検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 29 石川 達三 集

現代日本の文学 29 石川 達三 集から 446件ヒットしました。

現代日本の文学 29 石川 達三 集


げ て 走 っ て い た 。 こ の ト ン ネ ル の む こ う に は 、 も う 春 が あ ら よ う や く 見 ひ ら い て い る 竹 内 長 太 郎 の 眼 に 、 や が て 小 さ Ⅱ た た か く 開 け て い る は ず で あ っ た 。 長 い ト ン ネ ル は 、 冬 と く 。 ほ っ り と 、 ト ン ネ ル の 出 口 が 見 え た 。 そ れ は ま だ 小 さ な 春 と の 境 を な す 、 闇 で あ っ た 。 彼 等 は 歌 を や め て 、 じ っ と か す か な 目 標 に す ぎ な か っ た け れ ど も 、 日 光 の 明 る さ に 満 息 を ひ そ め て い た 。 卒 業 期 の 暗 い ト ン ネ ル の 中 で 、 彼 等 は ち て 、 き ら き ら と 輝 い て い る 春 で あ っ た 。 何 か を 模 索 し て い た の だ っ た 。 青 春 の 終 り を 感 じ 、 迷 う て い た 。 し か し こ の ト ン ネ ル を 抜 け た 向 う に は 、 梅 の 咲 い た 里 が あ る 。 吾 々 に も 新 し い 春 が あ ろ う で は な い か ! 彼 等 は 一 様 に そ れ を 感 じ て い た 。 あ る い は 、 今 迄 と は 違 っ た 春 で あ る か も 知 れ な い 。 今 日 ま で は 他 人 の 造 っ て く れ た 花 園 の 生 活 で あ っ た 。 エ テ ン の 園 で あ っ た 。 こ れ か ら は 額 に 汗 す し て 、 手 に 犂 と 種 と を 持 っ て 、 み ず か ら 花 園 を 造 り 住 ま な く て は な ら な い 。 そ れ も 夢 か も 知 れ な い 。 し か し こ の 夢 だ け は 失 い た く な か っ た 。 白 井 は 百 姓 を す る つ も り で あ っ た 。 し か し こ の 百 姓 は 、 花 園 を 造 っ て 、 そ こ に 住 む 日 を 夢 み て い た か も 知 れ な い 。 ト ン ネ ル の 闇 は ま だ 続 い て い た 。 け れ ど も も う 春 は 遠 く は な い 。 こ の 闇 の 中 に さ え も 近 づ い て 来 る 明 る い 春 の 気 配 が あ っ た 。 待 ち 切 れ な か っ た の で あ ろ う か 、 竹 内 長 太 郎 は 痛 む 足 を 浮 か し た ま ま 、 立 っ て 窓 を あ け 、 顔 を つ き 出 し た 。 「 出 口 が 見 え て ? ー と 恭 子 は 彼 の 背 に 手 を か け て 言 っ た 。 「 ま だ 見 え ん ね 」 闇 を 行 く 汽 車 の 中 に じ っ と 坐 っ た ま ま 、 み な は 息 を 殺 し て 待 っ て い た 。 い ら 立 た し く 、 息 苦 し か っ た 。 け れ ど も 、 も は や 雪 国 は 遠 く な っ て い た 。 そ し て 、 風 に さ か ら い な が

現代日本の文学 29 石川 達三 集


昭 和 三 十 四 年 七 月 、 「 人 間 の ー 〉 ( 壁 」 婦 人 読 者 の 集 ま り で ー 々 し い 教 育 界 り 現 状 を え が く 石 川 達 三 の 間 題 小 説 - 「 罅 第 新 社 、 第 い 昭 和 33 年 、 新 潮 社 か ら 発 行 さ れ た 「 人 間 の 壁 」 前 編 A 」 勝 色 あ る 技 術 に な っ て い る が 、 こ の 作 品 で も 青 春 群 像 と 井 し て 人 物 た ち を 設 定 し て い る こ と が 目 立 つ 。 こ の 作 品 に つ い て 、 作 者 は い ぜ ん に つ ぎ の よ う に し 6 る し た こ と か あ る 「 私 の 考 え で は 小 説 に 登 場 す る 人 物 の 中 で 男 の 大 学 生 刀 ロ と い う の は 一 番 描 き に く い も の だ と 限 っ て い る し か も 大 学 生 の 群 像 は さ ら に 困 難 で あ る 。 子 供 の よ う に 幼 く も な い し 大 人 の よ う に 定 ま っ た 思 想 や 生 活 を も っ て い る わ け で も な い 豊 富 な 思 想 の 断 片 と ニ ヒ リ ズ ム と ロ マ ン テ ィ シ ズ ム と 、 そ し て 多 く の 可 能 性 を も ち 少 々 の 実 力 し か 持 た な い 、 い わ ば 性 格 が 形 成 さ れ て な お か た ま ら な い こ の 時 期 の 人 格 ほ ど 捕 え 難 い も の は な い と 思 っ て い る 。 こ の 中 間 的 な 学 生 生 活 を 描 い て 見 た い と い う の は 数 年 来 の 私 の 念 願 で あ っ た が 、 こ の 一 編 に 於 て も 私 は 半 ば 成 功 し 半 ば 失 敗 し た と 思 っ て い る 。 」 ( 八 雲 書 店 版 『 石 川 達 三 選 集 』 第 十 一 巻 、 「 序 」 ) 。 「 智 慧 の 青 草 」 よ り 一 年 前 に も 作 者 は 百 枚 ほ ど の 「 若 き 日 の 倫 理 」 を 発 表 し て い る 。 戦 後 に な っ . て は 「 僕 た さ て つ ち の 失 敗 」 ( 昭 和 三 十 六 年 ) 、 「 青 春 の 蹉 跌 」 ( 昭 和 四 十 三 年 ) な ど が や は り 青 年 の 問 題 を あ っ か っ た 作 品 と し て あ わ せ か ん が え ら れ る 。 「 ろ ま ん の 残 党 」 ( 昭 和 二 十 二 年 ) は 、 自 伝 的 性 格 を も っ 作 品 で あ る が 、 そ れ も ひ と つ の 青 春 小 説 と か ん が え ら れ る か も し れ な い 。 「 智 459

現代日本の文学 29 石川 達三 集


踏 切 り を わ た っ て 明 る い 街 に は い る 。 し き り に 気 が せ 磨 さ ん に 会 え た の だ と 思 う と 、 は ら わ た が 熱 く な る ほ ど 女 く 。 今 夜 は 何 と か し て 決 定 的 な も の を つ か み た い と 思 う 。 が 恋 し い 。 し か し こ の 子 の 眼 に 、 女 の と こ ろ へ 通 う 父 の 姿 や く び 口 先 ば か り の は な し で は な く 、 せ め て 彼 女 の 唇 だ け で も 盗 は 見 せ た く な い 。 今 日 は 厄 日 だ 。 夕 方 は 鴨 井 君 に 引 き と め み た い 。 青 年 時 代 と ち が っ て 、 か り そ め の 接 吻 に よ っ て 愛 ら れ 、 夜 は 息 子 に 会 っ た 。 神 の 意 志 か も 知 れ な い 。 さ っ き き よ う の 誓 い が 立 て ら れ る な ど と は 思 わ な い が 、 攻 撃 の た め の 橋 渡 っ た ば か り の 踏 切 り を も う 一 度 わ た り な が ら 、 と う ま 頭 堡 ぐ ら い に は な る だ ろ う 。 初 島 の 青 い ネ オ ン が 小 道 の 角 「 お 前 は ど こ へ 行 っ た ん だ 」 と 先 生 は 問 う た 。 こ わ と し が に 見 え て 来 た 。 年 甲 斐 も な く 胸 が と き め く 。 怕 い よ う な 気 「 パ チ ン コ 」 と 息 子 は 平 気 で 言 う 。 も す る 。 あ と 三 歩 ほ ど で 道 の 角 を 曲 る 。 曲 れ ば 初 島 の 玄 関 「 今 日 は 駄 目 さ 。 五 十 円 で 煙 草 一 つ だ っ た 」 ま で は 五 歩 し か な い 。 そ の と き 、 反 対 側 の 露 路 か ら 学 生 が 「 そ ん な 事 ば か り や っ て い て 宜 い の か 。 勉 強 の 方 は ど う し こ ご と ひ と り 、 両 手 を ズ ・ ホ ン に 突 っ こ ん で 帽 子 も か ぶ ら ず 、 下 駄 た ん だ , と 父 は 父 ら し い こ と を 言 っ た 。 叱 言 を 言 う の が 一 お ど ろ お お ま た を 鳴 ら し て 大 股 に 出 て 来 た 。 篤 志 だ 。 小 泉 さ ん は 愕 い た 。 種 の 習 慣 に な っ て い る か ら 、 す ら す ら と 言 う に は 言 っ た 「 あ あ お 父 さ ん : : : 」 と 息 子 は に つ こ り し た 。 「 鴨 井 さ ん が 、 内 心 は な は だ 恥 か し い 。 ( 女 狂 い な ど し て い て 宜 い の は も う 帰 っ た の ? 」 か 、 仕 事 の 方 は ど う な ん だ ) と 息 子 に 訊 か れ た ら 、 返 す 言 「 う ん 。 い ま 送 っ て 来 た と こ ろ だ 」 と 父 は い さ さ か し ど ろ 葉 も な い 。 も ど ろ で あ る 。 「 勉 強 は や っ て る よ 」 と 篤 志 は 弱 い 調 子 で 答 え た 。 「 「 お 父 さ ん ど こ へ 行 く の ? 」 だ け ど 僕 ね 、 ち か ご ろ 考 え る ん だ け ど 、 大 学 な ん て 大 し た 「 な に 、 ど こ と 言 う こ と も な い さ 」 こ と な い と 思 う ん だ 。 来 年 の 春 で 学 校 を 中 退 し て 、 実 社 会 「 も う 帰 る ? ー と 息 子 は ど こ ま で も 純 真 で あ る 。 に は い る 方 が い い よ う な 気 も す る の さ 。 学 問 も 学 問 だ け 「 う む : : : 」 と 先 生 は な ま 返 事 を し た 。 初 島 の 青 い ネ オ ン ど 、 経 済 界 で は 経 験 が 物 を 言 う ん だ か ら ね 。 第 一 そ の 方 が 、 お 父 さ ん に 負 担 を か け な い で 済 む し さ 。 ・ : 三 井 三 菱 は 二 人 の 頭 の 上 で ま た た い て い る 。 「 じ ゃ あ 帰 ろ う よ 」 と 篤 志 は 父 を う な が し た 。 親 の こ こ ろ だ っ て 、 安 田 や 住 友 だ っ て 、 何 も 大 学 で 勉 強 し て か ら 事 業 子 知 ら ず 、 子 供 の 方 が よ ほ ど 邪 心 が な い 。 父 は 已 む を 得 ず を 始 め た わ け じ ゃ な い ん だ ろ う ? 」 お ど ろ せ が れ 小 泉 さ ん は 愕 い た 。 こ の 伜 は 街 で パ チ ン コ を や り な が に 足 を 返 し た 。 あ と 三 歩 の と こ ろ だ っ た 。 あ の 角 を 曲 っ て し ま え ば お 須 ら 、 三 井 三 菱 み た い な 大 事 業 を 夢 み て い る ら し い 。 こ こ ろ

現代日本の文学 29 石川 達三 集


ー り ・ ひ と は か な 秋 の 気 配 は 、 桐 の 一 葉 を 地 に 落 す よ り 先 に 、 ま ず 若 い は し つ こ い 。 だ め 女 の 皮 膚 を 憂 い の 色 に 染 め る の か も 知 れ な い 。 い え 、 駄 目 な ん で す の ー 面 と 向 っ て 対 坐 す る と 、 い ま ま で い ら 立 っ て い た 感 情 「 ど う し て ? か え 「 あ た し : : : 」 と 甘 い 言 い 方 を し て 、 花 が 開 く よ う に 軟 か が 、 却 っ て は ぐ ら か さ れ た よ う な 気 が し た 。 こ の 十 何 日 の よ う え い く ほ ほ え ん だ 。 「 泣 く の ! 」 あ い だ 胸 中 に 揺 曳 し て い た 美 し き 幻 は 消 え て 、 現 実 の 女 が こ こ に 坐 っ て い る 。 胸 中 の 幻 は 女 神 の 姿 で あ っ た が 、 現 実 「 泣 く ? 」 じ よ う ご の 女 は 口 紅 を つ け て パ 1 マ ネ ン ト を し た 、 た だ の 女 で あ 「 え え 、 泣 き 上 戸 : : : 」 る 。 安 心 し た よ う で も あ り 失 望 し た よ う で も あ る 。 案 外 大 泣 く と 言 い な が ら 、 美 し い 顔 は 笑 っ て い る 。 こ の 笑 い 顔 事 件 な ど は 起 ら な い も の だ 。 し か し 、 こ れ が 大 事 件 に ま で が 酔 う て 泣 い た な ら ば 、 笑 い 顔 よ り 何 倍 も 男 ご こ ろ を 迷 わ 発 展 す る 可 能 性 を も た な い と す れ ば 、 最 後 の 情 熱 を か た む す に 違 い な い 。 け て 青 春 の 残 像 を 追 い 求 め よ う と し た 心 中 の 期 待 は む な し 「 泣 か せ て 見 た い ね 」 く な る 。 や は り 平 凡 に 老 い の 坂 道 を 下 っ て 、 平 凡 に 人 生 を 「 い や で す わ 」 と ま た 笑 っ た ・ 終 る の か と 思 う と 、 改 め て 人 生 の は か な さ に 突 き あ た る 。 「 だ っ て 、 何 が 悲 し く て 泣 く ん だ ね ー さ か ず ・ 先 生 は 盃 を と っ て お 須 磨 さ ん に 差 し た 。 桜 色 の 爪 を し た 「 そ り や 、 悲 し い こ と な ら 、 ど っ さ り 有 り ま す わ 。 そ れ を た わ 白 い 指 が 、 盃 を 受 け て し な や か に 撓 む 。 お 聞 き に な っ た ら 、 先 生 な ん か び つ く り な さ い ま す ー 「 聞 き た い ね 」 「 わ た し 、 あ ん ま り 頂 け ま せ ん の よ 」 と 言 う 。 忍 び や か な 、 少 し 鼻 に か か っ た 、 甘 い 含 み 声 だ 。 沢 山 の 「 駄 目 : : : 」 秘 密 を 、 柔 か い 胸 の 乳 房 の あ い だ に 、 一 杯 抱 き し め て い る 「 聞 か せ て も ら い た い ね 」 と 言 い な が ら 、 先 生 は お 須 磨 さ お さ ん の 手 を と っ た 。 細 い 指 は 何 の 抵 抗 も な く 、 先 生 の 手 の な 命 よ う な 、 不 思 議 に 稚 な く て 悲 し い 声 だ 。 か で 淡 雪 の よ う に 軽 い 革 「 ど の く ら い 飲 め る ? 」 「 駄 目 。 わ た し だ け の 秘 密 : : : 」 と 言 い さ し て 女 は 顔 を そ 青 「 お 盃 に 、 ほ ん の 二 三 杯 : : : 」 む け る 。 す る と 、 白 い 首 筋 に 一 寸 ば か り の 、 長 い 傷 跡 が 見 「 そ れ 以 上 飲 む と 、 ど う な る 」 え た 。 「 ど う も な り ま せ ん わ 、 「 ど う も な ら な い の な ら ば 、 も っ と 飲 め る わ け だ 」 と 先 生 こ の 女 の 若 さ で 首 筋 の 傷 跡 は 、 る い れ き の 手 術 を し た わ や わ ら

現代日本の文学 29 石川 達三 集


つ の 懐 疑 、 実 社 会 に 面 と む か っ て 感 ず る 慰 め が た い 大 き な て 思 い 出 さ れ た 。 幻 減 、 生 き る こ と に 興 ざ め た 気 持 、 野 心 の 喪 失 。 結 局 は 、 卒 業 と い う 生 活 の 変 化 に 直 面 し て 迷 い が ち な 彼 等 の 感 情 実 社 会 に お い て 役 に 立 つ は ず の 学 問 が 、 か え っ て 実 社 会 を は 、 と も す れ ば 過 去 の 学 生 生 活 の た の し い 記 憶 に ば か り 泓 け ん お き ひ 嫌 悪 し 忌 避 さ せ る よ う な 結 果 に な っ て い る の で は な か ろ う れ て い て 、 前 途 の 予 定 を た て る と か 新 し い 生 活 へ の 心 が ま か 。 生 き て 通 夜 の 席 に な ら ん で い る 連 中 が 、 い ま さ ら の よ え を き め る と か い う こ と を 喜 ば な い 気 持 が 強 か っ た が 、 高 う に そ う い う 淋 し さ を 高 杉 の 死 に よ っ て 胸 に 近 く 感 じ さ せ 杉 の 死 は 残 さ れ た 連 中 の 心 に 、 何 か す さ ま じ い 現 実 の 生 活 ら れ る 気 持 で あ っ た 。 を は っ き り と 直 視 さ せ て く れ た よ う で あ っ た 。 高 杉 の 歩 い あ る 漠 然 た る 死 。 結 論 は そ う い う こ と に な る よ う で あ っ て 行 っ た 危 う い 道 を 、 彼 等 も ま た 歩 い て い る の だ と い う 風 た 。 そ し て こ の 漠 然 た る も の の 正 体 が っ か め な い こ と に 、 な 恐 怖 が 、 ノ ス タ ル ジ ア に 溺 れ て い た 彼 等 の 眠 り を は っ と 彼 等 は 一 層 ふ か い 恐 怖 を 感 ず る の で あ っ た 。 呼 び さ ま し て く れ た よ う で も あ っ た 。 高 杉 の 兄 は 彫 刻 家 で あ っ た か ら 、 弟 の デ ス マ ス ク を 取 っ 今 日 は み な が 新 し い 背 広 服 を 着 て い た 。 小 谷 野 だ け が 学 生 服 の ま ま で あ っ た 。 「 こ う い う 事 に 役 立 て る た め に 僕 は 彫 刻 を 習 っ た わ け で は 「 ど う だ い 、 就 職 ロ の な い 者 は み な 背 広 を 着 て 堂 々 た る も ま げ ゅ な か っ た が : : : 」 と 彼 は 苦 々 し く 笑 っ た 。 彼 の 笑 い 顔 は 弟 ん だ な 」 と 白 井 が 言 っ た 。 「 縁 談 の な い 娘 が 髷 を 結 う の と が 生 き か え っ た か と 思 わ れ る ほ ど 弟 に 似 て い た 。 同 じ だ ー 「 君 は 就 職 し た い の か い 」 と 根 本 が 言 っ た 。 お れ 高 杉 の 初 七 日 は 晴 れ た 空 の 色 が み ず み ず し く て 、 と う と 「 し た い ね 。 高 杉 が 死 ぬ と 急 に 俺 も 就 職 の 必 要 を 感 じ て き う 春 が 来 た の だ と 背 を 伸 ば し て み た く な る よ う な 日 で あ っ た よ 。 あ い つ も 職 が き ま っ て い た ら 死 な な か っ た か も 知 れ 草 た 。 同 じ グ ル ー 。 フ の 連 中 は 白 井 恭 子 を も 加 え て 墓 参 に 行 っ ん 。 生 活 の 方 便 と し て の 職 業 で さ え も 、 あ る 時 に は 人 間 の 青 た 。 墓 に は 罕 朝 の う ち に 家 人 が 詣 で た ら し く 、 新 し い カ ー 命 を 支 え て く れ る も ん だ か ら ね ー す い せ ん 慧 ネ 1 シ ョ ン や 水 仙 な ど の 色 花 が 殊 の ほ か に あ ざ や か な 色 に 「 そ ん な 事 は な い さ ー と 竹 内 が 答 え た 。 「 彼 は 肉 体 的 に 絶 盛 ら れ て 、 む し ろ 高 杉 の 生 前 の お び え 勝 ち な 性 格 を し の ぶ 望 し て い た ん だ 。 た と い 自 分 か ら 手 を 下 さ な く て も 二 年 と し ら 、 ・ に は ふ さ わ し く な か っ た 。 白 木 の 墓 標 は 昨 日 の 雨 に ぬ れ て は も た な い か ら だ だ っ た よ 」 文 字 も う る み 、 三 原 山 で 卒 倒 し た 彼 の い た ま し い 姿 が 改 め 「 君 は そ う 思 う か い 」

現代日本の文学 29 石川 達三 集


114 「 ど う も 、 あ い つ ら の や っ て る 事 は わ か ら ん 」 っ て い た 。 急 激 な 病 気 が な お っ た あ と の よ う で あ っ た 。 落 「 ど う し た ん だ ね 」 と 小 谷 野 は は じ め て 遠 慮 ぶ か く 言 っ ち る と こ ろ ま で 落 ち た あ と は 、 却 っ て 新 し い 出 発 が 新 し い 力 に よ っ て 始 め ら れ つ つ あ っ た 。 む し ろ 彼 は 嬉 し そ う で あ 「 僕 に も わ か ら ん が ね 、 恋 愛 し て い た ん だ ろ う な 」 っ た 。 そ れ が 白 井 や 根 本 や 恭 子 の 眼 に は 、 無 理 に 明 る さ を 見 せ て い る の で は な い か と 疑 わ れ も し た が 、 彼 を 仲 間 の う 「 そ れ が 何 か も つ れ た ん だ ね 。 い ・ す れ 理 由 は 簡 単 だ よ 。 し ち に 取 り 戻 し 得 た 感 激 が 、 あ た た か い 涙 を も っ て 心 に 沁 み か し 、 竹 内 っ て あ あ い う 男 だ っ た の か な 」 た 。 足 の 方 は 軽 い 凍 傷 で あ っ た が 、 手 首 は 大 し た こ と も な お ど ろ 「 愕 い た ね , 「 愕 い た よ 。 あ い つ は も っ と 懐 疑 派 で 、 あ ん な 思 い つ め た 食 事 を 終 る と 宿 の 昨 夜 の 青 年 は 、 下 山 す る 彼 等 の た め そ り 事 が や れ る と は 思 わ な か っ た が ね え 」 に 、 米 俵 や 青 菜 な ど を 里 か ら 運 ぶ た め の 小 さ い 橇 を 貸 し て 「 人 間 っ て 、 こ わ い ね 」 と 小 谷 野 は 心 か ら お び え た 言 い 方 く れ た 。 一 行 は 竹 内 を こ の 橇 に 乗 せ て 、 照 り さ か る 朝 の 日 を し た 。 自 分 に は と て も 出 来 な い と い う よ う な 言 い 方 で あ 光 の な か を 出 発 し た 。 」 う . ~ に い っ た 。 彼 は 竹 内 の ペ ッ ド の 横 に う ず く ま り 、 繃 帯 を 巻 い た 「 い ざ り 勝 五 郎 だ ね 」 と 竹 内 は 明 る く 笑 っ た 。 す る と 橇 の 彼 の 手 を 取 っ て い る で あ ろ う 恭 子 の 姿 を 想 像 し て は い な か 綱 を つ か ん で い た 根 本 が す ぐ に 応 じ た 。 っ た ろ う か 。 ス テ ィ ー ム の パ イ プ が じ い じ い と 鳴 っ て 、 よ 「 勝 五 郎 な ら 俺 が 引 っ ぱ る て は ね え や 。 お い 、 初 花 、 君 の ほ ど 夜 が 更 け た よ う で あ っ た 。 役 だ よ ー 恭 子 は は に か ん で 橇 の 綱 を 小 谷 野 と 二 人 で 握 っ た 。 雪 の ま ん も く あ く る 日 の 朝 は う ら ら か な 天 気 に な っ て 、 満 目 の 銀 世 界 上 を 橇 は 気 持 よ く す べ り 、 大 き な ス ロ ー プ を 降 り き る と 、 は 日 光 の 反 射 で 眼 も く ら む ほ ど で あ っ た 。 は る か に 遠 い 村 昨 夜 の 崖 の 下 あ た り で は 、 日 光 を う け た 杉 の 枝 々 が 、 雪 塊 里 が く つ き り と 墨 絵 に な っ て う か び 、 こ の 山 腹 を と り ま く を ふ る い 落 し て は 、 ば さ ば さ と 起 き あ が っ て い る の で あ っ り よ う せ ん 峰 々 の 稜 線 が 刃 物 の よ う に 鋭 く 青 空 に 迫 っ て い た 。 た 。 こ の 山 に も や が て 雪 解 け の 季 節 が は じ ま る 気 配 が 感 じ か ん き 竹 内 は す っ か り 元 気 に な っ て 、 皆 と 一 緒 に 朝 の 食 卓 に つ ら れ 、 風 も 凪 い で 寒 気 は ず っ と 和 ん で い た 。 東 京 は す っ か み そ し る き 、 味 噌 汁 を す す っ た 。 昨 夜 の う ち に 、 彼 は そ の 憂 鬱 を 払 り 春 に な っ て い る に 違 い な い 。 ふ う ぼ う い お と し て し ま っ た よ う に 見 え 、 元 の 彼 の 風 羊 が よ み が え 本 彡 並 木 の あ い だ の 急 な 傾 斜 を 、 竹 内 の 乗 っ た 橇 は す る す

現代日本の文学 29 石川 達三 集


三 月 、 学 資 が 続 か ず 早 稲 田 大 学 を 中 退 。 五 月 、 国 民 時 論 社 に 入 社 し 代 」 に 、 十 一 一 月 、 「 か ら ま わ り 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 短 編 集 電 気 業 界 誌 「 国 民 時 論 」 の 編 集 に 従 事 。 下 宿 を 引 払 い 次 兄 の 家 に 同 「 深 海 魚 」 を 改 造 社 よ り 刊 行 。 三 十 二 歳 居 し た 。 「 国 民 新 聞 」 「 改 造 」 「 中 央 公 論 」 等 に 、 小 説 原 稿 を 持 ち 込 昭 和 十 ニ 年 ( 一 九 三 七 ) 一 月 、 「 飼 い 難 き 鷹 , を 「 文 芸 」 に 「 あ ん ど れ の 母 」 を 「 大 阪 朝 日 ん だ が 、 断 わ ら れ た 。 こ の 頃 、 ゾ ラ や ワ イ ニ ン ゲ ル を 読 ん だ 。 一 一 十 五 歳 新 聞 」 に 、 一 一 月 、 「 雪 の 宿 」 を 「 中 央 公 論 」 に 、 三 月 、 「 少 年 記 」 を 昭 和 五 年 ( 一 九 三 〇 ) 三 月 、 国 民 時 論 社 を 退 社 。 移 民 船 で プ ラ ジ ル に 渡 航 。 旅 行 中 、 紀 行 「 現 代 . に 、 四 月 、 「 花 嫁 の 財 産 ー を 「 サ ン デ ー 毎 日 」 に 、 八 月 、 文 を 「 国 民 時 論 」 に 連 載 。 八 月 、 帰 国 し 国 民 時 論 社 で 再 び 編 集 の 仕 「 春 蛇 」 を 「 文 藝 春 秋 , に 、 「 波 切 不 動 、 を 「 雄 弁 」 に 発 表 。 五 月 、 事 に 従 事 。 こ の 間 に も 幾 度 か 出 版 社 に 小 説 を 持 ち 込 む が 、 成 功 せ ず 。 杉 並 区 馬 橋 に 転 居 。 八 月 、 長 女 希 衣 子 誕 生 。 九 月 、 「 日 蔭 の 村 」 を 一 一 十 七 歳 「 新 潮 」 に 発 表 し 、 十 月 、 新 潮 社 よ り 「 日 蔭 の 村 」 を 刊 行 。 昭 和 六 年 ( 一 九 三 一 l)- 三 十 三 歳 春 、 国 民 時 論 社 を 退 社 し 、 嘱 託 待 遇 と な る 。 舞 踏 雑 誌 「 モ ダ ン ・ ダ 昭 和 十 三 年 ( 一 九 三 八 ) ン ス 」 の 編 集 の 仕 事 を 半 年 続 け た 。 「 蒼 氓 」 の 第 一 稿 を 書 き あ げ た 。 一 月 、 「 虹 と 蝸 牛 の 室 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 鳳 青 草 」 を 「 文 芸 」 に 、 一 一 十 八 歳 「 流 離 ー を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 一 月 末 南 京 よ り 帰 国 。 三 月 、 「 若 き 昭 和 七 年 ( 一 九 三 = l) 一 月 、 「 毒 草 苑 ー を 「 新 早 稲 田 文 学 ー に 発 表 。 林 芙 美 子 に 賞 賛 さ れ 日 の 倫 理 ー を 「 週 間 朝 日 」 に 発 表 。 「 生 き て い る 兵 隊 ー を 「 中 央 公 た 。 芹 沢 光 治 良 の す す め も あ り 、 「 蒼 保 」 に 手 を 加 え 、 「 改 造 」 の 懸 論 」 に 発 表 し た が 同 誌 は 新 聞 紙 法 違 反 に 問 わ れ 発 売 禁 止 と な り 、 作 者 と 発 行 責 任 者 は 起 訴 さ れ た 。 四 月 か ら 八 月 ま で 、 「 結 婚 の 生 態 」 賞 小 説 に 応 募 し 佳 作 。 高 田 馬 場 周 辺 で 、 転 々 と 住 い を 変 え た 。 三 十 歳 を 執 筆 。 八 月 、 「 三 代 の 矜 恃 」 を 「 文 藝 春 秋 ー に 発 表 。 九 月 、 新 聞 昭 和 十 年 ( 一 九 三 五 ) 四 月 、 中 村 梧 一 郎 等 と 同 人 雜 誌 「 星 座 」 を 創 刊 し 「 蒼 氓 」 を 載 せ 紙 法 違 反 の 罪 で 、 禁 錮 四 カ 月 、 執 行 猶 予 三 年 の 判 決 が あ り 、 直 ち に た 。 六 月 、 同 誌 に 「 心 猿 」 を 連 載 ( 三 号 ま で ) 。 八 月 、 「 蒼 氓 ー で 、 控 訴 。 九 月 中 旬 よ り 一 カ 月 間 、 武 漢 作 戦 を 取 材 の た め 、 中 央 公 論 社 第 一 回 芥 川 賞 を 受 賞 。 九 月 、 「 霧 海 」 を 「 文 ~ 一 己 に 発 表 。 十 月 、 短 よ り 特 派 さ れ る 。 短 編 集 「 炎 の 薔 薇 」 を 春 陽 堂 か ら 、 十 一 月 、 「 結 編 集 「 蒼 氓 」 を 改 造 社 よ り 刊 行 。 婚 の 生 態 」 を 新 潮 社 か ら 、 短 編 集 「 流 離 」 を 竹 村 書 房 か ら 刊 行 。 三 十 一 歳 「 蒼 氓 」 続 編 を 三 笠 書 房 発 行 の 雑 誌 に 連 載 し は じ め た 。 昭 和 十 一 年 ( 一 九 三 六 ) 三 十 四 歳 譜 一 月 、 「 鮫 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 深 海 魚 ー を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 「 大 昭 和 十 四 年 ( 一 九 三 九 ) 地 と 共 に 生 き ん 」 を 「 青 年 ー に 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 。 一 一 月 、 「 天 国 の 一 月 、 「 武 漢 作 戦 」 を 「 中 央 公 論 」 に 、 「 転 落 の 詩 集 」 を 「 週 間 朝 年 略 図 ー を 「 日 本 評 論 」 に 、 四 月 、 「 首 繩 」 を 「 明 朗 」 に 、 「 春 爛 漫 」 日 」 に 発 表 。 三 月 、 「 花 の な い 季 節 」 を 「 婦 人 公 論 ー に 連 載 。 「 生 き を 「 文 藝 春 秋 」 に 、 六 月 、 「 豺 狼 」 を 「 中 央 公 論 」 に 、 八 月 、 「 あ め て い る 兵 隊 」 事 件 第 一 一 審 公 判 。 尾 崎 秀 実 が 証 人 と し て 出 廷 。 判 決 は 四 り か 」 を 「 改 造 」 に 、 発 表 。 十 一 月 、 梶 原 代 志 子 と 結 婚 、 淀 橋 戸 塚 第 一 審 と 同 じ 。 四 月 、 「 智 慧 の 青 草 ー を 「 新 潮 ー に 連 載 ( 八 月 完 結 ) 。 4 町 の 下 宿 か ら 、 中 野 区 道 玄 町 に 移 り 住 む 。 十 一 月 、 「 蔦 葛 」 を 「 現 六 月 、 「 勝 負 を つ け る 」 を 「 改 造 」 に 、 「 テ キ サ ス の 一 夜 ー を 「 大

現代日本の文学 29 石川 達三 集


し よ う わ に ぐ ち し 、 拝 殿 か ら は が ら が ら と 鰐 ロ の 鳴 る 音 や 笙 の 音 が 絶 え ず て い て い く ら 待 っ て も 出 て 来 な か っ た 。 彼 は 不 満 な 感 情 に 聞 え て い た 。 そ し て こ の 一 群 の 賑 わ い を と り か こ む 山 の 茂 充 ち 女 へ の 疑 い に 苦 し み な が ら 帰 っ て 行 か ね ば な ら な か っ こ ず え み は 真 黒 く 静 ま り 返 っ て 、 赤 松 の 高 い 梢 は 暗 い 空 に 消 え て た 。 入 営 す る 前 に 正 式 に 話 を つ け て お き た い と 思 い な が ら 父 に そ の 話 を 切 り 出 す ほ ど の 勇 気 も な い 男 で あ っ た 。 み こ し 神 主 の 娘 の 明 子 は 顏 立 ち の 美 し い 十 九 の 娘 で あ っ た 。 こ 翌 日 の 正 午 近 く 部 落 の 青 年 た ち は 社 殿 の 前 に 据 え た 御 輿 か っ こ ん じ き の 年 の 春 青 梅 の 女 学 校 を 卒 業 し て か ら は 華 や か な 彼 女 の 月 を 担 ぎ 上 げ た 。 晴 れ た 秋 の 陽 に 金 色 の 屋 根 や 瓔 珞 は き ら ぎ た び 装 は 村 の 青 年 や 娘 達 の 眼 を 惹 い て い た 。 祭 り の 夜 、 明 子 は ら と 輝 い て 八 方 に つ け た 鈴 が 揺 り 上 け る 度 に 音 を そ ろ え て た す き は ら ま き し ろ た び 濃 い 都 会 風 な 化 粧 を し て 赤 く 口 紅 を 塗 り 眉 を 引 い て 社 務 所 鳴 っ た 。 青 年 達 は 揃 い の 襷 鉢 巻 に 白 足 袋 の 足 袋 は だ し で 、 お し ろ い ま ゆ の 仕 事 を 手 伝 っ て い た 。 鼻 筋 に 白 粉 の 線 を 曳 き 太 い 眉 を 描 い て い た 。 石 段 の 下 の 街 彼 女 の 愛 人 は 村 長 の 息 子 の 市 之 助 で あ っ た 。 彼 は 青 梅 の 道 に は 神 主 の 乗 る 馬 が 手 綱 を 控 え ら れ て い て 、 神 主 は 本 殿 中 学 を 卒 え て か ら 河 内 の 郵 便 局 に つ と め て い る 文 学 青 年 で の 前 か ら 木 靴 を 穿 い て の 庭 に 下 り た 。 社 務 所 の 玄 関 に 明 啄 木 の 感 情 に 溺 れ き っ て 生 き て い た 。 彼 の 繊 細 な 感 情 と 女 子 が 派 手 な 洋 装 を し て 笑 い な が ら 立 っ て 居 り 、 そ の た め に に 対 す る 臆 病 な 態 度 と に 明 子 は 物 足 り な い 悲 し み や 怒 り を 青 年 た ち は 一 層 勢 い 立 っ て 社 殿 の 前 で 一 一 度 三 度 輪 を 描 き な あ じ わ 幾 度 か 味 っ て 来 た が 、 し か し 女 学 校 を 卒 業 し た 彼 女 の 誇 り が ら 揉 み 合 っ た 。 そ れ か ら こ の 一 団 は 急 傾 斜 の 細 い 石 段 の 高 い 気 持 は 村 の 他 の 青 年 達 を 愛 人 に 擬 す る こ と を 許 さ な か 上 に さ し か か っ た 。 っ た 。 市 之 助 は 春 の 徴 兵 検 査 に 合 格 し て 来 年 の 正 月 は 入 営 「 気 を つ け ろ ! い ら だ す る 予 定 で あ っ た 。 そ の こ と も ま た 彼 女 の 感 情 を 焦 立 た せ 「 気 を つ け ろ ! 」 る 一 つ の 原 因 で あ っ た 。 そ う い う 警 戒 の 声 の 中 に 先 頭 の 二 人 は 最 初 の 一 段 を 下 り 村 こ の 夜 市 之 助 は 拝 殿 の 裏 手 で 明 子 に 会 う 約 束 に な っ て い た 。 御 輿 の 屋 根 は か ら か ら と 瓔 珞 の ふ れ あ う 音 を た て な が ぞ う き の た 。 け れ ど も 彼 が そ の 場 所 に 行 0 て 見 る と 赤 松 や 雑 木 の 茂 ら 傾 い た 。 傾 き は じ め る と 先 頭 の 二 人 の 肩 に は 思 い が け な そ ま み ら み で 落 ち あ っ て は 裏 山 に 登 る 細 い 杣 道 を 上 っ て 行 く 村 の 青 い 非 常 な 重 み が か か っ て 来 た 。 日 年 や 娘 達 が 何 組 と な く い る の で あ っ た 。 す る と 彼 は 焦 立 っ 「 下 り て 来 た 、 下 り て 来 た ! 」 て 他 の 場 所 を 選 ば な け れ ば な ら な い と 考 え た 。 し か し 社 務 子 供 達 の 狂 喜 し た 叫 び 声 が 石 段 の 両 側 か ら 騒 が し く 聞 え 所 の 前 へ 戻 っ て 見 る と 明 子 は ま だ 忙 し そ う に 仕 事 を 手 伝 っ た 。 御 輿 は 五 段 ば か り 注 意 ぶ か く 降 り た 。 そ の と き で あ っ み た づ な ひ

現代日本の文学 29 石川 達三 集


ひ げ 夫 人 は 開 い た ロ が ふ さ が ら な い 。 福 沢 君 が 髭 を 剃 っ て い の よ 。 き っ と 」 た の は そ の た め だ 。 口 惜 し い け れ ど も 、 も う 追 っ つ か な 小 泉 さ ん が あ ま り 笑 う の で 、 美 代 子 ま で 笑 い が 止 ま ら な い 。 二 人 で 二 泊 の 旅 と あ っ て は 、 万 事 休 す 。 美 代 子 の 青 春 。 夫 人 が ひ と り 鹿 爪 ら し い 顔 で 、 も こ れ で か た が つ い た よ う な も の だ 。 夫 人 は が っ か り し 「 だ っ て ね え 、 本 気 で お 聞 き よ 」 と 叱 っ た 。 「 あ ん た が い く ら 何 と か 言 っ た っ て 、 福 沢 さ ん と 鴨 井 さ ん じ ゃ 、 く ら べ て 、 溜 息 を つ い た 。 も の に な ら な い も の ね 。 そ う で し よ う 。 あ ん な 福 沢 さ ん み 夜 に な っ て か ら 小 泉 さ ん は 、 散 歩 と 称 し て 家 を 出 た 。 こ た い な 、 ぐ に や ぐ に や し た 、 男 だ か 女 だ か 解 ら な い み た い な 、 あ ん な ひ と 問 題 に な ら な い わ よ 。 男 っ て も の は ね 、 う の 寒 い の に 今 か ら 散 歩 で す か と 、 恒 子 夫 人 は 不 平 そ う な 口 ち の 叔 父 さ ん み た い な 頑 固 な の も 困 る け ど 、 も う 少 し 男 ら ぶ り で あ っ た が 、 一 日 外 へ 出 な か っ た か ら 運 動 不 足 だ と 、 し い 性 根 が 無 く ち ゃ 駄 目 よ 。 鴨 井 さ ん は そ り や 、 あ ん な に 先 生 は 理 窟 を つ け た 。 初 島 の お 須 磨 さ ん に 会 っ て み て も 、 肉 体 の 運 動 に は な り そ う に も な い が 、 精 神 の レ ク リ エ ー シ 見 え た っ て 性 根 は き つ い の よ 。 解 る ? あ ん た : : : 」 ョ ン に は な る か も 知 れ な い 。 「 も う や め ろ や め ろ 」 と 先 生 は 笑 い な が ら 手 を 振 っ た 。 自 由 ガ 丘 の 街 通 り は 、 赤 い 旗 や 幟 が ち ら ち ら し て 、 早 く 「 お 前 が い く ら カ ん だ っ て 、 駄 目 な も の は 駄 目 だ 」 夫 人 は ま だ 言 い た い 文 句 が た く さ ん 有 っ た が 、 形 勢 不 利 も 年 末 の 風 景 で あ る 。 さ か り 場 が 一 番 は や く 年 末 を む か え て さ げ と 見 て ひ と ま ず 退 い た 。 そ れ か ら 美 代 子 の 手 提 袋 を 見 つ け る 。 歳 末 大 売 出 し 、 景 品 付 き 大 安 売 り 、 特 別 大 奉 仕 、 大 割 て 、 引 き 特 売 。 名 前 は い ろ い ろ 有 る が 、 要 す る に 儲 け よ う と い う 算 段 に す ぎ な い 。 そ う と 解 っ て 居 り な が ら 、 宣 伝 に 釣 ら 「 今 か ら 、 ど こ か 行 く の ? と 訊 い た 。 れ て 買 物 に 出 て き た 客 足 が 、 や は り 平 常 よ り は ず っ と 多 い 「 う ん 、 お ひ る か ら 箱 根 へ 行 く の 」 ら し く 、 何 と な く ご た ご た し て い る 。 先 生 は 人 波 を 分 け 命 「 箱 根 へ 、 何 し に ? 」 て 、 沢 山 の ネ オ ン を く ぐ っ て 行 っ た 。 革 「 紅 葉 を 見 に : : : 」 こ う こ う 料 亭 初 島 の 前 ま で 来 て み る と 、 一 一 階 も 下 も 晃 々 と 灯 を と 「 ひ と り で ? 」 青 ご う ら も し て 、 三 味 線 が 鳴 り 歌 声 が き こ え 、 何 だ か 大 騒 ぎ を し て 、 え 。 福 沢 さ ん と 一 緒 。 今 日 は 強 羅 あ た り へ 泊 っ て 、 明 日 は 湖 畔 に と ま 0 て 、 あ さ 0 て 帰 る 0 も り 」 と ぬ け ぬ け い る 。 忘 年 会 に し て は 早 す ぎ る よ う だ 。 玄 関 に は い 0 て 見 て 愕 い た 。 土 間 の 両 方 に 六 七 十 足 の 靴 が そ ろ え て あ り 、 下 と 一 一 = ロ っ た 。 し か つ め の ば り

現代日本の文学 29 石川 達三 集


か ま す る と 滑 っ た 。 石 炭 の 叺 を 橇 に の せ た 里 の 男 た ち が す れ 違 っ 曳 い て い た 。 彼 の 丸 く か が ん だ 背 に 、 日 光 は 踊 り 、 肩 か ら て 、 ヒ ュ ッ テ の 方 へ 登 っ て 行 っ た 。 は 湯 気 が 上 っ て い た 。 し か し 竹 内 は 、 小 谷 野 の ひ と り き り あ き ら 崖 を 降 り る と 小 川 の 橋 が あ っ て 、 そ こ か ら は も う 点 々 と で 諦 め て い る 気 持 を 、 何 も 知 ら な か っ た 。 農 家 の 里 で あ っ た 。 す る と 彼 等 は ほ ッ と し て 、 と も 角 も 無 小 さ な 駅 は 軒 ま で 埋 も れ て 、 改 札 ロ へ 出 る に は 七 八 つ の 事 に 山 を 降 っ た こ と に 安 心 し 、 ほ の ぼ の と し た 愉 快 を さ え 雪 の 階 段 を 降 り な く て は な ら な か っ た 。 汽 車 は 日 本 海 の 潮 も 感 じ た 。 小 学 校 へ 行 く 子 供 た ち が 、 着 ぶ く れ て 橇 を 避 の 香 り と 、 直 江 津 、 新 潟 の 雪 と を 乗 せ 、 車 輪 を ま っ 白 に し 、 た ど あ え は ず け 、 立 ち 止 っ て 眺 め て い た 。 す る と 竹 内 は 辱 か し が っ て 、 喘 ぎ な が ら や っ て 来 て 、 辿 り つ い た と い う 風 な 、 い た し た 「 お い 、 俺 は 降 り て 歩 き た い そ 」 と 言 っ た 。 し さ で あ っ た 。 朝 早 い の で 、 客 室 は 人 も ま ば ら で あ っ た 。 わ ら つ ら ら こ こ を 出 る と す ぐ 、 長 い ト ン ネ ル で あ っ た 。 恭 子 は 駅 の 農 家 の 藁 屋 根 か ら 垂 れ た 太 い 氷 柱 が 、 陽 を う け て 崩 れ 落 ち た 。 木 々 と 枝 々 か ら 崩 れ る 雪 が 白 い 煙 を あ げ た 。 近 づ い 前 で 買 0 た 欟 を 皆 に 一 つ ず つ 配 り 、 最 後 に 竹 内 長 太 郎 に さ さ や た 春 の 気 配 が 感 し ら れ 、 農 家 の 障 子 が 明 る か っ た 。 こ の 平 手 渡 し な が ら 、 御 免 な さ い ね 、 と 囁 い た 。 竹 内 は 表 情 を ゆ 地 を と り か こ む 山 々 の 真 白 い 峰 が 四 方 に そ び え 立 ち 、 空 の が め 、 首 を 振 っ て 答 え た 。 青 が 素 晴 ら し か っ た 。 「 も う 言 う な よ 、 辱 か し い ん だ よ 」 苦 心 し て 解 決 す る こ と は な い 、 自 然 に 解 決 さ れ た の だ 、 蜜 柑 を む き な が ら 、 根 本 肇 が 小 声 で う た い は じ め た 。 す と 白 井 は 思 っ て い た 。 そ れ は 激 し い 嵐 で あ り 、 血 ま み れ な る と 白 井 も 一 緒 に 歌 っ た 。 手 術 で あ っ た 。 し か し 二 人 の 患 者 は い ま 平 和 と 希 望 と を と り 戻 し て い る ら し い 。 彼 は 先 頭 に 立 っ て 村 人 の 踏 み 固 め た 冬 去 り て 春 き た れ り 。 手 綱 と れ ば 蹄 鳴 る よ 歌 わ ん か 細 道 を 滑 り 進 み な が ら 、 ロ 笛 を 吹 い た 。 ( 嵐 去 り し 、 清 な こ の 時 を 。 草 き 空 に 、 な で 風 は そ よ と 吹 き て 、 晴 れ ば れ と 、 日 は 輝 く わ れ ら が 若 き 日 の 行 手 知 ら ね ど 風 青 く 千 草 萌 え の く れ な い の 薔 薇 も 咲 く よ 。 む ら 鞭 を あ げ て 行 こ う よ 行 こ う よ 青 春 の 道 白 き 果 て ま で 橇 は 根 本 と 小 谷 野 が 曳 き 、 恭 子 は そ の う し ろ に つ い て い た 。 竹 内 は 今 朝 ヒ ュ ッ テ か ら 持 っ て 来 た チ 望 コ レ 】 ト を 半 分 に 折 っ て 、 橇 の 上 か ら 恭 子 に 投 け た 。 彼 女 は 雪 の 上 か ら そ れ を 拾 い 、 歩 き な が ら 噛 ん だ 。 小 谷 野 は 黙 々 と し て 綱 を ト ン ネ ル の 闇 は ま だ つ づ き 、 汽 車 は ご う ご う と 唸 り を あ た づ な ひ づ め