検索 - みる会図書館

全データから 212507件ヒットしました。

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


現 代 日 本 の 文 学 梅 崎 春 生 椎 名 麟 二 ー 集 北 尾 奥 足 三 川 井 伊 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 夫 成 靖 整 聖 夫 樹 男 学 習 研 究 社

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


椎 名 麟 三 集

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


現 代 日 本 の 文 学 38 梅 崎 春 生 全 60 巻 著 者 発 行 者 発 行 所 集 梅 崎 春 生 椎 名 麟 二 古 岡 滉 昭 和 57 年 10 月 1 日 26 版 発 行 昭 和 46 年 2 月 1 日 初 版 発 行 椎 名 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 720 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 ◎ Etsu Umezaki, Sumiko Otsubo 1971 Printed ⅲ Japan ISBN4-05 ー 050248 ー 8 C0393 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


梅 崎 春 生 集

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


梅 崎 舂 生 文 学 碑 建 立 の た め 鹿 児 島 ・ 坊 の 津 を 訪 れ る 。 左 よ り 中 崎 坊 の 津 教 育 長 、 檀 一 雄 、 麟 三 、 長 井 坊 の 津 町 長 、 前 田 純 敬 、 埴 谷 雄 高 ( 昭 和 41 年 ) を 一 ) ッ 上 梅 崎 春 生 文 学 碑 除 幕 式 の 日 に 。 梅 崎 恵 津 夫 人 と ( 昭 和 41 年 ) 、 物 物 を 如 の 第 物 を 第 を : オ え を 暑 ッ ス を 物 を 悪 震 椎 名 驅 昭 和 年 ・ 冬 樹 社 刊 右 昭 和 年 ・ 新 潮 社 刊 左 書 下 ろ し 長 編 「 懲 役 人 の 告 発 」 の 取 材 を す る 麟 一 一 一 。 墨 田 区 押 上 の 工 場 に て ( 昭 和 年 ) 純 文 学 書 下 ( 撮 影 票 原 達 夫 氏 )

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


梅 崎 春 生 集 目 次 梅 崎 春 生 文 学 紀 行 梅 崎 文 学 の 原 点 を 求 め て 島 : ポ ロ 家 の 春 秋 : 狂 凧 : 注 解 梅 崎 春 生 文 学 ア ル 。 ハ ム 評 伝 的 解 説 中 村 真 一 郎 一 七 三 浦 朱 門 四 一 七 紅 野 敏 郎 四 0 一 一 四 0 九 巴 七

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


梅 崎 春 生 集 目 次 梅 崎 春 生 文 学 紀 行 梅 崎 文 学 の 原 点 を 求 め て 島 : ポ ロ 家 の 春 秋 : 狂 凧 : 注 解 梅 崎 春 生 文 学 ア ル 。 ハ ム 評 伝 的 解 説 中 村 真 一 郎 一 七 三 浦 朱 門 四 一 七 紅 野 敏 郎 四 0 一 一 四 0 九 巴 七

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


椎 名 三 集 目 次 椎 名 三 文 学 紀 行 優 し さ に 満 ち た 旅 深 夜 の 酒 宴 : 美 し い 女 : 注 解 椎 名 麟 三 文 学 ア ル バ ム 評 伝 的 解 説 佐 古 純 一 郎 四 三 三 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 増 山 紀 夫 作 品 校 正 山 形 庫 之 助 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 勝 呂 睦 男 中 村 真 一 郎 三 三 紅 野 敏 郎 四 0 六 豐 三

現代日本の文学 39 野間 宏 集


野 間 宏 文 学 ア ル バ ム 小 久 保 実 一 戦 後 文 学 の 原 点 戦 後 も 二 十 五 年 た っ た 現 在 、 あ ら た め て 、 戦 後 文 学 を 全 体 的 に 見 直 そ う と い う 機 運 が 、 強 く 出 て き た よ う で あ る 。 戦 後 派 の 作 家 た ち な か む ら し ん . い ち ろ う の 個 人 全 集 、 『 野 間 宏 全 集 』 『 中 村 真 一 郎 長 篇 全 集 』 『 椎 名 麟 三 全 集 』 が 相 継 い で 出 て い る し 、 稲 『 作 品 集 』 「 田 泰 漸 全 集 』 な ど の 刊 す て 行 も 予 告 さ れ て い る 。 既 に 故 人 に な っ て 全 集 も 出 て い る 梅 崎 蛬 生 を こ こ に 加 え れ ば 、 い わ ゆ る 第 一 次 戦 後 派 の 文 学 の 実 質 が 、 と も か く も 結 集 さ れ る こ と に な る 戦 後 派 の 作 家 の 個 人 全 集 が 勢 揃 い す る と い う こ と は 、 戦 後 文 学 の 清 算 期 で あ る か の よ う な 印 象 を 与 え る か も し れ な い し か し 、 戦 後 宅 文 学 の 全 体 的 認 識 へ の 要 求 の な か に は 、 現 在 の 文 学 的 停 滞 か ら の 脱 出 を は か ろ う と す る 切 評 伝 的 解 説 433

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


田 透 と の 対 談 「 武 田 文 学 と 仏 教 」 ( 同 巻 付 録 ) 。 六 月 、 「 雨 、 ヒ シ の 刊 ↓ 六 月 ) 。 一 一 月 、 「 司 馬 遷 『 史 記 』 」 ( 、 「 わ た し の 古 典 』 ) 。 三 実 、 帽 子 」 ( 朝 日 新 聞 ) 。 「 湘 江 、 ゆ っ た り 流 れ 」 ( 同 紙 ) 。 評 論 集 『 揚 月 、 『 秋 風 秋 雨 人 を 愁 殺 す 』 で 第 十 九 回 芸 術 選 奨 文 部 大 臣 賞 を う け 子 江 の ほ と り ー 中 国 と そ の 人 間 学 ー 』 芳 賀 書 店 ) 。 七 月 、 竹 内 好 と た が 、 固 辞 す る 。 四 月 、 野 間 宏 と の 対 談 「 文 学 者 は 今 日 を ど う 生 き の 対 談 「 私 の 中 国 文 化 大 革 命 観 」 ( 文 芸 ) 。 八 月 、 「 日 本 的 な る も の 」 る か 」 ( 群 像 ) 。 「 テ レ ビ 討 論 の す す め 」 ( 放 送 文 化 ) 。 五 月 、 「 人 民 間 ( 文 学 界 ) 。 わ れ ら の 文 学 2 『 武 田 泰 淳 』 〈 篠 田 一 士 解 説 〉 ( 講 談 社 ) 。 の 文 化 交 流 」 ( 日 中 文 化 交 流 ) 。 和 田 勉 と の 対 談 「 文 学 と 映 像 と の 離 長 編 『 森 と 湖 の ま つ り 』 へ 福 田 宏 年 解 説 〉 ( 角 川 文 庫 ) 。 九 月 、 「 ・ ( レ 反 ー ( 風 景 ) 。 六 月 、 竹 内 好 と 共 に 、 百 合 子 夫 人 を 同 伴 し て ソ ビ エ ト 工 「 白 毛 女 』 」 ( 日 中 文 化 交 流 ) 。 「 私 と 資 本 論 」 ( 東 京 新 聞 ) 。 開 高 健 を 旅 行 す る 。 「 富 士 と 日 本 人 」 ( 海 ・ 発 刊 記 念 号 ) 。 「 作 家 に と っ て 反 と の 対 談 「 誰 を 方 舟 に 残 す か 」 ( 文 芸 ) 。 十 一 月 、 「 彫 刻 家 父 子 」 ( 中 逆 精 神 と は 何 か 」 ( 三 田 文 学 ) 。 七 月 、 椎 名 麟 三 と の 対 談 「 転 形 期 の 央 公 論 社 『 日 本 の 詩 歌 川 』 付 録 ) 。 日 井 吉 見 と の 対 談 「 太 宰 治 と 現 文 学 と 文 学 者 」 ( 展 望 ) 。 八 月 、 「 シ ル ク 戸 1 ド 五 十 三 次 」 ( 朝 日 新 代 文 学 」 ( 筑 摩 書 房 『 太 宰 治 全 集 8 』 月 報 ) 。 十 二 月 、 「 異 族 の 美 姫 聞 ) 。 九 月 、 長 編 『 新 東 海 道 五 十 三 次 』 ( 中 央 公 論 社 ) 。 十 月 、 「 東 海 た ち 」 ( 別 冊 文 藝 春 秋 ) 。 「 寺 の 子 と し て 」 ( 読 売 新 聞 ) 。 道 五 十 三 次 ク ル マ 哲 学 」 ( 文 藝 春 秋 ) 。 「 富 士 」 ( 海 ↓ 四 十 五 年 十 一 月 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) 五 十 六 歳 現 在 連 載 中 ) 。 十 一 月 、 「 最 澄 」 ( 読 売 新 聞 ) 。 十 二 月 、 「 現 代 は 罰 せ 一 月 、 「 比 叡 山 紀 行 」 ( 中 央 公 論 ) 。 「 中 国 文 学 事 始 」 ( ザ ・ ハ イ ス ク ら れ て い る 」 ( 潮 ) 。 花 田 清 輝 と の 対 談 「 ユ ー ト ピ ア へ の 旅 」 ( 伝 統 ー ル ・ ラ イ フ ) 。 椎 名 麟 三 と の 対 談 「 救 い と 文 学 」 ( 月 刊 キ リ ス ト ) 。 と 現 代 ) 。 カ ラ ー 版 日 本 文 学 全 集 『 椎 名 第 三 ・ 梅 崎 春 生 ・ 武 田 泰 三 月 、 「 大 拙 先 生 の 問 答 」 ( 図 書 ) 。 「 石 狩 平 野 」 ( 太 陽 ) 。 「 お ね が い 」 淳 』 へ 小 田 切 秀 雄 解 説 〉 ( 河 出 書 房 ) 。 五 十 八 歳 ( 大 法 輪 ) 。 「 許 広 平 女 士 を し の ぶ 」 ( 朝 日 新 聞 ) 。 長 編 『 秋 風 秋 雨 人 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 〇 ) を 愁 殺 す 』 ( 筑 摩 書 房 ) 。 六 月 、 日 本 文 学 全 集 「 武 田 泰 淳 集 』 〈 埴 一 月 、 「 胡 姫 と 平 和 共 存 」 ( 図 書 ) 。 古 林 尚 と の 対 談 「 禁 欲 が 生 ん だ 谷 雄 高 解 説 〉 ( 集 英 社 ) 。 七 月 、 「 ハ シ カ の 記 念 日 」 ( 文 学 界 ) 。 「 禁 欲 滅 亡 の 文 学 」 ( 図 書 新 聞 ) 。 三 月 、 対 談 集 「 混 々 沌 々 」 ( 勁 草 書 房 ) 。 の 青 春 」 ( 小 説 現 代 ) 。 八 月 、 「 わ が 子 キ リ ス ト 」 ( 群 像 ) 。 「 揚 州 の 老 四 月 、 「 毎 日 新 聞 」 の コ ラ ム へ 視 占 に 執 筆 。 六 月 、 「 思 想 の 言 葉 」 虎 」 ( 文 芸 ) 。 河 上 徹 太 郎 と の 対 談 「 革 命 ・ 神 ・ 文 学 」 ( 文 学 界 ) 。 九 ( 思 想 ) 。 八 月 、 評 論 集 『 黄 河 海 に 入 り て 流 る 』 ( 勁 草 書 房 ) 。 月 、 「 埴 谷 雄 高 対 話 集 『 架 空 と 現 実 』 」 ( 群 像 ) 。 十 月 、 「 泰 淳 日 本 行 脚 」 ( 中 央 公 論 ↓ 十 一 一 月 ) 。 「 堀 田 善 衛 著 『 若 き 日 の 詩 人 た ち の 肖 像 ヒ 付 記 昭 和 五 十 一 年 九 月 末 、 体 調 と み に 不 良 と な り 、 東 京 港 区 の ( 波 ) 。 十 一 月 、 鶴 見 俊 輔 と の 対 談 「 国 家 と 政 治 死 」 ( 現 代 の 眼 ) 。 十 慈 恵 医 大 付 属 病 院 に 入 院 。 十 月 五 日 午 前 一 時 三 十 分 、 胃 ガ ノ の た め 死 去 。 享 年 六 十 四 歳 。 葬 儀 お よ び 告 別 式 は 十 日 青 山 斎 場 で お こ 一 一 月 、 江 藤 淳 と の 対 談 「 政 治 と 宗 教 」 ( 文 芸 ) 。 短 編 集 「 わ が 子 キ リ な わ れ た 。 な お 、 死 の 直 前 ( 六 月 ) に 刊 行 さ れ た 短 編 集 『 目 ま い ス ト 』 ( 講 談 社 ) 。 五 十 七 歳 の す る 散 歩 』 ( 中 央 公 論 社 ) に よ り 、 同 年 十 一 一 月 野 間 文 芸 賞 を 受 昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) 一 月 、 「 国 防 相 婦 人 」 ( 新 潮 ) 。 「 新 ・ 東 海 道 五 十 三 次 」 ( 毎 日 新 聞 タ 賞 し た 。