月 日 、 千 葉 県 船 橋 町 っ た 裏 側 を 楢 崎 は 書 い て い る 。 「 『 狂 言 の 万 近 く に は 札 が 人 る だ ろ う こ と を 思 い 巡 ら か ら 上 京 、 す で に 新 潮 社 へ 作 品 ( 「 狂 言 の 神 』 転 売 事 件 」 の 文 章 が そ れ で 、 も う 晩 年 せ な が ら 会 場 を あ と に し た 。 こ の 品 の 最 終 神 」 ) を 届 け て い る が 、 そ の 数 日 あ と の こ を 迎 え て 「 太 宰 治 の 独 り 相 撲 」 と 庇 っ て い 的 な 記 録 と し て は 業 界 一 の 自 筆 本 の 老 舗 ・ と で あ る 。 「 朝 六 時 に お 茶 ノ 水 駅 へ 到 着 し る が 、 楢 崎 に 宛 て た 「 誓 一 言 手 記 」 な る も の 神 保 町 の 八 木 書 店 「 古 典 籍 ・ 近 代 文 人 自 筆 て 」 か ら 始 ま り 、 「 : : : 六 十 円 で け つ か う が 残 っ て い る 。 こ れ は 太 宰 の 詫 び 状 な の で 物 特 輯 」 ( 平 成 6 ) に 千 二 百 万 円 の 値 で 出 で ご ざ い ま す 。 : : : 六 〇 ゴ ム リ デ シ タ ラ 、 あ る 。 太 宰 は 新 潮 社 に 持 ち 込 む 前 に 、 す で 品 さ れ て い た こ と 。 ま た 私 の 持 っ て い た 葉 四 〇 デ モ 。 ゴ 一 任 申 シ マ ス 」 が 一 枚 目 の 中 に 美 術 雑 誌 「 東 陽 」 十 月 号 に 掲 載 決 定 さ れ 書 二 枚 は 、 十 年 前 に 五 十 万 で 人 に 売 っ た こ の 言 葉 で 、 左 の 葉 書 は 太 宰 は 帰 り か か っ た て い た の を 、 「 シ カ ル ニ 好 事 魔 赤 貧 迂 愚 ノ と を 記 し て お く 。 も の の 引 き 返 し て 急 遽 一 一 枚 目 を 一 枚 目 と 同 者 ノ 背 後 ニ 立 チ 一 策 囁 キ 夜 半 病 床 ヲ 捨 テ 最 後 に 、 個 人 的 な 太 宰 観 で あ る が 、 「 自 じ く 速 達 で 出 し た も の で あ る 。 ア タ フ タ 上 京 : : : 」 ( 太 宰 「 誓 一 一 = ロ 手 記 」 ) 分 の よ う な も の で も 、 ど う か し て 生 き た い 」 使 用 済 み 原 稿 を 金 欲 し さ に 持 ち 込 ん で し と 言 っ た 藤 村 の 言 葉 で こ こ ま で 生 き て こ ら ま っ た の だ 。 こ れ が 佐 藤 春 夫 の 知 る と こ ろ れ た 私 は 「 生 れ て 、 す み ま せ ん 」 な ど と 気 と な り 電 報 で 呼 ば れ 、 厳 し い 訓 戒 を 受 け 半 ど っ て る 太 宰 は 嫌 い だ っ た 。 作 家 の 言 葉 と へ 「 に 勢 ヘ ン ノ ? テ フ ラ い ノ 一 ア ま ル 紙 八 枚 の 詫 び 状 を 差 し 出 し 、 原 稿 を 返 却 し し て は 、 も う 晩 年 の 井 上 靖 の こ と が 忘 れ ら て 貰 う の で あ る 。 当 時 の 借 銭 は 十 八 名 、 計 れ な い 。 井 上 は ノ ー ベ ル 文 学 賞 の 候 補 と 目 「 一 マ べ ン ) さ れ 、 毎 年 の よ う に そ の 時 期 に な る と マ ス 2 癶 デ ィ ナ ガ ワ 多 ? ワ 匕 , ′ ャ イ ス ど 四 百 五 十 一 円 に も な っ た 、 と 年 譜 に あ る と こ ろ で 私 は 、 こ の 「 誓 一 一 = ロ 手 記 」 な る も コ ミ が 群 れ た 。 そ の 年 も 賞 に 外 れ て 、 記 者 ミ を 峯 宅 、 ・ , ・ 「 ま ・ の を 手 に と 0 て 眺 め た こ と が あ る 。 平 成 一 一 一 た ち に 酒 ( ? ) が 出 さ れ た 。 す る と 一 人 が こ の 二 枚 を 出 し た 翌 日 、 暑 い 真 昼 時 太 宰 年 暮 れ の こ と で 、 東 京 古 典 会 ( 主 に 和 本 の 質 問 し た 。 は 新 潮 社 に 濃 紺 の 麻 の 着 物 に 兵 子 帯 を 締 め 市 場 ) か ら 大 市 会 目 録 が 届 く 。 私 の 所 属 は 「 先 生 が 、 日 本 の 文 学 者 で も っ と も 読 み つ た 姿 で 楢 崎 を 訪 ね 、 原 稿 料 の 前 借 り を た の 近 代 文 学 を 主 と し た 明 治 古 典 会 で 、 少 々 敷 が れ る 作 家 は 誰 と 思 い ま す か ? 」 む 。 ( 楢 崎 勤 著 『 作 家 の 舞 台 裏 』 昭 菊 ・ 読 居 の 高 い 展 観 場 で そ の 直 筆 の 頁 を め く っ 「 う ー ん 」 と 考 え 、 井 上 は 私 に は 予 想 外 の 売 新 聞 社 ) 実 は こ の 葉 書 一 一 枚 に 出 て 来 る 作 た 。 私 は 元 は 楢 崎 が 受 け 取 り 、 楢 崎 家 か ら 名 を 口 に し た の で あ る 。 「 太 宰 治 で し よ う 品 「 狂 言 の 神 」 に つ い て は も う 少 し 込 み い こ こ へ 辿 り つ く ま で の 道 の り と 、 多 分 一 千 か ね : ・ : ・ 」

本の雑誌 12月号第40巻12号


う ハ セ ガ ワ ・ カ イ タ ロ ウ で あ る 一 九 四 八 年 六 月 、 山 崎 流 一 行 作 家 の 死 富 栄 と の 情 死 事 件 を 喫 茶 多 分 、 大 方 の 読 者 は 聞 い た こ と が な 店 で 話 題 に し た 青 年 が 、 い は ず だ 。 で は 、 牧 逸 馬 は ? そ れ Ⅱ 校 條 剛 「 ど う せ ま た 、 小 説 の ネ も 知 ら な い と す れ ば 、 林 不 忘 は ? タ に す る ん で し よ う 」 と 岩 波 文 庫 に 人 っ て い て 、 い ま で も 読 吐 き 捨 て る よ う に 言 っ た の を 横 で 聞 い た 作 私 は 『 ザ ・ 流 行 作 家 』 と い う 名 著 ( 自 分 め る 『 踊 る 地 平 線 』 の 著 者 谷 譲 次 は ? 家 石 川 淳 は 、 「 バ カ ヤ ロ ー 」 と 大 声 を 発 し で 言 う ) で 、 川 上 宗 薫 と 笹 沢 左 保 と い う 最 こ の 三 つ の 名 前 は 長 谷 川 海 太 郎 の ペ ン ネ た 。 勢 い で 、 テ ー プ ル の 上 の コ ッ プ が 倒 れ 、 盛 期 に は ど の 小 説 雑 誌 に も 名 前 が 見 ら れ た ー ム で そ れ ぞ れ の 名 前 で 内 容 を 書 き 分 け て 水 が こ ぼ れ た と い う 。 そ の 情 景 を 石 川 は 追 人 気 作 家 一 一 人 の 人 生 を 描 い た が 、 や は り 筆 い た の で あ る 。 牧 逸 馬 は 、 家 庭 小 説 な ど の 悼 文 「 太 宰 治 昇 天 」 に 描 い て い る 。 だ が 、 を 多 く 費 や し た の は そ の 死 に 至 る 道 筋 で あ 現 代 小 説 用 で 当 時 、 一 番 ポ ピ ュ ラ ー だ っ た 太 宰 の 心 中 に 対 す る 世 間 の 反 応 は そ の 青 年 っ た 。 今 年 の 七 月 に 『 作 家 と い う 病 』 と い の は こ の 名 前 。 谷 譲 次 は 、 作 家 の 体 験 と 語 の セ リ フ に 代 表 さ れ て い た こ と だ ろ う 。 う タ イ ト ル の 講 談 社 現 代 新 書 を 刊 行 し た と 学 力 を 基 に し た 海 外 が 舞 台 の 作 品 、 『 浴 槽 井 の 頭 公 園 の 裏 を 流 れ て い る 玉 川 上 水 き に 、 そ こ で 取 り 上 げ た 、 既 に 故 人 で あ る の 花 嫁 』 な ど の 怪 奇 実 話 も こ の 名 前 で 発 表 は 、 私 が 育 っ た 地 域 に 近 か っ た せ い で 、 何 二 十 一 人 の 作 家 た ち の 、 死 因 の 内 訳 を 述 べ さ れ た ( た だ し 、 な ぜ か 戦 後 は 牧 の ほ う の 度 も そ の 淵 に 立 っ た こ と が あ る 。 幅 三 メ ー る と 、 自 殺 、 情 死 、 殺 害 な ど の 異 常 死 は ま 名 前 に 変 え ら れ て し ま っ た ) 。 林 不 忘 は 映 ト ル ほ ど の 狭 い 用 水 路 で あ る 。 こ の 小 さ な っ た く な い 。 画 に 詳 し い 向 き に は す ぐ に あ の 「 丹 下 左 月 で よ く ぞ 人 水 で き た な と い つ も 疑 問 に 思 た だ 、 流 行 作 家 が そ の 最 盛 期 に 死 を 迎 え 膳 」 の 原 作 者 だ と 思 い 当 た る こ と だ ろ う 。 っ て い た 。 だ が 、 増 水 し た と き の 流 れ は 猛 る と き に は 、 あ る 種 壮 絶 な 色 合 い を 示 す ケ 戦 後 一 九 五 一 年 、 流 行 作 家 の 頂 点 に 立 っ 烈 に 速 く 、 川 底 と 側 壁 が 粘 土 質 な の で 、 掴 ー ス が 見 ら れ る 。 一 九 七 五 年 の 梶 山 季 之 の て い た 林 芙 美 子 が 急 死 し た と き に 、 連 載 が ま ろ う に も 手 指 が つ る つ る と 滑 っ て し ま う 香 港 で の 客 死 、 一 九 九 六 年 の 山 村 美 紗 の 帝 七 本 ほ ど あ っ た と い う が 、 海 太 郎 は さ ら に と 聞 い た の で 納 得 し た 国 ホ テ ル 東 京 滞 在 中 の 急 死 な ど が そ の ケ ー 上 を 行 き 、 一 時 十 四 社 の 原 稿 を こ な し て い さ て 、 私 に 与 え ら れ た テ ー マ は 「 作 家 の ス と 一 一 一 一 口 え る だ ろ う 。 て 、 新 潮 社 の 編 集 担 当 者 で あ っ た 和 田 芳 恵 死 」 で あ る が 、 死 の 訪 れ は 作 家 で あ ろ う が 他 戦 前 の 大 流 行 作 家 の 一 人 に 焦 点 を 当 て て は 、 海 太 郎 邸 の 玄 関 先 に は 何 段 も あ る 原 稿 の 職 業 の 人 た ち と 基 本 変 わ る こ と は な い 。 見 た い 。 そ の 人 の 名 前 は 長 谷 川 海 太 郎 と い 人 れ が 置 か れ て あ っ て 、 編 集 者 は 自 分 の 社

本の雑誌 12月号第40巻12号


持 ち も あ っ て 、 「 文 藝 朝 日 」 連 載 時 か ら 、 ふ け の 道 を 帰 る こ と に な っ た 。 太 宰 も 送 っ て 巌 谷 大 四 『 戦 後 ・ 日 本 文 壇 史 』 の と き お り 読 ん で い た 巌 谷 大 四 の ″ 文 壇 来 た が 、 ち ょ う ど 玉 川 上 水 の ほ と り を 歩 い て 中 盤 を す ぎ た あ た り に 、 こ ん な 記 述 と 史 〃 の 出 版 を 知 り 、 す ぐ 大 森 駅 前 の 書 い る と き 、 偶 然 山 本 有 三 氏 の 邸 宅 の 前 を 通 っ が あ っ た 。 「 昭 和 二 十 四 年 十 一 月 五 店 で 手 に と っ た の だ ろ う 。 た 。 『 こ れ が 山 本 有 三 の 家 だ よ 』 と 、 誰 か が 言 日 、 田 中 英 光 氏 が 、 三 鷹 禅 林 寺 の 太 先 の 引 用 箇 所 の 直 後 に は 、 こ ん な 一 う と 、 英 光 は 『 よ し 、 生 意 気 な 奴 だ 』 と 言 っ て 、 宰 治 氏 の 墓 の 前 で 、 ア ド ル ム を 多 量 の い き な り 山 本 邸 の 門 柱 を 片 腕 で 抜 き 、 そ れ を 節 が あ る 。 「 青 山 二 郎 氏 が 「 ピ ン セ ッ に 呑 み 、 左 手 首 の 動 脈 を 安 全 力 ミ ソ ト で 活 字 を ひ と つ ひ と つ つ ま み あ げ 玉 川 上 水 の 中 に ど ぶ ん と 放 り こ ん だ 」 」 リ の 刃 で 切 っ て 自 殺 し た 。 / こ れ も ′ て 、 食 べ て し ま い た い よ う な 小 説 」 と 私 も 何 年 か 前 に 、 山 本 有 三 記 念 館 を 訪 れ た 当 時 の ジ ャ ー ナ リ ズ ム を 賑 わ し た 事 件 で あ っ た 」 光 武 評 し た と 」 う 、 「 オ リ ポ = 0 果 実 」 = と が あ る 。 テ 」 ビ 0 散 歩 番 組 で 、 吉 祥 寺 ・ と い う 青 春 小 説 を 戦 前 に 書 い て 「 池 谷 三 鷹 篇 の 収 録 だ っ た 。 亡 く な っ た フ ォ ー ク の 田 中 英 光 と い う 小 説 家 の 名 前 を 初 ~ 央 田 賞 」 を 受 け た 田 中 英 光 氏 の 戦 後 の 生 き 高 田 渡 さ ん が 一 日 に 二 度 は 通 っ た 井 の 頭 公 園 め て 知 っ た 。 『 戦 後 ・ 日 本 文 壇 史 』 は 、 中 朝 日 新 聞 社 か ら 昭 和 年 2 月 川 日 に 亀 方 は 、 正 に 捨 て 身 で あ っ た 。 彼 は 太 宰 前 の 「 い せ や 」 、 太 宰 治 が 人 水 自 殺 し た 場 所 な 田 ど の 他 に 、 有 三 記 念 館 も 撮 っ て お こ う と 、 こ 初 版 が 刊 行 さ れ て い る 。 こ の 直 後 に = 治 氏 に 私 淑 傾 倒 し て い た 」 。 高 校 に 人 学 し て 、 す ぐ に 『 オ リ ン ポ れ は 太 宰 治 賞 を 筑 摩 書 房 と 共 同 主 催 し て い る 購 人 し て い る か ら 、 中 学 卒 業 を 間 近 に 控 え た 時 期 だ 。 ス の 果 実 』 は 読 ん だ 。 薄 い 文 庫 本 だ っ た の で 、 三 鷹 市 へ の 配 慮 の よ う だ っ た 。 品 川 区 の は ず れ 、 馬 込 に 隣 接 し た い ま は 西 遠 距 離 通 学 の 行 き 帰 り を 使 っ て 、 本 は 時 間 を 山 本 有 三 の 記 念 館 な ん て 、 興 味 な い ん だ け 大 井 と 呼 ば れ る 地 域 に あ っ た 、 ハ ン 。 ハ に 柄 の か け て 読 む 遅 読 派 の 私 が 、 わ ず か 二 日 で 読 み ど な 。 面 倒 く さ い と 思 っ た が 、 記 念 館 に 着 い ず い ぶ ん 立 派 な お 屋 敷 だ っ た 。 悪 い 学 校 だ っ た 。 一 学 年 下 に 、 当 時 は 渡 辺 順 終 え た 。 清 冽 な 気 配 が た だ よ う 一 方 で 、 全 篇 て び つ く り 。 子 と い う 本 名 で テ レ ビ の 歌 番 組 の 司 会 も し て を と お し て 「 さ び し さ 」 が 通 奏 低 音 の よ う に 洋 風 建 築 で 、 外 装 は ク リ ー ム イ エ ロ ー と い う か 、 観 光 地 に あ る 女 の 子 が 喜 び そ う な " か わ い た 、 後 の 黛 ジ ュ ン が い る 。 た ま に 昼 休 み に 流 れ る 小 説 は 印 象 に 残 っ た 。 カ フ ェ レ ス ト ラ ン の よ う だ 。 彼 女 の 教 室 を 覗 い て み て も 、 テ レ ビ 出 演 や 米 こ れ も 巌 谷 氏 の 本 か ら 。 「 田 中 英 光 と い う 男 こ れ を 見 て 、 亀 井 勝 一 郎 が 書 い た 、 田 中 英 軍 キ ャ ン プ 巡 り で 忙 し い の か 、 一 度 も 渡 辺 順 は 、 酔 っ ぱ ら う と 、 ま っ た く で た ら め に な り 、 手 が つ け れ ら れ な い 。 / 亀 井 勝 一 郎 氏 が そ の 光 の 「 よ し 、 生 意 気 な 奴 だ 」 の 意 味 が わ か っ た 。 子 の 顔 を 見 た こ と は な か っ た 。 受 験 も 終 わ っ て 、 あ と は 卒 業 ま で や り た い 酔 態 ぶ り を 次 の よ う に 書 い て い る 。 / 「 或 る 日 、 『 路 傍 の 石 』 と か 、 タ イ ト ル か ら し て 辛 気 臭 く 放 題 と い う 、 荒 ん だ 空 気 が 三 年 生 の 教 室 を 支 や は り 太 宰 家 で 、 山 岸 外 史 と 、 私 と 、 そ こ へ 教 訓 垂 れ そ う な 作 家 が 、 こ ん な 豪 邸 に 住 ん で い い の か よ 、 と 。 記 念 館 の 前 庭 に 、 大 き な 黒 配 し て い く 。 そ ん な 学 校 生 活 か ら 逃 避 す る 気 英 光 が 来 て 、 四 人 で 飲 ん で 大 い に 酔 っ て 、 夜

本の雑誌 12月号第40巻12号


そ ん な に ダ メ な 感 じ が し な く て 、 む し ろ 岩 小 説 と い え ば 一 一 葉 亭 四 迷 の 『 平 凡 』 な ん だ 妙 が 先 に 世 に 出 ち ゃ う わ け ね 。 結 局 、 美 妙 野 泡 鳴 の ほ う が ダ メ だ よ ね よ 。 あ の 人 っ て 主 著 が 三 作 だ け じ ゃ な い が 先 に 出 る け ど 、 ス キ ャ ン ダ ル が あ っ て 失 西 全 然 ダ メ で す ね 。 山 師 だ し 。 『 浮 雲 』 『 其 面 影 』 と 『 平 凡 』 。 自 然 主 義 が 脚 し て 、 若 く し て 死 ん で し ま う 。 で も 紅 葉 盛 ん だ っ た 頃 だ か ら 、 自 然 主 義 の 。 ハ ロ デ ィ に ひ ど い 目 に 遭 わ さ れ て る は ず な の に 、 す 坪 変 な 缶 詰 工 場 も 作 っ て ( 笑 ) 。 西 秋 江 は 晩 年 も 、 失 明 は し た け ど 七 十 近 み た い な 形 に 書 い て た ん だ け ど 、 『 平 凡 』 ご く い い 追 庫 を し て る ん で す よ 。 臨 川 書 店 く ま で 生 き ま し た か ら 。 あ の 人 が ダ メ と 一 一 一 一 口 っ て 、 め ち ゃ く ち や で 面 白 い よ 。 ダ メ 男 小 か ら 「 山 田 美 妙 集 」 が 出 て る で し よ 。 第 九 、 わ れ る の は 小 説 の 内 容 の イ メ ー ジ と 、 人 に 説 で 。 十 巻 が 評 論 、 随 筆 集 で 、 尾 崎 紅 葉 の 追 悼 が 軽 ん じ ら れ る キ ャ ラ ク タ ー ゆ え で す よ ね 。 西 明 治 で リ ア ル に ダ メ な 作 家 と い う と 柵 人 っ て る ん だ け ど 、 い 追 悼 な ん だ よ ね 。 坪 不 思 議 だ よ ね 。 秋 江 っ て 博 文 館 に 勤 務 山 人 。 漣 山 人 の 弟 子 で 、 泥 棒 を や っ て 刑 事 そ れ に 美 妙 っ て 晩 年 は 不 遇 の よ う に 思 わ れ し て る し 、 中 公 に も 勤 務 し て 、 西 園 寺 公 望 事 件 に な っ て そ の ま ま 消 え た 人 な ん で す け て る け ど 、 染 井 霊 園 に あ る お 墓 は も の す ご が 開 い た 文 士 招 待 会 の 人 選 も し て い る 。 意 ど 、 こ れ が 人 間 と し て は 一 番 ダ メ だ っ た ん く 手 人 れ が い い わ け 。 つ ま り 、 子 孫 に 恵 ま じ ゃ な い か と 。 外 と 重 要 な こ と を し て い る ん だ よ ね 。 れ て る 。 染 井 に は 二 葉 亭 の 大 き な 墓 も あ る 西 要 所 要 所 で い ま す よ ね 。 昔 、 秋 江 は 徳 坪 一 番 ダ メ な ん だ け ど 、 宮 武 外 骨 が 柵 山 ん だ け ど 、 二 葉 亭 は 遺 族 が い な い か ら 、 朽 田 秋 江 と 名 乗 っ て い た ん で す よ ね 。 秋 声 と 人 の 小 説 全 集 を 出 し て る よ ね 。 ち 果 て て た ん で す よ 。 一 字 違 い 。 そ れ を 秋 声 に 遠 慮 し て 、 自 ら も 西 そ う で し た ね 。 骨 を 拾 っ て あ げ た じ ゃ ー ー 三 鷹 の 禅 林 寺 は 森 鵐 外 と 太 宰 治 の 墓 が 文 名 あ が っ て い た の に 改 名 す る く ら い だ か な い け れ ど 、 や つ ば り 何 か 反 骨 精 神 を 刺 激 向 か い 合 っ て る じ ゃ な い で す か 。 両 方 と も ら 人 間 的 に ち ゃ ん と し て る ん で す よ ( 笑 ) 。 す る も の が あ っ た ん で し よ う ね 。 た ぶ ん 硯 そ ん な に 綺 麗 じ ゃ な い で す よ ね 。 し い よ ね 。 友 社 系 の 態 度 に 外 骨 は 腹 が 立 っ た ん じ ゃ な 西 手 は 人 っ て な い で す よ ね 。 太 宰 の 墓 で 坪 「 文 壇 無 駄 話 」 。 あ れ 、 西 あ れ は 勉 強 に な り ま す ( 笑 ) 。 生 き 証 い か な 。 事 件 に な っ た と き に 、 尾 崎 紅 葉 た 思 い 出 す の は 、 英 光 が 墓 前 で 死 ん だ の で 、 人 で す か ら ね ち は 知 ら ん ぶ り し た ん で す よ ね 。 弟 子 の 鏡 昔 、 十 年 く ら い よ く 行 っ て た ん で す よ 。 そ 坪 ゴ シ ッ プ な ん だ け ど 、 八 木 書 店 か ら 出 花 が 自 分 を 凌 駕 す る ほ ど の 人 気 が で た と き し た ら 庫 裡 で 太 宰 の 複 製 色 紙 と か グ ッ ズ を 売 っ て る ん で す ね 。 そ れ で 嫌 に な っ ち ゃ っ た 近 松 秋 江 全 集 だ と 、 四 段 組 で 三 巻 く ら い の 妬 み 方 も す ご か っ た っ て 言 い ま す し 。 あ る ( 笑 ) 。 す ご い ポ リ ュ ー ム 。 よ く あ れ 坪 山 田 美 妙 と の 関 係 も 変 だ よ ね 。 紅 葉 と た 。 完 全 に 商 売 で す か ら ね 。 だ け 書 い た よ ね 。 そ れ で 、 明 治 時 代 の ダ メ 美 妙 っ て 、 最 初 は 一 緒 に や っ て る け ど 、 美 坪 英 光 と い え ば 、 林 真 理 子 さ ん 。 あ の 人