検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 32 伊藤 整 集

現代日本の文学 32 伊藤 整 集から 471件ヒットしました。

現代日本の文学 32 伊藤 整 集


っ て も い い だ ろ う か 。 若 し 青 春 の 提 出 す る さ ま ざ ま な 問 題 を 、 納 得 の ゆ く よ う に 解 決 し う る 倫 理 が 世 に あ っ た な ら ば 、 人 間 の ど の よ う な 問 題 も そ れ は 、 や す や す と 解 決 し う る で あ ろ う 。 青 春 と は 、 と お り す ぎ れ ば 済 ん で し ま う 麻 疹 で は な い 。 心 の 美 し く 健 全 な ひ と ほ ど 、 自 己 の 青 春 の 中 に 見 出 し た 問 題 か ら 生 涯 の が れ 得 な い よ う に 思 わ れ る 。 真 実 な 人 間 と は 自 己 の 青 春 を 終 え る こ と の 出 来 な い 人 間 だ と 言 っ て も い い で あ ろ 私 は 、 初 め て の 試 み で あ る 比 較 的 長 い こ の 物 語 で 青 春 と い う 主 題 を 扱 う に あ た っ て 、 ど の 人 物 に も 明 確 な 道 を 示 し て や る こ と が で き っ た な な か っ た 。 そ の 上 、 あ る い は 性 急 に 、 あ る い は 拙 く も の 語 っ て い る 作 者 の 言 葉 か も 知 れ な い 。 だ が 私 は 、 そ の 人 物 た ち と と も に 青 春 に 加 え ら れ る 人 の 生 涯 の う ち 一 番 美 し く あ る べ き 青 春 の 季 節 は 、 お の ず か ら 最 出 口 の 分 ら な い 苦 悩 に 対 す る 告 発 者 の 役 目 を 買 っ て 出 よ う と し た 。 も 生 き る に 難 か し い 季 節 で あ る 。 神 が あ ら ゆ る 贈 り 物 を 一 度 に 人 に 若 い 人 間 と は す べ て の 安 定 さ か ら 見 す て ら れ た 人 間 で あ る と い う 訴 与 え て み て 、 人 を 試 み 、 そ れ に 圧 し 潰 さ れ ぬ も の を 捜 そ う と で も し え を 、 作 品 の な か に 盛 り あ げ る こ と で こ の 作 品 を 書 い た 。 こ ん め い か じ よ う は ん ら ん て い る か の よ う に 、 そ の 季 節 は 緑 と 花 の 洪 水 に な っ て 氾 濫 し 、 人 を 私 は 青 年 が 思 想 の 昏 迷 に 陥 っ て い る と か 、 自 意 識 の 過 剰 に よ 0 て 溺 ら せ 道 を 埋 め て し ま う 。 生 命 を 失 う か 、 真 実 を 失 う か せ ず に そ 一 」 妥 当 な 行 為 か ら 切 り 離 さ れ て い る な ど と い う 種 類 の 非 難 を 当 ら な い を 切 り 抜 け る 人 間 は 少 い で あ ろ う 。 も の と 考 え て い る 。 善 と 悪 と の 判 断 を 強 要 す る も の が 、 彼 等 の 身 ひ 人 の 青 春 が 生 に 提 出 す る 問 題 は 、 生 涯 の ど の 時 期 の も の よ り も 切 と つ の こ と に 関 し て す ら あ ま り に 多 す ぎ 、 か つ 重 す ぎ る の だ 。 し か 迫 し て お り 、 醜 さ と 美 し さ が 一 枚 の 着 物 の 裏 表 に な っ て い る よ う な も 、 そ う い う 判 断 を 抜 き に し て の 行 為 が 、 十 分 な も の で あ る と 言 わ 惑 い に み ち た も の だ 。 モ ン テ ー = 、 が 、 人 は 年 老 い て 怜 悧 に 徳 高 く れ な い こ と は 明 ら か で あ る 。 最 も よ く 考 え る も の が 、 や が て 持 つ べ な る の で は な い 、 た だ 情 感 の 自 然 の 衰 え に 従 っ て 自 己 を 統 御 し や す き 行 為 の 情 熱 を 最 も 強 く 信 じ う る も の で あ ろ う か ら だ 。 ち ょ う ま ゆ く な る だ け で あ る 、 と 言 っ て い る の は 多 分 あ る 種 の 真 実 を 含 む 言 葉 こ の 小 説 は 、 昆 虫 が 蝶 に な っ て 繭 を 食 い 破 っ て 飛 び 出 よ う と す る 青 で あ る 。 青 春 に は 負 担 が 多 す ぎ る の だ 。 し か も そ の 統 御 し や す く な の に 似 た 青 春 の 一 時 期 を 描 い た も の と 言 っ て い い だ ろ う 。 人 間 と い っ た 老 人 の 生 き 方 を 真 似 る よ う に と の 言 葉 以 外 に 、 ど の よ う な 教 訓 う 認 識 力 を 持 っ た 昆 虫 は 、 自 分 の 繭 を 透 明 な も の と し 、 そ の 中 に い も 青 春 は 社 会 か ら 与 え ら れ て い な い 。 そ れ は 療 法 の 見 つ か る あ て の て 外 界 を 見 て 識 別 し 、 準 備 し 、 ま た 予 想 す る 。 し か も す で に 繭 の 外 ま し ん な い 麻 疹 の よ う な も の で 、 人 み な が と お ら な け れ ば な ら ぬ 迷 路 と 言 へ 出 た 仲 間 の 味 わ っ て い る 外 界 の 残 忍 な 秩 序 を も 彼 は 知 っ て い る 。 青 春 . は っ ル 一 ′ 、

現代日本の文学 32 伊藤 整 集


右 ク レ ム リ ン 宮 殿 に て A A 作 家 会 議 各 国 代 表 と と も に 中 央 フ ル シ チ ョ フ そ の 左 二 人 目 整 ( 昭 和 33 年 ) 下 野 尻 湖 に て ( 昭 和 33 年 ) を 一 0 右 一 橋 の 同 窓 会 〈 如 水 会 〉 で 石 原 慎 太 郎 ( 左 ) と ざ せ つ ル キ シ ズ ム 運 動 の 挫 折 を 見 、 ま た 人 は な ぜ 理 想 の た め 人 を 傷 つ け る か と い う な が い 間 考 え 抜 い て 来 た 命 題 へ の 一 応 の 回 答 で あ り 、 こ の 態 度 は 晩 年 ま で 続 い て い る 。 翌 十 三 年 は じ め て の 書 き 下 し 長 編 「 青 春 」 を 書 く 。 こ れ は 小 樽 高 商 時 代 の た る 自 己 形 成 期 を 、 知 的 に 整 理 し 回 顧 し た 小 説 で あ る 。 青 年 期 の 気 負 っ た 青 つ ば い 議 論 や 考 え が 、 さ は ど 不 自 然 で な く 描 か れ て い る の は さ す が で あ る が 、 青 春 が や や 美 化 さ れ て い る き ら い が あ る 。 白 系 ロ シ ア 人 が 出 て く る あ た り 、 エ キ ゾ チ ッ ク で 北 海 道 ら し い 。 戦 後 書 か れ た 小 樽 中 学 の 教 師 時 代 を 描 い た 「 若 い 詩 人 の 肖 像 」 に く ら べ る と 、 ど ち ら も 異 性 に 対 す る セ ッ ク ス の 過 剰 と 、 野 心 に み ち た 自 意 識 の 過 ほ う - 一 う 剰 と の 間 を 彷 徨 す る 青 春 が 書 か れ て い る が 、 「 若 い 詩 人 の 肖 像 」 の よ う に す べ て を 分 析 し エ ゴ の 地 平 に 落 し て し ま う 暗 さ が な い 。 そ れ だ け 甘 く 、 批 判 精 神 に 欠 け 物 足 り な さ は あ る が 、 青 春 小 説 ら し い 明 る さ と 希 望 が あ っ て か え っ て 救 わ れ る 感 し だ 。 つ い で 昭 和 十 六 年 「 青 春 」 に 続 く 書 き 下 し 長 編 と し て 「 典 子 の 生 き か た 」 を 書 く 。 こ れ は 津 田 典 子 と い う 孤 児 と し て 育 っ た 女 性 の 青 春 期 の 生 き 方 を 、 内 面 か ら い た 、 オ ー ソ ド ッ ク ス な 手 法 に よ る 小 説 で あ る 。 ば 描 く は 自 分 で 精 い つ ば い 考 え 、 決 断 し 、 懸 命 に 生 き て 行 く こ の 女 性 に 好 感 を 持 つ 。 伊 藤 整 を 女 性 に し た と も 言

現代日本の文学 32 伊藤 整 集


71 青 春 う ず ま み を し 、 自 分 が そ れ に 値 し な い よ う に と 避 け る 。 信 用 さ れ そ う 思 え ば 、 い ま の 信 彦 の 身 辺 に 渦 巻 い て い る 不 安 の 根 わ が み た よ う な 表 情 は し て い る が 、 い つ 自 分 が 相 手 を 裏 切 る か 分 本 は 、 我 身 や 友 人 の 身 に あ る 青 春 そ の も の か ら 来 て い る よ ら な い と い う 不 安 に つ き ま と わ れ て 、 苦 し さ を 覚 え る 。 こ う な も の だ 。 学 校 や 社 会 か ら 与 え ら れ る 生 活 の 規 矩 は 、 み れ は 自 分 の 若 さ の せ い だ ろ う か 、 そ れ と も 文 学 書 類 を 読 み な こ の 青 春 を 考 慮 の 中 心 に し て い な い 指 針 で あ っ た 。 青 春 あ さ っ た た め に 得 た 情 操 の 混 乱 が 自 分 に つ い て 離 れ な い た を 無 視 さ せ よ う と す る 指 導 、 青 春 を 罪 悪 の よ う に 、 そ れ 抜 め な の だ ろ う か 。 き に 加 え ら れ る 期 待 、 そ れ が 抑 圧 す る に 何 の 苦 労 も い ら な 沖 が 信 彦 に 与 え て い る 信 頼 の 念 は ど う や ら 信 彦 が 沖 に 返 い も の と し て 規 定 さ れ て い る 道 徳 、 そ う い う も の の 眼 に 見 ち っ そ く し て い る も の よ り も 大 き い ら し い 。 こ の こ と は ふ だ ん か ら え な い 束 縛 が 信 彦 た ち を と り 囲 み 、 し め つ け 、 窒 息 さ せ る お と な ひ ろ 信 彦 は 気 が つ い て い る 。 だ が 時 々 沖 は 急 に 信 彦 を 突 っ ぱ な よ う に 一 面 に あ た り に 拡 が っ て い る の だ 。 そ れ が 大 人 の 顔 し て 、 信 彦 が 自 ら の 不 信 の 念 に よ っ て 傷 つ く の を 見 て い る で あ り 、 世 間 の 顔 、 学 校 の 顔 で あ っ た 。 青 春 と い う も の は こ と が あ る 。 今 が そ れ だ っ た 。 信 彦 は 沖 に 対 し 、 美 耶 子 に 正 し く は 存 在 し な い の だ 。 そ れ は 仮 り の も の に す ぎ な い 。 ま し ん 対 し 、 彼 等 に ふ さ わ し い だ け の 信 頼 の 念 を 抱 い て い な か つ 一 種 の 麻 疹 だ と さ れ て い る 。 だ が そ う で は な い の だ 。 し か た 。 然 し 抱 く よ う な 顔 を し な が ら 、 極 く 簡 単 な こ と に も 疑 信 彦 に と っ て は 生 命 は 自 分 の 陥 っ て い る 青 春 と い う 状 態 と き た な 念 を 挿 む の は 、 考 え て み れ ば 必 ず し も 信 彦 の 心 の 汚 さ か ら 区 別 つ か な い も の な の だ 。 青 春 を 何 気 な い も の と し て 乗 り ほ ・ ん ば ら ′ う そ だ と は 言 わ れ な い も の が あ っ た 。 青 春 の 奔 放 な 気 持 の 溢 れ 越 え た 顔 を す る 若 者 に は 何 よ り も 大 き な 嘘 を 感 ず る 。 す べ き よ う だ 出 た と き に 起 る こ と に つ い て は 信 彦 は 信 念 を 持 て ず 、 そ こ て の 内 気 さ 、 怯 懦 、 た め ら い 、 向 見 ず 、 慾 情 、 慢 心 、 そ う か ら 自 他 に 対 す る さ ま ざ ま な 不 信 の き ざ し が 起 る の だ 。 だ い う も の は 抑 制 す る 由 も な く 自 分 の 内 側 か ら 湧 き 上 っ て 来 か ら そ う い う 青 春 の 域 を 越 え た よ う に 見 え る 細 谷 教 授 に る 。 世 間 の 規 矩 の 前 で は 仮 り の も の に し か 扱 わ れ な い そ れ は 、 も っ と 平 静 な 気 持 で む か っ て い ら れ る 。 信 彦 は 言 わ な ら の も の を と お し て で な け れ ば 、 自 分 の 存 在 全 体 を ま か せ な っ と く け れ ば な ら な い と 思 い ら れ る 真 実 は 見 が た い の だ 。 そ れ 等 の も の に 納 得 を 与 え る 「 僕 の 知 人 だ と 思 っ て い た わ け で は な い 」 と 言 っ た 。 沖 は も の で な け れ ば 、 自 分 に と っ て の 生 き た 規 矩 で は な い の 重 々 し く 、 何 の 表 情 も な い 顔 で 、 窓 の 方 を 見 て い た が 、 そ だ 。 多 分 そ う い う も の は な い の だ ろ う 。 青 春 の な か に 生 き う ご め の 言 葉 を 特 別 に 意 味 あ り げ に 受 け 入 れ た よ う で も な か つ も の の よ う に 蠢 い て い る も の の う ち 、 あ る も の は き っ と 閉 た 。 信 彦 は か す か に ほ っ と し た 。 め 出 さ れ た り 、 踏 み つ け ら れ た り す る に ち が い な い 。 信 彦 む こ う

現代日本の文学 32 伊藤 整 集


ー 十 七 の 年 の 唄 ・ ー な だ ら か な 緑 の 山 を 越 え て 遠 く 青 空 の か な た へ 続 い て ゆ く 電 信 柱 。 あ あ あ の 山 の 向 う に ど ん な 懐 し い 思 出 が 住 ん で い る 。 お さ な 稚 い 時 の 優 し か っ た ね え や も 罪 し ら な い 美 し い 私 の 夢 も あ の 電 信 柱 の 続 い た か な た に 静 か に 子 守 唄 を 歌 っ て い る か 。 あ の 電 信 柱 を た ど っ て 日 ・ か 暖 い 0 ひ な た 日 向 ・ ほ っ こ す る ま っ 毛 の 先 に ぼ っ と 春 の 日 の 夢 が 咲 く 。 し み じ み と 日 の 暖 か さ は 身 に し む け れ ど ま 白 い 雪 の 山 越 え て 春 の 来 る の は ま だ 遠 い 。 電 信 柱 山 を 越 え て 昔 の 夢 を 尋 ね て 行 き た い と 私 は い つ も 人 知 れ ず 眺 め て い る 。 い っ か の 春 野 山 の 雪 が 消 え た と き に 山 か げ か ら 変 な 言 葉 を つ か う 電 信 工 夫 の 群 が や っ て 来 た 。 み ん な は 村 の 木 賃 宿 へ と ま っ て 次 の 日 は ま た 電 信 柱 に 添 う て 段 々 山 の 向 う へ 越 え て 行 っ た 。 あ の 変 な 言 葉 づ か い の 電 信 工 夫 た ち の 事 を 私 は 忘 れ な い で い る 。 あ あ 銀 色 に 光 っ て つ な が っ て 青 空 の も と に 消 え て ゆ く う つ く し い 電 信 柱 の 列 。 か な た 私 の 夢 は い つ も あ の 彼 方 に 。

現代日本の文学 32 伊藤 整 集


当 込 , 新 ト ~ / 、 ま ソ , 洋 第 、 一 = 三 ゞ の 動 揺 の リ ズ ム に 身 を 任 せ る う ち に 、 「 私 は 、 実 質 が 何 で あ る か 分 ら な い が 、 自 分 に 近 づ い て 来 る 不 安 定 な 校 未 来 の 生 活 に 対 す る 布 れ の よ う な も の と 、 過 ぎ た 幼 年 中 時 代 の い ろ い ろ な も の の 追 憶 と 、 自 分 の 青 春 の 時 が 一 長 刻 一 刻 と 失 わ れ て 行 く と い う 意 識 の 与 え る か す か な 傷 現 み が 、 心 の 中 に む ら が り 起 こ る の を 感 し た 」 と あ る 。 校 も と も と 好 き で あ り 、 テ イ チ ア ノ の 「 白 衣 の 女 」 の 学 イ メ ー ジ と 重 な っ て 理 想 の 女 と し て 印 象 の あ っ た 浅 田 中 絶 子 が 、 高 峰 と 笑 い 興 じ て い る の を 眼 の あ た り に 見 て 、 立 重 田 根 見 子 の 方 に 一 層 心 が 傾 斜 し て 行 く さ ま が 、 磯 の 香 の よ う に 青 春 の 匂 い を 漂 わ せ て 次 の よ う に 、 書 か れ て い る 。 務 勤 「 そ の と き 私 は 、 急 に あ の 色 の 、 し め っ た よ う な 膚 , 刀 を し た 余 市 町 の 重 田 根 見 子 の こ と を 思 い 出 し 、 ま た 彼 整 女 の 西 洋 菓 子 の よ う な 匂 い を 思 い 出 し 、 そ の 重 田 根 見 後 業 子 が 生 き 生 き と 自 分 の 心 を 私 に 伝 え 、 私 も ま た 手 紙 で 卒 そ れ に 応 し て い る こ と を 、 ほ と ん ど 生 理 的 な ナ マ ナ マ 商 高 し さ で 考 え た 。 自 分 に は 、 自 分 を 愛 し て い る 少 女 が い る 、 と 私 は 心 の 中 で 言 っ た 。 す る と 、 重 田 根 見 子 の 大 は か ま す そ き な 目 や 、 そ の 橙 色 の 膚 や 、 そ の 袴 の 裾 か ら 見 え た 白 年 い 足 袋 や 、 み ん な が 女 性 の 現 実 の 魅 力 と な っ て 、 一 度 さ っ と う 正 に 私 に 殺 到 し た 。 重 田 根 見 子 が 女 で あ り 、 肉 体 を 持 っ 大 あ じ け て い る こ と を 、 私 は 目 が 覚 め る よ う に 、 現 実 の 味 気 な は だ

現代日本の文学 32 伊藤 整 集


て い る 。 多 分 あ る 時 、 自 分 は そ の 世 界 か ら 本 当 に 外 界 に 放 女 の 聡 明 さ の ま わ り に 、 青 春 は 纏 い つ け な い に ち が い な ろ う ご く み ご と た れ る か も 知 れ な い 。 だ が そ れ ま で に は こ の 透 明 な 牢 獄 。 そ れ を 自 分 か ら 美 事 に 切 り 落 し た よ う に 生 き て い る 。 い や は 、 そ の 外 界 が 要 求 す る よ う に 自 分 を 厭 ら し い あ の 世 間 な そ の 切 り 口 が 、 彼 女 の あ の き ら き ら と 黒 い 眼 に な っ て い る み の 人 間 の 形 に 造 り か え て し ま う に ち が い な い 。 そ の 時 は よ う だ っ た 。 も う 、 青 春 だ け が 自 分 に 話 し て く れ る こ の 豊 か な 生 の 意 む か い の 室 の 讃 美 歌 は 止 ん だ 。 信 彦 は う と う と と し か け か ら だ か じ よ う 味 、 感 覚 と 夢 想 の 過 剰 を 自 分 は 食 い つ く し て 、 哀 れ な 平 凡 て 身 体 が 寒 く な っ た 。 着 物 に 着 か え て 彼 は あ る 老 作 家 が 若 や 、 そ う な っ た い 頃 に 訳 し た フ ラ ン ス の 近 代 の 詩 華 集 を 開 い た 。 な 世 間 人 に な っ て し ま う に ち が い な い 。 い 時 に は じ め て こ の 牢 獄 は ひ と り で に 解 か れ 、 何 時 の 間 に か 自 分 が 世 間 人 に 立 ち 混 っ て い る の を 発 見 す る 。 自 分 の 若 さ 若 き わ が 世 は 日 の 光 と こ ろ ま ば ら に 漏 れ 落 ち し 、 あ ら し と は 、 そ う い う 風 な 、 我 か ら 身 の ま わ り に 置 く 牢 獄 な の 暴 風 雨 の 闇 に 過 ぎ ざ り き 。 い か ず ら お れ 鳴 る 雷 の す さ ま じ さ 降 る 雨 の は げ し さ に 、 だ 。 俺 を と り 囲 み こ こ に 苦 し く 閉 じ こ め る の は 、 俺 が 青 春 く れ な い わ が 庭 に 落 残 る 紅 の 果 実 と て も 稀 な り ぎ 。 の 中 に 見 出 し て い る 幻 覚 な の だ 。 そ れ は 多 分 樊 迦 ら し い も の に ち が い な い 。 藤 山 、 沖 、 そ お も い あ ら か じ さ れ ば 今 思 想 の 秋 に ち か づ き て 、 れ か ら 自 分 等 の 、 何 か 触 れ な い も の に 対 し て 予 め 興 奮 し す ー く わ わ れ 鋤 と 鍬 と に あ た ら し く 、 カ ん で い る よ う な こ の 精 神 状 態 が そ れ な の だ 。 庄 司 は 殆 ん で み す で み ず い い 。 だ が 彼 が 昨 夜 桜 の 花 の 洪 水 の 土 地 を 耕 せ ば 、 洪 水 は 土 地 に 、 ど 世 間 人 そ の も の と 言 っ て も う が 墓 と 見 る 深 き 穴 の み 穿 ち た り 。 下 で 腕 を ふ り ま わ し て い た 時 に 、 信 彦 は 庄 司 が 青 春 の 最 も し り ひ 整 理 し が た い も の を ま だ 尻 に 曳 き ず っ て 生 き て い る よ う な あ ら た そ う め い わ れ 夢 む 新 な る 花 今 さ ら に 、 気 が し た 。 そ れ を 冷 た く 見 て い る ら し い 美 耶 子 の 聡 明 さ の 洗 わ れ て 河 原 と な り し か か る 地 に 、 方 が も っ と 世 間 人 の 聡 明 さ に 似 て い る 。 だ が 彼 女 の は 単 な お い し げ 生 茂 る べ き 養 い を い か で 求 め 得 べ き よ 。 る 気 取 り の よ う に も 見 え る 。 あ の 気 取 り ら し い の を 通 し て 人 は す ら す ら と 世 間 の 規 矩 の 中 に 入 っ て 行 っ て し ま う の で の ら く 、 り に じ あ あ 悲 し 、 あ あ 悲 し 。 「 時 」 生 命 を 食 い は な い か 。 信 彦 に は 美 耶 子 が 、 そ の 虹 の よ う に 空 に か か る ひ と あ ん た ん 暗 澹 た る 「 仇 敵 ー 独 り 心 に は び こ り て 、 橋 を 渡 り 歩 い て い る 人 間 の よ う な 気 が す る の で あ っ た 。 彼 っ や み く だ も の ま と ま れ

現代日本の文学 32 伊藤 整 集


91 青 春 ど も 仲 間 は ま も な く 、 多 分 芸 術 家 の 沖 で す ら 、 こ の 牢 獄 か わ が 失 え る 血 を 吸 い 誇 り 栄 ゅ 。 ら 完 全 に 出 て 行 っ て し ま う だ ろ う 。 そ し て そ の 後 ま で こ こ こ の 暗 い 思 想 に と り 憑 か れ た 詩 人 の 言 葉 が 、 信 彦 の 立 ち に 住 ん で い れ ば 、 自 分 の ま わ り に は 、 透 明 な 独 房 の 牢 獄 ガ ラ ス 迷 っ て い る こ の 硝 子 張 り の 、 空 気 の と ・ ほ し い 青 春 の 遙 か 未 が 、 長 く 長 く 、 続 く の だ 。 若 し も こ の 詩 人 の よ う に 自 己 の 来 の 果 て に 、 冷 酷 に 残 忍 に 立 ち ふ さ が っ て い る よ う に 見 え 観 念 と 物 の 相 と の 焦 点 を 合 せ て 、 偽 り な い 視 野 を も っ て 生 た 。 自 分 の 若 さ に は 、 や が て そ う い う 結 果 し か 予 定 さ れ て き よ う と す る な ら ば 。 そ れ に 耐 え て 生 き と お せ そ う な 自 信 は 信 彦 に は 湧 か な か い な い の だ ろ う か 。 そ れ 以 外 に 抜 け 道 は な い の だ ろ う か 。 わ く ま だ 青 春 は 自 分 に 造 花 の よ う な 花 し か 開 い て 見 せ な い 。 花 っ た 。 そ し て い ま の 自 分 の 周 囲 の 枠 を 破 っ て 外 の 世 界 に む さ ば あ じ わ の よ う に 見 え る も の も 、 手 を 伸 ば せ ば そ れ は 硝 子 の 牢 獄 の 出 、 そ こ に あ る も の を 貪 る よ う に 味 っ て 生 き る こ と だ け を 外 側 に 咲 き 、 自 分 と 関 係 の な い 世 界 か ら 養 い を と っ て い る 本 能 的 に 彼 の 血 が 命 じ て い る 。 そ の 声 に 従 っ て 生 ぎ る こ と も の だ 。 美 耶 子 が そ の ひ と つ だ 。 自 分 が こ の 牢 獄 か ら 出 が 決 し て 無 意 味 な こ と で な い こ と を 、 信 彦 は 改 め て 自 分 に た ら ま 確 認 さ せ た い の だ っ た 。 だ が 、 そ の 世 界 へ 出 て 行 く に は 、 て 、 そ れ に 触 れ る と き 、 そ れ は 忽 ち 色 あ せ 、 血 液 を 失 い た め ら た め ら 醜 く し お れ て し ま う に ち が い な い 。 そ う だ 、 や が て 青 春 が 躇 い が 絶 え ず つ い て ま わ っ て い る 。 こ と ご と に 自 分 が 躇 る い せ き し か も 衝 動 は 内 側 に 累 積 さ れ て 、 絶 え ず は じ き 出 し そ 終 れ ば 「 落 残 る 紅 の 果 実 と て も 稀 ー で あ ろ う 。 ま だ そ れ が や っ て 来 な い 今 、 こ の よ う に こ の 詩 が 自 分 を う に な っ て い る 。 不 可 思 議 な 危 い 世 界 な の で あ っ た 。 向 い の 部 屋 の 少 女 の 立 て る も の 音 が 色 々 な 珍 し い 生 活 の 共 感 の 中 に 引 き 入 れ る の は 、 す で に 青 春 の 初 ま り に 我 身 の ま わ り に せ ま っ て い る 秩 序 が 、 そ の 終 り の 秩 序 を も 予 感 さ 意 味 を 語 っ て い る よ う で 、 次 第 に 信 彦 は 心 惹 か れ て 行 く の し ば ら だ っ た 。 讃 美 歌 が や ん で 暫 く す る と 、 食 器 類 の 音 が し は じ せ て い る か ら だ 。 や が て 墓 と 見 る 深 き 穴 の み が 地 に 開 き 、 生 命 は 「 時 」 の 魔 に 食 い 尽 さ れ て 終 る の だ ろ う 。 そ し て 青 め 、 ば た ば た と 階 下 へ お り て 行 っ た 。 夕 食 の 支 度 な の だ ろ 春 の 終 り に 来 る も の と し て 、 こ の 詩 人 が 開 い て 見 せ る の う 。 暫 く す る と ま た 歌 い な が ら ゆ っ く り と 階 段 を あ が っ て は 、 冷 厳 な 残 忍 な 生 の 姿 だ け だ 。 そ こ で も な お 人 は 生 き う 来 た が 、 そ れ は 外 か ら 帰 っ て 来 た ら し い 姉 と 一 緒 で あ っ こ 0 る の で あ ろ う 。 多 分 生 き て い る と す れ ば 、 そ れ は や つ ば り 別 種 な 牢 獄 の 連 続 の 中 で で あ る に ち が い な い 。 い ま 信 彦 の 「 も う こ れ で み ん な 出 来 た わ 。 あ れ 買 っ て 来 て く た す っ 陥 っ て い る 牢 獄 に は 、 幾 人 か の 年 齢 的 な 仲 間 が あ る 。 け れ た ? 」 は る

現代日本の文学 32 伊藤 整 集


の 街 か ら 十 里 ほ ど 離 れ た 林 檎 の 産 地 に 生 徒 を 花 見 に つ れ て 室 へ 帰 る と 、 む か い の 室 の 女 学 生 が 小 さ な 声 で 歌 っ て い の ど せ き た 。 と き ど き 喉 の 奥 で く つ く っ と 咳 ば ら い し て 、 そ の 歌 が 行 く 習 慣 を つ け た の だ っ た 。 桜 の 樹 は こ の 街 に 多 か っ た さ ん び か が 、 。 ヒ ク ニ ッ ク に な る よ う な 距 離 に は か え っ て 桜 は な い の つ づ い た 。 讃 美 歌 の よ う で あ っ た 。 編 物 で も し な が ら 歌 っ わ か ば で あ っ た 。 雪 に 閉 じ こ め ら れ た 半 年 か ら 解 放 さ れ て 嫩 葉 や て い る よ う な 放 心 し た 調 子 で あ る 。 信 彦 は こ の 二 三 日 間 の 花 と と も に 春 の 光 を 浴 び る に は 、 多 少 異 国 趣 味 で あ る 林 檎 あ わ た だ し い 身 の ま わ り の 動 き に 、 落 ち つ き が な か な か 戻 な か の 真 白 い 花 ざ か り の 方 が ふ さ わ し く も 思 わ れ た 。 半 ば 植 民 ら な い よ う な 気 持 で 、 服 の ま ま 室 の 真 中 に ど し ん と 音 を 立 地 の 性 格 を ま だ 失 っ て い な い こ の 北 国 は 、 開 拓 が 外 国 風 な て て ひ っ く り 返 っ た 。 そ の 音 に 驚 い た よ う に 歌 は は た と 止 し ば ら か 、 り 】 に 新 ら し い 方 法 で さ れ た た め か 、 街 の 風 景 、 施 設 な ど に む し ん だ が 、 暫 く す る と 、 ま た 身 体 の 動 き に 合 せ て い る よ う な ろ 異 国 風 な 面 影 が 多 く 、 そ う い う 外 国 好 み の 花 見 が 生 徒 に 単 調 な リ ズ ム で 歌 が 響 い て き た 。 寝 こ ろ ん だ ま ま 手 を う ん も 素 直 に 受 け 入 れ ら れ 、 そ れ が い っ か 一 部 の 教 授 や 生 徒 の と 伸 ば し て 彼 は 南 側 の 窓 を ひ ら い た 。 既 に 外 気 は か な り 暖 年 中 行 事 の よ う に な っ て い た 。 く 、 晴 れ た 空 に 白 い 雲 が 浮 か ん で い る 。 自 分 の 周 囲 が 幸 福 桜 の 木 が 街 路 樹 や 庭 木 と し て の 場 所 し か 与 え ら れ て な い を 求 め て 動 く 人 の 群 れ で ゆ れ 騒 い で い る よ う で あ り な が の に 較 べ れ ば 、 近 く の 町 郊 外 の 林 檎 園 は 、 何 百 町 歩 と い ら 、 自 分 自 身 は ぼ つ ん と 寂 し く 誰 の 心 に も と め ら れ ず 放 り う 平 野 の 全 部 が こ の 花 で 埋 め ら れ る だ け 、 景 色 の 大 き さ か 出 さ れ て い る よ う な 気 が し た 。 た と い 美 耶 子 が 庄 司 を ど う ら 言 え ば 比 較 に な ら ぬ ほ ど の も の で あ り 、 そ れ に 、 桜 の よ 扱 っ て い よ う と 、 二 人 の 間 に は 、 自 分 に 閉 ざ さ れ て い る お と な う な 情 緒 的 に 重 っ 苦 し い 伝 統 を 負 わ さ れ て い な い 真 白 な 林 大 人 の 世 界 が あ る 。 そ こ に は 信 彦 は 入 っ て ゆ け な い の で あ 檎 の 花 は 、 も っ と 若 々 し い 青 春 の 幻 想 を じ か に 表 現 し て い っ た 。 沖 の 事 情 も ま た 何 か そ う い う 感 じ を 彼 に 与 え た 。 自 る 趣 が あ っ た 。 そ れ は 桜 よ り も 一 層 こ の 北 国 の 春 を 不 明 確 分 は そ の い ず れ の 世 界 に と っ て も 傍 観 者 で あ り 、 年 齢 と か に で は あ る が 深 く 象 徴 し て い る よ う だ っ た 。 経 験 と か い う 、 目 に み え な い 仕 切 り で 隔 て ら れ て い る 。 五 月 の 半 ば す ぎ れ ば 開 花 期 に な る の で あ っ た 。 信 彦 は 花 自 分 の 若 さ が 空 し く 信 彦 の 身 に 戻 っ て 来 る の だ 。 若 さ と 見 に ゆ く 日 ど り を 美 耶 子 と ほ ・ ほ き め て 、 細 谷 教 授 の 帰 宅 し は 大 き な 透 明 な 室 の よ う な も の だ 。 周 囲 は 外 の 世 界 に 全 部 ガ ラ ス 青 な い う ち に そ の 日 は 辞 し て 去 っ た 。 続 い て い る よ う に 見 え な が ら 、 硝 子 の よ う な も の に 突 き 当 っ て 外 の 世 界 に は 出 ら れ ず 、 自 分 の 声 ば か り が 大 き く 自 分 に 戻 っ て 来 る 。 そ の 中 を 動 物 の よ う に ぐ る ぐ る 歩 き ま わ っ

現代日本の文学 32 伊藤 整 集


63 青 春 両 側 に 植 え ら れ て あ る 樹 木 が 暗 が り か ら 低 く 枝 を 差 し の っ た 。 何 と な く い つ も と 調 子 が 変 っ て い た 。 熱 心 な の か 、 し ば ら け ん べ て い た 。 暫 く 行 く と 、 電 燈 が 十 間 ほ ど の 間 隔 で つ い て い 投 げ て や っ て い る の か 、 彼 の 顔 や 態 度 で は 見 分 け が っ か な か っ た 。 る 桜 並 木 の と こ ろ へ 出 た 。 電 燈 に 照 ら さ れ て 、 桜 が 真 白 に じ ゃ り 「 あ あ 、 学 校 も も う 一 年 だ な 」 と 砂 利 を 靴 で ざ く ざ く と 踏 闇 の 中 か ら 浮 き 出 し て い た 。 急 ぎ 足 に と お る 人 は 何 人 か あ っ こ 。 み し め て い た 藤 山 が 言 っ た 。 彼 は 人 が 何 人 か 集 る と 、 き っ す み と 一 番 目 立 た な い 隅 に い る の で あ る 。 小 柄 な 彼 に は そ れ が 「 学 校 を 出 て か ら 君 は す ぐ 勤 め る の か い 、 神 津 」 と 武 光 が 似 合 っ て い た 。 そ の 隅 っ こ か ら 、 時 と し て 彼 は 座 の も の を 言 っ た 。 信 彦 は そ の こ と に つ い て は ま だ 気 持 が 定 ま っ て い 笑 い か 議 論 か に 誘 い 込 む 妙 な 発 言 を す る 癖 を 持 っ て い た 。 よ い 。 東 京 に あ る 同 じ 系 統 の 大 学 に 入 ろ う と 自 分 で は 思 っ 今 夜 も 、 夜 道 を 四 人 並 ん で 歩 け ば 藤 山 は 一 番 暗 い 山 側 の 爛 て い る の だ が 、 父 の 病 気 以 来 家 の 事 業 が う ま く 行 っ て い な し た い ら し い の で 、 そ れ も は っ き り と 決 め ら れ ず 、 若 し 大 学 へ 下 を 歩 い て い た 。 遊 び 疲 れ た よ う に も の を 言 わ な い 皆 の 中 で 信 彦 が 、 あ と 一 年 に な っ た 自 分 た ち の 在 学 期 間 の こ と を 行 く と す れ ば も う や っ て お か ね ば な ら ぬ 試 験 準 備 も あ る の だ が 、 手 を つ け る 気 持 に な ら ぬ 。 考 え て い る と 不 意 に 藤 山 は そ れ を 言 い 出 し た の で あ っ た 。 藤 山 と 自 分 と の 考 え が 妙 に 一 致 す る と い う こ と に 、 こ の 「 い や ま だ よ く 考 え て な い ん た 。 僕 は ね 、 こ の 三 年 間 に 、 け ん 頃 信 彦 は 多 少 の 嫌 悪 を す ら 覚 え る の だ 。 長 い あ い だ 親 し く も っ と 考 え て お く べ き こ と が あ っ た の だ が 、 今 ま で に 何 一 た ど 交 際 す る と 、 気 持 の 動 き 、 頭 の 働 き ま で 同 じ 軌 道 を 辿 る よ っ 決 定 し た も の は な い 。 そ う い う 考 え ご と を 更 に ゆ っ く り や る た め に は 上 の 学 校 へ 入 っ て 考 え る 暇 を つ く っ た 方 が い う に な る 。 そ の 相 手 を 尊 敬 し て い る と き は 、 そ れ も 嬉 し い い の で は な い か と 思 っ て い る 。 僕 た ち は 一 体 出 世 と か 栄 達 こ と に ち が い な い が 、 自 分 の 関 心 が 外 の も の に 移 っ て い る わ す ら 時 に は か え っ て そ れ は 煩 わ し く 厭 わ し い の だ 。 信 彦 は だ ま と か い う こ と を 真 面 目 に 考 え る べ き な の だ ろ う か 。 そ れ と も 、 そ う い う こ と を 考 え ず に 、 細 谷 さ ん の よ う に 美 と 真 実 っ て い た 。 っ て や つ を だ け 何 も の か ら も 切 り は な し て 考 察 し て 生 き た 「 そ う だ な 、 と う と う も う 一 年 と い う こ と に な っ て し ま っ た 。 青 春 も 幕 を 閉 じ る よ 」 と 武 光 が 藤 山 と 反 対 側 の 暗 が り 方 が 正 し い の だ ろ う か 。 こ れ が 第 一 分 ら な い ね 。 細 谷 さ ん の 中 か ら 言 っ た 。 信 彦 は 沖 に 何 か 話 し か け た い の だ が 、 真 に 相 談 し て 見 よ う と も 思 う ん だ が 、 出 世 な ん て 言 葉 を 使 っ た ら す ぐ あ の 人 に 蔑 さ れ る だ ろ う な 」 と 信 彦 は 細 谷 教 授 中 を 歩 い て い る 二 人 は た が い に 相 手 の 言 い 出 す の を 待 ち 、 と こ ろ の 処 に い た 時 か ら の む す ば れ て い た ロ が ほ ど け て 、 す ら す そ の う ち に 間 が 抜 け て し ま っ た 。 や み

現代日本の文学 32 伊藤 整 集


お 前 の 菓 子 の よ う な 言 葉 を 私 の た め に 使 わ せ 私 の 陰 惨 な 思 想 を 立 て 直 し そ う し て 今 の み じ め な 状 態 か ら 新 ら し く 善 い 生 活 を は じ め る の を 真 昼 の 雨 降 花 の よ う に ・ ほ ん や り し た ま っ 白 い 夢 と し て え が 幾 た び 胸 の な か に ひ そ か に 画 い て み た と て も 。 今 日 も ま た 女 よ 私 の 存 在 に 無 関 心 な 内 気 な 顔 よ 。 私 と お 前 の 間 に は こ の 冷 た い 空 間 が あ っ て 私 の 心 象 を 限 っ て し ま う 外 皮 が 私 を お お い か よ と む し あ あ 私 を 甲 虫 の よ う に こ わ ば ら せ て い る 。 春 の 夜 あ あ こ ん な に 春 の な ま 暖 い 心 地 よ い 風 の 吹 く 晩 に ぐ っ す り と 快 く 寝 よ う 。 晩 の 七 時 か ら 明 け 方 の 六 時 ま で か い ム く 魂 が す っ か り 恢 復 し て 夢 に 飽 食 す る ま で 。 そ し て 明 る い ひ や り と し た 春 の 朝 風 に 吹 か れ て 芽 を 吹 い た 柳 の 林 へ わ け て 入 ろ う 。 窓 に き ら め く 星 と ま ひ の ひ び き と 麻 痺 す る 様 な 小 川 家 の 角 や 垣 に か ら ま っ て い る 風 と 。 こ ん な に も 良 い 晩 の 暖 い 寝 床 に 両 足 を の ば し て 死 ん だ 様 に よ く 眠 っ て 朝 の 散 歩 に も 目 蓋 が は っ き り と あ か な い 程 の 完 全 な 魂 の 休 息 を と ろ う 。 少 年 の 死 ん だ 日 朝 に け に 心 に お き っ 現 し 世 の 言 葉 交 さ ず 人 を 死 な せ た り い か に も 人 が 死 ん で も よ さ そ う な 風 の ふ き か た で あ る 。 青 黒 い お 天 気 は 曇 る の か 晴 れ る の か す こ し も 落 ち つ か な い 。 雪 は 大 方 解 け て 谷 に 醜 く 残 っ て い る 。 子 供 た ち は 風 を 恐 れ 家 の か げ に 集 っ て か ん 板 や 鑵 を が ら が ら 叩 い て い る 。 樹 木 の 枝 が 蒼 ざ め て 震 え る 。 そ う だ あ の 十 四 の 子 が 今 日 死 ん だ と は あ お ま ぶ た , っ 川 崎 昇