検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集から 409件ヒットしました。

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


313 春 と 修 羅 大 丘 松 今 っ 空 ほ ど い 小 す そ あ 幹 雲 変 み 冬 △ い 雲 ひ は そ す へ の 木 日 め 気 ん ん か 岩 み れ を や が つ ん に よ に と た し ま ん う が は た が た な に 井 や よ じ 芽 展 た な き い 濾 こ も け て し 陰 し を 七 く ひ う に も の か り ろ の け と す た よ さ ふ の ず て 鬱 ろ か っ そ ど に 新 確 き な も い な て は っ と あ れ た 馬 ん に と し 森 し く こ 鮮 か れ す こ 春 か つ い か は か た り は ず し ふ ふ な は て 稠 の な に い み ん に に ち へ り ま く 光 で た ん か る も 緑 れ 、 あ 密 み 奇 き 継 な や な な 燐 が そ 変 る 灼 や の む し 遠 け び と 褐 ち か で ち 蹟 起 き 野 か せ っ 光 呼 れ つ で け た や か く て て に に つ め る を だ す は な * は た や 吸 は て べ て め み に な ゐ ら る ら 万 児 し だ 樹 し 雪 ゐ つ ゐ に に 見 生 ん 過 る る え え の ぎ の う と や 法 れ 、 け 液 ま が る だ る 赤 ひ ひ △ る て 枯 た い 牧 流 る 心 だ が 往 い き と 行 ふ 場 転 え 象 な き 草 ; く の の の カ ; と 標 な 明 れ と き が 本 か 減 は ら へ た な た む ・ ほ り ん も 遠 く の そ ら で 鳴 っ て る し 雨 は け ふ は だ い じ ゃ う ぶ ふ ら な い し か し 馬 車 も は や い と 云 っ た と こ ろ で そ ん な に す て き な わ け で は な い い ま ま で た っ て や っ と あ す こ ま で こ こ か ら あ す こ ま で の こ の ま っ す ぐ な 火 山 灰 の み ち の 分 だ け 行 っ た の だ あ す こ は ち ゃ う ど ま が り 目 で す が れ の 草 穂 も ゆ れ て ゐ る ( 山 は 青 い 雲 で い つ ば い 光 っ て ゐ る し か け て 行 く 馬 車 は く ろ く て り つ ば だ ) ひ ば り ひ ば り 銀 の 微 塵 の ち ら ば る そ ら へ た っ た い ま の ・ ほ っ た ひ ば り な の だ く ろ く て す ば や く き ん い ろ だ そ ら で や る ・ フ ラ ウ ン 運 動 は ね お ま け に あ い つ の 翅 と き た ら 甲 虫 の や う に 四 ま い あ る ) る し あ め 飴 い ろ の や っ と 硬 い 漆 ぬ り の 鞘 と ム た へ た し か に 二 重 に も っ て ゐ る よ ほ ど 上 手 に 鳴 い て ゐ る み ぢ ん 1 ト 二

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


ま ば ゆ い 気 圏 の 海 の そ こ に ( か な し み は 青 々 ふ か く ) Zypressen し づ か に ゆ す れ 鳥 は ま た 青 ぞ ら を 截 る ( ま こ と の こ と ば は こ こ に な く 修 羅 の な み だ は っ ち に ふ る ) あ た ら し く そ ら に 息 つ け ば ほ の 白 く 肺 は ち ぢ ま り ( こ の か ら だ そ ら の み ち ん に ち ら ば れ ) い て ふ の こ ず ゑ ま た ひ か り Zypressen い よ い よ 黒 く 雲 の 火 ば な は 降 り そ そ ぐ 春 日 呪 詛 い っ た い そ い つ は な ん の ざ ま だ ど う い ふ こ と か わ か っ て ゐ る か 髪 が く ろ く て な が く し ん と く ち を つ ぐ む た だ そ れ つ き り の こ と だ 春 は 草 穂 に 杲 け ( 一 九 一 三 ・ 四 ・ 八 ) 有 明 起 伏 の 雪 は * し る あ か る い 桃 の 漿 を そ そ が れ 青 そ ら に と け の こ る 月 は や さ し く 天 に 咽 喉 を 鳴 ら し も い ち ど 散 乱 の ひ か り を 呑 む * ハ ラ サ ム ギ ャ テ ィ ポ ー ジ ュ ン ハ カ ( 波 羅 僧 羯 諦 菩 提 薩 婆 訶 ) あ て ご と は み ん な 消 え る ぞ ( こ こ ら は い っ た い 蒼 く く ろ く て ひ ど く が ら ん と し た も ん だ ) ひ と み 頬 が う す あ か く 瞳 の 茶 い ろ た だ そ れ つ き り の こ と だ ( こ の に が さ 青 さ つ め た さ こ の に が さ 青 さ つ め た さ ) 谷 び か り の 澱 よ ど み ( 一 九 一 三 ・ 四 ・ 一 〇 ) ( 一 九 一 三 ・ 四 ・ 一 lll)

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


114 ま く ら 辺 に 子 を 坐 ら せ て 、 ま じ ま じ と そ の 顔 を 見 れ ば 、 逃 げ て ゆ き し か な 。 い つ も 子 を あ ひ だ う る さ き も の に 思 ひ ゐ し 間 に 、 そ の 子 、 五 歳 に な れ り 。 そ の 親 に も 、 親 の 親 に も 似 る な か れ か く 汝 が 父 は 思 へ る ぞ 、 子 よ 。 か な し き は 、 叱 れ ど も 、 打 て ど も 泣 か ぬ 児 の 心 な る 。 「 労 働 者 」 「 革 命 」 な ど と い ふ 言 葉 を 聞 ぎ お ぼ え た る 五 歳 の 子 か な 。 時 と し て 、 あ ら ん 限 り の 声 を 出 し 、 唱 歌 を う た ふ 子 を ほ め て み る 。 ( わ れ も し か り き ) 何 思 ひ け む ー お も ら や 玩 具 を す て て お と な し く 、 わ が 側 に 来 て 子 の 坐 り た る 。 も ら ・ お 菓 子 貰 ふ 時 も 忘 れ て 、 一 一 階 よ り 、 ゆ き 町 の 往 来 を 眺 む る 子 か な 。 新 し き イ ン ク の 匂 ひ 、 目 に 沁 む も か な し ゃ 。 い っ か 庭 の 青 め り 。 ひ と と こ ろ 、 畳 を 見 つ め て あ り し 間 の そ の 思 ひ を 、 妻 よ 、 語 れ と い ふ か 。 あ の 年 の ゆ く 春 の こ ろ 、 眼 を や み て か け し 黒 眼 鏡 こ は し や し に け む 。 薬 の む こ と を 忘 れ て 、 ひ さ し ぶ り に 、 母 に 叱 ら れ し を う れ し と 思 へ る 。

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


そ の 下 で は ・ ほ ろ ・ ほ ろ の 火 雲 が 燃 え て 一 き れ は も う 錬 金 の 過 程 を 了 へ い ま に も 結 婚 し さ う に み え る ( 濁 っ て し づ ま る 天 の 青 ら む 一 か け ら ) い ち め ん い ち め ん 海 蒼 の チ モ シ イ め ぐ る も の は 神 経 質 の 色 丹 松 ま た え そ に ふ と 桃 花 心 木 の 柵 こ ん な に 青 い 白 樺 の 間 に か ん な 鉋 を か け た 立 派 な う ち を た て た の で こ れ は お れ の う ち だ そ と そ の 顔 の 赤 い 愉 快 な 百 姓 が 井 上 と 少 し び つ こ に 大 き く 壁 に 書 い た の だ ( 一 九 一 一 三 ・ 八 ・ 四 ) 鈴 谷 平 原 蜂 が 一 び き 飛 ん で 行 く 琥 珀 細 工 の 春 の 器 械 蒼 い 眼 を し た す が る で す ( 私 の と こ へ あ ら は れ た そ の 蜂 は は う ぶ っ せ ん ち ゃ ん と 抛 物 線 の 図 式 に し た が ひ さ び し い 未 知 へ と ん で い っ た ) チ モ シ イ の 穂 が 青 く た の し く ゆ れ て ゐ る こ は く マ ホ ガ - 一 そ れ は た の し く ゆ れ て ゐ る と い っ た と こ ろ で う ん く わ ん 荘 厳 ミ サ や 雲 環 と お な じ ゃ う に う れ ひ や 悲 し み に 対 立 す る も の で は な い だ か ら 新 ら し い 蜂 が ま た 一 疋 飛 ん で き て ・ ほ く の ま は り を と び め ぐ り い ば 4 つ く わ ん ば く ま た 茨 や 灌 木 に ひ っ か か れ た わ た し の す あ し を 刺 す の で す こ ん な う る ん だ 秋 の 雲 の と ぶ 日 鈴 谷 平 野 の 荒 さ ん だ 山 際 の 焼 け 跡 に わ た く し は こ ん な に た の し く す わ っ て ゐ る ほ ん た う に そ れ ら の 焼 け た と ど ま つ が ま っ す ぐ に 天 に 立 っ て 加 奈 太 式 に 風 に ゆ れ し ら か ば ま た 夢 よ り も た か く の び た 白 樺 が 青 そ ら に わ づ か の 新 葉 を つ け 風 の 三 稜 玻 璃 に も ま れ ( う し ろ の 方 は ま っ 青 で す よ ク リ ス マ ス ツ リ ー に 使 ひ た い や う な あ を い ま っ 青 い と ど ま つ が い つ ば い に 生 え て ゐ る の で す ) い ち め ん の や な ぎ ら ん の 群 落 が 光 と も や の 紫 い ろ の 花 を つ け 遠 く か ら 近 く か ら け む っ て ゐ る ( さ は し ぎ も 啼 い て ゐ る た し か さ は し ぎ の 発 動 機 だ )

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


春 の 雪 銀 座 の 裏 の 三 階 の 煉 瓦 造 に や は ら か に 降 る よ ご れ た る 煉 瓦 の 壁 に 降 り て 融 け 降 り て は 融 く る 春 の 雪 か な 目 を 病 め る 若 き 女 の 倚 り か か る 窓 に し め や か に 春 の 雨 降 る あ た ら し き 木 の か を り な ど た だ よ へ る し ん か い ま ち 新 開 町 の 春 の 静 け さ 春 の 街 見 よ げ に 書 け る 女 名 の 門 札 な ど を 読 み あ り く か な そ こ と な く み か ん 蜜 柑 の 皮 の 焼 く る ご と き に ほ ひ 残 り て ゅ ム ペ タ と な り ぬ か ど ム だ を ん な な に ぎ は し ぎ 若 き 女 の 集 会 の こ ゑ 聴 き 倦 み て さ び し く な り た り 何 処 や ら に 若 き 女 の 死 ぬ ご と き 悩 ま し さ あ り 春 の 霙 降 る コ ニ ャ ッ ク の 酔 ひ の あ と な る や は ら か き こ の か な し み の す ず ろ な る か な 白 き 皿 拭 き て は 棚 に 重 ね ゐ る 酒 場 の 隅 の か な し き 女 お ほ じ 乾 き た る 冬 の 大 路 の 何 処 や ら む 石 炭 酸 の に ほ ひ ひ そ め り い り ひ 赤 赤 と 入 日 う つ れ る 河 ば た の 酒 場 の 窓 の 白 き 顔 か な み ぞ れ あ つ ま り

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


28 春 と 修 羅 春 と 修 羅 ( mental sketch modified ) 心 象 の は い い ろ は が ね か ら あ け び の つ る は く も に か ら ま り の ば ら の や ぶ や 腐 植 の 湿 地 * て ん ご く い ち め ん の い ち め ん の 諂 曲 模 様 く わ ん が く ( 正 午 の 管 楽 よ り も し げ く こ は く 琥 珀 の か け ら が そ そ ぐ と き ) い か り の に が さ ま た 青 さ 四 月 の 気 層 の ひ か り の 底 を つ ば き 唾 し は ぎ し り ゆ き き す る お れ は ひ と り の 修 羅 な の だ ( 風 景 は な み だ に ゆ す れ ) 砕 け る 雲 の 眼 路 を か ぎ り れ い ろ う の 天 の 海 に は * せ い は り 聖 玻 璃 の 風 が 行 き 交 ひ Zypressen 春 の い ち れ つ く ろ ぐ ろ と 光 素 を 吸 へ ば け ふ は わ た し も あ ん ま り 重 く ひ ど い か ら ゃ な ぎ の 花 も と っ て 行 か な い ( 一 九 一 三 ・ 三 ・ 一 一 0 ) そ の 暗 い 脚 並 か ら は 天 山 の 雪 の 稜 さ へ ひ か る の に ( か げ ろ ふ の 波 と 白 い 偏 光 ) ま こ と の こ と ば は う し な は れ 雲 は ち ぎ れ て そ ら を と ぶ あ あ か が や き の 四 月 の 底 を は ぎ し り 燃 え て ゆ き き す る お れ は ひ と り の 修 羅 な の だ ( 玉 髄 の 雲 が な が れ て ど こ で 啼 く そ の 春 の 鳥 ) 日 輪 青 く か げ ろ へ ば 修 羅 は 樹 林 に 交 響 し 陥 り く ら む 天 の 椀 か ら 雲 の 魯 木 の 群 落 が 延 び そ の 枝 は か な し く し げ り す べ て 二 重 の 風 景 を 喪 神 の 森 の 梢 か ら ひ ら め い て と び た っ か ら す ( 気 層 い よ い よ す み わ た り ひ の き も し ん と 天 に 立 っ こ ろ ) 草 地 の 黄 金 を す ぎ て く る も の こ と な く ひ と の か た ち の も の け ら を ま と ひ お れ を 見 る そ の 農 夫 ほ ん た う に お れ が 見 え る の か

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


波 で き れ い に み が か れ た ひ と き れ の 貝 殻 を 口 に 含 み わ た く し は し ば ら く ね む ら う と お も ふ な ・ せ な ら さ っ き あ の 熟 し た 黒 い 実 の つ い た カ ー ベ ッ ト ま っ 青 な こ け も も の 上 等 の 敷 物 と お ほ き な 赤 い は ま ば ら の 花 と 不 思 議 な 釣 鐘 草 と の な か で サ ガ レ ン の 朝 の 妖 精 に や っ た 透 明 な わ た く し の エ ネ ル ギ ー を な み い ま こ れ ら の 濤 の お と や し め っ た に ほ ひ の い い 風 や く わ い ふ く 雲 の ひ か り か ら 恢 復 し な け れ ば な ら な い か ら そ れ に だ い い ち い ま わ た く し の 心 象 は つ か れ の た め に す っ か り 青 ざ め て ま ば 眩 ゆ い 緑 金 に さ へ な っ て ゐ る の だ 日 射 し ゃ 幾 重 の 暗 い そ ら か ら は く わ ん こ た う お ん あ や し い 鑵 鼓 の 蕩 音 さ へ す る 羅 わ び し い 草 穂 や ひ か り の も や ろ く し ゃ う 修 緑 青 は 水 平 線 ま で う ら ら か に 延 び と 春 雲 の 累 帯 構 造 の つ ぎ 目 か ら 一 き れ の そ く 天 の 青 強 く も わ た く し の 胸 は 刺 さ れ て ゐ る そ れ ら の 二 つ の 青 い い ろ は ・ フ リ ー ベ ル ど ち ら も と し 子 の も っ て ゐ た 特 性 だ わ た く し が 樺 太 の ひ と の な い 海 岸 を ひ と り 歩 い た り 疲 れ て 睡 っ た り し て ゐ る と き と し 子 は あ の 青 い と こ ろ の は て に ゐ て な に を し て ゐ る の か わ か ら な い す と ど 松 や え そ 松 の 荒 さ ん だ 幹 や 枝 が ご ち や ご ち ゃ 漂 ひ 置 か れ た そ の 向 ふ で 波 は な ん べ ん も 巻 い て ゐ る そ の 巻 く た め に 砂 が 湧 き 潮 水 は さ び し く 濁 っ て ゐ る ( 十 一 時 十 五 分 そ の 蒼 じ ろ く 光 る 盤 面 ) 鳥 は 雲 の こ っ ち を 上 下 す る こ こ か ら 今 朝 舟 が 滑 っ て 行 っ た の だ 砂 に 刻 ま れ た そ の 船 底 の 痕 と 巨 き な 横 の 台 木 の く ・ ほ み そ れ は ひ と つ の 曲 っ た 十 字 架 だ 幾 本 か の 小 さ な 木 片 で HELL と 書 き そ れ を LOVE と な ほ し ひ と つ の 十 字 架 を た て る こ と は よ く た れ で も が や る 技 術 な の で と し 子 が そ れ を な ら べ た と き わ た く し は つ め た く わ ら っ た ( 貝 が ひ と き れ 砂 に う づ も れ 白 い そ の ふ ち ば か り 出 て ゐ る ) ダ イ ア ル

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


1 噴 火 湾 ( ノ ク タ ー ン ) わ か で ん ぶ ん 稚 い ゑ ん ど う の 澱 粉 や 緑 金 が 羅 ど こ か ら 来 て こ ん な に 照 ら す の か 修 ( 車 室 は 軋 み わ た く し は つ か れ て 睡 っ て ゐ る ) AJ と し 子 は 大 き く 眼 を あ い て 春 烈 し い 薔 薇 い ろ の 火 に 燃 さ れ な が ら ( あ の 七 月 の 高 い 熱 : : : ) 鳥 が 棲 み 空 気 の 水 の や う な 林 の こ と を 考 へ て ゐ た こ ん や は も う 標 本 を い つ ば い も っ て わ た く し は 宗 谷 海 峡 を わ た る だ か ら 風 の 音 が 汽 車 の や う だ 流 れ る も の は 二 条 の 茶 蛇 で は な く て 一 び き の 栗 鼠 い ぶ か し さ う に こ っ ち を み る ( こ ん ど は 風 が み ん な の が や が や し た は な し 声 に き こ え う し ろ の 遠 い 山 の 下 か ら は 好 摩 の 冬 の 青 そ ら か ら 落 ち て き た や う な す き と ほ っ た 大 き な せ き ば ら ひ が す る こ れ は サ ガ レ ン の 古 く か ら の 誰 か だ ) ( 一 九 二 三 ・ 八 ・ 七 ) す り す ( か ん が へ て ゐ た の か い ま か ん が へ て ゐ る の か ) り す 車 室 の 軋 り は 二 疋 の 栗 鼠 ( こ と し は 勤 め に そ と へ 出 て ゐ な い ひ と は み ん な か は る が は る 林 へ 行 か う ) し や く ど う 赤 銅 の 半 月 刀 を 腰 に さ げ て し う ら や う ど こ か の 生 意 気 な ア ラ ビ ャ 酋 長 が 言 ふ 七 月 末 の そ の こ ろ に 思 ひ 余 っ た や う に と し 子 が 言 っ た ( お ら あ ど 死 ん で も い い は ん て あ の 林 の 中 さ 行 ぐ だ い う ご い で 熱 は 高 ぐ な っ て も あ の 林 の 中 で だ ら ほ ん と に 死 ん で も い い は ん て ) 鳥 の や う に 栗 鼠 の や う に そ ん な さ は や か な 林 を 恋 ひ ( 栗 鼠 の 軋 り は 水 車 の 夜 明 け 大 き な く る み の 木 の し た だ ) 一 千 九 百 一 一 十 三 年 の と し 子 は や さ し く 眼 を み ひ ら い て 透 明 薔 薇 の 身 熱 か ら 青 い 林 を か ん が へ て ゐ る フ ア ゴ ッ ト の 声 が 前 方 に し Funeral march が あ や し く い ま ま た は じ ま り 出 す ( 車 室 の 軋 り は か な し み の 一 一 疋 の 栗 鼠 )

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


冬 と 銀 河 ス テ ー シ ョ ン そ ら に は ち り の や う に 小 鳥 が と び 修 か げ ろ ふ や 青 い ギ リ シ ャ 文 字 は 春 せ は し く 野 は ら の 雪 に 燃 え ま す ・ ハ ッ セ ン 大 街 道 の ひ の き か ら は 凍 っ た し づ く が 燦 々 と 降 り 銀 河 ス テ ー シ ョ ン の 遠 方 シ グ ナ ル も う る う る し な が ら 苹 果 に 噛 み つ け ば 雪 を 越 え て き た つ め た い 風 は み ね か ら 吹 き し ら か ば べ に キ ン 野 は ら の 白 樺 の 葉 は 紅 や 金 や せ は し く ゆ す れ 北 上 山 地 は ほ の か な 幾 層 の 青 い 縞 を つ く る ( あ れ が ぼ く の し や つ だ 青 い リ ン ネ ル の 農 民 シ ャ ツ だ ) ト ヴ の 氷 霧 ひ や う む け さ は じ つ に は じ め て の 凜 々 し い 氷 霧 だ っ た か ら み ん な は ま る め ろ や な に か ま で 出 し て 歓 迎 し た さ ん さ ん ( 一 九 一 一 三 ・ 一 0 ・ ニ 八 ) け さ は ま っ 赤 に 澱 ん で ゐ ま す 川 は ど ん ど ん 氷 を 流 し て ゐ る の に み ん な は 生 ゴ ム の 長 靴 を は き 狐 や 犬 の 毛 皮 を 着 て 陶 器 の 露 店 を ひ や か し た り ぶ ら さ が っ た 章 魚 を 品 さ だ め し た り す る い ち び あ の に ぎ や か な 土 沢 の 冬 の 市 日 で す ( は ん の 木 と ま ば ゆ い 雲 の ア ル コ ホ ル あ す こ に や ど り ぎ の 黄 金 の ゴ ー ル : さ め ざ め と し て ひ か っ て も い い ) あ あ Josef Pasternack の 指 揮 す る こ の 冬 の 銀 河 軽 便 鉄 道 は 幾 重 の あ え か な 氷 を く ぐ り ( で ん し ん ば し ら の 赤 い 礫 丑 と 松 の 森 ) に せ も の の 金 の メ タ ル を ぶ ら さ げ て 茶 い ろ の 瞳 を り ん と 張 り て ん わ ん つ め た く 青 ら む 天 椀 の 下 う ら ら か な 雪 の 台 地 を 急 ぐ も の ( 窓 の ガ ラ ス の 氷 の 羊 歯 は だ ん だ ん 白 い 湯 気 に か は る ) ・ ハ ッ セ ン 大 街 道 の ひ の き か ら し づ く は 燃 え て い ち め ん に 降 り は ね あ が る 青 い 枝 や 紅 玉 や ト ・ ハ ー ズ ま た い ろ い ろ の ス ・ ヘ ク ト ル や な ま ひ と み た こ し だ

現代日本の文学 6 石川啄木 高村光太郎 宮澤 賢治 集


高 級 の 霧 こ い つ は も う あ ん ま り 明 る い 高 級 の 霧 で す し ら か ば 羅 白 樺 も 芽 を ふ き 修 か ら す む ぎ も 春 農 舎 の 屋 根 も 馬 も な に も か も 光 り す ぎ て ま ぶ し く て っ 0 ( よ く お わ か り の こ と で せ う が 印 象 ラ リ ッ ク ス の 青 い の は 木 の 新 鮮 と 神 経 の 性 質 と 両 方 か ら く る そ の と き 展 望 車 の 藍 い ろ の 紳 士 は ズ 型 の か け が ね の つ い た 帯 革 を し め す き と ほ っ て ま っ す ぐ に た ち 病 気 の や う な 顔 を し て ひ か り の 山 を 見 て ゐ た の だ ハ イ グ レ ー ド ( 一 九 一 三 ・ 六 ・ ニ 七 ) 電 車 ト ン ネ ル へ は い る の で つ け た 電 燈 ち ゃ あ な い の で す 車 掌 が ほ ん の お も し ろ ま ぎ れ に つ け た の で す こ ん な 豆 ば た け の 風 の な か で な あ に 山 火 事 で ご ざ ん せ う な あ に 山 火 事 で ご ざ ん せ う あ ん ま り 大 き ご ざ ん す か ら は て な 向 ふ の 光 る あ れ は 雲 で す な 木 き っ て ゐ ま す な し い え や つ ば り 山 火 事 で ご ざ ん せ う お い き さ ま か や 日 本 の 萱 の 野 原 を ゆ く ビ ク ト ル カ ラ ン ザ の 配 下 帽 子 が 風 に と ら れ る ぞ ひ え こ ん ど は 青 い 稗 を 行 く 貧 弱 カ ラ ン ザ の 末 輩 ひ ざ 日 射 し の な か の 青 と 金 ラ リ ッ ク ス 落 葉 松 は た し か と ど ま つ に 似 て 居 り ま す ) ま ぶ し 過 ぎ て 空 気 さ へ す こ し 痛 い く ら ゐ で す ( 一 九 一 一 ニ ・ 六 ・ 二 七 )