検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 31 太宰 治 集

現代日本の文学 31 太宰 治 集から 472件ヒットしました。

現代日本の文学 31 太宰 治 集


太 宰 治 集

現代日本の文学 31 太宰 治 集


現 代 日 本 の 文 学 太 宰 治 集 三 川 井 伊 臣 ,. 北 尾 奥 足 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 壘 大 樹 男 夫 成 靖 整 学 習 研 究 社

現代日本の文学 31 太宰 治 集


現 代 日 本 の 文 学 31 太 宰 全 60 巻 治 集 昭 和 44 年 9 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 10 月 1 日 18 版 発 行 著 者 太 宰 治 発 行 者 古 岡 滉 発 行 所 鑾 査 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 暁 印 刷 株 式 会 社 製 本 株 式 会 社 若 林 製 本 工 場 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 7 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 OMichiko Tsushima 1969 Printed in Japan ISBN4 ー 05 ー 050241 ー 0 C0393 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す

現代日本の文学 31 太宰 治 集


~ 4 / ま を 弘 前 高 校 時 代 の 落 書 を 読 、 を 高 校 時 代 の 太 宰 当 時 の 旧 制 弘 前 高 校 玄 関 弘 前 高 校 入 学 当 時 左 か ら 長 兄 文 治 、 藤 田 昌 次 郎 、 従 弟 逸 郎 、 太 宰 、 弟 礼 治 、 前 田 本 太 郎

現代日本の文学 31 太宰 治 集


注 解 太 宰 治 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 東 京 八 景 軽 斜 陽 00 橋 川 文 三 四 四 九 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 谷 津 富 夫 榎 本 時 雄 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 藤 原 宣 夫 紅 野 敏 郎 四 三 八 風 間 益 人 四 四 九 = 三 0 ・ ・ 三 四 九 四 四 五

現代日本の文学 31 太宰 治 集


注 解 太 宰 治 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 東 京 八 景 軽 斜 陽 00 橋 川 文 三 四 四 九 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 谷 津 富 夫 榎 本 時 雄 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 藤 原 宣 夫 紅 野 敏 郎 四 三 八 風 間 益 人 四 四 九 = 三 0 ・ ・ 三 四 九 四 四 五

現代日本の文学 31 太宰 治 集


太 宰 治 と は ば 同 し 頃 に 文 壇 に あ ら わ れ た 作 家 高 見 順 に つ い て 、 「 高 見 順 の 時 代 と い う 時 代 が あ っ た と い っ て も 、 け っ し て 不 当 で は な い 」 と 述 べ た 中 島 健 蔵 の 言 葉 は か な り 有 名 で あ る 。 そ れ は 、 い わ ゆ る 「 昭 和 十 年 代 」 の 書 き 手 た ち の 思 想 や 心 理 の 混 沌 を 高 見 が み ご と に 表 現 し 、 よ く 時 代 の 声 と な り え た こ と を 言 っ た も の で あ る が 、 こ の 形 容 は ま た 、 太 宰 の 場 合 に も そ の ま ま 「 太 宰 治 と い あ て は ま る も の で あ っ た か も し れ な い 。 う 時 代 」 か 同 し 昭 和 十 年 代 の ど こ か に あ っ た こ と は た し か で あ り 、 或 は 今 も な お そ れ は 続 い て い る か も し れ な い の で あ る 宰 太 宰 の 作 品 が 初 め て 世 に あ ら わ れ た こ ろ の 読 者 の 受 の け と め 方 に つ い て 、 武 田 泰 淳 が 次 の よ う に 語 っ て い る 年 「 あ の 当 時 の 文 学 青 年 と い う の は 、 太 宰 が 出 て 来 た ら 〈 あ ー ・ 〉 と い っ て 注 目 を し て 、 一 冊 出 る ご と に こ れ に 評 伝 的 解 説

現代日本の文学 31 太宰 治 集


、 、 を 言 を そ れ ぞ れ に 鮮 か な 生 気 に 満 ち て 読 み 手 に 訴 え て く る も の 力 あ る の だ 。 い わ ば 、 太 宰 の 個 性 と そ の 文 学 の 本 当 の 大 き さ は 、 彼 に つ い て 書 か れ る す べ て の 文 章 が お の す か ら 一 種 の み ず み ず し い 緊 張 感 を お び て く る 、 と い う 点 に も あ る の か も 知 れ な い だ が 、 私 は 自 分 自 身 の 旅 を し た い と 思 っ て い 。 太 宰 の 目 、 あ の 逆 い 難 く 私 た ち の 視 野 を 染 め る 太 宰 の 視 線 を 通 し て で な く 、 自 立 し た 自 分 の 目 で 津 軽 を 見 た い と 願 っ て い た 。 太 宰 文 学 の 内 面 の 秘 密 に 迫 る 鋭 利 な 批 評 を 望 む な ら ば 奧 野 健 男 氏 の 〈 太 宰 治 論 〉 の 名 著 が あ 人 間 太 宰 の 個 性 を う か が う に は 檀 一 雄 氏 ほ か 竹 内 良 夫 、 桂 英 澄 、 別 所 直 樹 、 な ど の 諸 氏 の 美 し い 文 章 が あ る 。 ま た 、 舞 台 に 在 り し 日 の 作 家 を 偲 な ら 伊 馬 春 部 氏 の 劇 作 品 が あ り 、 さ ら に 太 田 治 子 、 津 島 佑 子 、 と 太 宰 の 血 を 引 い た 人 人 の 張 り つ め た 文 章 も 忘 れ 難 い 。 私 は こ の 旅 に 先 立 っ て 、 小 野 正 文 氏 の 〈 文 学 の あ る 風 景 〉 を 読 み 、 今 官 一 氏 の 精 緻 な 〈 太 宰 治 〉 を 再 読 し た 。 そ し て 一 人 の 作 家 と 郷 土 の 劇 的 な ま で の 深 い か ら み 合 い の 相 に 触 れ て 、 私 自 身 そ れ ら の 優 れ た 文 章 の 後 を 、 た だ 漫 然 と た ど る 事 に な る の で は さ カ ら 29

現代日本の文学 31 太宰 治 集


目 次 太 宰 治 文 学 紀 行 デ ラ シ ネ の 夜 の 終 り に 出 正 義 と 微 笑 材 マ ネ ス ク ・ 走 れ メ ス ・ っ 富 嶽 百 景 五 木 寛 之 一

現代日本の文学 31 太宰 治 集


目 次 太 宰 治 文 学 紀 行 デ ラ シ ネ の 夜 の 終 り に 出 正 義 と 微 笑 材 マ ネ ス ク ・ 走 れ メ ス ・ っ 富 嶽 百 景 五 木 寛 之 一