検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集

現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集から 442件ヒットしました。

現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集


る と 、 右 手 か ら 港 を 目 指 し て 帰 る 船 が あ る 。 少 年 は 急 い で 「 あ ら つ 、 あ の 木 が 浮 い て る わ よ 」 シ ー ト テ イ ラ ー ス キ ツ ・ ハ 左 手 へ 上 っ た 。 お 客 の た め 船 頭 を 勤 め る 時 次 ら し い 姿 が 見 浮 標 が 引 ず ら れ 水 に 躍 っ て い る 。 少 年 は 帆 綱 を 舵 棒 に く り よ う て て ご た く り つ け 足 で は さ む と 、 両 掌 で 糸 を た ぐ っ た 。 力 強 い 手 応 え る 。 向 う で は 彼 の ヨ ッ ト を 認 め て 手 を 挙 げ て い た 。 少 年 え も の え に 獲 物 が 近 づ い て く る 。 透 明 な 道 糸 の 先 に 、 青 黒 い 大 ぎ は 気 づ か ぬ ふ り を し て 沖 へ 逃 げ よ う と し た 。 デ ッ キ 「 あ ら 向 う で 手 を 振 っ て る わ よ 、 お ー い 」 な 魚 の 影 が 水 の 中 で お ど っ た 。 尺 を 越 す 鰹 が 甲 板 の 上 で 跳 ひ が さ 止 め る 間 も な く 春 子 が 日 傘 を 上 げ て 答 え た 。 少 年 は 何 故 ね た 。 か 顔 が 赤 く な る の だ 。 「 き あ っ 、 凌 い ! 」 さ わ 二 人 連 れ の 乗 っ た ポ ー ト を 間 近 で 追 い 越 す 時 、 春 子 は 得 触 ろ う と し た 春 子 が 手 を 引 い て し が み つ い た 。 そ の ま ま 意 気 に 、 コ ッ ク ビ ッ ト の 中 に お と す と 、 重 々 し い 音 を 立 て て 船 底 で 「 さ よ な ら 、 お さ き に ね 」 と 手 を 振 る と 顔 を 見 合 わ せ て 笑 魚 は 跳 ね 廻 っ た 。 銀 色 の 腹 の 縞 が 美 し か っ た 。 も う 一 度 手 っ こ 0 を 触 れ る と 魚 は び く り と 身 を く ね ら せ る 。 「 魚 を 釣 ろ う ー 再 度 、 釣 糸 を 引 い て 走 り な が ら 、 少 年 は 並 ん だ 春 子 に 帆 走 を 教 え よ う と し た 。 呑 み 込 み の 悪 い 彼 女 に 少 年 は 懲 り ず 言 い な が ら 、 少 年 は も っ て 来 た 糸 を 解 い た 。 い わ ゆ る ま た 所 謂 パ ッ タ リ と 言 う 釣 道 具 は 、 船 の 後 に 長 い 糸 で く く り 幾 度 も 同 じ 注 意 を 繰 り 返 し た 。 反 転 の 時 又 間 違 え る 彼 女 つ け ら れ て 引 っ ぱ ら れ る の だ が 、 魚 が 鉤 に か か る と 水 に 潜 に 、 か じ 「 そ う じ ゃ な い っ た ら 、 船 の 曲 る の と 舵 の 引 き 方 は 逆 に な っ て い る 木 の 浮 標 が 浮 び 上 る よ う に 出 来 て い る 。 「 何 が 釣 れ る の 」 る ん だ よ 。 わ か ん ね え な あ 」 「 だ あ っ て え 」 「 鰹 か サ ・ ハ だ な 、 時 々 後 を 見 て て く れ よ 」 少 年 は 浮 標 と 鉤 を 放 り 込 ん だ 。 可 笑 し く な っ た 春 子 は 少 年 に も た れ て 笑 い だ し た 。 彼 は 沖 へ 出 て 眺 め る と 、 隣 り 合 っ た 三 つ の 町 が 同 じ 距 離 に 望 そ の ま ま 女 を 抱 き し め た 。 春 子 は 笑 い を と め て 少 年 を 見 つ ま れ る 。 少 年 は 目 に つ く 目 標 を 一 つ 一 つ 指 し て は 教 え た 。 め た 。 そ の 時 と っ さ 、 女 の 体 の 他 の 部 分 に は 触 れ よ う と せ う な す 春 子 は そ の 度 感 心 し て 頷 い た 。 ず 、 少 年 は 彼 女 に 接 吻 し た の だ 。 春 子 は 娼 婦 の 習 性 を 忘 れ ら よ っ と 「 良 い わ ね 、 奇 麗 ね え 、 来 て 見 て よ か っ た あ 」 そ れ に 答 え た 。 顔 を 離 し た 彼 女 は 一 寸 恥 ず か し 気 に 笑 っ う れ し ば ら 彼 は そ の 顔 を 横 か ら 眺 め な が ら 満 足 し た の だ 。 た 。 そ の 嬉 し げ な 表 情 に 彼 も 歯 を 見 せ て 笑 い 返 し た 。 暫 か つ お た び き れ し く ぐ リ ン グ す ご せ つ 、 ( ん し ま

現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集


伏 せ 」 を 「 季 刊 芸 術 、 に 発 表 。 「 野 蛮 人 の ネ ク タ イ 」 を 「 週 刊 読 売 」 す ま ぬ こ と が ら ー 防 衛 論 の 本 質 」 を 「 産 経 新 聞 」 に 発 表 。 十 一 月 、 に 連 載 。 同 月 、 日 本 文 芸 家 協 会 の 理 事 と な る 。 五 月 、 「 行 為 と 死 」 「 ス ・ ( ル タ 教 育 」 ( カ , ・ 、 ′ ・ ホ ー ム ス ) を 光 文 社 よ り 刊 行 。 十 一 一 月 、 ( 文 庫 ) を 新 潮 社 、 「 青 春 と は な ん だ 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 ま た 、 「 私 「 日 本 人 に つ い て 語 ろ う 」 と 題 し て 、 小 田 実 と 「 文 藝 春 秋 」 で 対 談 。 の 文 学 の 修 業 時 代 , を 「 読 売 新 聞 」 に 発 表 。 六 月 、 「 現 代 青 年 へ の 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 〇 ) 三 十 八 歳 提 言 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 七 月 、 「 存 在 論 に つ い て の 断 想 」 を 一 一 月 、 = べ レ ス ト で 世 界 初 の ス キ ー 滑 降 に い ど む 日 本 = べ レ ス ト 探 「 文 学 界 」 に 発 表 。 九 月 、 「 巷 の 神 々 」 を サ ン ケ イ 新 聞 社 よ り 刊 行 。 検 隊 の 総 隊 長 と し て 、 三 浦 雄 一 郎 ほ か の 隊 員 と 現 地 〈 向 う 。 七 月 、 十 月 、 「 鳥 目 の 日 本 人 」 を 「 展 望 」 に 発 表 。 「 栄 光 の 略 奪 、 を 「 宝 石 」 「 透 明 な 「 行 為 」 の 重 み ー 「 そ れ を や 0 た こ と 」 が 全 て だ ー 0 0 ン プ に 連 載 。 十 一 月 、 戯 曲 「 若 き 獅 子 た ち の 伝 説 」 を 「 文 芸 」 に 発 表 。 ス の 卵 の 栄 誉 」 を 「 文 藝 春 秋 緊 急 増 刊 号 」 に 発 表 。 同 月 、 「 慎 太 郎 同 月 、 短 編 集 「 野 性 の 庭 」 を 河 出 書 房 よ り 刊 行 。 の 政 治 調 書 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 九 月 、 書 下 し 長 編 大 作 「 化 石 の 森 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) 三 十 六 歳 ( 上 ) 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 十 月 、 「 非 核 の 神 話 は 消 え た 」 を 「 諸 君 ー 一 月 、 「 「 青 年 の 国 」 へ の 入 国 査 証 」 を 「 現 代 の 眼 」 に 発 表 。 論 争 「 国 に 発 表 。 防 教 育 ー 賛 成 論 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 発 表 。 一 一 月 、 「 ・ cn ・ 」 を 「 文 学 界 」 に 、 「 作 家 の 現 代 感 覚 」 を 「 文 芸 」 に 発 表 。 七 月 、 「 青 年 の 歴 史 参 加 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 ま た 、 「 私 の 文 学 を 語 る 」 ( イ ン タ ヴ 、 ア ー Ⅱ 秋 山 駿 ) を 「 三 田 文 学 」 に 掲 載 。 同 月 、 参 議 院 議 員 選 挙 に 全 国 区 か ら 立 候 補 し 、 史 上 初 の 三 百 万 票 の 高 点 を 得 て 第 一 位 で 当 選 。 八 月 、 「 慎 太 郎 の 政 治 調 書 , を 「 週 刊 現 代 」 に 連 載 ( 現 在 連 載 中 ) 。 九 月 、 「 三 百 万 票 の 意 味 を 考 え る 」 を 「 文 藝 秋 ー に 発 表 。 十 月 、 「 新 し い 神 話 の 時 代 に 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 同 月 、 「 人 間 ・ 表 現 ・ 政 治 」 と 題 し て 江 藤 淳 と 「 季 刊 芸 術 」 で 対 談 。 十 一 一 月 、 「 私 の 一 九 六 八 年 」 を 「 週 刊 読 書 人 」 に 発 表 。 昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) 三 十 七 歳 一 一 月 、 「 鎖 の つ い た 椅 子 」 を 「 文 学 界 」 に 、 「 神 異 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 三 月 、 「 戦 後 日 本 人 の ″ 人 間 喪 失 〃 」 と 題 し て 田 中 美 知 太 郎 と 「 読 売 新 聞 」 紙 上 で 対 談 。 六 月 、 「 鎖 の つ い た 椅 子 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 七 月 、 「 日 本 人 と 国 際 政 治 」 を 「 読 売 新 聞 , に 発 表 。 八 月 、 「 野 蛮 人 の 大 学 」 を 「 週 刊 明 星 」 に 連 載 ( 現 在 連 載 中 ) 。 「 心 情 で は こ の 年 譜 は 、 、 る 笠 原 克 氏 編 の も の を 中 心 に 、 諸 種 の 年 譜 を 参 照 の 上 、 編 集 部 で 作 成 し た も の で あ る ・

現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集


な い 、 し か し も っ と 力 を 有 効 に 使 い た い と 思 う 人 は 距 離 は 建 造 物 の こ と だ け で は な い 。 馬 車 の 乗 客 、 登 記 所 の 役 人 、 遠 い が 確 信 の あ る 目 標 を た て 、 そ れ に む か っ て と き に は 速 衛 生 局 の 医 者 。 長 城 は い た る と こ ろ に あ る の だ 。 こ の 方 式 く 、 と き に は 遅 い 足 ど り で 歩 い て ゆ く だ ろ う 。 そ の 目 標 が に よ ら な い で 人 び と を 支 配 す る こ と は で き な い の で あ る 。 な に か 、 私 に は わ か ら な い 。 私 は こ の 時 代 が ど ち ら を む い 彼 は つ ぎ か ら つ ぎ へ と 大 量 の 夫 役 人 を つ く り だ し 、 系 を 無 て い る の か わ か ら な い 。 ・ : カ 皇 帝 打 倒 は お そ ら く そ の 目 標 数 に 割 っ て 配 分 す る よ り ほ か に 方 法 が な い の だ 。 始 皇 帝 打 の 最 た る も の の ひ と つ だ 。 岩 砂 漠 、 官 庁 、 刑 場 、 書 店 、 路 倒 は 人 び と に さ ま ざ ま な ひ び き を 起 さ せ 、 こ の 圧 制 下 に あ 地 裏 、 い た る と こ ろ で 人 び と は 目 く ば せ や 、 さ さ や き か ら っ て 衝 動 を 制 し た り 、 高 め た り す る だ ろ う が 、 そ の あ と に 出 発 し て や が て あ ら ゆ る 細 流 を 集 め た 大 河 と な る だ ろ う 。 く る も の の こ と を 考 え あ わ せ れ ば 、 な お 、 あ の 暗 闇 の 走 者 私 た ち は 現 在 の 停 滞 に は と う て い 耐 え ら れ な い の だ 。 皇 帝 と 大 差 な い 程 度 の 、 距 離 の み じ か す ぎ る 目 標 で あ る 。 そ の の 自 然 死 ま で の 期 間 、 こ の 川 は ぜ っ た い 地 表 に 出 現 し な 目 標 は 私 に も ハ ッ キ リ 見 え て い る の だ 。 こ れ に ち か づ く こ か ん べ 込 し い ま の 警 察 網 は 完 璧 で あ る 。 性 急 な 野 心 家 の 地 方 的 叛 と は き わ め て 肉 体 的 で あ り 、 容 易 な の だ 。 し か し 、 そ こ に は れ も の 乱 は あ ち ら こ ち ら 腫 物 の よ う に あ ら わ れ る か も し れ な い ち か づ こ う と す る 努 力 は 本 質 に お い て つ い に 一 揆 に す ぎ な い の で は な い だ ろ う か 。 し か も つ ぎ に ど ん な 男 を 部 屋 に 入 し 、 脱 走 者 や 青 年 た ち は 彼 に 利 用 さ れ る か も し れ な い 。 し か し 、 皇 帝 が 死 ぬ ま で は 警 察 と 軍 隊 を 味 方 に す る こ と は ぜ れ て や り 、 支 持 し て や っ て も 、 つ い に 長 城 の 消 え る こ と が こ う ず い っ た い 不 可 能 な の だ 。 洪 水 の 出 現 は お そ ら く 皇 帝 の 死 後 で な い も の と す れ ば 、 私 た ち の や る こ と は つ ね に 一 揆 の く り か え し に す ぎ な い の だ ろ う か 。 あ る い は 、 そ れ と も 、 す で あ る 。 暗 殺 で あ れ 、 自 然 死 で あ れ 、 彼 の 死 が 、 と に か く 、 最 大 の 契 機 だ 。 に 意 味 は そ の 一 揆 の く り か え し そ の も の に し か な い の だ ろ う か 。 考 え ら れ る か ぎ り の 道 は 、 い ま の 私 に は 、 ひ と っ し し か し 、 私 は 、 長 城 が 始 皇 帝 の 死 に よ っ て 消 え る と は 、 記 と う て い 思 え な い の で あ る 。 私 た ち は 彼 に よ っ て 教 え ら れ か な い 。 誰 ひ と り と し て な ん の た め か わ か ら ず 、 ど こ を め ば う だ い こ の 厖 大 な 徒 労 か ら ま ぬ が 亡 て し ま っ た の だ 。 つ ぎ に ど ん な 男 が カ ー テ ン の 花 蕊 の 部 屋 ざ し て い る の か も わ か ら な い 、 の な か に 入 ろ う と も 、 逃 げ る こ と は で き な い 。 ふ た た び 彼 れ る に は 、 た だ ひ と つ 、 匈 奴 と な る よ り ほ か に 私 は 知 ら な さ つ り く 流 い の だ 。 彼 ら が 額 に 殺 戮 者 の い れ ず み を も っ 私 を 入 れ て く が 万 世 一 系 を 宣 言 し よ う と 、 あ る い は 主 権 在 民 を 宣 言 し ょ 1 う と 、 彼 は 始 皇 帝 か ら ま ぬ が れ る こ と は で き な い の だ 。 彼 れ る か ど う か は や っ て み る よ り ほ か に わ か り よ う の な い こ ね ん ど の や る こ と は 長 城 の 延 長 工 事 で あ る 。 粘 土 製 の 長 い 、 重 い と だ 。 お そ ら く 彼 ら が 黄 土 地 帯 へ 侵 入 す れ ば 、 人 び と は 壁 と ろ う い っ き

現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集


ど こ ろ に の こ っ て い る 。 い ず れ も 市 の 記 念 建 築 物 に 指 定 さ れ て い て 、 住 む も の も な く 、 荒 れ る ま ま に な っ て い る 。 毎 れ ん が ぺ い 朝 、 古 田 は 領 事 館 の 煉 瓦 塀 の し た を 歩 い て 坂 を お り て ゆ く よ ろ い ど が 、 冬 の 風 の つ よ い 日 な ど 、 無 人 の 屋 敷 の な か で 窓 の 鎧 扉 だ け が け た た ま し く 音 を た て て い る の を 聞 く こ と が あ る 。 塀 の す ぐ 内 側 に も く せ い の 木 が あ っ て 、 春 の 夜 な ど 、 ゆ る う ず や か な 芳 香 の 渦 と す れ ち が う と 、 思 わ ず ふ り か え っ て 暗 が り に 女 を さ が す よ う な 気 持 に さ せ ら れ る 。 古 田 は き ち ょ う め ん な 会 社 員 で あ る 。 毎 日 お な じ 道 を 歩 い て 会 社 に か よ う 。 彼 は 毎 朝 お な じ 歩 調 で 坂 を お り て 市 電 に の り 、 夕 方 に は 朝 の 靴 跡 を ひ と つ ず つ ひ ろ う よ う に し て 石 だ た み の 道 を コ ッ コ ツ も ど っ て く る 。 何 年 も の 習 慣 な の 古 田 は 港 の 後 背 地 に あ た る 山 の 中 腹 に 住 ん で い る 。 妻 と で 、 い ま で は す っ か り お ぼ え て し ま い 、 ど の ま が り 角 の ど き め 二 人 き り の 小 さ な 家 だ が 、 二 階 の 窓 べ り に た っ と 港 を 一 望 の 石 は ど ん な 肌 理 を し て い る か 、 自 分 の 手 の 筋 よ り く わ し の う ち に 見 お ろ す こ と が で き る 。 対 岸 に 造 船 所 が あ る の く 知 っ て い る と 思 う ほ ど で あ る 。 び よ う う ち 、 と き ど き 妻 は 、 そ ん な 彼 を 、 振 子 に 似 て い る と い っ て か で 、 海 岸 通 り の 下 町 に は 鋲 打 機 の 音 が 海 を わ た っ て 一 日 じ ら か う が 、 古 田 は け っ し て た い く つ だ と 思 っ た こ と が な ゅ う ひ び い て い る が 、 古 田 の 家 か ら は 聞 こ え な い 。 た だ 、 よ う せ っ せ ん こ う 。 自 分 の 選 べ る と こ ろ で は そ れ が い ち ば ん よ い 道 だ と 彼 夕 方 に な る と 、 熔 接 の 閃 光 が 薄 青 く 暮 れ な ず ん だ タ も や の 壁 な か で 音 も な く ほ と ば し る の が 印 象 的 で あ る 。 夜 に な る と は 考 え て い た 。 と き に は 、 あ る 辻 に さ し か か っ て 、 い つ も 重 閃 光 は や み 、 沖 を と お る 船 の 赤 や 青 の 標 識 灯 が 、 と き ど き の コ ー ス か ら そ れ て み よ う か と い う 考 え が 頭 を か す め る こ 二 庭 の 松 の 枝 の あ い だ を 流 れ る と も な く 流 れ て ゆ く こ と が あ と が な い で も な い が 、 結 局 は い つ も の 道 を た ど っ て し ま る 。 う 。 い ま さ ら 未 知 の も の を 期 待 し て 横 道 に そ れ る ほ ど の 年 古 田 の 家 の あ た り は 閑 静 な 住 宅 地 で あ る 。 明 治 初 期 の 開 齢 で も な い 。 そ ん な 気 持 が ど こ か に あ る 。 彼 は こ の 町 で 生 て い た く 港 当 時 に 住 ん で い た 貿 易 商 や 外 国 領 事 た ち の 邸 宅 が と こ ろ ま れ た の で あ る 。 二 重 壁 か ん せ 、 く つ あ と ふ り こ

現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集


ま を ま え る 若 者 が 、 無 心 に 一 艘 の ス ナ イ プ の 手 入 れ を や っ て い た 。 そ の 雰 囲 気 は 、 ふ と 彼 の 「 鱶 女 」 を 思 い 出 さ せ た 。 読 む よ り も 先 に 、 私 は こ の 作 品 に 、 と あ る ー ン の 上 一 夏 に よ 、 つ こ オ 、 が ら ん と し た 三 流 館 の ス ク リ で 接 し た 。 俳 優 も 下 手 く そ 、 つ く り 方 も 寒 む 寒 む と し た 、 例 の や く た い も な い 「 太 陽 族 映 画 」 の 一 つ だ っ た が 、 ど う し た わ け か 私 は 、 話 の つ く り 方 一 し 、 そ の 映 画 を 三 度 も 見 、 本 屋 で 探 し て 小 説 も 読 ん だ 。 傲 岸 で 、 ナ ー ヴ ァ ス で 、 挫 折 を 知 ら す 、 し た が て 永 遠 の 青 年 の よ う な 肌 理 の 荒 さ が あ る と 思 っ て い た こ の 作 者 の 小 説 を 、 最 初 に 理 解 し 、 あ る 意 味 で 愛 し は じ め た の が 、 実 は こ の 作 品 だ っ た の で あ る 。 少 年 と 、 ー ル ヘ ン は 、 Ⅲ 女 に 化 け た 鱶 と の 、 こ の 奇 妙 な 交 情 の メ う つ ろ で 退 屈 な 「 青 春 」 の 孤 独 が 、 海 の 底 に ひ そ む 蠱 惑 と 乾 い た 残 酷 さ と う つ り あ い 、 絵 の よ う な 、 同 時 に 音 楽 の よ う な 、 こ れ ま で 地 中 海 の み が 生 み え た よ う な ア ル カ イ ッ ク な 「 神 話 」 の 相 貎 に ま で 達 し て い た 。 映 画 と し て や く た い も な い つ く り 方 で あ っ た に か か わ ら す 、 そ の 安 も の 映 画 の む こ う に ど う し よ う も な く 学 見 え て し ま っ た 原 作 者 の 構 図 は 、 「 海 と 青 春 」 と の シ ン ポ ル 相 関 を 、 評 判 だ っ た 「 太 陽 が い つ ば 、 し 」 な ど よ り も は る か に 深 く ~ 〔 回 く と ら え 、 形 伊 不 化 し て い る よ 、 つ に 田 5 っ た 。 そ れ か ら 私 は 、 も う 一 度 「 太 陽 の 季 節 」 か ら 「 行 ふ か

現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集


107 少 年 は 無 言 で 帆 綱 を 締 め た 。 ぐ い と 傾 き か か る 船 を 、 舷 約 束 の 日 の 三 時 、 入 江 の 岸 伝 い に 船 を め ぐ ら せ た 。 教 え 側 一 杯 に 体 を そ ら せ て こ ら え た 。 時 次 が 腹 這 い に 半 身 を 外 て お い た 岩 場 の 辺 り に は 、 釣 を す る 子 供 た ち の ま ば ら な 人 に か け て ・ ( ラ ス ト を 取 る 。 逆 さ に 仰 い だ 空 が ま ぶ し く 、 そ 影 し か な い 。 し ぶ の 顔 を 波 の 繁 吹 き が 濡 し た 。 そ の ま ま 水 平 線 の 雲 を 眺 め な ″ 来 ね え の か な あ 〃 ラ グ ー 船 を 反 転 さ せ よ う と 舵 を 押 し た 。 そ の 時 、 岩 場 の 端 の 磯 カ 一 年 越 し 願 っ て い が ら 彼 は 何 故 か 危 く 泣 き か か っ た 。 ・ 、 、 た も の が 今 掌 の 内 に あ る と 言 う 感 傷 は 少 し も な か っ た 。 風 伝 い に 、 赤 い 日 傘 を さ し て 来 る 春 子 の 姿 が 見 え た 。 こ こ だ よ 」 を は ら ん だ 帆 一 杯 に 拡 が る 満 足 と 、 終 る こ と の な い 心 の 安 「 お ー ち ょ っ と そ う じ り う ら ぎ で あ る 。 巧 み な 操 縦 に 反 転 し 、 又 反 転 す る ヨ ッ ト が 何 少 年 は 一 寸 身 じ ま い を 正 す と 、 船 を つ け 女 を 待 ち 受 け た 。 安 手 の 青 い ワ ン 。 ヒ ー ス の 裾 に 、 下 着 の 白 い レ ー ス を の 故 か ず っ と 以 前 か ら の 知 り 合 い に も 思 え た 。 少 年 は 船 名 を と 書 き 変 え た 。 港 に は 又 一 人 貴 ぞ か せ 、 下 駄 を 脱 い だ 春 子 は 手 を と ら れ て 船 に 乗 り 移 0 こ 0 族 が ふ え た わ け で あ る 。 「 へ え 、 こ れ を 買 っ た の 、 凄 い じ ゃ な い の 。 。 ヒ カ ビ カ し て そ れ で も 新 し い 自 分 の 船 を 乗 り 廻 す だ け に 夢 中 で 一 週 間 過 し た 頃 、 彼 は ふ と 春 子 を 思 い 出 し 、 次 い で そ の 胸 に 決 心 る わ ね え 、 で も 大 丈 夫 、 私 泳 げ な い の よ 」 も く ろ み よ み が え 船 を 廻 す と 港 を 離 れ て 外 海 へ 出 た 。 港 の 周 り で 、 土 地 の し た 当 初 の 目 論 見 が 蘇 っ た 。 ョ ッ ト の 代 金 に 貯 金 を 全 部 下 し た 後 の な け 無 し の 金 で 、 高 校 の ヨ ッ ト 部 員 た ち が 練 習 し て い る 。 陸 で 吹 く ホ イ ッ ス か た ま い っ せ い ル で 、 固 っ て 走 る 七 、 八 隻 の 小 さ い ョ ッ ト が 、 一 斉 に 反 転 少 年 は そ の 夜 春 子 の 所 へ 行 っ た 。 顔 を 見 る と 気 負 い 込 ん で し て は 又 走 り 出 す 。 浮 標 を 廻 る 時 、 一 団 に 固 っ て 又 四 散 す し / ら よ う え も の る ヨ ッ ト は 獲 物 の 周 り に 群 が っ て は 飛 び 立 っ 水 鳥 か 蝶 の よ 「 ー ー 約 東 を 果 す そ 」 う に み え た 。 船 に は 真 黒 に 日 焼 け し た 少 年 達 が 、 き ち ん と 少 「 約 東 、 何 の さ ? 」 と 二 人 ず つ 乗 っ て い る 。 彼 等 は 反 転 す る 時 奇 妙 な 掛 け 声 を か 「 俺 の 、 俺 の ヨ ッ ト に 乗 せ て や る よ 」 ッ こ と 面 倒 が り 人 目 を お そ れ る 春 子 を 少 年 は 強 引 に 誘 う と 、 入 け 、 そ う す る こ と が 船 の 速 度 を 早 め で も す る よ う に 、 ョ ひ と け か ん ば っ 江 の は ず れ の 人 気 な い 岩 場 を 教 え た 。 断 崖 が 陥 没 し た そ の さ ら 自 分 の 体 を 前 に 倒 し た 。 辺 り は 容 易 に 船 が つ け ら れ る の だ 。 幾 度 も 念 を 押 し て 彼 は 外 海 に 出 な が ら 少 年 は 時 々 港 を 振 り 返 っ て 見 た 。 港 か ら み さ き 見 ら れ て 冷 か さ れ る の が 恥 ず か し か っ た の だ 。 岬 を 出 か か 帰 っ た 。 あ た っ こ 0 シ ー ト 0 う い ん だ ん が い げ ん づ た ひ が さ す ご

現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集


四 月 、 「 性 と 文 学 ー 私 の 立 場 」 を 「 読 売 新 聞 . に 発 表 。 「 銀 色 の 牙 」 使 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 十 月 、 「 天 波 」 を 「 文 芸 」 に 発 表 。 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 五 月 、 「 行 為 と 死 」 を 河 出 書 房 よ り 刊 行 、 注 目 十 一 月 、 「 天 使 よ 、 俺 を 起 し て く れ 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 、 「 文 学 の を 集 め た 。 同 月 、 「 鉛 の 部 屋 」 を 「 小 説 現 代 」 に 発 表 。 六 月 、 「 今 日 堕 落 ー 問 題 を す り 換 え る な 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 「 巷 の 神 々 ー を の 批 評 家 に 欠 け る も の 」 を 「 東 京 新 聞 」 に 発 表 。 同 月 、 三 男 宏 高 誕 「 産 経 新 聞 」 に 連 載 ( 翌 年 十 一 一 月 完 結 ) 。 「 て つ べ ん 野 郎 」 を 集 英 社 生 。 七 月 、 「 歴 史 の 外 で 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 「 終 幕 」 を 集 英 よ り 刊 行 。 同 月 、 「 若 き 獅 子 た ち の 伝 説 」 を 劇 団 四 季 ・ 日 生 の 提 携 社 よ り 刊 行 。 八 月 、 「 傷 の あ る 羽 根 」 を 文 藝 春 秋 新 社 、 「 断 崖 」 を 光 文 社 に よ り 日 生 劇 場 で 上 演 ( 浅 利 慶 太 演 出 ) 。 よ り 刊 行 。 九 月 、 ・ フ ェ ル ス タ ー の 「 若 き ハ イ デ ル ベ ル ヒ ー を 潤 色 、 昭 和 四 十 一 年 ( 一 九 六 六 ) 三 十 四 歳 日 生 劇 場 プ ロ デ = ー ス よ り 同 劇 場 で 上 演 ( 松 浦 竹 夫 演 出 ) 。 十 月 、 一 月 、 「 水 際 の 塑 像 」 を 「 文 芸 」 に 、 「 聖 衣 」 を 「 小 説 現 代 」 に 発 表 。 「 飛 べ 、 狼 、 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 十 一 月 、 「 石 原 慎 太 郎 文 庫 」 「 黒 い 環 」 を 「 平 凡 ・ ( ン チ 」 に 連 載 . ( 十 一 月 完 結 ) 。 ま た 、 「 還 ら ぬ 全 八 巻 を 河 出 書 房 よ り 刊 行 ( 翌 年 七 月 完 結 ) 。 十 二 月 、 「 聖 書 」 を 海 」 を 講 談 社 、 「 石 原 慎 太 郎 集 」 ( 現 代 文 学 8 ) を 東 都 書 房 よ り 刊 行 。 「 オ ー ル 読 物 」 に 、 「 暴 力 」 を 「 小 説 現 代 」 に 、 「 虚 無 と 貞 操 」 を 「 別 二 月 、 「 暗 闇 の 声 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 連 載 ( 翌 年 一 月 完 結 ) 。 「 銀 色 冊 文 藝 春 秋 」 に 、 「 批 評 は 芸 術 か ? ー 実 感 的 批 評 家 論 」 を 「 文 学 界 」 の 矛 」 を 講 談 社 、 英 訳 「 太 陽 の 季 節 」 を タ ト ル 商 会 よ り 刊 行 。 三 月 、 に 発 表 。 「 禁 断 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 「 沈 黙 ー を 「 文 藝 春 秋 ー に 、 「 劇 場 と 小 説 」 を 「 東 京 新 聞 」 に 発 表 。 昭 和 四 十 年 ( 一 九 六 五 ) 三 十 三 歳 「 青 年 の 樹 」 を 講 談 社 、 「 終 幕 」 を 集 英 社 よ り 刊 行 。 四 月 、 「 飛 べ 、 一 月 、 「 星 と 舵 」 を 「 文 芸 」 一 、 一 一 月 号 に 発 表 。 ま た 、 「 貧 し い 海 」 狼 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 五 月 、 「 野 性 の 庭 」 を 「 文 芸 」 に 発 表 。 六 を 「 文 藝 春 秋 , に 、 「 一 点 鐘 ー を 「 風 景 」 に 発 表 。 一 一 月 、 「 批 評 な ら 月 、 「 命 の 森 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 七 月 、 「 人 魚 と 野 郎 」 を 集 英 社 よ ざ る 批 評 へ の 不 信 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 「 青 春 と は な ん だ 」 を 講 り 刊 行 。 八 月 、 「 嫌 悪 ー 現 代 の 情 念 」 を 「 週 刊 読 書 人 」 に 発 表 。 同 談 社 よ り 刊 行 。 三 月 、 創 作 ミ ウ ジ カ ル 「 燼 の カ ー ・ フ ー を 自 ら の 演 月 、 四 男 延 啓 誕 生 。 九 月 、 「 白 い 肖 像 」 を 「 婦 人 公 論 」 に 連 載 ( 十 出 に よ り 日 生 劇 場 で 上 演 。 四 月 、 「 君 た ち に も 何 か 出 来 る 」 を 「 文 月 完 結 ) 。 「 青 年 の 樹 」 を 集 英 社 よ り 刊 行 。 十 月 、 「 青 い 殺 人 者 」 を た い か ん 芸 」 に 、 「 大 計 画 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 「 怒 り の 像 」 を 「 週 刊 集 英 社 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 全 ェ ッ セ イ 集 「 孤 独 な る 戴 冠 」 を 河 出 書 サ ン ケ イ 」 に 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 、 「 お ゝ い 雲 ! 」 を 産 業 経 済 新 聞 社 、 房 よ り 刊 行 。 同 月 、 「 週 刊 読 売 」 特 派 員 と し て 南 ベ ト ナ ム へ 出 発 、 譜 「 星 と 舵 」 を 河 出 書 房 よ り 刊 行 。 五 月 、 「 錆 色 の 塔 」 を 「 小 説 新 潮 」 翌 年 一 月 帰 国 。 十 一 一 月 、 「 神 の 鎖 」 を 「 小 説 現 代 」 に 、 「 失 踪 者 」 を に 発 表 、 「 砂 の 花 」 を 新 潮 社 、 「 命 の 森 」 を 読 売 新 聞 社 、 「 人 魚 と 野 「 別 冊 文 藝 春 秋 , に 発 表 。 年 郎 」 を 集 英 社 よ り 刊 行 。 六 月 、 「 雲 に 向 か っ て 起 っ 」 を 集 英 社 、 「 青 昭 和 四 十 ニ 年 ( 一 九 六 七 ) 三 十 五 歳 年 の 樹 」 ( 文 庫 ) を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 ま た 、 「 青 い 殺 人 者 ー を 「 週 一 月 、 「 天 使 た ち の 革 命 ー を 「 文 芸 」 に 、 「 た っ た 今 か ら 始 め よ う 」 刊 明 星 」 に 連 載 ( 翌 年 七 月 完 結 ) 。 七 月 、 「 獅 子 の 倒 れ た 夜 」 を 「 日 を 「 展 望 」 に 、 「 ベ ト ナ ム 時 間 の 平 和 」 を 「 週 刊 読 売 」 に 発 表 。 本 」 に 発 表 。 「 大 い な る 海 へ 」 集 英 社 よ り 刊 行 。 九 月 、 「 盲 目 の 天 二 月 、 「 黒 い 環 」 を 河 出 書 房 、 「 終 幕 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 四 月 、 「 待

現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集


111 建 っ た 時 の 二 次 会 だ か 三 次 会 で 、 あ の 女 が 良 か っ た っ て 廻 彼 は 港 の 構 内 を 突 っ 切 っ て 行 っ た 。 〃 コ ン テ ッ サ ″ が 陸 の ぞ し て く れ た ん だ ぜ 」 上 げ さ れ 塗 り 直 さ れ て い る 。 高 い 台 に 乗 っ て キ ー ル を 覗 か 「 へ っ そ う か 」 せ た ″ 伯 爵 夫 人 〃 は か え っ て な ま め か し く 見 え た 。 頭 を 掻 く 松 川 に 皆 が 笑 っ た 。 少 年 一 人 が 黙 っ て い る 。 春 ″ 結 局 、 結 局 俺 の 見 た 夢 は 目 茶 目 茶 に な っ た 。 俺 は 汚 さ れ お か 子 を 知 っ て い る 男 た ち を 、 彼 は 自 分 の 女 を よ こ し ま に 冒 し 恥 を か か さ れ る た め 苦 心 し て ョ ッ ト を 買 っ た 見 た い な も ん じ ゃ な い か 。 俺 は 馬 鹿 じ ゃ な い 。 俺 の や っ た こ と は 馬 鹿 じ た 者 を 見 る よ う な 激 し い 眼 差 し で 睨 み つ け た 。 ョ ッ ト を 汚 し た の も 、 春 ゃ な い 。 悪 い の は 春 子 で も な い 。 「 つ ま り 何 だ な 、 大 分 使 い 古 さ れ て る な 」 ま た 浜 口 が 言 う と 皆 が 又 ど っ と 笑 っ た 。 か っ と し 、 思 わ ず 飛 子 を 汚 し や が っ た の も 皆 奴 等 だ 。 目 茶 目 茶 に し や が っ た の び か か っ て 突 き 倒 そ う と し た が よ う や く 自 分 を 押 え て 少 年 は あ 奴 等 な ん だ ″ そ ば ひ そ は ず 目 ま い を 感 じ て 側 の ヨ ッ ト に 手 を 掛 け た 。 は 座 を 外 し た 。 彼 等 は そ の 後 声 を 秘 め 女 の キ ワ ど い 品 評 を ″ 今 に み て ろ ! 始 め て い る 。 、 つ り つ デ ッ キ ョ ッ ト に よ じ 上 る と 甲 板 に 転 が っ て 上 を 眺 め た 。 屹 立 す 何 時 か の 夜 春 子 が 先 客 を と っ て い た 時 の よ う に 、 ″ 商 売 だ か ら 仕 方 な い じ ゃ ね え か 〃 と 思 い 切 ろ う と し た が ど う し る マ ス ト と ス テ ィ が 激 し く 震 え て い る 。 風 見 の 小 旗 が 千 切 て も 出 来 な か っ た 。 加 え て 、 昨 夜 あ ん な に 優 し か っ た 春 子 れ ん ば か り だ っ た 。 南 側 に 高 い 岸 壁 の あ る 構 内 で は 感 じ ら む ざ ん は す か が 、 知 ら ぬ 間 仲 間 た ち に 、 次 ぎ 次 ぎ 無 惨 に 辱 し め ら れ た よ れ ぬ 強 い 風 が す ぐ 上 空 を 吹 き 抜 け て 行 く の が よ く わ か っ こ 0 う な 憤 り が こ み 上 げ て く る 。 が そ れ を 彼 等 に い き な り ぶ つ し ば ら つ け た 所 で 、 彼 等 が 面 く ら う だ け で 何 も な り は し な か っ た 。 暫 く し て 、 「 マ キ 、 マ キ よ う 」 浜 口 が 呼 ん で い る 。 少 年 あ わ す る と 春 子 と 自 分 が た ま ら な く 憐 れ に 思 え て な ら な い 。 は 黙 っ て 起 き 上 っ た 。 リ ッ グ 年 「 い た い た 。 一 寸 来 て ″ ロ ワ ド ー ル 〃 の 艤 装 を 手 伝 っ て く 少 そ の 憐 れ み が 何 時 か 又 当 て 所 な い 憤 り に 変 っ て 行 く の だ 。 ″ 下 卑 た 浜 口 の 野 郎 、 松 川 、 山 の 奴 、 杉 山 、 そ れ に 和 さ ん れ ろ 。 今 日 中 に 三 崎 ま で 持 っ て か な く ち ゃ な ら ね ん だ 。 遅 ま で が ー く な る と し け そ う だ か ら な 、 早 い と こ し ね え と ″ ロ ワ ド ー ル ″ は 修 理 に 港 へ 廻 さ れ て 来 た ク ル ー ザ ー だ っ レ ー ス の あ の 夜 以 来 「 自 分 の ヨ ッ ト 」 に 支 え ら れ て 来 た こ 0 少 年 だ け の あ る 世 界 が 、 思 わ ぬ こ と に 音 を た て て 胸 の 内 に く ず 「 誰 が 行 く の 」 崩 れ る の を ど う し よ う も な か っ た 。 き さ

現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集


「 そ う い う こ と は あ る ん だ 。 お い お い と チ ェ ッ チ ェ ッ が 完 の が 感 じ ら れ る ほ ど だ 。 床 と い わ ず 壁 と い わ ず 、 食 器 、 便 全 な よ う に 完 全 で あ る だ け な ん だ 。 こ の 種 の ク ラ ン ケ じ ゃ 器 、 毛 布 、 薬 壜 、 六 個 の 男 の ロ と 足 の う ら 、 あ り と あ ら ゆ に よ う な に が と び だ し て く る か わ か ら な い ん だ 。 君 だ っ て 腕 の か る も の が 匂 い を た て 、 呼 吸 を す る 。 薬 。 汗 。 尿 。 体 臭 。 ち ゅ う す う わ り に 頭 の 言 語 中 枢 の ど こ か を ぶ つ つ け て い た ら 忘 れ た っ 垢 。 熱 。 お 新 香 。 い た め た モ ヤ シ 。 ま る で 中 学 生 で い つ ば い の 春 の 午 後 の 電 車 に 足 を 踏 み 入 れ た み た い な 匂 い が 鼻 の も り の 万 葉 百 選 を や り だ す か も 知 れ な い ん だ ぜ 」 先 生 は 聴 診 器 を 手 術 衣 の ポ ケ ッ ト に し ま い こ む と 、 ほ か さ き へ も う も う と た ち こ め て く る 。 ペ ッ ド に 寝 て い た の で の 患 者 た ち を 診 察 し て ま わ り 、 看 護 婦 を つ れ て 部 屋 を で て は わ か ら な い け れ ど 、 用 を 足 し に 外 へ で て 、 廊 下 か ら 部 屋 へ 入 ろ う と し て 一 歩 踏 み こ ん だ と た ん に む ン と く る の だ 。 い っ た 。 看 護 婦 は 部 屋 を で し な に 壁 の ス イ ッ チ を 鳥 の 脚 の よ う な 指 で ひ ね っ た 。 壁 が と っ ぜ ん 明 る く な り 、 衰 え た た 顔 が 青 く な る く ら い だ 。 こ れ だ け い や な 匂 い を た て な い こ ほ お そ が れ に か わ っ て 若 い 夜 が 頬 を 輝 か し て 部 屋 の な か に あ ら と に は 生 き て ゆ け な い の か 。 何 度 お れ は 戸 口 で そ の ま ま の 。 ハ ジ ャ マ 姿 で い い か ら ど こ か へ い っ て し ま い た い と 思 っ た わ れ た 。 か 知 れ な い 。 五 人 の 男 は 左 官 屋 の 老 人 を は じ め と し て 、 銀 座 の ・ ハ ー テ ン ダ ー 、 ト ラ ッ ク の 運 転 手 、 大 工 、 商 店 街 の お っ さ ん な ど 病 室 に は お れ を 入 れ て 六 人 の 男 が 寝 て い る 。 床 板 は 歩 く ふ う た ろ う た び に ギ イ ギ イ と 音 を た て 、 廊 下 を 走 る も の が あ る と 足 音 で あ る 。 退 院 し た け れ ど 、 町 工 場 の 工 員 、 横 浜 の 風 太 郎 、 が い ち い ち 脳 に ひ び く だ け で な く 、 部 屋 全 体 が ゆ れ る か の 映 画 撮 影 所 の 道 具 係 な ど が い た こ と も あ る 。 み ん な 頭 に 野 よ う に 感 じ ら れ る 。 壁 や 天 井 に は 雨 の 地 図 が い く っ と な く 球 の ポ ー ル の 縫 い 目 の よ う な 手 術 跡 を つ け て い る 。 自 動 車 に は ね ら れ た も の 。 ト ラ ッ ク の 助 手 席 に の っ て い て 衝 突 し 這 い 、 風 の つ よ い 日 は 窓 の す き ま か ら 冬 風 が 吹 き こ ん で き と 必 て 凍 え そ う に な る 。 し か し 部 屋 の な か に は い つ も お か ゆ の た も の 。 屋 根 か ら お ち た も の 。 ビ ル の 建 築 現 場 の 鉄 骨 か ら が よ う な 生 温 か く て 重 い 臭 気 が た ち こ め て い る の で 、 む し ろ お ち た も の 。 撮 影 所 で ラ イ ト が 天 井 か ら お ち て き た り 。 波 つ い ・ り ′ 、 け ず 生 つ め た い 風 が ナ イ フ の よ う に 削 っ て い っ て く れ た ら と 、 お 止 場 で 作 業 中 に 墜 落 し た り 。 み ん な 傷 つ い て 、 頭 が お か し れ は 歓 迎 し た く な る く ら い だ 。 あ ま り 悪 臭 が 重 く て 粘 っ こ く な っ た 。 手 術 を し て よ く な る も の も あ る し 、 よ く な ら な い も の も あ る 。 近 頃 は 脳 外 科 が た い へ ん 進 歩 し た の で 以 前 い の で 、 風 が と お っ た あ と に は バ タ ー の か た ま り に ナ イ フ を 切 り こ ん だ よ う に ク ッ キ リ と 空 中 に 航 跡 の の こ っ て い る な ら 廃 物 に な る も の で も 今 な ら ど ん ど ん 再 生 で き る と 先 生 こ ご あ か び ん

現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集


同 月 、 自 作 を 脚 色 し た 映 画 監 督 第 一 回 作 品 「 若 い 獣 」 を 作 成 、 東 宝 「 完 全 な 遊 戯 」 ( 文 庫 ) を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 十 二 月 、 「 殺 人 教 室 」 で 上 映 さ れ た 。 八 月 、 「 男 の 掟 ー を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 十 月 、 を 新 潮 社 、 「 青 年 の 樹 1 」 を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 「 鱶 女 」 を 「 文 学 界 」 に 、 「 遊 戯 の 終 点 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 十 昭 和 三 十 五 年 ( 一 九 六 〇 ) 二 十 八 歳 一 月 、 エ ッ セ イ 集 「 価 値 紊 乱 者 の 光 栄 」 を 凡 書 房 よ り 刊 行 。 同 月 、 一 月 、 「 日 木 零 年 」 を 「 文 学 界 」 に 連 載 ( 昭 和 三 十 七 年 二 月 完 結 ) 。 開 高 健 、 大 江 健 三 郎 、 江 藤 淳 、 谷 川 俊 太 郎 等 と 「 若 い 日 本 の 会 」 を 三 月 、 「 題 名 の な い バ ラ ー ド 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 五 月 、 戯 曲 結 成 し 、 警 職 法 改 正 案 に 対 し て 反 対 を 声 明 し た 。 十 一 一 月 、 「 海 の 地 「 俍 生 き ろ 豚 は 死 ね 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 こ の 戯 曲 は 「 若 い 日 図 」 を 自 ら の 装 幀 で 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 同 月 、 一 橋 大 学 自 動 車 部 本 の 会 」 を 通 じ て 知 っ た 浅 利 慶 太 の 新 劇 運 動 に 共 鳴 し て 書 い た も の 員 の 学 生 四 名 を 引 率 し 、 隊 長 と し て 南 米 一 周 ス ク ー タ ー 旅 行 に 出 発 で 、 浅 利 の 劇 団 四 季 に よ り 都 市 セ ン タ ー ホ ー ル で 上 演 さ れ た 。 同 月 、 し た 。 仏 訳 「 太 陽 の 季 節 」 を 松 尾 邦 之 助 の 訳 で ジ リ ア ー ル 社 よ り 「 青 い 糧 」 を 「 日 本 」 に 連 載 ( 翌 年 一 一 月 完 結 ) 。 「 こ れ が 恋 愛 だ 」 を 刊 行 。 講 談 社 、 「 青 年 の 樹 2 」 を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 七 月 、 「 黒 い 声 ー を 昭 和 三 十 四 年 ( 一 九 五 九 ) 一 一 十 七 歳 「 オ ー ル 読 物 」 に 、 「 十 八 歳 」 を 「 小 説 中 央 公 論 ー に 発 表 。 ま た 、 一 月 、 「 月 蝕 」 を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 一 一 月 、 「 夜 を 探 が せ 」 を 光 文 社 「 南 米 横 断 一 万 キ こ を 講 談 社 、 「 石 原 慎 太 郎 集 」 ( 新 鋭 文 学 叢 書 8 ) よ り 刊 行 。 四 月 、 南 米 か ら ヨ ー ロ ツ ・ ( 、 近 東 を 廻 っ て 帰 国 。 六 月 、 を 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 八 月 、 「 誰 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 「 挑 戦 」 「 変 死 を 書 け 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 仕 事 な ん ぞ し な く て も い い 」 を 「 文 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 九 月 、 「 ス ポ ー ッ カ ー ・ レ ー ス 」 を 「 新 潮 」 に 学 界 」 に 発 表 。 七 月 、 「 夜 の 道 ー を 「 新 潮 」 に 、 「 太 陽 の 餌 」 を 「 声 」 発 表 。 「 恋 の も の ざ い く , を 「 週 刊 女 性 自 身 」 に 連 載 ( 十 月 完 結 ) 。 に 発 表 。 ま た 、 「 青 年 の 樹 」 を 「 週 刊 明 星 」 に 連 載 ( 翌 年 五 月 完 結 ) 。 「 見 知 ら ぬ 顔 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 十 月 、 「 声 」 を 「 小 説 中 央 公 論 」 「 男 の 掟 」 を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 八 月 、 「 フ ァ ン キ ー ・ ジ ャ ン プ 」 を に 、 「 神 立 ち 船 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 「 汚 れ た 夜 」 を 「 毎 日 新 聞 」 に 連 載 ( 翌 年 五 月 完 結 ) 。 「 完 全 な 遊 戯 」 ( 文 庫 ) を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 「 文 学 界 」 に 、 「 と も だ ち 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 顔 の な い 男 , を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 「 石 原 慎 太 郎 ・ 原 田 康 子 集 」 ( 現 代 長 編 小 説 全 集 十 一 月 、 「 亀 裂 」 ( 文 庫 ) を 角 川 書 店 、 「 夜 を 探 が せ 」 ( カ ッ ) を 講 談 社 よ り 刊 行 。 九 月 、 「 あ る 結 品 ー 楼 蘭 」 を 「 新 潮 ー に 発 ル ス ) を 光 文 社 よ り 刊 行 。 十 一 一 月 、 「 密 航 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 表 。 十 月 、 「 殺 人 教 室 」 を 「 日 本 」 に 、 「 殺 人 キ ッ ド 」 を 「 中 央 公 論 発 表 。 同 月 、 香 港 、 マ カ オ に 取 材 旅 行 に 出 掛 け た 。 こ の 年 、 安 保 条 譜 文 芸 特 集 号 」 に 、 「 男 た ち 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 「 女 の 劇 場 」 を 約 批 准 を め ぐ っ て 、 「 若 い 日 本 の 会 , は 、 変 則 国 会 に 抗 議 し 、 国 会 「 週 刊 女 性 自 身 」 に 連 載 ( 翌 年 一 月 完 結 ) 。 同 月 、 座 談 会 「 シ ン ポ ジ 解 散 等 の 要 求 を し た 。 年 ウ ム 発 言 」 が 「 三 田 文 学 」 十 、 十 一 月 号 誌 上 で 開 か れ 、 江 藤 淳 、 谷 昭 和 三 十 六 年 ( 一 九 六 一 ) 一 一 十 九 歳 川 俊 太 郎 、 武 満 徹 、 羽 仁 進 、 浅 利 慶 太 、 山 川 方 夫 等 と 共 に 出 席 、 一 月 、 「 吹 き っ さ ら し 」 を 「 小 説 中 央 公 論 」 に 、 「 紅 い 祭 礼 , を 「 小 ″ 怒 れ る 若 者 た ち れ の 発 言 と し て 議 論 を 呼 ん だ 。 十 一 月 、 「 挑 戦 」 を 説 新 潮 」 に 、 「 ジ ャ ズ と 現 代 芸 術 」 を 「 読 売 新 聞 ー に 発 表 。 三 月 、 4 「 新 潮 」 に 連 載 ( 翌 年 七 月 完 結 ) 、 「 乾 い た 花 」 を 文 藝 春 秋 新 社 よ り 、 「 失 わ れ た 道 標 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 ー に 発 表 。 「 断 崖 , を 「 週 刊 読 売 」