検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集

現代日本の文学 33 檀 一雄 織田 作之助 田中 英光 集から 10000件見つかりました。
1. 目標にいどむ青春

学研のノンフィクション 目標にいどむ青春 ー大輔のべースポール魂ー 子どものころからプロ野 球選手になることか目標だ った大輔少年は、それを次 々と実現させた。 そしていま、新しい目標 に向かって挑戦を始めてい だいすけ ちょうせん

2. 目標にいどむ青春

学研のノンフィクション 目標にいどむ青春 ー大輔のべースポール魂ー 子どものころからプロ野 球選手になることか目標だ った大輔少年は、それを次 々と実現させた。 そしていま、新しい目標 に向かって挑戦を始めてい だいすけ ちょうせん

3. 目標にいどむ青春

目標にいどむ青舂 208 年 4 月 2 日第 1 刷発行 作者 / 永谷 装丁 / 阿部 発行人 / 藤原 編集人 / 加藤 脩 ( ながたにおさむ ) 昇 郁久 浩 企画編集 / 石川秀弘 発行所 / 株式会社学習研究社 〒 14 8502 東京都大田区上池台 4-40-5 印刷所 / ( 株 ) 協和オフセット印刷 ・お客様へ ☆ご購入・ご注文は、お近くの書店様へお願いいたします。 ☆この本についてのご質問・ご要望は次のところへお願いいたします。 < 学研お客様相談センター「目標にいどむ青春」係 > : 学研のお客さま相談センターへ それ以外のこの本に関することは : 出版営業部 03-3726-8195 在庫・不良品 ( 乱丁・落丁等 ) に関することは 編集内容に関することは : 編集部直通 03-372 8279 文書は、〒 14 8502 東京都大田区仲池上 1-17-15 電話は、 03-372 8124 NDC913 172P 22cm ◎ 2000 0. Nagatani Printed ⅲ Japan ※本書内容の無断転載・複写・複製 ( コピー ) を禁す

4. 人間万事塞翁が丙午

人生は一枚の " 思い出トランプみ : : : 誰もが見す ごしている人生の情景を切り取り、静止した時 間の中に鮮やかに刻みこむ。直木賞受賞作を中 思い出トランプ向田邦子 心に篇を収めた第一創作集。定価九八〇円 目標二億円ーー車椅子の老詐欺師のコーチを受 け、知恵の限りのトリックを仕掛けて金をせし める。奇妙な四人組のスマートで爽快、ユーモ 紳士同盟小林信彦 ラスなコン・ゲーム小説の登場。定価七五〇円 煤けたような灰色の毛と短い尻尾、外観も動作 も心細い仔猫を貰って : 一匹の猫と一家族 天からやって来た猫塩田丸男 の不思議な邂逅と哀切な別離を描き、笑いと涙 のなかに人生の真実を伝える。定価九八〇円 冬の陽がもれる枯草の丘、ニ人は静かに唇を寄 せあう。味と匂いが一つに溶けるーー光と風に のって、爽やかに描かれた戦後の青春譜。著者 春の道標黒井千次 定価九八〇円 若き日の清新な自画像。 戦後三十五年、作者の脳裡に甦る少年の日々。 戦中戦後の切迫した世情の中に、東京下町 の人々の暮しと空襲で焼失した町の息づかいを 炎のなかの休暇吉村昭 定価九八〇円 写す、自伝的連作小説集。 故郷の小学校の代用教員となった歳の正彦。 青草匂う学びの園、多感な生の炎、若き日の愛 白ハと生の軌跡を、青春の縮図として野性的に謳い 青草の庭高橋揆一 上げた著者渾身の長編自伝小説。定価九五〇円

5. 完訳 日本の古典 第三巻 萬葉集 ㈡

む秋されば山もとどろにさ雄鹿は妻呼びとよめ春されあった所で、諸兄は藤原広嗣の変を機会 に、藤原色を一掃する目的で平城京を離 ば岡辺もしじに巌には花咲きををりあなおもしろ布当れようとしたのではないか、といわれる。 0 聞かしたまひてーこの聞クは聞き人れ たふとおほみやところ る意で、聖武天皇が諸兄の久邇京遷都の の原いと貴大宮所うべしこそ我が大君は君ながら聞 献策を採択したことをいう。〇定めけら しもーコソを受けるとケラシキとなるの かしたまひてさす竹の大宮ここと定めけらしも が上代語一般の例。↓一 0 六五 ( 偲ひけらし き ) 。 三香原↓五四六題詞。〇「標刺し」ー占 有の標識をして。シメは、神または 反歌二首 自己の占有地であることを示すための目 印。杙を打ち縄を張り、また柵をして、 みかのはら しめさ 三香原布当の野辺を清みこそ大宮所〈一に云ふ、「ここと標刺みだりに他人が侵人しないようにした。 ここは新都を営もうと計画し、実行に移 したことをいう。 し」〉定めけらしも 山高くー原文に「弓高来」とあるが、 「弓」は「山」の誤りとする『万葉考』の 説による。神宮文庫本や西本願寺本には 「弓」のままで「ヤマ」と読んでおり、特に こんじよう 後者は二字を紺青で記している。仙覚も ヤマと読むべきだと考えていたと思われ る。〇神しみ行かむー神シムは神サプと 第 たかし 巻わおほきみ みこと こ同じ意の上二段動詞か 我が大君神の尊の高知らす布当の宮は百木茂り山は木 3 百木茂りーモルは木が茂る意。〇木 加高しー木が高く茂っている。〇春へ きな おと だか 高し落ち激っ瀬の音も清しうぐひすの来鳴く春へは巌↓九一三。 1051 ゅ 5 山高く川の瀬清し百代まで神しみ行かむ大宮所 をかへ たぎ いはほ ももよ をしか かむ わおはきみ - も・もを」 - も ふたぎ いは 1051 くい

6. 巨大な墓標〔下〕

軽井沢秘密クラ・フ梶山季之無法街の死大藪春彦マン ( ッタン核作戦大藪春彦 虹を掴む梶山季之非情の標的大藪春彦復讐の掟大藪春彦 風変りな代償梶山季之優雅なる野獣大藪春彦殺しは俺の稼業大藪春彦 流れ星の唄全二冊梶山季之処刑の掟大藪春彦極限の狩人大藪春彦 7 教主さまの好きな血梶山季之沈黙の刺客大藪春彦狙われた野獣大藪春彦 好色源氏物語全一一冊梶山季之俺に墓はいらない大藪春彦男 9 ロ ) の掟大藪春 四カボネ大いに泣く梶山季之不屈の野獣大藪春彦傭兵たちの挽歌全一一冊大藪春 制五年前の女梶山季之血の挑戦大藪春彦東名高速に死す大藪春彦 ーたあ梶山季之赤い手裏剣大藪春彦非情の女豹大藪春彦 根。ヒ = 学復讐の弾道大藪春彦野獣死すべし大藪春彦曠野に死す大藪春彦 文蘇える金狼全二冊大藪春彦偽装諜報員大藪春彦傭われ探偵大藪春彦 日謀略空路大藪春彦男の墓標大藪春彦狼は暁に駆ける大藪春彦 現戦いの肖像大藪春彦荒野からの銃火大藪春彦復讐は俺の血で大藪春彦 銃大藪春彦 骨肉の掟大藪春彦男たちょ 闘いの荒野に死ね大藪春彦凶 目破壊指令 1 大藪春彦汚れた英雄全四冊大藪春彦輪殺 ( まわし ) の掟大藪春彦 庫死はわが友大藪春彦裁くのは俺だ大藪春彦全開で飛ばせ大藪春彦 非情の掟大藪春彦殺人許可証 3 大藪春彦銃は知っている大藪春彦 角 野獣都市大藪春彦暴力列島大藪春彦〉ナリオ汚れた英雄恥→ 名のない男大藪春彦孤狼の掟大藪春彦残酷な童話藤本義一 川唇に微笑心に拳銃全一一冊大藪春彦青春は屍を越えて大藪春彦ちりめんじゃこ藤本義一 奴に手錠を : ・大藪春彦日銀ダイヤ作戦大藪春彦珍魂商才藤本義 ~

7. 現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集

「あらつ、あの木が浮いてるわよ」 ると、右手から港を目指して帰る船がある。少年は急いで ジートテイラー 左手へ上った。お客のため船頭を勤める時次らしい姿が見浮標が引ずられ水に躍っている。少年は帆綱を舵棒にく りようて てごた える。向うでは彼のヨットを認めて手を挙げていた。少年くりつけ足ではさむと、両掌で糸をたぐった。力強い手応 えもの は気づかぬふりをして沖へ逃げようとした。 えに獲物が近づいてくる。透明な道糸の先に、青黒い大き デッキ 「あら向うで手を振ってるわよ、おーい」 な魚の影が水の中でおどった。尺を越す鰹が甲板の上で跳 ひがさ 止める間もなく春子が日傘を上げて答えた。少年は何故ねた。 か顔が赤くなるのだ。 「きあっ、い ! 」 さわ 二人連れの乗ったポートを間近で追い越す時、春子は得触ろうとした春子が手を引いてしがみついた。そのまま 意気に、 コックビットの中におとすと、重々しい音を立てて船底で 「さよなら、おさきにね」と手を振ると顔を見合わせて笑魚は跳ね廻った。銀色の腹の縞が美しかった。もう一度手 を触れると魚はびくりと身をくねらせる。 「魚を釣ろう」 再度、釣糸を引いて走りながら、少年は並んだ春子に帆 言いながら、少年はもって来た糸を解いた。 走を教えようとした。呑み込みの悪い彼女に少年は懲りず いわゆる また 所謂パッタリと言う釣道具は、船の後に長い糸でくくり 幾度も同じ注意を繰り返した。反転の時又間違える彼女 つけられて引っぱられるのだが、魚が鉤にかかると水に潜に、 かじ っている木の浮標が浮び上るように出来ている。 「そうじゃないったら、船の曲るのと舵の引き方は逆にな 「何が釣れるの」 るんだよ。わかんねえなあ . 「だあってえ」 「鰹かサ・ ( だな、時々後を見ててくれよ」 少年は浮標と鉤を放り込んだ。 可笑しくなった春子は少年にもたれて笑いだした。彼は 沖へ出て眺めると、隣り合った三つの町が同じ距離に望そのまま女を抱きしめた。春子は笑いをとめて少年を見つ まれる。少年は目につく目標を一つ一つ指しては教えた。 めた。その時とっさ、女の体の他の部分には触れようとせ うなす 春子はその度感心して頷いた。 ず、少年は彼女に接吻したのだ。春子は娼婦の習性を忘れ らよっと 「良いわね、奇麗ねえ、来て見てよかったあ」 それに答えた。顔を離した彼女は一寸恥ずかし気に笑っ うれ 彼はその顔を横から眺めながら満足したのだ。 た。その嬉しげな表情に彼も歯を見せて笑い返した。暫 かつお たび 、れし くぐ リング すご せつ、 ( ん しばら

8. 青春の証明

青春の証明・森村誠一・ ミド , 正月【 青春の証明 森村誠一 人生に賭けるものがあるだろうか。 らくいん 卑怯者の烙印を捺された男が一生背負 い続けなければならない心の傷 / 「警察の者だ。協力してくれ / 」 暴漢と格闘する警官の悲痛な叫びが霧 の中にこだまする。だが、恐怖に立ち すくむその男は動くことができない。 男の足もとに転っていた凶器に暴漢の 手が届いた。そして次の瞬間、凶器は 警官の胸に深々と送りこまれた。闘い は終った。 恋人とのデート中、突如暴漢に襲わ れた笠岡は、危機を救ってくれた警官 を見殺しにしてしまった。潔癖な恋人 はく卑怯者 > の一言を残し、彼のもと から去っていった。やがて、汚名をそ そぐため刑事に転職した彼は、青春の すべてを犯人追跡に費していくのだっ た。それから二十数年・・・ 人生に債務を負った老刑事の執念の 捜査をたて糸に、さまざまな青春をち りばめて描く著者会心の推理巨編。証 明シリーズ第二弾 / 森村誠一作品 角川文庫 腐蝕の構造 銀の虚 ( ホテル ) 城 分水嶺 夢の虐殺 大都会 虚無の道標 科学的管理法殺人事件 歪んだ空白 通勤快速殺人事件 影の分岐 殺意の盲占 幻の墓 暗黒流砂 虚構の空路 密閉山脈 むごく静かに殺せ 偽造の太陽 新幹線殺人事件 人間の証明 殺意の重奏 タ映えの殺意 」川に 定価 960 : 第ス・一 0093 ー 872182- ・ 094 は 0 ) イラストレイション日暮修一 鈴木邦治 デザイン 角川書店 ・す

9. 現代日本の文学 29 石川 達三 集

げて走っていた。このトンネルのむこうには、もう春があらようやく見ひらいている竹内長太郎の眼に、やがて小さ Ⅱたたかく開けているはずであった。長いトンネルは、冬とく。ほっりと、トンネルの出口が見えた。それはまだ小さな 春との境をなす、闇であった。彼等は歌をやめて、じっとかすかな目標にすぎなかったけれども、日光の明るさに満 息をひそめていた。卒業期の暗いトンネルの中で、彼等はちて、きらきらと輝いている春であった。 何かを模索していたのだった。青春の終りを感じ、迷うて いた。しかしこのトンネルを抜けた向うには、梅の咲いた 里がある。吾々にも新しい春があろうではないか ! 彼等 は一様にそれを感じていた。あるいは、今迄とは違った春 であるかも知れない。今日までは他人の造ってくれた花園 の生活であった。エデンの園であった。これからは額に汗 す、 して、手に犂と種とを持って、みずから花園を造り住まな くてはならない。それも夢かも知れない。しかしこの夢だ けは失いたくなかった。白井は百姓をするつもりであっ た。しかしこの百姓は、花園を造って、そこに住む日を夢 みていたかも知れない。トンネルの闇はまだ続いていた。 けれどももう春は遠くはない。この闇の中にさえも近づい て来る明るい春の気配があった。待ち切れなかったのであ ろうか、竹内長太郎は痛む足を浮かしたまま、立って窓を あけ、顔をつき出した。 「出口が見えて ? 」と恭子は彼の背に手をかけて言った。 「まだ見えんね」 闇を行く汽車の中にじっと坐ったまま、みなは息を殺し て待っていた。いら立たしく、息苦しかった。けれども、 もはや雪国は遠くなっていた。そして、風にさからいなが

10. お金に強くなる生き方

青春新書 ール T をー G をル C を ころ涌き立つ「知」の冒険 いまを生きる " 青春新書】は昭和三一年にーー・若い日に常にあなたの心の友として、そ の糧となり実になる多様な知恵が、生きる指標として勇気と力になり、す ぐに役立っーーーをモット 1 に創刊された。 そして昭和三八年、新しい時代の気運の中で、新書 " プレイブックス】に その役目のバトンを渡した。「人生を自由自在に活動する」のキャッチコ ピーのもとーーすべてのうつ積を吹きとばし、自由闊達な活動力を培養し、 勇気と自信を生み出す最も楽しいシリーズーーーとなった。 いまや、私たちはバブル経済崩壊後の混沌とした価値観のただ中にいる。 その価値観は常に未曾有の変貌を見せ、社会は少子高齢化し、地球規模の 環境問題等は解決の兆しを見せない。私たちはあらゆる不安と懐疑に対峙 している。 本シリーズ " 青春新書インテリジェンスはまさに、この時代の欲求によ ってプレイブックスから分化・刊行された。それは即ち、「心の中に自ら の青春の輝きを失わない旺盛な知力、活力への欲求」に他ならない。応え るべきキャッチコピーは「こころ涌き立っ " 知】の冒険」である。 予測のつかない時代にあって、一人ひとりの足元を照らし出すシリーズ でありたいと願う。青春出版社は本年創業五〇周年を迎えた。これはひと えに長年に亘る多くの読者の熱いご支持の賜物である。社員一同深く感謝 し、より一層世の中に希望と勇気の明るい光を放っ書籍を出版すべく、鋭 意志すものである。 平成一七年 刊行者小澤源太郎