検索 - みる会図書館

全データから 213459件ヒットしました。

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


現 代 日 本 の 文 学 6 全 60 巻 石 川 啄 木 高 村 光 太 郎 集 宮 澤 賢 治 昭 和 46 年 10 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 10 月 1 日 25 版 発 行 石 川 啄 木 著 者 高 村 光 太 郎 宮 澤 賢 治 発 行 者 古 岡 滉 発 行 所 鑾 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 720 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 ORei 司 I ik000 、 Kimie Takamura'Seir0kuMiyazawa11971 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す Printed in Japan ISBN4 ー 05 ー 050216 ー X C0393

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


宮 澤 賢 治 集

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


現 代 日 本 の 文 学 石 川 木 高 本 寸 光 太 良 集 宮 ラ 睾 賢 治 北 尾 奥 足 三 川 井 伊 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 夫 樹 男 夫 成 靖 整 学 習 研 究 社

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


石 川 啄 木 集

るるぶ岩手 平泉 盛岡 八幡平'13~'14 (国内シリーズ)


広 域 マ ッ フ 宿 泊 情 報 バ ス 、 ・ ⅳ ィ 4 羅 須 地 人 協 会 が あ っ た 場 所 で す 。 ほ ら 、 賢 治 が 自 給 自 足 の 生 活 . 、 を し て い る 姿 が 思 い 浮 か ぶ で し よ う ? ・ 新 花 巻 宮 沢 賢 治 ー 人 の 宮 沢 賢 治 の ふ る さ と と し て 知 ら ゆ か り の 地 め ぐ り ・ : る 。 市 内 北 西 に 広 が る 花 巻 温 泉 郷 に は 川 沿 い に ・ 花 巻 温 泉 郷 舗 宿 が 点 在 。 や わ ら か く 独 特 の 甘 み が あ る 白 金 豚 や わ ん こ そ ば な ど の 名 物 グ ル メ も チ ェ ッ ク 。 \ 花 巻 市 賢 治 ま ち づ く り 課 監 修 ! / ・ は な ま き こ の エ リ ア の 宮 沢 賢 治 ゆ か り の ス ポ ッ ト が 満 載 2 ① 宮 沢 賢 治 ② 花 巻 温 泉 郷 3 白 金 豚 注 目 度 ラ ン キ ン グ ゆ か り の ス ポ ッ ト ・ 賢 治 ま ち づ く り 課 と は ? 特 集 に も の っ て る ヨ 2012 年 4 月 に 宮 沢 賢 治 に 関 す る 総 合 窓 ロ と し て 新 設 さ れ た 。 多 く の 人 に 「 行 っ て み た い 」 と 思 わ れ る 町 を 目 指 し 、 賢 治 が 愛 し た 花 巻 を 市 内 外 に ア ヒ 。 ー ル 。 情 報 発 信 の ほ か 、 賢 治 に 関 す る イ ベ ン ト な ど も 行 っ て い る 。 宮 沢 賢 治 の ふ る さ と ・ 花 巻 に は 、 市 内 各 所 に 賢 治 が 生 き た 足 跡 が 残 さ れ て い る 。 日 々 賢 治 を ア ビ ー ル す る た め に 邁 進 し て 花 巻 市 ま ち づ く り 部 賢 治 ま ち づ く り 課 い る 、 賢 治 マ ス タ ー 集 団 の 花 巻 市 賢 治 ま 粒 針 満 さ ん ち づ く り 課 に 「 コ コ だ け は 絶 対 に 見 て ほ つ ふ は り み つ る し い ! ! 」 ス ホ ッ ト を 聞 い て き ま し た 往 時 の 面 影 が 残 る 一 ヰ 賢 治 誕 生 の 家 岩 手 県 ( 」 釜 石 線 ) 交 通 バ ス 宮 守 駅 花 巻 駅 前 新 渡 戸 記 土 沢 駅 念 館 入 口 課 会 光 協 観 光 市 観 賢 治 記 新 花 巻 駅 巻 巻 念 館 ロ 花 花 新 花 巻 自 動 車 道 駅 前 花 巻 駅 花 巻 南 ℃ 」 谷 0198-24-2 川 谷 0198 ー 29 ー 4522 注 目 ポ イ ン ト 詩 碑 近 く の 井 戸 賢 治 が 使 用 し て い た 井 戸 の 跡 も 残 さ れ て い る 。 賢 治 が 理 想 の 生 活 を 目 指 し 、 病 床 に つ く ま で 生 活 を 送 っ た 、 ゆ か り の 深 い 場 所 で あ る た め 、 注 目 度 NO. 1 ! る べ 落 と し の 井 戸 。 現 在 も 水 は 枯 れ て い な い 花 巻 市 街 賢 治 「 産 湯 の 井 戸 」 ・ け ん じ 「 う ぶ ゆ の い ど 」 治 の 母 の 実 家 に 残 る 井 戸 。 母 イ チ は 実 家 で 出 産 を し た た め 、 賢 治 は こ の 井 戸 の 水 の 産 湯 に 浸 か っ た 。 現 在 、 宮 澤 商 店 の 敷 地 内 に あ る た め 、 宮 ー 澤 商 店 の 方 に 見 学 し た い 旨 を 伝 え て か ら 中 に 入 ろ う 0 花 巻 市 鍛 治 町 3 -6 ・ JR 花 巻 駅 か ら 徒 歩 15 分 朝 見 学 無 料 ( 宮 澤 商 店 に 許 可 を 取 っ て か ら 見 学 ) 朝 9 ~ 1 7 日 日 曜 0 な し ー 賢 治 マ 「 一 ア の 聖 地 と 呼 ふ べ き 地 雨 ニ モ マ ケ ズ 詩 碑 容 198-24 ・ 21 ⅱ ( 花 巻 市 観 光 課 ) P90B2 ・ あ め に も ま け す し ひ 巻 農 学 校 を 退 職 し た 賢 治 が 羅 須 地 人 協 会 と い う 私 塾 を 設 立 し 、 自 耕 生 活 を し て い た 場 所 。 詩 碑 の あ る 高 台 か ら 、 か の 有 名 な 「 下 ノ 畑 ニ 居 リ マ ス 」 の 「 下 ノ 畑 」 が 見 え る 。 0 花 巻 市 桜 町 4 ・ JR 花 巻 駅 か ら 岩 手 県 交 通 バ ス 賢 治 詩 碑 前 行 き で 1 2 分 、 終 点 下 車 、 徒 歩 5 分 朝 見 学 自 由 0 同 心 屋 敷 前 駐 車 場 利 用 20 台 一 : 治 賢 ー 祭 治 毎 交 の 年 日 の 谷 例 98 ・ 23 ・ 4241 ( 宮 澤 商 店 ) 第 舮 。 P90A2 雨 ニ モ マ ケ ズ 詩 碑 の 文 字 は 賢 治 と 親 交 が あ っ た 高 村 光 太 郎 の 書 居 4 み 宮 澤 商 店 の 建 物 の す ぐ 横 に あ る 88

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


宮 澤 賢 治 集 目 次 宮 澤 賢 治 文 学 紀 行 何 度 も 訪 れ た 花 巻 春 と 修 羅 : 四 又 の 百 合 : イ ン ド ラ の 網 雁 の 童 子 : 北 守 将 軍 と 三 人 兄 弟 の 医 者 ・ 注 解 宮 澤 賢 治 文 学 ア 化 ハ ム 評 伝 的 解 説 紅 野 敏 郎 四 0 三 四 一 四 四 六 天 沢 退 一 一 郎 四 三 〈 草 野 心 平 三 九 : 三 : 三 八 四 作 品 校 正 編 集 責 任 製 作 担 当 装 幀 写 真 撮 影 大 川 泰 央 増 山 紀 夫 榎 本 時 雄 横 田 正 知 会 田 紀 雄 桜 田 満 藤 本 和 延

現代日本の文学 15 横光 利一 集


宮 沢 賢 治 全 集 出 版 記 念 会 の と き 前 列 左 か ら 谷 川 徹 三 , 高 村 光 太 郎 , 利 , 中 島 健 蔵 ( 昭 和 15 年 ) 右 学 生 た ち を 前 に 講 演 を す る 利 上 改 造 社 社 長 山 本 実 彦 ( 右 ) と

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


石 川 啄 木 集 目 次 石 川 啄 木 文 学 紀 行 啄 木 の 旅 一 握 の 砂 悲 し き 玩 具 : あ こ が れ : 呼 子 と ロ 笛 : ロ ー マ 字 日 記 : 注 解 石 川 啄 木 文 学 ア ル バ ム 評 伝 的 解 説 00 紅 野 敏 郎 三 九 五 四 0 七 久 保 田 正 文 四 一 七 草 野 心 平 一 七 高 村 光 太 郎 集 目 次 高 村 光 太 郎 文 学 紀 行 光 太 郎 と 一 緒 の 旅 を 振 り 出 し に 草 野 心 平 一 穴 道 「 道 程 」 以 後 ・ : 猛 獣 篇 : ・ 「 猛 獣 篇 ー 時 代 ・ : 一 亳 智 恵 子 抄 典 型 : ・ 「 典 型 」 以 後 ・ : 注 解 紅 野 敏 郎 三 究 」 川 太 一 四 = 高 村 光 太 郎 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 川 太 一 四 一 石 北

まっぷる岩手 平泉・盛岡・花巻


も っ と 知 り ' た い 。 ・ ! ・ つ 、 4 明 治 維 新 以 降 に 政 治 、 文 化 、 経 済 な ど の 分 野 で 活 盛 岡 城 復 元 模 型 や 毘 沙 門 天 立 像 も 展 示 躍 し た 先 人 130 人 を 紹 介 。 と く に 国 際 連 盟 事 務 次 長 を 務 め た 新 渡 戸 稲 造 、 言 語 学 者 の 金 田 一 京 助 、 第 37 代 内 閣 総 理 大 臣 の 米 内 光 政 を 詳 し く 解 説 し て い る 。 イ 019-659-3338 9 : ~ 1 / : OO ( 入 館 は ~ 16 : 30 ) 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 平 日 休 ) 、 毎 月 最 終 火 曜 目 38 円 、 高 校 生 28 円 、 小 ・ 中 学 生 18 円 新 盛 岡 市 本 宮 蛇 屋 敷 2-2 R 盛 岡 駅 か ら 、 - 、 岩 手 県 交 通 バ ス ' 、 、 、 先 人 記 念 館 行 ・ 終 点 下 車 す ぐ 245 台 0 盛 岡 が 生 ん た 偉 大 な 先 人 に つ い て 学 ほ う 岩 山 展 望 台 朝 叫 0 ) ・ 付 録 ② P.7 ト 4 1902 ( 明 治 35 ) 年 開 校 の 盛 岡 高 等 農 林 学 校 ( 現 岩 手 大 学 農 学 部 ) の 旧 本 館 。 日 本 初 の 高 等 農 林 学 盛 岡 市 街 の 東 に あ る 標 高 340m の 小 高 い 山 ・ 岩 山 校 で あ り 、 宮 沢 賢 治 が 学 ん だ こ と で も 知 ら れ て い の 展 望 台 か ら は 、 盛 岡 市 街 地 だ け で な く 岩 手 山 や る 。 賢 治 関 連 の 資 料 も 多 数 展 示 し て い る 。 姫 神 山 、 さ ら に は 奥 羽 山 脈 ま で が 遠 く 見 渡 せ る 。 イ 019-62 ト 6678 夜 景 ス ポ ッ ト と し て も 人 気 。 10 : ~ 15 : 住 1 1 月 4 日 ~ 4 月 中 旬 の 土 旧 曜 、 祝 日 、 夏 休 イ 019-604-3305 ( 盛 岡 観 光 コ ン べ ン シ ョ ン 協 会 ) み 期 間 目 140 円 、 高 校 ・ 大 学 生 18 円 、 小 ・ 中 学 生 70 円 新 盛 見 学 自 由 盛 岡 市 新 庄 岩 山 50-6 東 北 自 動 車 道 ・ 盛 岡 岡 市 上 田 3-18-8 岩 南 に か ら 車 で 30 分 218 台 手 大 学 農 学 部 岩 0 R 盛 岡 駅 か ら 岩 手 天 手 交 通 バ ス 駅 上 田 線 松 園 バ ス タ ー が の ナ ル 行 ・ 岩 手 大 学 下 望 良 車 す ぐ 2 大 学 職 員 駐 車 場 を 利 用 は 0 欧 風 の 建 築 は 、 国 の 重 要 文 化 財 正 旧 渋 民 尋 常 小 学 校 校 舎 面 ・ き ゅ う し ぶ た み じ ん じ よ う し よ う が っ こ う こ う し や 301-0161 志 波 城 古 代 公 園 3 ) 付 録 ② p. 7 A-4 石 川 啄 木 が 首 席 で 卒 業 し 、 代 用 教 員 と し て 勤 務 も し た 母 校 。 木 造 の 素 朴 な 校 舎 が 郷 愁 を 誘 う 。 石 川 萬 鐵 五 郎 や 舟 越 保 武 な ど 、 岩 手 ゆ か り の 作 家 の 啄 木 記 念 館 の 隣 に 移 築 ・ 保 存 さ れ て お り 、 無 料 で 充 実 し た コ レ ク シ ョ ン が 特 徴 。 ゆ っ た り し た 館 内 で 約 1200 年 前 に 坂 上 田 村 麻 呂 に よ っ て 造 ら れ た 志 見 学 で き る 。 盛 岡 市 の 指 定 文 化 財 。 ア ー ト 鑑 賞 を 楽 し も う 。 ワ ー ク シ ョ ッ プ や 上 映 会 な 波 城 を 復 元 。 高 さ 1 1 m の 外 郭 南 門 、 築 地 塀 や 櫓 、 9-683-2315 ( 石 川 啄 木 記 念 館 ) ど の 体 験 型 イ ベ ン ト も 数 多 く 開 催 し て い る 。 9 : ~ レ : ( 入 館 は ~ 16 : 30 ) 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 政 庁 な ど が 整 備 さ れ て い る 。 復 元 建 物 内 展 示 室 019 ・ 658-1711 日 休 ) 目 無 料 新 盛 岡 市 玉 山 区 渋 民 渋 民 9 」 R 盛 岡 駅 か で は CG 映 像 で 当 時 の 姿 を 見 る こ と が で き る 。 ら 岩 手 県 北 バ ス 沼 宮 内 営 業 所 行 ・ 啄 木 記 念 館 前 下 車 す ぐ 9 : 30 ~ 18 : ( 入 館 は ~ 1 / : 30 ) 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 イ 019-658-1710 ( 志 波 城 古 代 公 園 案 内 所 ) 250 台 休 ) 目 イ 円 ( 企 画 展 観 覧 料 は 別 途 ) 新 盛 岡 市 本 宮 松 幅 9 : ~ レ : 住 無 休 新 盛 岡 市 上 鹿 妻 五 兵 衛 新 田 48-1 12 - 3 」 R 」 R 岩 手 駅 か ら 岩 手 県 交 通 バ ス 志 波 城 古 代 公 園 行 ・ 志 波 城 古 つ 啄 盛 岡 駅 か ら 岩 代 公 園 下 車 す ぐ 240 台 手 県 交 通 バ ス か ん が 先 人 記 念 館 0 外 郭 南 門 の 先 に は 政 庁 と 官 衙 が 整 備 さ れ て い る 行 ・ 県 立 美 術 館 下 車 す ぐ 2138 台 壇 も 見 る 館 人 先 市 岡 盛 : ・ ・ も リ お か し せ ん じ ん き ね ん か ん MAP 盛 岡 ゆ か り の 人 々 を 讃 え る 宿 泊 情 報 3 ・ 0329 第 55 四 242 ・ 付 録 ② 019-65 ト 4 ⅱ 1 ( 盛 岡 市 観 光 課 ) 3 0327 。 ・ 付 録 ② p.7 B-3 イ 019 ・ 604 ・ 3305 ( 盛 岡 観 光 コ ン べ ン シ ョ ン 協 会 ) 石 川 啄 木 記 念 館 地 質 時 代 か ら 現 代 に い た る 地 質 ・ 民 俗 ・ 歴 史 ・ 考 古 ・ 生 物 な ど の 資 料 を 展 示 。 岩 手 の 自 然 や 文 化 が 幅 広 く 学 べ る 博 物 館 だ 。 大 型 恐 竜 マ メ ン キ サ ウ ル ス の 全 身 骨 格 標 本 は 見 応 え が あ る 。 イ 田 9-66 ト 28 引 門 9 : 30 ~ 16 : 3 Ⅸ 入 館 は ~ 16 : ) 月 祝 日 の 場 合 は 翌 日 休 、 9 月 上 旬 は 資 料 整 理 の た め イ 木 館 ) 目 38 円 、 学 生 140 円 盛 岡 市 上 田 松 屋 敷 34 R 盛 岡 駅 か ら 車 で 30 分 218 台 見 る 岩 手 県 立 博 物 館 : ・ ・ い わ て け ん リ つ は く ぶ つ か ん 問 い 合 わ せ 岩 手 県 の 文 化 や 歴 史 を 学 ほ う 見 る 啄 木 フ ァ ン に 限 ら す 見 応 え 十 分 ・ い し か わ た く ぼ く き ね ん か ん 3 354 ■ 付 録 ② P.7 ト 2 直 筆 ノ ー ト や 書 簡 、 生 活 用 品 な ど 、 啄 木 の 資 料 約 300 点 を 展 示 。 記 念 館 敷 地 内 に は 啄 木 が 通 っ た 渋 民 尋 常 小 学 校 旧 校 舎 な ど が 移 築 さ れ て い る 。 日 々 、 多 く の 啄 木 フ ァ ン が 訪 れ る 。 019-683-2 引 5 9 : 00 ~ 1 7 : ( 入 館 は ~ 16 : 30 ) 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 休 ) 目 38 円 、 高 校 生 28 円 、 小 ・ 中 学 生 18 円 所 盛 岡 市 玉 山 区 渋 民 渋 民 9 訒 R 盛 岡 駅 か ら 岩 手 県 北 バ ス 沼 宮 内 営 業 所 行 ・ 啄 木 記 念 館 前 下 車 す ぐ 250 台 ( コ 見 る 農 業 教 育 資 料 館 見 る . ・ の う ぎ よ う き よ う い く し り よ う か ん 四 P.. 42G -1 ・ ・ い わ や ま て ん ぼ う だ い 短 い 生 涯 を 生 き た 天 才 歌 人 ・ 石 川 啄 木 記 啄 念 木 館 ゆ か の 地 玉 山 た た す 盛 岡 市 街 地 を 見 渡 す 絶 景 見 る 見 る 岡 岩 手 県 立 美 術 館 緑 の な か で 心 を 潤 す 作 品 に 出 会 う MAP ② ・ 見 る 古 代 陸 奥 国 最 北 端 の 城 柵 を 復 元 コ 「 ・ ・ い わ て け ん り つ び じ ゅ っ か ん 啄 木 が 代 用 教 員 を 務 め た 3 側 -0327 ・ し わ じ よ う こ た い こ う え ん 0 ゆ っ た り と 弧 を 描 く グ ラ ン ド ・ ギ ャ ラ リ ー 1 44

人はなぜ星を見上げるのか―星と人をつなぐ仕事


神 野 正 美 『 聖 マ ー ガ レ ッ ト 礼 拝 堂 に 祈 り が 途 絶 え た 日 ー 戦 時 下 、 星 の 軌 跡 を 計 算 し た 女 学 生 た ち 』 ( 潮 書 房 光 人 社 ) 3 小 林 真 人 音 楽 o Q ア ル バ ム 「 約 束 の 星 ー 星 と い の ち の 物 語 ー 」 (calm forest) 宮 沢 賢 治 『 銀 河 鉄 道 の 夜 』 ( 角 川 文 庫 ) 菅 原 千 恵 子 『 宮 沢 賢 治 の 青 春 ー " た だ 一 人 の 友 ~ 保 阪 嘉 内 を め ぐ っ て 』 ( 角 川 文 庫 ) 江 宮 隆 之 『 二 人 の 銀 河 鉄 道 ー 嘉 内 と 賢 治 』 河 出 書 房 新 社 宮 沢 賢 治 著 / 保 阪 庸 夫 ・ 小 澤 俊 郎 編 著 『 宮 澤 賢 治 友 へ の 手 紙 』 ( 筑 摩 書 房 ) 山 梨 県 立 文 学 館 編 『 宮 沢 賢 治 若 き 日 の 手 紙 ー 保 阪 嘉 内 宛 七 十 一 一 一 通 ー 』 ( 山 梨 県 立 文 学 館 2 0 0 7 ) 菊 大 明 敦 編 『 心 友 宮 沢 賢 治 と 保 阪 嘉 内 ー 花 園 農 村 の 理 想 を か か げ て ー 』 ( 山 梨 ふ る さ と 文 庫 ) 個 人 所 蔵 の 資 料 に よ る 貯 谷 川 俊 太 郎 作 / え び な み つ る 絵 『 ほ し に む す ば れ て 』 ( 文 研 出 版 ) 菊 地 里 帆 子 「 希 望 の 光 5 世 界 へ の 感 謝 」 http://amebIo.jp/rebirth20 一 0 一 02/entry-10969269957. h ( m 一 覚 和 歌 子 と 丸 尾 め ぐ み 音 楽 シ ン グ ル OQ 「 ほ し ぞ ら と て の ひ ら と , (><-aæ) 坂 村 真 民 『 詩 集 一 一 度 と な い 人 生 だ か ら 』 ( サ ン マ ー ク 出 版 ) か ら 作 品 の 一 部 を 抜 粋 晴 佐 久 昌 英 『 星 言 葉 』 ( 女 子 バ ウ ロ 会 ) 桜 井 進 ・ 坂 口 博 樹 『 音 楽 と 数 学 の 交 差 』 ( 大 月 書 店 ) 日 本 ホ ス ピ ス ・ 在 宅 ケ ア 研 究 会 山 梨 支 部 「 宙 を 見 て い の ち を 想 う 5 オ ー ロ ラ と と も に 」 記 録 集 谷 川 俊 太 郎 ・ 松 本 美 枝 子 『 生 き る 』 ( ナ ナ ロ ク 社 ) 大 平 貴 之 『 プ ラ ネ タ リ ウ ム 男 』 ( 講 談 社 現 代 新 書 ) 星 つ む ぎ の 村 公 式 サ イ ト http://hoshitsumugi.main 」 マ 本 書 に 登 場 す る プ ラ ネ タ リ ウ ム 番 組 の 著 作 権 は 、 す べ て 山 梨 県 立 科 学 館 が 持 っ て い ま す 。 ロ 3 参 考 ・ 引 用 資 料 一 覧