検索 - みる会図書館

検索対象: 舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめてから 110件ヒットしました。

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


僕 は 「 異 邦 人 」 が ひ と つ の 實 驗 報 告 で あ り 、 知 的 に 構 成 さ れ た 「 つ く り も の 」 で あ る こ と を 廣 津 氏 と と も に 認 め ま す 。 し か し 「 實 驗 」 が た だ ち に 「 遊 戲 」 の 代 名 詞 と は 思 ひ ま せ ん 。

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 コ ウ ( ク ワ ウ ) 廣 ( 広 ) 【 訓 】 ひ ろ し ひ ろ が る 釧 路 か ら 根 室 に か け て の 廣 大 な 原 野 醉 っ た 勢 ひ 【 語 】 廣 場 で 遊 ぶ 廣 告 宣 傳 部 門 で 廣 言 を 吐 い て し ま っ た 廣 津 さ ん 廣 澤 さ ん 廣 島 縣 【 蘊 】 音 符 は 「 黄 」 。 「 黄 」 で は な く 「 黄 」 。 「 広 」 の 字 は 「 弘 報 . の 「 弘 」 、 「 曠 野 」 の 「 曠 」 の 書 き 換 へ に 用 ゐ ら れ る こ と が あ っ て 「 広 報 , 「 広 野 」 と な る 。 【 例 文 】 中 村 光 夫 『 異 邦 人 論 』 昭 和 一 一 十 七 年

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


大 前 研 一 企 業 危 機 管 理 実 戦 論 田 中 辰 巳 幻 世 紀 維 新 ◆ 経 済 と 企 業 有 森 隆 企 業 再 生 と & < の す べ て 藤 原 総 一 郎 ネ ッ ト バ ブ レ イ ン タ ー ネ ッ ト 取 引 は 五 味 俊 夫 吉 川 元 忠 企 業 コ ン プ ラ イ ア ン ス 後 藤 啓 一 一 マ ネ ー 敗 戦 安 全 か 森 谷 正 規 革 命 の 虚 妄 吉 川 元 忠 敵 対 的 買 収 を 生 き 抜 く 津 田 倫 男 情 報 エ コ ノ ミ ー 黒 字 亡 国 藤 和 彦 吉 田 春 樹 石 油 神 話 三 國 陽 夫 執 行 役 員 対 米 黒 字 が 日 本 経 済 を 殺 す 荒 井 一 博 ヘ ッ ジ フ ァ ン ド 浜 田 和 幸 自 動 車 合 従 連 衡 の 世 界 佐 藤 正 明 文 化 の 経 済 学 原 田 泰 加 野 忠 企 業 合 併 箭 内 昇 都 市 の 魅 力 学 金 融 再 編 西 村 吉 正 日 本 企 業 モ ラ ル ハ ザ ー ド 史 有 森 隆 エ コ ノ ミ ス ト は 信 用 で き る か 東 谷 暁 金 融 行 政 の 敗 因 金 融 工 学 、 こ ん な に 面 白 い 野 口 悠 紀 雄 本 田 宗 一 郎 と 「 昭 和 の 男 」 た ち 片 山 修 プ ロ 。 ハ テ ン ト ・ ウ ォ ー ズ 上 山 明 博 「 強 い 会 社 」 を 作 る 渡 辺 喜 美 赤 井 邦 彦 成 果 主 義 を 超 え る 江 波 戸 哲 夫 金 融 商 品 取 引 法 ホ ン ダ 連 邦 共 和 国 の 秘 密 大 山 真 人 投 資 信 託 を 買 う 前 に 伊 藤 雄 一 郎 西 洋 の 着 想 東 洋 の 着 想 今 北 純 一 悪 徳 商 法 伊 藤 雄 一 郎 日 米 中 三 国 史 星 野 芳 郎 コ ン サ ル タ ン ト の 時 代 鴨 志 田 晃 年 金 術 知 的 財 産 会 計 岸 宣 仁 イ ン ド ¯e 革 命 の 驚 異 榊 原 英 資 高 度 経 済 成 長 は 復 活 で き る 増 田 悦 佐 ウ ッ ド ・ デ フ レ は な ぜ 怖 い の か 原 田 泰 サ ム ラ イ カ ー ド 、 世 界 へ 湯 谷 昇 羊 ビ ジ ネ ス 三 浦 展 日 本 国 債 は 危 な く な い 久 保 田 博 幸 中 国 経 済 真 の 実 力 森 谷 正 規 団 塊 格 差 「 証 券 化 」 が よ く 分 か る 井 出 保 夫 「 俺 様 国 家 」 中 国 の 大 経 済 山 本 一 郎 中 国 ビ ジ ネ ス と 渡 辺 浩 平 デ フ レ に 克 っ 給 料 ・ 人 事 蒔 田 照 幸 情 報 の わ な 角 田 康 夫 人 生 と 投 資 の 。 ハ ズ ル ( 2007.4 ) C

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


ギ ョ ウ 曉 ( 暁 ) 一 き ら い 嫌 ( 嫌 ) 一 近 ( 近 ) 一 勤 ( 勤 ) 一 謹 ( 謹 ) 一 區 ( 区 )a 驅 ( 駆 ) 一 苦 ( 苦 ) 一 虞 ( 虞 ) 一 グ 具 ( 具 ) 一 く い る 海 ( ) 一 グ ウ 遇 ( 遇 ) 一 莖 ( 茎 ) 一 く さ 草 ( 草 ) 一 く さ 臭 ( 臭 ) 一 く さ り 鎖 ( 鎖 ) く す し 醫 ( 医 プ く す り 藥 ( 薬 ) く す れ る 崩 ( 崩 ) 碎 ( 砕 ) 一 く だ も の ~ 果 ( 菓 ) く だ る 降 ( 降 ) 一 國 ( 国 プ 邦 ( 邦 ) 一 く み す る 與 ( 与 く む 酌 ( 酌 ) / 、 ら 藏 ( 蔵 ) 一 く る 來 ( 来 ) 一 く る し い 苦 ( 苦 ) く る る 樞 ( 枢 ) げ く れ 呉 ( 呉 ) 一 く れ る 暮 ( 暮 ) 一 く ろ 黑 ( 黒 ) 一 く ろ が ね 鐵 ( 鉄 ) 2 ク ン 勳 ( 勲 ) 一 266

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


新 舊 字 體 表 を 兼 ね た 索 引 ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ ウ 忙 亡 縫 襃 飽 豐 崩 砲 胞 泡 抱 邦 忙 亡 縫 褒 飽 豊 崩 砲 胞 泡 抱 邦 ボ ホ ほ ほ ポ ほ ほ ポ ポ ポ ポ ポ ツ ツ た そ ク が う ウ ウ ウ ウ ウ ら む る い か る 沒 發 螢 纖 墨 朗 葬 帽 望 冒 房 忘 没 発 蛍 繊 墨 朗 葬 帽 望 冒 房 亡 209 151 マ マ ホ ホ ン ン ほ ほ ほ ほ ほ ろ る め ま と び る れ り る ほ ほ ほ と と ど け ぎ 摩 麻 奔 飜 亡 彫 襃 譽 邊 佛 罐 程 289 257 219 217 61 摩 麻 奔 翻 亡 彫 褒 誉 辺 仏 缶 程

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


時 に 、 殘 月 、 光 冷 や か に 、 白 露 は 地 に 滋 く 、 樹 間 を 渡 る 冷 風 は 既 に 曉 の 近 き を 告 げ て ゐ た 。 人 々 は 最 早 、 事 の 奇 異 を 忘 れ 、 肅 然 と し て 、 こ の 詩 人 の 薄 倖 を 嘆 じ た 。 李 徴 の 聲 は 再 び 續 け る 。 何 故 こ ん な 運 命 に な っ た か 判 ら ぬ と 、 先 刻 は 言 っ た が 、 し か し 考 へ や う に 依 れ ば 、 思 ひ 當 る こ と が 全 然 な い で も な い 。 一 ↑ 笊 す 肅

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


0 【 音 】 ヘ ン 變 ( 変 ) 【 訓 】 か は る か ふ ( か へ る ) 氣 温 の 變 化 變 換 キ イ を 押 す 日 附 變 更 線 を ま た ぐ 變 身 願 望 奇 人 變 人 お う へ ん 君 子 豹 變 天 變 地 異 有 爲 轉 變 は 世 の な ら ひ 臨 機 應 變 の 處 置 【 蘊 蓄 】 「 變 」 の 上 の 部 分 は 諸 説 あ る や う だ が 『 大 漢 語 林 」 に よ れ ば 「 つ づ く , の 意 。 こ の 要 素 ( 意 符 ) を 持 っ 字 に は 、 戀 ( 恋 ) 、 蠻 ( 蛮 ) な ど が あ る 。 下 部 は 「 う つ ー の 意 だ と い ふ 。 下 部 が 部 首 だ が こ れ も 諸 説 あ る や う だ 。 「 な つ の あ し 」 ( 夏 の 脚 ) と 言 へ ば よ い か 。 上 に 附 け ば 「 冬 」 の 上 部 だ か ら 「 ふ ゆ が し ら ー と な る 。 筆 順 は 「 言 」 か ら 。 だ か ら 手 書 き の 形 は 活 字 字 體 と だ い ぶ 異 な る 。 新 字 「 変 」 の 一 晝 二 書 は 「 言 」 の 一 晝 二 晝 に あ た る 。 「 戀 」 も 同 様 。 【 例 文 】 シ ャ ル ド ン ヌ 『 ロ マ ネ ス ク 』 西 淸 譯 う ゐ て ん べ ん 2 2 1

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 ケ ン 県 ノ 【 訓 】 あ が た あ が た ゐ の う し か も の ま ふ ち 【 語 】 栃 木 縣 の 縣 廳 所 在 地 は 字 都 宮 秋 田 縣 立 秋 田 高 等 學 校 縣 居 大 人 賀 茂 眞 淵 【 蘊 蓄 】 「 縣 」 の 字 に は 「 懸 」 と 同 じ く 「 首 を 吊 る 」 と い っ た 原 義 が あ る や う だ が 、 日 本 に は そ の 意 味 の 用 法 は な い か と 思 ふ 。 「 首 懸 か り 」 が 「 首 縣 か り 」 で は や は り 異 樣 だ ら う 。 我 が 國 に は 我 が 國 な り の 漢 字 用 法 が あ る 。 私 の 勝 手 な が ら 「 県 」 の 字 は 「 尽 」 「 当 」 な ど と 竝 ん で 最 も 書 き た く な い 字 だ 【 例 文 】 澤 論 吉 『 舊 藩 情 』 明 治 十 年

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 オ ウ 歐 ( 欧 ) 【 訓 】 は く 宋 の 文 人 政 治 家 歐 陽 脩 【 語 】 歐 洲 自 由 貿 易 聯 合 歐 羅 巴 北 【 蘊 】 訓 と し て 「 は く ( 吐 く ) 」 を 擧 げ た 。 「 歐 吐 」 と い ふ 熟 語 も あ る 。 た だ 日 本 で は 「 吐 く の 意 味 で は 「 嘔 ー の 字 だ け を 使 ふ の で は な い か 。 「 歐 」 は 歐 洲 の 意 味 で す っ か り 定 着 し て ゐ る 。 「 歐 吐 」 で は 奇 異 な 感 じ が す る 。 だ が 「 嘔 」 の 字 は 常 用 漢 字 に な い す る と 「 歐 吐 」 と す る の が わ が 國 語 政 策 と い ふ こ と に な る か 【 例 文 】 小 泉 信 三 『 私 と マ ル ク シ ズ ム 』 昭 和 二 十 五 年

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


ン 見 ン 見 ン 見 ン 見 ン 見 こ の た い て い び は そ う た け 此 三 弦 の 形 大 體 比 巴 に 同 し 。 惣 尺 三 尺 、 貳 尺 餘 、 と 、 つ 力 い 、 ら , つ ひ た う 海 老 尾 五 寸 、 胴 幅 六 寸 、 長 サ 六 立 、 厚 サ 三 そ の 世 の 三 弦 は 其 形 少 し 異 に し て 、 惣 尺 三 尺 壹 寸 五 分 、 海 老 尾 五 寸 貳 分 、 棹 長 貳 尺 五 分 、 胴 幅 六 守 、 同 長 て ん じ ゅ サ 六 六 分 : 大 手 三 立 五 分 な り 。 こ と 200