検索 - みる会図書館

全データから 215632件ヒットしました。

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


大 阪 大 学 新 世 紀 レ ク チ ャ ー 現 代 能 楽 講 義 能 と 豸 王 の 魅 力 と 歴 史 に つ い て の 十 講 天 里 予 文 宏 隹 大 阪 大 学 出 版 会

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


工 代 能 楽 講 義 ー ー 能 と 狂 言 の 魅 力 と 歴 史 に つ い て の 十 講 ー ー 開 講 に あ た っ て 現 代 の 能 楽 事 情 と そ の 問 題 ー 本 書 が め ざ す の ー 現 代 の 巨 大 な プ ラ ッ ク ホ ー ル 2 / 「 食 わ す 好 き 」 と い う 偏 見 「 不 変 」 と い う イ メ ー ジ 4 / 「 思 考 停 止 。 と い う 現 象 5 / 原 作 《 猩 々 》 試 演 で の 体 験 7 / 能 楽 の 「 歴 史 、 と 能 楽 の 「 魅 力 」 9 第 ( 講 能 楽 よ 見 弋 こ 、 、 、 : こ 王 1 ( し 力 に 生 き て い る か ー 役 者 数 ・ ( ム 演 数 ・ 復 曲 ・ 新 作 ・ 海 外 ( ム 演 現 代 に 生 き る 能 楽 に / 能 楽 の 役 者 は ど れ く ら い い る の か い / 東 京 圏 で は 一 日 平 均 二 公 演 、 関 西 で は 一 公 演 ロ / 復 曲 と 新 作 / 海 外 公 演 の 日 常 化 第 ニ 講 「 能 」 と い う 名 称 を め ぐ る 諸 問 題 ー 「 能 楽 」 「 猿 楽 」 「 申 楽 」 「 謡 曲 」 の 意 味 と そ の 相 闢 ー 「 能 」 と い う 名 称 と そ の 周 辺 「 能 」 の 原 義 は 「 才 能 」 「 能 力 」 四 / 能 が 「 能 」 と 呼 ば れ る ま で 「 猿 楽 」 と い う 語 / 「 猿 楽 」 か ら 「 能 楽 」 へ 「 能 ー と 「 謡 曲 」 3 / 「 お 能 」 と い う 言 い 方 と そ の 歴 史 第 三 講 夢 幻 能 と 現 在 能 ー 夢 幻 能 に み る 能 の 演 劇 的 創 造 ー 夢 幻 能 と 現 在 能 囀 / 夢 幻 能 と い う 用 語 の 誕 生 町 / 夢 幻 能 に お け る 演 劇 的 特 色 / 夢 4 幻 能 の 形 成 ー ・ 世 阿 弥 ま で の 道 程 ー ・ / 夢 幻 能 の 展 開 ー ー 世 阿 弥 以 後 の 夢 幻 能 ー ー / 木 下 順 二 の 夢 幻 能 論 硯 第 四 講 能 が 演 じ ら れ た 場 所 ー 「 神 事 能 」 「 勧 進 能 」 「 私 的 催 し 」 「 公 演 」 目 次 次

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


第 十 講 狂 の 歴 史 と 魅 力 ー そ の 概 略 ー

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


義 持 時 代 の 世 阿 弥 ー ー 壮 年 期 か ら 老 年 期 ま 満 時 代 後 期 の 世 阿 弥 。 ー 青 年 期 か ら 壮 年 期 ま で ー ー で ー ー 円 義 教 時 代 の 世 阿 弥 ー 老 年 期 か ら 晩 年 ま で ー ー 鰤 第 九 講 能 の 変 化 ー 上 演 時 問 ・ 上 演 構 ・ 詢 章 ・ 演 出 を め ぐ っ て ー 能 の 変 化 を 知 る と い う こ と / 上 演 時 間 の 変 化 / 能 の 上 演 機 構 の 変 化 現 行 演 出 誤 謬 瞥 見 変 ヒ / 演 出 の 変 化 第 十 講 狂 の 歴 史 と 魅 力 ー そ の 概 略 ー 三 つ の 狂 言 プ ー ム 「 狂 言 」 と い う 名 称 ー ー 「 狂 言 」 と 「 を か し 」 狂 言 は 能 と い か に か か わ っ て き た の か の よ う に し て 成 立 し た の か 横 顔 / 狂 言 と い う 演 劇 の 性 格 と 魅 力 闢 講 に さ い し て 能 と 狂 一 = 0 の 行 く 末 ー む す び に か え て ー 《 月 し い か に 読 ま れ る べ き か 補 冓 こ よ 「 作 意 」 の 把 握 「 作 意 」 あ る い は 「 ね ら い 」 と い う こ と 能 の 見 方 と い う こ と 《 熊 野 》 を 読 む ー の 実 例 / 佐 成 謙 太 郎 氏 の 提 言 弼 能 楽 史 略 年 表 ・ 掲 載 写 真 ( 舞 台 ・ 資 抖 ) ( 覧 : 254 狂 言 は い つ ど / 名 手 た ち の / 詞 章 の 25 1 287 281 次

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


「 現 代 能 楽 講 義 」 と 題 さ れ た 本 書 は 、 筆 者 が 大 阪 大 学 で 能 楽 の 概 説 的 な 講 義 と し て 二 年 に 一 回 て い ど の 間 隔 で 行 っ て い る 「 演 劇 学 講 義 」 を 基 本 的 な 枠 組 み に す え て い る 。 も ち ろ ん 、 口 頭 の レ ク チ ャ ー と 書 か れ る 文 章 で は 、 お の ず か ら 話 題 や 構 成 や 密 度 な ど が 異 な る か ら 、 本 書 は 結 果 と し て は 現 実 の 講 義 と は か な り 様 変 わ り し た も の と な っ て い る 。 た と え ば 、 講 義 で は 、 「 能 の 名 作 を 鑑 賞 す る ー ー 《 葵 上 》 と 《 二 人 静 》 ー ー 」 と い う タ イ ト ル の も と 、 《 葵 上 》 と 《 二 人 静 》 を ビ デ オ で 鑑 賞 す る 時 間 が 一 コ マ あ っ た が 、 も ち ろ ん そ れ は 本 書 に は 採 用 さ れ て い な い 。 ま た 、 講 義 で は 、 さ い ご の 二 コ マ を 、 「 能 の 再 生 」 と し て 、 《 隅 田 川 》 の 翻 案 で あ る べ ン ジ ャ ミ ン ・ プ リ テ ン の 教 会 劇 『 カ 1 リ ュ ー ー 』 や 、 心 臓 移 植 を 題 材 に し た 多 田 富 雄 氏 の 新 作 能 《 無 明 の 井 》 や 、 三 島 由 紀 夫 が 昭 和 三 〇 年 代 に 書 い た 『 近 代 能 楽 集 』 な ど の 紹 介 に あ て て い た が 、 本 書 で は こ れ も 採 用 し な か っ た 。 一 方 、 本 書 に は 、 講 義 で は 話 さ な か っ た こ と や 、 話 せ な か っ た こ と が 多 く 含 ま れ て い る 。 前 者 は 能 の 変 化 の 細 部 や 狂 言 の 歴 史 や 魅 力 で あ り 、 後 者 は か な り 込 み 入 っ た 研 究 上 の 問 題 点 な ど で あ る が 、 そ の 結 果 と し て 、 本 書 は い わ ゆ る 概 説 書 と し て は 、 、 し さ さ か 細 部 に こ だ わ り す ぎ た 専 門 色 の 強 い も の に な っ て し ま っ た よ う に も 思 う 。 し か し 、 こ と 能 楽 の 概 説 書 に つ い て は 、 一 定 の 型 に は ま り す ぎ た 感 の あ る 能 楽 案 内 的 な も の で は な く 、 本 書 の よ う に あ る て い ど 専 門 的 な 内 容 の も の が 今 や 求 め ら れ て い る の で は な い だ ろ う か 本 書 の も と に な っ た 「 演 劇 学 講 義 」 の 受 講 生 は 能 や 狂 一 言 を み た こ と が な い 学 生 が ほ と ん ど で あ る が 、 講 義 で は じ め て 能 や 狂 一 言 と い う も の に 接 し た 彼 ら の レ ポ ー ト は 、 そ の 将 来 性 と い う 点 で だ い た い 二 つ の 意 見 に わ か れ て い る 。 一 つ は 、 現 代 の ど こ に も な い そ の 表 現 方 法 な ど に 豊 か な 可 能 性 を 見 い だ し て い る も の 、 も う 一 つ は 、 あ ま り に も 現 代 社 会 と の 接 点 が な い 能 の 行 く 末 を 危 惧 す る も の 、 で あ る 。 前 者 は 将 来 的 に も そ の 様 式 282

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


こ れ は 観 世 座 の 狂 言 役 者 に た い す る 心 得 を 説 い た く だ り で あ る が 、 世 阿 弥 は こ こ で 、 狂 言 ( を か し ) は 多 く の 観 客 が ど っ と 笑 う も の で 、 基 本 的 に は 卑 俗 な も の で は あ る が 、 そ の な か で も 幽 玄 で 上 類 の 笑 い が あ る こ っ ち だ ゅ う と を 説 き 、 か っ て の 槌 大 夫 ( 南 北 朝 期 の 観 世 座 の 狂 言 役 者 ) の 芸 が そ う で あ っ た と し て 、 そ れ を 狂 言 の 理 想 と し て い る 。 も ち ろ ん 、 当 時 の 狂 言 が す べ て そ の よ う な 洗 練 さ れ た も の だ っ た わ け で は な い が ー ー だ か ら こ そ そ の こ と を 世 阿 弥 が 主 張 し て い る の で あ る が ー ー 、 現 代 の わ れ わ れ に し ば し ば 深 い 感 銘 を 与 え る 上 質 な 笑 い は 、 す で に 世 阿 弥 の 時 代 に 生 ま れ て い た の で あ る 。 狂 は 能 と い か に か か わ っ て き た の か 狂 言 プ ー ム の さ な か に あ る 現 在 は 、 と も す る と 狂 言 だ け に 関 心 が 向 け ら れ て 、 能 と の 関 係 が 閑 却 さ れ が ち 魅 で あ る が 、 狂 言 は 能 と 一 体 の 形 で 今 日 ま で 歩 ん で き た 演 劇 で あ る 。 こ の 項 で は そ の よ う な 狂 一 言 と 能 と の 関 係 史 の に つ い て 述 べ て み た い 。 現 在 で も 、 狂 言 は 能 と 併 演 さ れ る の が 通 常 の 上 演 の 形 態 で あ る 。 ま た 、 狂 言 役 者 も 能 役 者 も と も に 社 団 法 ◎ 講 人 能 楽 協 会 と い う 職 能 組 合 に 属 し て い る 。 そ の よ う な 両 者 の 緊 密 な 関 係 、 と り わ け 長 き に わ た る 能 と の 併 演 + と い う 歴 史 か ら 、 狂 言 と 能 は 本 来 源 流 を 同 じ く す る も の で あ る と 考 え ら れ て い た 。 つ ま り 、 狂 言 も 能 も 先 行 す る 平 安 時 代 や 鎌 倉 時 代 の 猿 楽 を 母 体 と し て 生 ま れ た も の 、 と 考 え ら れ て い た の で あ る 。 と こ ろ が 、 両 者 は 平 安 鎌 倉 期 の 猿 楽 と は 系 譜 的 に つ な が ら す 、 そ れ ぞ れ が 別 個 の 起 源 を も っ 演 劇 で あ る と す る 説 が 、 戦 後 ま も 259

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


ろ あ 「 与 次 郎 」 「 ヨ ッ 」 「 路 阿 」 と い っ た 狂 言 役 者 が い た こ と が 示 す よ う に ( 『 申 楽 談 儀 』 ) 、 室 町 時 代 の 猿 楽 座 ( 能 の 座 ) に は 狂 言 役 者 も 所 属 し て い た し 、 江 戸 時 代 の 幕 府 お 抱 え の 座 に 狂 一 言 役 者 が 所 属 し て い た こ と も 第 五 講 で 述 べ た と お り で あ る 。 現 在 の 能 役 者 と 狂 言 役 者 が と も に 能 楽 協 会 の 会 員 で あ る こ と も す で に 述 べ た 。 狂 言 と 能 は 長 い こ と こ の よ う な も ち つ も た れ つ の 関 係 、 換 言 す れ ば 、 狂 言 あ っ て の 能 、 能 あ っ て の 狂 言 と い う 関 係 に あ っ た の で あ る 。 近 年 は 狂 言 の な い 催 し や 、 狂 言 番 だ け の 催 し も 増 え て い る が 、 そ れ は 歴 史 的 に み る と 変 則 的 な 形 で あ っ て 、 筆 者 な ど は 、 能 だ け 、 あ る い は 狂 言 だ け の 催 し に つ い て は 、 な ん と な く 物 足 り な い も の を 感 じ る こ と も あ る 。 名 手 た ち の 横 顔 能 の 役 者 と い え ば 、 た と え ば 観 阿 弥 や 世 阿 弥 、 あ る 268

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


面 は 希 薄 な の で は な い だ ろ う か 。 そ の よ う な 現 象 は 近 年 の わ れ わ れ の 社 会 や 文 化 の あ り か た と も 深 く か か わ っ て い る は ず で あ る が 、 そ う し た か っ て の 狂 言 プ ー ム と の 違 い は 違 い と し て 、 現 在 の 狂 言 プ ー ム を 目 の あ た り に し て あ ら た め て 思 う の は 、 狂 言 あ る い は 狂 言 役 者 が こ れ だ け 強 い 社 会 の 注 目 を 浴 び る 「 何 か 」 を も っ て し る と い う こ と で あ る 。 換 言 す れ ば 、 そ れ は 狂 言 が こ の 現 代 に 生 き て い る と い う こ と で も あ る が 、 こ の 第 十 講 で は 、 そ の よ う な 生 命 力 を 有 す る 狂 言 は 、 そ も そ も い っ 頃 、 ど の よ う に し て 生 ま れ 、 ど の よ う な 経 過 を た ど っ て 今 日 に 至 っ た の か 、 歴 史 的 に 能 と は い か な る 関 係 を 持 っ て い る の か 、 ま た 、 そ の 演 劇 と し て の 魅 力 は ど の よ う な 点 に あ る の か 、 と い っ た こ と を 略 述 し て み た い 。 「 狂 言 」 と い う 名 称 狂 言 は 笑 劇 で あ る 。 こ れ は 狂 言 を 一 度 で も み た こ と が あ る 人 な ら ば 、 た だ ち に 理 解 さ れ る こ と で あ ろ う 。 そ し て 、 そ の よ う な 内 容 の 劇 が 「 狂 一 言 」 と 呼 ば れ て い る の も な ん と な く 納 得 さ れ る こ と だ ろ う 。 こ の 「 狂 一 言 」 き よ 、 つ デ ん り こ 、 つ は た ぶ ん 「 興 言 利 ロ . の 「 興 言 」 で 、 「 興 に 乗 じ て い う 言 葉 」 「 座 興 に い う 言 葉 」 と い う 意 味 の 言 葉 で あ る と 思 わ れ る 。 「 利 ロ 」 も 「 冗 談 」 の 意 味 だ か ら 、 「 狂 言 」 と い う 言 葉 は 「 興 言 利 ロ 」 と ほ ば 同 じ 言 葉 と 考 え て よ い と 思 わ れ る が 、 こ の よ う な 意 味 の 言 葉 を そ の 名 称 に 持 っ て い る こ と は 、 笑 劇 と し て の 狂 言 の 本 質 を 示 唆 す る も の の よ う に 思 わ れ る 。 現 に 、 「 金 の 値 」 を 「 鐘 の 音 」 と 取 り 違 え る 《 鐘 の 音 》 の よ う な 設 定 や 、 三 つ 成 り の 柑 子 を め ぐ る 《 柑 子 》 で 、 食 べ て し ま っ た 柑 子 を 返 せ と い わ れ て 、 「 好 事 ( 柑 子 ) 門 を 出 で ず , と 洒 「 狂 一 = 。 」 と 「 を か し 」 254

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


大 阪 大 学 新 世 紀 レ ク チ ャ ー 見 イ 育 旨 ! 言 冓 義 ー ー 能 と 狂 言 の 魅 力 と 歴 史 に つ い て の 十 講 ー ー 2 開 4 年 3 月 30 日 初 版 第 1 刷 発 行 2 開 4 年 7 月 20 日 初 版 第 2 刷 発 行 著 者 天 野 文 雄 発 行 所 大 阪 大 学 出 版 会 代 表 者 松 岡 博 [ 検 印 廃 止 ] 〒 565-0871 吹 田 市 山 田 丘 ト 1 大 阪 大 学 事 務 局 内 電 話 ・ FAX 06-6877- 14 ( 直 ) URL : http://www.osaka-up. 0舅P 組 版 ( 株 ) 桜 風 舎 印 刷 所 ( 株 ) 太 洋 社 ◎ AMANO Fumio 2004 Printed in Japan ISBN4-87259-148-8 C3074 く 日 本 複 写 権 セ ン タ ー 委 託 出 版 物 〉 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 、 著 作 権 法 上 の 例 外 を 除 き 、 著 作 権 侵 害 と な り ま す 。

現代能楽講義ー能と狂言の魅力と歴史についての十講ー


斎 の よ う な 知 名 度 の 高 い 役 者 が い る で は な い か 、 と い わ れ る か も し れ な い 。 た し か に 、 近 年 の 狂 言 プ ー ム に よ っ て 、 狂 一 言 役 者 に は す い ぶ ん 知 名 度 の 高 い 役 者 が 多 く な っ た 。 人 間 国 宝 の 茂 山 千 作 な ど は そ の 筆 頭 で あ ろ う 。 し か し 、 近 年 脚 光 を あ び る こ と の 多 い 狂 言 を 能 楽 と 関 係 づ け て み て い る 人 は 、 能 楽 愛 好 者 以 外 で は き わ め て 少 な い よ う に 思 わ れ る 。 も ち ろ ん 、 狂 言 は 能 と と も に 能 楽 と い う 古 典 劇 を 形 成 し て い る 演 劇 で あ り 、 狂 一 一 一 口 も 能 楽 な の で あ る が ( ↓ 第 二 講 、 第 十 講 ) 、 現 在 の 狂 言 プ ー ム で は 狂 言 だ け が と り あ げ ら れ て い る こ と も あ っ て 、 一 般 に は 狂 一 言 と 能 が 一 体 の 関 係 に あ る こ と が ほ と ん ど 理 解 さ れ て い な い よ う に 思 わ れ る 。 し た が っ て 、 茂 山 千 作 や 野 村 萬 斎 の 例 は 、 か な ら ず し も 能 楽 の 役 者 の 知 名 度 が 高 い 例 と は な ら な い の で あ る 。 る し か し 、 実 際 に は 、 こ の 二 一 世 紀 の 現 代 に 、 能 楽 は 大 方 の 予 想 に 反 し て 一 般 に 想 像 さ れ て い る 以 上 の 規 模 て で 力 強 く 生 き て い る の で あ る 。 に も か か わ ら す 、 そ の 事 実 が 現 在 は あ ま り 知 ら れ て い な い 。 現 代 に お け る 能 鉎 楽 の 位 置 は そ の よ う な 現 象 に 象 徴 的 に 示 さ れ て い る と 思 う の だ が 、 本 書 の 読 者 に は な に よ り も ま ず 、 そ の 事 実 を 最 初 に 知 っ て い た だ き た い と 思 う 。 現 楽 ヒ ヒ ム 月 能 楽 の 役 者 は ど れ く ら い い る の か ◎ 講 第 能 楽 が 現 代 に 力 強 く 生 き て い る こ と を 端 的 に 示 す も の は 、 そ れ に 携 わ る 役 者 の 数 や 上 演 頻 度 で は な い か と 田 5 、 つ こ こ に か か げ た 表 は 、 社 団 法 人 能 楽 協 会 に 所 属 し て い る 役 者 を 、 昭 和 二 三 年 、 昭 和 三 〇 年 、 昭 和 六 三 年 、