検索 - みる会図書館

全データから 212225件ヒットしました。

現代日本の文学 46 吉行 淳之介 北 杜夫 集


現 代 日 本 の 文 学 46 全 60 巻 吉 行 淳 之 介 北 杜 夫 集 昭 和 45 年 8 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 10 月 1 日 28 版 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 吉 行 淳 之 介 北 杜 夫 古 岡 滉 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 暁 印 刷 株 式 会 社 製 本 文 勇 堂 製 本 工 業 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 720 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 ◎ Junnosuke Yoshiyuki,Morio Kita 1971 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す Printed in Japan ISBN4 ー 05 ー 050256 ー 9 C0393

現代日本の文学 46 吉行 淳之介 北 杜夫 集


現 代 日 本 の 文 学 4 吉 彳 丁 享 之 介 4 ヒ 社 夫 集 北 尾 奥 足 一 川 井 伊 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 聖 夫 樹 男 夫 成 靖 整 学 習 研 究 社

現代日本の文学 46 吉行 淳之介 北 杜夫 集


吉 行 淳 之 介 集

現代日本の文学 11 芥川龍之介 集


現 代 日 本 の 文 学 芥 川 fiü 之 介 集 三 川 井 伊 北 尾 奥 足 僉 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 夫 成 靖 整 聖 夫 樹 男 学 習 研 究 社

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


現 代 日 本 の 文 学 43 阿 ) 日 弘 之 三 甫 朱 集 三 川 井 伊 龠 北 尾 奥 足 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 夫 成 靖 整 明 夫 樹 男 学 習 研 究 社

現代日本の文学 49 有吉 佐和子 瀬戸内 晴美 集


現 代 日 本 の 文 学 49 有 吉 佐 和 子 瀬 戸 内 晴 美 集 三 川 井 伊 龠 北 尾 奥 足 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 夫 樹 男 夫 成 靖 整 学 習 研 究 社

小説トリッパー 2013年冬季号


「 名 探 偵 論 争 」 の 二 十 年 後 に 起 き た の が 争 の 時 代 が あ 0 た 」 と 書 き 、 「 い ま 、 本 格 壇 . と い う 言 葉 も 、 ま だ 死 語 で は な か 0 「 匿 名 座 談 会 論 争 」 で 、 こ れ は 年 度 版 ブ ッ 的 な 文 学 論 争 が 行 わ れ な く な 0 て 久 し い 」 た 時 代 で は な い か と 思 い い た 0 た 。 文 士 と 書 い て い る 。 「 文 学 を め ぐ る 問 題 が 消 滅 と 文 壇 と 交 遊 録 に つ い て ま と め 読 み し て ク ガ イ ド 『 こ の ミ ス テ リ 1 が す ご い ! 』 の 恒 例 企 画 だ っ た 匿 名 座 談 会 を め ぐ る も し た わ け で は な い の だ が 、 人 々 は な ぜ か み た 。 「 名 探 偵 論 争 ー が 起 き る 少 し 前 、 遠 藤 周 の 。 匿 名 メ ン バ 1 と 彼 ら に 批 判 さ れ た 笠 口 を 閉 ざ し て 内 に 引 き こ も り 、 よ く い え ば 平 穏 な 、 わ る く い え ば 怠 惰 な 無 風 状 態 作 や 安 岡 章 太 郎 の 文 壇 ェ ッ セ イ が プ ー ム 井 潔 と の 論 争 に な る の だ が 、 匿 名 だ か ら に な っ た 。 遠 藤 の 『 ぐ う た ら 交 遊 録 』 は が つ づ い て い る 。 た ま に 論 戦 ら し き も の か 座 談 会 だ か ら か 、 あ る い は 両 方 だ か ら が あ っ た と し て も 、 中 身 の な い 罵 倒 や 弁 じ め 「 狐 狸 庵 」 シ リ 1 ズ や 、 安 岡 章 太 郎 か 、 「 名 探 偵 論 争 . に 比 べ る と 品 が 悪 い 品 が 悪 い か ら こ そ 読 者 ウ ケ す る 部 分 も あ 解 に 終 始 し て 、 議 論 が 少 し も 噛 み 合 わ な の 「 思 想 」 シ リ 1 ズ な ど で あ る 。 中 学 生 ・ 高 校 生 だ っ た ば く は 、 こ れ ら の 文 庫 を 読 い 」 と 続 く 。 る の だ ろ う が 、 推 理 小 説 の 本 質 を め ぐ る そ う な の だ 、 論 争 が 面 白 か っ た 時 代 が ん で 、 作 家 と い う の は な ん て お も し ろ い 言 葉 の や り と り よ り も 喧 嘩 の 部 分 ば か り 種 族 な の だ ろ う と 思 っ た 。 彼 ら の エ ッ セ あ っ た 。 で は ど ん な 時 代 だ っ た の か と い が 気 に な っ て し ま 、 つ 。 こ の 本 の 冒 頭 で 郷 原 は 「 か っ て 文 学 論 う と 、 そ れ は 「 文 士 、 と い う 言 葉 も 「 文 イ に は 吉 行 淳 之 介 や 北 杜 夫 、 阿 川 弘 之 、 柴 田 錬 三 郎 な ど が 登 場 し 、 く だ ら な い 下 ネ タ で 盛 り 上 が っ た り 、 互 い の 悪 口 を い っ た り し て 、 ま る で 中 学 生 男 子 の 日 常 の よ う だ っ た 。 い ま 、 作 家 同 士 の そ う し た 濃 密 な っ き あ い は あ ま り な い よ う に 思 う 。 安 岡 章 太 郎 『 文 士 の 友 情 』 は 、 そ ん な 古 き 良 き 時 代 を 思 い 出 さ せ る エ ッ セ イ 集 で あ る 。 「 吉 行 淳 之 介 全 集 』 の 月 報 に 連 載 し た エ ッ セ イ や 、 遠 藤 周 作 へ の 弔 辞 、 小 林 秀 雄 と の 対 談 、 吉 行 ・ 小 川 国 夫 と の 、 遠 藤 ・ 井 上 洋 治 と の 鼎 談 な ど も 収 録 さ れ て い る 。 若 き 日 の 文 士 た ち の 子 猫 が じ ゃ れ 合 う よ う な 交 遊 話 は 楽 し い け れ ど 、 各 々 郷 原 宏 『 日 本 推 理 小 説 論 争 史 』 ( 双 葉 社 ) 安 岡 章 太 郎 『 文 士 の 友 情 ー ー 吉 行 淳 之 介 の 事 な ど 』 ( 新 潮 社 ) 辻 邦 生 ・ 北 杜 夫 『 若 き 日 の 友 情 ー ー 辻 邦 生 ・ 北 杜 夫 往 復 書 簡 』 ( 新 潮 文 庫 ) 遠 藤 周 作 『 ぐ う た ら 交 友 録 』 ( 講 談 社 ) 中 村 真 一 郎 編 『 高 見 順 文 壇 日 記 』 ( 岩 波 書 店 ) 大 久 保 房 男 『 終 戦 後 文 壇 見 聞 記 』 ( 紅 書 房 ) 庄 野 潤 三 『 文 学 交 友 録 』 ( 新 潮 文 庫 ) 野 坂 昭 如 『 文 壇 』 ( 文 春 文 庫 ) 大 村 彦 次 郎 『 文 壇 挽 歌 物 語 』 ( ち く ま 文 庫 ) 荒 川 洋 治 『 渡 世 』 ( 筑 摩 書 房 ) 261 文 壇 を な っ か し む 10 冊

現代日本の文学 Ⅱ― 10 五木 寛之 野坂 昭如 集


現 代 日 本 の 文 学 I イ 0 五 木 寛 之 野 坂 昭 如 集 〈 監 修 委 員 〉 伊 藤 整 井 上 靖 川 端 康 成 ネ 三 島 由 紀 夫 究 〈 編 集 委 員 〉 習 足 立 巻 一 学 奥 野 健 男 尾 崎 秀 樹 北 杜 夫 ( 五 十 音 順 )

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


注 解 阿 川 弘 之 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 阿 川 弘 之 集 目 次 阿 川 弘 之 文 学 紀 行 広 島 へ の 愛 着 と ふ し ぎ な る 御 性 格 春 の 城 年 年 歳 歳 霊 三 1 三 ロ 阪 田 寛 夫 哭 六 紅 野 敏 郎 噐 四 北 杜 夫 宅 哭 五

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


注 解 阿 川 弘 之 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 阿 川 弘 之 集 目 次 阿 川 弘 之 文 学 紀 行 広 島 へ の 愛 着 と ふ し ぎ な る 御 性 格 春 の 城 年 年 歳 歳 霊 三 1 三 ロ 阪 田 寛 夫 哭 六 紅 野 敏 郎 噐 四 北 杜 夫 宅 哭 五