検索 - みる会図書館

全データから 29006件見つかりました。
小説すばる2017年1月号

名作の巻末に名解説あり。一一倍読みたくなること請合いの文庫本ガイドー 池上冬樹のこの文庫解説がすごいー 税 十 円 庫 0 文 潮体 新本 ク阿川と最初に口をきいたのは、昭和二十七かがわかる。吉行しかり、遠藤周作しかり、あっても、真冬に北風の来ない日溜まりで温 年の五月の末だったと思うクという文章からもちろん阿川しかり。たとえば阿川は、「宮かさを味わえるような場、というものがあっ 三浦朱門の解説は始まる。「現在の会」とよ脇俊三さんを悼む」という追悼文でも、病気たはすだ。阿川の作品は戦時中をテーマにし ばれる文筆業の新人たちの集会があり、そのに襲われた晩年の悲痛な様子からはじめてても、戦後をテーマにしても、誠実に生き 年のメーデー参加者が警官隊に突撃した話をも、最後は宮脇の中央公論時代の結婚式の話て、それなりに時代に適応しながらも、その 武勇伝のように語るので、阿川弘之が、文学で締める。嶋中社長がみ率直に申しますと、時代の光と影、ぬくもりと厳しさを書いてい の集まりであって政治集会ではないといったお二人とも再婚ですが、出版社にとって、再る、という印象を私は感じているツと。 ら厳しく批判を受け、阿川、三浦、吉行淳之版を出すのは、誤植も無くなりますし、まこ ク阿川が死んだ今、戦時中のことを語り、書 介、庄野潤三、島尾敏雄が退席してタクシー く者がまた一人消えてしまったという喪失感 とにめでたいことでクというみ洒落たスピ 1 で吉行の家に向かった。それが交流の始まりチを紹介して微苦笑を添えるのである。 を私は覚えている。ある時代を語るには、歴 で「第三の新人」の原型になったという。 阿川の文章は師匠の志賀直哉に関するもの史学者の文章だけでは不十分である。その時 はじめてのとき三浦は、阿川に「今、何をが目立つ。『暗夜行路』の印象が強くて、クき代を生き、その時代を描写した芸術家たちが 書いていらっしやるんですか」ときいた。そびしく近寄りがたい孤高の芸術ツのように思存在して、後世の者がその作品を理解するな うすると「うーん、サンデー毎日でね」とい われるが、それは誤解でク人にのびのびとしら、その時代の光と影を知ることができるの さはや だ。その意味で、阿川の存在は貴重クとい う返答があり、サンデー毎日に阿川の連載がた爽かな読後感を与へる一筆描きのやうな小 あったかなと思ったら、毎日がサンデー、つ 品が少なくないし、ユーモラスなものもずゐう。淡々と交流を語り、文学の効用を語り、 まり何もしていないとい、つことだった。 ぶんある % 実際、三浦もまた阿川の小説世時代を語り、そして阿川の存在の重要さに焦 点をあてる。一刷毛の寂しさが滲むのもいい 解説といっても随筆の類で、第三の新人た界をさりげなく分析するのである。 ちの交流をユーモラスに綴る。近年新潮文庫ク人は戦争というのは如何に悲惨なものかと いけがみ・ふゆき靨年山形県生まれ。文芸評論家。著書 に「ヒーローたちの荒野」 ( 本の雑誌社 ) 、レピュー「あなたに から出た安岡章太郎の随筆集もそうだが、第 いうことばかり強調するが、その時代を生き 有利な証拠として」 (httpJ/wwwsakuranbo.cojp/specW 3 三の新人たちがいかにユーモアを大切にしたた者にとっては、たとえ厳しい戦争の最中に review/index. html) も随時更新中。 〈第九十一回〉阿川弘之『鮨そのほか』解説三浦朱門 し日 一そのほか何川弘之

岸信介 : 権勢の政治家

参考文献 近衛文麿「平和への努力」 , 昭和戦争文学全集編集委員会『知 られざる記録』集英社 , 昭和 40 年 木戸幸一『木戸幸一日記』 ( 下巻 ) 東京大学出版会 , 昭和 41 年 ウィリアム・ J. シーポルト ( 野末賢三訳 ) 『日本占領外交の回 想』朝日新聞社 , 昭和 41 年 片倉衷・古海忠之『挫折した理想国一一満州国興亡の真相』現 代ブック社 , 昭和 42 年 東郷茂徳『東郷茂徳外交手記ー一時代の一面』原書房 , 昭和 42 年 清瀬一郎『秘録東京裁判』読売新聞社 , 昭和 42 年 東久邇稔彦『東久邇日記ー一日本激動期の秘録』徳間書店 , 昭 年 東条英機刊行会・上法快男編『東条英機』芙蓉書房 , 昭和 49 ビー回顧録』番町書房 , 昭和 48 年 C. A. ウイロビー ( 延禎監修 ) 『知られざる日本占領 高橋正衛『昭和の軍閥』中公新書 , 昭和 44 年 和 43 年 ウイロ 2 56 年 岸信介・矢次一夫・伊藤隆『岸信介の回想』文藝春秋 , 昭和 ジョン・エマーソン回想録』朝日新聞社 , 昭和 54 年 ジョン・ K. エマーソン ( 宮地健次郎訳 ) 『嵐の中の外交官 細川護貞『細川日記』中央公論社 , 昭和 53 年 岩川隆『巨魁ーー岸信介研究』ダイヤモンド社 , 昭和 52 年 昭和 51 年 藤山愛一郎『政治わが道ーー藤山愛一郎回想録』朝日新聞社 , 中谷武世『戦時議会史』民族と政治社 , 昭和 50 年 年 び其の由来」 , 橋川文三編『大川周明集』筑摩書房 , 昭和 50 大川周明「日本精神研究」「印度に於ける国民的運動の現状及

世界 2016年08月号

創刊 3 年一 男の絆の比較文化史ー桜と少年 ー現代フランス郎の終焉、 : 本体 2500 円 佐伯顧子 : : 本体 2500 円 渡邊啓員・ 「幸せ」の経済学 私たちの声を議会へー代表制民主主義の再生童謡の近代ーメディアの変容と子ども文化 ・ : 本体 1700 円 橘木俊詔・ ・ : 本体 2500 円 周東美材・・ : 本体 2000 円 三浦まり : ・ 交響曲とオペラの 第ニ次世界大戦から 原典でよむ日本デモクラシー論集 コンサートという文化装置ー ヨーロッパ近代 インテリジェンスの世界史ー スノーデン事件まで : 本体 2100 円 堀真清編・ : 本体 2200 円 宮本直美・・ : 本体 2000 円 小谷賢 : いまを生きるための政治学 ん別一アロ国際社会はどう対処すればよいか : 本体 2100 円 山口ニ郎・ ◎自然科学・科学史 ・ : 本体 2000 円 金惠京 : 農業と人間食と農の未来を考える 円周率が歩んだ道 : ・本体 2100 円 生源寺眞一 : ◎文学・芸術 : ・本体 2100 円 上野健爾 : 人権をめぐる十五講ー現代の難問に挑む 変格探偵小説入門ー奇想の遺産 脳と機械をつないでみたらー品た : 本体 2400 円 辻村みよ子 : : 本体 1900 円 : 本体 2300 円 櫻井芳雄・ 谷口基・ 多文化であることとはー新しい市民社会 東アジア流行歌アワー ー交錯する音楽人科学をいまど、つるかー啓蒙から批評、 : 本体 2300 円 宮島喬・ ・ : 本体 2100 円 尾関章 : : 本体 2300 円 責志俊彦・ ~ 環境の経済史ー森林・市場・国家 中国医学と日本漢方ー医憲想の立場から 歌よみ人正岡子規齪ぬとも ・ : 本体 2100 円 斎藤修 ・ : 本体 2300 円 舘野正美 : : 本体 2300 円 復本一郎 : 西洋と日本 9 ・Ⅱ以後のイスラーム政治 図説人体イメージの変遷ー 川端康成魔界の文学 古代早リシャから現代まで : 本体 2300 円 本体 2100 円 小杉泰 : : 本体 2200 円 坂井建雄・ 富岡幸一郎・ 生活の質の データから読むアジアの幸福度 ー国篦較絵画の向こう側・ばくの内側ー棗、の旅人類発祥の地を求めてー最後のアフリカ行 ・ : 本体 2100 円 猪ロ孝 : ・ : 本体 1900 円 : 本体 2500 円 伊谷純一郎 / 伊谷原一編・ 横尾忠則 ゲノム科学への道ーノーベル賞講演でたどる 戦後韓国と日本文化「倭色」禁止から「韓流」まで特講漱石の美術世界 ・ : 本体 2200 円 : 本体 2400 円 金成蚊・ : 本体 2300 円 古田亮 : 憲法と知識人ー憲法問題研究会の軌跡 地球科学の開拓者たちー黯本 古典注釈入門ー歴史と技法 : ・本体 2300 円 : 本体 2300 円 邱静・ : 本体 2400 円 諏訪兼位 鈴木健一 : 占領空間のなかの文学痕跡・寓意・差異近代医学の先駆者ハンターとジジナー ジャーナリズムは再生できるか英国メディア ・ : 本体 1900 円 ・ : 本体 2400 円 山内一也 : : ・本体 2400 円 日高昭ニ : ・ 門奈直樹・ 19 4 5 ・、 2 015 クロニクル日本の原子力時代 徹底討論日本の政治を変えるこれまでとこれから俳人井月幕末維新風狂に死す ・ : 本体 2000 円 ・ : 本体 1900 円 ・ : 本体 2500 円 常石敬一 : 宮本太郎・山口ニ郎 : 北村皆雄・ 白居易と柳宗元混迷の世に生の讃歌をダーウインの遺産↓化耆のー 国勢調査日本社会の百年 ・ : 本体 2100 円 : 本体 2400 円 ・ : 本体 2100 円 渡辺政隆・ 下定雅弘 : 佐藤正広・・ 原典でよむタ . ゴール 原典でよむ世紀の平和思想 ・ : 本体 2600 円 : 本体 2300 円 森本達雄編訳 : ・ 小菅信子編・ 9- 2

湘南散歩境川・引地川 : 歴史・文化と自然のある風景

宗保院 境橋の東側 J R 線の近くに曹洞宗金森山宗保院がある。創立は天文 11 年 ( 1542 ) 、 開基は大河伊与 ( 戒名立雪院安心宗保居士 ) 、伊与の妻は金森の初代地頭高木不善 次郎清秀の妹で、徳川家康の家来であった清秀は天正 18 年 ( 1590 ) 金森に陣所を 構えたという。原町田にある 3 寺院の中でこの寺だけが朱印七石をもらっていた。 宗保院の入口の門柱と仁王門 ( H11. 7.22 撮影 ) 勝楽寺 町田市街の中にある寺院、浄土宗三宝 山勝楽寺である。 この阿弥陀三尊 像は町田市の指定 文化財であり、 れについての説明 が境内に掲示され ている。 勝楽寺本堂 ( H11. 7.22 撮影 ) 市指定重要文化財勝楽寺阿弥陀三尊像三躯 ( 昭和 60 年 4 月 17 日指定 ) 勝楽寺の本尊像。来迎印を結ぶ中尊に、腰をかがめ蓮台を捧げる観音菩薩と合掌する勢至 菩薩が随侍する、いわゆる来迎の三尊像である。各像とも寄木造、玉眼を嵌入。なお、 の三尊像は「町田市史」等によれば、大正 12 年の関東大震燹の折に破損し、その際に像内 に墨書銘があることが判明し、享禄 5 年 ( 1532 ) 大石大学助高仲が大願主となり、仏師円 慶によってによって造立されたことが知られる。銘文中の下野法眼は青梅市報恩寺地蔵菩 薩像、鎌倉円応寺奪衣婆像等の作者として知られ、関東地方を中心に活躍した仏師弘円で、 その弟子円慶についてはこの像の他に作品は伝えられていないが、天文 2 年 ( 1533 ) に弘 円の下で青梅市塩船観音寺の仁王像を修理したことで知られている。 像高は、阿弥陀如来 ( 中央 ) 67. 5cm 、観音菩薩 ( 右 ) 42. 8cm 、勢至菩薩 ( 左 ) 41. 7cmo 町田市教育委員会 宗保院の本堂 ( H11. 7. 22 撮影 ) 71

シャルリとは誰か? : 人種差別と没落する西欧

旗本夫人が見た 深沢秋男 中嶋繁雄 大名の日本地図 江戸のたそがれ 新◆日本の歴史 伊藤之雄 秦郁彦元老西園寺公望 旧制高校物語 春 文 伊藤之雄 高島俊男山県有朋 高橋紘天下之記者 皇位継承 半藤一利・秦郁彦・平間洋一・保阪正康 寺尾紗穂昭和陸海軍の失敗 云日島芳子 平成の天皇と皇室高橋紘評イ , 黒野耐・戸高一成・戸部良一・福田和也 半藤一利 ・ノートを書いた男須藤眞志伊勢詣と江戸の旅金森敦子昭和の名将と愚将 保阪正康 原武史 古墳とヤマト政権白石太一郎対論昭和天皇 昭和一一十年の「文藝春秋」賰新 保阪正康 坂本多加雄・秦郁彦 日本文明行の鍵梅棹忠夫編著昭和天皇の履歴書文春新書編集部編 昭和史の論点半藤一利・保阪正康 ロ半藤一利・秦郁彦・前間孝則・鎌田伸一・戸高一成 阿川弘之・猪直樹・中西輝政美智子皇后と雅子妃福田和也零戦と戦艦大不 一一十世紀日本の戦争 江畑謙介・兵頭一一十八・福田和也・清水政彦 塩見鮮一郎 謎の大王継体天皇水谷千秋皇太子と雅子妃の運命文藝春秋編貧民の帝都 塩見鮮一郎 昭和天皇と美智子妃加藤孖中世の貧民 謎の豪族蘇我氏水谷千秋 その危機に 塩見鮮一郎 沖浦和光江戸の貧民 謎の渡来人秦氏水谷千秋「悪所」の民俗誌 同時代も歴史である 塩見鮮一郎 坪内祐一一一戦後の貧民 半藤一利・保阪正康・中西輝政 女帝と譲位 0 古代史水谷千秋一九問題 継体天皇と朝鮮半島の謎水谷千秋 東京裁判を正しく読む日暮吉延 なぜ負けたのか戸高一成・福田和也・加藤陽子 森史朗対談昭和史発掘松本清張 四代の天皇と女性たち小田部雄次特攻とは何か 秋草鶴次幕末下級武士のリストラ戦記安藤優一郎 武光誠十七歳の硫黄島 名字と日本人 県民性の日本地図武光誠甦る海上の道・日本と琉球谷川健一父が子に教える昭和史柳田邦男羂和也・保阪正康他 梯久美子 武光誠江戸城・大奥の秘密安藤優一郎昭和の遺書 宗教の日本地図 武光誠 日本のいちばん長い夏半藤一利編「阿修羅像」の真実長部日出雄 合戦の日本地図 合戦研究会

正義の偽装

廰新潮新 圭 Brevity is the soul of wit, 日 and tediousness thelimbs and outward flourishes. 正 の 装 膩ⅡⅢ川Ⅷ II 9 7 8 4 1 0 6 1 0 5 5 4 8 何を信じたらよいか、何を信じるべきか景気回復、 東京五輪など楽観的ムードが漂う中、日本人の精神に 何が起きているのか「アベノミクス」という虚構、「憲 法」という誤謬、「復興」という矯飾、「天皇家」への 警鐘・ : ・大震災後の出来事から表出する国家のメルト ダウン。民意や国民主権という幻想の下、幸福を一途 に追求してきた日本に今、民主主義の断末魔が聴こえ る稀代の思想家が真理を隠す「偽善の仮面」を剥ぐ 529 やつばり見た目が 9 割ー - ー竹内一郎 530 ネットのバカ 中川淳一郎 531 人間の浅知恵一一 - 徳岡孝夫 532 プロの尼さん 露の団姫 落語家・まるこの仏道修行 5 社会脳とは何かーーー一千住淳 534 国語教科書の闇ーーー川島幸希 535 国家の成熟ーー - 榊原英資 536 イスラムの人はなぜ日本を尊敬するのか 宮田律 537 犯罪は予測できる 小宮信夫 538 キレイゴトぬきの農業論ーーー久松達央 539 カネ遣いという教養ーーー -- 藤原敬之 540 日本人には二種類いる 1960 年の断層ーーー -- 岩村暢子 541 歴史をつかむ技法ー -- ーー山本博文 542 「いいね ! 」が社会を破壊する一一一楡周平 543 知的創造の作法ーー - 阿刀田高 544 E U 崩壊ーー - ー木村正人 545 交通事故学一一一石田敏郎 546 史論の復権一一一與那覇潤対論集 547 フランツ・リストは なぜ女たちを失神させたのかーーー - 浦久俊彦 548 明治めちゃくちや物語 維新の後始末ーー野口武彦 549 現場主義の竸争戦略 次代への日本産業論ーーー藤本隆宏 550 和食の知られざる世界一一一辻芳樹 551 知の武装 救国のインテリジェンスーー一手場龍ー佐藤優 552 日本版 NSC とは何か 春原剛 553 仏像鑑賞入門ーーー島田裕巳 554 正義の偽装ーー -- -- 佐伯啓思 555 心を操る文章術ーーー清水義範 佐伯啓思さえきけいし 九四九 ( 昭和一一十四 ) 年奈良県生まれ京都大学 大学院人間・環境学研究科教授東京大学経済 学部卒。同大学院経済学研究科博士課程単位取 。二〇〇 七年正論大賞著作に『隠された思 考』 ( サントリー学芸賞 ) 、『現代日本のリべラリズ ム』 ( 読売論壇賞 ) 、『反・幸福論』『日本の宿命等 佐伯啓思 正義の偽装 & 4 お 'K / 房 1 9 2 0 2 1 0 0 0 7 4 0 0 I S B N 9 7 8 - 4 - 1 0 ー 6 1 0 5 5 4 - 8 C 0 2 1 0 \ 7 4 0 E ⑧定価 : 本体 740 円 ( 税別 ) 佐 啓 田 554 ー新潮社 554 カバーの言葉 「簡潔こそは智慧の心臟、 冗漫はその手足、飾りにすぎませぬ」 シェイクスピア「ハムレット』福田恆存訳より カバー印刷錦明印刷デザイン新潮社装幀室

文藝春秋2016年7月号

2020 年旧本の姿」 三浦瑠麗 小泉進次郎が安倍総理の後継に 大島真生 悠仁さま「帝王教育」スタート 本郷和人 オバマが日本の助つ人大臣になる 松原仁 人工知能作家が芥川賞を狙う 堀江貴文 フジテレビ社員 % リストラ 浅川芳裕 で日本は農業大国になる マイナス金利解除が招く国債暴落・ : : ・ : 水木楊 五味洋治 金正恩の妹が北の指導者に就任 牧原出 民進党は「改革」を捨てろ 名和利男 サイバー攻撃が交通網を襲う 松島泰勝 「琉球独立」は夢物語ではない 城繁幸 新卒一括採用から即戦力採用へ 西村欣也 プロ野球球団 4 リーグ制 崔碩栄 韓国にさらなる反日大統領誕生 岸博幸 - ク移民み地方創生を支える 大西康之・ : ( 東芝は「国有化」で原発専業 江川紹子 死刑執行「麻原神格化」が進む 幸田泉 ■「読売共同」新聞大再編 古市憲寿 保育園義務教育化なせできない 中村竜太郎 石飛幸三 多死社会で終末期医療が変わる 笠井亮平 インドと中露が敷く日本包囲網 : 浪川攻 ゅうちょ銀行含み益が消える・ 麻生幾 イスラム国対策に特殊部隊創設 城山英巳 習近平「民主化」受け入れ 山田久志・ : ) 新 大谷翔平メジャー勝本 経 坂口志文 ノ、花粉症を解消する新薬登場 産 ・ : 松江哲明 脱アイドル前田敦子が世界へ Q. Q. 古谷経衡 ネット右翼は駆逐される 牧野知弘 空き家一千万戸外国人が占拠 メ イ ナ マ 若者よ、歳選挙権はこう使え ア ロ 原田曜平博報堂若者研究所リーダー ビートたけし x ア ◎チュニジア博物館テロ遺族が初めて心境を明かす 成澤洋二 聞き手・柳田邦男 「イスラム国」に妻を殺されて ス 地方創生の鍵は「高齢者の街」だ硝 ~ 周平 新 桂歌丸「 ( ( 五十年蔵出し独演会 ! 高畑充希とと姉ちえと私は正反対です 冨田勝 3 日 日父・冨田勲は親バカでした 伊藤理佐・ : ) 三山喬 ーフがいる風旦示②多様なルーツを背負う新世代 ワ乙 LO マ考えるパズル・ マ丸の内コンフィデンシャル : ・ ( ) ベストセラーで読む マ三人の卓子・ マ霞が関コンフィデンシャル : ・ ( ) 日本の近現代史・佐藤優 : 4 土可 新聞エンマ帖 : マ詰将棋・詰碁・ イは -41 鼎談書評山内昌之 x ママガジンラック オヤジとおふくろ : 通 片山杜秀 x 井上章一 マスターは楽し・芝山幹郎 : マ蓋棺録 マ昭和のことば・鴨下信一 : マ広告情報館 マ今月買った本平松洋子・ マ新・養生訓・東嶋和子 : ・ : ) マゴルフ 著者は語る新書の窓 マ悠々山歩き・岩崎元郎 : マ目・耳・ロ 人声天語⑤坪内祐三 新世界地政学⑩船橋洋一・ : 伊集院静 文字に美はありや⑩ 浅田次郎 大名倒産④ 葉室麟 大獄⑦ マ日本の顔 ( 三村明夫 ) マ同級生交歓中野京子の名画が語る西洋史⑩ ( 「驚きの理由」 ) ▽豊饒 なるアンデス / 東京で進化する魅惑のベルー料理店▽もう一人の家族①蟹瀬誠一名作 x 名食 6 レイアウトⅡ鶴丈一一 5 ⑩ ( 角田光代 ) 小さな大物 ( 榎木孝明 ) マ文春ラウンジ ( 健康カ 3 ) 短歌・ : 藪内売輔 詩・ : 森本孝徳 ( 別 ) ◎ 俳句・ : 西村麒麟 没後四百年 BOOK 倶楽部 この人の月間日記 - ・に「 241 256 450 272 220 303 194 334

韓国

, 。首都働 トクバウイ呂望 仏光君 薪炭里へ S いれ ダ % 亀山 0 を 独立門氛呂 冖フ暑 ー・つ 0 ト セジョル・ 光化門君空に 西大 % 3 街 3 フ 水色キ・、 0 0 市庁 新村 梨大阿覘忠正 % 支入 弘大人口、 0 嶬、ウル駅 . ・一時浦区庁 0 、王早を 合井 曽地 & 0 -0 広興信 00 ・ 開花山 フト下 .\ 、女矣ナル舌。龍山 04 号土 0 、を 夭トを _y 第梁津 雨装山谷空 0 カチ山 新道林 = 0 永新吉大方 0 0 上道 新亭ネ 1 道林川 崇実大早 0 部豊ボラメ 南城鬯 9 梧開れ一 朴村を 柳早 % 0 南れ老 品水三 = 同。 ソウルを第第 0 新大方。 桟山スに 新林 禿山 年天号府梨ツ第ミ果川 港賃物 京仁教大 興人 \ 冠岳村を ポムゲ鬯ス 問石オづリ安養 0 、を 0 谷′仁川市庁 山本芒・ 修理山 キ己卍 大夜味 タ 0 間石 0 ノ 0 道禾 仁川 0 0 ー 6 為 - 13 こ 、 38 138 2 9 0 曁 阯 9

アデナウアー - 現代ドイツを創った政治家

阿川尚之 南京事件 ( 増補版 ) 秦郁彦海の友情 太平洋戦争 ( 上下 ) 児島襄国語」の近代史安田敏朗 渡辺裕 川昭和天皇 古川隆久東京裁判上下 ) 児島襄歌う国民 小菅信子 近代日本の官僚清水唯一朗日本海軍の終戦工作纐纈厚戦後和解 帝国日本の 大沼保昭 林茂「慰安婦」問題とは 而日本の参謀本部大江志乃夫外邦図ー アジア地図 何だったのか 海軍と日本 池田清「大日本帝国」崩壊加藤聖文「戦争体験あ戦後史福間良明 北岡伸一残留日本兵 後藤新平 林英一 2 丸山眞男の時代竹内洋 政野淳子 四政友会と民政党井上寿一原爆と検閲 繁沢敦子四大公害病 林弘忠安田講堂一。。 : 9 。 9 島泰三 満州事変 日井勝美巣鴨。フリズン きよさわきよし 満洲国 1 キメラー 服部龍二 ( 増補版 ) 山室信一清沢洌 ( 増補版 ) の肖像 北岡伸一日中国交正常化 波多野澄雄 馬賊 中澤俊輔国家と歴史 渡辺龍作治安維持法 軍国日本の興亡猪木正道言論統制 佐藤卓己近現代日本史と歴史学成田龍一 の兼田麗子 田稔Ⅶ徳富蘇峰 昭和陸軍の軌跡 米原謙 ~ 大原孫三郎ー経営者 豊一・二六事件 ( 増補改版 ) 高橋正衛内奏ー政治の後藤致人 増田弘 外務省革新派戸部良一Ⅷ石橋湛山 早野透 服部龍二田中角栄 広田弘毅 福永文夫 新版日中戦争臼井勝美大平正芳 中新書 現代史

世界 2016年08月号

岩波書店 / 新刊 ◎高校までの数学を基礎に解析学を確実に理解する アラケロプ幾何 = 。 てで 97 甲 4 占 9730 甲一 <LO 判・本体 6400 円 いの 森脇淳 ( 全 6 巻 ) 一 っす 現代数論幾何の重要なアイデアを詳説。ラング・ボゴモ 解析入門 にま ロフ予想という最先端の話題までを示す。 容し 判 内た 松坂和夫 微積分の入門から始めて、線形代数、複素関数論、さら す作 —「 Fe 目 at の夢と類体論 ま製 には微分形式やルべーグ積分などの現代的なテーマにい 数ー論 たるまで、一貫した構想の下にゆうゆうと説き進む。大 で後 加藤和也・黒川信重・斎藤毅 ん文 学レベルの解析学をじっくり理解するのに最適。 組注 数の世界は奥深く豊かである。近代数論の始祖フェルマ りこ の仕事を紹介し、現代の数論の初歩を解説する。 数 / 数列と級数 / 関数の極限と連続性 / 取た 978 ー 4 占 973R597 <LO 判・本体 6000 円 にま 微分法 / 各種の初等関数 刊 始 978 ・ 4 占 973R5 一ー 4 本体 3600 円 復すい 関数の近似、テイラーの定理 / 積分法 / 積 一ソフトウェア工学の基礎 2 分の計算 / 関数列と関数級数 / れ次元空間 ) 異承く 乍 978 ー 4 占 973045 よ <LD 判・本体 4200 円 イが了日玉井哲雄 978 ー 4 占 973R52 ー一本体 3200 円 製見こ 信頼性の高いソフトウェアをいかに開発、保守していく て外を月のか , ・わかりやすい例をもとに解説する。 集合論初歩 / 距離空間の位相 / やと 7 3 連続写像の空間 / 多変数の関数 を 装る 新日本古典文学大系 978 ・ 4 占 973R53 ・ 8 本体 3600 円 ごが要 ( んど 線形写像 / 行列式 / 逆写像定理と陰関数定 宝物集閑居友 ドせほ ンま間 理 / 固有値と 2 次形式 / フ 1 リエ展開 マり週 978 ー 4697304 、 5 本体 3000 円 デわ 4 比良山古人霊託 ン変 ~ 小泉弘・山田昭全・小島孝之・木下資一校注 複素数の関数 / 複素積分 / オと 2 は一木ゞに 6 仏教の概説書として広く受容されて軍記物にも影響を与 複素解析の続き 978 ・ 4 占 973R55 ・ 2 本体 3000 円 でルで えた「宝物集』のほか、中世の仏教説話集三篇を収録。 店ナま 書ジけ 978 ー 4 占 9730458 ー 3 <LD 判・本体 9500 円 重積分 / 重積分の変数変換 / 波リ届 6 微分形式とその積分 / ルべ 1 グ積分 岩オお 978 、 4 占 9730456 ・ 9 本体 3800 円 6 月「新刊案内」幻頁「応用数理の遊歩道」 ( 岩波オンデマンドブックス ) を「並製カバー」とご案内いたしましたが、 カバー無しの造本となります。謹んで訂正いたします。 2