検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 10 武者小路実篤 集

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集から 10000件見つかりました。
1. 現代日本の文学 34 井上 靖 集

現代日本の文学 文学紀行Ⅱ足立巻一 評伝的解説Ⅱ進藤純孝 監修委員編集委員 伊藤整足立巻一 井上靖奥野健男 川端康成尾崎秀樹 三島由紀夫北杜夫 井上靖集 しろばんば 玉碗記 小磐梯 補陀落渡海記 詩集 ( 抄 ) 井上靖集 現代日本の文学 34 福島県・五色沼の一つ、青沼 ( 「小磐梯」 ) 伊豆湯ヶ島の部落 ( 「しろばんば」 ) 2 6 4 6 5 4 -1 0 0 2 I S B N 4 ー 0 5 ー 0 5 0 2 4 4-5 C 0 3 93

2. 現代日本の文学 34 井上 靖 集

現代日本の文学 34 井上 全 60 巻 靖集 昭和 45 年 1 月 1 日初版発行 昭和 57 年 10 月 1 日 26 版発行 著者 発行者 発行所 井上靖 古岡滉 齡学習研究社 東京都大田区上池台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振替東京 8 ー 142930 電話東京 ( 720 ) 1111 ( 大代表 ) 印刷大日本印刷株式会社 暁印刷株式会社 製本文勇堂製本工業株式会社 本文用紙三菱製紙株式会社 表紙クロス東洋クロス株式会社 製函永井紙器印刷株式会社 * この本に関するお問合せやミスなどがありましたら , 文書は , 東京都大田区上池台 4 丁目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学研お客さま相談センター現代日本の文学係へ , 電話は , 東京 ( 03 ) 7 加ー 1111 へお願いします。 OYasushi lnoue 1970 Printed in Japan ISBN4 ー 05 ー 050244 ー 5 C0393 本書内容の無断複写を禁す

3. 現代日本の文学 34 井上 靖 集

現代日本の文学 3 井上靖集 北尾奥足 = 川井伊 崎野立集端上藤修 五 + 杜秀健巻委紀康 聖夫樹男 夫成靖整 学習研究社

4. 現代日本の文学 34 井上 靖 集

一月、「姨捨」を「文藝春秋」に発表、一一月、「黙契」を「小説公園 , の甍」を 7 中央公論」に連載 ( 十月完結 ) 、『白い炎』を新潮社よ に、「風のある午後」を「文学界」に発表、『あした来る人』を朝日り、『山の湖』を角川書店より刊行。四月、『井上靖長編小説選集』 新聞社より刊行。三月、「湖の中の川」を「文芸」に、「失われた時 ( 全八巻 ) を三笠書房より刊行 ( 十一月完結 ) 。五月、『射程』を新 間」を「中央公論」に発表。四月、「湖岸」を「新潮」に、五月、「俘潮社より刊行。七月、『井上靖集』 ( 現代国民文学全集 ) を角川書店 囚」を「文藝春秋」に発表。七月、「川の話」を「世界」に発表。八より刊行。十月、「夏の終り」を「新潮」に、「四つの面」を「群像」 月、「淀殿日記」を「別冊文藝春秋」に連載 ( 三十五年三月七十一号に発表、「海峡」を「週刊読売」に連載 ( 三十三年五月完結 ) 、「揺 完結 ) 、『オリープ地帯』を講談社より刊行。九月、「満ちて来る潮」れる耳飾り」を「主婦と生活」に連載 ( 三十三年十一月完結 ) 、「氷 を「毎日新聞」に連載 ( 三十一年五月完結 ) 、「真田軍記」を「小説壁』を新潮社より刊行。同月、第二次中国訪問日本代表団として、 新潮」に連載 ( 十一月完結 ) 、初めての書き下し長篇「黒い蝶』を山本健吉、中野重治、本多秋五、十返肇氏らと約一か月中国各地を 新潮社より刊行。十月、「夏の雲」を「新潮」に発表、『騎手』を筑回り、十一月帰国。十二月、「天平の甍』を中央公論社より刊行。 摩書房より刊行。十二月、『風林火山』を新潮社より、『夢みる沼』同月七日、東京都世田谷区世田谷四丁目四一〇番地へ転居。 を講談社より刊行。この年芥川賞選考委員を委嘱される。 五十一歳 昭和三十三年 ( 一九五八 ) 昭和三十一年 ( 一九五六 ) 四十九歳一月、「朱い門」を「文学界」 ( 十一一月完結 ) に、「波濤」を「日本」 一月、「射程」を「新潮」に連載 ( 十一一月完結 ) 、二月、『その日そに連載 ( 三十四年三月完結 ) 。一一月、「天平の甍」によって芸術選奨 んな時刻』を東方社より刊行。四月、「蘆」を「群像」に発表、『魔文部大臣賞を受賞。三月、「満月」を「中央公論」に発表、詩集『北 の季節』を毎日新聞社より刊行。六月、『満ちて来る潮』『姥捨』を国』を創元社より刊行。四月、「ある落日」を「読売新聞」に連載 新潮社より刊行。八月、「夏の草」を「中央公論」に発表。九月、 ( 三十四年一一月完結 ) 。五月、「花のある岩場」を「新潮」に、「幽鬼」 「白い炎」を「週刊新潮」に連載 ( 三十一一年一一月完結 ) 、『七人の紳を「世界」に発表。七月、「楼蘭」を「文藝春秋」に発表。九具 士』を三笠書房より刊行。十月、「狐猿」を「文藝春秋」に発表。「作家のノート」を「新潮」に連載 ( 三十四年九月完結 ) 、「満月』 十一月、「氷壁」を「朝日新聞」に連載 ( 三十一一年八月完結 ) 。同月、を筑摩書房より、『海峡』を角川書店より刊行。十一一月、『揺れる耳 『ある愛情』を三笠書房より、十二月、『狐猿』を河出書房より、『永飾り』を講談社より刊行。 五十二歳 井龍男・織田作之助・井上友一郎・井上靖集』 ( 現代日本文学全集 ) 昭和三十四年 ( 一九五九 ) を筑摩書房より刊行。 一月、「河口」を「婦人公論」に連載 ( 三十五年五月完結 ) 、「敦煌」を 昭和三十ニ年 ( 一九五七 ) 五十歳「群像」に連載 ( 五月完結 ) 、『井上靖集』 ( 新選現代日本文学全集 ) この年、「氷壁」取材のため、しばしば穂高周辺におもむく。一月、を筑摩書房より刊行。一一月、「氷壁」その他により芸術院賞を受賞。 「ある関係」を「文学界」に発表。『井上靖集』 ( 現代文学 ) を芸文四月、「群舞」を「サンデー毎日」に連載 ( 十一月完結 ) 。五月、『楼 書院より刊行。一一月、『真田軍記』を新潮社より刊行。三月、「天平蘭』を講談社より、『ある落日』を角川書店より、『井上靖集』 ( 日

5. 現代日本の文学 Ⅱ― 7 嘉村 礒多 梶井 基次郎 中島 敦 集

文学紀行。足立巻一 評伝的解説 , 紅野敏郎 監修委員編集委員 ′↑ー月 丿奏整足立巻一 井上靖奥野健男 川端成尾崎秀封 三島由紀大北杜大 嘉村礒多集 業苦 崖の下 父となる日 他六編 梶井基次郎集 城のある町にて 他十四編 光と風と夢 かめれおん日記 山月記 李陵 現代日本の文学 嘉本寸礒多 梶井基集 中島敦 現代日本の文学 ミをン = = 一及 3 ? ー I ト 7 中梶嘉 島井村 次礒 山 0 仁蜘上郷 0 嘉村礒多 0 生家 ( 「爛 0 下」 )

6. 現代日本の文学 34 井上 靖 集

本文学全集 ) を新潮社より刊行。同月十日、父隼雄死去。七月、二月、『井上靖集』 ( 新日本文学全集 ) を集英社より刊行。四具随 「洪水」を「声」に発表。八月、『波濤』を講談社より刊行。十月、筆「わが青春放浪」を「読売新聞」に連載 ( 五回完結 ) 、『洪水』を 「蒼き狼」を「文藝春秋」 ( 三十五年七月完結 ) に、「渦」を「朝日新潮社より刊行。七月、「城砦」を「毎日新聞」に連載 ( 三十八年 新聞」に連載 ( 三十五年八月完結 ) 。十一月、随筆「文学自伝」を六月完結 ) 。十月、『しろばんば』を中央公論社より、『井上靖』 ( 昭 「群像」に発表、『朱い門』を文藝春秋新社より、『敦煌』を講談社和文学全集 ) を角川書店より刊行。十一一月、詩集『地中海』を新潮 より刊行。十二月、「傾ける海」を「週刊文春」に連載 ( 三十五年社より刊行。 七月完結 ) 。 昭和三十八年 ( 一九六 = l) 五十六歳 昭和三十五年 ( 一九六〇 ) 五十三歳一月、「古い文字」を「文学界」に発表、「憂愁平野』を新潮社より 一月、「しろばんば」を「主婦の友」に連載 ( 三十七年十一一月完結 ) 。刊行。一一月、「楊貴妃伝」を「婦人公論」に連載 ( 四十年五月完結 ) 。 同月、「敦煌」「楼蘭」により毎日芸術大賞を受賞。五月、自伝「私三月、沼津千本浜で「井上靖文学碑」の除幕式がおこなわれる。四 の自己形成史」を「日本」に連載 ( 十一月完結 ) 。七月十九日、毎月、書き下し小説「風濤」取材のため韓国に旅行。五月、「盛装」 日新調社よりオリン・ヒックに特派されてローマにおもむき、オリンを「読売新聞」に連載 ( 三十九年五月完結 ) 、『西域』 ( 岩村忍と共 ビッグ終了後欧米各地を回って十一月末帰国。八月、『河口』を中著 ) を筑摩書房より刊行。六月、「宦官中行説」を「文芸」に発表、 央公論社より、十月、『蒼き狼』を文藝春秋新社より刊行。十一月、フランス語訳『猟銃』をストック社より、中国語訳『天平の甍』を 作家生活十年を一応の区切りとして、全集の形で『井上靖文庫』 ( 全中国作家出版社より刊行。八月、「風濤」 ( 一部 ) を「群像」に発表。 一一十六巻 ) を新潮社より刊行 ( 三十八年六月完結 ) 。 九月一一十七日、鑒真和上円寂一千二百年記念訪中日本文化会代表団 昭和三十六年 ( 一九六一 ) 五十四歳の一員として中国を訪れ、十月三十日帰国。十月、「風濤」 ( 一一部 ) 一月、「崖」を「東京新聞」に連載 ( 三十七年七月完結 ) 。五月、英を「群像」に発表、『風濤』を講談社より、「井上靖集』 ( 現代文学 語訳「猟銃』をタトル社より、六月、『群舞』を毎日新聞社より刊大系 ) を筑摩書房より刊行。十一月、『続しろばんば」を中央公論 行。六月一一十八日、中国対外文化協会の招きにより、亀井勝一郎、社より刊 ( 气同月、芸術院会員に推される。 平野謙、有吉佐和子氏らとともに中国を訪れ、七月十五日帰国。 昭和三十九年 ( 一九六四 ) 五十七歳 譜八月、『井上靖・田宮虎彦集』 ( 現代日本文学全集 ) を講談社より刊一月、「風濤」により読売文学賞受賞。五月、『城砦』を毎日新聞社 行。十月、「補陀落渡海記」を「群像」に発表、「憂愁平野」を「週より刊行。同月二十五日、小説の取材のため渡米、七月一一十五日帰 年 刊朝日」に連載 ( 三十七年十一月完結 ) 。『淀どの日記』を文藝春秋国。六月、「花の下にて」を「群像」に発表。九月、「夏草冬濤」を 新社より刊行。十一月、「小磐梯」を「新潮」に発表。十二具「淀「産経新聞」に連載 ( 四十年六月完結 ) 。十具「後白河院」を「展 -0 どの日記」により第十四回野間文芸賞を受賞。 望」に連載 ( 四十一年十一月完結 ) 。十一具「井上靖』 ( 「日本の文 昭和三十七年 ( 一九六一 l) 五十五歳学」 ) を中央公論社より刊行。十二月、『凍れる樹』を講談社より、

7. 現代日本の文学 21 井伏 鱒二 集

2 64 6 2 1 -1 0 0 2 I S B N 4-0 5 ー 0 5 02 31 -5 C 03 9 5 現代日本の文学 文学紀行Ⅱ深沢七郎 評伝的解説Ⅱ小沼丹 編集委員 監修委員 伊藤整足立巻一 井上靖奥野男 川端康成尾崎秀樹 杜夫 三島由紀夫 井伏鱒二集 山椒魚 朽助のいる谷間 屋根の上のサワン 集金旅行 多甚古村 御神火 遙拝隊長 駅前旅館 武州鉢形城 コタッ花 因ノ島 ささやま街道 2 ー 井伏鱒二集 現代日本の文学 - ョミ - 電 0 ト 二一へ 県 国

8. 現代日本の文学 34 井上 靖 集

「異国の旅』を毎日新聞社より、独訳『猟銃』をズールカソプ社よろしや国酔夢譚」取材のため、妻ふみ、次女隹子をともなってソ連 各地を回る。九月、『夜の声』を新潮社より刊行。十月、『おろしゃ り刊 ( 伃。 昭和四十年 ( 一九六五 ) 五十八歳国酔夢譚』を文藝春秋より刊行。「西域物語」を「朝日新聞」日曜 一月、『羅刹女国』を文藝春秋新社より、「井上靖西域小説集』を講版に連載 ( 四十四年三月完結 ) 。十一一月、「北の海」を「東京新聞」 談社より刊行。五月初めより約一か月、永田一脩らとソ連領中央アに連載 ( 四十四年十一月完結 ) 。 六十一一歳 ジアのシルクロードの跡を踏査。七月、『井上靖自選集』を集英社昭和四十四年 ( 一九六九 ) より刊行。八月、『楊貴妃伝』を中央公論社より刊行。九月、『燭一月、「四角な石」を「新潮」に発表。四月、「おろしや国酔夢譚」 台』を講談社より刊行。十一月、「化石」を「朝日新聞」に連載 ( 四により、新潮社の日本文学大賞を受賞。同月、「アム・ダリヤの水 十一年十二月完結 ) 。 溜り」を「季刊芸術」九号に発表。七月、「聖者」を「海」に発表。 昭和四十一年 ( 一九六六 ) 五十九歳八月、「月の光」を「群像」に発表。十月、『月の光』を講談社より 一月、「テべのある街にて」を「文学界」に発表。「わだつみ」を「世刊行。十一月、『西域物語』を朝日新聞社より刊行。十二月、「額田 界」に連載 ( 四十三年一月完結 ) 、「おろしや国酔夢譚」を「文藝春女王』を毎日新聞社より刊行。 ( この年譖は、福田宏年編のものを基にし 秋」に連載 ( 四十三年五月完結 ) 。同月、『井上靖』 ( 「われらの文 学」 ) を講談社より刊行。五月、『井上靖』 ( 「現代文学館」 ) を文藝 春秋、六月、『夏草冬壽』を新潮社、八月、『井上靖集』 ( 「豪華版日 本文学全集」 ) を河出書房よりそれぞれ刊行。十一月、『傾ける海』 を文塾春秋より刊行。 六十歳 昭和四十ニ年 ( 一九六七 ) 一一月、「胡姫」を「小説新潮」に発表。六月、毎日新聞 ( 夕刊 ) の 「現代日本の小説」の第二作として「夜の声」を連載 ( 十一月完結 ) 。 「化石』を講談社より、詩集『運河』を筑摩書房より刊行。六月一一 十八日、ハワイ大学夏季セミナーの日本文学の講師に招かれて出 発、九月一日帰国。七月、「魔法壜」を「別冊文囈春秋」百号に発 表、「崑崙の玉」を「オ 1 ル読物」に発表。 昭和四十三年 ( 一九六八 ) 六十一歳 一月、「額田女王」を「サンデー毎日」に連載 ( 四十四年三月完結 ) 。 「風景」に一年間、詩を連載。五月九日より六月一一十一日まで、「お て編集部で作製し、同氏の校閲を得た )

9. 現代日本の文学 Ⅱ― 2 永井 荷風 集

文学紀行Ⅱ安岡章太郎 評伝的解説日野口武彦 監修委員編集委員 伊藤整足立巻一 井上靖奥野健男 川端康成尾崎秀樹 0 一 三島由紀夫 小らんす物語 ( 抄 ) 歓楽 すみだ川 日和下駄 雨瀟瀟 花火 東綺譚 勲章 踊子 葛飾土産 罹災日録 現イに日本の文学 永井荷風集 永井荷風集 現代日本の文学 あさくさせんそうじ 夜の浅草・浅草寺 ( 「踊子」 ) 元旦の浅草 ( 「歓楽」 )

10. 現代日本の文学 Ⅱ― 2 永井 荷風 集

現代日本の文学 1-2 永井荷風集 北尾奥足 川井伊 崎野立集端上藤修 ↓杜秀健巻委紀康 夫樹男 夫成靖整 学習研究社