検索 - みる会図書館

全データから 212454件ヒットしました。

現代日本の文学 44 小島 信夫 庄野 潤三 集


庄 野 潤 三 集

現代日本の文学 44 小島 信夫 庄野 潤三 集


庄 野 潤 三 集 目 次 庄 野 潤 三 文 学 紀 行 大 阪 ・ 帝 塚 山 か ら 佐 渡 へ 流 木 : 。 フ ー ル サ イ ド 小 景 : 黒 牧 師 イ タ リ ア 風 : 静 物 : 佐 渡 : ま わ り 道 : 丘 の 明 り : 注 解 庄 野 潤 三 文 学 ア ル バ ム 評 伝 的 解 説 一 一 九 三 ・ ・ 三 0 五 : 三 六 : 三 七 三 : 巴 九 紅 野 敏 郎 / 日 高 昭 一 一 四 三 五 嬲 四 四 六 五 進 藤 純 孝 哭 五 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 成 田 牧 雄 作 品 校 正 鴻 本 実 夫 編 集 責 任 桜 田 満 足 立 巻 一 三 三

現代日本の文学 44 小島 信夫 庄野 潤三 集


庄 野 潤 三 集 目 次 庄 野 潤 三 文 学 紀 行 大 阪 ・ 帝 塚 山 か ら 佐 渡 へ 流 木 : 。 フ ー ル サ イ ド 小 景 : 黒 牧 師 イ タ リ ア 風 : 静 物 : 佐 渡 : ま わ り 道 : 丘 の 明 り : 注 解 庄 野 潤 三 文 学 ア ル バ ム 評 伝 的 解 説 一 一 九 三 ・ ・ 三 0 五 : 三 六 : 三 七 三 : 巴 九 紅 野 敏 郎 / 日 高 昭 一 一 四 三 五 嬲 四 四 六 五 進 藤 純 孝 哭 五 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 成 田 牧 雄 作 品 校 正 鴻 本 実 夫 編 集 責 任 桜 田 満 足 立 巻 一 三 三

現代日本の文学 44 小島 信夫 庄野 潤三 集


現 代 日 本 の 文 学 44 全 60 巻 小 島 信 夫 庄 野 潤 昭 和 57 年 10 月 1 日 25 版 発 行 昭 和 46 年 5 月 1 日 初 版 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 小 島 信 夫 庄 野 潤 古 岡 滉 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 吽 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 720 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 ONobuo Kojima,Junzo shono 1971 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す Printed in Japan ISBN4 ー 05 ー 050254 ー 2 C0393

現代日本の文学 45 安岡 章太郎 遠藤 周作 集


ー い 殺 前 自 宅 で 自 岳 と 和 論 昭 評 第 三 の 新 人 達 左 よ り 吉 行 淳 浪 人 時 代 の 「 悪 い 仲 間 」 古 山 高 麗 昭 和 三 十 一 年 右 よ り 章 太 郎 之 介 遠 藤 周 作 近 藤 啓 太 郎 雄 ( 右 よ り 二 人 目 ) と 。 左 よ り 章 小 沼 丹 吉 行 淳 之 介 庄 野 潤 三 章 太 郎 小 島 信 夫 太 郎 越 路 吹 雪 昭 和 三 十 一 一 年 頃 覊 中 庄 野 潤 三 昭 和 29 年 4 月 平 岡 光 子 と 結 婚 。 新 婚 旅 行 先 で 「 石 の 上 に も 三 年 」 と 念 じ て 写 真 を 撮 す 。

現代日本の文学 45 安岡 章太郎 遠藤 周作 集


新 人 の 作 家 と 批 評 家 と を 十 五 人 ば か り 集 め て 、 「 文 学 界 」 が 毎 月 会 を 開 い て い た こ と が あ る 。 こ の 会 は 昭 和 一 一 . 十 八 年 の 正 月 か ら は し ま り 、 一 年 く ら い つ つ い た 会 場 は 、 新 橋 に 近 い 呑 み 屋 の 二 階 だ っ た 。 出 席 者 の 十 五 人 は 、 順 序 不 同 に い う と 次 の 人 び と ・ で あ る 。 吉 行 淳 之 介 、 安 岡 章 太 郎 、 五 味 康 祐 、 庄 野 潤 三 、 小 島 信 夫 、 近 藤 啓 太 郎 、 武 田 繁 太 郎 、 三 浦 朱 門 、 結 城 信 一 、 島 尾 敏 雄 。 批 評 家 は 日 高 普 、 進 藤 純 孝 、 日 野 啓 三 、 奥 Ⅷ 野 健 男 、 そ れ に ば く の 五 人 だ 0 た 。 ( 人 選 は ど う い う 基 準 に よ る の か 不 明 だ が 、 「 文 学 界 」 の 編 集 部 が 中 心 に な っ て き め た ら し い 。 ) 最 初 の 会 合 は 、 「 剣 術 他 流 試 合 の 始 ま る 前 評 伝 的 解 説 村 417

現代日本の文学 44 小島 信夫 庄野 潤三 集


小 島 信 夫 集

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


十 九 年 脱 退 ) 。 「 新 日 本 文 学 会 」 の 会 員 に な っ た ( 三 十 九 年 十 一 一 月 脱 八 月 、 敗 戦 に て 神 戸 に 復 員 。 長 妹 は 奉 天 に て 死 す 。 ・ 、 ー は 庄 二 十 九 歳 退 ) 。 こ の こ ろ か ら 約 一 か 年 「 一 、 二 会 」 に 加 わ っ た 。 メ ン ′ 昭 和 ニ 十 一 年 ( 一 九 四 六 ) 三 月 、 ミ ホ と 結 婚 。 庄 野 潤 三 、 林 富 士 馬 、 大 垣 国 司 、 三 島 由 紀 夫 と 野 潤 三 、 吉 行 淳 之 介 、 安 岡 章 太 郎 、 三 浦 朱 門 、 近 藤 啓 太 郎 、 結 城 信 「 光 ー を 結 成 、 二 十 二 年 に 三 号 で 解 散 。 「 は ま べ の う た 」 「 夢 中 市 一 、 小 島 信 夫 、 武 田 繁 太 郎 、 五 味 康 祐 、 奥 野 健 男 、 日 野 啓 三 、 進 藤 純 孝 、 村 松 剛 、 浜 田 新 一 の 十 五 名 。 「 一 二 会 」 解 散 の あ と 、 奥 野 健 街 」 ( の ち 「 石 像 歩 き 出 す 」 と 改 題 ) を 発 表 し た 。 三 十 歳 男 、 吉 本 隆 明 ら の 「 現 代 評 論 」 に 加 わ り 、 「 鬼 剥 げ 」 を 発 表 ( 二 号 で 昭 和 ニ 十 ニ 年 ( 一 九 四 七 ) 四 月 の こ ろ 約 一 か 月 大 阪 の 「 日 本 デ モ ク ラ シ ー 協 会 」 に 勤 め た 。 五 解 消 ) 。 三 十 八 歳 月 、 神 戸 山 手 女 子 専 門 学 校 ( の ち に 山 手 女 子 短 大 ) の 非 常 勤 講 師 と 昭 和 三 十 年 ( 一 九 五 五 ) な り 、 七 月 神 戸 市 立 外 事 専 門 学 校 ( の ち に 神 戸 市 立 外 国 語 大 学 ) の 三 月 、 み す ず 書 房 よ り 短 篇 集 「 帰 巣 者 の 憂 鬱 』 刊 行 。 三 月 、 向 丘 高 教 授 職 を 得 た 。 富 士 正 晴 編 集 の 「 」 に 参 加 、 一 一 十 六 年 校 を 辞 し 、 佐 倉 、 池 袋 、 市 川 に 居 を 移 す 。 十 月 、 奄 美 大 島 の 名 瀬 市 に 移 住 。 十 二 月 、 河 出 書 房 よ り 短 篇 集 『 わ れ 深 き ふ ち よ り 』 刊 行 。 の 末 ご ろ 脱 退 し た 。 三 十 九 歳 三 十 一 歳 昭 和 三 十 一 年 ( 一 九 五 六 ) 昭 和 ニ 十 三 年 ( 一 九 四 八 ) あ っ せ ん 七 月 、 長 男 伸 三 が 生 ま れ た 。 野 間 宏 の 斡 旋 に よ り 、 「 単 独 旅 行 者 」 四 月 、 大 島 高 等 学 校 、 大 島 実 業 高 等 学 校 ( 定 時 制 ) の 非 常 勤 講 師 を ( 「 」 第 一 号 と 第 二 号 に 発 表 ) が 「 芸 術 」 第 七 号 に 転 載 、 勤 め る 。 九 月 、 現 代 社 よ り 短 篇 集 『 夢 の 中 で の 日 常 』 刊 行 。 十 二 月 「 夢 の 中 で の 日 常 」 が 「 綜 合 文 化 」 七 月 暑 に 掲 載 さ れ た 。 「 近 代 文 に カ ト リ ッ ク の 洗 礼 を 受 け た 。 四 十 歳 学 」 の 同 人 に な っ た ( 三 十 二 年 六 月 同 人 制 解 消 の と き ま で ) 。 一 号 昭 和 三 十 ニ 年 ( 一 九 五 七 ) 出 た だ け の 「 序 曲 」 の 同 人 に な っ た 。 十 月 、 短 篇 集 『 単 独 旅 行 者 』 七 月 、 出 版 書 肆 ・ ( ト リ ア よ り 短 篇 集 『 島 の 果 て 』 を 刊 行 。 十 二 月 、 鹿 児 島 県 職 員 と な り 、 奄 美 日 米 文 化 会 館 長 勤 務 。 を 真 善 美 社 か ら 刊 行 。 末 妹 鎌 形 雅 江 す 。 四 十 一 歳 三 十 二 歳 昭 和 三 十 三 年 ( 一 九 五 八 ) 昭 和 ニ 十 四 年 ( 一 九 四 九 ) 四 月 、 鹿 児 島 県 立 図 書 館 奄 美 分 館 が 設 置 さ れ 、 分 館 長 兼 務 。 三 月 、 短 篇 集 『 格 子 の 眼 』 全 国 書 房 よ り 刊 行 。 四 十 二 歳 昭 和 三 十 四 年 ( 一 九 五 九 ) 三 十 三 歳 昭 和 ニ 十 五 年 ( 一 九 五 〇 ) 譜 一 一 月 、 「 出 孤 島 記 」 ( 二 十 四 年 十 一 月 「 文 芸 」 発 表 ) に よ り 月 曜 書 房 奥 野 健 男 、 吉 本 隆 明 、 清 岡 卓 行 、 井 上 光 晴 、 武 井 昭 夫 、 瀬 木 慎 一 、 の 「 戦 後 文 学 賞 」 ( 第 十 四 回 ) を 得 た 。 四 月 、 長 女 マ ヤ が 生 ま れ た 。 橋 川 文 三 、 佐 古 純 一 郎 の 「 現 代 批 評 」 に 参 加 、 十 一 月 に 五 号 を 出 し た あ と 解 消 。 「 川 に て 」 を 発 表 し た 。 年 十 二 月 、 河 出 書 房 よ り 長 篇 小 説 『 賢 学 生 』 を 刊 行 。 四 十 三 歳 三 十 五 歳 昭 和 三 十 五 年 ( 一 九 六 〇 ) 昭 和 ニ 十 七 年 ( 一 九 五 一 l) 幻 三 月 、 神 戸 外 大 助 教 授 を 辞 職 し て 東 京 都 江 戸 川 区 小 岩 町 に 移 住 。 向 七 月 、 未 来 社 よ り 随 筆 集 『 離 島 の 幸 福 ・ 離 島 の 不 幸 』 を 刊 行 。 十 月 丘 高 等 学 校 定 時 制 の 非 常 勤 講 師 の 職 を 得 た 。 「 現 在 の 会 」 に 入 会 ( 一 一 講 談 社 よ り 短 篇 集 『 死 の 棘 』 を 刊 行 。 鹿 児 島 の 同 人 雑 誌 「 作 品 」 に ゅ う う つ

現代日本の文学 44 小島 信夫 庄野 潤三 集


吃 音 学 院 ・ : 笑 : ・ ア メ リ カ ン ・ ス ク ー ル : 女 十 字 街 頭 : ・ 疎 林 へ の 道 ・ : 階 段 の あ が り は な : 注 解 小 島 信 夫 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 「 郷 里 の 言 葉 , の 場 所 小 島 信 夫 集 目 次 小 島 信 夫 文 学 紀 行 紅 野 敏 郎 / 日 高 昭 一 一 四 三 一 平 光 善 久 矍 九 四 咒 進 藤 純 孝 噐 九 足 立 巻 一 一 「 : 一 一 四 五

現代日本の文学 44 小島 信夫 庄野 潤三 集


吃 音 学 院 ・ : 笑 : ・ ア メ リ カ ン ・ ス ク ー ル : 女 十 字 街 頭 : ・ 疎 林 へ の 道 ・ : 階 段 の あ が り は な : 注 解 小 島 信 夫 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 「 郷 里 の 言 葉 , の 場 所 小 島 信 夫 集 目 次 小 島 信 夫 文 学 紀 行 紅 野 敏 郎 / 日 高 昭 一 一 四 三 一 平 光 善 久 矍 九 四 咒 進 藤 純 孝 噐 九 足 立 巻 一 一 「 : 一 一 四 五