検索 - みる会図書館

全データから 212713件ヒットしました。

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


志 賀 直 哉 集

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


現 代 日 本 の 文 学 9 賀 直 哉 集 北 尾 奥 足 三 川 井 伊 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 杜 秀 健 巻 委 紀 康 十 夫 樹 男 夫 成 靖 整 学 習 研 究 社

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


現 代 日 本 の 文 学 9 全 60 巻 志 賀 直 哉 集 昭 和 45 年 3 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 10 月 1 日 28 版 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 志 賀 直 哉 古 岡 滉 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 暁 印 刷 株 式 会 社 製 本 文 勇 堂 製 本 工 業 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 720 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 ONaokichi Shiga 1970 Printed in Japan ISBN4 ー 05 ー 050219 ー 4 C0393 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 ず

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


清 兵 衛 と 瓢 箪 僧 の 神 様 赤 西 蠣 太 注 解 志 賀 直 哉 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 製 作 編 写 装 担 集 真 当 責 撮 島 任 影 幀 村 番 利 野 桜 榎 大 正 左 田 本 川 都 時 泰 子 満 雄 央 紅 野 敏 郎 四 一 九 : 四 8 : 四 0 七 四 三 三

現代日本の文学 7 谷崎潤一郎 集


菊 五 郎 氏 と 左 か ら 志 賀 直 哉 氏 、 潤 一 郎 、 吉 井 勇 氏 京 都 潺 湲 亭 に て 昭 和 一 一 十 五 年 頃 文 化 勲 章 受 章 記 念 右 よ り 2 人 目 潤 一 郎 、 志 賀 直 哉 氏 昭 和 24 年 435

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


県 ・ 青 島 の 俗 に い う 鬼 の 洗 濯 板 実 篤 は 志 賀 直 哉 氏 と と も に こ の 地 に 遊 ぶ

小説トリッパー 2014年春季号


る 。 太 宰 治 に 較 べ て み よ う 。 ひ と こ と で い う と 、 地 味 だ 。 ( 5 ) と ( 9 ) を 比 較 し て み よ う 。 太 宰 治 も 志 賀 直 哉 も ( た ぶ ん ) 世 に 知 ら れ ぬ 、 小 さ な 町 、 も し く は 村 に つ い て 書 こ う と し て い る 。 太 宰 治 は 「 何 一 つ と る と こ ろ の 無 い 、 つ ま ら ぬ 山 村 で あ る 」 と 書 く 。 身 も 蓋 も な い 。 と い う か 、 主 観 を は っ き り 打 ち 出 し て い る 。 一 方 、 志 賀 直 哉 は ど う か と い う と 、 完 全 な 客 観 描 写 だ 。 村 上 春 樹 さ ん が 、 北 海 道 の あ る 町 の 人 た ち が 、 タ バ コ を ポ イ 捨 て す る の が ふ つ う だ 、 と 書 い て 抗 議 を 受 け た 事 件 が あ っ た 。 あ れ は も ち ろ ん 、 村 上 さ ん が 、 た い へ ん な 有 名 人 だ か け な ら だ ろ う が 、 と に か く 、 誉 め る な ら と も か く 、 貶 し た り す る と 、 な に が 起 こ る か わ か ら な い 。 で も 、 や っ ち ゃ う の が 、 太 宰 治 で 、 そ う い う 物 騒 な こ と が 起 こ ら ぬ よ う に 、 当 た り 障 り の な い こ と し か 書 か な い の が 志 賀 直 哉 、 と い う こ と ら で は 、 太 宰 は 、 主 観 的 な こ と ば か り 書 い て い る か と い う と 、 そ れ も 違 う 。 ( 2 ) を 読 ん で い た だ け れ ば わ か る よ う に 、 き わ め て 客 観 的 な 表 現 も 使 っ て い る 。 け れ ど 、 読 ん で い た だ け れ ば わ か る よ う に 、 「 や り 過 ぎ 」 な の で あ る 。 そ ん な 、 小 説 と は な ん の 関 係 も な い 細 部 を 、 ご ち や ご ち ゃ と 書 き こ ん で い る の で あ る 。 そ れ が 、 太 宰 治 と い う 小 説 家 な の で あ る 。 さ て 、 ( 1 ) 、 ( 3 ) 、 ( 6 ) で あ る 。 こ れ も す ご い 。 ほ ん と に 。 な に が 、 す ご い の か 。 登 場 人 物 、 と い う か 主 人 公 が 「 い ち ば ん い い た い こ と 」 が 一 行 目 に 書 い て あ る の だ 。 し 力 、 刀 こ れ も 、 小 説 作 法 と し て は 如 何 な も の か 。 少 な く と も 、 志 賀 直 哉 な ら 絶 対 に 採 用 し な い 戦 法 と い え る だ ろ う 。 ( 7 ) も ( 8 ) も ( 9 ) も 、 主 人 公 に と っ て は 、 ほ と ん ど ど う で も い い よ 、 つ な こ と だ ろ 、 つ 。 「 深 い 秋 の 静 か な 晩 だ っ た 」 : : : と 書 い て あ る の を 読 む と 、 反 射 的 に 、 「 だ か ら 、 な に ? 」 と い い た く な る の が 、 太 宰 的 な 感 覚 で あ る 。 さ ら に 加 え て 、 こ の 先 に は 、 「 沼 の 上 を 雁 が 啼 い て 通 る 」 と も 書 か れ て あ る 。 「 い や 、 だ か ら 、 そ ん な こ と 、 興 味 な い し ー と い い た く な る 。 で も 、 そ ん な 文 句 ば か り い っ て い る と 、 嫌 わ れ る か ら 、 た い て い の 人 は ロ に し な 。 そ の 不 満 を 口 に し た の が 太 宰 治 な の で あ る 。 と に か く 、 そ の 「 ほ と ん ど ど う で も い い よ う な も の 」 か ら ( よ く わ か ら な い け ど ) 「 大 切 な も の 」 に 向 か っ て 、 暫 時 、 進 ん で ゆ く の が 、 正 し い 小 説 の あ り 方 で あ る 、 と 志 賀 直 哉 は 考 え て い た の で は な い だ ろ う か そ れ に 対 し て 、 太 宰 治 の 小 説 観 は 、 明 快 だ 。 「 最 初 が 肝 心 」 な の で あ る 。 い や 、 「 ツ カ ミ は オ ッ ケ 1 」 と い う か な ぜ 、 太 宰 治 は 、 そ う 考 え る に 至 っ た の か こ こ で 、 ち ょ っ と 関 係 な い 話 を し て い い だ ろ う か 。 イ ヤ で も 、 し ち ゃ 、 つ け ど 。 わ た し は 、 某 日 本 テ レ ビ で 番 組 審 議 委 員 と い う も の を さ せ て い た だ い て い る 。 何 年 か 前 、 そ の 番 組 審 議 会 の 席 上 で 、 403 青 少 年 の た め の ニ ッ ポ ン 文 学 全 集

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


目 次 志 賀 直 哉 文 学 紀 行 「 暗 夜 行 路 」 の 旅 暗 夜 行 路 和 解 母 の 死 と 新 し い 母 城 の 崎 に て 自 転 車 灰 色 の 月 ・ 阿 川 弘 之 宅 ・ : 五 三 ・ 三 九 三 三 八 五 ・ 三 八 0 ・ 毛 五 ・ 三 究 三 = 0

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


一 月 「 山 鳩 」 を 「 心 」 に 、 「 末 っ 児 」 を 「 群 像 」 に 、 「 山 荘 雑 話 」 を 一 一 月 「 紀 元 節 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 発 表 。 七 十 六 歳 「 展 望 」 ( 五 月 ま で ) に 発 表 。 「 秋 風 』 を 創 芸 社 よ り 刊 行 。 三 月 『 奈 昭 和 三 十 四 年 ( 一 九 五 九 ) 六 月 、 座 右 宝 図 録 「 樹 下 美 人 」 を 河 出 書 房 新 社 よ り 刊 行 。 秋 、 東 宝 良 』 を 三 笠 書 房 よ り 刊 行 。 六 十 八 歳 主 催 、 毎 日 新 聞 社 後 援 で 「 志 賀 直 哉 展 」 が 銀 座 三 越 で 開 催 さ れ た 。 昭 和 ニ 十 六 年 ( 一 九 五 一 ) 七 十 七 歳 一 一 月 『 山 鳩 』 を 中 央 公 論 社 よ り 、 『 志 賀 直 哉 作 品 集 』 ( 全 五 巻 ) を 創 昭 和 三 十 五 年 ( 一 九 六 〇 ) 元 社 よ り 刊 行 ( 七 月 ま で ) 。 三 月 「 朝 の 試 写 会 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 三 月 、 現 代 表 記 に よ る 『 大 津 順 吉 ・ 和 解 ・ 或 る 男 ・ 其 姉 の 死 』 を 岩 む し 表 。 九 月 『 蝕 れ た 友 情 』 を 創 元 社 よ り 刊 行 。 十 一 月 「 自 転 車 」 を 波 文 庫 と し て 刊 行 。 お お ら だ 、 八 十 歳 昭 和 三 十 八 年 ( 一 九 六 = l) 「 新 潮 」 に 発 表 。 こ の 年 、 北 海 道 に 旅 行 。 一 月 よ り 「 大 洞 台 日 記 」 八 月 「 盲 亀 浮 木 」 を 「 新 潮 」 七 百 号 記 念 号 に 発 表 。 を つ け る 。 本 多 秋 五 が 「 『 白 樺 派 』 の 文 学 」 を 「 群 像 」 に 連 載 。 昭 和 三 十 九 年 ( 一 九 六 四 ) 八 十 一 歳 六 十 九 歳 昭 和 ニ 十 七 年 ( 一 九 五 一 l) む ね よ し 一 月 「 老 能 の 身 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 発 表 。 四 月 、 広 津 和 郎 ・ 網 野 菊 ・ 五 月 、 梅 原 龍 三 郎 ・ 浜 田 庄 司 ・ 柳 宗 悦 ら と ヨ 1 ロ ツ ・ ハ に 遊 ぶ 。 七 十 歳 尾 崎 一 雄 ・ 阿 川 弘 之 ら が 中 心 と な り 、 金 婚 の 祝 が 自 邸 で 催 さ れ た 。 昭 和 ニ 十 八 年 ( 一 九 五 = l) 八 十 二 歳 二 月 、 広 津 和 郎 夫 妻 ・ 瀧 井 孝 作 ・ 網 野 菊 ら と 伊 豆 吉 奈 温 泉 で 稀 を 昭 和 四 十 年 ( 一 九 六 五 ) 祝 っ た 。 こ の 年 、 中 村 光 夫 が 「 志 賀 直 哉 論 」 を 「 文 学 界 」 に 連 載 ・ 十 一 月 『 志 賀 直 哉 目 選 集 』 ( 四 百 三 十 部 限 定 版 ) を 集 英 社 よ り 刊 八 十 三 歳 昭 和 四 十 一 年 七 十 一 歳 昭 和 ニ 十 九 年 ( 一 九 五 四 ) 一 月 「 朝 顔 」 を 「 心 」 に 発 表 。 三 月 『 志 賀 直 哉 文 庫 』 ( 全 五 巻 ) を 『 白 い 線 』 を 大 和 書 房 よ り 刊 行 。 五 月 『 動 物 小 品 』 を 大 雅 堂 よ り 刊 行 。 八 十 四 歳 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 四 月 「 い た ず ら 」 を 「 世 界 」 に 発 表 。 八 月 昭 和 四 十 一 一 年 ( 一 九 六 七 ) 「 朝 顔 』 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 十 一 一 月 、 松 川 事 件 に 関 す る 「 広 津 十 月 、 安 岡 章 太 郎 が 「 暗 夜 行 路 私 論 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 八 十 六 歳 昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) 君 の 仕 事 」 を 「 毎 日 新 聞 」 に 発 表 。 七 ャ 一 一 歳 二 月 、 戦 後 の 対 談 ・ 座 談 会 等 を 集 め た 「 志 賀 直 哉 対 話 集 』 を 大 和 昭 和 三 十 年 ( 一 九 五 五 ) 一 一 月 「 松 川 事 件 と 広 津 君 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 東 京 都 渋 谷 区 常 書 房 よ り 刊 行 。 三 月 「 枇 杷 の 花 」 ( 限 定 版 ) を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 八 十 七 歳 盤 松 に 家 を 新 築 、 移 転 。 「 続 々 創 作 余 談 」 を 「 世 界 」 に 発 表 。 「 志 賀 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 〇 ) 一 月 、 里 見 弴 ・ 木 下 利 玄 と の 旅 中 日 記 「 寺 の 瓦 」 が 発 刊 さ れ る こ と 直 哉 全 集 』 ( 全 十 七 巻 ) を 岩 波 書 店 よ り 刊 行 ( 翌 年 一 一 月 ま で ) 。 昭 和 三 十 一 年 ( 一 九 五 六 ) 七 十 三 歳 に な り 、 里 見 と の 対 話 「 明 治 の 青 春 」 が 「 海 」 に 掲 載 さ れ た 。 八 十 八 歳 一 月 「 祖 父 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 、 三 月 「 白 い 線 」 を 「 世 界 」 に 発 表 。 昭 和 四 十 六 年 ( 一 九 七 一 ) 昭 和 三 十 ニ 年 ( 一 九 五 七 ) 七 十 四 歳 十 月 一 一 十 一 日 午 前 十 一 時 五 十 八 分 、 肺 炎 と 全 身 衰 弱 の た め 死 去 。 一 月 「 八 手 の 花 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 、 翌 年 六 月 新 潮 社 よ り 刊 行 ・ ろ う ま 、

奈良 (楽楽―関西)


ー formation 土 、 》 奈 良 市 観 光 セ ン タ ー 谷 0742-22-3900 奈 良 市 観 光 企 画 課 谷 0742-34-4739 ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス ー 破 石 町 破 石 町 高 畑 町 崩 れ か け た 土 塀 の 残 る 、 奈 良 交 通 / ヾ ス 「 市 内 循 劇 で 9 分 情 緒 漂 う 閑 静 な 町 並 み 奈 良 交 通 ノ ヾ ス ム 良 公 園 の 南 に 広 が る 閑 静 な 屋 敷 「 市 内 循 環 」 で 6 分 小 町 。 鄙 び た な か に 古 都 の 趣 を と ど め 奈 良 交 通 バ ス て い る 。 春 日 大 社 と 境 を 接 し 、 か っ て は 春 「 市 内 循 環 」 で 8 分 日 大 社 の 神 官 が 住 む 社 家 町 で あ っ た 。 高 畑 サ ロ ン と 呼 ば れ た 志 賀 直 哉 の 旧 居 、 十 ニ 神 将 で 名 高 い 新 薬 師 寺 、 花 の 寺 と し ゆ っ く り 散 策 て 有 名 な 白 毫 寺 な ど の 古 刹 が ひ っ そ り と た た す み 、 静 か な 散 策 が 楽 し め る 。 奈 良 駅 ( 」 R) 近 鉄 奈 良 駅 ( 近 鉄 ) 近 鉄 奈 良 駅 ( 近 鉄 ) ど う 回 る ? バ ス 停 破 石 町 を 起 点 に 、 志 賀 直 哉 旧 居 か ら 新 薬 師 寺 、 写 真 美 術 館 を 見 学 。 そ こ か ら 20 分 ほ ど で 白 毫 寺 へ 。 P26 日 白 毫 寺 か ら は 奈 良 市 内 を 一 望 で き る 。 所 要 約 4 時 間 。 春 【 史 跡 】 日 野 頭 塔 の 南 山 を 望 む 閑 静 な 住 塔 と い う よ り 宅 街 谷 0742-26-6490 も 、 大 き な 「 塚 」 谷 0742-26-3 Ⅵ ( 仲 村 表 具 店 ) の よ う だ 7 E-4 る 7 E-4 志 賀 直 哉 は 昭 和 4 年 か ら 9 年 間 こ こ で 暮 ら し 、 大 土 と 石 を 積 み 上 げ た 特 異 な 塔 。 奈 良 時 代 に 修 ニ 会 作 「 暗 夜 行 路 』 を 完 結 さ せ た 。 屋 敷 は 、 数 寄 屋 造 を を 始 め た 東 大 寺 の 実 忠 が 造 っ た と 伝 わ る 。 近 年 、 基 調 と し な が ら 洋 風 を 取 り 入 れ た サ ン ル ー ム や 高 さ 10m 、 7 段 の ピ ラ ミ ッ ド 状 に 復 元 さ れ た 。 柵 外 食 堂 が あ る の が 特 徴 。 当 時 、 白 樺 派 の 文 人 や 画 家 か ら も 見 学 で き る が 、 南 側 の 仲 村 表 具 店 に 事 前 に が 集 い 、 高 畑 サ ロ ン と 呼 ば れ た 。 【 所 要 20 分 】 予 約 を す る と 柵 内 か ら 見 学 で き る 。 【 所 要 15 分 】 近 鉄 奈 良 駅 か ら 奈 良 交 通 パ ス 市 内 循 環 線 で 6 分 、 バ ス 停 員 近 鉄 奈 良 駅 か ら 奈 良 交 通 / ヾ ス 市 内 循 環 で 6 分 、 ハ 破 石 町 下 車 、 徒 歩 5 分 09 時 30 分 ~ 1 7 時 30 分 ( 冬 期 は ~ 16 ス 停 破 石 町 下 車 、 徒 歩 す ぐ 09 時 ~ 1 7 D 日 曜 朝 柵 時 30 分 ) の 木 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 前 日 ) 朝 入 館 350 円 0 な し 内 見 学 200 円 0 な し 邸 宅 】 志 賀 直 哉 旧 居 、 発 い し が な お や き ゅ う き ょ す と う 小 林 秀 雄 や 武 者 小 路 実 篤 な ど 、 文 豪 の 集 っ た サ ロ ン 多 く の 天 平 石 仏 が 眠 る 土 の 塔 DATA DATA 五 色 椿 は 県 の 天 然 見 は 年 谷 0742-26-3392 3 月 山 門 へ 続 く 石 段 に 降 り か か る よ う F-5 、 頃 に 萩 が 茂 る 高 円 山 の 中 腹 に 立 つ 寺 で 、 境 内 か ら は 奈 良 市 街 が 重 要 文 化 財 の 眷 属 の 司 命 ・ 司 録 像 と と も に 鎌 倉 時 一 望 で き る 。 志 貴 皇 子 の 山 荘 跡 を 寺 に し た と も の 代 の 康 円 一 派 の 作 だ 。 参 道 の 石 段 は 秋 、 あ ふ れ る と 伝 え ら れ 、 鎌 倉 時 代 に 叡 尊 が 再 興 し て い る 。 宝 よ う な 萩 に 覆 わ れ る 。 奈 良 三 名 椿 の 一 つ 、 五 色 椿 蔵 に は 重 要 文 化 財 の 閻 魔 王 坐 像 が ど っ し り と 鎮 が 3 月 下 旬 ~ 4 月 上 旬 に 咲 く 。 関 西 花 の 寺 25 カ 所 座 。 眼 光 鋭 く 、 ロ を カ ッ と 開 い て 迫 力 満 点 。 同 じ く の 第 18 番 札 所 で も あ る 。 【 所 要 50 分 】 DATA 近 鉄 奈 良 駅 か ら 奈 良 交 通 市 内 循 環 / ヾ ス で 8 分 、 ノ ヾ ス 停 高 畑 町 下 車 、 徒 歩 20 分 09 時 ~ 1 7 拝 観 400 円 0 な し 【 寺 院 】 び や く ご う じ 白 毫 寺 鄙 び た 中 に 風 情 漂 う 閻 魔 詣 て 名 高 い 花 の 寺 の 第 18 番 礼 所