検索 - みる会図書館

検索対象: 異邦人

異邦人から 137件ヒットしました。

異邦人


異 邦 人

異邦人


新 潮 文 庫 異 邦 人 カ 窪 田 啓 作 訳 新 潮 社 版 694

異邦人


異 邦 人 除 籍 済 ( 再 活 用 図 書 ) リ サ イ ク ル 資 料 、 、 、 放 ロ ュ 訳

異邦人


143 作 品 そ の も の の 出 米 栄 え に つ い て い え ば 、 テ ー マ の 発 想 か ら 完 成 ま で 、 約 四 年 の 歳 月 を 要 し た と い う 事 実 か ら い 0 て カ ミ = が こ の 一 作 に 、 な み な み な ら ぬ 努 力 を 傾 注 し た こ と は 十 分 に 推 察 で き る 。 『 手 帖 』 を 見 る な ら ば 、 三 八 年 の 秋 、 早 く も 彼 が 『 異 邦 人 』 の 書 き だ し の 部 分 を ノ ー ト し て い る こ と が わ か る の で あ る が 、 た し か に こ の 小 説 は 、 「 不 条 理 に 関 し 、 不 条 理 に 抗 し て つ く ら れ た 、 古 典 的 作 品 で あ り 、 秩 序 の 作 品 」 ( サ ル ト ル ) で あ ろ う 。 『 ベ ス ト 』 に お い て カ 、 、 、 = が 現 代 の 古 典 に な 0 た と い う の が 通 説 で あ る が 、 す で に 『 異 邦 人 』 が 、 彼 を 古 典 派 に 組 み い れ た の で あ る 。 る 。 な お こ の 解 説 は 書 肆 の 求 め に 応 じ 、 パ リ 在 住 の 窪 田 啓 作 君 に 代 っ て 、 新 し く 執 筆 し た も の で あ 昭 和 四 十 年 十 月 十 九 日 白 井 浩 司

異邦人


142 さ て 、 広 津 、 中 村 両 氏 の 論 争 は 、 『 異 邦 人 』 を ど う 読 む べ き か 、 と い う 点 に あ っ た と 思 う が 、 絶 望 的 な 外 観 を 呈 し て い る に し て も こ の 小 説 は 決 し て 絶 望 の 書 物 で は な い 。 そ れ に つ い て は 、 カ 、 、 、 ユ が 、 『 異 邦 人 』 の 英 語 版 に 寄 せ た 自 序 ( 一 九 五 五 年 一 月 ) が 、 明 快 な 解 明 を 与 え る で あ ろ う 。 「 : : : 母 親 の 葬 儀 で 涙 を 流 さ な い 人 間 は 、 す べ て こ の 社 会 で 死 刑 を 宣 告 さ れ る お そ れ が あ る 、 と い う 意 味 は 、 お 芝 居 を し な い と 、 彼 が 暮 す 社 会 で は 、 異 邦 人 と し て 扱 わ れ る よ り ほ か は な い と い う そ う こ と で あ る 。 ム ル ソ ー は な せ 演 技 を し な か っ た か 、 そ れ は 彼 が 嘘 を つ く こ と を 拒 否 し た か ら 人 だ 。 嘘 を つ く と い う 意 味 は 、 無 い こ と を い う だ け で な く 、 あ る こ と 以 上 の こ と を い っ た り 、 感 じ る こ と 以 上 の こ と を い っ た り す る こ と だ 。 し か し 、 生 活 を 混 乱 さ せ な い た め に 、 わ れ わ れ は 毎 日 、 嘘 を つ く 。 ム ル ソ ー は 外 面 か ら 見 た と こ ろ と ち が っ て 、 生 活 を 単 純 化 さ せ よ う と は し な い 。 異 ム ル ソ ー は 人 間 の 屑 で は な い 。 彼 は 絶 対 と 真 理 に 対 す る 情 熱 に 燃 え 、 影 を 残 さ ぬ 太 陽 を 愛 す る 人 間 で あ る 。 彼 が 問 題 と す る 真 理 は 、 存 在 す る こ と と 、 感 じ る こ と と の 真 理 で あ る 。 そ れ は ま だ 否 定 的 で は あ る が 、 こ れ な く し て は 、 自 己 も 世 界 も 、 征 服 す る こ と は で き な い だ ろ う : : : 」 ム ル ソ ー は 、 否 定 的 で 虚 無 的 な 人 間 に み え る 。 し か し 彼 は ひ と つ の 真 理 の た め に 死 ぬ こ と を 承 諾 し た の だ 。 人 間 と は 無 意 味 な 存 在 で あ り 、 す べ て が 無 償 で あ る 、 と い う 命 題 は 、 到 達 点 で は な く て 出 発 点 で あ る こ と を 知 ら な け れ ば な ら な い 。 ム ル ソ ー は ま さ に 、 あ る 積 極 性 を 内 に 秘 め た 人 間 な の た 。

異邦人


『 異 邦 人 』 は 、 フ ラ ン ス の 旧 植 民 地 ア ル ジ ェ リ ア 生 ま れ の 、 中 央 文 壇 と は な ん の 関 係 も な か っ た ひ と り の 文 学 青 年 を 、 一 躍 文 壇 の 寵 児 に し た す ぐ れ た 小 説 で あ る 。 こ の 一 作 に よ っ て カ ミ ュ は 、 人 短 い が 、 ま こ と に 栄 光 に 満 ち た 文 学 的 生 涯 に む け て 出 発 し た 。 彼 の 発 表 し た 小 説 の う ち 、 あ る い は 『 ベ ス ト 』 を 、 あ る い は 『 転 落 』 を 最 上 と す る 批 評 家 が い る に ち が い な い が 、 『 異 邦 人 』 は 、 あ ら ゆ る 処 女 作 が そ う で あ る よ う に 、 作 者 の 内 的 音 楽 を 最 も あ か ら さ ま に 伝 え 、 カ ミ = 的 問 題 の 異 根 本 を 私 た ち に 示 し て い る 。 し た が っ て 、 文 学 に 対 し て ほ と ん ど 正 反 対 と も い え る 考 - え 方 を 抱 懐 す る ふ た り の 文 学 者 、 一 方 は い わ ゆ る ア ン チ ・ ロ マ ン の 作 家 ア ラ ン ・ ロ プ グ リ エ と 、 マ ル キ シ ズ ム を 批 評 方 法 の 根 底 に 据 え る 評 論 家 リ ュ シ ア ン ・ ゴ ー ル ド マ ン と が 、 そ ろ っ て 『 異 邦 人 』 を サ ル ト ル の 『 嘔 吐 』 と と も に 、 こ こ 二 、 三 十 年 間 の フ ラ ン ス 小 説 史 上 の 傑 作 で あ る と 見 な し て い る の は 、 理 由 の な い こ と で は な い 。 ム ル ソ ー は ロ カ ン タ ン と 同 様 、 作 者 が 非 常 な 愛 着 を も っ て 造 形 し た 人 物 で あ る が 、 そ れ ば か り で は な く 、 一 九 三 〇 年 代 の 青 年 た ち の 歓 び や 苦 し み を 一 身 に 具 現 し て い る 典 型 的 人 物 な の だ 。 い や そ れ 以 上 の も の さ え あ る 。 彼 み の 悲 劇 性 は 、 ・ 一 一 十 世 紀 ヨ ー ロ ッ パ 132

異邦人


解 説 小 説 『 異 邦 人 』 に つ い て は サ ル ト ル の 見 事 な 解 説 が あ る ( 『 シ チ ュ ア シ オ ン 』 に 収 録 ) 。 サ ル ト ル は そ こ で 、 『 シ ジ フ ォ ス の 神 話 』 と 『 異 邦 人 . 』 と の 関 係 に 触 れ 、 前 者 が 後 者 の 「 正 確 な 注 釈 」 で あ り 、 「 哲 学 的 翻 訳 」 で あ る こ と 、 し か し 『 異 邦 人 』 は テ ー ゼ 小 説 で は な い か ら 『 神 話 』 で 語 ら れ る 不 条 理 の 理 論 が そ の ま ま 忠 実 に ム ル ソ ー に あ て は ま る わ け で は な く 、 不 条 理 の 光 に 照 ら し て み て も 、 そ の 光 の 及 ば な い 固 有 の あ い ま い さ を ム ル ソ ー は 保 っ て い る と し 、 こ れ は 彼 が 生 き て い る な に よ り の 証 拠 で あ り 、 「 小 説 的 濃 密 さ , を 具 え て い る た め で あ る と 指 摘 す る 。 ム ル ソ ー は 、 「 不 可 能 な 超 越 の 作 家 」 カ フ カ の 主 人 公 と は ま っ た く 逆 で 、 カ フ カ 的 不 安 を 少 し も 持 っ て い な い 。 カ フ カ に と っ て 宇 宙 は し る し に 満 ち て い る が 、 カ 、 、 、 ユ の 見 方 は 地 上 的 で あ る 。 「 朝 、 明 る い タ ベ 、 灼 熱 の 午 後 」 、 こ れ が ム ル ソ ー の 好 み の 時 刻 で あ り 、 「 ア ル ジ ェ の 永 遠 の 夏 」 、 - こ れ が そ の お 気 に 放 と 王 国 』 が 刊 行 さ れ 、 こ の 年 彼 は 、 ノ ー ベ ル 文 学 賞 を 授 与 さ れ た 。 カ ミ ュ は 四 十 四 歳 、 そ れ ま で の 受 賞 者 中 、 最 年 少 者 で あ る 。 こ の よ う に フ ラ ン ス を 代 表 す る ば か り で な く 世 界 的 栄 光 に 包 ま れ た 彼 は 、 新 し い 長 編 小 説 『 最 初 の 人 間 』 の 構 想 を 練 り 、 一 部 分 を 書 ぎ ば じ め て い た と き 、 思 い が け ぬ 自 動 車 事 故 に よ っ て 、 四 十 六 年 と 二 カ 月 の 短 い 生 涯 を 閉 じ た 。 そ れ は 一 九 六 〇 年 一 月 四 日 の こ と だ っ た 。

異邦人


解 題 に 関 す る 記 事 が 当 局 の 忌 諱 に 触 れ 、 結 局 カ ミ ュ ・ は ア ル ジ ェ か ら 追 放 さ れ る 形 と な っ た が 、 ま た も や ピ ア の 紹 介 に よ っ て 「 。 ハ リ ・ ソ ワ ー ル 」 紙 の 記 者 に な る こ と が で き た 。 『 異 邦 人 』 は こ の 年 の 五 月 に 、 「 『 異 邦 人 』 の 哲 学 的 翻 訳 」 ( サ ル ト ル ) と い わ れ る 『 シ ジ フ ォ ス の 神 話 』 は 翌 年 の 二 月 に 、 そ れ そ れ 書 き あ け ら れ 、 前 者 は 四 二 年 に 、 後 者 は 四 三 年 に ガ リ マ ー ル 社 か ら 刊 行 さ れ た が 、 『 異 邦 人 』 は た ち ま ち 評 判 を え 、 四 〇 年 以 米 の 最 大 傑 作 と 絶 讃 さ れ た 。 戦 時 中 彼 は 、 「 コ ン バ 」 紙 の 編 集 に 携 わ り 、 抵 抗 運 動 の 精 神 を 鼓 舞 し た が 、 戦 後 は サ ル ト ル と な ら ん で フ ラ ン ス 文 壇 説 を 代 表 す る 最 も 輝 か し い 作 家 と 見 ら れ る に 至 っ た 。 日 本 に お い て も そ う で あ っ た が 、 フ ラ ン ス に お い て さ え カ ミ ュ は サ ル ト ル と 同 じ 種 類 の 実 存 主 義 者 と 見 な さ れ た 一 時 期 が あ っ た 。 ふ た り が そ ろ っ て 戦 後 に 一 躍 脚 光 を 浴 び 、 そ れ そ れ の 作 品 が 似 た よ う な 絶 望 感 を 漂 わ せ て い る と こ ろ か ら こ の 混 同 が 生 ま れ た の で あ ろ ) つ が 、 一 九 四 五 年 十 一 月 十 五 日 付 の ノ ー ト に カ ミ ュ は こ う 記 し て い る 。 「 い や 、 ほ く は 実 存 主 義 者 じ ゃ な い 。 サ ル ト ル と く は 、 い つ も ほ く た ち の 名 前 が 組 合 わ さ れ る の を 見 て び つ く り し て い る 。 ほ く た ち は い っ か 、 ち ょ っ と し た 広 告 を だ そ う か と 考 え て さ え い る 。 そ こ で 、 署 名 者 で あ る わ れ わ れ に は 、 な ん ら 共 通 点 が な い こ と 、 お 互 い に 借 り を つ く る よ う な 借 金 に 応 じ る わ け に は 行 か な い こ と を は っ き り さ : サ ル ト ル と ほ く は 、 す べ て の 本 を 、 わ れ わ れ が 知 り あ う 前 に 発 表 し た の だ 。 は せ る た め だ 。 く た ち が 知 り あ っ た と き 、 ほ く ら は お 互 い の 違 い を 確 認 し た 。 サ ル ト ル は 実 存 主 義 者 だ 。 そ し て

異邦人


異 邦 人 140 入 り の 季 節 だ 。 夜 は 彼 の 宇 宙 で は ほ と ん ど 場 所 を 持 た な い 。 「 自 然 の 頑 固 な 盲 目 性 は 、 も ち ろ ん 彼 一 を い ら だ た せ は す る が 、 慰 め も す る 。 : こ の 不 条 理 な 人 間 は ユ マ ニ ス ト だ 。 彼 は こ の 世 の 善 し か 知 ら ぬ 」 と サ ル ト ル は 結 論 す る 。 ア ン チ ・ ロ マ ン の ナ タ ー 丿 ー ・ サ ロ ー ト は 評 論 集 『 不 信 の 時 代 』 の な か で 『 異 邦 人 』 に つ い て 語 り 、 ム ル ソ ー が い か に カ フ カ 的 人 間 か ら は 遠 く 、 か え っ て フ . ラ ン ス の 伝 統 的 小 説 の 主 人 公 に 近 い こ と を 指 摘 す る 。 こ の ふ た り の 共 通 し た 見 解 は 、 一 応 正 し い も の と 認 め て も よ い の で は な か ろ う か 。 か い ら い ム ル ソ ー が 、 作 者 の 傀 儡 に 堕 す こ と な く 、 固 有 の あ い ま い さ を 具 え て い る の は 、 カ ミ ュ の 手 腕 に 帰 せ ら れ る べ き で あ る が 、 も う 一 つ の 理 由 と し て 、 ム ル ソ ー に モ デ ル が い た と い う 事 実 が 挙 け お お み そ か ら れ る 。 一 九 四 四 年 の 大 晦 日 の 夜 、 ジ ー ド の 所 有 す る ア パ ル ト マ ン に 住 ん で い た カ ミ ュ は 、 大 勢 . の 人 を 招 い て ハ ー テ ィ を 催 し た 。 ポ ー ヴ ォ ワ ー ル は サ ル ト ル と と も に 参 加 し た が 、 パ ー テ ィ の 間 、 す っ と 沈 黙 を 守 っ て い た ひ と り の 男 を 指 さ し て カ ミ ュ が 、 「 あ れ が ム ル ソ ー の モ デ ル な ん だ と い っ た と 、 ポ ー ヴ ォ ワ ー ル が 回 想 録 『 事 物 の カ 』 ( 邦 訳 題 名 『 或 る 戦 後 』 ) の な か に 記 し て い る 。 ム ル ソ ー は 、 サ ル ト ル が 巧 み に 指 摘 す る よ う に 、 た と え ば 「 愛 」 と 呼 ば れ る よ う な 一 般 的 感 情 と ・ は 無 縁 の 存 在 で あ る 。 人 は 、 つ ね に 相 手 の こ と を 考 え て い る わ け で は な く と も 、 き れ ぎ れ の 感 情 に 抽 象 的 統 一 を 与 え て 、 そ れ を 「 愛 」 と 呼 ぶ 。 ム ル ソ ー は 、 こ の よ う な 意 味 づ け を い っ さ い 認 め な い 。 彼 に と っ て 重 要 な の は 、 現 在 の も の で あ り 、 具 体 的 な も の だ け だ 。 現 在 の 欲 望 だ け が 彼 を

異邦人


"L'ETRANGER ” by A1bert Camus Origina11y Copyrighted by Librairie Ga11imard, Paris. This book is published in Japan by arrangement with Librairie Ga11imard through the Bureau des Copyrights Francais in Tokyo. 異 邦 人 立 、 定 価 90 円 4 潮 文 庫 昭 和 二 十 九 年 九 月 三 十 日 発 行 昭 和 四 十 一 年 五 月 二 十 日 二 十 六 刷 改 版 昭 和 四 十 一 一 一 年 七 月 二 十 五 日 三 十 刷 本 訳 者 窪 田 啓 作 木 記 本 製 発 行 者 佐 藤 亮 社 会 嘱 式 発 行 所 会 社 新 潮 社 刷 ね 郵 便 番 号 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 七 一 電 話 東 京 一 一 六 〇 局 一 一 一 一 ( 大 代 ) 刷 振 替 東 京 八 0 八 番 0 乱 丁 、 落 丁 の も の は 本 社 又 は お 買 求 め の 書 店 に て お 取 替 え い た し ま す 。 年 彡 ジ