検索 - みる会図書館

検索対象: 普及版 数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜

普及版 数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜から 228件ヒットしました。

普及版 数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜


第 1 夜 1 の 不 思 議

普及版 数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜


好 評 発 売 中 た ん ぽ ほ の お 酒 こ は イ リ ノ イ 州 グ リ ー ン タ ウ ン 。 夏 の 陽 ざ し の な か を そ よ 風 に の っ て 走 る 12 歳 の 少 年 レ イ ・ プ ラ ッ ド ベ リ 北 山 克 彦 訳 戦 場 で 大 砲 を あ び て 、 善 と 悪 の ま つ ぶ た つ に 引 き 裂 か れ た メ ダ ル ド 子 爵 が 帰 っ て き た ! ま っ ぷ た つ の 子 爵 イ タ ロ ・ カ ル ヴ ィ ー ノ 河 島 英 昭 訳 文 学 の お く り も の か の ば る 。 ど こ へ ? 冒 険 か 悪 夢 か ー ー 詩 情 あ ふ れ る フ ァ ン タ ジ ー 夜 。 怪 人 マ ウ ン ド シ ュ ラ ウ ド 氏 に 導 か れ 、 思 い 思 い に 仮 装 し た 8 人 の 子 ど も た ち が 時 を さ ハ ロ ウ ィ ー ン ! あ ら ゆ る 伝 説 の 生 き も の が 星 空 を と び か う 待 ち に 待 っ た 不 思 議 な 祭 り の ハ ロ ウ ィ ー ン が や っ て き た レ イ ・ プ ラ ッ ド ベ リ 伊 藤 典 夫 訳 年 の 心 の 揺 ら ぎ を あ ざ や か に 描 い た 、 名 手 プ ラ ッ ド ベ リ に よ る 少 年 文 学 の 最 高 傑 作 。 14 歳 に な ろ う と す る ダ グ ラ ス に 何 が お こ っ た の だ ろ う か 。 人 生 と の 和 解 を 学 び は じ め た 少 。 永 遠 の 名 作 「 た ん ば ほ の お 酒 」 で 描 か れ た 、 夏 の 日 か ら 1 年 後 。 お か え り 、 ダ グ ラ ス さ よ な ら 僕 の 夏 レ イ ・ プ ラ ッ ド ベ リ 北 山 克 彦 訳 独 を 描 き き っ た 、 SF 文 学 の 名 手 に よ る フ ァ ン タ ジ ー の 永 遠 の 名 作 。 文 学 の お く り も の ダ グ ラ ス 。 そ の 多 感 な 心 に 刻 ま れ る ひ と 夏 の 不 思 議 な 事 件 の 数 々 。 少 年 の 日 の 夢 と 愛 と 孤 故 郷 の 村 で つ ぎ つ ぎ に ま き お こ る 奇 想 天 外 な 事 件 ・ ・ ・ 白 い 作 品 と う た わ れ る ス リ リ ン グ な 傑 作 メ ル ヘ ン 。 。 現 代 イ タ リ ア 文 学 が 生 ん だ 最 も 面 文 学 の お く り も の 人 間 喜 劇 ウ ィ リ ア ム ・ サ ロ イ ヤ ン 小 島 信 夫 訳 少 年 の 日 に 知 っ た 人 生 の 愛 し さ 、 哀 し さ 。 14 歳 の ホ ー マ ー は 、 貧 し い 一 家 を 支 え て 働 く 町 の 電 報 配 達 。 青 年 た ち の 戦 死 を 知 ら せ る 電 報 は 、 人 び と を 悲 し み の 渦 に 巻 き こ む 。 生 と 死 が 織 り な す 感 動 の ド ラ マ を 、 少 年 の 目 を と お し て 描 く 心 打 つ 名 作 。 文 学 の お く り も の ひ と つ の ポ ケ ッ ト か ら 出 た 話 カ エ ル ・ チ ャ ベ ッ ク こ れ ぞ 、 チ ャ ベ ッ ク ! こ ん な に 愉 快 な ミ ス テ リ が あ っ た と は 。 人 間 の 愚 か さ 、 ぎ こ ち な さ 、 哀 し さ を 、 愛 情 あ ふ れ る 絶 妙 の ユ ー モ ア で つ づ る 珠 玉 の 24 編 。 チ ェ コ が 生 ん だ 才 人 作 家 の お か し な お か し な 刑 事 物 語 。

普及版 数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜


「 苦 手 な の か ね 」 。 老 人 の 悪 魔 が 薄 い 手 の ひ ら を ひ ろ げ て 、 サ ー ツ と 数 字 た ち を 追 い は ら う と 、 急 に 、 あ た り の 空 気 が き れ い に な っ た 。 数 字 の 1 み た い な 木 登 り ポ ー ル だ け が 、 何 本 も に よ き に よ き 立 っ て い た 。 「 さ 、 ロ バ ー ト 、 す わ る ん だ 」 と 数 の 悪 魔 が 言 っ た 。 お ど ろ く ほ ど 優 し い 声 だ 「 ど こ に 。 キ ノ コ の 上 ? 」 「 い い だ ろ 」 「 な ん だ か お か し い な 」 。 ロ バ ー ト が 文 句 を い っ た 。 「 こ 、 い っ た い ど こ な の さ 。 子 ど も の 本 の な か ? こ の ま え は ス イ バ の 葉 っ ぱ で 、 こ ん ど は キ ノ コ か 。 な ん だ か 見 お ば え が あ る よ 、 こ の 景 色 。 昔 、 な に か の 本 で 読 ん だ こ と が あ 「 も し か し た ら 『 不 思 議 の 国 の ア リ ス 』 に 出 て く る キ ノ コ か ね 」 と 、 数 の 悪 魔 が 言 っ た 。 「 お と ぎ 話 と 数 学 に ど ん な 関 係 が あ る の か 、 わ か ん な い 。 悪 魔 な ら 知 っ て る か も し れ な い け ど 」 。 ロ バ ー ト が つ ぶ や の 蚊 を 考 え 出 し た の は こ の わ た し だ と で も 思 っ て る の か ね 「 夢 を 見 り や 、 ま 、 こ ん な も ん だ 。 も し か し た ら 、 い た 28 ら く い す 楽 椅 子 み た い だ っ た 。 コ で 、 ク ラ ブ ・ ハ ウ ス な ん か に 置 い て あ る 、 ふ か ふ か の 安 登 っ た 。 と っ て も 大 き く て 、 柔 ら か い 、 こ ぶ の よ う な キ ノ そ れ も そ う だ な 。 ロ バ ー ト は 、 す ぐ そ ば の キ ノ コ に よ じ さ 、 ど う し た 。 そ こ に 、 ず う っ と 突 っ 立 っ て る つ も り か 」 し じ ゃ な い ぞ 。 ほ ら 、 わ た し の 目 は パ ッ チ リ あ い て お る 。 だ が 、 べ ッ ド で 横 に な っ て 、 眠 っ て 夢 を 見 て る の は 、 わ た

普及版 数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜


第 12 夜 ビ タ ゴ ラ ス の 宮 殿 テ プ ロ タ ク ス ル の 言 っ た と お り だ な 。 こ の 宮 殿 に 住 ん で る 人 は 、 み ん な 、 す ご い 年 寄 り だ 。 そ れ と く ら べ り や 、 数 わ か ぞ う の 悪 魔 な ん か 若 僧 み た い な も ん じ ゃ な い か 。 と こ ろ が 、 い ま 目 の 前 に い る ふ た り の 老 人 は 、 と て も 元 気 が よ さ そ う だ 。 ひ と り は 、 大 き な 目 を し て い て 、 か つ ら を か ぶ っ て い る 。 「 さ 、 ど う ぞ 。 あ た し 、 オ イ ラ ー で す 。 こ っ ち が ガ ウ ス 教 授 」 も う ひ と り の ほ う は 、 き び し い 表 情 を し て い て 、 紙 か ら か ん げ い ほ と ん ど 目 を あ げ な か っ た 。 ロ バ ー ト は 、 あ ま り 歓 迎 さ れ て い な い よ う な 気 分 に な っ た 。 「 あ た し た ち ね 、 ち ょ う ど 素 数 の 話 、 し て た ん で す よ 」 と 、 愛 想 の い い ほ う が 言 っ た 。 「 も ち ろ ん 、 ご 存 じ で し よ 。 こ れ 、 じ つ に 興 味 深 い テ ー マ で し て 」 「 は い 」 と ロ バ ー ト が 言 っ た 。 「 ど う 扱 え ば い い か 、 わ か ん な い ん で す よ ね 」 「 そ う だ よ ね 。 だ が ね 、 同 僚 た ち と 協 力 し て 、 な ん と か し た い と 思 っ て る ん だ よ 。 素 数 の 素 性 を 見 破 れ な い も の か 、 「 あ の う 、 ガ ウ ス 教 授 は 、 ど う い う こ と 、 な さ っ て る ん で し よ う か ? 」 こ ち ら の ほ う は 、 な に を 考 え て い る の か 、 さ つ ば り 教 え る 気 が な か っ た 。 「 ガ ウ ス さ ん は 、 き わ め て 不 思 議 な 発 見 を な さ っ た 。 ま あ っ か す じ よ う 255 で 最 後 の 言 葉 だ っ た 。 朝 だ 」 。 き び し い 目 つ き の ま ま 、 た つ け ? 」 っ た く も っ て 新 し い 数 の 研 究 で ね 。 あ れ 、 な ん て 名 前 で し そ う 言 っ た の が 、 最 初 0

普及版 数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜


訳 者 あ と が き き ん に く つ う 算 数 と か 数 学 と 聞 い た だ け で 、 脳 が 筋 肉 痛 を お こ し て 、 「 や 、 ひ め い や め て 一 つ ! 」 と 悲 鳴 を あ げ る 人 が い る だ ろ う 。 青 い パ ジ ャ マ を 着 た 少 年 ロ バ ー ト も そ う だ っ た 。 と こ ろ が あ る 夜 、 ロ バ は 思 い が け な い 夢 を 見 る 。 数 の 悪 魔 が あ ら わ れ た の だ 。 ち ょ っ と 意 地 悪 そ う な 悪 魔 が 、 魔 法 の よ う に 数 を あ や つ っ て 、 ロ バ ー ト を か ら か っ た り 、 驚 か せ た り し な が ら 、 楽 し い レ ッ ス ン を は じ め る 。 10 歳 か ら 100 歳 ま で の 「 子 ど も 」 の た め の 深 夜 の レ ッ ス ン 。 登 場 す る の は 、 1 、 0 、 素 数 、 無 理 数 、 三 角 数 、 フ ィ ポ ナ ッ チ む げ ん し ゅ う そ く 数 、 パ ス カ ル の 三 角 形 、 順 列 ・ 組 合 せ 、 無 限 と 収 束 、 オ イ ラ ー の 公 式 、 旅 す る セ ー ル ス マ ン の 問 題 、 ウ ソ つ き の パ ラ ド ッ ク ス ー を 見 て 、 文 部 省 の カ リ キ ュ ラ ム 係 な ら 、 目 を 白 メ ニ ュ 黒 さ せ る か も し れ な い だ が 、 だ い じ よ う 。 こ は 夢 の 学 校 で 、 先 生 は 数 の 悪 魔 。 数 学 な ん か こ わ く な い 。 10 歳 の 子 ど も に だ っ て 、 ち ゃ ん と わ か る 。 数 の 悪 魔 が ス テ ッ キ を ひ と ふ り す れ ば 、 目 か ら ウ ロ コ の 数 学 な の だ 。 「 数 ほ ど ワ ク ワ ク す る も の は な い だ ろ う 」 と 悪 魔 が さ さ や く 。 数 学 は 女 王 で あ る 。 き れ い で 、 不 思 議 で 、 有 能 で 、 陽 気 な こ の 女 王 さ ま と 遊 べ ば 、 ロ バ ー ト で な く て も 、 脳 の 筋 肉 痛 な ん か 吹 き 飛 ん で 、 き っ と 数 学 が 楽 し く 好 き に な る だ ろ う 。 著 者 の エ ン ツ ェ ン ス ペ ル ガ ー は 、 現 代 ド イ ツ を 代 表 す る 書 き 手 で 、 ハ イ ネ や プ レ ヒ ト に く ら べ ら れ る こ と も あ る 大 物 だ 。 と て も 頭 の い い 人 で 、 思 い が け な い 切 り 口 の 社 会 批 判 と 、 べ と べ と し な い 感 覚 で 知 ら れ て い る 。 そ う い う 人 の 書 い た 本 だ か ら 、 ゆ う の う 256

普及版 数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜


第 1 夜 1 の 不 思 議 あ ん ざ ん 「 だ っ た ら 電 卓 を 使 え ば い い 」 き な い よ 」 「 こ れ は 大 変 だ よ 」 と ロ バ ー ト が 抗 議 し た 。 「 暗 算 じ や で こ う ぎ や わ の 数 字 を 押 し て い っ た 。 ば ね ば し て い た け れ ど 、 ち ゃ ん と 動 い た 。 ロ バ ー ト は 電 卓 で 、 不 思 議 と 柔 ら か か っ た 。 ど ぎ つ い 緑 色 を し て い て 、 ね ふ し ぎ み ど り い ろ し た 。 も っ と も そ れ は 、 ま る で パ ン 粉 で こ ね た 電 卓 み た い 「 じ ゃ 、 こ れ 使 っ た ら 」 。 数 の 悪 魔 は ロ バ ー ト に 電 卓 を 渡 わ た 「 ど こ に あ る の ? 夢 の な か に ま で 電 卓 も っ て き て な い 「 す ご い 」 と ロ バ ー ト が 言 っ た 。 「 も う 、 5 が で き た じ ゃ に ヨ 日 一 ど ん な 答 が 出 た の か な ? な い 」 さ て 、 21 「 よ お し 、 い い ぞ 」 。 数 の 悪 魔 は ロ バ ー ト の 肩 を ポ ー ン と / / / ロ イ ロ ト 」 454 」 日 / 冂 ロ 冂 = 旧 ロ 己 ー ロ ノ ヾ ー ト は ど ん ど ん 数 字 を 押 し て い っ た 。 「 ほ ら な 。 そ の 調 子 で 、 や っ て け ば い い 」

普及版 数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜


好 評 発 売 中 た い す る 対 処 法 を や さ し く 解 説 。 自 分 で 自 分 の 身 を ま も り 、 安 全 で 自 立 し た 生 活 を お く る お 兄 ち ゃ ん や 上 級 生 が い じ わ る を す る 。 そ ん な と き ど う す れ ば い い の ? い じ め や 暴 力 に 暴 力 か ら 身 を ま も る 本 ジ ャ フ ェ 、 サ ン = マ ル ク 戻 す 法 」 を 具 体 的 に 示 す 本 」 ( 朝 日 新 聞 ) 「 大 人 に も ぜ ひ 読 ん で ほ し い 」 ( 毎 日 新 聞 ) 対 処 す る 方 法 を や さ し い 文 と イ ラ ス ト で 綴 る ハ ン ド ブ ッ ク 。 「 子 ど も た ち に 「 元 気 を 取 り い じ め は 、 私 た ち が か か え る 最 も 大 き な 問 題 。 身 近 な 実 例 を も と に 、 き ず つ い た 心 を 癒 し 自 分 を ま も る 本 一 一 い じ め 、 も う が ま ん し な い ス ト ー ン ズ 小 島 希 里 訳 の 猫 ・ ・ ・ 今 話 題 の 素 粒 子 に つ い て わ か る ! う や っ て な り た っ て い る の ? 素 粒 子 の 不 思 議 な 性 質 、 消 え て は 現 れ る シ ュ ー レ デ ィ ン ガ ー 少 年 ニ コ が 謎 の メ ッ セ ー ジ に み ち び か れ 、 量 子 の 世 界 で く り 広 げ る 冒 険 活 劇 ! 宇 宙 は ど 3 つ の 鍵 の 扉 フ ェ ル ナ ン デ ス = ビ ダ ル 轟 志 津 香 訳 本 田 亮 絵 考 え る こ と に ど う 影 響 す る ? ス ウ ェ ー デ ン で 生 ま れ た 子 ど も の た め の 「 考 え る レ ッ ス ン 」 え る こ と が 大 切 だ 。 古 代 の 哲 学 者 は 、 な に を 、 ど ん な ふ う に 考 え て き た の ? 脳 の し く み は 、 こ の 世 界 に は 、 わ か り き っ て る こ と な ん か ひ と つ も な い 。 あ た り ま え を 疑 っ て 、 自 分 で 考 自 分 で 考 え よ う ェ ク ベ リ ノ ー ド ク ヴ ィ ス ト 絵 枇 谷 玲 子 訳 楽 し み な が ら 頭 に 筋 肉 を つ け る 問 題 が ど っ さ り あ る 。 く 子 ど も の た め の ラ イ フ ・ ス タ イ ル 〉 げ 、 そ ん な と き ど う す る か ? さ あ 、 今 ま で と ち が っ た 仕 方 で 考 え て み よ う 。 こ の 本 に は 自 分 が ド ジ で ま ぬ け だ と し か 思 え な い と き 、 ど う や っ て シ ャ ン と す る か ? み ん な お 手 あ 考 え る 練 習 を し よ う バ ー ン ズ ウ ェ ス ト ン 絵 左 京 久 代 訳 た め に 必 要 な こ と を 考 え る 、 子 ど も の た め の 〔 生 活 ガ イ ド 〕 絵 本 。 永 遠 の 夢 レ イ ・ プ ラ ッ ド ベ リ 北 山 克 彦 訳 永 田 千 奈 訳 半 世 紀 を 超 え る 創 作 活 動 を 経 て な お 、 壮 大 な ヴ ィ ジ ョ ン を 胸 に 抱 き 続 け る プ ラ ッ ド ベ リ 。 住 民 の だ れ も 年 を と ら な い 不 思 議 な 隠 れ 里 の 謎 を 探 る 「 ど こ か で 楽 隊 が 奏 で て い る 」 。 メ ル ヴ ィ ル の 「 白 鯨 」 を 土 台 に 描 か れ た 「 289 年 の 巨 鯨 」 。 未 発 表 の 中 編 2 作 を 収 録 。

普及版 数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜


第 1 夜 1 の 不 思 議 せ っ た い ど う だ い 、 わ か っ た か ね 、 こ う や っ て わ っ て い く と 、 絶 対 に 終 わ る こ と が な い 」 空 に ひ い た は て し な く 長 い ラ イ ラ ッ ク 色 の 線 の し た に 老 人 は ス テ ッ キ で 、 ラ イ ラ ッ ク 色 の 1 を ど ん ど ん 書 き つ づ け て い た 「 ど こ も か も 全 部 、 ラ イ ラ ッ ク 色 に な っ ち ゃ っ た 」 と ロ ー ト が さ け ん だ 。 「 ど う だ ね 」 。 数 の 悪 魔 は 大 声 を 出 し て 、 ま す ま す 得 意 そ う な 顔 を し た 。 「 お ま え の た め に 書 い て や っ た ん だ 。 な に し ろ 、 お ま え は 算 数 が き ら い で 、 な ん で も 簡 単 に す ま せ た い ん だ ろ 。 頭 が パ ニ ッ ク に な ら ん よ う に な 」 「 で も さ 、 い つ ま で も ず う っ と 1 ば っ か り じ ゃ 、 退 屈 し ち ゃ う よ 。 そ れ に さ 、 ち ょ っ と ま わ り く ど い み た い だ し 」 。 ー ト は 抵 抗 し て み た 。 ロ ノ ヾ 「 そ う か い 」 と 老 人 は 言 っ て 、 空 に 書 い た 1 を 全 部 、 無 造 作 に 手 で 消 し て し ま っ た 。 「 い つ も ず っ と 1 十 1 十 1 十 1 ・ ・ と い う よ り は 、 も っ と ま し な こ と を 思 い つ け ば 、 便 利 は つ め い だ ろ う 。 そ こ で 、 わ た し が ほ か の 数 字 を 発 明 し た ん じ ゃ 」 「 え つ 、 悪 魔 が ? 悪 魔 が ほ か の 数 字 を 発 明 し た だ っ て ? 悪 い け ど 、 信 じ ら れ な い 」 「 ま あ 、 な 」 と 老 人 が 言 っ た 。 「 わ た し と い う か 、 ほ か の 何 人 か が ね 。 ま あ 、 だ れ で も い い じ ゃ な い か 。 ど う し て そ と く い た い く っ て い こ う む べ ん り 19

普及版 数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜


ち ょ っ と 注 意 ど ん な こ と で も 夢 の な か で は 、 学 校 や 科 学 と は よ う す が ち が う 。 ー ト と 数 の 悪 魔 が お し ゃ べ り す る と き 、 か な り 奇 妙 な 言 葉 が 出 ロ ノ ヾ て く る こ と が あ る 。 そ れ は 不 思 議 で も な ん で も な い 。 『 数 の 悪 魔 』 と い う こ の 本 は 風 変 わ り な 物 語 な の だ だ か ら 、 こ の ふ た り が ロ に す る 夢 の 言 葉 を 、 み ん な が わ か る な ど と 思 っ て も ら っ て は 困 る 。 た と え ば 数 学 の 先 生 と か 、 お 父 さ ん や お 母 さ ん が 、 わ か る と は か ぎ ら な い 。 「 ホ ッ プ す る 」 と か 「 大 根 」 な ん て 言 っ て も 、 チ ン プ ン カ ン プ ン だ ろ う 。 大 人 た ち は ち が っ た 言 い 方 を す る か ら だ 。 「 ホ ッ プ す る 」 と は 言 わ ず 、 「 2 乗 」 と か 「 累 乗 」 と 言 う 。 数 学 の 時 間 に 先 生 は ロ が 裂 け て も 「 5 の び つ く り 」 な ん て 言 わ な フ ア カ ル テ ィ い だ ろ う 。 「 5 の 階 乗 」 と い う 、 ち ゃ ん と し た 外 来 語 が あ る か ら だ 。 夢 に は も ち ろ ん 、 そ ん な 専 門 用 語 は 出 て こ な い 。 だ れ も 外 来 語 ば っ か り の 夢 な ん か 見 な い だ ろ う 。 だ か ら 数 の 悪 魔 が 比 喩 を 使 っ て 、 累 乗 の か わ り に 「 ホ ッ プ 」 と 言 っ た と し て も 、 そ れ は 、 子 ど も だ ま し の ガ ラ ク タ と は ち が う 。 夢 で は 、 な ん で も 好 き な こ と が で き る の い わ む 授 業 で は 居 眠 り し な い こ と に な っ て い る し 、 ほ と ん ど 夢 も 見 な い 。 だ か ら 数 学 の 先 生 が 、 世 界 中 の 数 学 者 と お な じ よ う な 言 葉 を 使 っ た と し た ら 、 そ れ は 先 生 の ほ う が 正 し い の だ 。 ど う か 、 先 生 の 言 う と お り に し て ほ し い 。 で な い と 、 学 校 じ ゃ 、 厄 介 な こ と に な る ぞ 。 ふ う が る い し よ う が い ら い 247

普及版 数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜


第 1 夜 1 の 不 思 議 草 が 空 高 く の び て い た 。 ロ バ ー ト の 頭 や 肩 よ り も 、 ず う っ と 高 か っ た 。 あ た り を 見 ま わ す と 、 目 の 前 に は 、 か な り 年 が ら 配 で 、 か な り 小 柄 な 紳 士 が す わ っ て い た 。 バ ッ タ く ら い の 大 き さ だ ろ う か 。 ス イ バ の 葉 っ ぱ の 上 で 、 ゆ ら ゆ ら 揺 れ な が ら 、 目 を ち ら ち ら 光 ら せ て 、 ロ バ ー ト の こ と を じ っ と 見 つ め て い る 。 「 だ れ ? 」 と ロ バ ー ト は た ず ね た 。 男 は 、 び つ く り す る よ う な 大 声 で さ け ん だ 。 「 数 の 悪 魔 だ ! 」 だ が ロ バ ー ト は 、 こ ん な 小 さ な 男 な ん か か っ こ い い と は ぜ ん ぜ ん 思 わ な か っ た 。 「 ま ず さ 」 と ロ バ ー ト は 言 っ た 。 「 数 の 悪 魔 な ん て 、 い や し な い よ 」 「 ほ ほ う 。 で は 、 ど う し て わ た し と 話 を し て い る の か ね 。 い や し な い わ た し と ? 」 「 そ れ に さ 、 ば く 、 算 数 っ て 聞 い た だ け で 、 じ ん ま し ん 出 ち ゃ う ん だ 」 「 ど う し て 、 ま た ? 」 「 た と え ば さ 、 『 2 人 の パ ン 屋 が 6 時 間 で 444 個 の パ ン を 焼 く と し ま す 。 で は 、 5 人 の パ ン 屋 が 88 個 の パ ン を 焼 く に は 、 何 時 間 か か る で し よ う ? 』 な ん て 問 題 、 バ カ ば か し い じ ゃ な い か 」 。 ロ バ ー ト は 文 句 を 言 い つ づ け た 。 「 あ ほ ら し ひ ま い 暇 つ ぶ し だ よ 。 さ あ 、 と っ と と 消 え ち ゃ い な ! 」 数 の 悪 魔 は 優 雅 な 身 の こ な し で 、 ス イ バ の 葉 っ ぱ か ら と び お り て き て 、 ロ バ ー ト の 前 に 腰 を お ろ し た 。 ロ バ ー ト の ほ う は 腹 を 立 て て 、 木 の 高 さ ほ ど あ る 草 に す わ っ て い た の ー ー 0 し ん し も ん く ゆ う が