検索 - みる会図書館

検索対象: 写楽 仮名の悲劇

写楽 仮名の悲劇から 497件ヒットしました。

写楽 仮名の悲劇


写 楽 仮 名 の 悲 劇 276 日 菊 之 丞 ( 春 好 画 ) 日 菊 之 丞 ( 春 章 画 ) 日 菊 之 丞 ( 春 英 画 ) 両 し 描 な ッ 見 る 力 、 眄 し カ ゞ し し 、 し ) え 春 と 者 張 っ て 春 て く か り ん な ク る 章 思 絵 し あ い 好 く 、 な る を の に た ・ つ 尖 え 春 。 や の き る 形 た 女 美 っ も て る は つ 好 寛 春 、 表 形 の つ が 天 の の た の 政 好 女 や 現 冫 と し 、 絵 で を 、 明 ・ つ キ 絵 八 と 形 は と あ 描 界 れ た し 丞 目 互 カ に 年 較 を り た は 身 : ツ い ら の 0 こ は ろ い で 不 似 べ 描 荒 絵 特 に 寛 な だ た あ 春 体 っ い 事 が 目 ろ る っ よ 正 攵 。 ら る 信 て し 、 に の と た 師 登 で て く 春 で ぶ 勝 の し い 、 絵 を 場 あ は く 似 違 川 信 春 創 る 力 、 ど な が 春 春 は 描 し て け い 派 や る し る 迫 け く 英 英 む い て 下 た 。 、 で 文 の し な い て 、 し く 唇 & 鼻 る 徐 も 司 ' ル た の し た 伐 の し 、 か か 大 女 ろ 。 菊 の も 々 春 る が る は 工 着 な し 首 形 ど の の 上 女 眉 之 に 好 世 糸 会 ロ 物 り だ 絵 の ぎ カ ゞ で 唇 形 は 丞 春 と 界 の ス の メ し 糸 会 は 最 あ を 本 を 裾 い に ' 太 の 信 な よ つ 、 の ぶ い も し く 大 る 越 領 秘 い る り や 違 春 ほ 印 良 て 、 首 目 。 出 文 と ん は め そ っ 章 っ は 外 絵 と い 私 た や た 調 、 る し を を な の が 、 大 側 の は て の も ロ て も 絵 美 与 が 何 り き っ と り マ チ は 春 け っ 占 ・ ー 荒 い よ し ん く 響 春 が ン フ 鼻 る り 好 ロ い る な を 章 で ァ リ の を そ 上 描 。 は の き も と イ と 脱 に い

写楽 仮名の悲劇


川 菊 之 丞 の 受 け ロ も 目 立 っ て く る 。 一 皿 五 代 目 団 十 郎 の 鼻 は 顔 の 輪 郭 線 の 外 に 突 き 出 し て い る が 、 大 首 絵 に 描 、 目 れ た 高 麗 蔵 の 鼻 は 団 十 郎 よ り さ ら に 顔 の 外 に 突 き 出 し て い る 。 ま た 春 好 筆 は 、 男 役 の 絵 に は あ ま り 低 い 鼻 を 描 こ う と は し な か っ た 。 宗 十 郎 は 写 楽 春 絵 で は 、 女 形 の 佐 野 川 市 松 や 岩 井 喜 非 2 の 代 太 郎 よ り だ い ぶ 低 い 鼻 な の で あ る が 、 春 好 絵 で は か な り 高 い 鼻 で あ る 。 あ る い は 春 好 は 女 仮 形 の 鼻 は 低 く 男 役 の 鼻 は 高 く 描 く と い う 常 識 を 脱 却 で き な か っ た の で あ ろ う か 楽 目 の 描 き 方 も 、 春 好 は 春 章 に ほ ば 従 っ て い る 。 宗 十 郎 や 嵐 音 八 の ま ん 丸 の 驚 い た よ う な 目 写 は 、 も ち ろ ん 春 章 に も あ る か 、 春 好 は そ の 傾 向 が よ り は っ き り し て 、 写 楽 絵 の 方 向 に さ ら に ふ た え ま ぶ た 進 ん で い る よ う に 思 わ れ る 。 た だ し 二 重 瞼 の 錦 絵 は ほ と ん ど な い 。 春 好 に は 肉 筆 の 浮 世 絵 で か た お か に ざ え え び ぞ う 三 代 目 市 川 鰕 蔵 を 描 い た 絵 が あ る が 、 そ れ に は 薄 く 一 一 重 瞼 が 描 か れ て い る 。 ま た 片 岡 仁 左 衛 門 を 描 い た 大 首 絵 に は 、 は っ き り と 一 一 重 瞼 が 描 か れ て い る が 、 こ れ は 写 楽 絵 以 後 の 制 作 で あ り 、 写 楽 の 影 響 で は な い か と 思 う 。 目 玉 の 位 置 に つ い て は 、 春 章 の 絵 よ り む し ろ 春 好 の 絵 の ほ う が 目 玉 が ア ン バ ラ ン ス な も の か 少 な く 、 春 章 の 目 玉 の 表 現 法 は 、 弟 子 の 春 好 よ り 、 か え っ て 写 楽 に お い て 決 定 的 に 展 開 324 も ん

写楽 仮名の悲劇


第 八 章 写 楽 絵 の 方 法 的 特 徴 321 を 苦 手 と し た よ う に 、 春 章 は 女 形 や 和 事 師 を 描 く こ と を 苦 手 と し た の で は な か ろ う か 。 春 章 の 女 形 の 描 き 方 の な か に 私 は 春 信 的 な 美 学 の 残 存 が あ る の で は な い か と 思 う 。 春 章 の 鼻 に つ い て な お 重 要 な こ と は 鼻 の 穴 の な か に 色 を 塗 る こ と で あ る 。 男 役 と く に 実 事 師 、 荒 事 師 、 実 悪 に 多 い か 、 こ れ は 鼻 の 存 在 を 大 変 強 調 す る こ と に な る 。 写 楽 は こ の よ う な こ と を 決 し て し な か っ た 。 鼻 と 顔 の 輪 郭 線 と の 距 離 は 狭 い も の が 多 い が 、 鼻 先 が 顔 の 外 に 突 出 し て い る の は 、 五 郎 四 代 目 団 十 郎 な ど 、 ご く 一 部 に 限 ら れ る よ う で あ る 。 目 も 、 春 章 は 役 者 に よ っ て さ ま ざ ま に 描 き 分 け 、 春 信 や 文 調 な ど よ り は 大 き な 目 を 描 い た 。 む し ろ 彼 は 鳥 居 派 の 伝 統 を 復 活 し て そ う い う 大 き な 目 を 描 い た の か も し れ の な か ぞ う な い が 、 と く に 団 十 郎 と 仲 蔵 の 似 顔 絵 に 特 徴 的 な 目 を 描 い て い る 。 写 楽 絵 と 較 べ れ ば 全 体 に 目 が 月 さ い た め に 目 玉 の 動 き が そ れ ほ ど 印 象 的 で は な い 。 し か し 春 章 は や は 広 り 歌 舞 伎 役 者 の 目 の 動 き 、 睨 む と か 目 を 寄 せ る と か い う だ 表 情 が い か に 大 切 で あ る か を 知 っ て い て 、 そ れ を 画 面 に 目 代 あ ら わ そ う と し て 、 い ろ い ろ な 目 を 描 い た 。 こ の よ う に の 個 性 的 な 男 役 の 目 に 対 し て 、 女 形 に は あ ま り 目 に 特 徴 が , 第 ~ 春 な く 、 い す れ も 細 い 目 で あ る 。 写 楽 の 描 く 岩 井 半 四 郎 は

写楽 仮名の悲劇


事 す ぐ れ た り 」 と い わ れ る 。 岩 佐 乂 兵 衛 を 除 け ば 上 方 の 絵 師 で こ こ に 出 て く る 絵 師 は 西 川 祐 信 一 人 で あ る 。 西 川 祐 信 の は る の ぶ 評 価 は よ ほ ど 高 か っ た の で あ ろ う 。 こ の よ う な 六 人 の 絵 師 の 後 に 鈴 木 春 信 が 登 場 す る 。 あ づ ま に し き ゑ 「 明 和 の は じ め よ り 吾 妻 錦 絵 を ゑ が き 出 し て 、 今 に こ れ を 祖 と す 、 こ れ ハ 其 頃 初 春 大 小 の す り 物 大 に 流 行 し て 、 五 六 遍 す り は じ め て 出 来 よ り エ 夫 し て 、 今 の 錦 絵 と ハ な れ り 、 春 信 カ は ら も の 説 者 一 生 歌 舞 妓 役 者 の 絵 を か か ず し て い は く 、 わ れ ハ 大 和 絵 師 な り 、 何 ぞ 河 原 者 の か た ち を ゑ が く に た へ ん や と 、 そ の 志 か く の 如 し 、 明 和 , ハ 年 の 頃 、 湯 嶋 天 神 に 泉 州 石 津 笑 姿 開 帳 あ り の ゃ な か か さ も り 、 し 時 、 二 人 の 巫 女 み め よ き を ゑ ら び て 舞 し む 、 名 を お 波 ・ お み つ と い ふ 、 又 谷 中 笠 森 稲 荷 ← の 前 な る 茶 店 鍵 屋 の 娘 お せ ん 、 浅 草 楊 枝 や 柳 屋 仁 兵 衛 娘 お ふ ぢ の 絵 を 錦 絵 に ゑ が き て 出 せ 写 し に 、 世 の 人 大 に も て は や せ り 的 標 鈴 木 春 信 に つ い て は 南 畝 は 『 半 日 閑 話 』 で 次 の よ う に 語 っ て い る 。 「 十 五 日 大 和 絵 師 鈴 木 春 信 死 す 、 此 人 浮 世 絵 に 少 を 得 た り 、 今 の 錦 絵 と い ふ も の は 此 人 を き の と と り 一 一 祖 と す 。 明 和 一 一 年 乙 酉 の 頃 よ り し て 其 名 高 し 。 こ の 人 一 生 役 者 の 絵 を か 、 す し て 云 、 我 は 大 和 絵 師 な り 。 何 ぞ 河 原 者 の 形 を 画 く に た へ ん や と 、 其 志 し 斯 の 如 し 」 こ の 『 半 日 閑 話 』 な る 文 章 と 『 浮 世 絵 考 証 』 の 文 章 は た い へ ん よ く 似 て い て 、 『 浮 世 絵 考 証 』 の 著 者 が 南 畝 で あ る こ と を 確 認 さ せ る が 、 南 畝 は よ ほ ど 高 く 春 信 を 評 価 し て い た の で あ ろ う 。 春 信 に つ い て 彼 は 漢 詩 で も し ば し ば の べ て い る 。 実 を い え ば 春 信 は 、 若 い と き に は 歌 舞 伎 役 者 の 絵 も 描 い て い る 。 し か し お そ ら く 美 人 画 に 人 気 が 出 て か ら 彼 は 歌 舞 伎 役 者 の 絵 を か ぎ や

写楽 仮名の悲劇


写 楽 仮 名 の 悲 劇 320 析 す る と 、 浮 世 絵 史 に お け る 文 調 の 地 位 が 非 常 に は っ き り し よ う 。 彼 は や は り あ の 比 類 な い 品 位 を も っ 春 信 の 美 人 画 に 魅 せ ら れ た 絵 師 で あ っ た 。 春 信 か ら 受 け た 影 響 が 、 彼 の 役 者 絵 を む し ろ 不 自 由 に さ せ た と 思 う 。 春 信 的 美 学 と 、 役 者 の 姿 を 忠 実 に 表 現 し よ う と す る 写 実 的 意 志 の 谷 間 で 、 彼 は 自 己 の 芸 術 を 作 ろ う と し た が 、 そ の 矛 盾 に 悩 み 、 つ い に 筆 を 捨 て た の で は な か 0 た か 。 か っ か わ し ゅ ん し よ う や は り 新 し し 彳 、 殳 者 似 顔 絵 の 開 拓 者 は 勝 川 春 章 で あ る 。 郎 明 和 時 代 の 春 章 の 錦 絵 は や は り 春 信 の 影 響 が 強 い が 、 春 ' ' ′ / / 信 の 死 後 、 や が て 春 章 は 彼 一 流 の 独 創 的 役 者 絵 を 作 り 出 司 し た 。 役 者 の 個 性 的 な 表 情 を 画 面 に 表 す 役 者 絵 で あ る 。 目 代 従 来 、 こ れ は 春 章 の 独 創 の よ う に 言 わ れ て き た が 、 先 に の あ げ た 清 重 の 絵 を 見 れ ば 、 そ れ が 鳥 居 派 の な か で か な り 春 熟 成 さ れ て き た 傾 向 で あ り 、 そ れ を 春 章 が 錦 絵 の な か で 大 き く 展 開 し た に す ぎ な い と い う こ と が わ か る で あ ろ う 。 似 顔 絵 の 部 分 の 描 き 方 に 注 意 し て 春 章 の 役 者 絵 を 分 析 す る と 、 ど う な る の か 。 ま ず 鼻 の 種 類 が 多 様 に な っ て い る の は 一 見 し て 明 ら か で あ る 。 し か し 男 役 に 個 性 的 な 描 き 分 け が 著 し い の に 対 し て 、 女 形 の 鼻 は 男 役 ほ ど の 違 い は な い 。 ち ょ う ど 文 調 が 実 事 師 や 荒 事 師 を 描 く こ と

写楽 仮名の悲劇


と こ ろ で 、 面 白 い こ と に 、 同 じ 舞 台 ャ 原 の 絵 が あ る 。 春 英 絵 は 写 楽 絵 と よ く 似 て い て 、 む し ろ そ の 類 似 は 一 見 、 写 楽 と 豊 国 の 類 似 よ り も 強 い よ う に み え る 。 左 背 景 も 孔 雀 三 郎 の ポ ー ズ も 、 着 物 の 柄 、 ふ ん ど し 片 赤 い 褌 、 脚 絆 、 足 の 形 な ど も そ っ く り 悲 で 、 さ ら に 刀 を 抜 き か か 0 た 紀 の 名 虎 の ゅ 一 当 也 は 三 郎 以 上 に よ く 似 て い る 。 し か し 、 名 写 楽 絵 と 春 英 絵 の 細 部 は ま っ た く 違 っ 楽 て い る 。 宗 十 郎 の 目 で も 、 春 英 は 勝 川 派 が よ く や る よ う に 目 の 隈 を 描 く が 、 写 楽 は こ の 隈 を こ と さ ら 目 立 つ よ う に 描 く こ と は な い 。 春 英 絵 は 赤 い 隈 を 描 い た た め に 、 宗 十 郎 独 自 の ギ ョ ロ リ と し た 目 の 印 象 が 失 わ れ 、 ま た ロ を 大 き く 、 ひ き し ま っ た か た ち に 描 い た た め に 、 宗 十 郎 ら し い ふ わ っ と し た 印 象 が な く な っ た の で あ る 。 仁 左 衛 門 も 同 様 で あ る 。 こ の 大 坂 か ら 江 戸 に 下 っ て き た 役 者 を 、 ま た 豊 国 も 別 の 大 首 絵 で 、 き わ め て 滑 に 描 い て い る 。 紀 の 名 虎 は 不 意 の 出 会 い に 驚 い て 目 を 見 張 り 、 ロ を ひ き つ ら せ た と こ ろ だ が 、 春 英 絵 に は 滑 稽 感 は ま る で な い 。 や は り 目 の 表 情 が 弱 い た め で 、 春 英 絵 の よ う な 細 い 目 で は 、 こ の 悪 役 の に く に く し げ で 滑 稽 な 感 じ は 十 分 に 表 せ な い と 思 う 。 写 楽 絵 と 春 英 絵 が 、 ど う し て こ の よ う な 外 見 の 類 258

写楽 仮名の悲劇


蔵 を 九 点 描 い て い る が 、 ほ と ん ど そ の 表 情 は 同 じ で あ る 。 太 い 眉 、 多 く 内 に 偏 っ た 目 、 そ し か ぎ ば な て あ の 高 い 鉤 鼻 、 結 ん だ ロ な ど 、 一 目 で 高 麗 蔵 と わ か る 風 貌 で あ る が 、 明 ら か に 春 英 の 描 く 高 麗 蔵 と は 違 う 。 こ の 豊 国 の 高 麗 蔵 の 絵 は 、 あ き ら か に 春 英 よ り 写 楽 に 近 い 。 キ リ ッ と 見 開 か れ た 高 麗 蔵 の す こ み 目 は 内 側 に 寄 り 、 凄 味 を お び て み え る 。 眉 毛 は 、 む し ろ 勝 川 派 に 近 い 先 細 元 太 の 眉 毛 だ が 、 か ん げ き 性 春 英 絵 の よ う に 垂 れ 下 が っ て は い す 、 逆 に 外 へ 向 か っ て 上 が っ て い る 。 目 と 眉 毛 の 間 隙 は 春 す ご み ム ロ 英 絵 よ り も 、 さ ら に 写 楽 絵 よ り も 、 も っ と 狭 く 、 そ れ が こ の 絵 に 凄 味 を 与 え て い る の で あ る 。 の 「 へ 。 の 字 型 に し つ か り 結 ん だ ロ も 、 耳 の か た ち も 、 勝 川 派 で は な く 、 全 く 写 楽 と 同 じ 描 き 印 方 で あ る 。 さ ら に 刀 を 握 っ た 右 手 に 注 目 し て ほ し い 。 豊 国 絵 と 写 楽 絵 に は 右 手 の 親 指 が 描 か れ て い て 、 そ れ が ギ ュ ッ と 刀 を 握 り し め た カ の 入 っ た 様 子 を 表 し て い る 。 し か し 春 英 絵 に は 右 手 親 指 は こ の 手 の 表 現 で は 、 豊 国 絵 は 、 春 英 絵 は も ち ろ ん 写 楽 絵 よ り も 、 鋭 い 描 写 章 描 か れ て い な い 第 を し て い る と い 、 ん る 。 豊 国 と 写 楽 の 高 麗 蔵 の 絵 を 重 ね あ わ せ て み る と 、 そ の 顔 の 輪 郭 、 眉 、 目 、 鼻 、 ロ 、 耳 、 の ひ と つ ひ と つ の 提 え 方 が 実 に よ く 似 て い る こ と が わ か る 。 こ れ に 対 し て 春 英 の 高 麗 蔵 と 重 ね る と 、 あ き ら か に 違 っ て く る 。 写 楽 の 描 い た 志 賀 大 七 の 絵 は 、 多 く の 浮 世 絵 愛 好 家 に 知 ら れ て い た は す で あ る 。 写 楽 絵 の 二 年 後 に 豊 国 が 描 い た 高 麗 蔵 の 絵 は 、 長 く 「 志 賀 大 七 」 と 信 じ ら れ て き た 。 そ れ ほ ど 写 楽 絵 239

写楽 仮名の悲劇


「 湖 竜 斎 」 と 、 一 筆 斎 文 調 は 「 一 筆 斎 文 調 」 と 、 そ の 錦 絵 に 署 名 し て い る 。 し か し 、 写 楽 と と り い き よ な が 同 時 代 の 絵 師 が 、 必 ず し も 斎 号 を も ち 斎 号 を 錦 絵 に 署 名 し て い る わ け で は な い 。 鳥 居 清 長 、 き よ み つ し ゅ ん し よ う し ゅ ん こ う 鳥 居 清 満 な ど 鳥 居 派 の 絵 師 に は 概 し て 斎 号 は な い 。 勝 川 派 で は 、 春 章 や 春 好 は 斎 号 を も た な し ゅ ん え い く と く さ い ち ょ う ぶ ん さ い い が 、 春 英 は 九 徳 斎 と 号 し た 。 ま た 栄 之 は 鳥 文 斎 と 名 乗 り 、 そ の 弟 子 の 栄 昌 は 鳥 高 斎 、 栄 里 し 、 ゆ ・ つ さ い ・ つ た が わ と よ は る い ち り ゆ ・ つ さ い は 鳥 橋 斎 ま た は 鳩 斎 と 、 い ず れ も 「 鳥 」 の 字 を 含 む 斎 号 を 名 乗 っ た 。 歌 川 豊 春 は 一 竜 斎 と い ち り ゆ ・ つ さ い / 、 に さ た 名 乗 り 、 そ の 弟 子 の 豊 国 は 一 陽 斎 、 豊 広 は 一 柳 斎 、 ま た 豊 国 の 弟 子 の 国 貞 は 一 雄 斎 、 豊 広 の ひ ろ し げ い ち り ゆ ・ つ さ い 弟 子 の 広 重 す な わ ち 歌 川 広 重 は 、 一 幽 斎 あ る い は 一 立 斎 と も 名 乗 っ た 。 つ ま り 歌 川 派 の 斎 号 に は 「 一 」 が つ く も の が 多 い 。 し か し 黄 表 紙 や 肉 筆 浮 世 絵 に は そ の 斎 号 を 記 す 浮 世 絵 師 た ち き ょ ・ つ わ の も 、 錦 絵 に は 斎 号 を 記 さ な い こ と が 多 い 。 豊 国 も 錦 絵 に 一 陽 斎 豊 国 と 署 名 す る の は 享 和 の は 名 仮 じ め か ら し ば ら く の 間 で あ る 。 の ち に 豊 国 の 弟 子 た ち 、 一 一 代 目 豊 国 す な わ ち 豊 重 や 、 一 勇 斎 く に よ し 楽 国 芳 な ど は 、 斎 号 を 錦 絵 に 記 す よ う に な る が 、 そ れ は お そ ら く 師 ・ 初 代 豊 国 の 先 例 に な ら っ た も の で あ ろ う 。 と す る と 寛 政 六 年 の 時 点 で 斎 号 を 錦 絵 の 落 款 に 記 す の は 、 か な り 思 い 切 っ た こ と だ っ た の で は な い か 。 私 は そ こ に 青 年 写 楽 の 、 あ る い は 青 年 豊 国 の 、 芸 術 家 と し て の 強 い 自 負 を 見 る が 、 第 三 期 に お い て 斎 号 を 削 る こ と が 命 せ ら れ た の も 、 あ る い は そ の 強 い 自 と カ 負 心 の あ ら わ れ を 咎 め ら れ た の か も し れ な い 。 し か し 、 斎 号 に つ い て は そ ん な に 深 刻 に 考 え る べ き で は な い か も し れ な い 。 た だ の 「 写 楽 」 で は な く 、 「 東 洲 斎 写 楽 」 で な け れ ば 、 こ の 隠 れ た 作 者 の 自 己 顕 示 欲 を 満 た す こ と が で き な い 理 由 が 存 在 す る の か も し れ な い 。 、 し 力 な し っ た い 「 東 洲 斎 写 楽 」 と い う 名 の な か に 、 、 、 402

写楽 仮名の悲劇


三 角 形 の 目 、 結 ん だ ロ の 下 の 皺 、 鼻 は む し ろ 春 章 の 場 合 よ り は 、 か え っ て 高 く 大 き く な っ て 春 英 も ま た 、 勝 川 派 の 絵 師 の 伝 統 に 従 っ て 多 く の 団 十 郎 の 絵 を 描 い て い る 。 た と え ば 水 門 よ う か い へ ん げ に 立 っ 団 十 郎 の 絵 は す ご い 迫 力 を も っ て い る 。 こ の 足 を 見 る と 、 人 間 で は な く 妖 変 化 あ る か つ は 、 鬼 気 せ ま る も の が あ る 。 い は 河 童 の た ぐ い で あ ろ う か 。 苔 の は え た よ う な 手 と い い 足 と い し 明 和 と い う 時 代 か ら 安 永 ・ 天 明 へ と 、 前 々 か ら 歌 舞 伎 に 内 在 し て い た 蚤 奇 趣 味 が 次 第 に あ ら 亠 父 わ れ て く る 。 春 英 の 絵 は お そ ら く こ う い う 歌 舞 伎 の 変 化 と 対 応 す る も の で あ ろ う が 、 こ の 人 比 絵 間 な ら ぬ 妖 怪 を 演 ず る 五 代 目 団 十 郎 の 魅 力 を 、 春 英 の 絵 は 十 分 に 捉 え て い る よ う に 思 わ れ る 。 新 こ の 団 十 郎 は 春 章 な ど が 描 く 団 十 郎 よ り 、 も っ と 眉 毛 は 太 く 、 鼻 は 高 く 、 ロ は 大 き く 開 い て 家 い る 。 春 英 は 師 ・ 春 章 の も っ て い た 美 意 識 を さ ら に い っ そ う 展 開 さ せ た と い え よ う 。 春 英 と い う 人 は 、 か な り 変 わ り 者 で あ っ た ら し い が 、 絵 の 方 も 自 由 と い っ て よ い か 、 し ま き ん の め め き げ ん け 七 り が な い と い っ て よ い か 、 か な り バ ラ つ き が 多 い 。 寛 政 三 年 十 一 月 の 改 名 公 演 『 金 護 源 家 第 か く つ ま 角 』 ( 市 村 座 ) で 、 す で に 団 十 郎 の 名 を 六 代 目 に 譲 り 、 鰕 蔵 と な っ た 団 十 郎 を 描 い た 大 首 絵 や く が ら は 、 同 じ 春 英 が 描 い た 先 の 絵 と 較 べ る と だ い ぶ 違 っ て い る 。 役 柄 の 違 い に も よ る か も し れ な い か 、 な に よ り も 表 情 が ま ず 和 ら い で い る の で あ る 。 眉 毛 も 前 の 絵 ほ ど 濃 く は な く 、 目 も 柔 ら か み を 帯 び て い て 、 鼻 も そ れ ほ ど 高 く な い 。 ロ の 表 情 も 和 ん で い る 。 そ し て 目 玉 の 位 置 が 左 右 ア ン バ ラ ン ス で あ る 。 春 章 の 描 く 団 十 郎 は 三 角 形 の 目 を し て い て 、 目 玉 は 左 右 ア ン バ ラ ン ス な も の が 多 い 。 春 好 の 団 十 郎 は 多 く 目 を 内 に 寄 せ て い る 。 し か し 春 英 の 団 十 郎 は 、 師 や

写楽 仮名の悲劇


は 、 は る か に 近 い 。 こ の 地 図 で 三 馬 は 、 写 楽 を 歌 川 派 に 近 い 絵 師 と 見 て い る こ と は 間 違 い な い の で あ る 。 特 に 豊 広 、 豊 国 に 近 い 絵 師 と 、 三 馬 は 見 て い る の で あ ろ う 。 由 良 氏 な ど は 、 こ の 三 馬 の 描 い た 地 図 に 対 し て 否 定 的 で あ る が 、 私 は こ の 『 稗 史 億 説 年 代 記 』 は 案 外 ま じ め で 、 し か も 正 確 な 浮 世 絵 の 歴 史 の 叙 述 で あ り 、 ま た こ の 「 倭 画 巧 名 尽 」 な る 浮 世 絵 師 の 地 図 も じ つ に よ く 考 え ら れ て 描 か れ て い る こ と か ら み て 、 三 馬 が 写 楽 を 歌 川 派 者 に 近 い 絵 師 と 考 、 ん て い た こ と は ほ ば 間 違 い か な い よ 、 つ に 田 5 わ れ る 。 こ の 地 図 を み る と 、 昔 絵 で あ る 八 人 の 作 家 と 鳥 居 派 を 除 け ば 、 勝 川 派 の 領 土 が 一 番 広 い の 波 こ の 本 の 巻 末 に 「 画 工 名 尽 」 と い う の が あ る が 、 そ こ で 彼 は 、 何 人 か の 代 表 的 絵 師 を あ げ て 楽 い る 。 そ こ で 彼 が 特 別 大 き く 扱 っ て い る の は 、 鳥 居 清 長 、 勝 川 九 徳 斎 春 英 、 喜 多 川 歌 麿 、 北 と き ま さ 斎 辰 政 、 北 尾 政 演 、 蕙 斎 政 美 で あ る 。 そ し て そ の 他 に 勝 川 春 章 、 春 好 、 春 潮 、 春 林 、 春 山 、 標 春 鶴 、 春 常 の 名 を あ げ て い る 。 そ し て 歌 川 派 は わ ず か に 歌 川 豊 春 だ け で あ る 。 あ る い は 彼 は 第 歌 川 派 に 、 特 に 豊 広 や 豊 国 に 反 感 を も っ て い た の で あ ろ う か 。 こ の こ と は 、 戯 作 者 の 中 に 山 一 一 東 京 伝 の 名 か な い こ と と と も に 注 意 す べ き で あ ろ う 。 三 馬 は よ ほ ど 京 伝 に 含 む と こ ろ が あ っ 第 た の で あ ろ う 。 三 馬 が 『 稗 史 億 説 年 代 記 』 を 書 い て か ら 、 二 十 年 ほ ど 後 に 、 例 の 「 按 記 」 を は っ ち ょ う ぼ り と う し ゅ ・ つ さ い 書 い た の で あ る 。 そ れ は 写 楽 は 東 周 斎 と い う 名 で あ る こ と 、 そ し て 江 戸 八 丁 堀 に 住 ん で い た こ と 、 そ し て 写 楽 絵 は 半 年 ほ ど で お わ っ た こ と を 述 べ て い る 。 こ の 三 つ の 記 事 の う ち 、 二 つ 、 。 , 、 丁 堀 に 住 む と い う 情 報 を 、 三 馬 が ど こ か は 新 し い 情 報 で あ る が 、 必 す し も 正 確 で は な し ノ ら 得 た か 知 ら な い か 、 そ れ も や は り あ ま り 確 実 と は 言 え な い よ う に 田 5 わ れ る 。 私 は 三 馬 の げ さ く し ゃ