検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 39 野間 宏 集

現代日本の文学 39 野間 宏 集から 457件ヒットしました。

現代日本の文学 39 野間 宏 集


野 間 宏 集

現代日本の文学 39 野間 宏 集


現 代 日 本 の 文 学 3 野 間 宏 集 〈 監 修 委 員 〉 伊 藤 整 井 上 靖 川 端 康 成 ネ 三 島 由 紀 夫 究 〈 編 集 委 員 〉 習 足 立 巻 一 奥 野 健 男 尾 崎 秀 樹 杜 夫 ( 五 十 音 順 )

現代日本の文学 39 野間 宏 集


現 代 日 本 の 文 学 39 野 間 全 60 巻 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 7 加 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 宏 集 昭 和 46 年 1 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 10 月 1 日 26 版 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 野 間 宏 古 岡 滉 鑾 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , OHiroshi Noma 1971 Printed ⅲ Japan ISBN4 ー 05 ー 050249 ー 6 C0393 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す

現代日本の文学 39 野間 宏 集


目 次 野 間 宏 文 学 紀 行 「 真 空 地 帯 」 の 背 景 顔 の 中 の 赤 い 月 真 空 地 帯 : 注 解 野 間 宏 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 紅 野 敏 郎 四 一 = 高 橋 和 巳 一 七 小 久 保 実 四 三 三 四 三 三 四 一 一 七 一 0 七

現代日本の文学 39 野間 宏 集


目 次 野 間 宏 文 学 紀 行 「 真 空 地 帯 」 の 背 景 顔 の 中 の 赤 い 月 真 空 地 帯 : 注 解 野 間 宏 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 紅 野 敏 郎 四 一 = 高 橋 和 巳 一 七 小 久 保 実 四 三 三 四 三 三 四 一 一 七 一 0 七

現代日本の文学 39 野間 宏 集


野 間 宏 文 学 ア ル バ ム 小 久 保 実 一 戦 後 文 学 の 原 点 戦 後 も 二 十 五 年 た っ た 現 在 、 あ ら た め て 、 戦 後 文 学 を 全 体 的 に 見 直 そ う と い う 機 運 が 、 強 く 出 て き た よ う で あ る 。 戦 後 派 の 作 家 た ち な か む ら し ん . い ち ろ う の 個 人 全 集 、 『 野 間 宏 全 集 』 『 中 村 真 一 郎 長 篇 全 集 』 『 椎 名 麟 三 全 集 』 が 相 継 い で 出 て い る し 、 稲 『 作 品 集 』 「 田 泰 漸 全 集 』 な ど の 刊 す て 行 も 予 告 さ れ て い る 。 既 に 故 人 に な っ て 全 集 も 出 て い る 梅 崎 蛬 生 を こ こ に 加 え れ ば 、 い わ ゆ る 第 一 次 戦 後 派 の 文 学 の 実 質 が 、 と も か く も 結 集 さ れ る こ と に な る 戦 後 派 の 作 家 の 個 人 全 集 が 勢 揃 い す る と い う こ と は 、 戦 後 文 学 の 清 算 期 で あ る か の よ う な 印 象 を 与 え る か も し れ な い し か し 、 戦 後 宅 文 学 の 全 体 的 認 識 へ の 要 求 の な か に は 、 現 在 の 文 学 的 停 滞 か ら の 脱 出 を は か ろ う と す る 切 評 伝 的 解 説 433

現代日本の文学 39 野間 宏 集


4 第 新 財 大 正 4 年 、 生 後 139 日 目 大 正 7 年 、 家 族 と 食 事 を と も に す る 右 か ら 父 卯 一 、 野 間 宏 、 兄 稔 生 、 一 人 お い て 母 ま っ ゑ 実 な 願 望 も 、 あ る か も し れ な い の で あ る 文 学 運 動 と し て の 戦 後 文 学 は 、 昭 和 二 十 年 代 の 終 り 4 と と も に 、 ピ リ オ ド を 、 つ っ た 。 が 、 戦 後 文 学 の 役 割 は 、 決 し て 終 止 符 を う っ て は い な い 。 昭 和 三 十 年 代 以 降 、 戦 後 文 学 に か わ っ て 、 新 し い 世 代 の 文 学 が そ の と き ど 文 学 が き の 文 学 界 に 話 題 を 提 供 し て き た が 、 そ う い う 戦 後 文 学 を 「 超 え た 」 と は 思 え な い 。 野 間 氏 に し て も 中 村 氏 に し て も 、 戦 後 文 学 運 動 時 代 よ り も 更 に ラ デ ィ カ ル な 創 造 活 動 を 、 い ま な お 続 け て い る 。 目 ま ぐ る し い 文 学 的 関 心 の 変 遷 の な か で 、 と っ く に 色 あ せ て い た は す の 戦 後 文 学 が 、 気 が つ い て み る と い つ も 、 最 も 現 代 的 な 文 学 の 問 題 を 突 き 刺 し て い た 、 と い え そ う で あ る 。 そ の と き 、 過 去 形 で 処 理 さ れ が ち な 戦 後 文 学 と は 何 か 、 と い う 疑 問 が 当 然 生 起 す る で あ ろ う 。 一 体 、 戦 後 文 学 と は 何 か ? 個 人 全 集 形 式 に は ど う し て も 過 去 完 了 な い し は 現 在 完 了 的 な 感 じ が っ き ま と う も の だ が 、 野 間 氏 は 、 全 集 と い う 完 結 的 形 式 に 最 も 不 適 応 な 作 家 の 一 人 で あ る 。 処 女 作 『 暗 い 絵 』 か ら は じ ま っ て 、 『 真 空 地 帯 』 『 さ い こ ろ の 空 』 『 わ が 塔 は そ こ に 立 っ 』 『 青 年 の 環 』 と 書 き つ づ け ら れ た 小 説 、 そ れ に 未 完 の 長 篇 を 念 頭 に 思 い 浮 べ た だ け で も 、 野 間 氏 の 文 学 が 、 よ り 深 く よ り 広 い 方 向 へ 動 い て い る こ と が わ か る 。 野 間 氏 の 文 学 は 常 に 、

現代日本の文学 39 野間 宏 集


対 象 に さ れ 、 創 造 の 可 能 生 の 方 へ 討 議 が 傾 く こ と は 困 難 に な る 。 野 間 宏 論 を 試 み よ う と し た こ の 座 談 会 で 論 4 議 さ れ た の は 『 真 空 地 帯 』 ま で で 、 「 『 真 空 地 帯 』 以 後 、 ど う も 作 品 と し て 熟 し た 仕 事 を 一 つ も や っ て な い よ う に 思 う 」 と い う 出 席 者 の 発 言 が 、 し め く く り の よ う に な っ て い る 。 野 間 宏 文 学 は 『 真 空 地 帯 』 で 終 っ て し ま っ た よ う な 感 し を 与 え る の で あ る 。 『 真 空 地 帯 』 を 書 き お ろ し て か ら の ち 、 野 間 氏 は こ の 座 談 会 が お こ な わ れ た 前 年 か ら 、 長 編 『 さ い こ ろ の 空 』 を 連 載 し て い た 。 そ の 連 載 が 完 結 し て い な か っ た こ と は 不 運 で あ っ た が 、 『 真 空 地 帯 』 か ら 『 さ い こ ろ の 空 』 ま で の 野 間 氏 の 文 学 活 動 を 黙 殺 す る こ と は で き な い と 私 は 田 5 、 つ 。 む し ろ 私 は 『 真 空 地 帯 』 以 後 の 野 間 氏 の 文 学 探 求 の 方 に 、 野 間 宏 文 学 、 そ し て 戦 後 文 学 の 特 質 を み た い の で あ る 。 『 真 空 地 帯 』 は 、 い わ ば 非 常 に オ ー ソ ド ッ ク ス な 小 説 で あ る 。 も う 一 つ の 中 絶 し た 『 青 年 の 環 』 は 、 こ う い う オ ー ソ ド ッ ク ス な 小 説 の 内 的 変 革 を 志 向 し て い た し の だ は じ め か っ て 篠 田 一 士 は 、 こ の 未 完 の 『 青 年 の 環 』 を 、 『 真 空 地 帯 』 や 『 さ い こ ろ の 空 』 を は し め 、 「 少 な く と も 現 在 ま で 書 か れ た 野 間 宏 の 作 品 の な か で 、 最 高 の 小 説 的 資 , ん じ 質 を 示 し て い る 」 と 絶 讃 し た 。 篠 田 氏 は 未 完 の ま ま で も し ゅ う ぶ ん 文 学 的 リ ア リ テ ィ を 経 験 で き 、 「 日 本 の 長 男 広 道 君 と 腕 相 撲 に 興 す る 中 央 次 男 新 時 君 文 学 が い ま ま で も っ こ と を 許 さ れ な か っ た ロ マ ネ ス ク

現代日本の文学 39 野間 宏 集


昭 和 32 年 1 月 「 あ さ っ て 会 」 で 右 か ら 武 田 泰 淳 野 間 椎 名 麟 三 埴 谷 雄 高 梅 崎 春 生 中 村 真 一 郎 昭 和 32 年 6 月 湯 河 原 で い う こ と が 、 攻 撃 の 中 心 で あ っ た 。 こ の 『 真 空 地 帯 』 攻 撃 は 、 当 時 民 主 主 義 文 学 が 「 新 日 本 文 学 」 と 「 人 民 文 学 」 に 分 裂 し た 事 情 が あ り 、 分 裂 し た 両 派 の 対 立 と い う 政 治 的 条 件 に 関 係 が あ っ て 、 戦 後 文 学 の 一 つ の 到 面 を さ ま た げ た の で 達 点 で あ る こ の 長 編 の 、 正 当 な 評 ー あ っ た 。 か え っ て 一 般 読 者 は 、 こ の 小 説 を 歓 迎 し 、 そ た カ は し か ず み し て 感 動 し た 。 高 橋 和 巳 も 『 真 空 地 帯 』 を 、 「 現 在 に お い て も 、 野 間 宏 の 作 品 群 の な か で も っ と も 秀 れ た も の だ と 考 え て い る 」 と 書 い て い る 。 四 新 し い 文 学 の 探 求 雑 誌 「 近 代 文 学 」 が 「 戦 後 文 学 の 批 判 と 確 認 ( そ の 仕 事 と 人 間 ) 」 と 題 す る 座 談 会 を は し め た の は 、 一 九 五 九 ( 昭 和 三 十 四 ) 年 の 六 月 か ら で あ る 。 こ の 座 談 会 は 、 「 戦 後 文 学 が 、 今 日 ま で 十 四 年 間 は ど 迴 っ て き た 足 ど り を 批 評 す る と と も に 、 そ こ で の 達 成 を あ ら た め て 確 = 一 一 恥 」 し よ う と 意 図 し た も の で 、 荒 正 人 を 第 一 回 目 に と り あ げ 、 以 後 、 野 間 宏 、 平 野 謙 、 椎 名 麟 三 、 埴 谷 雄 高 、 し ま お と し お ほ っ た よ し え 武 田 泰 淳 、 大 岡 昇 平 、 堀 田 善 衛 、 本 多 秋 五 、 島 尾 敏 雄 、 は な だ き ょ て る 花 田 清 輝 、 中 村 真 一 郎 が と り あ げ ら れ て 、 検 討 さ れ た 。 昭 和 三 十 年 代 の 半 ば に お い て 戦 後 文 学 の 批 判 を す る と 4 い う こ と の 意 味 は と も か く 、 過 去 に 属 す る 文 学 活 動 が

現代日本の文学 39 野間 宏 集


西 宮 市 今 津 小 学 校 5 年 の こ ろ 第 一 列 左 か ら 三 人 目 野 間 幼 稚 園 の こ ろ 現 在 進 行 形 な の で あ る 。 『 さ い こ み の 空 』 や 『 青 年 の 環 』 を 読 み か え し 新 た な 文 か ん き 学 的 感 動 を 喚 起 さ れ た 私 は 、 野 間 宏 の 文 学 と い う よ う に 限 定 す る よ り も 、 戦 後 文 学 の 本 質 的 な 問 題 と の 結 節 点 を 究 明 す る 方 が 、 か え っ て 野 間 氏 の 進 行 中 の 文 学 の 全 体 性 を と ら え ら れ る の で は な い か 、 と 考 え つ づ け て い た 。 戦 後 文 学 は 、 野 間 氏 の 文 学 の 背 景 で は な い か ら で あ る 。 野 間 氏 の 文 学 と い う と き 、 小 説 は い う ま で も な く 、 詩 、 戯 曲 、 批 評 の す べ て を 含 む 。 も と も と 戦 後 文 学 運 動 は 、 小 説 ジ ャ ン ル の 変 革 だ け を 企 図 し た わ け で は な か っ た 。 文 学 そ の も の に 対 し て 根 元 的 な 問 い を も っ て い た 。 た と え ば 野 間 氏 は 、 こ う 書 い て い る 戦 後 私 達 が 日 本 文 学 の な か で 発 言 し は じ め た と き 、 も っ と も 強 調 し 主 張 し た こ と は 戦 後 と い 、 つ こ と で あ っ た 。 そ れ は 八 月 十 五 日 以 後 を そ れ 以 前 の 戦 争 及 び 戦 前 の 時 代 と 全 く 別 の も の と し て と ら え ま た 創 造 し よ う と い う 意 志 に よ っ て 強 調 さ れ た 。 私 達 は 戦 争 に よ っ て 傷 つ い た 世 代 と し て 自 分 を 認 め 自 分 の な か に あ る そ の 傷 の 内 容 、 姿 を ま ず 正 確 に 担 撼 す る こ と か ら は じ め て 、 そ の 正 確 に と ら え た 傷 を 自 分 の な か か ら 取 り 除 こ う と 考 え た の で あ る 。 し か し 私 達 は こ の 4 傷 を 自 分 の う ち か ら 取 り 除 こ う と す る 前 に 、 ま す 自