検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢から 641件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


8 浅 緑 染 め 掛 け た り と 見 る ま で に 春 の 柳 は 萌 え に け る か も 4- か は や ぎ + 山 の 際 に 雪 は 降 り つ つ し か す が に こ の 川 柳 は 萌 え に け る 巻 力 も き た か す が か す み 冬 過 ぎ て 春 来 る ら し 朝 日 さ す 春 日 の 山 に 霞 た な び く う ぐ ひ す の 春 に な る ら し 春 日 山 霞 た な び く 夜 目 に 見 れ 」 も 柳 を 詠 む か づ ら ~ 職 樫 れ の 冬 の 柳 は 見 る 人 の 縵 に す べ く 萌 え に け る か も あ さ み ど り そ か よ め も 「 寒 過 暖 来 者 」 と 書 か れ て お り 、 こ れ ら の 「 寒 」 「 暖 」 は そ れ ぞ れ 冬 ・ 春 を 意 味 に よ っ て 書 い た 義 訓 的 用 字 。 秋 を 「 冷 」 の 字 で 表 し た 例 ( 一 一 一 交 ) も あ る 。 〇 朝 日 さ す ー 「 朝 日 さ す 春 日 の 小 野 に 置 く 露 の 」 ( 三 0 四 一 l) と い う 例 も あ り 、 地 名 春 日 の 枕 詞 と し て 固 定 し か け て い た も の か 。 『 玉 葉 集 』 に あ る 「 朝 日 さ す 生 駒 の 岳 は 現 れ て 霧 立 ち こ む る 秋 篠 の 里 」 は 生 駒 山 の 東 側 か ら 遠 望 し て い る 趣 で あ る が 、 こ の 歌 は 春 日 山 の 西 側 か ら 逆 光 線 で 比 較 的 に 近 い 距 離 か ら 詠 ん だ も の で あ ろ う 。 5 う ぐ ひ す の ー 春 の 枕 詞 。 そ の 季 節 の 代 表 的 景 物 を と っ て 枕 詞 と し た 。 〇 夜 目 ー 夜 間 暗 い 中 で 見 る 不 確 か な 目 。 霜 枯 れ の ー 霜 枯 レ は 草 木 が 霜 に 打 た れ て 枯 れ る こ と 。 『 歌 経 標 式 』 に 「 霜 枯 れ の し だ り 柳 の 」 と あ る 。 〇 縵 ↓ 一 四 一 一 九 。 浅 緑 ー 薄 い 緑 色 に 。 ミ ド リ は 本 来 木 0 の 新 芽 、 若 」 枝 を 意 味 し 、 や が て 色 名 に も 転 用 し た も の 。 フ カ シ ・ ア サ シ は 色 の 濃 淡 を 表 す の に も 用 い ら れ る 。 『 歌 経 標 式 』 に 「 我 が 柳 緑 の 糸 に な る ま で に 」 と あ る 。 〇 染 め 掛 け た り ー 染 色 し た 糸 を 竿 な ど に 掛 け 干 し て あ る さ ま を い う 。 山 の 際 ↓ 一 八 三 七 。 0 し か す が に ↓ 一 三 九 七 。 〇 川 柳 ↓ 一 七 一 三 。

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


寒 か っ た 冬 が 過 ぎ て 暖 か い 春 が 来 た ら し い 朝 日 の さ す 春 日 山 に 霞 が た な 8 び い て い る 集 ( う ぐ ひ す の ) 春 に な っ た ら し い 春 日 山 に 霞 が た な び い て い る 夜 目 に 見 て 葉 さ え 萬 柳 を 詠 む 霜 枯 れ て い た 冬 の 柳 は 見 る 人 の か ず ら に な る ほ ど に 芽 が 出 た こ と よ 浅 緑 色 に 糸 を 染 め て 掛 け た と 見 る ほ ど に 春 の 柳 は 芽 が 出 た こ と よ か わ や な ぎ 山 あ い に 雪 は 降 0 て い る そ れ な の に こ の 川 柳 は 芽 が 出 た こ と よ よ め 冬 過 ぎ て 春 来 る ら し ー 原 文 に 「 寒 過 暖 来 良 思 」 と あ る 。 こ の 後 の ズ 八 四 に

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


641 解 説 呼 ぶ な ら ば 、 巻 十 は 全 体 と し て 形 式 が 主 で 、 先 行 歌 集 を 含 ま な い 「 夏 の 相 聞 」 を 別 と す れ ば 、 「 春 の 雑 歌 」 「 春 の 相 聞 」 「 秋 の 相 聞 」 「 冬 の 雑 歌 」 「 冬 の 相 聞 」 が に 当 り 、 「 夏 の 雑 歌 」 「 秋 の 雑 歌 」 が 形 式 で あ る 。 す な わ ち 、 「 春 の 雑 歌 」 「 春 の 相 聞 」 な ど で は 、 そ れ ら の 標 目 の あ と 題 詞 を 置 か ず に 『 人 麻 呂 集 』 の 歌 を 一 括 し も み ち た な ば た : 「 黄 葉 を 詠 て 収 め 、 そ の あ と 出 所 不 明 の 歌 を 並 べ る の に 対 し 、 「 秋 の 雑 歌 ー で は 「 七 夕 ー 「 花 を 詠 む 」 ・ む 」 な ど と 素 材 で 分 け 、 そ の 小 区 分 の 中 で 『 人 麻 呂 集 』 所 出 歌 を 前 に 置 く 。 「 夏 の 雑 歌 」 に は 『 人 麻 呂 集 』 の 歌 が な い 代 り に 「 鳥 を 詠 む 」 の 題 詞 の 下 に 『 古 歌 集 』 の 歌 が 冒 頭 に 置 か れ て お り 、 < 形 式 で あ る こ と が わ か ん な び あ す か か る 。 こ の 歌 の 中 に 飛 鳥 の 神 奈 備 山 が 詠 ま れ て い て 「 故 郷 」 の 語 が 用 い ら れ て い る の は 、 こ れ が 藤 原 宮 時 代 の 作 で あ る 証 拠 で あ ろ う 。 そ れ に 対 し て 出 所 不 明 歌 の 大 部 分 は 、 詠 み 込 ま れ た 地 名 の 大 半 が 奈 良 の 周 辺 に 求 め ら れ る こ と か ら も 、 平 城 遷 都 後 の 作 と 認 め て 誤 り な か ろ う 。 な お 、 こ の 巻 の 歌 に は 、 山 野 に 交 じ り そ の 物 色 を 賞 で 、 あ る い は 農 民 が 自 ら の 体 験 を 詠 ん だ よ う な も の も あ る が 、 そ の 半 面 、 つ ど お 椴 み や び と い と ま も も し き の 大 宮 人 は 暇 あ れ や 梅 を か ざ し て こ こ に 集 へ る (l<<lll) か す が の 春 日 野 の 藤 は 散 り に て 何 を か も み 狩 の 人 の 折 り て か ざ さ む ( 一 九 七 四 ) な ど 、 官 人 た ち の 遊 び を 背 景 と し た 歌 が 点 在 す る の も 、 こ の 巻 の 特 色 の 一 つ と 言 え よ う 。 数 多 い 七 夕 の 歌 も 、 そ の よ う な 貴 族 の 催 す 宴 席 で の 詩 歌 の 競 詠 を 念 頭 に 置 い て 理 解 す べ き で あ る 。

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


-4- ・ 4 ・ -4 ・ き の ふ け ふ あ す 八 明 日 よ り は 春 菜 摘 ま む と 標 め し 野 に 昨 日 も 今 日 も 雪 は 降 巻 り つ つ 一 0 1424 1425 「 気 並 而 」 ( 一 一 六 三 ) と い う 例 も あ り 、 ケ ナ ラ べ テ と 読 む こ と も 可 能 。 〇 は だ 恋 ひ め や も ー ハ ダ は は な は だ 。 反 語 で 、 花 期 が 短 い か ら こ そ こ ん な に 恋 い 慕 う の だ 、 と 言 っ た も の 。 原 文 に 「 甚 恋 目 夜 裳 」 と あ り 、 「 甚 」 を イ ト ・ イ タ ・ イ タ ク な ど と 読 む 説 が あ る が 、 「 波 太 古 非 米 夜 母 」 ( 四 OFI) に 合 せ て ハ ダ と 読 む 。 文 武 ・ 元 明 朝 の 良 吏 に ふ な の む ら じ だ か っ や ま さ く ら ば な ひ な ら 船 連 秦 勝 と い う 者 が あ り 、 そ の 名 を ま あ し ひ き の 山 桜 花 日 並 べ て か く 咲 き た ら ば は だ 恋 ひ め た 「 甚 勝 」 と も 記 し 、 「 秦 」 は 当 時 「 肌 」 と 同 音 で ハ ダ と 言 っ て い た こ と も そ の 証 と な ろ う 。 や も % 我 が 背 子 ー 男 の 友 人 に 用 い た も の か 。 〇 そ れ と も 見 え ず ー ど れ が そ れ ( 梅 の 花 ) と も 見 分 け ら れ な い 。 白 い 梅 に 白 お も 我 が 背 子 に 見 せ む と 思 ひ し 梅 の 花 そ れ と も 見 え ず 雪 の 降 い 雪 が 降 り 積 り 、 区 別 で き な い こ と を い う 。 〇 雪 の 降 れ れ ば ー 「 我 が 里 に 大 雪 降 れ り 」 ( 一 0 三 ) 、 「 沫 雪 降 れ り 庭 も ほ ど ろ に 」 れ れ ば ( 一 三 一 三 ) な ど の 雪 降 レ リ と い う 表 現 は 、 結 果 の 残 存 を 表 し 、 今 雪 が 降 り 止 ん で い る 状 態 に い う 。 幻 明 日 ー こ こ は 標 ( 一 一 一 吾 ) を し た 日 の 翌 日 を さ す 。 〇 雪 は 降 り つ つ ↓ 一 0 七 五 ( 夜 は ふ け に つ つ ) 。 ◆ 以 上 の 四 首 は 、 自 然 の 中 に 没 入 し き っ た 赤 人 の 歌 境 を 最 も 端 的 に 示 し た も の と し て 一 般 に 高 く 評 価 さ れ て い る 。 わ せ こ 山 部 宿 禰 赤 人 の 歌 四 首 ひ と よ ね 春 の 野 に す み れ 摘 み に と 来 し 我 そ 野 を な っ か し み 一 夜 寝 に け る ま の べ の す く ね あ か ひ と は る な っ し こ わ れ

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


う ち 上 る 佐 保 の 川 原 の 青 柳 は 今 は 春 へ と な り に け る か も 4 お と も の す く ね み は や し 大 伴 宿 三 林 の 梅 の 歌 一 首 〕 し も ゆ き か す が 霜 雪 も い ま だ 過 ぎ ね ば 思 は ぬ に 春 日 の 里 に 梅 の 花 見 つ や ま の べ の す く ね あ か ひ と な ど の 都 か ら 遠 く 離 れ た 所 に お い て 詠 ま 山 部 宿 禰 赤 人 の 歌 一 首 れ た も の で あ ろ う 。 〇 佐 保 道 ー 奈 良 市 街 く だ ら の は ぎ ふ る え 百 済 野 の 萩 の 古 枝 に 春 待 っ と 居 り し う ぐ ひ す 鳴 き に け む 地 の 北 郊 佐 保 の 地 を 通 。 て い る 道 。 作 者 の 父 安 麻 呂 は 佐 保 大 納 言 卿 と 呼 ば れ 、 旅 人 や 作 者 は こ の 一 帯 に 住 ん で い た 。 〇 手 力 、 も 折 り て だ に も ー 手 折 っ て で も し て 、 の 意 だ が 、 こ こ は 、 手 折 り 送 ら れ て 来 た 枝 で も せ め て 、 の 意 。 と も の さ か の う へ の い ら つ め う ち 上 る ー 佐 保 の 地 は 佐 保 川 沿 い に 大 伴 坂 上 郎 女 の 柳 の 歌 一 一 首 上 っ て 行 く 地 形 な の で い う か 。 〇 春 さ ぢ ヘ ー 春 ご ろ 。 へ は 、 あ た り 、 周 辺 、 の 意 あ を や ぎ 我 が 背 子 が 見 ら む 佐 保 道 の 青 柳 を 手 折 り て だ に も 見 む よ の そ れ を 、 時 間 に 転 用 し た も の 。 秋 ( ・ タ へ な ど の そ れ も 同 じ 。 こ こ は 柳 が 淡 緑 色 の 新 葉 を 広 げ て 春 ら し い 装 い と な っ た 1 し も か も こ と を い う 。 ◆ こ の 歌 は 佐 保 で の 作 。 「 柳 の 歌 」 と い う 題 の 下 に ま と め て あ る が 、 前 の 一 四 三 一 一 と は 詠 ま れ た 時 所 を 異 に す る 。 ニ 伝 末 詳 。 一 説 に 、 一 一 ・ 五 夫 ・ 六 五 0 ・ 六 み よ り 九 0 の 作 者 大 伴 三 依 の 誤 り か と す る 。 い ま だ 過 ぎ ね ば ー こ の ネ ・ ハ は 、 ま だ 、 し な い う ち に 、 の 意 。 〇 春 日 の 里 た か ま ど び や く ご う じ ー 奈 良 市 街 地 の 東 南 、 高 円 山 麓 白 毫 寺 町 の 付 近 か 。 坂 上 郎 女 の 別 宅 も こ の 地 に あ つ ま ど り ( 七 一 一 五 ) 、 そ の 娘 二 嬢 を 妻 問 う た 大 伴 駿 河 麻 呂 の 歌 ( 四 0 七 ・ 一 四 三 0 に も こ の 地 名 が 詠 み 込 ま れ て い る 。 1431 わ せ こ の ぼ た を

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


山 あ い の 雪 は 消 え て い な い が 水 の 落 ち 合 う 川 の そ ば の 柳 は 芽 が 出 た こ と よ 集 8 毎 朝 わ た し の 見 る 小 柳 よ う ぐ い す が 来 て 鳴 く ほ ど の 森 に 早 く な れ 葉 青 柳 の 糸 の 見 事 さ 春 風 に 乱 れ な い う ち に 誰 か い い 娘 に 見 せ て や り た い お お み や び と 萬 ( も も し き の ) 大 宮 人 の か ず ら に し て い る し だ れ 柳 は い く ら 見 て も 飽 き な い り ゅ う び 梅 の 花 を 手 に 取 っ て 見 る と 家 の 庭 の 柳 眉 の 新 葉 が 思 い 出 さ れ る こ と よ 1853 9 み な ひ あ ふ ー 原 文 に 「 水 飯 合 」 と あ っ て 、 訓 義 に 疑 問 が 持 た れ て い る 。 「 水 激 合 」 の 誤 り と し て ミ ナ ギ ラ フ ・ タ ギ チ ア フ な ど と 読 む 説 、 「 水 敏 合 」 の 誤 り と し て ミ ナ ギ ラ フ と 読 む 説 な ど が あ る 。 「 敏 」 は 「 殺 」 の 俗 字 で 、 『 万 葉 集 』 に も 「 横 ぎ る く も き り め や ま 敏 雲 」 ( 交 0 、 「 敏 目 山 」 ( 三 0 三 七 ) な ど 用 い ら れ て い る 。 ミ ナ ヒ ア フ と 読 む 説 は 、 「 飯 」 を 借 訓 と み て 、 ミ ナ イ ヒ ↓ ミ ナ ヒ と 解 す る も の で 、 そ の ミ ナ ヒ は 水 ナ 合 ヒ の 約 、 『 名 義 抄 』 に 「 滄 、 ミ ナ ア ヒ 」 「 深 、 ミ ヅ ア ヒ ミ ナ ア ヒ 」 な ど と あ る の を 証 と す る 。

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


+ し ぐ れ の 雨 間 な く し 降 れ ば 真 木 の 葉 も 争 ひ か ね て 色 付 き 巻 に け り 2192 2195 2193 か ら こ ろ も た っ た 雁 が ね の 来 鳴 き し な へ に 韓 衣 竜 田 の 山 は も み ち そ め た り か す が 雁 が ね の 声 聞 く な へ に 明 日 よ り は 春 日 の 山 は も み ち そ め な む わ せ こ こ ろ も ゆ 我 が 背 子 が 白 た へ 衣 行 き 触 れ ば に ほ ひ ぬ べ く も も み つ 山 み つ 山 か も ー モ ミ ツ は タ 行 四 段 。 ↓ 一 六 = 〈 ( か く そ も み て る ) 。 3 日 に 異 に ↓ 一 六 三 一 一 。 〇 水 茎 の ↓ 一 一 三 一 。 ひ に あ き か を の 力 も 幻 ◆ 『 経 標 式 』 に 「 阿 岐 可 是 能 比 尓 計 尓 不 気 馬 美 豆 倶 基 能 」 と あ り 、 こ の わ く ご 歌 の 上 三 句 と 一 致 し 、 柿 本 若 子 の 秋 の 歌 と い う こ と に な っ て い る 。 同 書 に い う 柿 本 若 子 は 人 麻 呂 を さ し 、 奈 良 朝 後 期 に は こ の 歌 を 人 麻 呂 の 作 品 と す る 伝 誦 が あ っ た こ と が 知 ら れ る 。 一 0 八 八 ( 鳴 来 鳴 き し な へ に ー ナ へ ニ ↓ 幻 る な へ に ) 。 〇 韓 衣 ー 地 名 竜 田 の タ ツ に か か る 枕 詞 。 韓 衣 は 大 陸 風 の 衣 服 。 こ こ は 、 韓 衣 を 裁 つ 、 の 意 で か け た 。 〇 竜 田 の 山 ↓ 一 ズ 一 ( 竜 田 山 ) 。 聞 く な へ に ー ナ へ ・ ナ へ ニ で か か り 先 が こ の よ う に 未 来 推 量 の 例 は 少 な い 。 〇 春 日 の 山 ↓ 一 0 七 四 ( 春 日 山 ) 。 % 真 木 ↓ 一 一 当 。 〇 争 ひ か ね て ー 争 フ ↓ 幻 一 一 一 0 一 一 ( 白 露 に 争 ふ 萩 ) 。 こ こ は 時 雨 が 落 葉 樹 の み な ら ず 杉 ・ 檜 な ど の 常 緑 樹 を も 色 づ か せ よ う と す る の に 対 し て 、 逆 ら っ た が 抵 抗 し き れ ず 真 木 も 赤 み を 帯 び た と み て い う 。 冬 の 間 、 杉 や 檜 も 水 分 が 欠 乏 し 、 葉 が 赤 褐 色 に 変 ず る こ と に 着 目 し て い る 点 に 、 万 葉 人 の 自 然 観 察 の 鋭 さ が う か が わ れ る 。 み づ く き 秋 風 の 日 に 異 に 吹 け ば 水 茎 の 岡 の 木 の 葉 も 色 付 き に け り ひ け ふ を か こ あ ら そ い ろ づ

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


う へ 5 峰 の 上 に 降 り 置 け る 雪 し 風 の む た こ こ に 散 る ら し 春 に は 十 あ れ ど も 巻 1835 か す み 風 交 じ り 雪 は 降 り つ つ し か す が に 霞 た な び き 春 さ り に け り 1837 を い ま さ ら 今 更 に 雪 降 ら め や も か ぎ ろ ひ の 燃 ゆ る 春 へ と な り に し も 禁 止 や 打 消 ・ 反 語 な ど の 内 容 に か か る 時 は 順 接 の そ れ と 解 す る こ と も 可 能 。 こ こ も そ の 一 例 。 の を % 風 交 じ り ー 原 文 に 「 風 交 」 と あ り ( 一 四 四 1 五 ・ 四 一 六 0 も 同 じ ) 、 兊 一 一 の 「 風 雑 」 と 共 に 、 中 古 の 歌 集 に 見 え る 「 風 ま ぜ に 」 と 合 せ て 風 マ ジ へ と 読 む こ と も 可 能 引 山 の 際 ー 原 文 に 「 山 際 」 と あ り 、 そ の 「 際 」 に は 、 あ い だ ・ ほ と り ・ 境 界 の 意 味 が あ っ て 、 国 語 ヤ マ ノ マ に も そ れ ら に 相 当 す る 用 法 の 違 い が 認 め ら れ る 。 こ の 「 際 」 は 、 あ い だ 、 の 意 。 〇 雪 降 り し き ぬ ↓ 一 八 三 四 ( 降 り し き り つ つ ) 。 山 の 際 に う ぐ ひ す 鳴 き て う ち な び く 春 と 思 へ ど 雪 降 り し 峰 の 上 ー 尾 根 。 『 日 葡 辞 書 』 に 「 vo- 1 noye 詩 歌 語 。 一 層 高 い 山 へ と 次 第 に 連 な っ て い る 小 山 や 山 並 み の 稜 線 、 す き ぬ な わ ち 、 背 の 所 」 と あ る 。 〇 風 の む た ー : ノ ム タ は 、 、 と 共 に 、 の 意 。 か ざ ば な ◆ 山 麓 な ど に 居 て 、 風 花 が 舞 い 降 り て 来 る の を 見 て 詠 ん だ も の か 。 に い は り や さ と 一 茨 城 県 の 筑 波 郡 筑 波 町 ・ 新 治 郡 八 郷 ま か ・ ヘ 町 ・ 真 壁 郡 真 壁 町 に ま た が る 山 。 山 頂 は 男 体 ・ 女 体 の 二 つ に 分 れ 、 そ れ ぞ れ 標 高 八 七 〇 、 八 七 六 で 、 関 東 平 野 を 一 望 に 収 め る 名 山 。 『 常 陸 風 土 記 』 や 『 万 葉 集 』 の 中 に 、 登 っ て 国 見 を し 、 ま た 遊 び 楽 し む 山 と し て 記 載 さ れ て い る 。 ま つ く は や ま 右 の 一 首 、 筑 波 山 に し て 作 る 。

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


け ぶ り よ が 記 さ れ て い る 。 こ の 歌 も 同 じ よ う な 情 煙 を 詠 む 景 を 詠 ん だ も の で あ ろ う 。 以 上 で ズ 一 九 以 を と め か す が の 春 日 野 に 煙 立 つ 見 ゅ 娘 子 ら し 春 野 の う は ぎ 摘 み て 煮 ら 下 の 「 何 を 詠 む 」 と い う 類 題 の 歌 は 終 る 。 一 0 八 左 注 に 、 村 里 の 男 女 が 集 っ て 歌 垣 ( ↓ 一 九 題 詞 ) を 催 し た こ と を 「 野 遊 」 と し も 記 し て い る 。 以 下 四 首 の う ち の 一 部 は そ の よ う な 習 俗 に よ る 遊 楽 の 際 に 歌 わ れ た も の と も 考 え ら れ る 。 浅 茅 ー 丈 の 低 い ち が や 。 0 思 ふ ど ち 野 遊 1 ↓ 一 堯 一 。 0 遊 ぶ 今 日 の 日 ー こ の ア ソ プ は 、 う ち く つ ろ い で 宴 楽 す る こ と を い あ さ ぢ け ふ 春 日 野 の 浅 茅 が 上 に 思 ふ ど ち 遊 ぶ 今 日 の 日 忘 ら え め や も う か 。 我 は 相 見 む ー 見 ル の 目 的 格 は 春 日 野 。 0 い や 年 の は に ー イ ヤ は 、 い よ い よ 、 一 会 七 。 重 ね て 。 年 ノ ハ ニ ↓ ゅ か へ わ れ あ ひ み は る か す み 2 心 延 べ む と ー 気 分 を く つ ろ が せ よ う 春 霞 立 っ 春 日 野 を 行 き 帰 り 我 は 相 見 む い や 年 の は に 1 と 。 〇 暮 れ ず も あ ら ぬ か ー ヌ 力 は 希 暇 あ れ や ー ア レ ヤ は 疑 問 条 件 。 ア レ の け ふ ・ ハ ヤ に 同 じ 。 当 時 の 京 官 は 一 般 に 六 四 春 の 野 に 心 延 べ む と 思 ふ ど ち 来 し 今 日 の 日 は 暮 れ ず も あ 日 に 一 日 の 割 で 休 日 が あ り 、 ま た 早 朝 に 出 勤 し て 正 午 ご ろ に 退 庁 す る 規 則 で あ っ 十 ら ぬ か た 。 〇 こ こ に 集 へ る ー ッ ド フ は 、 一 つ の 巻 も の を 中 心 と し て 寄 り 合 う 意 。 神 楽 歌 に さ か 物 、 ば 「 榊 葉 の 香 を か ぐ は し み 求 め 来 れ ば 八 十 ま と ゐ 氏 人 ぞ 円 居 せ り け る 」 と あ る の は 、 円 陣 お み や ひ と も も し き の 大 宮 人 は 暇 あ れ や 梅 を か ざ し て こ こ に 集 ( る を 作 。 て い る こ と を 示 す か 。 や い う う へ い と ま こ は る の つ ど 求 。 1881

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


〈 ま た 「 片 思 い で あ っ て 」 〉 引 頬 の 赤 い あ の 娘 を 思 っ て 霞 の 立 っ 春 の 日 も 暗 い ほ ど に 恋 い 焦 れ る こ と よ 集 ( た ま き は る ) わ た し の 山 の 上 に 立 っ 霞 立 つ も す わ る も あ な た の お っ し ゃ 葉 る と お り 萬 見 渡 す と 春 日 の 野 辺 に 立 っ 霞 の よ う に い つ も 見 て い た い 君 の お 姿 よ き よ う 恋 し く 思 い な が ら も 今 日 は と も か く 暮 し た 霞 の 立 っ 明 日 の 春 日 を ど う 暮 そ う か 雨 に 寄 せ る は る び 〇 「 片 思 に し て 」 ー 第 五 句 の 異 伝 。 さ に つ ら ふ ー 赤 み を 帯 び た 、 の 意 か 。 「 に つ ら ふ 妹 」 ( 一 九 会 ) と い う 例 も あ る 。 サ は 接 頭 語 、 ニ は 丹 で あ ろ う が 、 ツ ラ フ の 語 性 不 明 。 〇 妹 を 思 ふ と ー こ の ト は 、 「 神 さ ぶ と 否 に は あ ら ず 」 ( 一 六 一 一 I) 、 「 妻 を 求 む と う ぐ ひ す の 」 ( 一 全 六 ) な ど の 、 目 的 ・ 意 図 を 表 し 、 ロ 語 の 、 、 と て 、 、 と し て 、 の 意 の そ れ で あ る が 、 こ こ は 原 因 を 表 す 。 「 君 を 思 ふ と 夜 眠 も 寝 な く に 」 ( 八 三 あ げ ま き わ さ だ l) や 、 神 楽 歌 「 総 角 」 の 「 総 角 を 早 稲 田 に 1911 よ い