検索 - みる会図書館

検索対象: 舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめてから 281件ヒットしました。

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


梁 塵 秘 抄 の う た と 絵 五 味 文 彦 面 白 す ぎ る 日 記 た ち 鴨 下 信 一 新 ◆ 文 学 ・ こ と ば 春 小 松 達 也 江 戸 諷 詠 散 歩 秋 山 忠 彌 通 訳 の 英 語 日 本 語 文 ス コ ッ ト ラ ン ド の 漱 石 多 胡 吉 郎 江 戸 川 柳 で 読 む 平 家 物 語 阿 部 達 一 一 英 語 の 壁 マ ー ク ・ ピ ー タ ー セ ン シ 、 ー ク ス ピ ア は 誰 で す か ? 村 上 征 勝 江 戸 川 柳 で 読 む 忠 臣 蔵 阿 部 達 一 一 英 文 法 を 知 っ て ま す か 渡 部 昇 一 「 吾 輩 は 猫 で あ る 」 の 謎 長 山 靖 生 知 っ て 合 点 江 戸 こ と ば 大 野 敏 明 和 製 英 語 が 役 に 立 っ 河 口 鴻 三 尾 崎 翠 群 よ う こ と っ て お き の 東 京 こ と ば 京 須 偕 充 独 り で 学 べ る 英 会 話 塩 谷 紘 清 張 ミ ス テ リ ー と 藤 井 淑 禎 す ご い 言 葉 晴 山 陽 一 危 う し / 小 学 校 英 語 鳥 飼 玖 美 子 昭 和 一 一 一 十 年 代 松 本 清 張 の 残 像 高 島 俊 男 藤 井 康 栄 漢 字 と 日 本 人 こ れ で い い の か 、 藍 川 由 美 藤 沢 周 平 残 日 録 阿 部 達 一 一 日 本 語 と 韓 国 語 大 野 敏 明 に っ ぽ ん の う た 川 崎 洋 編 司 馬 遼 太 郎 と い う 人 和 田 宏 愛 と 憎 し み の 韓 国 語 辛 淑 玉 こ ど も の 詩 三 島 由 紀 夫 の 二 ・ 一 一 六 事 件 松 本 健 一 文 藝 春 秋 編 わ た し の 詩 歌 回 想 回 転 扉 の 三 島 由 紀 夫 堂 本 正 樹 あ え て 英 語 公 用 語 論 船 橋 洋 一 「 歳 時 記 」 の 真 実 石 寒 太 追 憶 の 作 家 た ち 宮 田 毬 栄 翻 訳 夜 話 柴 田 一 兀 幸 や つ あ た り 俳 句 入 門 中 村 裕 そ れ ぞ れ の 芥 川 賞 直 木 賞 豊 田 健 次 翻 訳 夜 話 2 柳 瀬 尚 紀 村 上 春 樹 広 辞 苑 を 読 む サ リ ン ジ ャ ー 戦 記 文 豪 の 古 典 カ 島 内 景 一 一 危 機 脱 出 の 英 語 表 現 501 林 倶 子 新 聞 と 現 代 日 本 語 金 武 伸 弥 語 源 で わ か っ た ー 宮 廷 文 学 の 山 並 陞 一 岩 佐 美 代 子 英 単 語 記 憶 術 ひ そ か な 楽 し み 短 歌 博 物 誌 樋 口 覚 日 本 語 の 幻 世 紀 の た め に 丸 谷 才 一 山 崎 正 和 美 男 の 立 身 、 プ 男 の 逆 襲 大 塚 ひ か り 万 葉 集 の 歌 を 推 理 す る 間 宮 厚 司 会 話 の 日 本 語 読 本 鴨 下 信 一 幻 世 紀 へ の 手 紙 文 藝 春 秋 編

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


中 曾 根 康 弘 ・ 西 部 邁 「 昭 和 年 」 戦 後 の 読 み 方 松 井 孝 典 ・ 松 本 健 一 骨 肉 父 と 息 子 の 日 本 史 森 下 賢 一 二 十 世 紀 日 本 の 戦 争 。 輝 斑 ・ 秦 郁 彦 ・ 福 田 和 也 名 歌 で 読 む 日 本 の 歴 史 松 崎 哲 久 武 光 誠 十 七 歳 の 硫 黄 島 秋 草 鶴 次 名 字 と 日 本 人 渋 谷 知 美 森 史 朗 日 本 の 童 貞 特 攻 と は 何 か 日 本 兵 捕 虜 は 藤 原 明 山 本 武 利 日 本 の 偽 書 何 を し ゃ べ っ た か 竹 内 修 司 明 治 ・ 大 正 ・ 昭 和 の 「 真 実 」 三 代 史 研 究 会 幻 の 終 戦 工 作 誰 も 「 戦 後 」 を 鴨 下 信 一 明 治 ・ 大 正 ・ 昭 和 史 話 の た ね Ⅷ 三 代 史 研 究 会 い 「 畋 」 凱 覚 え て 、 、 、 、 し オ し 鴨 下 信 一 真 説 の 日 本 史 36 5 日 事 典 楠 木 誠 一 郎 「 昭 和 年 代 後 半 篇 〕 あ の 戦 争 に 半 藤 一 利 ・ 保 阪 正 康 ・ 中 西 輝 政 日 本 文 明 行 の 鍵 梅 棹 忠 夫 編 著 な ぜ 負 け た の か 戸 髙 一 成 ・ 福 田 和 也 ・ 加 藤 陽 子 沖 浦 和 光 べ 平 連 と 脱 走 米 兵 阿 奈 井 文 彦 「 悪 所 」 の 民 俗 誌 舟 越 健 之 輔 米 軍 再 編 と 在 日 米 軍 森 本 敏 黒 枠 広 告 物 語 同 時 代 も 歴 史 で あ る 吉 村 昭 坪 内 祐 一 一 一 史 実 を 歩 く 一 九 七 九 年 問 題 プ レ イ バ ッ ク 19 8 0 年 代 村 田 晃 嗣 手 紙 の な か の 日 本 人 半 藤 一 利 黒 岩 比 佐 子 伝 書 鳩 歴 史 人 口 学 で 見 た 日 本 速 水 融 コ メ を 選 ん だ 日 本 の 歴 史 原 田 信 男 中 嶋 繁 雄 閨 閥 の 日 本 史 紀 田 順 一 郎 名 前 の 日 本 史 ( 2007.4 ) A

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


一 坂 太 郎 高 杉 晋 作 新 ◆ 日 本 の 歴 史 中 村 彰 彦 旧 石 器 遺 跡 捏 造 河 合 信 和 白 虎 隊 文 中 村 彰 彦 日 本 神 話 の 英 雄 た ち 林 道 義 消 さ れ た 政 治 家 菅 原 道 真 平 田 耿 一 一 新 選 組 紀 行 神 長 文 夫 荒 井 魏 日 本 神 話 の 女 神 た ち 林 道 義 天 下 人 の 自 由 時 間 ュ ン グ で わ か る 日 本 神 話 林 道 義 江 戸 の 都 市 計 画 童 門 冬 一 一 岩 倉 使 節 団 と い う 冒 険 泉 三 郎 古 墳 と ヤ マ ト 政 権 白 石 太 一 郎 江 戸 の お 白 州 山 本 博 文 海 江 田 信 義 の 幕 末 維 新 東 郷 尚 武 平 山 洋 一 万 年 の 天 皇 上 田 篤 徳 川 将 軍 家 の 結 婚 山 本 博 文 福 沢 諭 吉 の 真 実 佐 野 眞 一 謎 の 大 王 継 体 天 皇 水 谷 千 秋 物 語 大 江 戸 牢 屋 敷 中 嶋 繁 雄 渋 沢 家 三 代 黒 岩 比 佐 子 謎 の 豪 族 蘇 我 氏 水 谷 千 秋 伊 勢 詣 と 江 戸 の 旅 金 森 敦 子 日 戦 争 勝 利 の あ と の 誤 算 女 帝 と 譲 位 の 古 代 史 水 谷 千 秋 甦 る 海 上 の 道 ・ 日 本 と 琉 球 谷 川 健 一 鎮 魂 吉 田 満 と そ の 時 代 粕 谷 一 希 武 光 誠 速 水 融 孝 明 天 皇 と 「 一 会 桑 」 家 近 良 樹 合 戦 の 日 本 地 図 大 正 デ モ グ ラ フ ィ 合 戦 研 究 ム ム 小 嶋 美 代 子 秦 郁 彦 四 代 の 天 皇 と 女 性 た ち 小 田 部 雄 次 大 名 の 日 本 地 図 中 嶋 繁 雄 旧 制 高 校 物 語 象 徴 天 皇 の 発 見 今 谷 明 名 城 の 日 本 地 図 日 軋 夫 守 衛 長 の 見 た 帝 国 議 会 渡 邊 行 男 対 論 昭 和 天 皇 原 武 駛 県 民 性 の 日 本 地 図 武 光 誠 日 本 を 滅 ぼ し た 国 防 方 針 黒 野 耐 武 光 誠 ハ ル 平 成 の 天 皇 と 皇 室 高 橋 紘 宗 教 の 日 本 地 図 ・ ノ ー ト を 書 い た 男 須 藤 眞 志 高 橋 紘 皇 位 継 承 吉 良 上 野 介 を 弁 護 す る 岳 真 也 昭 和 史 の 論 点 販 本 多 伽 雄 ・ 秦 郁 彦 所 功 畠 山 武 美 智 子 皇 后 と 雅 子 妃 福 田 和 也 黄 門 さ ま と 犬 公 方 山 室 恭 子 昭 和 史 の 怪 物 た ち ソ チ ー ・ プ ー ム 石 田 あ ゆ う 倭 館 保 阪 正 康 田 代 和 生 昭 和 史 入 門

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


大 前 研 一 企 業 危 機 管 理 実 戦 論 田 中 辰 巳 幻 世 紀 維 新 ◆ 経 済 と 企 業 有 森 隆 企 業 再 生 と & < の す べ て 藤 原 総 一 郎 ネ ッ ト バ ブ レ イ ン タ ー ネ ッ ト 取 引 は 五 味 俊 夫 吉 川 元 忠 企 業 コ ン プ ラ イ ア ン ス 後 藤 啓 一 一 マ ネ ー 敗 戦 安 全 か 森 谷 正 規 革 命 の 虚 妄 吉 川 元 忠 敵 対 的 買 収 を 生 き 抜 く 津 田 倫 男 情 報 エ コ ノ ミ ー 黒 字 亡 国 藤 和 彦 吉 田 春 樹 石 油 神 話 三 國 陽 夫 執 行 役 員 対 米 黒 字 が 日 本 経 済 を 殺 す 荒 井 一 博 ヘ ッ ジ フ ァ ン ド 浜 田 和 幸 自 動 車 合 従 連 衡 の 世 界 佐 藤 正 明 文 化 の 経 済 学 原 田 泰 加 野 忠 企 業 合 併 箭 内 昇 都 市 の 魅 力 学 金 融 再 編 西 村 吉 正 日 本 企 業 モ ラ ル ハ ザ ー ド 史 有 森 隆 エ コ ノ ミ ス ト は 信 用 で き る か 東 谷 暁 金 融 行 政 の 敗 因 金 融 工 学 、 こ ん な に 面 白 い 野 口 悠 紀 雄 本 田 宗 一 郎 と 「 昭 和 の 男 」 た ち 片 山 修 プ ロ 。 ハ テ ン ト ・ ウ ォ ー ズ 上 山 明 博 「 強 い 会 社 」 を 作 る 渡 辺 喜 美 赤 井 邦 彦 成 果 主 義 を 超 え る 江 波 戸 哲 夫 金 融 商 品 取 引 法 ホ ン ダ 連 邦 共 和 国 の 秘 密 大 山 真 人 投 資 信 託 を 買 う 前 に 伊 藤 雄 一 郎 西 洋 の 着 想 東 洋 の 着 想 今 北 純 一 悪 徳 商 法 伊 藤 雄 一 郎 日 米 中 三 国 史 星 野 芳 郎 コ ン サ ル タ ン ト の 時 代 鴨 志 田 晃 年 金 術 知 的 財 産 会 計 岸 宣 仁 イ ン ド ¯e 革 命 の 驚 異 榊 原 英 資 高 度 経 済 成 長 は 復 活 で き る 増 田 悦 佐 ウ ッ ド ・ デ フ レ は な ぜ 怖 い の か 原 田 泰 サ ム ラ イ カ ー ド 、 世 界 へ 湯 谷 昇 羊 ビ ジ ネ ス 三 浦 展 日 本 国 債 は 危 な く な い 久 保 田 博 幸 中 国 経 済 真 の 実 力 森 谷 正 規 団 塊 格 差 「 証 券 化 」 が よ く 分 か る 井 出 保 夫 「 俺 様 国 家 」 中 国 の 大 経 済 山 本 一 郎 中 国 ビ ジ ネ ス と 渡 辺 浩 平 デ フ レ に 克 っ 給 料 ・ 人 事 蒔 田 照 幸 情 報 の わ な 角 田 康 夫 人 生 と 投 資 の 。 ハ ズ ル ( 2007.4 ) C

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


中 華 料 理 四 千 年 譚 瓏 美 ア メ リ カ ・ 北 朝 鮮 抗 争 史 島 田 洋 一 新 ◆ ア ジ ア の 国 と 歴 史 宮 塚 利 雄 春 道 教 の 房 中 術 土 屋 英 明 北 朝 鮮 ・ 驚 愕 の 教 科 書 宮 塚 寿 美 子 文 東 ア ジ ア 古 田 博 司 「 三 国 志 」 の 迷 宮 土 屋 英 明 山 口 久 和 中 国 艶 本 大 全 「 反 日 」 ト ラ イ ア ン グ ル 権 力 と は 何 か 安 能 務 上 海 狂 想 曲 高 崎 隆 治 還 っ て き た 台 湾 人 日 本 兵 河 崎 眞 澄 中 国 七 大 兵 書 を 読 む 劉 傑 加 納 啓 良 中 国 人 の 歴 史 観 イ ン ド ネ シ ア 繚 乱 黒 田 勝 弘 ア メ リ カ 人 の 中 国 観 井 尻 秀 憲 韓 国 人 の 歴 史 観 取 る に 足 ら ぬ 中 国 噺 白 石 和 良 " 日 本 離 れ ~ で き な い 韓 国 黒 田 勝 弘 中 国 名 一 言 紀 行 堀 内 正 範 日 本 外 交 官 、 韓 国 奮 闘 記 道 上 尚 史 中 国 の 隠 者 呉 善 花 井 波 律 子 韓 国 併 合 へ の 道 乾 隆 帝 中 野 美 代 子 竹 島 は 日 韓 ど ち ら の も の か 下 條 正 男 蒋 介 石 保 阪 正 康 在 日 韓 国 人 の 終 焉 鄭 大 均 中 国 の 軍 事 力 平 松 茂 雄 在 日 ・ 強 制 連 行 の 神 話 鄭 大 均 ・ も し 、 日 ・ 本 が 趙 無 眠 韓 国 ・ 北 朝 鮮 の 嘘 を 見 破 る 鄭 大 均 編 著 古 田 博 司 中 国 に 勝 っ て い た ら 北 村 稔 「 南 京 事 件 」 の 探 究 中 島 嶺 雄 編 著 日 中 近 現 代 史 の 争 点 肪 山 田 中 明 百 人 斬 り 裁 判 か ら 南 京 へ 稲 田 朋 美 物 語 韓 国 人 中 国 は な ぜ 清 水 美 和 「 冬 ソ ナ 」 に ハ マ っ た 私 た ち 林 香 里 「 一 又 日 に よ っ こ 、 中 国 共 産 党 葬 ら れ た 歴 史 譚 美 テ ポ ド ン を 抱 い た 金 正 日 鈴 木 琢 磨 拉 致 と 核 と 餓 死 の 国 新 し い 中 国 古 い 大 国 佐 藤 一 郎 萩 原 遼 」 朝 鮮

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


隠 す マ ス コ ミ 、 恋 の 手 紙 愛 の 手 紙 半 藤 一 利 ◆ コ ン ピ ュ ー タ と 情 報 騙 さ れ る マ ス コ ミ ス ク ー プ 「 書 く 」 と い う こ と 石 川 九 楊 加 藤 弘 一 テ レ ビ の か ら く り / , 和 佑 電 脳 社 会 の 日 本 語 桜 の 文 学 史 久 保 田 淳 。 ハ ソ コ ン 徹 底 指 南 林 望 富 士 山 の 文 学 お く の ほ そ 道 人 物 紀 行 杉 本 苑 子 イ ン タ ー ネ ッ ト 犯 罪 河 﨑 貴 一 お せ い & カ モ 力 の 昭 和 愛 惜 田 辺 聖 子 グ ー グ ル Google 佐 々 木 俊 尚 書 評 家 〈 狐 〉 の 読 書 遺 産 山 村 修 ネ ッ ト リ ア ル の 衝 突 佐 々 木 俊 尚 ネ ッ ト 時 代 の 反 論 術 仲 正 昌 樹 コ ン ビ ュ ー タ を 「 着 る 」 時 代 板 生 清 ケ ー タ イ の な か の 欲 望 松 葉 仁 ェ シ ュ ロ ン と 情 報 戦 争 鍛 冶 俊 樹 定 年 後 を パ ソ コ ン と 暮 ら す 加 藤 仁 プ ラ イ バ シ ー ・ ク ラ イ シ ス 斎 藤 貴 男 西 暦 2 0 0 0 年 問 題 の 濱 田 亜 津 子 現 場 か ら 辻 井 重 男 暗 号 と 情 報 社 会 谷 岡 一 郎 「 社 会 調 査 」 の ウ ソ 本 郷 美 則 新 聞 が あ ぶ な い 困 っ た と き の 情 報 整 理 東 谷 暁 小 林 雅 一 大 塚 将 司 小 田 桐 誠 ( 2007.4 ) E

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


日 中 戦 争 が 始 ま っ た 七 十 年 前 に 、 も し 「 週 刊 菊 池 信 平 〔 編 〕 文 春 」 が あ っ た ら 、 当 時 の 日 本 は ど う 料 理 さ 昭 和 十 一 一 年 の 「 週 刊 文 春 」 れ た か ? 往 時 の 空 気 を 伝 え る 歴 史 マ ガ ジ ン 「 落 語 こ そ 日 本 文 化 最 大 最 高 の 遺 産 」 と 言 い 中 野 翠 切 る 著 者 に よ る 、 寝 る 前 に 愉 し む 、 心 地 よ く 今 夜 も 落 語 で 眠 り た い て 贅 沢 な 落 語 入 門 。 オ ス ス メ 町 枚 も 紹 介 き よ う す と も み つ 父 は 二 代 目 、 母 は 四 代 目 の 江 戸 っ 子 、 自 身 も 京 須 偕 充 神 田 育 ち の 落 語 プ ロ デ ュ ー サ ー が 、 忘 れ と っ て お き の 東 京 こ と ば ら れ か け た 東 京 下 町 こ と ば の 真 髄 を 教 え ま す 日 本 の 勇 者 た ち の 激 戦 の 島 で 、 玉 砕 の 後 に い か 秋 草 鶴 次 な る 苛 酷 な 戦 争 が 続 け ら れ た か 。 十 七 歳 の 少 年 十 七 歳 の 硫 黄 島 兵 が 綴 る 国 宝 級 の 戦 争 本 。 放 映 で 話 題 好 書 Z の 朝 ド ラ 「 芋 た こ な ん き ん 」 の ヒ ロ イ ン 新 田 辺 聖 子 文 お せ い & カ モ 力 の 昭 和 愛 は 藤 山 直 美 演 じ る 田 辺 聖 子 さ ん 。 お せ 〔 さ ん 512 文 藝 春 秋 刊

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 ヤ ク 【 訓 】 わ け ヤ ク す を さ 【 語 】 『 あ ひ ゞ き 』 譯 者 二 葉 亭 四 迷 英 文 和 譯 知 り 顏 譯 あ り の 二 人 【 蘊 蓄 】 こ の 字 は 理 由 ・ 意 味 の 意 で 「 わ け 」 と 讀 む が 、 そ れ は 國 訓 ( わ が 國 獨 自 の 意 譯 ) で 、 漢 字 の 原 義 で は な い 。 た だ 、 飜 譯 の 「 譯 」 ( 他 一 言 語 に う っ し か へ る ) が 原 義 だ か ら 、 「 わ け 」 と 讀 む の も 納 得 は で き る 。 え き 旁 「 睾 」 を 持 っ 字 に は 、 驛 ( 駅 ) 、 澤 ( 沢 ) 、 擇 ( 択 ) 、 釋 ( 釈 ) な ど が あ る 。 【 例 文 】 橋 本 進 吉 「 近 世 國 語 學 史 」 昭 和 四 年 ( 『 橋 本 進 吉 博 士 著 作 集 第 九 ・ 十 册 』 所 收 ) 譯 ( 訳 ) ト ル ス ト イ の 飜 譯 通 譯 す る 譯 229

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 ヨ 譽 ( 誉 ) 【 訓 】 ほ ま れ ほ む ( ほ め る ) 【 語 】 名 譽 あ る 地 位 優 勝 の 榮 譽 を 稱 へ る 【 蘊 蓄 】 音 符 に な っ て ゐ る 「 與 」 は 手 を 寄 せ 合 っ て も の を 持 ち 上 げ る 意 。 「 與 」 の 項 を 見 よ 。 譽 は 言 葉 で 人 を 持 ち 上 げ る 意 。 「 與 」 を 持 っ 字 に は ほ か に 、 擧 ( こ し ) 、 歟 ( か ) な ど が あ る 。 ち ょ っ と 古 い 文 に は よ く 出 て く る 。 ま た 擧 が あ る 。 あ げ る 意 。 「 擧 、 の 項 を 見 よ 。 【 例 文 】 風 來 山 人 ( 平 賀 源 内 ) 『 根 無 草 後 編 四 之 卷 』 注 ・ 三 ケ の 津 Ⅱ 京 ・ 大 坂 ・ 江 戸 。 菊 之 丞 Ⅱ 江 戸 中 期 の 人 氣 女 形 二 代 目 瀬 川 菊 之 丞 え い よ 237

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


武 上 道 は そ の 表 徴 た る 櫻 花 と 同 じ く 、 日 本 の 土 地 に 固 有 の 花 で あ る 。 そ れ は 古 代 の 德 が 乾 か ら び た 標 本 と な っ て 、 我 國 の 歴 史 の さ く え ふ 葉 集 中 に 保 存 せ ら れ て ゐ る の で は な い 。 そ れ は 今 尚 我 々 の 間 に 於 け る 力 と 美 と の 活 け る 對 象 で あ る 。 そ れ は 何 等 手 に 觸 れ 得 べ き ・ 刀 カ : 形 態 を 取 ら な い け れ ど も 、 そ れ に 拘 ら す 道 德 的 雰 圍 氣 を 香 ら せ 、 我 々 を し て 今 尚 そ の 力 強 き 支 配 の ド に あ る を 自 覺 せ し め る 。 シ ヴ ァ リ ー ュ 1 ュ 1 ュ 1 ュ 1 ュ 1 普 ギ ナ 162