検索 - みる会図書館

全データから 209725件ヒットしました。

目標にいどむ青春


目 標 に い ど む 青 舂 2000 年 4 月 2 日 第 1 刷 発 行 作 者 / 永 谷 装 丁 / 阿 部 発 行 人 / 藤 原 編 集 人 / 加 藤 脩 ( な が た に お さ む ) 昇 郁 久 浩 企 画 編 集 / 石 川 秀 弘 発 行 所 / 株 式 会 社 学 習 研 究 社 〒 145-8502 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4-40-5 印 刷 所 / ( 株 ) 協 和 オ フ セ ッ ト 印 刷 ・ お 客 様 へ ☆ ご 購 入 ・ ご 注 文 は 、 お 近 く の 書 店 様 へ お 願 い い た し ま す 。 ☆ こ の 本 に つ い て の ご 質 問 ・ ご 要 望 は 次 の と こ ろ へ お 願 い い た し ま す 。 < 学 研 お 客 様 相 談 セ ン タ ー 「 目 標 に い ど む 青 春 」 係 > : 学 研 の お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー へ そ れ 以 外 の こ の 本 に 関 す る こ と は : 出 版 営 業 部 03-3726-8195 在 庫 ・ 不 良 品 ( 乱 丁 ・ 落 丁 等 ) に 関 す る こ と は 編 集 内 容 に 関 す る こ と は : 編 集 部 直 通 03-372 8279 文 書 は 、 〒 146-8502 東 京 都 大 田 区 仲 池 上 1-17-15 電 話 は 、 03-372 8124 NDC913 172P 22cm ⑥ 2000 0. Nagatani Printed in Japan ※ 本 書 内 容 の 無 断 転 載 ・ 複 写 ・ 複 製 ( コ ピ ー ) を 禁 す

現代日本の文学 29 石川 達三 集


げ て 走 っ て い た 。 こ の ト ン ネ ル の む こ う に は 、 も う 春 が あ ら よ う や く 見 ひ ら い て い る 竹 内 長 太 郎 の 眼 に 、 や が て 小 さ Ⅱ た た か く 開 け て い る は ず で あ っ た 。 長 い ト ン ネ ル は 、 冬 と く 。 ほ っ り と 、 ト ン ネ ル の 出 口 が 見 え た 。 そ れ は ま だ 小 さ な 春 と の 境 を な す 、 闇 で あ っ た 。 彼 等 は 歌 を や め て 、 じ っ と か す か な 目 標 に す ぎ な か っ た け れ ど も 、 日 光 の 明 る さ に 満 息 を ひ そ め て い た 。 卒 業 期 の 暗 い ト ン ネ ル の 中 で 、 彼 等 は ち て 、 き ら き ら と 輝 い て い る 春 で あ っ た 。 何 か を 模 索 し て い た の だ っ た 。 青 春 の 終 り を 感 じ 、 迷 う て い た 。 し か し こ の ト ン ネ ル を 抜 け た 向 う に は 、 梅 の 咲 い た 里 が あ る 。 吾 々 に も 新 し い 春 が あ ろ う で は な い か ! 彼 等 は 一 様 に そ れ を 感 じ て い た 。 あ る い は 、 今 迄 と は 違 っ た 春 で あ る か も 知 れ な い 。 今 日 ま で は 他 人 の 造 っ て く れ た 花 園 の 生 活 で あ っ た 。 エ テ ン の 園 で あ っ た 。 こ れ か ら は 額 に 汗 す し て 、 手 に 犂 と 種 と を 持 っ て 、 み ず か ら 花 園 を 造 り 住 ま な く て は な ら な い 。 そ れ も 夢 か も 知 れ な い 。 し か し こ の 夢 だ け は 失 い た く な か っ た 。 白 井 は 百 姓 を す る つ も り で あ っ た 。 し か し こ の 百 姓 は 、 花 園 を 造 っ て 、 そ こ に 住 む 日 を 夢 み て い た か も 知 れ な い 。 ト ン ネ ル の 闇 は ま だ 続 い て い た 。 け れ ど も も う 春 は 遠 く は な い 。 こ の 闇 の 中 に さ え も 近 づ い て 来 る 明 る い 春 の 気 配 が あ っ た 。 待 ち 切 れ な か っ た の で あ ろ う か 、 竹 内 長 太 郎 は 痛 む 足 を 浮 か し た ま ま 、 立 っ て 窓 を あ け 、 顔 を つ き 出 し た 。 「 出 口 が 見 え て ? ー と 恭 子 は 彼 の 背 に 手 を か け て 言 っ た 。 「 ま だ 見 え ん ね 」 闇 を 行 く 汽 車 の 中 に じ っ と 坐 っ た ま ま 、 み な は 息 を 殺 し て 待 っ て い た 。 い ら 立 た し く 、 息 苦 し か っ た 。 け れ ど も 、 も は や 雪 国 は 遠 く な っ て い た 。 そ し て 、 風 に さ か ら い な が

現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集


る と 、 右 手 か ら 港 を 目 指 し て 帰 る 船 が あ る 。 少 年 は 急 い で 「 あ ら つ 、 あ の 木 が 浮 い て る わ よ 」 シ ー ト テ イ ラ ー ス キ ツ ・ ハ 左 手 へ 上 っ た 。 お 客 の た め 船 頭 を 勤 め る 時 次 ら し い 姿 が 見 浮 標 が 引 ず ら れ 水 に 躍 っ て い る 。 少 年 は 帆 綱 を 舵 棒 に く り よ う て て ご た く り つ け 足 で は さ む と 、 両 掌 で 糸 を た ぐ っ た 。 力 強 い 手 応 え る 。 向 う で は 彼 の ヨ ッ ト を 認 め て 手 を 挙 げ て い た 。 少 年 え も の え に 獲 物 が 近 づ い て く る 。 透 明 な 道 糸 の 先 に 、 青 黒 い 大 ぎ は 気 づ か ぬ ふ り を し て 沖 へ 逃 げ よ う と し た 。 デ ッ キ 「 あ ら 向 う で 手 を 振 っ て る わ よ 、 お ー い 」 な 魚 の 影 が 水 の 中 で お ど っ た 。 尺 を 越 す 鰹 が 甲 板 の 上 で 跳 ひ が さ 止 め る 間 も な く 春 子 が 日 傘 を 上 げ て 答 え た 。 少 年 は 何 故 ね た 。 か 顔 が 赤 く な る の だ 。 「 き あ っ 、 凌 い ! 」 さ わ 二 人 連 れ の 乗 っ た ポ ー ト を 間 近 で 追 い 越 す 時 、 春 子 は 得 触 ろ う と し た 春 子 が 手 を 引 い て し が み つ い た 。 そ の ま ま 意 気 に 、 コ ッ ク ビ ッ ト の 中 に お と す と 、 重 々 し い 音 を 立 て て 船 底 で 「 さ よ な ら 、 お さ き に ね 」 と 手 を 振 る と 顔 を 見 合 わ せ て 笑 魚 は 跳 ね 廻 っ た 。 銀 色 の 腹 の 縞 が 美 し か っ た 。 も う 一 度 手 っ こ 0 を 触 れ る と 魚 は び く り と 身 を く ね ら せ る 。 「 魚 を 釣 ろ う ー 再 度 、 釣 糸 を 引 い て 走 り な が ら 、 少 年 は 並 ん だ 春 子 に 帆 走 を 教 え よ う と し た 。 呑 み 込 み の 悪 い 彼 女 に 少 年 は 懲 り ず 言 い な が ら 、 少 年 は も っ て 来 た 糸 を 解 い た 。 い わ ゆ る ま た 所 謂 パ ッ タ リ と 言 う 釣 道 具 は 、 船 の 後 に 長 い 糸 で く く り 幾 度 も 同 じ 注 意 を 繰 り 返 し た 。 反 転 の 時 又 間 違 え る 彼 女 つ け ら れ て 引 っ ぱ ら れ る の だ が 、 魚 が 鉤 に か か る と 水 に 潜 に 、 か じ 「 そ う じ ゃ な い っ た ら 、 船 の 曲 る の と 舵 の 引 き 方 は 逆 に な っ て い る 木 の 浮 標 が 浮 び 上 る よ う に 出 来 て い る 。 「 何 が 釣 れ る の 」 る ん だ よ 。 わ か ん ね え な あ 」 「 だ あ っ て え 」 「 鰹 か サ ・ ハ だ な 、 時 々 後 を 見 て て く れ よ 」 少 年 は 浮 標 と 鉤 を 放 り 込 ん だ 。 可 笑 し く な っ た 春 子 は 少 年 に も た れ て 笑 い だ し た 。 彼 は 沖 へ 出 て 眺 め る と 、 隣 り 合 っ た 三 つ の 町 が 同 じ 距 離 に 望 そ の ま ま 女 を 抱 き し め た 。 春 子 は 笑 い を と め て 少 年 を 見 つ ま れ る 。 少 年 は 目 に つ く 目 標 を 一 つ 一 つ 指 し て は 教 え た 。 め た 。 そ の 時 と っ さ 、 女 の 体 の 他 の 部 分 に は 触 れ よ う と せ う な す 春 子 は そ の 度 感 心 し て 頷 い た 。 ず 、 少 年 は 彼 女 に 接 吻 し た の だ 。 春 子 は 娼 婦 の 習 性 を 忘 れ ら よ っ と 「 良 い わ ね 、 奇 麗 ね え 、 来 て 見 て よ か っ た あ 」 そ れ に 答 え た 。 顔 を 離 し た 彼 女 は 一 寸 恥 ず か し 気 に 笑 っ う れ し ば ら 彼 は そ の 顔 を 横 か ら 眺 め な が ら 満 足 し た の だ 。 た 。 そ の 嬉 し げ な 表 情 に 彼 も 歯 を 見 せ て 笑 い 返 し た 。 暫 か つ お た び き れ し く ぐ リ ン グ す ご せ つ 、 ( ん し ま

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


福 岡 百 道 海 岸 で 左 よ り 三 保 一 雄 久 美 寿 美 ( 昭 和 三 年 ) 右 一 雄 ( 昭 和 三 年 ) 朝 鮮 の 各 地 を 旅 行 し た い と 情 熱 を こ め て 語 り 出 し た 。 あ こ が そ れ は 冒 険 を 憧 れ る 若 者 の よ う な 話 し 振 り だ っ た 。 私 大 は 不 思 議 な 気 持 で 聞 い て い た 。 ち 孫 を 抱 い た 檀 雄 を 見 た と た ん 、 ど の よ う な 青 春 に 一 ~ 。 妹 《 美 も 、 必 す 終 り と い う も の が あ る 、 と 田 」 っ た 私 は 、 し か で く 久 し 同 時 に 、 青 春 は 形 を 変 え て 永 く 保 持 さ れ 得 る も の で 家 ほ 保 の あ る 、 と も 田 む い な し た こ と だ っ た 。 柳 み 羊 ( こ の 檀 . 一 雄 の 青 春 の か た ち 、 在 り よ う に つ い て 、 冬 か わ か み て っ た ろ ラ 樹 社 版 『 花 筐 ( は な が た み ) 』 の 帯 に 、 河 上 徹 太 郎 が 柳 川 に て 左 よ り 一 雄 三 保 久 次 の よ う に 書 い て い る さ ぶ ろ う せ い れ つ 美 寿 美 父 三 郎 ( 昭 和 三 年 ) 〈 檀 一 雄 の 文 学 は 清 冽 な 青 春 文 学 で あ る 。 そ れ は 本 書 「 花 筺 」 に あ る 二 十 代 前 半 に 書 い た 処 女 作 の 一 群 が そ う で あ る だ け で な く 、 戦 後 の 中 年 に な っ て の 作 品 も そ ま う と う ぶ ら 、 の 精 神 を 失 わ な い 。 時 に 蕩 無 に 見 え る そ の 生 活 ぶ り も 、 無 責 任 な 頽 廃 で は な く 、 す べ て 純 潔 な 青 春 に 基 ほ げ い せ ん づ い て い る 。 征 軍 ・ 南 氷 洋 で の 捕 鯨 船 乗 組 ・ 戦 後 の ヨ ー ロ ッ パ 放 浪 な ど 、 皆 そ の 現 れ で あ る 。 そ れ は 知 性 と ろ う ま ん は 野 性 の 特 異 な 混 り 合 い で 、 彼 こ そ 戦 前 の 日 本 浪 曼 派 グ き し ゅ ル ー プ の 最 も 健 康 な 旗 手 で あ る 〉 河 上 徹 太 郎 は 檀 の 青 春 の 、 形 を 変 え な が ら の 永 遠 性 ち ゃ く も く に 着 目 し て い る わ け だ が 、 私 は こ こ で は 、 彼 の 青 春 の さ ま ざ ま の 形 の 、 そ の と き ど き の 終 り か た に 照 明 を あ 9 て て 、 檀 一 雄 の 行 程 を 歩 い て み た い と 思 っ て い る 。 そ を 、 を 第 ・ 0 0

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


8 浅 緑 染 め 掛 け た り と 見 る ま で に 春 の 柳 は 萌 え に け る か も 4- か は や ぎ + 山 の 際 に 雪 は 降 り つ つ し か す が に こ の 川 柳 は 萌 え に け る 巻 力 も き た か す が か す み 冬 過 ぎ て 春 来 る ら し 朝 日 さ す 春 日 の 山 に 霞 た な び く う ぐ ひ す の 春 に な る ら し 春 日 山 霞 た な び く 夜 目 に 見 れ 」 も 柳 を 詠 む か づ ら ~ 職 樫 れ の 冬 の 柳 は 見 る 人 の 縵 に す べ く 萌 え に け る か も あ さ み ど り そ か よ め も 「 寒 過 暖 来 者 」 と 書 か れ て お り 、 こ れ ら の 「 寒 」 「 暖 」 は そ れ ぞ れ 冬 ・ 春 を 意 味 に よ っ て 書 い た 義 訓 的 用 字 。 秋 を 「 冷 」 の 字 で 表 し た 例 ( 一 一 一 交 ) も あ る 。 〇 朝 日 さ す ー 「 朝 日 さ す 春 日 の 小 野 に 置 く 露 の 」 ( 三 0 四 一 l) と い う 例 も あ り 、 地 名 春 日 の 枕 詞 と し て 固 定 し か け て い た も の か 。 『 玉 葉 集 』 に あ る 「 朝 日 さ す 生 駒 の 岳 は 現 れ て 霧 立 ち こ む る 秋 篠 の 里 」 は 生 駒 山 の 東 側 か ら 遠 望 し て い る 趣 で あ る が 、 こ の 歌 は 春 日 山 の 西 側 か ら 逆 光 線 で 比 較 的 に 近 い 距 離 か ら 詠 ん だ も の で あ ろ う 。 5 う ぐ ひ す の ー 春 の 枕 詞 。 そ の 季 節 の 代 表 的 景 物 を と っ て 枕 詞 と し た 。 〇 夜 目 ー 夜 間 暗 い 中 で 見 る 不 確 か な 目 。 霜 枯 れ の ー 霜 枯 レ は 草 木 が 霜 に 打 た れ て 枯 れ る こ と 。 『 歌 経 標 式 』 に 「 霜 枯 れ の し だ り 柳 の 」 と あ る 。 〇 縵 ↓ 一 四 一 一 九 。 浅 緑 ー 薄 い 緑 色 に 。 ミ ド リ は 本 来 木 0 の 新 芽 、 若 」 枝 を 意 味 し 、 や が て 色 名 に も 転 用 し た も の 。 フ カ シ ・ ア サ シ は 色 の 濃 淡 を 表 す の に も 用 い ら れ る 。 『 歌 経 標 式 』 に 「 我 が 柳 緑 の 糸 に な る ま で に 」 と あ る 。 〇 染 め 掛 け た り ー 染 色 し た 糸 を 竿 な ど に 掛 け 干 し て あ る さ ま を い う 。 山 の 際 ↓ 一 八 三 七 。 0 し か す が に ↓ 一 三 九 七 。 〇 川 柳 ↓ 一 七 一 三 。

現代日本の文学 32 伊藤 整 集


っ て も い い だ ろ う か 。 若 し 青 春 の 提 出 す る さ ま ざ ま な 問 題 を 、 納 得 の ゆ く よ う に 解 決 し う る 倫 理 が 世 に あ っ た な ら ば 、 人 間 の ど の よ う な 問 題 も そ れ は 、 や す や す と 解 決 し う る で あ ろ う 。 青 春 と は 、 と お り す ぎ れ ば 済 ん で し ま う 麻 疹 で は な い 。 心 の 美 し く 健 全 な ひ と ほ ど 、 自 己 の 青 春 の 中 に 見 出 し た 問 題 か ら 生 涯 の が れ 得 な い よ う に 思 わ れ る 。 真 実 な 人 間 と は 自 己 の 青 春 を 終 え る こ と の 出 来 な い 人 間 だ と 言 っ て も い い で あ ろ 私 は 、 初 め て の 試 み で あ る 比 較 的 長 い こ の 物 語 で 青 春 と い う 主 題 を 扱 う に あ た っ て 、 ど の 人 物 に も 明 確 な 道 を 示 し て や る こ と が で き っ た な な か っ た 。 そ の 上 、 あ る い は 性 急 に 、 あ る い は 拙 く も の 語 っ て い る 作 者 の 言 葉 か も 知 れ な い 。 だ が 私 は 、 そ の 人 物 た ち と と も に 青 春 に 加 え ら れ る 人 の 生 涯 の う ち 一 番 美 し く あ る べ き 青 春 の 季 節 は 、 お の ず か ら 最 出 口 の 分 ら な い 苦 悩 に 対 す る 告 発 者 の 役 目 を 買 っ て 出 よ う と し た 。 も 生 き る に 難 か し い 季 節 で あ る 。 神 が あ ら ゆ る 贈 り 物 を 一 度 に 人 に 若 い 人 間 と は す べ て の 安 定 さ か ら 見 す て ら れ た 人 間 で あ る と い う 訴 与 え て み て 、 人 を 試 み 、 そ れ に 圧 し 潰 さ れ ぬ も の を 捜 そ う と で も し え を 、 作 品 の な か に 盛 り あ げ る こ と で こ の 作 品 を 書 い た 。 こ ん め い か じ よ う は ん ら ん て い る か の よ う に 、 そ の 季 節 は 緑 と 花 の 洪 水 に な っ て 氾 濫 し 、 人 を 私 は 青 年 が 思 想 の 昏 迷 に 陥 っ て い る と か 、 自 意 識 の 過 剰 に よ 0 て 溺 ら せ 道 を 埋 め て し ま う 。 生 命 を 失 う か 、 真 実 を 失 う か せ ず に そ 一 」 妥 当 な 行 為 か ら 切 り 離 さ れ て い る な ど と い う 種 類 の 非 難 を 当 ら な い を 切 り 抜 け る 人 間 は 少 い で あ ろ う 。 も の と 考 え て い る 。 善 と 悪 と の 判 断 を 強 要 す る も の が 、 彼 等 の 身 ひ 人 の 青 春 が 生 に 提 出 す る 問 題 は 、 生 涯 の ど の 時 期 の も の よ り も 切 と つ の こ と に 関 し て す ら あ ま り に 多 す ぎ 、 か つ 重 す ぎ る の だ 。 し か 迫 し て お り 、 醜 さ と 美 し さ が 一 枚 の 着 物 の 裏 表 に な っ て い る よ う な も 、 そ う い う 判 断 を 抜 き に し て の 行 為 が 、 十 分 な も の で あ る と 言 わ 惑 い に み ち た も の だ 。 モ ン テ ー = 、 が 、 人 は 年 老 い て 怜 悧 に 徳 高 く れ な い こ と は 明 ら か で あ る 。 最 も よ く 考 え る も の が 、 や が て 持 つ べ な る の で は な い 、 た だ 情 感 の 自 然 の 衰 え に 従 っ て 自 己 を 統 御 し や す き 行 為 の 情 熱 を 最 も 強 く 信 じ う る も の で あ ろ う か ら だ 。 ち ょ う ま ゆ く な る だ け で あ る 、 と 言 っ て い る の は 多 分 あ る 種 の 真 実 を 含 む 言 葉 こ の 小 説 は 、 昆 虫 が 蝶 に な っ て 繭 を 食 い 破 っ て 飛 び 出 よ う と す る 青 で あ る 。 青 春 に は 負 担 が 多 す ぎ る の だ 。 し か も そ の 統 御 し や す く な の に 似 た 青 春 の 一 時 期 を 描 い た も の と 言 っ て い い だ ろ う 。 人 間 と い っ た 老 人 の 生 き 方 を 真 似 る よ う に と の 言 葉 以 外 に 、 ど の よ う な 教 訓 う 認 識 力 を 持 っ た 昆 虫 は 、 自 分 の 繭 を 透 明 な も の と し 、 そ の 中 に い も 青 春 は 社 会 か ら 与 え ら れ て い な い 。 そ れ は 療 法 の 見 つ か る あ て の て 外 界 を 見 て 識 別 し 、 準 備 し 、 ま た 予 想 す る 。 し か も す で に 繭 の 外 ま し ん な い 麻 疹 の よ う な も の で 、 人 み な が と お ら な け れ ば な ら ぬ 迷 路 と 言 へ 出 た 仲 間 の 味 わ っ て い る 外 界 の 残 忍 な 秩 序 を も 彼 は 知 っ て い る 。 青 春 . は っ ル 一 ′ 、

本の雑誌 2016年12月号


た 日 々 。 そ の 敗 残 の 将 に 寄 り 添 う 女 お 里 の き け る も の で は ご ざ い ま す ま い 5 男 が か も し れ な い 。 だ が 愚 か で は な い 青 春 な ど う つ わ 一 一 = ロ 葉 が い い 。 籠 を 飛 び 出 せ と い う お 里 に 牢 ご 自 分 の も っ て う ま れ た お 才 能 を 、 天 に む ど こ に あ る の か 。 そ の 愚 か さ を 生 き る 無 謀 人 盛 親 は 、 天 下 で も 狙 え と い う の か と 自 虐 か っ て 試 し て み る こ と で は ご ざ い ま せ ぬ か 」 が 胸 を う つ 。 地 味 で は あ る が 読 ま せ る 。 傑 た た か い す る の だ が 、 お 里 は 首 を 振 る の だ 。 そ の 言 葉 で 盛 親 は い ま 一 度 の 青 春 に 生 き 作 で あ る 。 「 男 の 天 と は 、 そ の よ う に 、 目 で 見 、 耳 で る べ く 大 坂 夏 ノ 陣 に う っ て 出 る 。 愚 か な の こ の 盛 親 の 父 親 、 長 曾 我 部 一 兀 親 を 主 人 公 と し た の が 『 夏 草 の 賦 』 ( 文 春 文 庫 ) だ 武 州 石 田 村 の ( ハ ラ ガ キ の ト シ 〃 は 新 選 組 を 作 り あ 新 潮 文 庫 燃 え よ 剣 文 藝 春 秋 読 め ば 父 一 兀 親 も 大 い に 無 謀 だ 。 四 国 の 田 舎 げ 、 思 い も 及 ば ぬ 波 紋 を 日 本 の 歴 史 に 投 じ て ゆ く 侍 で あ り な が ら 、 信 長 に 牙 を む く 無 謀 。 青 幕 末 維 新 史 上 の 奇 蹟 、 坂 本 竜 馬 の 劇 的 な 生 涯 を 中 心 文 春 文 庫 に 、 同 じ 時 代 を ひ た む き に 生 き た 若 者 た ち を 描 く 竜 馬 が ゆ く 春 の 野 望 が 潰 え た 一 兀 親 の 一 一 = ロ 葉 が 、 息 子 盛 親 の 最 期 に 重 な る 。 父 、 元 親 が つ ぶ や く 。 攘 夷 か 開 国 か 、 勤 王 か 佐 幕 か 。 倒 幕 の 主 動 力 と な っ 文 春 文 庫 世 に 棲 む 日 日 た 長 州 藩 に は 吉 田 松 陰 と 後 継 者 た る 高 杉 晋 作 が い た 「 男 は 、 夢 が あ る う ち が 花 だ な 」 江 戸 末 期 最 強 の 剣 豪 と い わ れ 、 北 辰 一 刀 流 を 開 い た 講 談 社 文 庫 『 戦 雲 の 夢 』 と 合 わ せ て 読 み た い 。 角 川 文 庫 北 斗 の 人 千 葉 周 作 。 そ の 修 行 、 戦 い 、 心 理 を 克 明 に 描 く 青 春 譜 作 司 馬 遼 太 郎 の 短 編 は 、 正 直 そ の 長 編 ほ ど 織 田 信 長 の 岐 阜 城 下 に 、 紀 州 雑 賀 衆 の 若 き 頭 目 雑 賀 講 談 社 文 庫 に は 魅 力 が な い 。 し か し そ れ で も 、 土 佐 の の 尻 啖 え 孫 市 孫 市 が 姿 を 現 し た 。 戦 国 快 男 児 の 痛 快 長 編 角 川 文 庫 鯨 公 山 内 容 堂 を 描 い た 表 題 作 が 印 象 的 な 一 族 を 惨 殺 さ れ 秀 吉 暗 殺 を 狙 う 葛 籠 重 蔵 と 、 伊 賀 を 新 潮 文 庫 『 酔 っ て 候 』 ( 文 春 文 庫 ) は 、 青 春 を つ い に 遼 梟 の 城 売 り 仕 官 し た 風 間 五 平 。 二 人 の 伊 賀 者 の 生 き ざ ま 理 解 で き ず 生 き る こ と が で き な か っ た 幕 末 司 土 佐 二 十 二 万 石 の 領 主 ・ 長 曾 我 部 盛 親 は 、 再 起 へ の 講 談 社 文 庫 大 名 た ち の 悲 運 と 愚 か さ を 描 い て 残 っ た 〈 戦 雲 の 夢 野 望 を か け 大 坂 夏 ノ 陣 に 立 ち 上 が っ た が : し 、 短 編 集 『 人 斬 り 以 蔵 』 ( 新 潮 文 庫 ) に 片 田 舎 の 領 主 か ら 武 力 調 略 で 土 佐 一 国 を 制 し た 長 曾 文 春 文 庫 収 め ら れ た 、 青 春 の 殺 人 者 岡 田 以 蔵 の 無 残 夏 草 の 賦 我 部 元 親 は 四 国 を 征 服 し 、 京 へ と 野 望 を 燃 や す な 生 涯 を 描 い た 一 編 も ま た 、 み ご と な ま で 土 佐 の 山 内 容 堂 、 薩 摩 の 島 津 久 光 、 伊 予 宇 和 島 の 伊 酔 っ て 候 文 春 文 庫 の 青 春 小 説 だ っ た 。 達 宗 城 、 肥 前 の 鍋 島 閑 叟 。 四 人 の 幕 末 大 名 の 短 編 集 そ う な の だ 。 司 馬 遼 太 郎 は 青 春 小 説 作 家 自 己 流 の 暗 殺 剣 法 を 編 み 出 し 、 盲 目 的 な 殺 し 屋 と し 新 潮 文 庫 人 斬 り 以 蔵 て 幕 末 の 世 を 震 え あ が ら せ た 岡 田 以 蔵 の 数 奇 な 生 涯 で あ る 。 そ し て ど れ も 悔 し い ほ ど に 面 白 い す べ て 電 子 版 あ り 131

写楽 仮名の悲劇


写 楽 仮 名 の 悲 劇 276 日 菊 之 丞 ( 春 好 画 ) 日 菊 之 丞 ( 春 章 画 ) 日 菊 之 丞 ( 春 英 画 ) 両 し 描 な ッ 見 る 力 、 眄 し カ ゞ し し 、 し ) え 春 と 者 張 っ て 春 て く か り ん な ク る 章 思 絵 し あ い 好 く 、 な る を の に た ・ つ 尖 え 春 。 や の き る 形 た 女 美 っ も て る は つ 好 寛 春 、 表 形 の つ が 天 の の た の 政 好 女 や 現 冫 と し 、 絵 で を 、 明 ・ つ キ 絵 八 と 形 は と あ 描 界 れ た し 丞 目 互 カ に 年 較 を り た は 身 : ツ い ら の 0 こ は ろ い で 不 似 べ 描 荒 絵 特 に 寛 な だ た あ 春 体 っ い 事 が 目 ろ る っ よ 正 攵 。 ら る 信 て し 、 に の と た 師 登 で て く 春 で ぶ 勝 の し い 、 絵 を 場 あ は く 似 違 川 信 春 創 る 力 、 ど な が 春 春 は 描 し て け い 派 や る し る 迫 け く 英 英 む い て 下 た 。 、 で 文 の し な い て 、 し く 唇 & 鼻 る 徐 も 司 ' ル た の し た 伐 の し 、 か か 大 女 ろ 。 菊 の も 々 春 る が る は 工 着 な し 首 形 ど の の 上 女 眉 之 に 好 世 糸 会 ロ 物 り だ 絵 の ぎ カ ゞ で 唇 形 は 丞 春 と 界 の ス の メ し 糸 会 は 最 あ を 本 を 裾 い に ' 太 の 信 な よ つ 、 の ぶ い も し く 大 る 越 領 秘 い る り や 違 春 ほ 印 良 て 、 首 目 。 出 文 と ん は め そ っ 章 っ は 外 絵 と い 私 た や た 調 、 る し を を な の が 、 大 側 の は て の も ロ て も 絵 美 与 が 何 り き っ と り マ チ は 春 け っ 占 ・ ー 荒 い よ し ん く 響 春 が ン フ 鼻 る り 好 ロ い る な を 章 で ァ リ の を そ 上 描 。 は の き も と イ と 脱 に い

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


313 春 と 修 羅 大 丘 松 今 っ 空 ほ ど い 小 す そ あ 幹 雲 変 み 冬 △ い 雲 ひ は そ す へ の 木 日 め 気 ん ん か 岩 み れ を や が つ ん に よ に と た し ま ん う が は た が た な に 井 や よ じ 芽 展 た な き い 濾 こ も け て し 陰 し を 七 く ひ う に も の か り ろ の け と す た よ さ ふ の ず て 鬱 ろ か っ そ ど に 新 確 き な も い な て は っ と あ れ た 馬 ん に と し 森 し く こ 鮮 か れ す こ 春 か つ い か は か た り は ず し ふ ふ な は て 稠 の な に い み ん に に ち へ り ま く 光 で た ん か る も 緑 れ 、 あ 密 み 奇 き 継 な や な な 燐 が そ 変 る 灼 や の む し 遠 け び と 褐 ち か で ち 蹟 起 き 野 か せ っ 光 呼 れ つ で け た や か く て て に に つ め る を だ す は な * は た や 吸 は て べ て め み に な ゐ ら る ら 万 児 し だ 樹 し 雪 ゐ つ ゐ に に 見 生 ん 過 る る え え の ぎ の う と や 法 れ 、 け 液 ま が る だ る 赤 ひ ひ △ る て 枯 た い 牧 流 る 心 だ が 往 い き と 行 ふ 場 転 え 象 な き 草 ; く の の の カ ; と 標 な 明 れ と き が 本 か 減 は ら へ た な た む ・ ほ り ん も 遠 く の そ ら で 鳴 っ て る し 雨 は け ふ は だ い じ ゃ う ぶ ふ ら な い し か し 馬 車 も は や い と 云 っ た と こ ろ で そ ん な に す て き な わ け で は な い い ま ま で た っ て や っ と あ す こ ま で こ こ か ら あ す こ ま で の こ の ま っ す ぐ な 火 山 灰 の み ち の 分 だ け 行 っ た の だ あ す こ は ち ゃ う ど ま が り 目 で す が れ の 草 穂 も ゆ れ て ゐ る ( 山 は 青 い 雲 で い つ ば い 光 っ て ゐ る し か け て 行 く 馬 車 は く ろ く て り つ ば だ ) ひ ば り ひ ば り 銀 の 微 塵 の ち ら ば る そ ら へ た っ た い ま の ・ ほ っ た ひ ば り な の だ く ろ く て す ば や く き ん い ろ だ そ ら で や る ・ フ ラ ウ ン 運 動 は ね お ま け に あ い つ の 翅 と き た ら 甲 虫 の や う に 四 ま い あ る ) る し あ め 飴 い ろ の や っ と 硬 い 漆 ぬ り の 鞘 と ム た へ た し か に 二 重 に も っ て ゐ る よ ほ ど 上 手 に 鳴 い て ゐ る み ぢ ん 1 ト 二

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


去 り か け て い た 春 香 は 、 歩 み を 止 め る 。 心 臓 に 杭 を 打 た れ た よ う に 、 動 き が 止 ま っ た 。 ゆ っ く り と 振 り 向 く 。 ど う し て 、 こ の 男 が そ の 名 を 知 っ て い る の か り ゅ う じ さ か え い み よ う 藤 夜 叉 は 、 五 代 目 親 衛 隊 長 だ っ た こ ろ の 異 名 だ っ た 。 今 は も う 、 龍 二 と 栄 し か 知 ら な い は ゆ が 信 じ ら れ な い 思 い で 視 線 を 結 ん だ 春 香 に 、 将 宗 は 頬 を 歪 め る 。 ど う や ら そ れ だ け 確 か め た か っ た よ う だ 。 せ わ し な く ギ ア を ロ ー に 人 れ 、 言 っ た 。 「 〈 あ れ 〉 に 係 わ っ て い た の は 、 あ ん た だ け じ ゃ な い ん だ 」 ス カ イ ラ イ ン は 発 進 し た 。 排 気 ガ ス の に お い を 残 し て 、 あ っ と 言 う 間 に 見 え な く な る 。 ま る で そ れ を 待 っ て い た か の よ う に 、 が 現 れ た 。 校 門 の 前 に 立 ち 尽 く す 春 香 を 見 つ け こ ろ て 、 急 プ レ ー キ を 踏 み 、 中 か ら 康 平 が 転 が り 出 て く る 。 「 校 舎 ン 中 い て 下 さ い っ て 、 言 っ た じ ゃ な い ス か っ " ・ 」 い な 彼 が 車 内 に 春 香 を ひ つ ば り こ む や 否 や 、 が 動 き だ す 。 興 奮 の さ め な い 康 平 が 、 そ れ で も マ ン シ ョ ン へ 連 絡 を い れ る 。 叉 「 春 香 さ ん 、 な ん か あ り ま し た か ? 」 藤 青 ざ め た 彼 女 を 、 ミ ラ 1 越 し の 洋 介 が 気 づ か う 。 あ わ て て 首 を 振 り 、 春 香 は い つ の ま に か か は ひ た い 華 い て い た 額 の 汗 を ぬ ぐ っ た 。 「 な に も な い わ 」 く い