検索 - みる会図書館

全データから 212222件ヒットしました。

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


武 田 泰 淳 集

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


昭 和 一 一 十 五 年 頃 日 比 谷 公 園 に て 高 見 順 と 泰 淳 ( 右 ) 、 イ く 第 。 ↓ : ツ 武 田 泰 潭 小 説 集 左 昭 和 一 一 十 六 年 近 代 文 学 、 。 ( を 一 一 中 国 文 学 研 究 会 同 人 湯 河 原 合 同 旅 行 前 列 右 よ り 小 野 忍 竹 内 好 泰 淳 佐 々 木 基 一 後 ′ 列 右 よ り 千 田 九 一 埴 谷 雄 高 を 斉 藤 秋 男 右 昭 和 一 一 十 六 年 「 風 媒 花 」 の 頃 杉 並 区 天 沼 の 自 宅 付 近 に て 左 昭 和 二 十 七 年 講 談 社 刊 行 の 「 風 媒 花 」 風 媒 花 武 田 泰 淳 第 女 ー 、 を 健 一 も 、 み ん 十 分 に 皮 物 な を て ) 複 , な す 、 , ~ ャ な 物 ・ 物 と い ふ て は 、 ー さ し ( 「 水 第 」 の 代 版 て あ 4 ろ 【 し 、 狂 ・ 的 な 笑 ひ の 第 ・ 」 に 県 ・ す み も の 第 当 じ ら れ 。 は に し 代 日 を の し ん 、 つ 、 は ー る 気 第 と 、 て 、 : の 準 は 後 文 増 の 最 高 れ 種 の っ て あ : 10 第 ) 風 媒 花 武 田 秦 淳

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


武 田 泰 淳 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 00 松 原 新 一 四 を 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 山 本 成 夫 森 一 義 尾 崎 秀 樹 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 藤 本 和 延 紅 野 敏 郎 山 崎 一 穎 古 林 尚 当 四

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


武 田 泰 淳 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 00 松 原 新 一 四 を 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 山 本 成 夫 森 一 義 尾 崎 秀 樹 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 藤 本 和 延 紅 野 敏 郎 山 崎 一 穎 古 林 尚 当 四

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


昭 和 37 年 赤 坂 の 自 宅 に て 中 国 文 学 研 究 会 友 人 と 左 よ り 竹 内 好 千 田 九 一 松 枝 茂 夫 飯 塚 郎 小 野 忍 泰 淳 甲 府 郊 外 桃 畑 に て 井 伏 鱒 一 昭 和 38 年 ー と 来 訪 の 埴 谷 雄 高 夫 人 と 時 に は 戯 れ に ゴ ー ゴ ー も 踊 る 上 昭 和 40 年 戦 前 勤 め た 日 本 出 版 協 会 の 同 僚 と 左 よ り 泰 淳 1 人 お い て 柴 田 錬 三 郎 右 昭 和 38 年 貝 塚 茂 樹 と 対 談 同 氏 と の 対 談 は 多 い ( 於 京 都 ひ さ ご )

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


現 代 日 本 の 文 学 武 田 泰 淳 集 全 60 巻 昭 和 45 年 11 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 10 月 1 日 27 版 発 行 著 者 武 田 泰 淳 発 行 者 古 岡 滉 発 行 所 鑾 査 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 暁 印 刷 株 式 会 社 製 本 文 勇 堂 製 本 工 業 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 720 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 OYuriko Takeda 1970 Printed in Japan ISBN4 ー 05 ー 050247 ー X C0393 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


目 次 武 田 泰 淳 文 学 紀 行 武 田 文 学 の 世 界 と そ の 旅 才 子 佳 人 : ・ 判 ・ 審 蝮 の す え : 「 愛 」 の か た ち 異 形 の 者 ・ ひ か り ご け 貴 族 の 階 段 尾 崎 秀 樹 一 七 : 実

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


目 次 武 田 泰 淳 文 学 紀 行 武 田 文 学 の 世 界 と そ の 旅 才 子 佳 人 : ・ 判 ・ 審 蝮 の す え : 「 愛 」 の か た ち 異 形 の 者 ・ ひ か り ご け 貴 族 の 階 段 尾 崎 秀 樹 一 七 : 実

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


武 田 泰 淳 文 学 ア ル バ ち じ よ く 恥 辱 の 意 識 年 譜 に よ れ ば 、 武 田 泰 淳 は 、 明 治 四 十 五 年 二 月 十 二 日 に 「 東 京 本 郷 、 ( 現 文 京 区 ) 東 片 町 た い し ん ち ょ う せ ん の 潮 泉 寺 に 生 れ た 。 住 職 だ っ た 父 の 大 島 泰 信 、 ほ う じ ゅ ん 母 つ る の 次 男 。 父 の 師 僧 武 田 芳 淳 の 遺 言 に よ し る っ て 武 田 姓 を 継 ぎ 、 幼 名 覚 ( さ と る ) 」 と 記 さ て れ て あ る 。 ま た 、 昭 和 四 年 、 十 七 歳 の と き の ち ょ う 項 に は 、 「 父 が 目 黒 区 中 目 黒 一 の 七 三 四 の 長 せ ん 田 泉 院 住 職 に 転 じ 、 移 転 」 と 記 さ れ て い る 。 と 武 の 、 世 間 普 通 の 道 筋 と し て い え ば 、 武 田 泰 淳 は 、 も と も と 僧 職 を 継 ぐ べ き 立 場 に 山 士 あ っ た 、 と い 、 つ こ と に な る で あ ろ 、 つ 。 げ ん に 、 富 武 田 泰 淳 は 、 「 お 寺 の 住 職 に は 、 親 類 が 多 い 父 も 伯 父 も 従 兄 弟 も マ タ イ ト コ も 、 父 の お 弟 年 子 さ ん た ち も お 坊 さ ん で あ る し 、 妹 も 、 歴 史 昭 学 者 兼 僧 侶 の 妻 と な っ た 。 母 は も ち ろ ん 坊 さ 評 伝 的 解 説 松 原 新 一 433

現代日本の文学 18 石川 淳 集


石 川 淳 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 00 注 解 澁 澤 龍 彦 四 六 五 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 森 一 義 作 品 校 正 会 田 紀 雄 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 藤 本 和 延 紅 野 敏 郎 風 間 益 人 井 澤 義 雄 四 五 七 四 哭 四 会