検索 - みる会図書館

全データから 28948件見つかりました。
図説 ロンドン 都市と建築の歴史

主な参考文献・図版引用文献 蛭川久康・櫻庭信之・定松正・松村昌家・ P. スノードン編著「ロンドン 事典」大修館書店 2002 年 ヒュー・クラウト編「ロンドン歴史地図」 ( 中村英勝監訳 ) 東京書籍 1989 ・ 97 年 R. D. オールティック「ロンドンの見世物 I ・Ⅱ・Ⅲ」 ( 小池滋監訳 ) 国書 刊行会 1989 ・ 90 年 ェドワード・ラザファード「ロンドン上下」 ( 鈴木主税・桃井緑美子訳 ) 集英社 2001 年 アンドルー・セイント、ジリアン・ダーリー「図説ロンドン年代記上下」 ( 大出健訳 ) 原書房 1997 年 クリストファー・ヒパート『ロンドン一一ある都市の伝記」 ( 横山徳爾訳 ) 朝日選書 1997 年 小池滋『ロンドン一一世界の都市の物語』文春文庫 1999 年 出口保夫編紲紀末のイギリス」研究社出版 1996 年 長谷川如是閑「倫敦 ! 倫敦 ? 」岩波文庫 1996 年 鈴木博之「ロンドン一 - 一地主と都市デザイン」ちくま新書 1996 年 東秀紀「漱石の倫敦、ハワードのロンドン一一・田園都市への誘い」中 公新書 1991 年 小池滋「ロンドン一一ほんの百年前の物語」中公新書 1978 年 出口保夫「ロンドン塔ーー光と影の九百年」中公新書 1993 年 桜井武「ロンドンの美術館ーーー王室コレクションから現代アートまで』平 凡社新書 2008 年 清水品子「ロンドンの小さな博物館』集英社新書 2003 年 湯浅慎ー「フリーメーソン一一その思想、人物、歴史」中公新書 小野二郎「ウィリアム・モリスーーラディカル・デザインの思想」中公新書 小林章夫『コーヒー・ハウスーー 18 世紀ロンドン、都市の生活史』講談 本城靖久「グランド・ツアーー - ー良き時代の良き旅』中公新書 1983 年 1990 年 1973 年 社学術文庫 2000 年 多木浩二「眼の隠喩ーー視線の現象学」ちくま学芸文庫 2008 年 高山宏「カステロフィリアーー - 記憶・建築・ピラネージ」作品社 1996 年 高山宏「テクスト世紀末」ポーラ文化研究所 1992 年 2007 年 高山宏「近代文化史入門ー -- ー超英文学講義」講談社学術文庫 幾子訳 ) 品文社 1986 年 E. H. ゴンプリッチ「アビ・ヴァールプルク伝ーー -- ある知的生涯」 ( 鈴木杜 1975 年 アーサー・ラヴジョイ「存在の大いなる連鎖」 ( 内藤健二訳 ) 品文社 フランシス・ A ・イエイツ『記憶術」 ( 青木信義他訳 ) 水声社 1993 年 フランセス・ A ・イエイツ紲界劇場」 ( 藤田実訳 ) 品文社 1978 年 ウィリアム・モリス眠衆の芸術』 ( 中橋一夫訳 ) 岩波文庫 1953 年 術出版 1994 ~ 96 年 ジョン・ラスキン「ヴェネッィアの石 I ・Ⅱ・Ⅲ」 ( 福田晴虔訳 ) 中央公論美 ジョン・ラスキン「建築の七燈」 ( 杉山真紀子訳 ) 鹿島出版会 1997 年 1997 年 スティープ・ジョーンズ「恐怖の都・ロンドン」 ( 友成純一訳 ) ちくま文庫 講談社選書メチェ 1999 年 見市雅俊「ロンドン = 炎が生んだ世界都市ーーー大火・ベスト反カソリック」 川崎寿彦「庭のイングランドーー風景の記号学と英国近代史」名古屋大 ロビン・フッドからチャタレー夫人まで」 荒俣宏「目玉と脳の大冒険ーー - 博物学者たちの時代」ちくま文庫 143 学出版会 1983 年 平凡社ライプラリー 1997 年 川崎寿彦「森のイングランド 1992 年 川崎寿彦「楽園と庭ーーイギリス市民社会の成立』中公新書 1984 年 遠山茂樹「森と庭園の英国史」文春新書 2002 年 出口保夫「物語大英博物館ーー二五〇年の軌跡」中公新書 2005 年 松村昌家「水品宮物語ーーロンドン万国博覧会 1851 」ちくま学芸文庫 2000 年 ジュリアン・ハックスリー「ジュリアン・ハックスリー自伝 1 ・ 2 」 ( 太田芳三 郎訳 ) みすず書房 1973 年 s. E. ラスムッセン「ロンドン物語ーーその都市と建築の歴史」 ( 兼田啓一 訳 ) 中央公論美術出版 1987 年 S. E. ラスムッセン「近代ロンドン物語ー一都市と建築の近代史」中央公 論美術出版 1992 年 大場建治「ロンドンの劇場』研究社出版 1975 年 鵜飼哲矢「ロンドンの近現代建築ーーー古い都市が生み出した新しい空 間」 ( 建築巡礼 39 ) 丸善 1998 年 連健夫「イギリス色の街ーー -- 建築にみる伝統と創造性」技報堂出版 1996 年 浜田邦裕「ロンドン・アヴァンギャルド」鹿島出版会 1997 年 谷川俊太郎・長谷川堯・前田愛「チュビスム宣言」 Parco 出版 1982 年 G. ヴェヴァーズ「ロンドン動物園 150 年」 ( 羽田節子訳 ) 築地書館 1979 年 鈴木博之「建築の世紀末」晶文社 1977 年 ニコラス・ペヴスナー「モダン・デザインの展開ーー -- モリスからグロピウスま で』 ( 白石博三訳 ) みすす書房 1957 年 アドルフ・ロース「装飾と犯罪ーー建築・文化論集」 ( 伊藤哲夫訳 ) 中央 公論美術出版 2005 年 アーキグラム編「アーキグラム』 ( 浜田邦裕訳 ) 鹿島出版会 1999 年 渡邉研司・松本淳・北川卓編「イギリス / アイルランド / 北欧 4 国」 ( 世界 の建築・街並みガイド 2 ) ェクスナレッジ 2003 年 大橋竜太「英国の建築保存と都市再生歴史を活かしたまちづくりの 歩み」鹿島出版会 2007 年 ワシシトフ・ポミアン「コレクション - ー趣味と好奇心の歴史人類学」 ( 吉 田誠・吉田典子訳 ) 平凡社 1992 年 ジョン・エルスナー、ロジャー・カーディナル編「蒐集」 ( 高山宏他訳 ) 研 究社出版 1998 年 磯崎新「サー・ジョン・ソーン美術館 [ 19 世紀 ] 」 ( 磯崎新の建築談義 # 11 ) 六耀社 2004 年 菅靖子「イギリスの社会とデザイン一一モリスとモダニズムの政治学」彩 流社 2005 年 Tecton 建築事務所「テクトン防空の計画一一特に避難所の計画に就い て」 ( 碓井憲一訳 ) 東光堂書店 1942 年 パトリック・ゲデス『進化する都前 ( 西村一朗訳 ) 鹿島出版会 1982 年 ダーシー・トムソン「生物のかたち」 ( 柳田友道他訳 ) 東京大学出版会 1973 年 「建築世界」 1938 年 4 月号建築世界社 1938 年 ァンドレア・パラーディオ「パラーディオ建築四書注解」 ( 桐敷真次郎訳 ) 中央公論美術出版 1997 年 SD 編集部「アンドレア・パラディオ 1508-1580 」鹿島出版会 1982 年 「チュビスム宣言 (vol. I)J parco 出版 1982 年 リュック・ヌフォンテーヌ「フリーメーソン」 ( 村上伸子訳、吉村正和監修 ) 創元社 1996 年 栂正行「コヴェント・ガーデンロンドンで一番魅力的な広場」河出書 房新社 1999 年 フランク・ジェンキンス「建築家とパトロン 16 世紀から現代までの建 築家の職能と実務の史的研究」 ( 佐藤彰、五島利兵訳 ) 鹿島出版会、 1977 年

世界 2016年07月号

平野芳英 水島治郎編 判 280 頁片山厚志・スペシャル取材班 岩波新書 240 頁 加日刊 古代出雲を歩く 5 日刊密室の戦争発掘・日本人捕虜の肉声 変貌する保守 四六判 216 頁 ー保守主義とポピュリズムをめぐる欧州比較政治学ー 日刊 深町英夫 嘉糠洋陸 岩波新書 256 頁 孫文 〈岩波科学ライプラリー〉 日刊 判 96 ・頁 ー近代化の岐路ー 判 128 頂共同通信「戦争証言一取材班編 なぜ蚊は人を襲うのか 5 日刊 語り遺す戦場のリアル 四六判 272 頁 奥山俊宏 岩波新書 256 頁 小林美希 1 日 . 日刊 秘密解除ロッキード事件 磋峨井勝・杉本裕明 ルポ看護の質 判 72 一貝 〈岩波ブックレット〉 〈リーディングス戦後日本の思想水脈 2 〉 5 日刊 ディーゼル車に未来はあるか 岩波新書 240 頁 金森修・塚原東吾編 祖田修 ー排ガス偽装との脅威ー 日刊 自可獣圭ロ動物たちと、どう向き合うか 科学技術をめぐる抗争判 3 2 頂 1 日・甲一 松沢弘陽・植手通有・平石直昭編 張竸・村田雄一一郎編 / 飯塚容・及川淳子・ テレビ「」取材班編 定本丸山眞男回顧談田 王雪萍・小野寺史郎・篠崎美生子・ <t-n 判 320 一貝 鈴木将久編集協力 岩波現代文庫 3 2 頂綾瀬はるか「戦争」を聞くⅡ 岩波ジュニア新書 2 3 2 頁 1 日羽 . 1 日羽 . り〈日中の 120 年文芸・評論作品選 5 〉 日刊 あ蜜月と軋み 岩波現代文庫 288 頁 小森陽一 日刊共同通信社会部編岩波ジュニア新書 224 頁 漱石を読みなおす 合高橋宏幸訳 場カエサル戦記集アレクサンドリア戦記 代記者たちが出会った戦争日刊 大塚敦子 ー激戦地を歩くー るアフリカ戦記ヒスパーニア戦記 四六判 288 頁大、そして猫が生きる力をくれた さ 【再録】日刊 ー介助大と人びとの新しい物語ー 岩波ジュニア新書 2 5 6 頁 小西雅子 岩波現代文庫 2 2 頂地球温暖化は解決できるのか日刊 判 368 頁 変菊地文雄〈岩波数学叢書〉 1 日舸 . リ協定から未来へ ! 1 日羽 . は数値解析 岩波現代文庫 240 頁 大石芳野 行伊藤智永 日刊〈岩波講座現代 8 〉 5 判 3 0 4 頁 四六判 224 頂沖縄若夏の記憶 佐藤卓己編 刊忘却された支配 幻日舸・ 日刊 ー日本のなかの植民地朝鮮ー 学習する社会の明日 目 峠三吉 岩波文庫 160 頁 書福嶋伸洋 1 日旧・ 四六判 160 頂原爆詩集 幻日・ 〈岩波講座教育変革への展望 3 〉 〕リオデジャネイロに降る雪 佐藤学・秋田喜代美・志水宏吉・判 288 頁 本ー祭りと郷愁をめぐる断想ー 鈴木大拙 岩波文庫 368 頁 小玉重夫・北村友人編集委員 日刊 1 日甲 四六判 192 頁浄土系思想論 の井田喜明〈岩波現代全書 2 〉 変容する子どもの関係 2 日刊 刊定人類の未来と地科学 パスカル / 塩川徹也訳 岩波文庫 512 頁 z スペシャル取材班 ハンセ e ヴィンス・ヴォーター作 店行吉田茂と岸信介自民保守・二大潮流の系譜 原田勝訳 四六判 208 頁藤井淑禎編 岩波文庫 288 頁 ーポーイ 書刊 1 日羽 . 日刊漱石紀行文集 波月 マージェリー・シャープ作 岩波新書 256 頁 一石 7 〈ひとびとの精神史 9 〉 四六判 304 頁村井章介 岩波少年文庫 2 56 頁 日刊渡辺茂男訳 % 日刊分裂から天下統一へ 震災前後 ミス・ピアンカダイヤの館の冒険燔日刊 シリーズ日本中世史④ー 2000 年以降 四六判 296 頁 8 日刊

世界 2016年08月号

四六判 192 頁檀上寛 永田和宏・永田淳・永田紅編四六判 336 頁佐藤正明 % 日刊天下と天朝の中国史 あなた河野裕子歌集 4 日刊まんが政治政治まんが ー 7 人のソ 1 リの 2 年ー 庵功雄 加藤典洋 菅英輝 判 352 頁やさしい日本 四六判 288 頁 日刊 ー多文化共生社会へ 災後と戦後 冷戦と「アメリカの世紀」 4 日刊 ー政治・社会論集ー ーアジアにおける「非公式帝国」の秩序形成ー 祖田修 杉本均編 判 248 頁自 2 獣圭ロ動物たちと、どう向き合うか 岩波新書 240 頁 日刊 東京新聞・中日新聞経済部編四六判 224 頁プータン王国の教育変容 4 日刊 【再録】四日刊 人びとの戦後経済秘史 ー近代化と「幸福」のゆくえー 渡辺将人 岩波新書 240 頁 山本秀也 判 80 頁 日刊 〈リーディングス戦後日本の思想水脈 3 〉 アメリカ政治の壁 4 日刊 〈岩波ブックレット〉 字野重規編 ー利益と理念の狭間でー 判 352 頁南シナ海でなにが起きているのか 絽日刊 訂民主主義と市民社会 ー米中対立とアジア・日本ー 岩波ジュニア新書 240 頁 家正則 り 1 日 あ 、ツブル字宙を広げた男 四六判 272 頁河合隼雄 / 河合俊雄編岩波現代文庫 320 頁ノ が大田昌秀・佐藤優 1 日 8 日刊〈物語と日本人の心〉コレクションⅡ 吉川幸次郎著 / 興膳宏編〈杜甫詩注〉 合沖縄は未来をどう生きるか 1 物語を生きる 第十冊成都の歌判 344 頁 る ー今は昔、昔は今ー 幻日刊 れ 四六判 288 頁 猪熊葉子 松沢弘陽・植手通有・平石直昭編 1 日甲 〈岩波講座教育変革への展望 4 〉 更大人に贈る子どもの文学 定本丸山眞男回顧談下 佐藤学・秋田喜代美・志水宏吉・判 288 頁 変 小玉重夫・北村友人編集委員 岩波現代文庫 4 00 頁 日刊 日鈴木大裕 四六判 208 頁 片日刊学びの専門家としての教師 術崩壊するアメリカの公教育幻日刊 柴崎聰編 岩波現代文庫 368 頂ュリアン・プレス作・絵 / 大社玲子訳 ー日本への警告ー 片日 目 石原吉郎セレクション くろグミ団は名探偵石弓の呪い 書 菊判 128 頁 〕藤森品子〈岩波現代全書〉 横光利一 4 日刊 岩波文庫 608 頁 1 日甲 既本丸刈りにされた女たち四六判 192 頂 旅愁田 セシル・ジョスリン文 / モーリス・センダック絵 の「ドイツ兵の恋人」の戦後を辿る旅 たにかわしゅんたろう訳判変型 48 頁 中村健二訳 岩波文庫 512 頂そんなときなんてい、つ ? 【再録】 4 日刊 日・甲 キ 1 ッ詩集 新予橘省吾 判 128 一良 IH 〈岩波科学ライプラリー〉 セシル・ジョスリン文 / モーリス・センダック絵 幻日刊九鬼周造 判変型 48 頁 岩波文庫 416 頁こみやゅう訳 店星くすたちの記憶 書甲 人間と実存 日刊そんなときど、つする ? 【再録】 4 日刊 ー銀河から太陽系への物語ー 皮月 エリー・シャープ作 ルソー / 増田真訳 岩波少年文庫 240 頁 岩波文庫 176 頁渡辺茂男訳 落合理〈岩波数学叢書〉 判 384 頁一言起源論 1 日嚼・ 幻日刊 ミス・ピアンカひみつの塔の冒険片日刊 岩澤理論とその展望下 ー旋律と音楽的模倣についてー 岩波新書 304 頁 四日刊 岩波新書 256 頁 四日刊

世界 2016年08月号

新刊案内に表示した発売日は小社出庫日です 7-2016 ・ 6 月四日発売一九七〇年代朝鮮半島冷戦に関する試論的考 7 月ロ万本体 85 。円 2 察 : ・木宮正史 さ 田 5 目 5 7 月号 本体 14 。。円 ◆年間購読料 10 、 000 円 ーグローバル冷戦のデタント化と韓国外交ー ( 税込・臨時増刊号を除く ) ◆年間購読料概算 22 、 200 円 現代中東と帝国 : 木村正俊《特集》非立憲政治を終わらせるために 送特集“歴史における国際政治 ー「危機の構図」再考ー 憤りはどう具現化されるかーーー一一〇一六年参議院選挙 Ⅱご国家の歴史政治学・ : 川有美 : 中野晃一 東京大学法学部における「国際政治史」の百年の政治史的意味 : ーレヴァイアサン却を超えてー 増殖する差別政治 : : 内橋克人 : 今野元 小林誠 % 国際政治学の問題設定 : 市民の政治のつくりかたーーー野党共闘・北海道 5 区 ー紳川彦松・横山信・高橋進・ディアドコイー ー駆け抜ける権力をどう捕捉するかー 補選の記録・ : ・ : 池田真紀 〈対談〉九条もう一つの謎・ : : : 柄谷行人 x 大澤真幸 係冷戦後の先進諸国における途上国認識・政策〈名著再考〉「国際政治史」というプロジ、クト ・増島建 : 田村洋三 読配置 : 網谷龍介新安保法制法は違憲である : 部ー介入と主権の相克ー ー高橋進「国際政治史の理論」の射程ー 〈インタビュー〉熊本ーー地震と水俣と : ・石牟礼道子 業東帝国をめぐる「文化外交」 : ・ : 石田憲 辺野古ーー・国家の暴力はやんでいない : : ・目取真俊 ー伊英関係におけるマルタ言語問題ー 【思想の言葉】 ・石田憲 オパマ大統領広島訪問の先を考える : ・秋葉忠利 話振 ヨーロッパを覆う新たな「鉄のカーテン」 : ・木村伊量 〈ガルブレイス没後一〇年対談〉歴史に残る社会科学者 も郵 の条件 : ・ ・ : 伊東光晴 x 中村達也 ・ 6 月日発売【連載】 三菱マテリアル中国人強制労働事件和解 : : ・内田雅敏 本庶佑ポスト・オリンピックの社会のために 本体 1333 円がんは治る : : 槇文彦、中村勉、大野秀敏 ◆年間購読料概算 17 、 280 円くりこみ理論誕生のころ : ・ 亀淵迪 す公 〈インタビュー〉世界は長期停滞から抜け出せるか 櫞と特集 = 気候変動をめぐる社会の力学 : —J ・サマーズ、聞き手Ⅱ O ・スミック 動く大地に住まう : ・ ・中谷礼仁 だ環クライメイト・デセプション パナマ文書事件ーー国際錬金術師の影 : : ・ : 赤木昭夫 ー化石燃料産業の内部メモが暴きだす ・一一以後の科学リテラシー・牧野淳一郎終わりゆく帝国と「第一一のプラザ合意」・ = : ・進藤榮一 し書長年の情報隠蔽操作 : : : 憂慮する科学者同盟パラサイトの惑星 : ・ 小澤祥司〈鼎談〉時代の危機に向き合う歌人 ・ : 大口玲子 x 鳥居 x 吉川宏志 原発と地球温暖化問題との錯綜した関係 ー地球生命系をあやなす寄生生物たちー 平和と安定の大局観をーーー台湾新総統に蔡英文氏就任 ・明日香壽川 ・ : 岡田充 深読み ! 「せいめいのれきし改訂版」 お料 真鍋真 で送福島事故 5 年後の原子力安全規制】現状と将 勝田忠広東京電力原発事故の情報公開 : : : : : 木野龍逸 来の課題・ 環境と公害囂 売料 ・ 7 月日発売 本体 12 。 0 円 ◆年間購読料 1 年 5000 円、 2 年 9000 円 の購 く間 近年 コンピュータソフトウェア . 基盤システムの現在 = 第巻 / 第 3 号 お ・ 7 月日発売 第巻 / 第 3 号〔季刊〕 川島英之経済研究 は 本体 18 。。円 本体 19 。 5 円 ・ 7 月日発売 読ま 〈チュートリアル〉 ◆年間購読料概算 7780 円 ◆年間購読料概算 8230 円 企業における Ocncn 活用の実際 期け特集“ネットワーク技術 、第巻 / 第 3 号 のお〈特集解説〉 ・野村佳秀・木村功作・福寄雅洋・谷田英生攵学一 誌て情報指向ネットワーク技術におけるプロトタ〈フォーラム〉 本体 945 円 ・ 7 月 % 日発売 イプ実装と評価手法 : ・ : 朝枝仁・松園和久日本語書記技術論のすすめ : 小林龍生 ◆ ◆年間購読料概算 4084 円 。《科学 , 月号 世界

小説すばる2020年12月号

※表示価格は本体価格です。別途、消費税が加算されます。集ー央ネク ) 本 好評発売中 渡辺淳一 恋愛小説 セレクション 【全 9 巻】加 , 。ん ~ ん面 , ・ 男と女の濃密な 愛の物語、 、第 ' 。 , 溢れる人間讃歌。 人間の心の深層に迫る、渡 辺淳一の恋愛小説。その豊 穣な世界を全 9 巻に凝縮、 江戸千代紙 ( いせ辰謹製 ) をあしらった華やかな装幀 でお届けします。 第 7 回配本⑧うたカナ ) っ解説・村山由佳 ・本体 3 , 200 円 中年の作家・安芸は、着物デザイナーの抄子に心惹かれる。共に家庭を持っ 二人だが、性愛の深みに溺れ、戻る場所を失っていぐ・・。絢爛たる愛の逃避行。 く好評既刊〉・本体 ( 各 ) 2 , 200 ~ 3 , 200 円 ) 里予わ ( ナ ・・解説・白石一文 ①リラ冷えの街ー解説・桜木紫乃⑤化粧 ・・解説・林真理子 ②阿寒に果っ・・・・・解説・小池真理子⑥桜の樹の下で・・・・・解説・村松友視 ③無影燈 ・・・解説・加賀乙彦⑦ひとひらの雪・・・・・・・解説・高樹のぶ子 第 8 回配本 ( ①失楽原ト・・・解説・桐野夏生 1 2 月 5 日発売・本体 3 , 200 円 20 世紀を 集英社創業 90 周年記念企画 冒険の森へ 代表する 名作・傑作 第 18 回配本最新刊・発売中・本体 2 , 800 円 = 冒険の森一ふ " を ⑥追跡者の宴 五木寛之。 ~ 尹第 : い。 一生島治郎 ' 、 逃亡者と追跡者の間に生まれるサスペンス満点のハードボイルド 山本五 / 都筑道 - / 簡井康隆 長編に、く追跡〉をキーワードに描かれる短掌編も合わせた 13 編。 高城高 / 中英 / 夢眈獲 ~ 物垣足穗 / 星新一 【短編】嵩城嵩「汚い波紋」 / 都筑道夫「まだ日が高すぎる」 中薗英助「外人部隊を追え」 / 山本周五郎「ひとごろし」 筒井康隆「走る取的」 【掌編・ショートショート】稲垣足穂「お月様とけんかした話」 誌理の逃な 集英社制業周年 吉行淳之介「追跡者」 / / 小泉八雲「むじな」 / 城昌幸「花結び」 解かげせ 置険の森へ 夢枕獏「二階で縫いものをしていた祖母の話」 / 星新一「復讐」 窄せ ? る 作小ー まミ 6 く好評既刊〉①③④⑤⑦⑧⑨⑩⑩⑩⑩⑩⑩⑩⑩⑩⑩⑩・本体 ( 各 ) 2 ℃ 00 円 ~ 3 ℃ OO 円・ 1 2 月 5 日、全 20 巻完結・セット定価・本体 55 , 000 円 「冒険の森へ」特設サイト >http://www.shueisha.co.jp/bouken ー 龜諸の第 とりてき

小説すばる2017年1月号

名作の巻末に名解説あり。一一倍読みたくなること請合いの文庫本ガイドー 池上冬樹のこの文庫解説がすごいー 税 十 円 庫 0 文 潮体 新本 ク阿川と最初に口をきいたのは、昭和二十七かがわかる。吉行しかり、遠藤周作しかり、あっても、真冬に北風の来ない日溜まりで温 年の五月の末だったと思うクという文章からもちろん阿川しかり。たとえば阿川は、「宮かさを味わえるような場、というものがあっ 三浦朱門の解説は始まる。「現在の会」とよ脇俊三さんを悼む」という追悼文でも、病気たはすだ。阿川の作品は戦時中をテーマにし ばれる文筆業の新人たちの集会があり、そのに襲われた晩年の悲痛な様子からはじめてても、戦後をテーマにしても、誠実に生き 年のメーデー参加者が警官隊に突撃した話をも、最後は宮脇の中央公論時代の結婚式の話て、それなりに時代に適応しながらも、その 武勇伝のように語るので、阿川弘之が、文学で締める。嶋中社長がみ率直に申しますと、時代の光と影、ぬくもりと厳しさを書いてい の集まりであって政治集会ではないといったお二人とも再婚ですが、出版社にとって、再る、という印象を私は感じているツと。 ら厳しく批判を受け、阿川、三浦、吉行淳之版を出すのは、誤植も無くなりますし、まこ ク阿川が死んだ今、戦時中のことを語り、書 介、庄野潤三、島尾敏雄が退席してタクシー く者がまた一人消えてしまったという喪失感 とにめでたいことでクというみ洒落たスピ 1 で吉行の家に向かった。それが交流の始まりチを紹介して微苦笑を添えるのである。 を私は覚えている。ある時代を語るには、歴 で「第三の新人」の原型になったという。 阿川の文章は師匠の志賀直哉に関するもの史学者の文章だけでは不十分である。その時 はじめてのとき三浦は、阿川に「今、何をが目立つ。『暗夜行路』の印象が強くて、クき代を生き、その時代を描写した芸術家たちが 書いていらっしやるんですか」ときいた。そびしく近寄りがたい孤高の芸術ツのように思存在して、後世の者がその作品を理解するな うすると「うーん、サンデー毎日でね」とい われるが、それは誤解でク人にのびのびとしら、その時代の光と影を知ることができるの さはや だ。その意味で、阿川の存在は貴重クとい う返答があり、サンデー毎日に阿川の連載がた爽かな読後感を与へる一筆描きのやうな小 あったかなと思ったら、毎日がサンデー、つ 品が少なくないし、ユーモラスなものもずゐう。淡々と交流を語り、文学の効用を語り、 まり何もしていないとい、つことだった。 ぶんある % 実際、三浦もまた阿川の小説世時代を語り、そして阿川の存在の重要さに焦 点をあてる。一刷毛の寂しさが滲むのもいい 解説といっても随筆の類で、第三の新人た界をさりげなく分析するのである。 ちの交流をユーモラスに綴る。近年新潮文庫ク人は戦争というのは如何に悲惨なものかと いけがみ・ふゆき靨年山形県生まれ。文芸評論家。著書 に「ヒーローたちの荒野」 ( 本の雑誌社 ) 、レピュー「あなたに から出た安岡章太郎の随筆集もそうだが、第 いうことばかり強調するが、その時代を生き 有利な証拠として」 (httpJ/wwwsakuranbo.cojp/specW 3 三の新人たちがいかにユーモアを大切にしたた者にとっては、たとえ厳しい戦争の最中に review/index. html) も随時更新中。 〈第九十一回〉阿川弘之『鮨そのほか』解説三浦朱門 し日 一そのほか何川弘之

世界 2016年08月号

6 月に刊行した本 7-2016 【リーディングス戦後日本の思想水脈 1 】全 8 巻 【岩波講座教育変革への展望 2 】全 7 巻 〔編集委員〕佐藤学・秋田喜代美・志水宏吉・ 【編集委き酒井哲哉・金森修・塚原東吾・ 小玉重夫・北村友人 宇野重規・鶴見太郎・苅部直・井上順孝・ 中島岳志・西部忠 社会のなかの教育 平和国家のアイデン一一 ・ : 判本体 3200 円 ・ : 判本体 4800 円 酒井哲哉編 【岩波講座現代 9 】全 9 巻 ョ 1 ロッパ・コ 1 リング デンタル情報社会の未来 ー地べたからのボリティカル・レポート ・ : 判本体 3400 円 佐藤卓己編 ・ : 四六判本体 1800 円 ブレイディみかこ・ さんしよくげいどん 1995 、 99 年一蚕食鯨一在世界はおいしい「さしすせそ」 人間晩年図巻 ・ : 四六判本体 1800 円 楊逸 ・ : 四六判本体 1900 円 関川夏央 立憲デモクラシー講座 憲法と民主主義を学びなおす蚕食鯨呑 山口ニ郎・杉田敦・長谷部恭男編 ・ : 四六判本体 1800 円 海を渡る「慰安婦」間題 0 ー右派の「歴史戦」を問う 山口智美、能川元一、テッサ・モーリスースズキ、 ・ : 四六判本体 1700 円 小山エミ : 大岡信の詩と真実 完訳論語 ・ : 四六判本体 2200 円 : ・四六判本体 28 。 0 円菅野昭正編 井波律子訳 果てなき便り フリーダ愛と痛み ・ : 判本体 3800 円 津村節子 ・ : 四六判本体 1800 円石内都 を給おいしお 、さし - すをそ」 【岩波科学ライプラリー】 幹細胞細胞・細胞・再生医療 ジョナサン・スラック ・ : 判本体 1400 円 八代嘉美訳 名張毒ぶどう酒事件自白の罠を解く ・ : 四六判本体 3600 円 浜田寿美男 上方漫才黄金時代 戸田学 【岩波現代全書】 戦後日本外交軌跡と課題 ・ : 四六判本体 2400 円 栗山尚一・ 【岩波現代全書】 戦後ドイツの抗議運動 ー「成熟した市民社会」への模索 井関正久 【岩波現代全書引】 選挙と議会の比較政治学 岩崎美紀子 【日中の脚年文芸・評論作品選 4 】全 5 巻 1 9 、 4 -0 ー 1 、ー 1 断交と連帯 〔編集〕張競・村田雄ニ郎 〔編集協力〕飯塚容・及川淳子・王雪萍・ 小野寺史郎・篠崎美生子・鈴木将久 ・ : 判本体 4200 円 ・ : 四六判本体 2200 円 : 四六判本体 2100 円 ・ : 四六判本体 2600 円 -4 2

世界 2016年07月号

「いろいろな事が、書けそうで、そのくせ書き 8 千葉俊ニ・長谷川郁夫・宗像和重編 出して見ると、何も書けない。」 ( 菊池寛「芥川円売 の事ども」 ) 。離れた故郷、別れた大切な人 13 引発 忘れえぬ生活の記憶を鮮やかに蘇らせる三十八 8 艙日 の日本近代随筆選 体 ( 解説。長谷川郁夫 ) ( 全三冊完結 ) 本緑引・ 3 思い出の扉篇。 結婚願望や貧乏生活、あるいは故郷沖縄のなっ 8 かしい風景やピキニ核実験を描いたものなど、円 推敲に推敲を重ね、ユ 1 モアにみちた、滋味掬 0 売 すべき詩を書き続けた沖縄の詩人山之ロ貘 ( 元 6 日 山之ロ貘詩集 体 0 三ー六一一 D のエッセンス。一五二篇を精選。 本緑叨・ 無実の罪で絞首刑を宣告されたエスメラルダを ュゴー / 辻昶・松下和則訳 円 ノ 1 トルダム大聖堂にかくまい、おずおずと 0 込売 した愛情で見守るカジモド。一方、エスメラル 0 2 4 発 ダへの想いに取りつかれたフロロは苦悩に満ち 12 甚日 ノ 1 トル“ダム・ド六リ 2 体 た愛の告白をするが : ・ ( 全ニ冊完結 ) 本赤引・ 大拙の英文著作のデビュー作。大乗仏教の本質 8 鈴木大拙 / 佐々木閑訳 円 を、二分野に分けて論じる。形而上学、思弁の 0 売 版 学、「思索的ーな面と、信仰の在り方、衆生済 6 2 4 発 13 日 一度のための「実践的」側面である。本書により、 大乗仏教概侖 体 初めて本格的に大乗仏教が西洋に紹介された。 本青引・ 刊 新 店庫開売九鬼周造随筆集死都プリュ 1 ジュ即興詩人Ⅲ 書文再発 アンデルセン / 大畑末吉訳上本体 78 。円 下本体 920 円 波版 岩 本体 660 円ローデンバック / 窪田般彌訳本体 600 円 上〈赤七四一ー一〉 4 白・ 3274 一一、 3C0 一 97 岩重・ 下〈赤七四一ー一一〉 4 。 3274 一 2 ・一 8 一 97 3 〈青一四六ー一一〉 4 占 933 一 46 甲 X 8 一 95 〈赤五七八ー一〉 4 占 932578 一ー 2 日一 97 高良勉編 菅野昭正編

岸信介 : 権勢の政治家

参考文献 ( 刊行年順 ) I 書籍 河村彌一郎編『田布施町誌』昭和 13 年 帆足計『統制会の理論と実際』新経済社 , 昭和 16 年 下村海南『終戦秘史』講談社 , 昭和 25 年 鳩山一郎『鳩山一郎回顧録』文藝春秋新社 , 昭和 32 年 吉本重義『岸信介伝』東洋書館 , 昭和 32 年 三木会編『三木武吉』三木会 , 昭和 33 年 河上丈太郎 ( 編集者代表 ) 『麻生久伝』麻生久伝刊行委員会 , 昭 和 33 年 北一輝「国体論及び純正社会主義」 , 『北一輝著作集』 ( 第一巻 ) みすず書房 , 昭和 34 年 北一輝「国家改造案原理大綱」 , 『北一輝著作集』 ( 第二巻 ) みす ず書房 , 昭和 34 年 西村熊雄『安全保障条約論』時事新書 , 昭和 34 年 通商産業省『商工政策史』 ( 第九巻 ) 商工政策史刊行会 , 昭和 36 年 吉野信次『おもかじとりかじーー裏からみた日本産業の歩み』 通商産業研究社 , 昭和 37 年 ・マッカーサー ( 津島一夫訳 ) 『マッカーサー回想記』 恒文社 , 昭和 39 年 迫水久常『機関銃下の首相官邸ーー 2 ・ 26 事件から終戦まで』 佐藤栄作『今日は明日の前日』フ = イス , 昭和 39 年 星野直樹『見果てぬ夢ー - 満州国外史』ダイヤモンド社 , 昭和 大野伴睦『大野伴睦回想録』弘文堂 , 昭和 37 年 ダグラス 38 年 ( 下 ) 朝日新聞社 , 昭和 39 年

文藝春秋2016年7月号

2020 年旧本の姿」 三浦瑠麗 小泉進次郎が安倍総理の後継に 大島真生 悠仁さま「帝王教育」スタート 本郷和人 オバマが日本の助つ人大臣になる 松原仁 人工知能作家が芥川賞を狙う 堀江貴文 フジテレビ社員 % リストラ 浅川芳裕 で日本は農業大国になる マイナス金利解除が招く国債暴落・ : : ・ : 水木楊 五味洋治 金正恩の妹が北の指導者に就任 牧原出 民進党は「改革」を捨てろ 名和利男 サイバー攻撃が交通網を襲う 松島泰勝 「琉球独立」は夢物語ではない 城繁幸 新卒一括採用から即戦力採用へ 西村欣也 プロ野球球団 4 リーグ制 崔碩栄 韓国にさらなる反日大統領誕生 岸博幸 - ク移民み地方創生を支える 大西康之・ : ( 東芝は「国有化」で原発専業 江川紹子 死刑執行「麻原神格化」が進む 幸田泉 ■「読売共同」新聞大再編 古市憲寿 保育園義務教育化なせできない 中村竜太郎 石飛幸三 多死社会で終末期医療が変わる 笠井亮平 インドと中露が敷く日本包囲網 : 浪川攻 ゅうちょ銀行含み益が消える・ 麻生幾 イスラム国対策に特殊部隊創設 城山英巳 習近平「民主化」受け入れ 山田久志・ : ) 新 大谷翔平メジャー勝本 経 坂口志文 ノ、花粉症を解消する新薬登場 産 ・ : 松江哲明 脱アイドル前田敦子が世界へ Q. Q. 古谷経衡 ネット右翼は駆逐される 牧野知弘 空き家一千万戸外国人が占拠 メ イ ナ マ 若者よ、歳選挙権はこう使え ア ロ 原田曜平博報堂若者研究所リーダー ビートたけし x ア ◎チュニジア博物館テロ遺族が初めて心境を明かす 成澤洋二 聞き手・柳田邦男 「イスラム国」に妻を殺されて ス 地方創生の鍵は「高齢者の街」だ硝 ~ 周平 新 桂歌丸「 ( ( 五十年蔵出し独演会 ! 高畑充希とと姉ちえと私は正反対です 冨田勝 3 日 日父・冨田勲は親バカでした 伊藤理佐・ : ) 三山喬 ーフがいる風旦示②多様なルーツを背負う新世代 ワ乙 LO マ考えるパズル・ マ丸の内コンフィデンシャル : ・ ( ) ベストセラーで読む マ三人の卓子・ マ霞が関コンフィデンシャル : ・ ( ) 日本の近現代史・佐藤優 : 4 土可 新聞エンマ帖 : マ詰将棋・詰碁・ イは -41 鼎談書評山内昌之 x ママガジンラック オヤジとおふくろ : 通 片山杜秀 x 井上章一 マスターは楽し・芝山幹郎 : マ蓋棺録 マ昭和のことば・鴨下信一 : マ広告情報館 マ今月買った本平松洋子・ マ新・養生訓・東嶋和子 : ・ : ) マゴルフ 著者は語る新書の窓 マ悠々山歩き・岩崎元郎 : マ目・耳・ロ 人声天語⑤坪内祐三 新世界地政学⑩船橋洋一・ : 伊集院静 文字に美はありや⑩ 浅田次郎 大名倒産④ 葉室麟 大獄⑦ マ日本の顔 ( 三村明夫 ) マ同級生交歓中野京子の名画が語る西洋史⑩ ( 「驚きの理由」 ) ▽豊饒 なるアンデス / 東京で進化する魅惑のベルー料理店▽もう一人の家族①蟹瀬誠一名作 x 名食 6 レイアウトⅡ鶴丈一一 5 ⑩ ( 角田光代 ) 小さな大物 ( 榎木孝明 ) マ文春ラウンジ ( 健康カ 3 ) 短歌・ : 藪内売輔 詩・ : 森本孝徳 ( 別 ) ◎ 俳句・ : 西村麒麟 没後四百年 BOOK 倶楽部 この人の月間日記 - ・に「 241 256 450 272 220 303 194 334