検索 - みる会図書館

検索対象: 海猫〈上〉 (新潮文庫)

海猫〈上〉 (新潮文庫)から 276件ヒットしました。

海猫〈上〉 (新潮文庫)


弟 は そ の 点 、 自 由 気 ま ま な も の だ っ た 。 邦 一 は 、 嫁 さ ん だ け は 自 分 の 心 の ま ま に 決 め た い と 思 っ て い た 。 薫 は 、 悲 し 気 で 、 冷 た く 、 浜 の お 母 さ ん に あ っ て い る と は ま る で 思 え な か っ た 。 薫 の 家 族 に し て も 、 漁 師 と は 縁 が な い ば か り か 、 漁 師 た ち の 持 つ 大 ら か さ に 欠 け て い る よ う な と こ ろ が 目 立 っ た 。 あ ら が だ が 邦 一 は 、 む し ろ そ こ に 惹 か れ た の か も し れ な い の だ 。 漁 師 を 継 ぐ と い う 抗 え な い 愛 自 分 の 運 命 だ か ら こ そ 、 漁 師 と は ま っ た く 異 質 の 存 在 感 を 持 っ 女 と 暮 ら す こ と に 、 邦 一 の の と き め き が あ っ た 。 雪 白 「 い や 、 俺 は お め え に 甘 え て る ん だ な 、 薫 ー 章 邦 一 は 、 一 人 そ う つ ぶ や き 、 薫 の 手 紙 に 触 れ よ う と し た が 、 彼 女 は そ れ を 放 そ う と は 第 し な か っ た 。 「 邦 一 さ ん 、 私 、 少 し 眠 っ て い し 薫 が 、 邦 一 の 目 を 見 上 げ そ う 言 っ た 。 「 薫 、 ち ょ っ と 外 に 出 よ う 。 ど ん な 天 気 の と き だ っ て な 。 海 の 声 き か ね ば だ め だ 。 海 の 声 と 鵐 の 声 と き い て た ら 、 安 心 す る も ん だ 」 邦 一 は そ う 言 う と 、 居 間 に い る 松 印 た ち に 大 ら か に 言 っ た 。 「 お い た ち 新 婚 は 、 ち ょ っ と 散 歩 に い ぐ ど 。 邪 魔 す ん な よ ー 」 か も め

海猫〈上〉 (新潮文庫)


今 朝 も 、 夫 の 横 で 目 覚 め た 薫 は 、 そ っ と 自 分 の 腹 を さ す っ た 。 そ の 中 に ふ つ く ら と 芽 生 え 始 め て い る 新 し い 生 命 、 そ れ は も う 揺 る ぎ な い 確 信 へ と 変 わ っ て い た 。 薫 は ま だ 十 分 に 若 い が 、 す で に 美 輝 を 出 産 し て い る 。 今 で は 初 産 の 時 と は 異 な り 、 は つ き り と 、 自 分 の 中 の 体 の 変 化 を 感 じ て い た 。 体 が 熱 つ ほ く 、 小 水 の 間 隔 が 狭 ま り 、 胸 が 張 り 始 め て い た 。 薫 は 胸 の 上 で 両 手 を 握 っ た 。 神 様 、 私 に も う 一 度 だ け 裏 切 り を お 許 し 下 さ い 愛 薫 が 、 こ れ か ら し な く て は い け な い こ と は 、 は っ き り し て い る 。 そ れ 以 外 に 、 こ の 子 柱 を 守 る 方 法 は な い 。 だ が そ れ は 、 と て も 恐 ろ し い こ と の よ う に も 思 え た 。 「 邦 一 さ ん 、 あ な た 」 章 小 声 で 、 そ の 大 き く 硬 い 背 中 に 手 を か け た 。 第 「 ん 、 ど う し た ? 背 を 向 け た ま ま 、 邦 一 は 答 え る 夫 婦 は こ の 頃 、 そ う し て 寄 り 添 い も せ ず に 一 つ 布 団 に 寝 て い る の だ 。 「 夢 を 見 て し ま っ て 、 目 が 覚 め た の 」 邦 一 は 寝 ば け て は い た が 、 と っ さ に 腕 を 伸 ば し て 薫 を 抱 き し め た 。 二 人 が 、 そ う や っ て 近 づ く の も 久 し ぶ り の こ と だ 。 邦 一 の 腕 の 中 に 、 薫 が し な だ れ か か っ て く る 。 体 の 力 が 抜 け て 妻 が 柔 ら か く 感 じ ら れ 323 う い ざ ん

海猫〈上〉 (新潮文庫)


う そ 邦 一 に 言 わ れ た こ と が 気 に な っ て い る 。 漁 師 の 夫 婦 は 決 し て 嘘 や 隠 し 事 を し て は い け な い の だ 、 と 。 そ れ を す れ ば 、 事 故 が 起 き る 。 そ の 言 葉 が 寝 起 き の 頭 の 中 で 暗 示 の よ う に し て い た 。 邦 一 さ ん 、 邦 一 さ ん 、 今 、 目 を あ け て 私 の 薬 を 見 つ け て く れ な い ? 心 の 中 で つ ぶ や く が 、 邦 一 は ウ ウ ッ と 寝 返 り を 打 っ た だ け だ 。 い や あ 、 義 母 さ ん 、 朝 か ら う ま そ う な 味 噌 汁 「 義 兄 さ ー ん 、 姉 さ 1 ん 、 起 き て つ か ? 猫 の 匂 い だ な 。 さ す が 昆 布 の だ し が き い て る わ 」 孝 志 の 声 が 薄 暗 い 部 屋 に 明 り を つ け た よ う に 響 き 渡 る 。 邦 一 は 急 に 目 を 覚 ま す と 、 布 団 を は ね の け 、 起 き 上 が っ て か ら 言 っ た 。 「 孝 志 く ん 、 い よ い よ 今 日 か ら だ 。 よ ろ し く 頼 む で な 」 海 「 は い よ 」 二 人 が 笑 い 合 う 声 が 聞 こ え る お は よ う も 言 わ ず に 起 き て い っ た 邦 一 に 、 薫 は 寂 し い よ う な す れ 違 い を 覚 え る 。 自 分 し ゅ ん じ ゅ ん が た だ 酔 い 止 め 薬 を 飲 む と い う こ と に こ ん な に 逡 巡 し て い た と い う の に 、 夫 に は ま る で 伝 わ っ て い な い 。 薫 は 苦 笑 し て し ま う 。 そ も そ も こ れ は 隠 し 事 な ん て い う 深 刻 な こ と で は な い の だ わ 、 と 。 「 お は よ う ご ざ い ま す 。 今 日 も お 願 い し ま す 114 に お み そ し る

海猫〈上〉 (新潮文庫)


そ の ま ま 両 手 で 、 薫 の 細 い 手 首 を つ か ん だ 。 邦 一 の 酔 っ た 息 が 薫 の ロ を 覆 い 、 首 筋 に 伝 わ り 、 薫 は も が い た 。 も が い た か 、 邦 一 の 体 重 の 下 で は 、 よ け る こ と も で き な い こ と に 気 が つ い た 。 邦 一 の 手 が 薫 の 部 分 を 乱 暴 に お し あ け 、 入 っ て き た 。 こ の と き に な っ て は じ め て 怖 い た く ま と 田 5 っ た 。 薫 の プ ラ ウ ス や ス カ ー ト は あ っ と い う 間 に 引 き 剥 が さ れ て 、 邦 一 の 逞 し い も の が 入 っ て き た 。 猫 酔 っ て い る と い う の に 、 邦 一 の 動 き は 確 か で 、 薫 は 心 で は 強 い 反 発 を 抱 き な が ら も 、 久 し ぶ り の 交 わ り に か ら だ が 反 応 し て し ま う の を 覚 え る 。 歯 ぎ し り す る よ う に 唇 を 固 く 結 ん で い た と い う の に 、 抑 え 切 れ な い 吐 息 が 漏 れ 始 め る と 、 邦 一 の 表 情 が 泣 い て い る よ う に 和 ら い だ よ う に 見 え た 。 そ し て 、 邦 一 は 薫 の な か で カ 尽 き た 。 海 交 わ り を 終 え た 邦 一 は 、 ま だ か ら だ を 放 さ ぬ ま ま 、 薫 の 頬 を 撫 で た 。 叩 い た あ と の 頬 の 部 分 が 、 赤 く あ と に な っ て い る の だ っ た 。 「 俺 は な ん て こ と を し た ん だ べ な 」 す す 薫 は 黒 く 煤 け た 天 井 を 見 上 げ な が ら 、 き っ と こ れ が 夫 婦 と い う も の な の だ と 考 え て い ひ な が た 幼 い 頃 、 父 が い な か っ た 薫 に は 、 夫 婦 と い う も の の 雛 形 が な い 。 踊 り の 稽 古 の 場 な ど で 大 人 の 女 た ち が 話 し て い る の を 聞 く と 、 女 は 殴 ら れ た り 、 浮 気 さ れ た り す る の が 当 た 138 お お

海猫〈上〉 (新潮文庫)


「 何 か あ っ た ら 必 す 言 う わ 。 ら な く て い い 」 「 昔 の 女 に 妬 い て ん の が ? 「 違 う わ 、 私 は そ れ が う れ し い の 」 邦 一 は 足 を 止 め る と 、 薫 の 両 肩 に 手 を か け た 。 薫 は 肩 に 置 か れ た 手 の 大 き な 重 み を 感 じ な が ら 、 細 い 首 を 伸 ば し 、 目 を 合 わ せ た 。 邦 一 の 目 の な か に 燃 え て い る 激 し い な に か 猫 を い つ も 感 じ る 。 海 を 、 大 き な 海 を 丸 ご と 手 に 入 れ よ う と し て い る か の よ う な 目 だ 。 宿 の 正 面 に タ ク シ ー が 滑 り 込 ん で き た 。 着 物 に 赤 い 道 行 き を 着 た 母 と 、 細 身 の 三 つ ボ タ ン の 背 広 を 着 た 孝 志 だ っ た 。 「 ま あ 、 邦 一 さ ん 。 お 声 を か け て 下 さ っ て 、 あ り が た い で す よ 」 海 母 の タ ミ は 、 や は り ど こ か 商 売 女 の よ う に た つ ぶ り し て い る 「 僕 ら と 一 緒 に 温 泉 で の ん び り し ま し よ う 」 と 、 邦 一 は 胸 を 張 る 。 「 姉 さ ん 、 久 し ぶ り だ な 。 ふ ん 、 な ん か 新 妻 っ て 感 じ が す る け ? 孝 志 が 、 薫 の 髪 を 無 造 作 に 据 で る 。 孝 志 は 時 折 女 同 士 の よ う に 、 そ ん な こ と を す る 薫 は 、 や は り は っ と し て し ま う 。 自 分 と そ っ く り の 弟 、 鏡 を 見 る よ う に よ く 似 て い る 目 。 : で も 私 は 、 男 の 人 は 邦 一 さ ん 一 人 し か 知 ら な い し 、 知 に い づ ま

海猫〈上〉 (新潮文庫)


「 船 は お 前 ら 兄 弟 二 人 の も の だ べ 。 そ れ で 、 な ん で 相 談 し ね え ? 「 戻 っ て こ ん の は 、 あ い つ の せ い だ べ 。 俺 が 船 を 取 り 上 げ て る ん じ ゃ な い べ ? 父 さ ん 、 そ こ さ は っ き り し て け せ 」 邦 一 の 語 気 が あ が っ て い く 。 「 そ 、 つ だ 、 そ 、 つ だ 。 ・ : あ あ 薫 、 お 茶 呼 ば れ る べ 」 薫 は う な ず き 、 そ の と き は じ め て 邦 一 の 中 に 荒 ぶ る も の を 見 た よ う な 気 が し た の だ 。 愛 お 茶 の 用 意 を し よ う と 立 ち 上 が る 。 の だ が 邦 一 は 、 そ の 横 を す っ と す り ぬ け 、 セ 1 タ 1 の ま ま 玄 関 に 向 か っ た 。 雪 白 「 俺 は い ら ね え 。 船 見 て く つ け 章 薫 が 不 安 気 に 義 母 の 方 を 見 る と 、 手 で し っ し と 合 図 を さ れ た 。 第 「 お 茶 は あ た し が や っ と く か ら 、 行 っ て も い い よ 」 ア ノ ラ ッ ク を 手 に 邦 一 の 方 に 走 り 寄 る と 、 邦 一 は そ の ま ま 歩 き 出 し 、 乱 暴 に 引 き 戸 を な や あ け 昆 布 の 納 屋 に 入 っ て い っ た 。 別 棟 の 物 置 小 屋 の よ う な も の だ 。 屋 根 の す き 間 か ら 落 ち た 粉 雪 で 、 床 に う っ す ら と 雪 が た ま っ て い る 。 追 い か け て き た 薫 の 目 に は 、 す ぐ に そ の と こ ろ ど こ ろ に 昆 布 の 切 れ は し が 落 ち て い る の が 見 え た 。 そ れ ら は ま る で 雪 の 中 か ら 生 え て き た よ う に 、 鮮 や か な 緑 に 感 じ ら れ た 。 空 気 が 冷 え 切 っ て お り 、 呼 気 も 真 っ 白 に な る 。

海猫〈上〉 (新潮文庫)


「 い や 、 ま い っ た な 」 邦 一 は な ぜ か 額 に 汗 が 浮 か ぶ の を 感 じ 、 べ ッ ド の 横 に 置 い て あ る タ オ ル で 顔 を 拭 う 。 「 生 ま れ た と き に そ ば に い ら れ な く て 、 悪 か っ た な 、 薫 」 「 い い の 、 で も そ ろ そ ろ 名 前 を つ け て や ら ね ば と 思 っ て 」 子 供 の 名 が 一 ヶ 月 も つ い て い な い の は 異 例 の こ と だ 。 だ が 邦 一 が 入 院 中 で あ る こ と を 、 役 所 も 了 承 し て い た 。 小 さ い 町 で は 、 そ う い う 点 は 融 通 が き く 。 愛 邦 一 は 、 も う 一 度 赤 ん 坊 を 見 た 。 そ し て 、 枕 元 の ナ 1 ス コ ー ル を 押 し た 。 の 「 ど う し ま し た 、 赤 木 さ ん 」 雪 白 「 紙 と ペ ン を 持 っ て き て く れ ま す か 」 章 例 の 看 護 婦 が 、 す ぐ に や っ て 来 た 。 第 「 あ ら 1 、 な ん て き れ い な 赤 ち ゃ ん な ん で し よ う 。 お 世 辞 じ ゃ な く て 、 私 見 た こ と な い わ 、 こ ん な 白 い 赤 ち ゃ ん 」 薫 は 、 今 の よ う に 言 わ れ る こ と も 、 自 分 が 白 す ぎ る 花 嫁 で あ っ た こ と も 、 も う 気 に な ら な く な っ て い た 。 自 分 の 血 は も は や こ の 娘 の な か で 確 実 に 受 け 継 が れ 息 づ い て い る 。 そ れ が す べ て の よ う に 思 え た 。 〈 美 輝 〉 う な す 邦 一 は 、 紙 一 面 に 大 き く そ う 書 く と 、 幾 度 か ロ の 中 で 暗 唱 し 、 頷 い た 203

海猫〈上〉 (新潮文庫)


人 だ け で そ う し て 寒 風 の 中 に 立 っ て い る こ と に 満 ち 足 り て い た 。 結 婚 式 の 晩 か ら 、 二 人 は こ の 家 の 奥 座 敷 に 、 婚 礼 用 に 用 意 さ れ た 一 つ 布 団 を 敷 い て 寝 て い る 。 薫 の 白 い 体 は 、 邦 一 の よ く 焼 け た 若 い 体 の 中 で 色 づ き 、 花 開 い て い く よ う だ っ た 。 邦 一 は 荒 々 し く 薫 を 抱 い た が 、 薫 は こ れ ま で ず っ と 自 分 の 中 に 眠 っ て い た 、 得 体 の 知 れ な い 怖 れ の よ う な 感 情 が 打 ち 砕 か れ て い く よ う で 、 必 死 に 邦 一 に し が み つ い た 。 覚 え た ば か り の 性 の 感 覚 に の め り 込 ん で い く よ う だ っ た 。 愛 邦 一 に と っ て は 、 男 と し て こ れ ほ ど 誇 ら し い こ と は な い 。 今 も 寒 風 に 頬 を 染 め る 妻 が 雪 愛 お し く て た ま ら ず 、 ふ と 眺 め て し ま う 。 白 「 ど う か し た の ? 章 「 い や 、 船 は い い 。 。 と う せ 夏 に な っ た ら い や で も 毎 日 乗 る す け 。 少 し 散 歩 で も す る 第 か ? 」 「 で も 、 今 か ら 覚 え て お か な い と 。 そ れ に 、 散 歩 な ん か し た ら 、 お 義 母 さ ん た ち 、 驚 か な い か し ら 」 「 俺 た ち は 、 夫 婦 な ん だ ぞ 。 驚 く も 何 も ね え べ ー 薫 は 、 照 れ た よ う に そ う 言 っ て 歩 き 出 し た 邦 一 の 後 を 追 っ た 。 波 飛 沫 を 受 け る 浜 辺 を 歩 い て い く と 、 鵐 が 大 き な 声 を 立 て て 遠 く へ 進 む 船 を 追 い か け て い た 。 な み し ぶ き お そ か も め ぶ と ん

海猫〈上〉 (新潮文庫)


「 邦 一 、 じ ゃ あ 明 日 は み ん な で 行 っ で ぐ か ら ね 。 父 さ ん も き っ と 、 驚 ぐ も ね ー み さ 子 は 息 子 に そ う 声 を か け た 。 「 あ あ 、 行 っ て お い で 」 そ れ が 、 邦 一 か ら の や け に 爽 や か な 答 え だ っ た 。 邦 一 は 、 あ る 意 味 で ほ っ と し て も い た の で あ る 。 あ の ロ シ ア の 遭 難 者 の 一 件 が あ っ て 以 来 、 邦 一 と 薫 の 夫 婦 は 夜 の 営 み を と も に し て い な い 猫 薫 は 、 一 度 だ け 冷 た い ロ シ ア 人 の 男 の 体 を ひ と 晩 中 温 め た 話 を 、 夫 に し た 。 邦 一 は そ の 晩 、 偶 然 に も 啓 子 と 抱 き 合 っ て い た と い う の に 、 男 の 身 勝 手 さ で そ の 話 に 強 い 嫉 妬 を 覚 え た 。 カ ず く で 薫 を 抱 こ う と し て 、 薫 は そ れ を 何 度 も 繰 り 返 し は ね 除 け た 。 そ れ 以 来 邦 一 の 中 で も 、 無 理 に こ の 美 し す ぎ る 妻 を 抱 こ う と い う 気 は 失 せ て い た 。 そ れ よ り も 、 ひ と な っ 海 毎 晩 人 懐 っ こ い 啓 子 の 笑 顔 や よ く 弾 む 体 を 夢 想 す る こ と が 多 く な っ た 。 一 方 薫 の 方 に は そ れ 以 来 、 も う 道 に 迷 っ て い る よ う な 不 安 や 心 細 さ も な く な っ て い た 。 何 か が 心 の 中 で 解 放 さ れ て 、 彼 女 は 強 く な っ て い た 。 毎 朝 四 時 の 漁 港 か ら の 放 送 で 、 速 や か に 目 覚 め 、 と め し の 仕 事 を し つ か り こ な し た 。 漁 師 の お っ 母 さ ん ら し く 、 よ く 働 き 、 食 べ て 眠 り 、 子 供 の 世 話 を し た 。 そ ん な 薫 が こ う し て レ モ ン イ エ ロ ー の ノ ー ス リ 1 プ の ワ ン ピ ー ス を 着 る の は 、 久 し ぶ あ つ ら り の こ と だ っ た 。 こ れ も 、 嫁 い で く る と き に 、 タ ミ が 誂 え て く れ た も の だ 。 サ マ ー ウ ー 286 さ わ し っ と

海猫〈上〉 (新潮文庫)


海 「 邦 一 さ ん は そ ん な こ と は 言 っ て な い で し よ う 」 薫 が 横 か ら ロ を 出 す と 、 孝 志 は 薫 の 整 い す ぎ た よ う な 顔 を 見 て ふ ん と 笑 っ た 。 邦 一 の 反 応 を 見 て い た が 、 な お 一 人 深 刻 な 顔 で 、 こ ち ら を 見 返 し て い る 。 「 そ う か 、 俺 は た だ の ご く 潰 し か 。 い や あ 、 悪 か っ た ね 、 義 兄 さ ん 。 俺 、 い つ つ も ど こ で も そ う 言 わ れ る ん だ わ 。 や つ ば り 組 に 戻 ら ね ば な ら な い か な 」 「 孝 志 、 謝 り な さ い 。 そ ん な 一 人 前 の ヤ ク ザ み た い な こ と を 一 言 う ん じ ゃ な い わ ー 猫 薫 が 孝 志 の 腕 を つ か む と 、 弟 は 姉 の 柔 ら か い 髪 を す っ と 撫 で て 下 か ら 邦 一 を 見 上 げ た 。 「 何 さ 義 兄 さ ん 。 夜 の 生 活 で も う ま く い っ て ね え の が ? 薫 は こ う や っ て 髪 を 撫 で て や れ ば い い ん だ 。 ち ゃ ん と 知 っ て ん の が ? 今 日 の 義 兄 さ ん は 、 男 の ヒ ス テ リ ー み た い だ わ 。 じ ゃ あ 、 俺 、 帰 る 支 度 す る か ら 。 ど う あ れ 、 今 日 ま で の 賃 金 は け ろ や ね 」 よ ど あ ら こ ん な と き 、 孝 志 の 言 葉 は 澱 み な く 出 て く る 。 語 気 も 荒 ら げ ず に 相 手 を お ち よ く る よ う な こ の 癖 が 、 組 の 兄 貴 分 た ち に も 面 白 が ら れ て い る と こ ろ が あ る く ら い な の だ 。 だ か ら と い っ て 、 下 っ 端 は 下 っ 端 の ま ま で あ し ら わ れ て い る だ け な の だ が 。 邦 一 は 顔 を 真 っ 赤 に し て 拳 を 握 っ た 。 振 り 上 げ た 腕 で 孝 志 に つ か み 掛 か っ た が 、 さ っ と よ け ら れ た こ と で バ ラ ン ス を 欠 い た 。 邦 一 の 顔 は さ ら に 紅 潮 し 、 息 を 荒 ら げ た 。 「 ご め ん な さ い ・ : 孝 志 、 あ ん た は あ っ ち へ 行 き な さ い ー 薫 が 割 っ て 入 り 、 邦 一 の 胸 に 頭 を の せ た 。 132 こ ぶ し