検索 - みる会図書館

検索対象: 本の雑誌 2016年12月号

本の雑誌 2016年12月号から 136件ヒットしました。

本の雑誌 2016年12月号


た 日 々 。 そ の 敗 残 の 将 に 寄 り 添 う 女 お 里 の き け る も の で は ご ざ い ま す ま い 5 男 が か も し れ な い 。 だ が 愚 か で は な い 青 春 な ど う つ わ 一 一 = ロ 葉 が い い 。 籠 を 飛 び 出 せ と い う お 里 に 牢 ご 自 分 の も っ て う ま れ た お 才 能 を 、 天 に む ど こ に あ る の か 。 そ の 愚 か さ を 生 き る 無 謀 人 盛 親 は 、 天 下 で も 狙 え と い う の か と 自 虐 か っ て 試 し て み る こ と で は ご ざ い ま せ ぬ か 」 が 胸 を う つ 。 地 味 で は あ る が 読 ま せ る 。 傑 た た か い す る の だ が 、 お 里 は 首 を 振 る の だ 。 そ の 言 葉 で 盛 親 は い ま 一 度 の 青 春 に 生 き 作 で あ る 。 「 男 の 天 と は 、 そ の よ う に 、 目 で 見 、 耳 で る べ く 大 坂 夏 ノ 陣 に う っ て 出 る 。 愚 か な の こ の 盛 親 の 父 親 、 長 曾 我 部 一 兀 親 を 主 人 公 と し た の が 『 夏 草 の 賦 』 ( 文 春 文 庫 ) だ 武 州 石 田 村 の ( ハ ラ ガ キ の ト シ 〃 は 新 選 組 を 作 り あ 新 潮 文 庫 燃 え よ 剣 文 藝 春 秋 読 め ば 父 一 兀 親 も 大 い に 無 謀 だ 。 四 国 の 田 舎 げ 、 思 い も 及 ば ぬ 波 紋 を 日 本 の 歴 史 に 投 じ て ゆ く 侍 で あ り な が ら 、 信 長 に 牙 を む く 無 謀 。 青 幕 末 維 新 史 上 の 奇 蹟 、 坂 本 竜 馬 の 劇 的 な 生 涯 を 中 心 文 春 文 庫 に 、 同 じ 時 代 を ひ た む き に 生 き た 若 者 た ち を 描 く 竜 馬 が ゆ く 春 の 野 望 が 潰 え た 一 兀 親 の 一 一 = ロ 葉 が 、 息 子 盛 親 の 最 期 に 重 な る 。 父 、 元 親 が つ ぶ や く 。 攘 夷 か 開 国 か 、 勤 王 か 佐 幕 か 。 倒 幕 の 主 動 力 と な っ 文 春 文 庫 世 に 棲 む 日 日 た 長 州 藩 に は 吉 田 松 陰 と 後 継 者 た る 高 杉 晋 作 が い た 「 男 は 、 夢 が あ る う ち が 花 だ な 」 江 戸 末 期 最 強 の 剣 豪 と い わ れ 、 北 辰 一 刀 流 を 開 い た 講 談 社 文 庫 『 戦 雲 の 夢 』 と 合 わ せ て 読 み た い 。 角 川 文 庫 北 斗 の 人 千 葉 周 作 。 そ の 修 行 、 戦 い 、 心 理 を 克 明 に 描 く 青 春 譜 作 司 馬 遼 太 郎 の 短 編 は 、 正 直 そ の 長 編 ほ ど 織 田 信 長 の 岐 阜 城 下 に 、 紀 州 雑 賀 衆 の 若 き 頭 目 雑 賀 講 談 社 文 庫 に は 魅 力 が な い 。 し か し そ れ で も 、 土 佐 の の 尻 啖 え 孫 市 孫 市 が 姿 を 現 し た 。 戦 国 快 男 児 の 痛 快 長 編 角 川 文 庫 鯨 公 山 内 容 堂 を 描 い た 表 題 作 が 印 象 的 な 一 族 を 惨 殺 さ れ 秀 吉 暗 殺 を 狙 う 葛 籠 重 蔵 と 、 伊 賀 を 新 潮 文 庫 『 酔 っ て 候 』 ( 文 春 文 庫 ) は 、 青 春 を つ い に 遼 梟 の 城 売 り 仕 官 し た 風 間 五 平 。 二 人 の 伊 賀 者 の 生 き ざ ま 理 解 で き ず 生 き る こ と が で き な か っ た 幕 末 司 土 佐 二 十 二 万 石 の 領 主 ・ 長 曾 我 部 盛 親 は 、 再 起 へ の 講 談 社 文 庫 大 名 た ち の 悲 運 と 愚 か さ を 描 い て 残 っ た 〈 戦 雲 の 夢 野 望 を か け 大 坂 夏 ノ 陣 に 立 ち 上 が っ た が : し 、 短 編 集 『 人 斬 り 以 蔵 』 ( 新 潮 文 庫 ) に 片 田 舎 の 領 主 か ら 武 力 調 略 で 土 佐 一 国 を 制 し た 長 曾 文 春 文 庫 収 め ら れ た 、 青 春 の 殺 人 者 岡 田 以 蔵 の 無 残 夏 草 の 賦 我 部 元 親 は 四 国 を 征 服 し 、 京 へ と 野 望 を 燃 や す な 生 涯 を 描 い た 一 編 も ま た 、 み ご と な ま で 土 佐 の 山 内 容 堂 、 薩 摩 の 島 津 久 光 、 伊 予 宇 和 島 の 伊 酔 っ て 候 文 春 文 庫 の 青 春 小 説 だ っ た 。 達 宗 城 、 肥 前 の 鍋 島 閑 叟 。 四 人 の 幕 末 大 名 の 短 編 集 そ う な の だ 。 司 馬 遼 太 郎 は 青 春 小 説 作 家 自 己 流 の 暗 殺 剣 法 を 編 み 出 し 、 盲 目 的 な 殺 し 屋 と し 新 潮 文 庫 人 斬 り 以 蔵 て 幕 末 の 世 を 震 え あ が ら せ た 岡 田 以 蔵 の 数 奇 な 生 涯 で あ る 。 そ し て ど れ も 悔 し い ほ ど に 面 白 い す べ て 電 子 版 あ り 131

本の雑誌 2016年12月号


こ と だ 。 愚 直 な ま で に " 青 春 〃 を 生 き 、 " 青 春 ″ の ま ま に 死 ん だ 男 た ち で あ る 。 あ る い は ″ 青 春 〃 を 追 い 続 け た 男 た ち で あ り 、 老 い を 拒 否 し た 男 た ち で あ る 。 も し も 歴 史 に 名 を 残 さ な け れ ば 、 老 成 し た 男 た ち か ら は " 青 春 。 を 追 0 続 け た 男 た ち 第 Ⅱ 黒 田 信 一 ・ 司 馬 遼 太 郎 の 浦 冊 バ カ 者 が と 吐 き 捨 て ら れ 、 女 た ち か ら は コ 、 」 ・ 」 . 」 鼻 一 」 夭 .. わ 、 れ 一 」 . ・ め 一 つ 一 - っ ・ . 男 に っ 一 に 0 培 っ て き た 歴 史 観 を 縦 横 に 語 っ て ロ ン グ し か し 司 馬 遼 太 郎 作 品 の 素 晴 し さ は 、 地 け っ し て 美 し く は な い 。 美 し く は な い セ ラ ー と な っ て い る 歴 史 ェ ッ セ イ 『 こ の 国 の 言 葉 で 語 ら れ る 、 そ の 歴 史 観 に あ る の で が 、 自 由 だ 。 自 分 を 由 と し た 男 た ち だ 。 青 の か た ち 』 ( 文 春 文 庫 ) や 『 街 道 を ゆ く 』 ( 朝 は な い ( そ れ は そ れ で 興 味 深 く も あ る の だ 春 で あ る 。 そ う 。 司 馬 遼 太 郎 作 品 は 、 す べ 日 文 庫 ) な ど を 読 む と 、 司 馬 遼 太 郎 と い う が ) 。 歴 史 上 の 人 物 た ち が 織 り な す 波 乱 の て が 男 の た め の 青 春 小 説 な の で あ る 。 作 家 が か っ て 新 聞 記 者 で あ っ た と い う こ と 人 生 模 様 を 、 飽 か せ る こ と な く 読 み 切 ら せ た と え ば 新 選 組 の 土 方 歳 三 を 主 人 公 と し が よ く わ か る 。 と に か く こ の 国 民 的 作 家 は て し ま う 抜 群 の エ ン タ ー テ ィ ン メ ン ト 性 に た 傑 作 『 燃 え よ 剣 』 ( 新 潮 文 庫 他 ) に は 次 歴 史 観 を 語 り た い ヒ ト な の だ 。 い や 。 語 り こ そ あ る の だ 。 司 馬 遼 太 郎 と い う 作 家 の 本 の よ う な 一 節 が 出 て く る 。 新 選 組 の 先 行 き た い と い う よ り も 、 解 説 し た い ヒ ト と い う 領 で あ る 。 だ か ら ど の 作 品 も 悔 し い ほ ど に を 不 安 視 す る 沖 田 総 司 に 向 か っ て 土 方 が 諭 べ き か 面 白 い 。 飽 き さ せ な い 。 楽 し ま せ て く れ す 一 節 だ 。 数 あ る 小 説 の な か で も そ の 解 説 癖 は 止 ま る 。 さ ら に 長 編 で あ れ ば あ る ほ ど 面 白 く な 「 ど う な る 、 と は 漢 の 思 案 で は な い 。 婦 女 ら ず 、 軽 快 に 進 ん で い る は ず の 物 語 を 突 如 る と い う 日 本 人 に は 稀 有 な 作 家 で も あ る 。 子 の い う こ と だ 。 お と こ と は 、 ど う す る 、 中 断 し て 地 の 言 葉 を 挟 み 込 み 、 背 景 の 時 代 も う 一 つ の 特 徴 が あ る 。 歴 史 小 説 家 と い と い う こ と 以 外 に 思 案 は な い ぞ 」 分 析 や 取 材 体 験 を 語 り だ す の で あ る 。 元 新 う 肩 書 で だ ま さ れ や す い が 、 ま た 史 観 を 語 現 代 の 婦 女 子 の ま え で は け っ し て 口 に で 聞 記 者 の 癖 で あ る 。 司 馬 史 観 な る コ ト パ が り た が る 癖 か ら 勘 違 い さ れ や す い の だ が 、 き な い 一 一 一 一 口 葉 だ ろ う 。 女 性 蔑 視 だ と 叩 か れ る 生 ま れ る ワ ケ で あ る 。 そ こ に 読 者 は 踊 ら さ 司 馬 遼 太 郎 が 作 品 で 描 き 出 し て い る の は 歴 だ ろ う 。 で は 武 士 を 主 人 公 と し た 時 代 小 説 れ て 、 司 馬 遼 太 郎 を 作 家 と い う よ り も 歴 史 史 で も 事 件 で も な く 、 ど の 作 品 に あ っ て も だ か ら 成 り 立 つ の か そ う で は あ る ま い 家 と み な し て し ま う の だ 。 一 貫 し て 、 男 た ち の ″ 青 春 〃 で あ る と い う こ う あ り た い と 思 い 続 け 貫 き 通 し た 青 春 の 読 み 物 作 家 ガ イ ド ミ 、 お と こ

本の雑誌 2016年12月号


男 土 方 歳 三 が ロ に す る か ら こ そ 、 言 葉 が 立 の う し ろ 姿 が 、 ペ ー ジ の 奥 か ら 浮 き 上 が っ え る 騒 々 し い 青 春 が 魅 力 爆 発 の 長 編 だ 幕 ち 上 が り 、 物 語 と し て 成 り 立 つ の だ 。 て く る 。 日 本 を 洗 濯 す る と 吹 い た 大 法 螺 府 を 蹴 飛 ば し 世 界 と 渡 り あ う 長 州 を 画 策 し 司 馬 遼 太 郎 は さ ら に 土 方 に 語 ら せ る を 、 ま っ す ぐ に な っ て 実 現 し よ う と し た 爽 た お の れ の 革 命 行 動 を 、 人 生 の ど ん ち ゃ ん 「 こ こ へ 来 て か ら 、 一 日 す ぎ る と 、 そ の 一 快 さ に 元 気 を も ら え る 。 熱 く な る 。 た と え 騒 ぎ と う そ ぶ き 笑 っ た 若 者 。 そ の 革 命 が 大 日 を 忘 れ る よ う に し て い る 。 過 去 は も う 私 老 い て も 、 青 春 を 生 き 続 け る 男 で あ り た い 権 力 に よ っ て つ ぶ さ れ 、 仲 間 た ち が 蒼 白 に に と っ て 何 の 意 味 も な い 」 と 思 わ せ て く れ る 大 傑 作 。 こ れ ぞ 青 春 小 な り 腰 を ぬ か し 逃 げ 出 す な か に あ っ て も 、 み ご と な ま で に ハ ー ド ボ イ ル ド で は あ る 説 。 全 八 巻 の 大 長 編 で は あ る が 、 一 気 読 み い っ さ い 絶 望 は し な い 、 そ れ が 信 条 と い し が 、 他 者 か ら み る と 独 善 で あ る 。 滑 稽 で す は 必 至 だ 。 続 け 走 り 続 け た 若 者 で あ る 。 片 手 に は 恋 。 ら あ る 。 し か し そ の 独 善 と 滑 稽 さ を 生 き 抜 吉 田 松 陰 と そ の 弟 子 高 杉 晋 作 を 描 い た 片 手 に は 三 味 線 。 ま る で 革 命 と い う ミ ュ ー く カ こ そ が 青 春 で は あ る ま い か 。 そ ん な 青 ジ カ ル を 演 じ る 舞 台 俳 優 か 。 司 馬 遼 太 郎 春 を 抱 え 込 ん だ ま ま 箱 館 戦 争 の 彼 方 に 消 え は 、 そ の 疾 走 の 青 春 を 魅 力 た つ ぶ り に 物 語 っ て ゆ く 。 た 歳 三 の 思 い の 力 を 、 司 馬 遼 太 郎 は 千 両 役 者 に あ こ が れ る 町 娘 の よ う な ま な ざ し を も 高 杉 晋 作 が 肺 結 核 を 病 み 命 の 灯 を 消 し た っ て 描 き 出 す 。 泣 く 。 泣 け る の は 二 十 七 歳 の 時 だ っ た と い う 。 辞 世 の 句 が 残 さ れ た 。 土 方 歳 三 の 新 選 組 に 敵 対 し て い た 若 者 た ち も ま た 、 青 春 の 独 善 と 滑 稽 を 抱 え 込 ん で 『 世 に 棲 む 日 日 』 ( 文 春 文 庫 ) も 外 せ な い 時 代 を 生 き た 男 た ち だ っ た 。 司 馬 遼 太 郎 は 司 馬 遼 幕 末 三 大 青 春 小 説 と わ た し が 勝 手 に お も し ろ き こ と も な き 世 を お も し ろ く か れ ら 幕 末 の 青 春 者 た ち を 、 土 方 を 描 い た 命 名 し た う ち の 一 冊 で あ る 。 幕 末 の 攘 夷 を よ う に 、 泥 臭 い ま で の 青 春 物 語 に 仕 立 て 上 叫 ぶ 志 士 た ち に 大 き な 影 響 を 与 え た 若 き 思 げ て ゆ く 。 『 竜 馬 が ゆ く 』 ( 文 春 文 庫 ) 。 永 想 家 吉 田 松 陰 と 、 女 と 戯 れ 三 味 線 を 手 に 唄 幕 末 江 戸 に 三 大 道 場 と 称 さ れ た 剣 道 場 が 遠 の 若 者 で あ り 底 抜 け に 前 向 き な 坂 本 龍 馬 い 踊 り な が ら 幕 府 転 覆 を 企 て た 革 命 家 高 杉 あ っ た と い う 。 千 葉 、 桃 井 、 斎 藤 の 三 道 場 。 晋 作 の 物 語 。 人 を 疑 う こ と を 知 ら な い 無 垢 な か で も 千 葉 道 場 は 、 坂 本 龍 馬 、 高 杉 晋 作 像 を 日 本 人 に 決 定 づ け た 名 作 で あ る 。 い な ど 、 有 名 無 名 の 各 藩 志 士 た ち が 集 い 学 ん 「 い そ が に や ア 、 な ら ん ぜ よ 、 い そ が に や 」 の 思 想 家 吉 田 松 陰 の 潔 白 な 青 春 も 美 し と 唄 う よ う に い い な が ら 走 り ぬ け る 龍 馬 が 、 な ん と い っ て も 高 杉 晋 作 の 狂 躁 と も 思 だ 剣 道 場 と し て っ と に 有 名 だ 。 『 北 斗 の 人 』 馬 遼 太 郎 燃 え よ 剣 一 デ ザ イ ン ・ 新 潮 社 装 幀 室 129

本の雑誌 2016年12月号


( 角 川 文 庫 他 ) は 、 そ の 千 葉 道 場 を 創 立 し を 突 き つ け る 小 気 味 よ さ 。 木 下 藤 吉 郎 秀 吉 者 に は け っ し て 寄 り 添 わ ぬ と し た 伊 賀 忍 者 興 し た 剣 豪 千 葉 周 作 の 青 春 譜 だ 。 剣 術 か ら と の 奇 妙 な 友 情 。 信 長 の 姫 君 に 対 す る 一 途 の 掟 を 青 春 時 代 に 叩 き 込 ま れ 、 そ の 青 春 を 精 神 論 を 廃 し 、 勝 っ こ と に 理 を 求 め た 剣 豪 な 思 い 。 権 謀 術 策 う ず ま く 戦 国 に あ っ て 、 頑 な に 守 り 続 け て い る 男 な の で あ る 。 だ か の 武 者 修 行 の 日 々 。 ど こ ま で も 爽 や か で あ り ん と 立 ち 上 が っ た 若 者 の 姿 が 頼 も し い ら 権 力 に 添 っ て 生 き る の が 時 代 だ と 説 く 若 る 。 き ん と 澄 み 渡 っ た 冬 の 青 空 の よ う な 青 も ち ろ ん 孫 市 率 い る 雑 賀 鉄 砲 衆 の 活 躍 も 読 い 伊 賀 者 の 達 観 し た 言 葉 が 聞 こ え な い 。 頑 春 小 説 。 エ ン タ ー テ ィ ン メ ン ト 小 説 と し て 固 な の で は な い 。 歳 を 重 ね て も 伊 賀 の 青 春 も 上 出 来 で あ る 。 元 新 聞 記 者 の 解 説 癖 が 極 を 生 き て い る ま ま な の だ 。 カ 抑 え ら れ て い る の も よ い 忍 者 同 士 の 暗 く 壮 絶 な 戦 い が 読 む 者 の 度 司 馬 遼 太 郎 が 持 っ エ ン タ ー テ ィ ン メ ン ト 肝 を ぬ く 。 血 が 飛 び 散 り 、 腕 が 飛 び 、 足 が 性 を た つ ぶ り と 味 わ う こ と が で き る 作 品 と 折 れ 、 首 が 刎 ね ら れ る 。 女 は 術 の た め の 道 く ら い え ば 、 な ん と い っ て も 『 尻 啖 え 孫 市 』 ( 講 具 で あ り 、 く ノ 一 も ま た 男 の 忍 び を 助 け る 雪 談 社 文 庫 他 ) だ ろ う 。 無 敵 を 謳 わ れ た 信 長 た め の 道 具 で し か な い 。 だ か ら 女 も 闘 う 。 深 藤 の 軍 勢 に 立 ち 向 か い 、 ひ と 泡 ど こ ろ か 肝 を 短 く 淡 々 と 事 実 を 重 ね て ゆ く 一 兀 新 聞 記 者 斎 冷 や さ せ 震 撼 さ せ た 紀 州 雑 賀 鉄 砲 衆 の 若 き ら し い 文 章 が 、 こ こ で は 生 き る 。 乾 い て い 丁 長 、 雑 賀 孫 市 の 痛 快 な 戦 国 人 生 を 描 い た 娯 装 な が ら 暗 い 。 そ れ で い な が ら 読 ま せ る 。 完 草 当 楽 時 代 小 説 だ 。 天 才 的 な 鉄 砲 術 を 持 ち 底 抜 璧 非 情 な ハ ー ド ボ イ ル ド 小 説 で あ る 。 司 馬 け に 明 る く て 傲 岸 不 遜 。 加 え て 無 類 の 女 好 み ご た え た つ ぶ り だ 。 遼 太 郎 と い う 作 家 の す ご さ を 思 い 知 ら さ れ き 。 そ ん な 若 者 が 恋 に 落 ち た の は 信 長 の 姫 雑 賀 孫 市 の 痛 快 な 青 春 の 対 極 を な す の る は ず だ 。 君 だ っ た と い う の だ か ら 、 話 が つ ま ら な く が 、 直 木 賞 受 賞 作 『 梟 の 城 』 ( 新 潮 文 庫 ) 戦 い に 生 き た 青 春 を 抜 け き れ な い ま ま 、 つ づ ら じ ゅ う ぞ う な る は ず が な い 。 司 馬 遼 の エ ン タ ー テ ィ ン に 登 場 す る 伊 賀 忍 者 の 葛 籠 重 蔵 だ 。 織 田 信 い ま 一 度 の 青 春 に か け た 男 を 描 い た の が メ ン ト カ が 全 開 満 開 す る 痛 快 青 春 時 代 小 説 長 に 一 族 を 殺 さ れ た 復 讐 を 果 た す べ く 、 そ 『 戦 雲 の 夢 』 ( 講 談 社 文 庫 ) 。 土 佐 一 一 十 万 石 で あ る 。 そ の 強 大 な 戦 力 ゆ え に 信 長 に 味 方 の 天 下 の 後 継 者 豊 臣 秀 吉 の 首 を 執 拗 に 狙 い の 大 領 を 治 め る 長 曾 我 部 盛 親 は 、 関 ヶ 原 の に な る こ と を 乞 わ れ な が ら も 、 人 を だ ま す 続 け る 中 年 忍 者 で あ る 。 そ う な の だ 。 主 人 戦 い で 大 坂 方 に 味 方 し 一 敗 地 に 塗 れ る 。 待 よ う な 乞 い 方 が 気 に 人 ら ぬ と 尻 を 向 け 銃 ロ 公 は 若 者 で は な い 。 し か し 葛 籠 重 蔵 、 権 力 ち 受 け て い た の は 敗 残 牢 人 と し て の 鬱 と し レ ジ ェ ン ド 亠 歴 史 時 ・ 代 小 、 一 戦 雲 2 梦 一 司 馬 遼 太 郎 CD ・ 多 田 和 博 ま み 130

本の雑誌 2016年12月号


出 版 社 年 号 ・ 西 暦 政 治 ・ 社 会 ・ 事 件 小 説 」 ~ 作 者 江 戸 時 代 に モ ス ラ が 出 て く る か い な 感 じ の 義 経 。 ら 。 ラ ン ポ ー が 出 て き て も い し 内 空 気 読 め な い ん で す よ ね 。 ニ 千 七 百 の 夏 と 冬 荻 原 浩 双 葉 社 15 0 0 0 ・ ゝ と 思 う ( 笑 ) 。 青 全 然 読 め な い 。 た だ 義 経 は 浜 ほ ん と に ? ( 笑 ) こ れ は な 平 安 な の で 、 鎌 倉 幕 府 を 開 い て 卑 弥 呼 狂 乱 、 、 . 、 つ ~ ) 安 西 篤 子 光 文 社 文 庫 以 降 は 意 外 と 少 な い ん で す よ 。 ん だ ろ う 。 歴 史 改 変 ? 鬼 道 の 女 王 卑 弥 呼 黒 岩 重 吾 文 春 文 庫 内 全 部 で す か ら ( 笑 ) 。 永 井 路 子 と 高 橋 克 彦 を 読 ん だ だ い や 、 名 言 で す ね 。 戻 り ま す け け で す っ か り わ か る 感 じ に な る 白 鳥 の 王 子 ャ ヌ ト タ ケ ル を シ リ 黒 岩 重 吾 角 川 書 店 ヤ マ ト タ ケ ル ど 、 『 天 平 の 甍 』 は 王 道 で す よ く ら い 。 鎌 倉 か ら 室 町 に 移 る あ ヤ マ ト 王 権 ・ ー ズ 大 和 朝 廷 ね 。 す ご く 安 心 感 が あ る 。 た り で 北 方 謙 三 が 三 、 四 冊 書 い 倭 建 新 ア ス カ = 田 誠 広 歴 史 群 像 新 書 ヤ マ ト タ ケ ル 伝 説 ③ 青 中 学 校 の と き に こ れ で 読 書 て る ん で す よ 。 そ の う ち の 二 冊 感 想 文 コ ン ク ー ル の 賞 を も ら つ を ピ ッ ク ア ッ プ し て み ま し た 。 厩 戸 皇 子 、 推 推 古 元 年 伽 那 安 部 龍 太 郎 文 藝 春 秋 古 天 皇 の 摂 政 姫 神 厩 戸 皇 子 た ん で す よ 。 思 い 出 の 一 冊 浜 鎌 倉 幕 府 の 将 軍 一 一 一 代 を 浅 倉 ( 593 ) と な る 大 化 2 年 内 源 平 も の 以 外 に 平 安 時 代 は 卓 弥 が 書 い て る ん だ 。 大 化 の 改 新 中 大 兄 皇 子 伝 ー 黒 岩 重 吾 講 談 社 文 庫 中 大 兄 皇 子 ( 646 ) 幻 冬 舎 時 代 ほ と ん ど な い ん で す よ ね 。 青 こ れ 、 と て も 面 白 か っ た ん 天 武 天 皇 元 年 持 統 天 皇 、 ~ 澤 田 瞳 子 壬 申 の 乱 日 輪 の 賦 ( 672 ) 小 説 文 庫 青 義 経 も の は 多 い ん で す よ 。 で す 。 連 作 短 編 の よ う な 感 じ な そ の 中 で あ え て 司 馬 遼 太 郎 の ん で す け ど 、 「 鎌 倉 時 代 と か 鬱 和 銅 3 年 氷 高 皇 女 平 城 京 に 遷 都 美 貌 の 女 帝 , 、 ~ 永 井 路 子 文 春 文 庫 『 義 経 』 を 人 れ た の は 、 判 官 び 陶 し い よ ね 、 よ く わ か ん な い し 」 東 大 寺 盧 舎 那 天 平 勝 宝 4 年 真 楯 ~ ~ 澤 田 瞳 子 光 文 社 仏 像 開 眼 供 与 楽 の 飯 い き じ ゃ な い 、 義 経 馬 鹿 だ よ ね っ て 人 が 読 む と 、 「 あ 、 そ う い ( 752 ) 養 会 っ て 話 な の で 。 政 治 的 な セ ン ス う 時 代 だ っ た ん だ 」 と 。 人 門 編 天 平 勝 宝 5 年 鑑 真 の 来 朝 天 平 の 甍 井 上 靖 新 潮 文 庫 遣 唐 使 普 照 が ま っ た く な く て 調 子 に 乗 っ ち み た い な 。 天 平 宝 字 8 年 藤 原 仲 麻 呂 の 天 平 の 女 帝 。 孝 孝 謙 称 徳 玉 岡 か お る 新 潮 社 謙 称 徳 や っ て 死 ん じ ゃ っ た み た い な 。 内 『 安 徳 天 皇 漂 海 記 』 は フ ァ ( 764 ) 乱 と に か く イ ラ ッ と す る ん で す 。 ン タ ジ ー で す よ ね 。 貞 観 元 年 清 和 天 皇 即 位 泥 ぞ っ も リ て 宮 木 あ や 子 文 藝 春 秋 ( 859 ) 「 せ つ か く 鎌 倉 幕 府 作 っ て る と 青 宇 月 原 晴 明 は 全 部 フ ァ ン タ 延 喜 年 安 倍 晴 明 生 誕 陰 陽 師 ~ 、 夢 枕 獏 文 藝 春 秋 こ ろ を 邪 魔 し な い で よ ! 」 み た ジ ー 。 で も 七 、 八 年 に 一 度 し か ( 921 ) 253 世 紀 邪 馬 台 国 3 世 紀 半 ば 5 縄 文 時 代 ( 新 石 器 時 代 ) 弥 生 時 代 古 墳 時 代 奈 良 時 代 飛 鳥 時 代 ( 710 ) ( 753 ) こ ひ 藤 原 高 子 安 倍 晴 明 主 人 公 卑 弥 呼 卑 弥 呼

本の雑誌 2016年12月号


淀 川 堤 防 が 決 内 記 録 に 残 ら な い 人 々 が 歴 史 す よ ね 、 名 古 屋 の 人 じ ゃ な き や 享 和 2 年 ハ ル キ 文 庫 澪 壊 関 東 で も み を つ く し 料 理 帖 髙 田 郁 を 動 か し て き た 、 と い う こ と で 書 け な い 。 各 地 で 洪 水 す ね 。 浜 そ う か 、 『 金 鯱 の 夢 』 は 歴 文 化 6 年 片 岡 直 人 半 席 青 山 文 平 新 潮 社 ( 1809 ) 光 文 社 時 代 浜 さ す が 、 し し ) こ と 言 い ま す 史 小 説 じ ゃ な い ん だ 。 だ も 天 保 5 年 水 野 忠 邦 が 老 半 七 半 七 捕 物 帳 第 岡 本 綺 堂 ( 1834 ) 中 と な る 小 説 文 庫 ね ( 笑 ) 。 『 最 悪 の 将 軍 』 と 言 わ ん ね 。 天 保 年 ジ ョ ン 万 次 郎 ) ノ ョ ン 、 ~ マ ン ~ - 。 山 本 一 カ 講 談 社 文 庫 ジ ョ ン 万 次 郎 れ て る 綱 吉 は 名 君 と も 言 わ れ て 青 は 人 れ ち ゃ 駄 目 で す よ ( 1843 ) ア メ リ カ 上 陸 ほ 、 つ 弘 化 2 年 鳥 居 耀 蔵 、 罷 宮 部 み ゆ き 新 潮 文 庫 孤 宿 の 人 ま す よ ね 。 ( 笑 ) 。 そ う い え ば 清 水 さ ん に は 加 賀 殿 ( 1845 ) 免 さ れ 配 流 ~ ( ( 京 極 夏 彦 角 川 文 庫 小 股 潜 り の 又 市 巷 説 百 物 語 内 評 価 が わ か れ て る 。 だ か ら そ の も の ず ば り 『 迂 の 幕 末 』 と 花 宵 道 中 宮 木 あ や 子 新 潮 文 庫 こ そ 朝 井 ま か て は 絶 対 的 に 人 れ い う 本 が あ り ま す ね 。 幕 末 の 新 選 組 浪 士 組 結 成 新 選 組 幕 末 の 青 嵐 木 内 昇 集 英 社 文 庫 / イ フ 〃 も の 。 大 好 き な ん で す 文 久 3 年 ( 1863 ) 「 新 選 組 」 を 沖 田 総 司 総 司 の 夢 小 松 エ メ ル 講 談 社 青 そ う で す ね 。 新 し い し テ ー よ 。 清 水 さ ん は 織 田 信 長 も 書 い 拝 命 慶 応 2 年 マ が あ る し 。 綱 吉 に 比 べ て 意 外 て る な 。 『 信 長 の 女 』 。 遊 撃 隊 結 成 幕 末 遊 撃 隊 - も 、 池 波 正 太 郎 集 英 社 文 庫 伊 庭 八 郎 と な か っ た の が 吉 宗 の 本 。 い ろ 浜 女 と い え ば 、 佐 藤 賢 一 『 女 慶 応 3 年 近 江 屋 事 件 で 人 魚 ノ 肉 木 下 昌 輝 文 藝 春 秋 坂 本 龍 馬 な ど ( 1867 ) 龍 馬 死 す ん な と こ に 出 て く る ん だ け ど 、 信 長 』 と い う 衝 撃 の 作 品 も あ る 慶 応 4 年 命 も い ら ず 名 も ( 江 戸 無 血 開 城 山 本 兼 一 集 英 社 文 庫 山 岡 鉄 舟 い ら ず 結 局 『 暴 れ ん 坊 将 軍 』 が す べ て し 、 信 長 は 花 村 萬 月 も 『 信 長 私 ( 1868 ) 明 治 元 年 小 学 館 西 村 常 太 郎 隠 岐 騒 動 狗 賓 童 子 の 島 こ ~ 飯 嶋 和 一 だ っ た り す る ( 笑 ) 。 そ う す る 記 』 を 書 い て る 。 こ れ は 一 人 称 ( 1868 ) 明 治 2 年 幕 末 の 剣 士 た ち 箱 館 戦 争 終 結 夫 東 亜 忍 法 帖 、 荒 山 徹 創 土 社 と 、 津 本 陽 『 大 わ ら ん じ の 男 で す よ 。 信 長 も い ま だ に そ う や ( 1869 ) 八 大 将 軍 徳 川 吉 宗 』 が 一 番 が っ っ て 新 し い 信 長 が 出 て き て る 。 ち り 書 い て る 。 対 極 に あ る の が 内 花 村 萬 月 は 松 永 久 秀 を 書 い 青 江 戸 は 人 れ て お き た い も の な ん て 死 ぬ ほ ど あ る じ ゃ な い で 清 水 義 範 の 『 尾 張 春 風 伝 』 。 大 た 『 弾 正 星 』 も い い で す よ 。 を 人 れ た ん で す 。 市 井 も の も 含 す か だ か ら 本 当 に 新 鮮 な 作 品 好 き な ん で す 。 こ の 中 に 出 て く 青 渋 い な 。 釜 と 一 緒 に 爆 死 し め て 、 宮 部 み ゆ き 、 京 極 夏 彦 、 を 人 れ よ う 、 『 燃 え よ 剣 』 は む る 吉 宗 は 超 嫌 な 奴 な ん で す よ 。 ち ゃ っ た 人 。 飯 島 和 一 、 木 内 昇 と 。 隠 岐 騒 動 し ろ い ら な い だ ろ う と 。 嫌 味 で ね ち っ こ く て 田 舎 者 で 。 浜 江 戸 時 代 は け っ こ う パ ラ エ な ん て 地 味 す ぎ だ け ど 、 無 理 や 内 で も 『 人 魚 ノ 肉 』 が 突 出 し 内 こ れ は 清 水 義 範 な ら で は で テ ィ に 富 ん で ま す よ ね 。 り で も 入 れ て お き た い 。 新 選 組 て ま す よ ね 。 ( 1802 ) ( 1866 )

本の雑誌 2016年12月号


か ら こ こ ま で 書 け れ ば 十 分 だ ろ で 帰 り は 船 と い う ケ ー ス だ っ 機 を 地 上 か ら 撮 っ た 中 国 広 州 写 装 丁 ・ 新 潮 社 装 幀 室 う 。 古 書 店 主 の 柳 川 漣 太 が 三 女 た 。 と こ ろ が 、 大 正 一 五 年 の ポ 真 も い い ( し か し こ の 写 真 を 撮 の 紬 に 次 の よ う に 言 う く だ り に ト ヴ ェ 大 尉 は 初 め て 往 復 飛 行 を つ た の は 誰 な ん だ ) 。 留 意 。 成 功 さ せ た の で あ る 。 本 書 は そ 橋 本 慎 一 ( 渡 辺 豪 編 ) 『 昭 和 「 本 物 か ど う か 、 重 要 で す か ? 」 の 空 の 冒 険 を 描 く ノ ン フ ィ ク シ ェ ロ 本 描 き 文 字 コ レ ク シ ョ ン 』 ま っ た く 、 う ま い 。 今 後 は 大 ョ ン だ 。 ( カ ス ト リ 出 版 一 八 〇 〇 円 ) に 人 向 け 小 説 に 専 念 す る の か 、 そ 写 真 が 幾 葉 も 挿 人 さ れ て い も 詳 し く 触 れ る 予 定 だ っ た が 、 れ と も ラ ノ ベ と 交 互 に 書 い て い て 、 そ れ を 見 る だ け で 興 味 が 尽 も う ス ペ ー ス が な く な っ て し ま く の か 、 そ れ は 皆 目 わ か ら な い き な い 。 当 時 の 飛 行 は 低 空 飛 行 っ た の で 書 名 だ け で も あ げ て お な ん と い っ て も 「 虹 色 ギ ャ ラ ン が 、 と に か く 要 注 目 だ で あ り 、 海 岸 線 や 橋 な ど を 目 視 き た い 。 六 〇 年 代 か ら 七 〇 年 代 ド ウ 」 の 造 形 が 素 晴 ら し い 。 彼 今 月 の 二 冊 目 は 、 長 島 要 一 し 、 そ れ ら を 地 図 と 対 照 し な が に か け て 、 実 話 雑 誌 の 紙 面 を 飾 女 は 、 高 校 一 一 年 生 な の に 小 学 生 『 大 正 十 五 年 の ヒ コ ー キ 野 郎 』 ら 飛 ん で い く の だ が 、 途 中 で 何 っ た 「 描 き 文 字 」 に つ い て の 本 に も 見 え る 短 驅 で 、 。 ハ ジ ャ マ み ( 原 書 房 一 一 八 〇 〇 円 ) 。 こ ち ら は 度 も 着 陸 し 、 部 品 を 交 換 し た り 、 で 、 そ の 時 代 に そ の 業 界 に い た た い な 。 ハ ウ ダ ー ピ ン ク の ジ ャ ー ジ の 上 下 に ス ウ ェ ッ ト の リ ュ ッ 「 デ ン マ ー ク 人 に よ る 飛 行 新 記 休 ん だ り す る ( 飛 行 機 か ら 離 れ 私 に は 、 ひ た す ら 懐 か し い 録 と ア ジ ア 見 聞 録 」 と 副 題 の っ て 油 断 し て い る と 部 品 を 盗 ま れ 本 書 に は 当 時 の 描 き 文 字 の 実 ク を 背 負 っ て コ ン ビ ニ に 現 れ い た ノ ン フ ィ ク シ ョ ン で あ る 。 た り す る か ら 大 変 だ ) 。 そ の た 物 も た く さ ん 掲 載 さ れ て い る る 。 こ れ が 凄 腕 の ハ ガ キ 職 人 で リ ン ド バ ー グ が プ ロ ペ ラ 機 で ニ び に 町 を 歩 い た り す る の で 写 真 が 、 よ く 残 っ て い た も の だ と 感 あ っ た り す る か ら 、 人 は 見 た 目 で は わ か ら な い か く て 、 ち ょ 、 い す る ュ ー ヨ ー ク か ら 。 ハ リ に 飛 ん だ の が 多 く 残 さ れ て い る 。 シ リ ア の ア レ ッ ポ 、 カ ト マ ン は 一 九 二 七 年 ( 昭 和 一 一 年 ) だ が 、 今 月 の ラ ス ト は 、 佐 藤 多 佳 子 っ と 変 わ っ た 青 春 小 説 が 始 ま っ そ の 前 年 、 ヨ ー ロ ツ 。 ハ と 東 京 を ズ な ど 、 当 時 の 中 東 、 ア ジ ア 各 『 明 る い 夜 に 出 か け て 』 ( 新 潮 社 て い く が 、 う ま い な ホ ン ト に 、 往 復 し た デ ン マ ー ク 人 が い た と 地 の 写 真 が 挿 人 さ れ て い る の 一 四 〇 〇 円 ) 。 深 夜 ラ ジ オ 小 説 佐 藤 多 佳 子 は 。 い つ も 読 後 に ほ い う 。 そ れ ま で も ヨ ー ロ ツ 。 、 、 で 、 遠 い 昔 に 案 内 さ れ る よ う な で あ り 、 コ ン ビ ニ 小 説 で あ り 、 ん わ か し た も の が 残 る こ と こ ア ジ ア 間 を 飛 行 し た 。 ハ イ ロ ッ ト 気 が す る の で あ る 。 草 原 に た た 金 沢 八 景 小 説 で あ り 、 そ し て も そ 、 こ の 作 家 の 特 質 だ が 、 今 回 も 例 外 で は な い 。 は 数 人 い た が 、 往 路 だ け 飛 行 機 ず む 人 々 の 姿 と 、 空 を 行 く 飛 行 ち ろ ん 群 を 抜 く 青 春 小 説 だ が 、 め っ た く た ガ イ ド 新 隻 物 多 佳 子 を

本の雑誌 2016年12月号


「 津 本 龍 馬 」 は 条 々 の 描 写 の う ま さ 、 そ こ れ て お り 、 こ れ か ら の 展 開 が 楽 し み で な ら 波 逆 巻 く 太 平 洋 で 潜 水 艦 チ ェ イ ス 、 桑 港 チ に 盛 り 込 ま れ た 情 報 量 の 多 さ に 圧 倒 さ れ な い ャ イ ナ タ ウ ン で の 幻 術 勝 負 、 列 車 強 盗 や テ る 。 春 先 の 浜 辺 を 歩 く 青 年 龍 馬 の 姿 に 、 名 作 『 吸 血 鬼 ハ ン タ ー ( 朝 日 文 庫 イ ラ ノ サ ウ ル ス や 体 長 一 五 メ ー ト ル の 大 蠍 「 傍 に 墓 地 が あ る : : : 土 佐 の 海 沿 い の 村 に ソ ノ ラ マ セ レ ク シ ョ ン ) で 有 名 な 菊 地 秀 行 と 戦 う 大 陸 横 断 行 、 そ し て 吸 血 鬼 ( ! ) を は 、 流 れ 仏 の 墓 が あ る 。 漁 民 た ち は 沖 で 漂 が 龍 馬 を 書 い て い る 、 と い っ た ら 驚 く 人 も 含 む 合 衆 国 司 法 省 の 特 別 捜 査 官 と の パ ト ル 流 屍 体 を 見 つ け る と 、 か な ら ず 拾 い あ げ て い る だ ろ う 。 し か し 、 が 好 き で ブ ッ 飛 な ど の 合 間 に 時 折 後 ろ 姿 を の ぞ か せ る 、 や き て 埋 葬 し た 」 の 一 文 が 添 う こ と で 、 冴 え ん だ 設 定 も な ん の そ の 、 と い う 猛 者 に は た ら 人 間 味 あ ふ れ る 龍 馬 と い う 構 成 は 他 の た 陽 ざ し の 下 、 龍 馬 の 心 に 忍 び 込 む 闇 を 描 『 ウ エ ス タ ン 武 芸 帳 』 シ リ ー ズ ( ソ ノ ラ マ 追 随 を 許 さ な い 。 き 出 す 。 手 練 れ の 筆 は 実 に 鮮 や か だ 。 た だ 文 庫 ) を お 勧 め し た い 。 「 異 西 部 の 剣 士 」 近 作 で は 五 十 嵐 貴 久 の 『 相 棒 』 し 、 厳 密 な 資 料 調 査 に 基 づ い て 語 ら れ る 近 「 ア リ ゾ ナ 剣 銃 風 」 「 無 法 街 決 闘 伝 」 の 三 冊 文 芸 文 庫 ) が 出 色 。 と き は 慶 応 三 年 一 〇 江 屋 事 件 の 顛 末 と 龍 馬 暗 殺 犯 を 推 定 す る 最 で 未 完 と な っ て い る の が 惜 し ま れ る が 、 科 月 、 京 都 一 一 条 城 を 出 た 将 軍 徳 川 慶 喜 の 駕 籠 終 部 は 抑 制 が 効 き す ぎ て 、 や や 好 み が 分 か 学 王 国 フ ラ ン ス の 援 助 を 受 け た 幕 府 軍 が 土 が 襲 撃 を 受 け る 。 老 中 板 倉 の 命 に よ り 、 暗 れ る か も し れ な い 佐 ・ 長 州 を 圧 倒 し 、 薩 摩 の 屈 服 も 目 前 と な 殺 未 遂 犯 を 追 う べ く 不 承 不 承 コ ン ビ を 組 ん 現 在 も 角 川 春 樹 事 務 所 の 誌 「 ラ ン テ っ た 「 も う 一 つ の 」 一 八 七 五 年 か ら 物 語 は だ 龍 馬 と 新 撰 組 副 長 ・ 土 方 歳 三 が 京 の 町 を イ エ 」 に 連 載 中 で 、 こ れ ま で 「 少 年 篇 」 と 始 ま る 。 桂 は 池 田 屋 で 亡 く な り 、 西 郷 は 鳥 ゆ く 。 立 場 を 違 え つ つ も 互 い に 一 目 置 き 合 「 土 佐 の 勇 」 の 二 冊 が 刊 行 さ れ て い る 「 山 羽 ・ 伏 見 の 戦 い で 重 傷 を 負 っ た 。 大 勢 は 決 う 二 人 の や り と り が 少 し ず つ 変 化 し て い く 本 龍 馬 」 は 、 龍 馬 と 中 岡 慎 太 郎 、 龍 馬 の 姉 し た に も か か わ ら ず 、 な お 幕 閣 の 懸 念 材 料 様 子 は 痛 快 だ 。 幕 末 の 政 局 に 翻 弄 さ れ る 土 乙 女 と 河 田 小 龍 の 人 生 を 交 錯 さ せ な が ら 物 と な っ て い る の が 、 切 腹 を 前 に し た 土 佐 藩 方 が た ど り 着 い た 将 軍 、 そ し て 龍 馬 暗 殺 の 語 が 進 む 。 短 い 文 章 で 歯 切 れ 良 く 交 わ さ れ 主 ・ 山 内 容 堂 が 「 龍 馬 あ る 限 り 、 陽 は 沈 ま 犯 人 と は : : : 。 後 年 、 箱 館 戦 争 の 激 戦 の 最 る 土 佐 弁 の 会 話 は 、 さ す が 高 知 出 身 の 作 家 ぬ 」 と 称 え 、 幕 軍 の 手 を 逃 れ て ア メ リ カ に 中 、 斎 藤 一 と 土 方 が 龍 馬 を 回 想 し 乾 杯 す る の 手 に な る も の だ 。 「 土 佐 の 勇 」 で は 、 ア 渡 ろ う と す る 坂 本 龍 馬 だ っ た 。 場 面 に は 思 わ ず 胸 が 熱 く な る 。 時 代 の 転 換 メ リ カ か ら 帰 国 し た 漂 流 漁 民 や 、 ジ ョ ン 万 実 は 本 作 の 主 人 公 は 酷 薄 な 剣 鬼 と し て 龍 期 を 駆 け 抜 け た 傑 物 に は 多 く の 物 語 が 寄 り 次 郎 と の 出 会 い に よ っ て 龍 馬 の 目 が 今 ま さ 馬 捕 縛 の 命 を 受 け た 新 撰 組 ・ 沖 田 総 司 で 、 添 う 。 「 司 馬 龍 馬 ー の み な ら ず 、 こ れ か ら に 世 界 に む か っ て 開 か れ て い く 過 程 が 描 か 龍 馬 は な か な か 登 場 し な い 。 そ れ で も 、 荒 も 新 た な 龍 馬 像 と 出 会 い た い も の だ 。

本の雑誌 2016年12月号


俺 は 、 誇 れ る の か 。 42 年 の 警 察 人 生 を 。 元 警 察 官 が 真 実 を 追 う 、 傑 作 ミ ス テ リ ー ! 柚 月 裕 子 ・ 本 体 1 , 600 円 じ ん ば 警 察 官 を 定 年 退 職 し た 神 場 は 、 妻 と お 遍 路 の 旅 に 出 た 。 そ の 途 中 、 16 年 前 に 自 ら も 捜 査 に 加 わ っ た 事 件 と 酷 似 し た 幼 女 殺 害 事 件 の 発 生 を 知 る 。 退 職 し た 身 で 現 在 の 事 件 を 追 い 始 め る が 子 供 の 部 活 な の に ・ ・ ・ 頑 張 る の は 、 親 ! ? 息 子 の 吹 奏 楽 部 の 活 動 に 巻 加 納 朋 子 き 込 ま れ た ワ ー キ ン グ マ ザ ー や る こ と ど っ さ り 、 人 間 関 係 も ・ 本 体 1 , 500 円 大 変 。 で も 、 子 供 の た め に 頑 く 好 評 既 刊 / 電 子 書 籍 版 も 配 信 中 〉 張 る の だ ! 少 年 少 女 の 青 春 を 七 人 の 敵 が い る 支 え る 親 た ち を 描 く 痛 快 小 説 。 集 英 社 文 庫 ・ 本 体 620 円 集 英 社 の 読 書 情 報 誌 青 春 と 読 圭 Ⅱ 「 リ ー チ 先 生 」 刊 行 原 田 マ / 、 定 期 購 読 の お 申 し 込 み は ・ く 著 者 イ ン タ ビ ュ ー 〉 ・ 集 英 社 読 者 購 読 係 く イ ン タ ビ ュ ー 〉 「 我 ら 荒 野 の 七 重 奏 ( セ プ テ ッ ト ) 」 刊 行 TEL 03-3262-7688 毎 月 20 日 発 売 加 納 朋 子 親 も 子 も 、 道 な き 道 を ( 平 日 9 : 30 ~ 1 2 : 00 / 1 3 : 00 ~ 17 : 00 ) FAX 03-3230-0242 歩 ん で 行 く 本 体 83 円 + 税 / 年 間 定 期 購 読 料 900 円 ( 税 込 ) E-maiI [email protected] 見 本 誌 を こ 希 望 の 方 は 「 青 春 と 読 書 」 の HP http://seidoku.shueisha.(0.jp か ら 、 ま た は 〒 1 01 -8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2-5-10 ( 株 ) 集 英 社 宣 伝 部 「 青 春 と 読 書 」 H 係 宛 に ハ ガ キ で お 申 し 込 み く た さ い 。 http://www.shueisha. CO. jp 〒 101-8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2-5-10 集 英 社 最 新 刊 ・ 発 売 中 ・ 表 示 価 格 は 本 体 価 格 で す 。 別 途 、 消 費 税 が 加 算 さ れ ま す 。 製 気 第 み セ 、 プ ラ リ ト 見 本 誌 贈 呈 重 奏 我 ら 荒 野 の

本の雑誌 2016年12月号


に な い 真 相 で 、 光 秀 が 「 こ の ま よ 。 孝 子 さ ん っ て い う 鷹 司 家 の 慶 長 5 年 関 ヶ 原 の 戦 い 決 戦 ! 関 ヶ 原 葉 室 麟 ほ か 講 談 社 徳 川 家 康 な ど ま だ と 私 が 謀 反 人 に な っ て し ま お 姫 様 の 弟 慶 長 8 年 江 戸 幕 府 が 開 日 本 経 済 新 う 」 っ て 叫 び な が ら 終 わ る の が 浜 あ あ 、 だ か ら 公 家 武 者 。 徳 川 家 康 天 下 家 康 伝 、 、 火 坂 雅 志 聞 出 版 社 ( 1603 ) か れ る ま た 面 白 い ん で す よ 内 実 在 の 人 を 想 定 し て る か ら 慶 長 年 小 幡 勘 兵 衛 大 坂 の 陣 城 塞 司 馬 遼 太 郎 新 潮 文 庫 ( 1614 ) 浜 「 決 戦 ! 」 シ リ ー ズ は す ば 人 気 が あ る ん で す よ ね 。 元 和 9 年 家 光 、 3 代 将 兵 衛 両 断 ・ 荒 山 徹 新 潮 文 庫 柳 生 十 兵 衛 ら し い 企 画 で す よ ね 。 ま あ 、 関 青 こ の 人 を 主 人 公 に 持 っ て き ( 1623 ) 軍 と な る 一 一 見 時 代 寛 永 元 年 鷹 司 孝 子 、 家 公 家 武 者 、 、 松 平 松 平 信 平 佐 々 木 裕 一 ヶ 原 こ そ い ろ ん な 人 が い ろ ん な た と こ ろ が 斬 新 だ っ た 。 公 家 っ 小 説 文 庫 ( 1624 ) 光 と 祝 一 一 = ロ 信 平 書 き 方 を し て る か ら 。 ま だ 出 て て 貧 し く て 大 変 じ ゃ な い で す 延 宝 8 年 綱 吉 、 5 代 将 徳 川 綱 吉 最 悪 の 将 軍 気 , ( 「 》 , 、 朝 井 ま か て 集 英 社 ( 1680 ) 軍 と な る き て ま す よ ね 、 新 説 関 ヶ 原 。 か 。 し か も お 家 を 継 ぐ ん じ ゃ な 大 老 の 堀 田 正 医 師 貞 享 元 年 俊 が 刺 殺 さ れ 表 御 番 医 師 診 療 上 田 秀 人 角 川 文 庫 矢 切 良 衛 青 家 康 の 本 も い つ ば い あ り ま か っ た ら 、 そ れ こ そ 武 士 の 冷 や ( 1684 ) る す け ど 、 先 日 お 亡 く な り に な っ 飯 だ っ て 酷 い の に 公 家 の 冷 や 飯 貞 享 2 年 渋 川 春 海 冲 方 丁 角 川 文 庫 貞 享 暦 に 改 暦 天 地 明 察 た の で あ え て 火 坂 雅 志 さ ん を 人 と き た ら 。 元 禄 年 赤 穂 事 件 四 十 七 人 の 刺 客 池 宮 彰 一 郎 角 川 文 庫 大 石 内 蔵 助 れ て み ま し た 。 で 、 大 坂 の 陣 は 内 も う 十 四 巻 ま で 出 て ま す 。 司 馬 遼 太 郎 で 王 道 に 。 幻 冬 舎 時 代 大 シ リ ー ズ で す よ 。 出 来 が い い 享 保 元 年 吉 宗 、 8 代 将 徳 川 吉 宗 大 わ ら ん じ の 男 ( 津 本 陽 小 説 文 庫 ( 1716 ) 軍 と な る 浜 王 道 の 次 が 荒 山 徹 ( 笑 ) 。 か ら 続 く ん で す よ ね 宗 春 、 尾 張 徳 享 保 朽 年 川 家 宗 家 を 相 尾 張 春 風 伝 、 清 水 義 範 幻 冬 舎 文 庫 徳 川 宗 春 青 ご め ん な さ い ( 笑 ) 。 こ れ 浜 「 み を つ く し 」 は 歴 史 小 説 が 歴 史 小 説 か と 言 わ れ る と 答 え な ん で す か 市 井 も の で し よ 。 宝 暦 年 / 後 桜 町 天 皇 即 飛 旗 数 馬 風 流 冷 飯 伝 、 ) , ( 、 ・ 、 ~ 米 村 圭 伍 新 潮 文 庫 位 の た め 改 元 づ ら い ん で す け ど 、 好 き で し ょ 青 市 井 も の だ け ど 、 時 代 が 明 ) 確 な ら い い か な と 。 捕 物 帳 も 時 天 明 7 年 家 斉 、 ⅱ 代 将 居 眠 り 磐 音 江 戸 坂 崎 磐 音 佐 伯 泰 英 双 葉 文 庫 代 を 明 確 に し て い る の が 多 い の 内 許 し ま し よ う ( 笑 ) 。 ( 1787 ) 軍 と な る 双 紙 浜 『 公 家 武 者 松 平 信 平 』 と で 、 武 家 の 時 代 が 終 わ っ て 明 治 天 明 7 年 風 野 真 知 雄 文 春 文 庫 根 岸 肥 前 守 寛 政 の 改 革 耳 袋 秘 帖 い 一 つ の - は ?. に 移 行 す る 狭 間 で 、 そ の 両 方 を 天 明 8 年 伊 藤 若 冲 天 明 の 大 火 若 冲 、 、 ~ 澤 田 瞳 子 文 藝 春 秋 青 文 庫 書 き 下 ろ し で す 。 こ の 描 い た 「 半 七 」 は 人 れ て も ) し し 寛 政 2 年 人 足 寄 場 建 設 鬼 平 犯 科 帳 、 ~ 一 池 波 正 太 郎 文 春 文 庫 長 谷 川 平 蔵 人 は 家 光 の 奥 さ ん の 弟 な ん で す ん じ ゃ な い か と 思 っ た わ け 。 ( 1600 ) ( 1685 ) ( 17 01 ) 江 戸 時 代 。 ・ 中 期 ( 1730 ) 江 戸 時 代 後 期 5 幕 末 ( 1787 ) ( 1788 ) ( 1790 ) 江 戸 時 代 前 期