検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集から 492件ヒットしました。

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


現 代 日 本 の 文 学 43 阿 ) 日 弘 之 三 甫 朱 集 三 川 井 伊 龠 北 尾 奥 足 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 夫 成 靖 整 明 夫 樹 男 学 習 研 究 社

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


注 解 阿 川 弘 之 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 阿 川 弘 之 集 目 次 阿 川 弘 之 文 学 紀 行 広 島 へ の 愛 着 と ふ し ぎ な る 御 性 格 春 の 城 年 年 歳 歳 霊 三 1 三 ロ 阪 田 寛 夫 哭 六 紅 野 敏 郎 噐 四 北 杜 夫 宅 哭 五

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


注 解 阿 川 弘 之 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 阿 川 弘 之 集 目 次 阿 川 弘 之 文 学 紀 行 広 島 へ の 愛 着 と ふ し ぎ な る 御 性 格 春 の 城 年 年 歳 歳 霊 三 1 三 ロ 阪 田 寛 夫 哭 六 紅 野 敏 郎 噐 四 北 杜 夫 宅 哭 五

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


三 浦 朱 門 文 学 紀 行 優 等 教 授 と み が た い 御 性 格 北 杜 夫 三 浦 朱 門 氏 ( 左 ) の 案 内 で 日 大 を 訪 れ 、 在 職 当 時 の 話 を 聞 く 北 杜 夫 氏 東 京 ・ 江 古 田 日 大 芸 術 学 部 中 庭 に て 撮 影

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


阿 川 弘 之 文 学 糸 己 彳 予 広 島 へ の 愛 着 と ふ し ぎ な る 御 性 格 「 春 の 城 」 の 舞 台 で あ る 広 島 ( 宇 品 港 ) を 取 材 中 の 北 杜 夫 氏

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


田 村 泰 次 郎 氏 と 香 港 に て 中 国 と の 国 境 付 近 で ( 昭 和 37 年 こ ろ ) 碑 弘 攻 氏 こ あ 山 和 ・ み 水 り を 躊 第 ~ い ) , 出 よ 氏 〔 ー 県 左 三 \ 島 達 児 て 川 鹿 に 石 上 の 之 左 「 山 本 五 十 六 」 で 新 潮 社 文 学 賞 を 受 賞 受 賞 パ ー テ ィ で 左 よ り 遠 藤 周 作 氏 吉 行 淳 之 介 氏 ( 昭 和 41 年 12 月 8 日 ) パ リ の 北 駅 に て 特 急 ミ ス ト ラ ル の 前 で ( 昭 和 年 ) 写 真 ( 上 ) の 同 パ ー テ ィ に 出 席 し た 左 よ り 石 坂 洋 次 郎 氏 弘 之 広 津 和 郎 氏 ( 昭 和 41 年 )

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


三 浦 朱 門 集 目 次 三 浦 朱 門 文 学 紀 行 優 等 教 授 と 撫 み が た い 御 性 格 冥 府 山 水 図 二 つ の 家 偕 老 同 穴 楡 の あ る 町 誠 実 な 他 人 爪 の 会 注 解 年 譜 三 浦 朱 門 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 ・ 毛 五 ・ 元 セ : 三 当 : 三 セ 五 紅 野 敏 郎 噐 九 阪 田 寛 夫 哭 = 装 幀 大 川 泰 央 写 真 搬 影 寺 久 保 信 哉 稲 葉 喬 作 品 校 正 矢 牧 住 子 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 東 弘 北 杜 夫 邑

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


三 浦 朱 門 集 目 次 三 浦 朱 門 文 学 紀 行 優 等 教 授 と 撫 み が た い 御 性 格 冥 府 山 水 図 二 つ の 家 偕 老 同 穴 楡 の あ る 町 誠 実 な 他 人 爪 の 会 注 解 年 譜 三 浦 朱 門 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 ・ 毛 五 ・ 元 セ : 三 当 : 三 セ 五 紅 野 敏 郎 噐 九 阪 田 寛 夫 哭 = 装 幀 大 川 泰 央 写 真 搬 影 寺 久 保 信 哉 稲 葉 喬 作 品 校 正 矢 牧 住 子 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 東 弘 北 杜 夫 邑

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


現 代 日 本 の 文 学 43 全 60 巻 集 昭 和 46 年 7 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 10 月 1 日 26 版 発 行 阿 川 弘 之 著 者 浦 朱 門 古 岡 滉 発 行 者 齡 学 習 研 究 社 発 行 所 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 暁 印 刷 株 式 会 社 製 本 株 式 会 社 若 林 製 本 工 場 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 7 加 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 OHiroyuki Agawa, Shumon Miura 1971 Printed in Japan 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す ISBN4 ー 05 ー 050253 ー 4 C0393

現代日本の文学 43 阿川 弘之 三浦 朱門 集


三 十 歳 「 修 介 の 電 話 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 長 女 佐 和 子 誕 生 。 昭 和 ニ 十 六 年 ( 一 九 五 一 ) 三 十 三 歳 一 月 、 「 修 介 の 結 婚 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 二 月 、 「 繰 上 け 卒 業 」 昭 和 一 一 十 九 年 ( 一 九 五 四 ) を 「 新 潮 」 に 発 表 。 「 江 南 楊 柳 」 を 「 心 」 に 発 表 。 四 月 、 長 男 尚 之 三 月 、 「 修 介 の 母 の 上 京 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 、 「 南 京 町 通 い 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 す る 。 『 魔 の 遺 産 』 を 新 潮 社 か ら 刊 行 。 四 月 、 「 吹 誕 生 。 五 月 、 「 春 」 を 「 日 本 評 論 」 に 発 表 。 六 月 、 「 志 賀 直 哉 先 生 の こ と 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 七 月 、 「 四 つ の 数 字 」 ( 後 に 『 春 の 城 』 の 雪 と 菜 の 花 」 を 「 小 説 公 園 」 に 発 表 。 六 月 、 「 材 料 さ が し 」 を 「 文 一 部 ) を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 、 「 修 介 の 招 待 日 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 学 界 」 に 発 表 。 七 月 、 「 野 藤 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 航 海 日 誌 」 を 「 別 冊 発 表 。 十 月 、 「 こ け し 」 を 「 文 芸 」 に 発 表 。 十 二 月 、 「 管 絃 祭 」 ( 後 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 九 月 、 「 和 歌 子 」 を 「 群 像 」 に 、 「 可 部 線 の エ ・ ヒ に 『 春 の 城 』 の 一 部 ) を 「 新 潮 」 に 、 「 お は っ 婆 さ ん 」 を 「 小 説 新 ソ ー ド 」 を 「 旅 」 に 発 表 。 十 月 、 「 文 芸 」 の 座 談 会 「 戦 後 作 家 は 何 を 書 き た い か 」 に 参 加 。 潮 」 に 発 表 す る 。 三 十 四 歳 昭 和 三 十 年 ( 一 九 五 五 ) 三 十 一 歳 昭 和 ニ 十 七 年 ( 一 九 五 一 l) 三 月 、 「 お さ と 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 七 月 、 「 赤 い 自 転 車 」 を 「 新 一 月 、 「 時 刻 表 を 読 む 楽 し み 」 を 「 旅 」 に 発 表 。 「 雲 の 墓 標 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 神 宮 外 苑 に て 」 を 「 世 界 」 に 発 表 。 い ま ま で 部 分 的 に 雑 潮 」 に 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 。 二 月 、 「 青 竹 の は な し 」 を 「 別 冊 文 藝 春 誌 に 発 表 し た 『 春 の 城 』 を 長 篇 に ま と め 新 潮 社 よ り 刊 行 。 八 月 、 秋 」 ( 四 十 四 号 ) に 、 「 食 堂 車 の 駅 弁 」 を 「 旅 」 に 発 表 。 三 月 、 「 旅 行 の 「 鱸 と お こ ぜ 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 、 「 五 平 と ビ ー ル 」 を 「 小 説 新 お す す め 」 を 「 旅 」 に 発 表 。 四 月 、 「 手 紙 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 潮 」 に 発 表 す る 。 十 二 月 、 「 ク ラ ス 会 」 を 「 文 芸 」 に 、 「 花 吹 雪 」 を 「 特 急 『 ハ ト 』 機 関 車 に 乗 っ て 」 を 「 旅 」 に 連 載 ( 五 月 ま 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 こ の 年 、 左 翼 の 友 人 た ち が 企 画 し た 同 人 で ) 。 五 月 、 文 庫 本 『 春 の 城 』 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 母 ぎ み 六 十 七 歳 雑 誌 「 現 代 」 に 加 わ っ た が 、 間 も な く 喧 嘩 別 れ で 脱 退 。 こ の 同 人 誌 で 死 去 。 八 月 、 「 武 者 小 路 先 生 の こ と 」 を 「 文 芸 ・ 武 者 小 路 実 篤 読 の 会 合 で し か し 、 吉 行 淳 之 介 、 三 浦 朱 門 、 安 岡 章 太 郎 ら と 識 り 合 い 本 」 に 発 表 。 九 月 、 「 に せ 車 掌 の 記 」 を 「 旅 」 に 発 表 。 十 一 月 、 ロ ッ ク フ ェ ラ ー 財 団 の フ ェ ロ ウ と し て 、 妻 み よ と 共 に 渡 米 。 子 供 二 人 に な っ た 。 三 十 二 歳 は 郷 里 の 兄 の 家 に あ ず け た 。 研 究 テ ー マ は 「 日 系 ア メ リ カ 人 の 社 会 昭 和 ニ 十 八 年 ( 一 九 五 三 ) 一 月 、 「 阿 蘇 」 を 「 小 説 公 園 」 に 発 表 。 「 切 抜 帖 」 ( 文 芸 時 評 ) を 三 と 生 活 」 。 ハ ワ イ に 一 か 月 、 の ち カ リ フ ォ ル ニ ア 州 パ シ フ ィ ッ ク ・ 譜 月 ま で 「 新 潮 」 に 連 載 。 「 文 学 界 」 の 座 談 会 「 新 人 作 家 文 学 を 語 る 」 グ ロ ー ヴ に 移 り 五 か 月 滞 在 。 十 二 月 、 「 網 野 菊 」 を 「 文 芸 」 に 、 「 志 に 出 席 。 一 一 月 、 「 瀬 戸 内 海 縦 断 の 旅 」 を 「 旅 」 に 発 表 。 『 春 の 城 』 に 賀 直 成 の 生 活 と 芸 術 」 を 「 文 芸 ・ 志 賀 直 哉 読 本 」 に 発 表 。 こ の 年 、 年 よ り 第 四 回 読 売 文 学 賞 に 選 ば れ 、 賞 金 十 万 円 も ら っ た 。 戦 後 初 め て 旅 に 出 る ま で 岩 波 書 店 版 「 志 賀 直 哉 全 集 」 十 七 巻 の 編 集 委 員 と し て 、 手 に し た 大 金 で あ っ た 。 三 月 、 「 煙 管 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 七 そ の 実 務 に た ず さ わ る 。 三 十 五 歳 月 、 長 篇 「 魔 の 遺 産 」 を 「 新 潮 」 に 連 載 ( 十 二 月 完 結 ) 。 八 月 、 「 夜 昭 和 三 十 一 年 ( 一 九 五 六 ) 襲 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 、 「 か も め 」 を 「 旅 」 に 発 表 。 十 一 月 、 四 月 、 『 雲 の 墓 標 』 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 夏 、 古 自 動 車 で ア メ リ カ 大