検索 - みる会図書館

検索対象: 痕跡 (下) (講談社文庫)

痕跡 (下) (講談社文庫)から 217件ヒットしました。

痕跡 (下) (講談社文庫)


痕 跡 訳 者 あ と が き ・ 目 次 356

痕跡 (下) (講談社文庫)


265 痕 跡 ( 下 ) 「 う す い 空 気 に は 慣 れ て る わ 」 彼 女 は 去 っ て い く べ ン ト ン の 背 中 へ む か っ て い っ た 。

痕跡 (下) (講談社文庫)


講 談 社 文 庫 痕 跡 ( 下 ) パ ト リ シ ア ・ コ ー ン ウ ェ ル 一 相 原 真 理 子 訳 講 談 社

痕跡 (下) (講談社文庫)


121 痕 跡 ( 下 ) る の だ ろ う か ? や が て 何 も き こ え な く な っ た 。 「 べ ン ト ン ? い る の ? べ ン ト ン ? な ん て こ と よ 」 と 、 つ ぶ や く 。 「 な ん て こ と な の よ 」 そ う い っ て 受 話 器 を お い た 。

痕跡 (下) (講談社文庫)


79 痕 跡 ( 下 ) ノ の も の を 見 た こ と が な い 彼 か ど ん な も の を も っ て い る か 知 ら な い た ぶ ん 平 均 以 上 で も 、 以 下 で も な い だ ろ う 。 ご く ふ つ う の も の な ら 、 通 常 は 問 題 な い は ず だ 。 け れ ど も ス カ ー ベ ッ タ が ど ん な 好 み か 、 ど ん な も の に な じ ん で い る の か 知 ら な い の で 、 そ の 反 応 は 予 測 か っ か な い 。 だ か ら 、 や は り ズ ボ ン は 脱 が な い ほ う か よ さ そ う だ 。 そ う 考 え た あ と 、 今 度 は 覆 面 パ ト カ ー の 後 部 シ ー ト に の せ ら れ 、 留 置 場 で 写 真 を と ら れ 、 法 廷 に 出 頭 す る 自 分 の 姿 を 思 い う か べ た 。 そ し て ズ ボ ン の ボ タ ン を は ず し 、 ジ ッ パ ー を お ろ し た 。 「 笑 っ た ら 、 一 生 う ら ん で や る か ら な 」 と 、 マ リ ー ノ は い っ た 。 顔 が も え る よ う に 執 汗 が ふ き だ し て い る 。 体 の あ ち こ ち に 汗 が し み て 、 ひ り ひ り し た 。 「 か わ い そ う に 」 と 、 ス カ ー ベ ッ タ は い っ た 。 「 と ん で も な い や つ ね 、 あ の 女 」

痕跡 (下) (講談社文庫)


259 痕 跡 ( 下 ) 「 や つ が ど こ か よ そ で 調 剤 さ せ た 記 録 は な い か ? 南 フ ロ リ ダ で は ? 」 「 リ ッ チ モ ン ド だ け だ 。 全 国 を あ た っ た け ど ね 。 さ っ き い っ た よ う に 、 い ま の 薬 は あ と 五 日 分 し か 残 っ て い な い 。 そ れ が な く な っ た ら 、 困 る は ず だ 。 ほ か に 手 に い れ る 方 法 が な い か ぎ り 」 「 よ く や っ て く れ た 」 ル ー デ ィ は キ ッ チ ン の 冷 蔵 庫 を あ け 、 ミ ネ ラ ル ウ ォ ー タ ー の ポ ト ル を つ か ん だ 。 「 あ と は ま か せ て く れ 」 る 。

痕跡 (下) (講談社文庫)


「 そ う ね え 、 ホ ル ム ア ル デ ヒ ド や 何 か の 刺 激 性 物 質 に さ ら さ れ な く な れ ば 、 病 気 は 進 は ん こ ん 行 し な い は ず だ け ど 。 で も よ く な る わ け で も な い 。 肺 組 織 に 瘢 痕 が 残 る か ら 。 そ う な る と 、 も う も と に は も ど ら な い の 。 だ か ら そ う ね 、 彼 は ま だ 病 気 を か か え て い る は ず だ わ 。 そ れ が ど れ ぐ ら い 深 刻 か は わ か ら な い け ど 」 「 か か り つ け の 医 者 が い る は ず で す よ ね 。 昔 の 職 員 フ ァ イ ル を 見 れ ば 、 医 者 の 名 前 が わ か り ま す か ね ? 」 「 フ ァ イ ル が ま だ あ る と す れ ば 、 州 の 公 文 書 保 管 所 ね 。 で も ド ク タ ー ・ マ ー カ ス に 請 求 し て も ら わ な い と 。 わ た し に は 権 限 が な い か ら 」 「 え え 。 医 師 と し て の あ な た の 意 見 を き き た い ん で す が ね 、 ド ク タ ー ・ ス カ ー ベ ッ タ 。 つ ま り ぼ く が 知 り た い の は 、 い ま の そ の 男 の 健 康 状 態 な ん で す 。 ま だ 具 合 が 悪 く て 、 そ の 医 者 に か か っ て い る か 、 ど こ か の ク リ ニ ッ ク に い っ て い る 、 あ る い は 処 方 薬 を 飲 ん で い る と 思 い ま す ? 」 下 「 も ち ろ ん 処 方 薬 を 飲 ん で い る 可 能 性 は あ る わ 。 で も 薬 は 飲 ん で い な い か も し れ な 跡 そ れ な り に 健 康 に 気 を つ か っ て い る な ら 、 い ち ば ん 気 を つ け て い る の は 病 気 の 人 痕 と 接 触 し な い よ う に す る こ と で し よ う ね 。 か ぜ や イ ン フ ル エ ン ザ に か か っ て い る 人 を さ け て 、 う つ ら な い よ う に す る こ と 。 上 気 道 の 感 染 症 に か か る と 面 倒 な こ と に な る 。

痕跡 (下) (講談社文庫)


「 上 が 百 三 十 、 下 が 八 十 」 と 、 ド ク タ ー ・ ポ ー ル ソ ン が い っ た 。 マ ジ ッ ク テ ー プ を は が し て 加 圧 帯 を は ず し な が ら 、 ま た 彼 女 に さ わ っ て い る 。 「 い つ も こ ん な に 高 い の ? 」 し い え 、 ぜ ん ぜ ん 」 ル ー シ ー は 驚 い た ふ り を し た 。 「 ほ ん と で す か ? て い う か 、 ま ち が う は ず な い で す も の ね 。 で も 、 い つ も は 上 が 百 十 で 下 が 七 十 ぐ ら い な の 。 低 す ぎ る く ら い な ん で す 、 い つ も は 」 「 緊 張 し て る の ? 」 「 昔 か ら お 医 者 さ ま が 苦 手 な の で 」 ル ー シ ー は 診 察 台 に す わ っ て い て 彼 よ り 低 い 位 置 に い る の で 、 す こ し の け ぞ っ た 。 ド ク タ ー ・ ポ ー ル ソ ン の 顔 を ベ ン ト ン に 見 せ た い と 思 っ て い る の だ 。 医 師 は ル ー シ ー に 話 し か け 、 彼 女 を 威 圧 し 、 意 の ま ま に あ や つ ろ う 下 と し て い る 。 「 す こ し 緊 張 し て る か も し れ ま せ ん 」 跡 彼 は ル ー シ ー の 首 の う え の 、 あ ご に 近 い と こ ろ に 両 手 を お い た 。 耳 の し た の や わ ら 痕 か い 部 分 を 触 診 す る 。 そ の 手 は あ た た か く 、 乾 い て い る 。 ル ー シ ー の 耳 に は 髪 が か ぶ さ っ て い る の で 、 耳 に 装 着 し て い る レ シ ー バ ー に 気 づ か れ る こ と は な い は ず だ 。 彼 は

痕跡 (下) (講談社文庫)


る が 、 ど ん な 野 球 帽 な の か は わ か ら な い 「 よ け い な お 世 話 だ 」 息 を つ こ う と あ え ぎ な が ら 、 ポ ー グ は い っ た 。 「 コ イ ー ハ か ほ し い ん だ 。 一 本 二 十 ド ル で 六 本 買 い た い 」 「 コ イ ー バ っ て い う の は 、 い っ た い ど う い う 銃 な ん だ ? 」 と 、 男 は 真 顔 で き い た 。 「 じ ゃ 、 二 十 五 ド ル だ そ う 」 「 何 の 話 か さ つ ば り わ か ら ね え な 」 「 三 十 だ 。 そ れ 以 上 は だ せ な い 。 キ ュ ー バ 産 の や つ だ ぞ 。 お れ に は わ か る ん だ か ら 。 そ れ か ら 、 三 八 口 径 の ス ミ ス & ウ ェ ッ ソ ン を 見 せ て く れ 。 そ こ に あ る リ ポ レ ヾ ー と 、 シ ョ ー ケ ー ス の な か の 銃 を 指 さ す 。 「 そ れ が 見 た い 。 コ イ ー バ と そ の 三 八 口 径 を 見 せ て く れ 」 「 わ か っ た よ 」 男 は そ う い っ て 、 何 か を 見 て い る か の よ う に ポ ー グ の 背 後 に 視 線 を や っ た 。 口 調 も 顔 つ き も そ れ ま で と ち が っ て い る 。 ポ ー グ は 男 の 様 子 を 見 て 、 な ん と な 下 く い や な 予 感 が し た 。 さ っ き か ら ず っ と そ れ が つ づ い て い る 。 跡 う し ろ に 何 か あ る の か と 、 ポ ー グ も ふ り む い た 。 だ が 何 も な い 。 銃 の 関 連 用 品 や 迷 痕 彩 服 や 弾 薬 の 箱 が ぎ っ し り な ら ん だ 通 路 が 、 一 一 本 あ る だ け だ 。 彼 は ポ ケ ッ ト の な か の 三 八 口 径 の 弾 薬 六 発 を い じ り な が ら 、 こ の 黒 服 の 大 男 を 撃 っ た ら ど ん な 気 分 だ ろ う と

痕跡 (下) (講談社文庫)


ど ん な 角 度 か ら 考 察 し て も 問 題 を 解 明 す る こ と が で き ず 、 つ い に ス カ ー ベ ッ タ は 、 色 を ぬ っ た ア ル ミ と 骨 の か け ら の こ と を 考 え る の を や め た 。 赤 、 白 、 青 の 塗 膜 片 と 、 猫 の ふ け よ り 小 さ な 、 人 骨 と お ぼ し き も の の か け ら に つ い て こ れ 以 上 考 え た ら 、 神 経 カ お か し く な っ て し ま う 。 い ま は 午 後 の は や い 時 間 だ 。 灰 色 の 雲 が た れ こ め た 空 は 、 雨 び た し の 天 井 の よ う に 、 い ま に も お ち て き そ う だ 。 ス カ ー ベ ッ タ と マ リ ー ノ は 車 を お り た 。 ド ア を し め る 音 が 、 く ぐ も っ て き こ え る 。 ポ ー ル ソ ン 家 の 裏 庭 の フ ェ ン ス の む こ う が わ に あ る 、 苔 む し た ス レ ー ト ぶ き の 屋 根 の 、 れ ん が の 家 に は 、 明 か り が と も っ て い な い 。 そ れ を 見 る と ス カ ー ベ ッ タ は 不 安 に な っ て き た 。 下 「 ほ ん と に そ の 人 、 く る の ? 」 跡 「 く る っ て い っ て た よ 。 鍵 が ど こ に あ る か は 知 っ て る 。 や つ が 教 え て く れ た ん だ 。 だ 痕 か ら お れ た ち が そ れ を 知 っ て も 、 か ま わ ね え と 思 っ て る ん だ な 」 嫺 「 不 法 侵 入 す る わ ナ こ よ ゝ 、 。 。 。 し 力 な い わ よ 。 も し そ の つ も り な ら 」 ス カ ー ベ ッ タ は 玄 関 へ