検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集から 434件ヒットしました。

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


福 岡 百 道 海 岸 で 左 よ り 三 保 一 雄 久 美 寿 美 ( 昭 和 三 年 ) 右 一 雄 ( 昭 和 三 年 ) 朝 鮮 の 各 地 を 旅 行 し た い と 情 熱 を こ め て 語 り 出 し た 。 あ こ が そ れ は 冒 険 を 憧 れ る 若 者 の よ う な 話 し 振 り だ っ た 。 私 大 は 不 思 議 な 気 持 で 聞 い て い た 。 ち 孫 を 抱 い た 檀 雄 を 見 た と た ん 、 ど の よ う な 青 春 に 一 ~ 。 妹 《 美 も 、 必 す 終 り と い う も の が あ る 、 と 田 」 っ た 私 は 、 し か で く 久 し 同 時 に 、 青 春 は 形 を 変 え て 永 く 保 持 さ れ 得 る も の で 家 ほ 保 の あ る 、 と も 田 む い な し た こ と だ っ た 。 柳 み 羊 ( こ の 檀 . 一 雄 の 青 春 の か た ち 、 在 り よ う に つ い て 、 冬 か わ か み て っ た ろ ラ 樹 社 版 『 花 筐 ( は な が た み ) 』 の 帯 に 、 河 上 徹 太 郎 が 柳 川 に て 左 よ り 一 雄 三 保 久 次 の よ う に 書 い て い る さ ぶ ろ う せ い れ つ 美 寿 美 父 三 郎 ( 昭 和 三 年 ) 〈 檀 一 雄 の 文 学 は 清 冽 な 青 春 文 学 で あ る 。 そ れ は 本 書 「 花 筺 」 に あ る 二 十 代 前 半 に 書 い た 処 女 作 の 一 群 が そ う で あ る だ け で な く 、 戦 後 の 中 年 に な っ て の 作 品 も そ ま う と う ぶ ら 、 の 精 神 を 失 わ な い 。 時 に 蕩 無 に 見 え る そ の 生 活 ぶ り も 、 無 責 任 な 頽 廃 で は な く 、 す べ て 純 潔 な 青 春 に 基 ほ げ い せ ん づ い て い る 。 征 軍 ・ 南 氷 洋 で の 捕 鯨 船 乗 組 ・ 戦 後 の ヨ ー ロ ッ パ 放 浪 な ど 、 皆 そ の 現 れ で あ る 。 そ れ は 知 性 と ろ う ま ん は 野 性 の 特 異 な 混 り 合 い で 、 彼 こ そ 戦 前 の 日 本 浪 曼 派 グ き し ゅ ル ー プ の 最 も 健 康 な 旗 手 で あ る 〉 河 上 徹 太 郎 は 檀 の 青 春 の 、 形 を 変 え な が ら の 永 遠 性 ち ゃ く も く に 着 目 し て い る わ け だ が 、 私 は こ こ で は 、 彼 の 青 春 の さ ま ざ ま の 形 の 、 そ の と き ど き の 終 り か た に 照 明 を あ 9 て て 、 檀 一 雄 の 行 程 を 歩 い て み た い と 思 っ て い る 。 そ を 、 を 第 ・ 0 0

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


織 田 作 之 助 集 注 解 = 四 四 年 中 借 金 取 が 出 は い り し た 。 節 季 は む ろ ん ま る で 毎 日 の こ と で 、 醤 油 屋 、 油 屋 、 八 百 屋 : : : こ の 書 き 出 し 以 下 全 編 に わ た っ て 、 大 阪 の 古 風 な も の へ の 郷 愁 が 漂 っ て い く 。 主 人 公 の 漂 い 流 れ て い く 変 転 が 、 羅 列 さ れ た 商 売 に よ っ て 運 命 的 に 示 さ れ て い る の も 特 長 で あ る 。 一 一 四 五 曾 根 崎 新 地 大 阪 北 区 の 北 端 に あ る 地 で 、 有 名 な 〈 北 の 新 地 〉 と 呼 ば れ る 遊 廓 が あ る 。 一 七 三 紙 治 紙 屋 治 兵 衛 の 略 。 紙 屋 治 兵 衛 は 、 近 松 門 左 衛 門 作 の 世 一 西 五 下 地 ッ 子 芸 者 に さ せ る 目 的 で 遊 芸 な ど を 習 わ せ て 養 っ て あ じ よ ー ′ る れ ・ し ん じ ゅ う て ん の あ み じ ま る 女 の こ と 。 話 物 人 形 浄 瑠 璃 、 「 心 中 天 網 島 」 の 主 人 公 。 大 阪 天 満 の 紙 商 。 新 地 の 妓 小 春 と 親 し み 、 貞 節 な 妻 お さ ん と の 間 の 板 ば さ み と な 五 左 団 扇 安 楽 に 、 の ん 気 に 生 活 が で ぎ る こ と の た と え 。 り 、 大 長 寺 で 小 春 と 情 死 す る 。 一 一 四 五 旦 さ ん 〈 旦 那 さ ん 〉 の 略 。 関 西 地 方 で よ く 使 わ れ る 。 一 七 四 沢 正 沢 田 正 一 一 郎 ( 一 892 ~ 1929 ) の 通 称 。 俳 優 。 大 正 六 年 = 哭 厚 子 厚 い 平 地 の 綿 物 で 作 っ た 仕 事 着 。 は ん て ん 、 前 掛 な ど 0 「 新 国 劇 」 を 組 織 し 、 剣 劇 に 壮 烈 な 殺 陣 を 演 じ 、 大 衆 に 人 気 が あ っ た 。 一 一 哭 北 大 阪 の 繁 華 街 は 梅 田 付 近 の 〈 北 〉 と 難 波 付 近 の 〈 南 〉 と に あ き ら か に 分 れ て い る 。 一 茜 豹 一 こ の 毛 利 豹 一 と い う 少 年 は 、 作 者 の 処 女 作 「 雨 」 に も へ ん り ん そ の 片 鱗 が ふ れ ら れ て い る 。 一 一 哭 ま む し 京 阪 地 方 で 用 い ら れ る こ と ば で 、 〈 鰻 の 蒲 焼 き 〉 、 〈 鰻 丼 〉 の こ と 。 一 一 0 一 一 金 Geld ( 独 ) の 略 。 学 生 語 で 金 の こ と 。 三 三 デ カ ン シ ョ 明 治 の 終 り 頃 か ら 学 生 、 花 柳 界 に 流 行 し た デ カ = 癸 関 東 煮 京 阪 地 方 で 用 い ら れ て い る こ と ば で 、 関 東 地 方 の 煮 ン シ ョ 節 。 デ カ ル ト ・ カ ン ト ・ シ ョ ー ・ 込 み の 〈 お で ん 〉 の こ と 。 ヘ ン ハ ウ エ ル ら の 哲 学 者 の 名 前 を も じ っ た 作 詞 が う け た と い う 。 一 一 哭 か や く 飯 京 阪 地 方 で 用 い ら れ て い る こ と ば で 、 〈 五 目 飯 〉 の こ と 。 三 九 君 の 放 浪 は 実 に 君 ら し い 青 春 : : : 主 人 公 豹 一 の 青 春 は 、 作 者 ら し い 要 素 を 多 分 に 帯 び て い る 人 物 の 青 春 で あ る 。 主 人 公 の 一 碧 春 団 治 桂 春 団 治 。 大 阪 の 落 語 家 。 大 阪 落 語 に ナ ン セ ン ス な 感 受 性 は 宿 命 的 な か た ち で め ざ め て い る 。 〈 失 う に 足 る 青 春 〉 味 わ い を 加 え 、 当 時 の 人 気 者 と な っ た 。 そ の 生 涯 は 、 奇 行 に み を 持 た な か っ た 作 者 は 、 こ の 書 に よ っ て 、 不 思 議 な 、 逆 説 的 な ち て い て 、 長 谷 川 幸 延 に よ り 劇 化 さ れ た り し た 。 〈 青 春 の 歌 〉 を う た う ・ 一 一 岩 久 離 切 っ て の 勘 当 永 久 に 縁 を 切 る こ と 。 歌 舞 伎 の 脚 本 、 浄 瑠 璃 な ど に よ く 出 て く る 。 夫 婦 善 哉 一 難 波 新 地 大 阪 南 の 有 名 な 遊 廓 。 こ ろ か つ ら ら れ つ 5 な ー

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


井 の 誘 い を 断 り 切 れ ず 、 あ る 夜 赤 井 と 一 緒 に 宮 川 町 で 泊 っ だ 。 赤 井 の 青 春 説 を 改 め て 考 え 直 す の だ 。 幻 て し ま っ た 。 「 君 さ え 構 へ ん か っ た ら 、 な ん と か す る ぜ 」 「 こ れ が 青 春 な ん だ 。 汚 い と こ ろ に 美 し い も の を 見 つ け る 「 当 あ る の か ? 」 し や く ぜ ん の が 本 当 の 青 春 な ん だ 」 赤 井 は 良 い 加 減 な 青 春 説 を 振 り ま そ う 言 わ れ る と 、 野 崎 は は じ め て 釈 然 と し て 来 て 、 嬉 し な っ と く わ す と 、 野 崎 は 納 得 し た の か し な い の か 、 気 の 弱 そ う な 声 そ う な 顔 を す る の だ 。 で 、 「 あ る ぜ 」 「 う ん 、 そ や 、 青 春 ゃ な 」 と 黒 い 顔 で う な ず く の だ っ た 。 「 そ う か 。 そ ん な ら 僕 ど こ か で 待 っ て い よ う か ? 」 し ゃ べ 赤 井 の む き に な っ て 喋 っ て い る 言 葉 の 意 味 が わ か ら な い の 「 ヴ ィ ク タ ー で 待 っ て て く れ 」 野 崎 は な に か 責 任 の 重 さ を ほ ん そ う を 、 赤 井 に 済 ま な く 思 っ て い る ら し か っ た 。 痛 感 し た よ う な 顔 で 、 夜 の 町 を 金 策 に 奔 走 す る の だ っ た 。 野 崎 は 赤 井 や 豹 一 と 一 緒 に 四 条 通 へ 出 る と 、 も う 宮 川 町 あ る 日 、 野 崎 は 突 然 行 方 不 明 に な っ た 。 そ の 前 の 晩 野 崎 へ 行 か な け れ ば な ら ぬ と 思 い 込 ん で い る ら し か っ た 。 宮 川 と 赤 井 と 一 緒 に 宮 川 町 で 泊 っ た の だ が 、 金 無 し で 泊 っ た の 町 が 見 え る 「 八 尾 政 」 へ ビ ー ル を の み に は い っ た り す る で 、 野 崎 は 赤 井 を 人 質 に し て 金 策 に 出 掛 け た 。 が 、 何 時 と 、 も う そ れ は 決 定 的 な も の に な 0 た と い う 顔 を す る の で 経 0 て も 赤 井 の と こ ろ へ 帰 0 て 来 な か 0 た 。 そ こ の 家 の 女 あ る 。 そ し て そ の た め の 資 金 を 如 何 に し て 作 る べ き か を し 中 が 学 校 へ 豹 一 を 訪 ね て 来 て 、 金 を も っ て 帰 り 、 そ れ で や し ん せ 、 き り に 考 え る の で あ る 。 京 都 に あ る 二 軒 の 親 戚 か ら は も う っ と 赤 井 は 人 質 か ら 解 放 さ れ た が 、 野 崎 は そ れ か ら 三 日 も こ れ 以 上 借 り ら れ な い ぐ ら い 借 金 し て し ま っ た 。 質 に 置 く 下 宿 へ 帰 っ て 来 な か っ た 。 二 人 で 探 し て 見 た が 、 見 当 が っ も の も な い 。 そ ん な 結 論 に 到 達 す る と 、 彼 は 赤 井 の 青 春 の か な か っ た 。 三 日 目 の 朝 、 学 校 へ 行 く と 、 野 崎 が し ょ ん ぼ た め に 済 ま な く な っ て 来 る 。 そ し て ま た 、 そ の よ う な 青 春 り 教 室 に 坐 っ て い た 。 授 業 が 始 ま る 前 だ っ た の で 、 直 ぐ 呼 こ の え ど お り に 背 中 を 向 け て 今 夜 も 一 人 で 帰 っ て 行 く だ ろ う 豹 一 に 対 し び 出 し て 、 近 衛 通 の 契 茶 店 へ は い り 、 事 情 を 訊 い て 見 る て も 、 何 か 済 ま な い 気 が す る の だ 。 「 八 尾 政 」 を 出 る と 、 と 、 こ う だ っ た 。 は じ め て 野 崎 は お ず お ず と 口 を 切 る の だ っ た 。 赤 井 を 人 質 に 残 し て 、 出 た も の の 、 野 崎 に は 金 策 の 当 が し ん せ 「 赤 井 、 金 な ん と か し よ う か ? 」 な か っ た 。 三 軒 あ る 親 戚 も 一 方 で 借 り た 金 を 一 方 へ 返 し 、 「 う ん 、 そ う だ な 。 し か し 、 べ つ に 今 夜 は ー ー 」 そ う 赤 井 そ こ で ま た 借 り た 金 で 一 方 へ 返 し し て い た か ら 、 随 分 借 金 か さ が 言 う と 、 野 崎 は な に が な ん だ か 分 ら な く な っ て 来 る の が 嵩 ん で い た 。 五 円 返 し た そ の 場 で 十 円 借 り る と い う つ も 材 ル 、 た な か め う れ あ て

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


た オ リ ン ピ ッ ク 出 場 へ と 結 び つ き 、 作 家 と し て は 特 異 旗 」 の 配 布 に 協 力 し た り し て い る 。 ま た 兄 の 要 請 で 、 な 、 オ リ ン ピ ッ ク 選 手 の 過 去 を も っ こ と に な る 。 自 分 の 学 資 貯 金 を 引 き 出 し 、 党 資 金 局 へ 献 金 し て 〈 退 お び 学 、 投 獄 と い っ た 不 安 に 法 え な が ら も 、 人 類 の 犠 牲 ( 「 オ リ ン ポ ス の 果 実 」 は 、 こ の 体 験 に も と づ い て 、 青 あ 、 か ん し よ う そ う し よ う け な ろ 、 つ と 勇 ま し く 決 音 ~ 〉 し た り 、 そ の 翌 年 、 小 林 多 喜 春 の 哀 歓 、 焦 躁 、 憧 蔭 を 過 不 足 な く 描 い た 秀 作 で あ る 。 こ れ は 二 十 五 歳 の 春 頃 か ら 書 き は じ め ら れ 、 そ の 後 、 一 一 虐 殺 の 報 に 接 し 、 怒 よ り も 恐 布 を 感 じ 、 〈 局 を 通 召 集 、 野 戦 病 院 、 原 隊 復 帰 、 な ど を 経 て 復 員 、 昭 和 十 し 、 五 千 円 の 大 口 献 金 を し た 、 重 大 犯 人 の 私 が 、 地 下 も ぐ 五 年 二 十 七 歳 の と き 完 成 、 「 文 学 界 」 に 発 表 、 池 谷 賞 に 潜 ら す 、 非 合 法 活 動 を 続 け 、 そ れ で い て 、 警 察 に す ぐ 知 ら れ て し ま う 、 合 法 的 生 活 を し て い る 〉 こ と に お を 受 け た 作 品 で あ る 。 「 オ リ ン ポ ス の 果 実 」 と は 、 太 宰 治 が す す め て 改 題 し た も の で 、 も と は 作 中 の 〈 ば く 〉 び え る の で あ る 。 あ み ず が 思 い を 寄 せ る 女 子 選 手 か ら 貰 っ た 〈 杏 の 実 〉 を 、 そ し か し 間 も な く 、 兄 か ら 資 金 局 内 部 に 資 金 流 用 の あ の ま ま 題 名 に し て い た よ う で あ る る こ と を 聞 き シ ョ ッ ク を 受 け 、 韭 ( に 活 動 か ら ・ 身 を 引 き 、 こ こ に 展 開 さ れ て い る の は 、 二 十 歳 の 頃 の 実 に 気 持 兄 に 学 資 を 出 し て も ら い 学 校 に 復 学 す る こ と に な る 。 の よ い 青 春 の す が た で 、 女 子 選 手 を 追 い ま わ す 〈 ば く 〉 こ れ ら 戦 前 の 左 翼 運 動 の 周 辺 を 書 い た も の が 「 青 春 の こ っ の 滑 檮 さ も 、 友 人 の 部 員 た ち と の い が み 合 い も 、 勝 負 河 」 で あ る た い し て き に れ た あ と の 虚 脱 感 も 、 す べ て 〈 若 さ 〉 に よ っ て 浄 田 中 英 光 の 青 春 は 、 こ の よ う な 全 く 対 蹠 的 な 体 験 が 化 さ れ た 形 で 提 出 さ れ て い る 。 性 慾 さ え も が 青 春 の せ 踵 を 接 し て や っ て 来 た と こ ろ に 始 ま る 。 ロ サ ン ゼ ル ス ・ し で 、 そ れ が と り 得 る 、 最 も 美 し い 様 態 の な か に お か オ リ ン ピ ッ ク 大 会 の 明 る さ と 、 左 翼 地 下 活 動 の 暗 さ と れ て い る 。 が そ う で あ り 、 そ の 二 面 が と も に 田 中 英 光 の 青 春 の 真 し か し 田 中 英 光 の 二 十 歳 の 青 春 は 、 そ の よ う な 明 る 実 の 姿 で あ っ た の だ 。 い 健 康 な 側 面 ば か り を も っ て い た の で は な い 。 当 時 す 〈 当 時 、 ば く は 二 十 歳 、 た い へ ん 理 想 に 燃 え て い た も で に 共 産 党 の 地 下 運 動 に 関 係 を も ち 、 細 胞 活 動 を 続 け の で す 。 な に よ り も 、 貧 し き 人 々 を 救 い た い と い う 非 て い た 兄 英 恭 の 影 響 で 、 英 光 も 社 会 科 学 の 研 究 会 で 、 望 を 、 愛 し て い ま し た 。 だ か ら 、 そ の 頃 、 な に か 苦 し り ん ど く プ 0 レ タ リ ア ー ト 「 赤 い 目 に ぶ つ か る と 、 あ の 哀 れ な 人 達 を 田 5 え と 、 自 分 に エ ン ゲ ル ス の 「 空 想 よ り 科 学 へ 」 を 輪 読 し た り 、 き び す

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


ち て い っ た よ 、 つ だ 。 と 意 外 だ 「 た が 、 全 く 殪 佑 の よ う に 、 私 は 吻 と し た 。 死 ぬ ? よ ろ し い 、 全 く 適 切 な 時 機 た っ た 。 生 活 は こ の 間 の い き さ つ は 『 ト 説 太 宰 治 』 に 明 ら か た か : こ の 戦 太 宰 に 死 へ の 傾 斜 を 見 て い た 檀 自 身 が 、 何 よ り も そ の 一 切 破 局 に 向 っ て い る 。 「 花 筐 」 は 出 た 。 争 の 目 的 が 何 で あ れ 、 私 以 上 に 死 ん で ふ さ わ し い 者 は 意 識 に 捉 え ら れ て い た こ と は 明 ら か だ 。 放 蕩 無 頼 は 、 そ こ か ら の 逆 算 的 な 行 為 で あ る 。 二 人 で 瓦 斯 管 を 開 い 他 に 無 い だ ろ う と 、 掛 け 値 な し に そ う 田 5 っ た 〉 ( 『 小 見 て 自 殺 を や り か け た こ と も あ る 。 し か し 結 局 死 ぬ こ と 太 宰 治 』 ) わ め が 出 来 す 、 檀 は 瓦 斯 を 止 め 、 恥 す か し さ に 喚 き な が ら こ う し て 檀 一 雄 は 文 字 通 り 、 自 己 の 青 春 を 容 れ た 「 花 ゅ ・ フ カ く ふ と ん 通 い 馴 れ た 遊 郭 の 女 の 布 団 に も ぐ り こ む 。 後 か ら 太 宰 筐 』 を 残 し て 出 発 し た の だ っ た 。 昭 和 十 二 年 の 盛 夏 で が や っ て 来 て 「 ひ ど い ね 、 君 は 。 通 い つ め て 、 一 晩 だ あ っ た 。 け 泊 っ た 芸 者 に 逃 げ ら れ た よ う な 気 が し た よ 」 と 言 う 。 さ ん た ん 青 春 の 諸 作 品 『 花 筐 』 自 ら 堕 ち て い っ た 地 獄 と は 言 え 、 惨 檐 た る も の で あ る 。 〈 あ れ が 青 春 と い う も の だ 。 つ ぶ さ に そ の 刑 罰 に 喘 、 〈 『 花 筐 』 は 昭 和 十 二 年 の 初 夏 の 候 に 、 赤 塚 書 房 と 云 う 書 店 か ら 出 版 さ れ た 。 諞 う と こ ろ の 私 の 処 女 小 説 集 で い た 〉 ( 『 小 説 太 宰 治 』 ) と 檀 は 回 想 す る か れ 、 で あ り 、 そ の 初 版 本 は 、 佐 藤 春 夫 先 生 の 華 麗 な 彩 色 と し か し 死 へ 傾 斜 し な が ら 死 に き れ な か っ た 檀 に と っ て 、 放 蕩 無 頼 に 終 止 符 を 打 っ 道 が 、 幸 か 、 不 幸 か 、 召 装 幀 を 頂 戴 し て 、 稀 有 の 豪 華 本 で あ っ た 。 収 録 さ れ た 作 品 は 、 私 の 二 十 一 歳 か ら 、 二 十 四 歳 ま で に 至 る 全 作 集 令 状 と い う 形 で や っ て 来 た 。 - つ か じ へ ん 品 で あ る 〉 と 、 檀 一 雄 自 身 が 書 い て い る 。 二 十 一 歳 か 〈 私 が 日 華 事 変 最 初 の 動 員 を 受 け て 召 集 さ れ た の は こ そ う れ つ ん な 時 期 の こ と で あ る 。 ら 二 十 四 歳 ま で と は 、 太 宰 治 と の 壮 烈 な あ の 青 春 無 頼 「 花 筐 」 が よ う や く 出 来 、 寄 食 先 の 桜 井 浜 江 の 家 で そ の 日 々 で あ る 。 こ の 酒 と 女 と 放 浪 の 日 々 か ら 、 「 此 家 て あ れ を 受 取 っ て 、 出 逢 う 友 人 に は 皆 記 り そ の 出 版 記 念 の 性 格 」 「 退 屈 な 危 県 」 「 美 し き 魂 の 告 白 」 「 衰 運 」 か ん 会 は 七 月 二 十 八 日 に し よ う か な ど と 太 宰 等 が 話 し 合 っ 「 帰 心 」 「 花 筐 序 」 「 花 筐 」 「 タ 張 胡 亭 塾 景 観 」 と い か れ 、 や さ き っ た 、 唯 美 的 に し て 浪 漫 的 、 奔 放 、 華 麗 な 作 品 群 が 生 て く れ て い た 矢 先 だ っ た 。 ま れ た の で あ る 。 「 召 集 ? 」 い っ さ 、 ち ょ う た い

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


も は や 切 を そ こ か ら 生 成 す る 坩 の な か に 投 げ 、 最 早 思 い 出 に 頼 ら ず 記 録 に 即 ら ず 、 鋭 意 新 な る 一 篇 の 有 機 性 の み を た ぐ り よ う え い よ せ ん と 念 ず 。 即 ち 記 録 を 遠 ざ か る も 、 一 篇 の 結 構 揺 曳 す る 現 実 に 似 た ら ん に は 編 者 の 願 う と こ ろ ま た 足 れ り と せ ん 。 某 教 授 は 一 党 の 全 員 最 も 軽 侮 し た る 標 的 な り 。 常 に 個 人 へ の 好 意 と 理 解 の た め に の み 生 き つ づ け た る が 如 き 風 態 を 仮 る 俗 物 に し て 、 一 党 の 戦 い は 先 ず そ こ に こ そ あ り し な れ 。 而 る に か の 教 授 の 序 文 を 取 り た る は 主 と し て 吉 良 へ の は な む け わ れ ら 餞 に し て 、 ま た 我 等 某 教 授 へ の 最 後 の 悪 意 な り 、 最 後 の 宣 戦 な り 。 記 録 の 編 成 に 関 す る 補 註 某 教 授 の 序 一 こ の 一 篇 の 題 名 は 姉 矢 内 原 あ き ね と の 合 議 に よ り 「 花 筐 」 と す 。 編 成 の 主 旨 と し て は 一 切 思 い 出 の 形 式 に よ ら ざ る を 私 は 出 来 る だ け 忠 実 に 或 る 小 都 会 の 大 学 予 備 校 に 入 学 し 眼 目 と せ り 。 意 と す る と こ ろ は か の 横 暴 な 青 春 の 夢 の 再 現 た 三 人 の 少 年 の 身 の ま わ り を 監 視 し よ う と 思 う 。 私 は そ の を こ そ 願 え 、 編 者 の 一 趣 向 に よ っ て 記 録 の 一 党 ( 某 教 授 の 任 に 耐 え 得 る か ど う か ひ ど く 心 配 な の で あ る 。 先 ず 最 初 の あ ら て ん と う 言 を か る ) を 思 い 出 の な か に 濾 過 し ま た は 汚 辱 す る が ご と 困 難 は こ の 少 年 達 に と っ て 、 凡 ゆ る 価 値 が 顛 倒 し て い る と ゆ え ら ん き こ と を お そ れ た る が 故 な り 。 従 っ て 編 者 ま た こ こ に 新 な い う こ と だ 。 大 変 陳 腐 な こ と す ら 奇 怪 な 新 鮮 を と り も ど し し ん か ん る 難 関 に 遭 逢 せ ざ る を 得 ず 。 即 ち 絶 対 に 思 い 出 を 排 除 す る て こ の 少 年 達 の 毎 日 を 震 撼 さ せ て い る 。 私 は 驚 く 以 外 に 、 か た わ ら 一 編 ま た お の ず か ら な る 有 機 性 を ほ し い ま ま に し も う こ の 少 年 達 を 理 解 し よ う な ぞ と い う こ と は 断 念 し て し 少 く と も か の 時 代 と 同 等 の 権 利 も て 横 行 せ ざ る ・ ヘ か ら ず 。 ま っ た 。 た だ 及 ば ず な が ら 私 の 能 力 を 駆 使 し て や や 完 全 に お も 惟 う に こ れ 技 術 の 問 題 な り 。 編 者 こ こ に 思 う と こ ろ あ り 一 近 い 記 録 を つ く り た い と 思 っ て い る 。 ど う や ら こ の 少 年 達 は な が た み 花 筐 序 い っ さ し お じ よ く の っ と

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


3 ミ を を ー ー を を , ま ー を 、 第 : マ , い 新 を を ま を を ! ま 箋 マ 人 、 を 要 を 警 一 二 山 右 早 大 の 漕 艇 部 機 関 誌 と 同 誌 九 号 に 掲 載 さ れ た 英 光 の 文 章 ( 昭 和 十 一 年 ) 4 1 早 稲 田 第 二 高 等 学 院 時 代 ( 昭 和 5 年 こ ろ ) あ る 。 こ の 意 味 に お い て 田 中 英 光 の 文 学 は 、 青 春 そ の も の の 文 学 で あ る と い う こ と が で き よ う 青 春 の 一 一 側 面 「 オ リ ン ポ ス の 果 実 。 と 「 青 春 の 河 」 田 中 英 光 は 大 正 二 年 、 凍 京 に 生 ま れ た 。 父 は 高 知 県 出 身 の 文 部 省 緲 新 黐 編 、 編 纂 嘱 記 ( 従 五 位 高 等 、 わ さ き ひ て し げ 官 五 等 ) 岩 崎 英 重 で あ っ た 。 田 中 姓 を 名 乗 っ た の は 、 ろ ひ と り 娘 で あ っ た 母 方 の 家 を 継 ぐ 約 束 が あ っ た た め で あ る 。 兄 姉 の な か に は 十 歳 年 長 の 兄 英 恭 が い た が 、 こ の 兄 に は 文 学 や 思 想 の 上 で 多 大 の 影 響 を 受 け る よ う に 0 な る 文 学 少 年 で 、 十 三 歳 の 頃 書 い た 詩 が 「 赤 い 鳥 」 に 掲 一 英 載 さ れ た り 、 中 学 時 代 は 兄 姉 と 文 集 「 わ た く し 達 」 り ゅ う せ い ど フ は る び よ ワ 人 友 人 も 加 え て 「 小 春 日 和 」 他 に 「 龍 精 洞 」 「 素 描 」 な せ ん り や っ ど を 作 り 、 主 と し て 作 句 、 川 柳 短 歌 、 自 由 詩 、 感 想 よ 文 な ど を 発 表 し て い た 。 早 稲 田 第 二 高 等 学 院 に 入 学 後 間 も な く 、 人 一 倍 大 き 後 な 体 驅 が ポ ー ト 選 手 に む い て い る と の 周 囲 の 意 見 や 、 な ん じ 〒 、 そ う て い ぶ 員 軟 弱 な 身 体 を 鍛 え な お し た い 希 望 な ど か ら 、 漕 艇 部 に た ん 立 ロ ー ト に 乗 っ た 。 ( こ の 頃 の 生 活 は 「 端 艇 入 り 、 は し め て ポ て い そ う し ゅ 漕 艇 漕 手 」 に 詳 し い ) こ れ が 昭 和 六 年 、 早 大 ク ル ー の 全 早 日 本 選 手 権 取 得 か ら 、 翌 七 年 ロ サ ン ゼ ル ス で 開 催 さ れ 0 442

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


昭 和 十 七 年 一 月 「 秋 深 き 」 が 掲 載 さ れ た 「 大 阪 文 学 」 學 文 飯 人 0 日 本 工 業 新 聞 取 材 記 者 時 代 上 街 頭 に て 左 右 よ り 3 人 目 作 之 助 ( 昭 和 14 年 こ ろ ) を 一 枝 に つ き ま と っ て い た や く ざ の こ と な ど も 作 品 の な か に 影 を 落 し て い る と 思 わ れ る 。 と も あ れ 作 之 助 は 、 翌 十 四 年 大 阪 へ 帰 り 、 就 職 の た ほ ・ : フ め に 奔 走 し 、 や っ と 業 界 の 新 聞 社 に 就 職 し 、 姉 た ち の じ ん り よ く か ず え 尽 力 に よ り 、 学 生 時 代 か ら の 長 い 仲 だ っ た 一 枝 と 、 よ か わ ち う や く 正 式 に 結 婚 し 、 府 下 南 河 内 郡 に 新 居 を 構 え る に 至 っ た の で あ る 。 こ の 年 「 俗 臭 」 を 書 き 、 こ れ が 翌 年 芥 川 賞 の 有 力 候 補 と な り 、 続 い て 「 夫 婦 善 哉 」 が 改 造 す い せ ん 社 の 第 一 回 文 芸 推 薦 作 品 と な り 、 作 之 助 は こ れ に よ っ て 新 聞 社 を 辞 職 、 創 作 に 専 念 す る こ と に な る 。 こ こ ま で が 織 田 作 の 、 い わ ば 文 字 通 り の 青 春 の 時 期 で 、 こ の 新 聞 社 を 辞 め る ま で の 体 験 を 基 礎 に し た 『 二 十 歳 』 「 青 春 の 逆 説 』 の 長 編 小 説 を 昭 和 十 六 年 に 刊 行 す る む ろ ん 体 験 を 基 礎 に し た 、 と い っ て も 決 し て 私 小 説 き ひ で は な い 。 織 田 作 は 私 小 説 的 発 想 を 極 度 に 忌 避 し た 。 〈 あ り が た く な い 面 相 ば か し 出 て 来 て 、 箸 が こ け る よ 、 つ な 偶 然 を 描 く こ と す ら ビ ク ビ ク と 警 戒 し て 、 欠 伸 ま ご え じ り の 床 の 上 で 製 造 し た 子 供 の 泣 き 聲 だ け が 唯 一 の は な ば か し さ だ と い う よ う な 、 こ の 国 の 自 然 主 義 月 つ う ば 説 の 観 念 〉 ( 「 ジ ュ リ ア ン ・ ソ レ ル 」 ) と い っ た 、 痛 罵 に 近 い 言 葉 は 、 そ の 端 的 な あ ら わ れ で あ る 事 実 、 作 之 助 自 身 も 、 ス タ ン ダ ー ル に 傾 倒 し て 、 あ の よ う な 機 知 に あ ふ れ た ロ マ ン を 創 造 し た い と 念 願 し

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


り ち ぎ も の こ だ く さ ん が 考 え て み て も 、 芳 し く な い 。 ま ず 、 模 倣 す べ き 人 物 で は 律 儀 者 の 子 沢 山 、 念 に は 念 を 入 れ 、 貯 金 帳 、 タ イ ム レ コ ー ワ 1 わ か ど し よ り う た い し ゆ み な さ そ う だ 。 ド 、 目 覚 し 時 計 、 上 役 、 及 第 点 、 若 年 寄 の 謡 趣 味 、 合 理 貸 ソ レ リ ア ン と い う 言 葉 が あ る く ら い だ か ら 、 多 く の 模 倣 し 精 神 ー ー こ の よ う な 一 切 の 糞 リ ア リ ズ ム か ら 、 わ れ わ れ ち ょ う は い し ゆ っ 者 が 輩 出 し た ら し い 。 ス タ ン ダ ー ル の 小 説 は 人 生 に つ い て を 追 放 す る の だ 。 し か し 蜜 蜂 が 飛 び 、 鳥 が う た い 、 蝶 が 舞 わ し 考 え さ せ ら れ る 小 説 と い う よ り も 、 む し ろ 、 読 者 を 激 励 す う ロ マ ン チ シ ズ ム の 花 園 へ 誘 う の で は な い 。 孤 独 の 鷲 が 空 だ ん が い る 小 説 だ 。 と い っ て 、 何 も 読 者 と 共 に 泣 き 、 読 者 と 共 に に 弧 を 描 く 断 崖 の 上 だ 。 何 と い う 素 晴 ら し さ 。 こ れ が 生 き な っ か し ご と 懐 ん で く れ る い わ ゆ る 人 類 愛 の 小 説 で は な い 。 ス タ ン ダ る と い う こ と た 。 ジ ュ リ ア ン は か く の 如 く 生 き た の だ 。 ン 1 ル は い や 応 な し に 、 読 者 を 自 分 の 世 界 へ 連 れ 込 む が 、 連 レ リ ア ン が 輩 出 す る ゆ え ん だ 。 は く じ よ う れ 込 ま れ て 、 は い る と 、 主 人 の ス タ ン ダ ー ル は 横 を 向 い て 白 状 す れ ば 、 私 も ジ ュ リ ア ン の 青 春 を 自 分 に 擬 し た い と い る 。 突 っ 放 す の だ 。 チ ェ ー ホ フ の 「 退 屈 な 話 」 の 老 教 授 思 っ た こ と が あ る 。 ス タ ン ダ ー ル ほ ど の 人 物 が 、 人 生 の 老 の よ う に 、 あ あ 、 私 に は 判 ら な い と 言 っ て な げ い て い る の 衰 期 に 立 ち 向 っ た 時 、 再 び 青 春 を 生 き る つ も り で 、 自 分 に び ぼ う で は な い 。 君 は 君 自 身 だ け を 頼 っ て 、 や り 給 え 、 何 が 怖 い は 欠 け た 美 貌 と チ ャ ン ス と 野 性 と 行 動 力 と い う 絵 具 で 自 画 、 0 い ー レ 、 さ の だ 、 と 突 っ 放 す の だ 。 失 敗 し て も 知 ら ん よ 。 泣 き た け り 像 の デ ッ サ ン を 彩 色 し て 出 来 上 っ た 人 物 ー ー ー も し も 自 分 が や 自 分 で 泣 く さ 、 し か し 自 分 で 自 分 の 力 に 頼 っ て や る の ジ 、 リ ア ン な ら と 夢 想 し つ つ 描 い た 若 き ス タ ン ダ 1 ル の 肖 あ こ が だ 。 幸 福 じ ゃ な い か 、 ジ = リ ア ン は 幸 福 に 死 ん だ よ ー ー ー と 像 だ 。 憧 れ る の も 無 理 は な か ろ う 。 た し か に ジ ュ リ ア ン と つ ぶ や せ ん り つ 低 い 声 で 呟 く だ け だ 。 時 に は ヴ ァ レ リ ー の い う よ う に 、 舞 い う 人 物 は 、 青 春 期 の 私 に と っ て は 新 し い 戦 慄 で あ っ た 。 お お み え 台 に 上 っ て 大 見 得 を 切 っ た り 、 花 道 を 歩 い た り す る け れ ど 「 赤 と 黒 」 は 私 に 小 説 と い う も の を 教 え た 。 こ こ に は 詩 や も 、 概 し て ス タ ン ダ ー ル の 声 は 低 い 。 が 、 低 い 声 で 突 っ 放 演 劇 に は 見 ら れ な い 魅 力 が あ る 。 私 は 「 二 十 歳 」 「 青 春 の さ れ て も 、 わ れ わ れ は 何 か 意 欲 を そ そ ら れ る の だ 。 お れ も 逆 説 」 な ど と い う 作 品 で 、 ジ = リ ア ン の 爪 の 垢 の よ う な 人 し よ う や っ て み よ う 、 自 分 の カ で : ス タ ン ダ ー ル の 主 人 公 の 物 を 描 い た 。 数 年 前 の こ と だ 。 ・ : カ 最 近 性 こ り も な く 「 夜 は げ し い 情 熱 、 氷 の よ う な 冷 静 な 判 断 と 、 火 の よ う な 行 光 虫 」 と い う 小 説 で 同 型 の 人 物 を 書 い た 。 智 慧 の な い 話 だ 動 、 こ の 素 晴 ら し さ が わ れ わ れ を 誘 う の だ 。 無 気 力 と が 、 い わ ば 私 の ジ ュ リ ア ン へ の 傾 倒 の け ち く さ い あ ら わ れ け ん た い り ん し よ く 倦 怠 、 エ ネ ル ギ ー に 対 す る 吝 嗇 、 こ と な か れ 主 義 、 習 慣 と の 一 つ で あ ろ う 。 惰 性 、 月 並 、 常 識 、 年 齢 に よ る 精 神 の 退 化 、 規 格 型 生 活 、 し か し ジ ュ リ ア ン は ス タ ン ダ ー ル に し か 書 け な か っ た 如 っ な み か ん ば 0 こ わ こ い っ さ い み つ ば ら く じ と

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集


昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) 五 十 七 歳 十 月 、 ア ジ ア 財 団 の 招 き で 渡 米 、 ユ ュ ー ヨ ー ク に 二 カ 月 滞 在 。 ヨ ー ロ ッ パ を 廻 り 翌 年 四 月 帰 国 。 そ の 前 、 目 白 に ア パ ー ト の 一 室 を 仕 事 一 月 「 黄 な る 涙 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 十 一 月 「 わ が 祭 り 」 を 「 新 部 屋 と し て 購 入 。 — 女 と の 浅 草 千 束 町 よ り 三 度 目 の 転 居 で あ る 。 潮 」 に 発 表 ( 昭 和 三 十 六 年 「 徴 笑 」 以 下 「 新 潮 」 に 発 表 の も の は 四 十 九 歳 「 火 宅 の 人 」 と さ れ る 長 編 の 連 作 ) 。 「 わ が 百 味 真 髄 」 を 講 談 社 よ り 昭 和 三 十 六 年 ( 一 九 六 一 ) 四 月 「 手 ー を 「 小 説 中 央 公 論 」 に 発 表 。 九 月 「 微 笑 , を 「 新 潮 。 に 刊 行 。 「 青 い 雲 」 を 「 読 売 新 聞 」 に 連 載 開 始 。 「 小 説 坂 口 安 吾 」 を 東 発 表 。 十 月 「 惑 い の 部 屋 」 、 十 一 月 「 霧 の 裂 目 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 邦 出 版 社 よ り 刊 行 。 昭 和 三 十 七 年 ( 一 九 六 一 l) 五 十 歳 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 〇 ) 五 十 八 歳 五 月 「 恋 と 吹 雪 と 砲 弾 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 六 月 、 詩 「 花 の 下 」 を 「 ポ リ タ イ ア 」 に 発 表 。 「 母 の 手 」 を 皆 美 社 昭 和 三 十 八 年 ( 一 九 六 一 一 l) 五 十 一 歳 よ り 、 七 月 、 「 檀 流 ク ッ キ ン グ 」 を サ ン ケ イ 新 聞 社 出 版 局 よ り 刊 行 。 二 月 「 火 宅 」 、 三 月 「 我 が 枕 」 、 四 月 「 灼 か れ る 人 」 、 五 月 「 吹 雪 の 十 一 月 、 ヨ ー ロ ッ パ に 旅 行 。 ポ ル ト ガ ル の サ ン タ ・ ク ル ス に 滞 在 。 地 図 」 、 六 月 「 蠍 涙 」 、 七 月 「 寂 光 」 を 「 新 潮 」 に 、 九 月 「 白 夜 」 、 十 月 「 帰 巣 者 ー を 「 新 潮 」 に 発 表 。 * 追 記 昭 和 四 十 六 年 十 一 月 「 き ぬ ぎ ぬ ・ 骨 , を 「 新 潮 」 に 発 表 。 昭 和 三 十 九 年 ( 一 九 六 四 ) 五 十 一 一 歳 四 十 七 年 一 一 月 、 一 年 四 カ 月 ぶ り に ポ ル ト ガ ル よ り 帰 国 。 五 月 「 放 浪 一 月 「 数 え 歌 」 、 一 一 月 「 楚 歌 」 を 「 新 潮 」 に 、 五 月 「 師 佐 藤 春 夫 を こ そ わ が 人 生 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 ェ ッ セ イ 集 「 来 る 日 去 る 悼 む 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 、 七 月 「 雲 に 鳥 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 「 文 日 」 を 皆 美 社 よ り 刊 行 。 七 月 日 韓 釣 り 大 会 の 団 長 と し て 韓 国 に 招 か 学 的 断 層 ー を 「 現 代 の 眼 」 に 連 載 ( 翌 年 一 月 ま で ) 。 立 野 信 之 ら と ソ れ る 。 四 十 八 年 一 一 月 末 よ り 三 月 に か け て 佐 賀 県 東 松 浦 郡 鎮 西 町 菖 蒲 に て 本 断 食 を す る 。 七 月 「 檀 一 雄 作 品 集 全 十 巻 」 が 浪 曼 よ り 刊 行 。 ヴ ィ エ ト に 厳 行 。 「 ソ 連 釣 り 旅 行 始 末 記 」 ( 上 下 ) を 「 朝 日 新 聞 」 に 、 十 一 月 「 太 郎 次 郎 物 語 」 を 「 オ ー ル 読 物 ー に 発 表 。 次 郎 死 去 。 四 十 九 年 一 月 「 風 浪 の 旅 」 を 山 と 渓 谷 社 よ り 刊 行 。 九 月 福 岡 市 西 区 昭 和 四 十 年 ( 一 九 六 五 ) 五 十 三 歳 能 古 島 に 暮 す よ う に な る 。 五 十 年 六 月 九 大 病 院 呼 吸 器 科 に 入 院 、 肺 一 月 「 女 は 大 敵 」 を 「 週 刊 大 衆 」 に 連 載 ( 九 月 ま で ) 。 一 一 月 「 日 本 脳 ガ ン 腫 症 と 判 明 。 七 月 「 檀 一 雄 詩 集 」 を 五 月 書 房 よ り 刊 行 。 十 月 「 キ 譜 炎 で 死 ん だ 子 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 八 月 、 佐 藤 春 夫 の 墓 参 の た リ ギ リ ス 」 ( 「 火 宅 の 人 ー 最 終 章 ・ ロ 述 筆 記 ) を 「 新 潮 」 に 発 表 。 十 め 和 歌 山 へ 旅 行 。 九 月 「 梅 崎 春 生 追 悼 」 を 「 文 芸 」 に 発 表 。 一 月 「 火 宅 の 人 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 ( 翌 年 、 読 売 文 学 賞 ・ 日 本 文 学 昭 和 四 十 一 年 ( 一 九 六 六 ) 五 十 四 歳 大 賞 を 受 賞 ) 。 五 十 一 年 一 月 一 一 日 、 午 前 十 時 三 十 八 分 昇 天 。 当 夜 柳 川 年 八 月 「 有 頂 天 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 熱 河 紀 行 」 を 「 日 本 文 化 財 」 に 発 表 。 福 厳 寺 に て 通 夜 。 法 名 は 能 嶽 院 殿 檀 林 玄 遊 居 士 。 没 後 、 「 わ が 青 春 昭 和 四 十 ニ 年 ( 一 九 六 七 ) 五 十 五 歳 の 秘 密 」 ( 四 月 ・ 新 潮 社 ) 、 「 青 春 放 浪 」 ( 五 月 ・ 筑 摩 書 房 ) 、 「 美 味 放 一 月 「 サ ム と ア ン ト ニ オ 」 を 「 芸 術 新 潮 ー に 発 表 。 一 一 月 、 オ ー ス ト 浪 記 」 ( 五 月 ・ 中 公 文 庫 ) 、 「 檀 一 雄 全 詩 集 」 ( 六 月 ・ 皆 美 社 ) な ど が ラ リ ア 、 ニ ュ ー ジ ー ラ ン ド へ 旅 行 。 刊 行 さ れ た 。 ( 作 成 ・ 石 川 弘 )