検索 - みる会図書館

検索対象: 華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)から 261件ヒットしました。

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


去 り か け て い た 春 香 は 、 歩 み を 止 め る 。 心 臓 に 杭 を 打 た れ た よ う に 、 動 き が 止 ま っ た 。 ゆ っ く り と 振 り 向 く 。 ど う し て 、 こ の 男 が そ の 名 を 知 っ て い る の か り ゅ う じ さ か え い み よ う 藤 夜 叉 は 、 五 代 目 親 衛 隊 長 だ っ た こ ろ の 異 名 だ っ た 。 今 は も う 、 龍 二 と 栄 し か 知 ら な い は ゆ が 信 じ ら れ な い 思 い で 視 線 を 結 ん だ 春 香 に 、 将 宗 は 頬 を 歪 め る 。 ど う や ら そ れ だ け 確 か め た か っ た よ う だ 。 せ わ し な く ギ ア を ロ ー に 人 れ 、 言 っ た 。 「 〈 あ れ 〉 に 係 わ っ て い た の は 、 あ ん た だ け じ ゃ な い ん だ 」 ス カ イ ラ イ ン は 発 進 し た 。 排 気 ガ ス の に お い を 残 し て 、 あ っ と 言 う 間 に 見 え な く な る 。 ま る で そ れ を 待 っ て い た か の よ う に 、 が 現 れ た 。 校 門 の 前 に 立 ち 尽 く す 春 香 を 見 つ け こ ろ て 、 急 プ レ ー キ を 踏 み 、 中 か ら 康 平 が 転 が り 出 て く る 。 「 校 舎 ン 中 い て 下 さ い っ て 、 言 っ た じ ゃ な い ス か っ " ・ 」 い な 彼 が 車 内 に 春 香 を ひ つ ば り こ む や 否 や 、 が 動 き だ す 。 興 奮 の さ め な い 康 平 が 、 そ れ で も マ ン シ ョ ン へ 連 絡 を い れ る 。 叉 「 春 香 さ ん 、 な ん か あ り ま し た か ? 」 藤 青 ざ め た 彼 女 を 、 ミ ラ 1 越 し の 洋 介 が 気 づ か う 。 あ わ て て 首 を 振 り 、 春 香 は い つ の ま に か か は ひ た い 華 い て い た 額 の 汗 を ぬ ぐ っ た 。 「 な に も な い わ 」 く い

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


一 緒 に 、 地 下 の 車 庫 か ら 出 し て き た の だ ろ う 。 「 あ あ 。 い く ぞ 」 自 分 も マ ル ポ ロ を く わ え た 龍 二 は 、 栄 に 火 を つ け さ せ る 。 ジ ッ ポ ー が 鳴 る の を 、 康 平 が ど こ ま な ざ か 尊 敬 の 眼 差 し で 見 て い た 。 絵 に な る 。 「 行 け 、 春 香 」 う な が さ れ 、 春 香 は ふ た り に 手 を 振 っ た 。 「 じ ゃ あ ね 」 「 ど う ぞ 」 康 平 が 春 香 に 最 敬 礼 す る 。 目 を 合 わ せ 、 春 香 は 微 笑 み を 見 せ た 。 「 よ ろ し く 」 こ れ か ら の 数 時 間 、 春 香 は 彼 ら に 命 を 預 け る こ と に な る 。 何 事 も な け れ ば い い が 、 毎 度 、 そ う 上 手 く い く と は 限 ら な い 。 「 も ち ろ ん で す 」 か た い 表 情 の ま ま 、 康 平 が う な ず い た 。 春 香 が 乗 り 込 む と 、 彼 は ド ア を 閉 め た 。 い つ も の よ う に 隣 に は 座 ら ず 、 助 手 席 へ 回 る 。 「 波 平 出 し と け よ 」 無 線 の こ と だ 。 龍 二 の 指 示 で 、 ト ラ ン ク が 開 い た 。 ア ン テ ナ が 、 屋 根 の 上 に 乗 る 。 ナ ミ へ

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


と ど め の よ う に 龍 二 は ロ に す る 。 そ う い う 人 物 を 、 春 香 は ま る で 知 ら な い わ け で は な い 。 け れ ど そ れ は 目 を 背 け た い こ と だ っ た 。 少 年 院 に 行 っ た こ と が ス テ イ タ ス な の は 、 そ れ は 夢 の な か だ け の 話 だ 。 だ れ も が 皆 、 大 人 に な る 日 を 知 っ て い る 。 そ れ は 、 夜 に 生 き る 彼 ら だ っ て 例 外 で は な い の だ か ら 。 ( あ の : ・ : ・ 目 ) 春 香 は 将 宗 の 視 線 を 思 い 出 し て い た 。 苛 立 ち を 律 し た く す ぶ 0 た 目 つ き 。 飢 え て い る 、 焦 が れ て い る 、 何 か に 。 い な ず ま ひ ら め 稲 妻 の よ う な 閃 き を 、 春 香 は 感 じ た 。 彼 は 見 て い る 、 知 っ て い る 、 同 じ 気 持 ち を 。 け も の 知 ら ず 、 息 を の ん で い た 。 あ の 、 目 。 獣 の 。 カ ケ イ マ サ ム ネ 。 叉 「 辻 は つ い て き て る か ? 」 う な ず 藤 思 い 出 し た よ う に 龍 二 が 訊 ね る 。 そ の 声 に 春 香 は 我 に 返 っ た 。 栄 が 頷 く の を 見 る 。 は 華 「 よ し 。 そ れ な ら も っ と 飛 ば せ 。 飛 ば し て 飛 ば し て 、 飛 ば し ま く れ ! 」 龍 二 の 命 令 に セ ル シ オ は 、 速 度 を あ げ る 。 そ む

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


の 刃 を 起 こ し た 。 「 ど ア ホ ウ が ! 」 ふ ん ぬ 起 き 上 が っ た 康 平 が 、 砂 を 吐 き 散 ら し た 。 憤 怒 に 燃 え て い る 。 「 ど こ の 者 だ て め え ら ! 」 か ば 春 香 を 、 親 衛 隊 の 白 い 特 攻 服 が 庇 う よ う に 囲 む 。 ウ オ ン ! 二 台 目 の バ イ ク が 、 砂 し ぶ き を あ げ た 。 男 の 目 は 、 ま っ す ぐ に 春 香 を 見 て い る 。 マ ス コ ッ ト 狩 り 。 ね ら 狙 い は 明 白 だ っ た 。 「 康 平 、 は や く 春 香 さ ん を 連 れ て け ! 」 声 と 同 時 に ・ ハ イ ク の フ ロ ン ト が 持 ち 上 が る 。 白 い 特 攻 服 が ひ る が え っ た 。 両 手 を 広 げ 、 体 で 立 ち は だ か る 。 鈍 い 音 が 、 親 衛 隊 を は ね と ば し た 。 知 ら ず に 声 が ほ と ば し る ! 春 香 は 立 ち 上 が っ て い た 。 こ こ か ら 逃 げ な け れ ば 。 は や く 逃 げ な け れ ば 。 彼 女 が 一 秒 遅 れ る ご と に 、 犠 牲 が 一 人 増 え る 。 春 香 は イ ノ チ な の だ 。 チ ー ム で 、 だ れ よ り も に ぶ

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


「 ハ ル : ・ : 、 本 気 で 戦 う ん ? そ の 手 で 、 こ ツ か ら 抜 け る ん ? 」 た ず 美 咲 は 小 声 で 訊 ね た 。 「 抜 け る 。 ぜ っ た い 抜 け る 」 春 香 は う な ず く 。 二 度 目 の 後 悔 は し た く な い 。 「 和 音 さ ん に 恥 じ た く な い 。 向 こ う 岸 で 、 あ た し を 探 し て る 人 た ち に も 」 「 今 の チ ー ム の 人 か ? 」 「 そ こ の 会 長 は 、 あ た し が 藤 夜 叉 だ っ た っ て 知 っ て る 」 か っ て の 春 香 を 。 牙 を も っ た 魂 を 。 う つ む い た ま ま 、 長 い こ と 美 咲 は 黙 っ て い た 。 「 わ か っ た 。 : 今 だ け 信 じ た る 」 許 せ ん か も 知 れ ん け ど 、 あ ん た は 藤 夜 叉 や か ら 、 と 彼 女 は つ づ け た 。 藤 夜 叉 。 夜 の 町 を 駆 け た 、 鬼 。 ( そ の 名 に 恥 じ な い 力 を ) 叉 自 分 は き っ と 持 っ て る と 、 春 香 は 信 じ た 。 藤 は 華 ◆

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


139 華 は 藤 夜 叉 『 ん じ ゃ 、 着 き ま し た ら 、 ま た ケ ー タ イ い れ ま す 』 ノ イ ズ の な か に 爆 音 が 混 じ り だ し 、 そ れ き り 洋 介 は 通 話 を 切 っ た よ う だ っ た 。 二 拍 お い て 、 ・ ツ ー と な じ み の 音 が 始 ま る 。 春 香 は 終 話 ボ タ ン を 押 し て 、 電 話 を 鞄 の な か に 戻 し た 。 た め 息 を つ く 。 ね ら の 妨 害 を す る な ん て 、 あ か ら さ ま に 春 香 を 狙 っ て い る と ア ピ ー ル す る よ う な も の だ 。 そ の 気 は な く と も 、 獄 狼 た ち は 、 挑 戦 と 受 け 取 る だ ろ う 。 康 平 の 逆 上 ぶ り が 、 そ れ を 暗 示 し て い る 。 ( こ の ま ま じ ゃ 、 本 当 に ぶ つ か る ) 戦 争 が は じ ま る 。 よ み が え 昔 の 赤 い 悪 夢 が 蘇 る よ う な 気 が し て 、 春 香 は 手 の ひ ら を 目 に 押 し 当 て た 。 今 回 、 ど ん な 顔 を し て 戦 争 に 立 ち 向 か え ば い い と い う の か ・ 低 音 の き い た こ も る よ う な マ フ ラ ー 音 に 、 春 香 は 顔 を あ げ る 。 白 い 車 が 角 を 曲 が り 、 こ ち ら に 向 か っ て く る と こ ろ だ っ た 。 フ ロ ン ト を 大 き く 見 せ る 。 ハ ー ツ を つ け た そ れ は 、 間 違 い な く 彼 女 た ち の 世 界 の も の 。 聖 恵 女 子 に は 、 不 似 合 い す ぎ る 。 さ と 目 当 て は 自 分 と 悟 り 、 春 香 は 口 元 を 引 き 結 ん だ 。 ス カ ー ト を 翻 し て 校 舎 へ 駆 け 込 む な ん て 、 マ ス コ ッ ト 以 前 の 恥 に な る 。 ひ る が え

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


あ き ら か に 改 造 車 と わ か る 音 で 、 近 寄 っ た 車 は 春 香 の 前 で び た り と 止 ま っ た 。 フ ル ス モ ー ク の 窓 ガ ラ ス か ら は 、 奥 の 人 物 は わ か ら な い 。 ス テ ッ カ ー も 何 も 貼 っ て い な い 、 そ の 白 い ス カ イ ラ イ ン に 見 覚 え は な か っ た 。 当 然 、 獄 狼 の も の で は な い 。 。 ハ ワ ー ウ イ ン ド ウ が 下 が っ て ゆ く 。 「 よ う 」 切 れ 長 の 目 が 、 面 白 そ う に 彼 女 を 捕 ら え る 。 か け い ま さ む ね 筧 将 宗 。 認 め た 春 香 は 無 表 情 に 視 線 を そ ら し た 。 お ま え と き く 口 な ん て な い と 、 拒 絶 を 示 す 。 「 な ん だ よ 、 こ っ ち 向 け よ 」 み く だ 言 わ れ て 、 見 下 す よ う な 目 を 向 け た 。 こ れ が マ ス コ ッ ト の や り 方 だ 。 他 チ ー ム の 男 な ど 、 石 こ ろ と 同 じ だ と い う 扱 い を す る 。 将 宗 の 頬 に は 、 春 香 の 殴 り つ け た あ と が ま だ 残 っ て い た 。 腫 れ て は い な い が 、 ど す 黒 い 線 が 走 っ て い る 。 ひ じ 運 転 席 の 窓 に 肘 を か け て 、 彼 は 春 香 を 見 上 げ た 。 「 乗 っ て い か ね え か ? 」 か わ 答 え ず に 、 室 内 に 目 を や っ た 。 助 手 席 に は 、 サ ン グ ラ ス に 革 ジ ャ ン の 男 が 座 っ て い る 。 ほ お

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


212 し び 体 が 痺 れ た よ う に 、 動 か な く な っ た 。 訊 き た い の に 、 う ま く 声 が 出 な い 。 ラ ン キ リ ュ ー あ お む 春 香 は 顔 を 仰 向 か せ 、 美 咲 を 見 た 。 か っ て の チ ー ム メ イ ト だ 。 乱 鬼 流 の 特 攻 隊 長 補 佐 だ っ は す だ み さ き た 、 蓮 田 美 咲 あ の 葬 式 以 来 に な る 。 半 年 ぶ り 、 だ 。 け れ ど ど う し て ? は る か あ え 混 乱 し て 春 香 は 喘 い だ 。 こ ん な 所 で 、 彼 女 は 何 を し て い る の か ? 「 驚 い て 当 た り 前 や わ な 。 う ち か て 、 こ ん な 所 に 来 る 気 イ は な か っ た わ 」 美 咲 は す っ と し や が み こ ん だ 。 笑 顔 を 作 る 。 「 腹 へ っ て る や ろ ? コ 1 ヒ ー の む か ? 」 言 い な が ら カ ッ プ を 持 ち 上 げ る 。 そ の 目 の 冷 た さ か ら 、 彼 女 の や り た い こ と は わ か っ た 。 3 GETU GETUP! 上 が れ ! ー

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


が っ て 」 苦 く 言 っ た 龍 二 に 、 春 香 は 歯 ぎ し り し た 。 彼 の 言 う こ と は あ る 意 味 正 し い 。 マ ス コ ッ ト を 守 り き れ な か っ た 親 衛 隊 な ん て 、 ま る で 無 価 な お さ ら 値 の 存 在 に な る 。 ま し て や 、 そ の 親 衛 隊 よ り も マ ス コ ッ ト が 強 い と な れ ば 尚 更 だ 。 や た し か に 、 立 場 だ け を 思 え ば 、 春 香 は ヘ ル メ ッ ト の 一 撃 目 だ け で 止 め て お く べ き だ っ た 。 そ の あ と は ま っ す ぐ 公 園 に 走 っ て 、 洋 介 の 待 っ に 飛 び 込 む べ き だ っ た 。 ( で も 、 ど う し て あ た し が 逃 げ な け れ ば な ら な い の 卩 戦 え る の に 、 拳 を 持 っ て い る の に ! ) お え っ こ ら 封 じ た は ず の 拳 を 押 さ え 、 春 香 は 嗚 咽 を 堪 え た 。 マ ス コ ッ ト 、 お 人 形 、 立 場 立 場 立 場 ! そ ん な の は も う ま っ ぴ ら だ ! 「 龍 二 な ん て 大 嫌 い ! あ た し は 人 形 な ん か じ ゃ な い ! 」 「 間 違 え る な よ 、 そ の 道 を 選 ん だ の は 、 お ま え だ 」 び し り と 決 め つ け ら れ 、 春 香 は 彼 を 殴 り つ け た 。 だ が 、 そ の 拳 も 止 め ら れ る 。 龍 二 な ん か 嫌 い 、 こ ん な 車 降 り る ! 下 ろ し て よ お っ 」 叉 わ め き 散 ら し た 春 香 は 、 は げ し く 喘 い だ 。 怒 り と 涙 で 体 が 熱 い 。 も う 何 も 考 え ら れ な い ほ ど 、 熱 が 自 分 を 支 配 し て い る 。 は 華 ( マ ス コ ッ ト な ん か 、 辞 め る ! 脱 会 け る ! ) 「 静 か に し ね え か 」

華は藤夜叉―湾岸バトル・アクション (コバルト文庫)


「 総 長 ! 」 「 あ と は 俺 ら に 任 せ て く だ さ い 、 早 く ! 」 切 り 込 ん で き た 男 た ち に 、 三 人 は 輪 の 外 へ と 押 し や ら れ た 。 夜 威 刃 と 京 葉 の 二 大 チ ー ム が に ら み 合 う 。 「 ざ け ん な お め え ら ! 」 肩 を 血 に ぬ ら し た 八 坂 の 声 。 青 ざ め た イ ト ウ が 携 帯 電 話 を 取 り 出 す 。 さ ら な る 援 軍 か ? よ う し ゃ ざ わ り と 男 た ち が 揺 れ る 。 夜 威 刃 に 獄 狼 が 殴 り か か っ た 。 春 香 を 傷 つ け ら れ た の だ 。 容 赦 な ど な い ! 「 だ れ か ! 単 車 貸 し て 、 二 台 で い い 」 春 香 は 、 駆 け つ け る メ ン バ ー の 一 人 を 捕 ま え た 。 袖 を 掴 ま れ た 彼 は 、 ぎ よ っ と し な が ら も 、 う な ず く 。 け い ひ ん じ ま 「 春 香 さ ん 、 血 ! も 、 持 っ て っ て 下 さ い 。 会 長 が 京 浜 島 に い ま す 。 三 五 七 の 公 園 に ! 早 く 行 っ て く だ さ い ! 」 「 わ か っ た 。 あ り が と 」 ふ ら つ い た 体 を 美 咲 が 支 え る 。 彼 女 に し が み つ き な が ら 、 春 香 は 将 宗 を 振 り 返 っ た 。 「 筧 。 大 き い や つ に 、 美 咲 の せ て あ げ て 」 そ で