検索 - みる会図書館

全データから 213440件ヒットしました。

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


檀 一 雄 ・ 織 田 作 之 助 ・ 田 中 英 光 ー ー - 文 学 ア ノ レ ノ ゞ ム ー ー 評 伝 的 解 説 森 川 達 也 上 檀 一 雄 ( 昭 和 45 年 ) 中 織 田 作 之 助 ( 昭 和 21 年 ) 下 田 中 英 光 ( 昭 和 24 年 )

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


現 代 日 本 の 文 学 33 織 田 作 之 助 集 田 中 英 光 〈 監 修 委 員 〉 伊 藤 整 井 上 靖 川 端 康 成 ネ 三 島 由 紀 夫 究 〈 編 集 委 員 〉 習 足 立 巻 一 奥 野 健 男 尾 崎 秀 樹 杜 夫 ( 五 十 音 順 )

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


現 代 日 本 の 文 学 33 全 60 巻 檀 雄 織 田 作 之 助 集 田 中 英 光 昭 和 45 年 11 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 10 月 1 日 27 版 発 行 檀 雄 著 者 織 田 作 之 助 田 中 英 光 発 行 者 古 岡 滉 発 行 所 鑾 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 720 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 ◎ Yosoko Dan, Teiko Oda, Eiichiro Tanaka 1970 Printed ⅲ Japan ISBN4 ー 05 ー 050243 ー 7 C0393 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


檀 ー ム 隹 ・ 受 田 作 之 助 ・ 田 中 英 光 文 学 糸 己 彳 予 奥 野 健 男 ・ ー を 第 声 第 を 檀 一 雄 氏 ( 右 ) と 取 材 中 の 奧 野 健 男 氏 ( 柳 川 市 の 旅 館 花 に て )

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


檀 一 雄 ・ 織 田 作 之 助 田 中 英 光 文 学 紀 彳 テ マ 合 第 ◆ 0 マ 0 ◆ 4 ~ ◆ ◇ ◆ 4 マ ◆ ◇ ◆ ◇ 0 0 人 マ - ◇ ◆ ◆ ◆ ◇ へ ◇ ◇ ◇ △ マ ◇ ◇ ◇ ◆ ◇ ◇ 人 マ ◆ ◇ ◇ 論 、 ◇ ◇ ◆ △ ◇ 0 ◆ 4 檀 一 雄 文 学 紀 行 私 は 今 日 で は 柳 川 の 祖 父 の 家 を な っ か し む : : 柳 川 の 家 の 生 活 は ユ ー モ ア が あ っ た 。 精 気 が あ っ た 。 余 力 が あ っ た 。 ( 「 母 」 ) 檀 一 雄 が 幼 年 時 代 を 過 し た 福 岡 県 柳 川 市 。 水 郷 と よ ば れ る に ふ さ わ し く 、 町 の 縦 横 を 割 が 走 り 、 土 蔵 の 白 壁 が 水 面 に 深 く 影 を お と す

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


檀 一 雄 集

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


織 田 作 之 助 集

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


注 解 織 田 作 之 助 文 学 ア ル バ ム 評 伝 的 解 説 織 田 作 之 助 集 目 次 織 田 作 之 助 文 学 紀 行 大 阪 ミ ナ ミ 食 べ て 夢 見 る 十 歳 : ・ 夫 婦 善 哉 ジ ュ リ ア ン ・ ソ レ ル ・ 紅 野 敏 郎 / 風 間 益 人 岩 四 森 川 達 也 四 六 奥 野 健 男 三 三 ・ 一 一 七 0 田 中 英 光 集 目 次 田 中 英 光 文 学 紀 行 戦 後 の 希 望 と 挫 折 の あ と オ リ ン ポ ス の 果 実 少 女 狐 : 桑 名 古 庵 注 解 田 中 英 光 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 奥 野 健 男 四 四 六 三 ・ ・ 三 六 八 三 条 紅 野 敏 郎 / 風 間 益 人 岩 六 四 一 五 四 三 九 森 川 達 也 四 三 九 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 谷 津 富 夫 / 生 井 公 男 桜 田 満 編 集 責 任 番 野 左 都 子 製 作 担 当

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


い や 余 り に も 美 し す ぎ ら も 、 も う 一 面 で は 西 の 浦 の 玄 界 灘 の 荒 々 し い 闘 い と 湾 は ま る で 夢 の よ う に 美 し い 放 浪 を 希 求 せ ざ る を 得 な か っ た 。 こ こ に 、 檀 一 雄 の ど る 風 景 で あ る 。 こ こ に ん で い る と 「 花 筐 」 の 妖 し い ば う に も な ら ぬ 健 康 さ 、 生 へ の 兪 が あ る 。 檀 一 雄 の 孤 独 か り 美 し く 透 明 な 光 の 影 の よ う に 思 え て い た 物 語 が 実 な エ ゴ イ ズ ム が あ る 。 こ れ が 同 じ 無 頼 派 の 中 で 、 太 宰 感 を 帯 び て よ み が え っ て く る 。 こ の 町 の 宿 で 食 べ た 鯛 や え び も 味 し 過 ぎ 、 風 景 と 共 に 今 は 何 か 夢 の よ う に 治 、 坂 口 安 吾 、 織 田 作 之 助 、 田 中 英 光 と 違 う と こ ろ で あ る し 、 檀 一 雄 の 空 無 の 充 実 と も 言 う べ き 、 何 に も な 他 愛 の な い よ う に 思 え て く る の だ が 、 多 分 「 花 筐 」 の 少 年 少 女 の あ え か な 美 に た ぶ ら か さ れ た の で あ ろ う 。 何 に も な い こ と に 耐 え ら れ る 酷 薄 な お そ ろ し さ で あ り 、 強 さ で あ る 。 そ れ は 己 れ の 妻 子 は も ち ろ ん 文 学 七 月 十 五 日 昼 、 付 空 港 に 檀 さ ん を 避 え 、 檀 一 雄 フ を も ゲ へ ナ の 火 に 焼 き 霰 す こ と も さ な い 悪 魔 の よ う ア ン で あ る 福 岡 の 商 事 会 社 の 重 役 さ ん の 運 転 す る 車 で ゃ な が わ な し か し も 「 と も 純 粋 な 衝 動 で あ る 。 や さ し さ の は て 煢 、 匁 を 通 り 卯 ー 月 に 向 う 。 太 宰 府 の 都 府 櫢 、 の 留 醗 と 言 お う か 。 何 も な い と こ ろ に 生 き て い ら れ る 、 大 野 城 な ど 檀 一 雄 が 大 旅 ん 、 掛 、 乢 良 と い う こ と は お そ ろ し い こ と で あ り 、 か つ 人 間 の 理 想 な ど の 登 場 す る 物 語 の 舞 台 と し て あ こ が れ た 土 地 で あ の 極 致 で あ る か も 知 れ な い り 、 ま た 檀 さ ん の 推 薦 す る 久 留 米 近 く の の 群 穉 す る は な ー た み ひ ま 糸 島 半 島 の 先 の 唐 津 市 、 こ こ は 青 春 の 名 作 「 花 」 ラ ー メ ン 屋 の あ り さ ま な ど も 書 き た い が 、 今 は そ の 暇 力 な い の 中 で 、 「 そ の 町 は す の 町 で あ っ て も よ い が か ん だ ん じ よ う や ど お は な え も な く 青 い 海 が 町 の 戸 毎 に 間 断 の な い 波 の 音 を 運 柳 川 で は 檀 さ ん の 定 宿 「 御 花 」 に 泊 る 。 こ こ は 柳 日 ・ 、 ち 工 な ん で い た 。 細 い 砂 丘 が す る す る と そ の 湾 を か こ 「 て 、 十 二 万 石 の 藩 主 花 家 の 別 荘 で 、 旧 藩 主 の 子 孫 が 自 身 空 は そ こ か ら の の 上 に は 絶 え す 楜 が 咲 い て い た 。 で 経 営 し て い る 。 こ こ に 来 る と 檀 さ ん は 水 を 得 た 魚 の わ ん 、 エ く よ う に 生 き 生 き と し て く る 。 立 派 な 庭 に 面 し た 座 敷 で 、 び あ が り 、 そ の 湾 曲 の 底 か ら は 夜 毎 星 が ば ら ま か れ た 」 と あ る の 町 の 中 に 、 博 多 、 撈 巻 、 バ イ 貝 、 シ ャ コ 、 ム ツ ゴ ロ ウ 、 蓮 穢 、 ガ ネ 漬 な Ⅱ に 重 な り な が ら 唐 津 あ り あ け か い の イ メ ー ジ が 濃 く 影 を お と し て い る 。 か っ て 、 万 葉 集 ど 有 明 海 の 名 産 を 肴 に 、 白 秋 の 生 家 で あ る 北 原 酒 造 の や ま の う ・ あ お く ら ひ れ ふ る や ま と 6 く り か ら 酒 を つ ぐ 当 主 の 立 花 氏 を ま し え て の た の に 山 上 憶 良 に よ っ て 領 山 振 山 と 歌 わ れ た 悲 し い 恋 の 伝 し い 酒 宴 は 深 夜 に 及 ん だ 。 説 の あ る 乢 か ら 見 下 す と 、 虹 の 松 原 に つ ら な る 唐 津 お の ご く あ や

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


田 中 英 光 集