検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 11 芥川龍之介 集

現代日本の文学 11 芥川龍之介 集から 10000件見つかりました。
1. 現代日本の文学 46 吉行 淳之介 北 杜夫 集

現代日本の文学 46 全 60 巻 吉行淳之介 北杜夫 集 昭和 45 年 8 月 1 日初版発行 昭和 57 年 10 月 1 日 28 版発行 著者 発行者 発行所 吉行淳之介 北杜夫 古岡滉 学習研究社 東京都大田区上池台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振替東京 8 ー 142930 電話東京 ( 720 ) 1111 ( 大代表 ) 印刷大日本印刷株式会社 暁印刷株式会社 製本文勇堂製本工業株式会社 本文用紙三菱製紙株式会社 表紙クロス東洋クロス株式会社 製函永井紙器印刷株式会社 * この本に関するお問合せやミスなどがありましたら , 文書は , 東京都大田区上池台 4 丁目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学研お客さま相談センター現代日本の文学係へ , 電話は , 東京 ( 03 ) 7 加ー 1111 へお願いします。 OJunnosuke Yoshiyuki,Mori0 Kita 1971 本書内容の無断複写を禁す Printed in Japan ISBN4 ー 05 ー 050256 ー 9 C0393

2. 現代日本の文学 46 吉行 淳之介 北 杜夫 集

文学紀行Ⅱなだいなだ 評伝的解説Ⅱ磯田光一 監修委員編集委員 伊藤整足立巻一 井上靖奥野健男 川端康成尾崎秀樹 杜夫 三島由紀夫 吉行淳之介集 砂の上の植物群 焔の中 夏の休段 童謡 子供の領分 杜夫集 牧神の午後 霧の中の乾いた髪ス ~ 星のない街路 幽霊 ( 抄 ) 他七編 現代日本の文学 吉彳丁享之介 北杜夫 吉行淳之介集 杜夫 2 0 0 5 O O ・ . 6 0 2 H 現代日本の文学 上高地より、穂高連峰を望む ( 北集「幽霊し 東京・銀座の夜の盛り場 ( 吉行集「技巧的生活」 ) 学研

3. SFマガジン 1972年10月号

・シリーズ る ・新しい文学的視野をひらく異色アンソロジー 3 ー 譜開 4 1 黒色の鬼オが選び上げた戦慄の恐イ 怖小説。星新一・遠藤周作・字能 異形の白昼 鴻一郎・曽野綾子・都筑道夫・戸 川昌子・笹沢佐保他¥ 6 8 0 男 ー現代恐怖小説集ー筒井康隆編 替話 特異なユーモア感覚で選んだ現代の ューモア小説の饗宴。遠藤周作・説 ②④ 田辺聖子・五木寛之・北杜夫・吉 房貶のアップルハイ 筒井康隆編行淳之介・野坂昭如¥ 680 ューモア小説フェスティバル・ー 推 い宴 読後「奇妙な味」の残る、しかも 後 「底味」のある作品を選んだ注目 のアンソロジー 。安岡章太郎・柴 風奇妙な味の小説 の派 作 ー現代異色小説集ー吉行淳之介編田錬三郎・河野多恵子他 \ 680 派ン 秀 格マ 文学の美食家が選ぶ暗黒の超現実の 本ロ 作品群。泉鏡花・大坪砂男・埴谷望 暗黒のメルヘン 雄高・島尾敏雄・安部公房・三島 ①③ ー日本幻想小説集ー澁澤龍彦編由紀夫・倉橋由美子他¥ 760 透徹した批評眼で選び上げた兵士 五 4 の文学集。村山知義・黒島傅治・の 東東 兵士の物語 北川晃二・梅崎春生・大岡昇平・コ ノ全各 一兵卒の文学集ー大西巨人編中野重治・島尾敏雄他 \ 750 現代の推理小説 〈以下続刊〉

4. SFマガジン 1972年11月号

・シリーズ る ・新しい文学的視野をひらく異色アンソロジー 3 ー 9 譜開 4 1 4 1 一 異色の鬼才が選び上げた戦慄の恐イ 怖小説。星新一・遠藤周作・字能 異形の白昼 鴻一郎・曽野綾子・都筑道夫・戸 東 川昌子・笹沢佐保他 \ 6 8 0 男 ー現代恐怖小説集ー筒井康隆編 替話 特異なユーモア感覚で選んだ現代の ューモア小説の饗宴。遠藤周作・説 ②④ 田辺聖子・五木寛之・北杜夫・吉 房貶のアップルハイ 理 筒井康隆編行淳之介・野坂昭如¥ 68 。 ューモア小説フェスティバルー 推 後 読後「奇妙な味」の残る、しかも 譜饗 「底味」のある作品を選んだ注目 のアンソロジー。安岡章太郎・柴 風奇妙な味の小説 の派 作 ー現代異色小説集ー吉行淳之介編田錬三郎・河野多恵子他 \ 680 派ン 秀 格マ 文学の美食家が選ぶ暗黒の超現実の 本ロ 作品群。泉鏡花・大坪砂男・埴谷望 暗黒のメルヘン 雄高・島尾敏雄・安部公房・三島 ①③ ー日本幻想小説集ー澁澤龍彦編由紀夫・倉橋由美子他 \ 760 透徹した批評眼で選び上げた兵士 4 五 の文学集。村山知義・黒島傅治・の 東東 兵士の物語 北川晃二・梅崎春生・大岡昇平・コ ノを 一兵卒の文学集ー大西巨人編中野重治・島尾敏雄他¥ 750 ・エ 現代の推理小説 〈以下続刊〉

5. こころ(下)

新しい文学の時代を告知する、鋭気にみちた清新な文学全集ー 講談社版 / 全巻・別巻 1 安部公房 江藤淳 ■全巻内容 図堀田善衛 囲大江健三郎 小田実 島尾敏雄 1 野間宏 北杜夫三浦哲郎 ト島信夫 2 武田泰淳 引高橋和巳 3 埴谷雄高椎名麟三安岡章太郎 倉橋由美子 庄野潤三 4 花田清輝 河野多恵子大庭みな子 四吉行淳之介 5 梅崎春生 柴田翔丸谷才一柏原兵三田久保英夫 6 大岡昇平 加遠藤周作 古山高麗雄清岡卓行阿部昭坂上弘 幻阿川弘之三浦朱門 7 福永武彦 郎長谷川四郎開高健古井由吉李恢成丸山健一一高井有一 8 木下順一一中村真一 瀬戸内晴美曽野綾子訂黒井千次清水邦夫小川国夫後藤明生 9 杉浦明平深沢七郎 戦後 H 名作集 2 藤枝静男秋元松代四井上光晴 戦後Ⅱ名作集 吉本隆明 三島由紀夫 別巻戦後日本文学史・年表 石原慎太郎 貶井上靖 現代の文学

6. SFマガジン 1973年3月号

代 . ・シリーズ る 0 新しい文学的視野をひらく異色アンソロジー 3 1 譜開 4 1- 4 《一 1 異色の鬼才が選び上げた戦栗の恐イ 系一三ロ展 怖小説。星新一・遠藤周作・宇能 京 異形の白昼 鴻一郎・曽野綾子・都筑道夫・戸体、のの 東 川昌子・笹沢佐保他¥ 6 8 0 男 ー現代恐怖小説集ー筒井康隆編 」派派 替話 派′格会 特異なユーモア感覚で選んだ現代の ューモア小説の饗宴。遠藤周作・説 ②④ 田辺聖子・五木寛之・北杜夫・吉 房のアップルハイ 行淳之介・野坂昭如¥ 680 筒井康隆編 ューモア小説フェスティバルー 推 読後「奇妙な味」の残る、しかも 後 譜饗 「底味」のある作品を選んだ注目 のアンソロジー 。安岡章太郎・柴 風奇妙な味の小説 の派 作 ー現代異色小説集ー吉行淳之介編田錬三郎・河野多恵子他¥ 680 派ン 格マ 文学の美食家が選ぶ暗黒の超現実の 本ロ 作品群。泉鏡花・大坪砂男・埴谷望 暗黒のメルヘン 雄高・島尾敏雄・安部公房・三島渇、 ①③ ー日本幻想小説集ー澁澤龍彦編由紀夫・倉橋由美子他 \ 760 者田 透徹した批評眼で選び上げた兵士 4 の文学集。村山知義・黒島傅治・の 東東 兵士の物語 北川晃二・梅崎春生・大岡昇平・コ ノを 一兵卒の文学集ー大西巨人編中野重治・島尾敏雄他¥ 750 ^ 以下続刊〉 ロロ

7. SFマガジン 1972年9月臨時増刊号

・シリーズ る 0 新しい文学的視野をひらく異色アンソロジー 3 1 4 1 譜開 4 1 異色の鬼オが選び上げた戦慄の恐イ 怖小説。星新一・遠藤周作・宇能系 異形の白昼 東 川昌子・笹沢佐保他 \ 6 8 0 男 ー現代恐怖小説集ー筒井康隆編 替話 特異なユーモア感覚で選んだ現代の ューモア小説の饗宴。遠藤周作・説 ②④ 田辺聖子・五木寛之・北杜夫・吉 房貶のアップルハイ 、、 80 筒井康隆編行淳之介・野坂昭如 ューモア小説フェスティバルーー 推 読後「奇妙な味」の残る、しかも 後 「底味」のある作品を選んだ注目戦 のアンソロジー。安岡章太郎・柴 風奇妙な味の小説 の派 作 ー現代異色小説集ー吉行淳之介編田錬三郎・河野多恵子他¥ 680 派ン 秀 格マ 文学の美食家が選ぶ暗黒の超現実の 作品群。泉鏡花・大坪砂男・埴谷望 本ロ 暗黒のメルヘン ー日本幻想小説集ー澁澤龍彦編由紀夫・倉橋由美子他¥ 760 透徹した批評眼で選び上げた兵士 五 の文学集。村山知義・黒島傅治・の 東東 兵士の物語 」川晃一一・梅崎春生・大岡昇平・コ ノを 一兵卒の文学集ー大西巨人編中野重治・島尾敏雄他¥ 750 ^ 以下続刊〉 現代の推理小説 、員日

8. SFマガジン 1972年4月号

る ・新しい文学的視野をひらく異色アンソロジー 3 1 4 1 譜開 異色の鬼才が選び上げた戦慄の恐イ 怖小説。星新一・遠藤周作・宇能系 異形の白昼 川昌子・笹沢佐保他 \ 6 8 0 男 ー現代恐怖小説集ー筒井康隆編 替話 特異なユーモア感覚で選んだ現代の ューモア小説の饗宴。遠藤周作・説 ②④ 田辺聖子・五木寛之・北杜夫・吉小 房のアップルハイ 日、 8 0 筒井康隆編行淳之介・野坂昭女 ューモア小説フェスティバルーー 推 い宴 読後「奇妙な味」の残る、しかも 後 譜饗 「底味」のある作品を選んだ注目戦 のアンソロジー。安岡章太郎・柴 風奇妙な味の小説 の派 作 ー現代異色小説集ー吉行淳之介編田錬三郎・河野多恵子他 \ 680 派ン 格マ 文学の美食家が選ぶ暗黒の超現実の 本ロ 作品群。泉鏡花・大坪砂男・埴谷望 暗黒のメルヘン 雄高・島尾敏雄・安部公房・三島 ①③ ー日本幻想小説集ー澁澤龍彦編由紀夫・倉橋由美子他 \ 760 透徹した批評眼で選び上げた兵士 五 4 の文学集。村山知義・黒島傅治・の 東東 兵士の物語 北川晃二・梅崎春生・大岡昇平・コ ノを ー一兵卒の文学集ー大西巨人編中野重治・島尾敏雄他 \ 750 〈以下続刊〉 現代の推理小説

9. SFマガジン 1972年7月号

・シリーズ る ・新しい文学的視野をひらく異色アンソロジー 3 -1 9 譜開 4 1 異色の鬼オが選び上げた戦慄の恐イ 、一三ロ系展 怖小説。星新一・、遠藤周作・宇能系 京貯 異形の白昼 鴻一郎・曽野綾子・都筑道夫・戸体、のの ー現代恐怖小説集ー筒井康隆編川昌子・笹沢佐保他¥ 680 男 ー」派派 替話 派′格会 特異なユーモア感覚で選んだ現代の ューモア小説の饗宴。遠藤周作・説 ②④ 田辺聖子・五木寛之・北杜夫・吉 房貶のアップルハイ 理 筒井康隆編行淳之介・野坂昭如 \ 680 ューモア小説フェスティバル 推 読後「奇妙な味」の残る、しかも後 譜饗 「底味」のある作品を選んだ注目 のアンソロジー。安岡章太郎・柴 孑系の 風奇妙な味の小説 の派 作 ー現代異色小説集ー吉行淳之介編田錬三郎・河野多恵子他 \ 680 派ン 秀 格マ 文学の美食家が選ぶ暗黒の超現実の 本ロ 作品群。泉鏡花・大坪砂男・埴谷望 暗黒のメルヘン ー日本幻想小説集ー澁澤龍彦編由紀夫・倉橋由美子他 \ 760 00 ・ 0 00 ・《・ = 一 0 渇弋①③ 透徹した批評眼で選び上げた兵士 五 4 の文学集。村山知義・黒島傅治・の 東東 兵士の物語 北川晃二・梅崎春生・大岡昇平・コ ノを ー一兵卒の文学集ー大西巨人編中野重治・島尾敏雄他 \ 750 ^ 以下続刊〉

10. SFマガジン 1972年2月号

・シリーズ る 0 新しい文学的視野をひらく異色アンソロジー 3 ー 成、 9 9 譜開 4 1 異色の鬼オが選び上げた戦慄の恐イ 、一三ロ展 怖小説。星新一・遠藤周作・字能系 異形の白昼 鴻一郎・曽野綾子・都筑道夫・戸体、のの 川昌子・笹沢佐保他 \ 6 8 0 男 ー現代恐怖小説集ー筒井康隆編 ー」派派 替話 派′格会 特異なユーモア感覚で選んだ現代の ューモア小説の饗宴。遠藤周作・説 ②④ 田辺聖子・五木寛之・北杜夫・吉小 房貶のアップルハイ 、 6 8 0 筒井康隆編行淳之介・野坂昭如 ューモア小説フェスティバル・ー 読後「奇妙な味」の残る、しかも 後 譜饗 「底味」のある作品を選んだ注目戦 のアンソロジー。安岡章太郎・柴 風奇妙な味の小説 の派 作 ー現代異色小説集ー吉行淳之介編田錬三郎・河野多恵子他 \ 680 派ン 格マ 文学の美食家が選ぶ暗黒の超現実の 本ロ 作品群。泉鏡花・大坪砂男・埴谷望 暗黒のメルヘン 品 ー日本幻想小説集ー澁澤龍査編由紀夫・倉橋由美子他¥ 760 00 ・ 0 00 ・ 0 《・ = 一 0 渇弋①③ 透徹した批評眼で選び上げた兵士名 五 の文学集。村山知義・黒島傅治・の 東東 兵士の物語 北川晃二・梅崎春生・大岡昇平・コ ノを ー一兵卒の文学集ー大西巨人編中野重治・島尾敏雄他 \ ・ 750 ^ 以下続刊〉